九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
磯辺 篤彦(いそべ あつひこ) データ更新日:2021.11.06



社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
平成28年3月22日 3.11震災漂着物に関する調査結果を米国オレゴン州ニューポート(オレゴン州立大学)で開催された市民講座で講演(主催はNPOのSurfrider Foundation: https://oregon.surfrider.org/monitoring-marine-debris-with-remote-web-cam-technology/)。   平成28年12月1日 第6回日中高級事務レベル海洋協議の事前会合(北京)に参画し、合意事項4のとりまとめに貢献(外務省ウェブサイト:https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004043.html)。    平成28年3月6日 第7回日中高級事務レベル海洋協議の事前会合(大連)に参画し、合意事項4のとりまとめに貢献(外務省ウェブサイト:https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004784.html)。   平成28年5月18日 3.11震災漂着物に関する環境省主催の市民講座で講演(環境省ウェブサイト:http://www.env.go.jp/press/103808.html)。   平成29年ー 環境省海岸漂着物対策専門家会議委員就任。   平成29年3月12日 国際科学会議(International Council for Science)傘下の海洋科学委員会(SCOR: Scientific Committee for Oceanic Research)の海洋プラスチックごみ分科会のフルメンバー就任。第一回分科会(サンディエゴ)。   平成30年 日本学術会議特任連携会員就任(大阪G20に向けての提言の取りまとめに参画)
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2018.03~2020.12, 国際科学会議(International Council for Science)傘下の海洋科学委員会(SCOR: Scientific Committee for Oceanic Research)の海洋プラスチックごみ分科会のフルメンバー就任, SCOR: Scientific Committee for Oceanic Research.

2017.12~2018.08, 海岸漂着物対策専門家会議委員就任, 環境省.

2017.03~2017.03, 第7回日中高級事務レベル海洋協議の事前会合(大連)に参画し、合意事項4のとりまとめに貢献, 環境省・外務省.

2016.12~2016.12, 第6回日中高級事務レベル海洋協議の事前会合(北京)に参画し、合意事項4のとりまとめに貢献, 環境省・外務省.

2016.03~2016.03, 3.11震災漂着物に関する調査結果を米国オレゴン州ニューポート(オレゴン州立大学)で開催された市民講座で講演, Surfrider Foundation.

2015.08~2017.09, 地球惑星科学委員会 SCOR分科会 SIMSEA小委員会 委員, 日本学術会議.

2013.04~2016.03, 漂着ごみ状況把握調査検討会 検討委員, 環境省.

2013.04~2017.03, IOC協力推進委員会・海洋観測・気候変動専門部会 委員, IOC協力推進委員会 .

2013.04~2016.03, 企画委員, 瀬戸内海研究会議.

2013.04~2014.03, 海面高度計技術検討部会 委員, JAXA.

2007.10~2008.03, 有明海・八代海海域環境検討委員会委員, 国土交通省九州地方整備局.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2021.05, 西日本新聞, 「解決の鍵 プラスチック減量 外国製多い九州の海岸 専門家「社会で総量抑制を」記事内でコメント.

2021.04, TBSテレビ, 『JNNニュース』番組内の「海洋ブラスチックごみ 廃棄漁網の再生」 にVTR出演.

2021.04, HBC北海道放送, 『今日ドキッ!』番組内の「海洋ブラスチックごみ 廃棄漁網の再生」 にVTR出演.

2021.04, ラブエフエム国際放送, ラジオ番組「月下虫音 (げっかちゅうね)」に生出演.

2021.03, 読売新聞, 「【マイクロプラスチック】小さな粒子大きな問題 生態系に影響か代替品模索 EU使用禁止の方向 」記事内でコメント.

2021.03, 西日本新聞, 「海洋プラごみ汚染拡大防止へ 九大 タイに研究拠点」磯辺教授を中心として応用力学研究所がバンコクに開設する海外新研究拠点を紹介した記事が掲載
関連記事「海洋プラごみ「一大発生源」観測急務 九大に削減の先導役期待」
.

2021.02, NHK総合, 2030 未来への分岐点 (3)「プラスチック汚染の脅威 大量消費社会の 限界」 で研究室の様子や研究活動について紹介.

2021.01, 東奥日報、秋田さきがけ, 特集「1970夢のゆくえ」記事内でコメント.

2021.01, テレビ朝日, 報道ステーション「”海洋プラごみ”削減の「未来図」」にVTR出演.

2020.11, ラブエフエム国際放送, ラジオ番組「月下虫音 (げっかちゅうね)」に生出演.

2020.10, ラブエフエム国際放送, ラジオ特別番組「ラブアース・クリーンアップ きれいな海を未来へ」に出演.

2020.09, 読売新聞オンライン, 「太平洋や日本海、瀬戸内海より10倍も多い「プラごみ」…排出規制を考える時」.

2020.08, 読売新聞, [あすへの考]「【マイクロプラスチック】プラごみ排出規制、考える時…九州大教授・磯辺篤彦氏」.

2020.08, 西日本新聞, 社説・コラム「正しく削減への合意形成を 磯辺篤彦氏」が掲載.

2020.08, 読売KoDoMo新聞, 「海岸のプラごみ」記事内で海のプラごみ調査方法を紹介.

2020.07, 日刊工業新聞, 第2部9面「海洋プラ問題の実態」に概説記事が掲載.

2020.07, J-WAVE 81.3FM, 『Across The Sky』のコーナー「WORLD CONNECTION」にリモート出演.

2020.07, 読売新聞, テーマ「九州豪雨 大量流木「漁できない」八代海漁業者 募る不安」記事内でコメント.

2020.06, 朝日新聞, テーマ「環境 転換点2030 脱・プラ社会1 海のプラごみ 依存映す」記事内でコメント.

2020.03, FBS福岡放送『めんたいワイド』, テーマドキュめん「プラスティックによる海洋汚染」で2月17日の講座の様子が放送.

2020.02, 広報 大野城, 特集「プラスチックごみ問題」研究内容・成果が掲載.

2020.02, 毎日新聞, テーマ「けいざいフラッシュ 未来の地球フォーラム」記事内で2月1日に行われたパネル討論の内容が掲載.

2020.02, 西日本新聞, テーマ「減プラごみ技術 北九州市”輸出” 東南アジアへ企業紹介」記事内でコメント.

2020.02, TVQ 『ふくサテ!』, テーマ「レジ袋「有料」義務化 特集 広がる “脱プラ” 私たちにできること」で2月17日の講座の様子と研究室の様子が放送.

2020.02, NHK Eテレ『又吉直樹のヘウレーカ! 』, テーマ「プラスチックがどうにも止まらない!?」に出演 .

2020.01, 糸島新聞, テーマ「プラごみ、世界中の海に 磯辺九大教授 深江で講演」1月26日糸島市内で行った講演内容が掲載.

2020.01, 北海道新聞, テーマ「はなし秒ー食物連鎖を脅かすプラごみ。出さないこと大事」2019年11月21日札幌市内で行った講演内容が掲載.

2019.12, 岩手めんこいテレビ『mitライブニュース(ミットライブニュース)』, テーマ「「SDGs」持続可能な開発目標とは 地熱発電・環境保全 県内で学ぶ」にVTR出演 .

2019.10, NHK総合・BS1『にっぽんぐるり』, テーマ「世界遺産・宗像の海が大ピンチ!?」にVTR出演.

2019.10, テレビ朝日 ニュース, 「海洋プラスチック削減 九州大学がタイで研究へ」研究内容が報道.

2019.10, TBSテレビ ニュース, 「九州大学とタイの大学、海洋プラスチック研究拠点設立へ」研究内容が報道.

2019.10, NHK ニュース, 「海洋プラスチックごみ 日本とタイが実態調査へ」研究内容が報道.

2019.10, NHK福岡拠点放送『実感ドドド!』, テーマ「世界遺産・宗像の海が大ピンチ!?」にVTR出演.

2019.09, 九州朝日放送『サワダデース』, テーマ「脱プラスチック~今私たちにできること~」にVTR出演.

2019.08, 日本経済新聞, テーマ「プラごみ汚染 どう防ぐ 根拠ある目標必要」インタビュー記事が掲載 .

2019.07, 北海道新聞, テーマ「プラごみ削減対策 “有料化”より海岸清掃を」記事内でコメント.

2019.07, 九州朝日放送『アサデ ス。』, テーマ「暮らしに身近なプラ製品を削減へ 広がる”脱プラスチック”の知恵」にVTR出演.

2019.06, TBSテレビ『新・情報7daysニュースキャスター』, テーマ【日本を覆う”漂着ごみ” 背景に世界の”ごみ戦争”】に電話出演.

2019.05, FBS福岡放送『ニュースめんたいPlus』, テーマ【プラスチックゴミを考える 生き物への脅威 福岡の海岸でも】にVTR出演.

2019.04, 水産グラフ, テーマ【海洋プラスチック汚染~マイクロプラスチック研究の最前線と今後の課題~】.

2019.03, 科学新聞, テーマ【「海洋のマイクロプラ観測強化を」サイエンス20が首相に提言】
.

2019.03, 読売新聞, 1面 テーマ【海洋プラごみ削減支援、環境省 東南アに技術供与】
3面 テーマ【脱プラ 日本も加速 レジ袋有料・ストロー削減・植物由来活用】
.

2019.03, NHK BSプレミアム, テーマ【地球最後の秘境 南極大紀行 〜ペンギンの楽園〜】にVTR出演.

2019.01, 環境新聞, テーマ【マイクロプラ浮遊量、日本周辺の海で約4倍に~九州大・磯辺氏ら世界初・将来予測―2060年に1グラム/立方メートル、生物影響の懸念】.

2019.01, 日本経済新聞, テーマ【太平洋を漂うプラごみ、30年までに倍増 九州大など 海洋汚染深刻に】.

2019.01, 朝日新聞, テーマ【微小プラごみ「60年までに4倍」 太平洋の浮遊量を予測 九大・東京海洋大など】.

2019.01, 毎日新聞, テーマ【マイクロプラ 10年後に倍 九大チーム、太平洋の濃度予測】.

2019.01, 読売新聞, テーマ【ストロー排除より確実…片手でできる海洋プラ削減】.

2019.01, RKB毎日放送『今日感テレビ』, テーマ【深刻・・・マイクロプラスチック10年後2倍に】にVTR出演.

2019.01, NHK, テーマ【マイクロプラスチック 2060年ごろまでに4倍に】.

2019.01, 九州朝日放送『シリタカ!』, テーマ【世界初マイクロプラスチックの将来予測 2060年今の4倍に】にVTR出演.

2019.01, 九州朝日放送『アサデ ス。』, テーマ【世界初 九大がマイクロプラスチック予測 微小プラごみ 2060年4倍に】にVTR出演.

2019.01, TBSテレビ, テーマ【マイクロプラスチック浮遊量、50年後には4倍になる海域も】.

2019.01, フジテレビ『プライムニュースα』, テーマ【海洋生物へ悪影響 海洋プラごみ 40年後には4倍に】.

2018.12, 山陽新聞, テーマ【岡山側から流出?倉敷沖3島 海岸にごみ 放置、劣化 微細プラ発生の恐れ】.

2018.12, 中国放送『イマなまっ!』, テーマ【マイクロサイズの大問題!プラゴミの現状】津久茂海岸での解説で出演.

2018.11, 環境新聞, テーマ【磯辺 篤彦 九州大学教授~プラごみ対策 日本は世界の枠組み作り主導を-海洋汚染問題、温暖化と同じ道筋を辿る】.

2018.11, NHK Eテレ『視点・論点』, テーマ【海洋プラスチック汚染の行方】ににスタジオ出演.

2018.10, TVQ九州放送『NEWSふくおかサテライト』, テーマ【「脱プラスチック 福岡でも】にVTR出演.

2018.09, 読売新聞, テーマ【ニュースde道徳「プラごみ減 ストローから】.

2018.08, 九州朝日放送『アサデ ス。』, テーマ【福岡のホテルでも…脱ストローの問いかけ】にVTR出演.

2018.08, 読売新聞, テーマ【ストロー 「脱プラ」 先導 海洋汚染防止 飲食店やホテル広がる】.

2018.08, BSフジ『プライムニュース』, テーマ【深刻化する海洋汚染 廃プラスチック最前線】にスタジオ生出演.

2018.08, FBS福岡放送『めんたいPlus』, テーマ【プラステック製は使わない?ストローをめぐる動き福岡でも】にVTR出演.

2018.08, テレビ西日本『ももち浜S特報ライブ』, テーマ【分解されず海中浮遊 福岡でも対策 微小でも影響大 海を汚すプラスチック】にVTR出演.

2018.07, 西日本新聞, テーマ【スタバから消えるストロー マイクロプラスチック問題、消費者に出来る3つのこと】.

2018.07, BS日テレ『深層NEWS』, テーマ【深刻!海洋汚染 プラスチックごみ どう削減?】にスタジオ生出演.

2018.07, 日本経済新聞, テーマ【プラスチック EU規制案  海洋ごみ、日本の汚染深刻】.

2017.10, 朝日新聞, テーマ【微小プラごみ 海汚染 魚・鳥の体内に・・・化学物質の影響、未解明】.

2017.07, 毎日新聞, テーマ【対策急げ 海洋ごみ問題 国境超え一人一人の地道な努力を】.

2017.02, RKB 毎日放送, 「空と海に広がる環境汚染 南極で地道な調査」マイクロプラスチックに関する研究内容が放映.

2017.05, 朝日新聞, テーマ【マネキン・ポリ袋・・・たまる深海ゴミ】.

2017.05, 西日本新聞, テーマ【北九州沿岸に大量のポリ容器 季節風と海流で漂着】.

2017.04, 読売新聞, テーマ【微細化マイクロプラスチック 回収困難 世界の海汚染】.

2017.02, 日本経済新聞, テーマ【海の生態系脅かす微粒子 有害物質吸着、代替開発急ぐ】.

2017.02, 中国新聞, テーマ【海に聞く 瀬戸内海 第2部小さな脅威 6.プラスチック時代 微粒子ビーズ禁止拡大 欧米中心日本は鈍く】.

2017.01, 中国新聞, テーマ【海に聞く 瀬戸内海 第2部小さな脅威 2.懸念 有害物質の「運び屋」プラ片に吸着海鳥へ】.

2017.01, 中国新聞, テーマ【広がる微細 プラ汚染】.

2016.09, NHK, フジテレビ, KBC朝日放送など, 南極海で浮遊するマイクロプラスチックを発見し、その研究成果に関するニュース報道.

2016.09, KBC 九州朝日放送 特番『水と緑の物語』, テーマ:「海中と海面から見る博多湾」.

2016.09, 朝日新聞, テーマ【 南極海にも微小プラごみ 九大・東京海洋大チーム初確認 】.

2016.09, 共同通信, テーマ【 南極海にもマイクロプラスチック 九州大、生態系へ悪影響懸念】.

2016.09, 環境新聞, テーマ【 マイクロプラスチック 南極海でも汚染の実態 - 九州大調査、世界初 】.

2016.09, 山陽新聞, テーマ【 プラごみ海洋汚染現実化 微細化、生態系影響も】.

2016.09, 読売新聞, テーマ【 微小プラ 南極にも】.

2016.08, 山陽新聞, 瀬戸内海環境保全テーマ 岡山でシンポ 【 海ごみ出さない方策を】.

2016.06, 環境新聞, テーマ【 マイクロビーズ 国内の海に汚染実態 】.

2016.06, 朝日新聞, テーマ【 微細プラスチック 魚から 海洋生態系に脅威 】.

2016.05, テレビ朝日『テレメンタリー2016』, テーマ:「むせび泣く海 ~プラスチック粒子の脅威~」.

2016.05, KBC 九州朝日放送『スーパーJチャンネル九州沖縄』, 東京海洋大学「海鷹丸」に乗船し、タスマニアから東京までのマイクロプラスチックを採取する航海の様子が放映.

2016.02, KBC 九州朝日放送, KBC 九州朝日放送『スーパーJチャンネル九州沖縄』
東京海洋大学「海鷹丸」に乗船し、マイクロプラスチックを採取する様子などが放映.

2016.02, 毎日新聞 東京朝刊, テーマ【プラスチックごみ 海を守る取り組み急げ 】 .

2016.01, KBC 九州朝日放送, KBC 九州朝日放送『KBCニュースピア』
テーマ:「マイクロプラスチックって何?何がいけないの?」.

2016.01, 日本経済新聞, テーマ【 海汚す 微小プラスチック 有害物質付着 魚が摂取 】 .

2015.12, NHK総合, NHK『おはよう日本』
海洋力学分野の研究に関する内容や研究室の様子を放送.

2015.10, NHK総合, NHK 総合「クローズアップ現代」
マイクロプラスチックスによる海洋汚染について解説.

2015.10, 西日本新聞, テーマ【 プラスチック微細片 新たな海洋汚染を生む可能性 】 .

2015.08, 読売新聞, テーマ【 海底ごみ 生態系への脅威 】.

2015.08, 西日本新聞, 西日本新聞 "ひと"
テーマ【 太平洋でプラスチック破片を調査する 九州大教授 磯辺篤彦さん 】 .

2015.08, 日本経済新聞, テーマ【 漂う海洋ゴミ 募る懸念 -マイクロプラスチック、影響は未解明- 】 .

2015.07, 読売・朝日・毎日・産経新聞, 環境研究総合推進費に採択された磯辺篤彦教授(海洋力学分野)代表の研究課題について、7月16日に環境省で環境副大臣の記者会見が行われ、読売・朝日・毎日・産経新聞等でプロジェクトの内容が報道.

2015.06, 朝日小学生新聞, 【 海を漂う マイクロプラスチック 有害物質を吸着、魚や海鳥の胃に 】
.

2015.05, NHK福岡, NHK 福岡『ニュースロクいち』
テーマ:「夏季の瀬戸内海上の気温や風は海洋潮汐と同期し、大潮期(満月・新月時)には気温が低く、風が弱くなることを発見! 気象予報の精度向上に期待」 .

2015.05, RKB毎日放送, RKB 毎日放送『今日感ニュース』
海洋力学分野が行っている研究についてのコメント.

2015.05, 読売新聞, テーマ【 震災漁船 今なお漂流 -ハワイ 今年7隻発見- 】で「亜熱帯循環」について解説.

2015.05, 読売新聞, テーマ【 海漂うプラスチック片 日本周辺調査 -食物連鎖の影響懸念 】で海洋力学分野ら研究グループが携わった、環境省のプラスチック微細片調査研究事業についての調査結果やコメントが掲載.

2015.05, 環境新聞, 1面【 マイクロプラスチック 生態影響を将来予測 -九州大など4大学 南極海でも実態調査- 】
3面【 海ごみ起源特定へ 環境省が本格調査 マイクロプラ化学分析も 】.

2015.04, 朝日新聞, 日本近海におけるマイクロプラスチックスの浮遊密度分布調査の結果公表.

2015.04, 読売新聞, 日本近海におけるマイクロプラスチックスの浮遊密度分布調査の結果公表.

2015.04, 日本経済新聞, 日本近海におけるマイクロプラスチックスの浮遊密度分布調査の結果公表.

2015.04, 毎日新聞, 日本近海におけるマイクロプラスチックスの浮遊密度分布調査の結果公表.

2015.04, 西日本新聞, 日本近海におけるマイクロプラスチックスの浮遊密度分布調査の結果公表.

2015.01, 読売新聞 西部本社版, テーマ【 微小プラスチック海洋汚染 -生態系に懸念 環境省調査- 】.

2015.01, 読売新聞 全国版, テーマ【 海を漂うゴミ減らせ ~処理責任規定なし 環境省 回収支援へ~ 】 .

2014.10, 環境新聞, マイクロプラスチック 海岸で微細化、海洋に再流出 ~九州大 世界初、輸送過程を解明 全てのプラスチックが変化~.

2014.09, 朝日新聞, プラごみ 海の迷惑 -微小な破片 化学物質を吸着-.

2014.09, 環境新聞, プラスチック海洋汚染 漂着ブイから鉛検出 九大調査、規定値の13倍.

2014.07, 毎日新聞, <海のプラごみ>命の敵 汚染物質吸着、海鳥などが誤食.

2014.07, 毎日新聞(東京版), 海のプラ破片 追跡調査 有害物質吸着 生態系への汚染懸念.

2014.07, 環境新聞, マイクロプラスチック海洋汚染-2大学協力、全国の海域網羅.

2014.05, 朝日新聞, 海の微小プラごみ調査へ -環境省 日本一周の練習船で採取-.

2006.11, 朝日新聞, 福岡湾の水温長期変動解析結果.

2004.11, NHK教育テレビ, サイエンスZERO −なぜ起きた 巨大クラゲ大発生−.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2021.06, RIAMフォーラム2021での令和元年・2年度受賞記念講演、タイトル「社会や政治に向き合う地球科学の研究者は」と一般講演、タイトル「Center for Ocean Plastic Studies(COPS:海洋プラスチック研究センター)設立について」, 九州大学応用力学研究所, オンライン.

2021.05, 唐津青年会議所まちづくり委員会5月講師例会での講演、タイトル「科学の目で見た海洋プラスチック汚染の現状とこれから」, 唐津青年会議所, オンライン.

2021.03, 海洋プラスチックごみ問題のウェビナー、タイトル「Save the Oceans from Marine Plastic Litter: A Global Calling」, 日本政府, オンライン.

2021.03, 田川ふるさと川づくり交流会での講演, ボランティア団体“田川ふるさと川づくり交流会”
国土交通省福岡地方整備局遠賀川河川事務所
田川市
田川市教育委員会, 田川市民会館.

2021.03, 九州大学Webinar100 研究の最前線から学ぶマイクロプラスチック汚染の現状とこれからの環境科学 ~The Overview of Microplastic Pollutionand The Vision of Ecoscience~での講演、タイトル「データから読み解くマイクロプラスチック問題の現状と課題」, 九州大学, オンライン.

2021.03, アイスランド政府等主催北極海洋プラスチックごみ関連会議での講演、タイトル「Action in Japan ~2D mapping project of surface microplastic abundance in the world ocean」, アイスランド政府等, オンライン.

2021.03, アイスランド大学主催単独講演会での講演、タイトル「Marine plastic pollution ~ current status and 50 years after~」, アイスランド大学, オンライン.

2021.03, フィンランド「ヘルシンキ評議会」(HELCOM)主催単独講演会での講演、タイトル「Marine plastic pollution ~ current status and 50 years after~」, フィンランド「ヘルシンキ評議会」(HELCOM), オンライン.

2021.02, TOKYO PACK 2021での講演、タイトル「マイクロプラスチックによる海洋汚染の実態と未来への提言」, 公益社団法人日本包装技術協会, 東京ビッグサイト.

2020.12, 「海洋ゴミを考えるオンラインセミナー」, 福岡市環境局, マリンワールド.

2020.12, 『第10回環境保全推進センター全学報告会』での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染研究の現在と未来」, 神戸大学, 神戸大学瀧川記念学術交流会館 大会議室.

2020.11, 遠賀川をきれいにしよう会主催講演、タイトル「まったなしプラスチック海洋汚染~川から海へ~」, 遠賀川をきれいにしよう会, 福岡県直方市.

2020.11, The International Ocean Forumでの講演、タイトル「Recent advances in ocean microplastic research in Japan」, Ocean Affair Council, オンライン.

2020.10, 第26回流域シンポジウムでの講演、タイトル「海のプラスチックごみ問題の真実」, 桂川・相模川流域協議会 , オンライン.

2020.10, えひめ環境大学での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と未来」, 愛媛県庁県民環境部環境局 , 愛媛大学.

2020.09, 令和2年度九州大学開学記念講演会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の研究最前線-マクロプラスチックからマイクロプラスチックまで-」, 九州大学, オンライン.

2020.06, 第47回日本毒性学会学術年会での講演、タイトル「海洋マイクロプラスチック浮遊濃度の現状と将来予測」, 日本毒性学会学術年会, オンライン.

2020.03, 海洋プラスチック対策推進議員連盟総会での講演, 海洋プラスチック対策推進議員連盟, 自由民主党本部.

2020.02, 第4回定例会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の研究」, 関西コンバーティングものづくり研究会, ティーオージー会議室.

2020.02, 「Capacity Building on Global Marine Debris Monitoring and Modeling: Supports Protection of the Marine Environment」での講演、タイトル「Monitoring & Modeling of Ocean microplastics」, APEC(アジア太平洋経済協力), インドネシア バリ.

2020.02, 待ったなし!~海からの警鐘 なぜ今、プラごみ~での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染 ー私たちにできることー」, エフコープ生活協同組合西部ブロック活動委員会, 天神ビル11階 会議室11号.

2020.02, 2020年愛知環境賞表彰式での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と将来」, EPOC(環境パートナーシップCLUB)総合事務局, 上前津ローズコートホテル.

2020.02, 令和元年度岡垣町環境問題講演会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と私たちにできること」, 遠賀郡岡垣町, 岡垣町中央公民館 大会議室.

2020.02, 令和元年度日本獣医師会 獣医学術学会年次大会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染 ~マクロプラスチックからマイクロプラスチックまで~ 」, 日本獣医師会 , 東京国際フォーラム.

2020.02, 令和元年度廃棄物のリサイクル推進マッチングセミナーでの講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と今後」 , 千葉県, 千葉県自治会館9階大会議室.

2020.02, 第4回 イオン未来の地球フォーラムでの講演, 公益財団法人イオン環境財団
東京大学未来ビジョン研究センター
フューチャー・アース, 東京大学 安田講堂.

2020.01, エネウィークでの講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の監視と将来予測における現状と課題」, 九州大学, 九州大学.

2020.01, 深江の自然と環境を守る会での講演, 深江公民館, 深江公民館.

2020.01, 佐賀市ごみ減量セミナーでの講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と今後」, 佐賀市, エコプラザ 2階大会議室.

2020.01, 第187回高分子材料部門委員会 第102回高分子材料セミナーでの講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と課題」, 日本材料学会高分子材料部門委員会, 滋賀県立大学.

2020.01, 「大学教員ビジット授業」での講義、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と将来」, 滋賀県立高島高等学校, 滋賀県立高島高等学校.

2019.12, The AdCoRe IP-2019での講演, National Centre for Coastal Research (NCCR) , インド チェンナイ.

2019.12, 「山口県生徒環境講座」, 山口県立徳山高等学校, 山口県立徳山高等学校.

2019.12, MATERIALS RESEARCH MEETING 2019での講演、タイトル「Recent advances in marine plastic pollution research in Japan」, MATERIALS RESEARCH MEETING組織委員会, 横浜市.

2019.12, 海洋ごみ問題をテーマとした研究会議主催のワークショップでの講演, 瀬戸内海研究会議, 神戸市.

2019.12, 2019年度国際標準推進と出口戦略シンポジウムでの講演、タイトル「マイクロプラスチックによる海洋汚染の実態とそのシミュレーション技術の開発」, 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
独立行政法人 製品評価技術基盤機構
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
モノづくり日本会議, イイノホール.

2019.12, 佐世保市立宇久中学校での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染(マイクロプラスチック)、漂流漂着ゴミ」, 佐世保市立宇久中学校, 佐世保市立宇久中学校.

2019.12, 「盛岡市ごみ減量資源再利用市民のつどい」での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と将来」, 岩手県盛岡市役所, 岩手県盛岡市役所.

2019.11, 五島市海ゴミ交流での講演, NPO法人アクロス五島, 長崎県五島市.

2019.11, マイクロプラスチックシンポジウムでの講演, マテリアルライフ学会, 関東学院大学関内メディアセンター .

2019.11, 北海道e-水フォーラムでの講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と将来の展望」, 北海道環境財団, 札幌市民交流プラザ.

2019.11, 「海洋プラスチックごみの実態把握及び資源循環に係る本邦技術の活用に向けた情報収集・確認調査」招へい計画における講義、タイトル「海洋プラスチックごみ問題の現状と将来予測、環境への影響および調査・研究手法」, 独立行政法人国際協力機構(JICA), 東京都千代田区.

2019.11, 2019年度LCA日本フォーラム秋季セミナーでの講演、タイトル「海域浮遊マイクロプラスチックの現状と将来予測」, LCA日本フォーラム, 大手町ファーストスクエアカンファレンス.

2019.11, 第51回洗浄に関するシンポジウムでの講演、タイトル「海洋プラスチック汚染研究の現状と今後」, 日本油化学会 洗浄・洗剤部会, 大阪科学技術センター.

2019.11, 九州本部環境部会での講演, 日本技術士会, 福岡市.

2019.10, 環黄海フォーラムでの講演, 大韓民国忠清南道, 大韓民国忠清南道扶餘郡.

2019.10, 第63回生活と環境全国大会での講演、タイトル「海洋プラスチック問題の現状と取り組み」, 日本環境衛生センター, 熊本城ホール.

2019.10, Yokohama Maritime Forum 2019での講演, 横浜川崎国際港湾株式会社, 神奈川県横浜市.

2019.10, 福岡県環境部研修での講演、タイトル「海洋プラスチックごみの現状及び将来予測について」, 福岡県庁, 福岡県庁 .

2019.09, 第126年学術大会での講演、タイトル「海洋プラスチック循環研究の現状と展望」, 日本地質学会, 山口大学吉田キャンパス.

2019.09, 集中講義「自然科学特別講義1」, 大分大学, 大分大学.

2019.09, 『プラスチック問題-資源循環社会に向けての化学からの新たな取り組み』での講演「海洋プラスチック汚染研究の最前線」, 日本化学会関東支部, 東京都千代田区.

2019.09, 9月佐賀経済同友会会員向け講演, 佐賀経済同友会, グランデはがくれ.

2019.08, 第 14回次世代ポリオレフィン総合研究会での講演、タイトル「海洋プラごみの動態研究と今後の展開」, 日本ポリオレフィン総合研究会, 東京都港区.

2019.08, The expert workshop Microplastics in the Water Environmentでの講演、タイトル“Monitoring and modeling of pelagic microplastics in the current and future Pacific Ocean”, EXCEED, Ibis Samui Bophut.

2019.07, 第16回地球環境シリーズでの講演、タイトル「観測から予測へ -プラスチックオーシャンの未来」, JAMSTEC, 東京都港区.

2019.07, Microplastics Pollution in the Environment in Asiaでの講演, Bandung Institute of Technology (ITB) Indonesia, インドネシア バンドン.

2019.07, 海の出前事業での講演, 日本海洋学会, 宗像市.

2019.07, 社員向け講演, 旭化成, 旭化成.

2019.06, 第9回ボランツーリズムin壱岐での講演、タイトル「海洋マイクロプラスチックの現状と影響」, 壱岐島おこし応援隊チーム防人, 一支国博物館多目的ホール.

2019.06, 社内研究討論会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染研究の現状と今後」, 資生堂 , 資生堂 .

2019.06, 『第3回海洋プラスチック問題勉強会』での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と将来」, (一社)全国清涼飲料連合会/(公社)食品容器環境美化協会, TKP東京駅大手町カンファレンスセンター ホール22G.

2019.06, 高分子加工技術研究会第91回例会での講演、タイトル「海洋プラスチッック汚染 ー現状と将来」, 日本レオロジー学会, 名古屋市工業研究所(第三会議室).

2019.06, 海ごみゼロ国際シンポジウムでの講演, 日本財団・環境省共同事業, 笹川平和財団国際会議場.

2019.06, 環境講演会での講演、タイトル「ゼロからわかる海洋プラスチック問題」, 倉敷市, ライフパーク倉敷 大ホール.

2019.06, 地球環境技術推進懇談会 循環・代謝型社会システム研究会での講演, 大阪科学技術センター, 大阪科学技術センター.

2019.06, 広島弁護士会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染 〜浮遊するマイクロプラスチックの現状と影響、今後の展望」, 広島弁護士会, 広島弁護士会2階会議室.

2019.06, RIAMフォーラム2019での平成30年度環境大臣賞 環境保全功労者表彰受賞記念講演、タイトル「海洋プラスチック汚染研究の現状と今後」, 九州大学応用力学研究所, 九州大学筑紫キャンパス.

2019.06, 令和元年度春の研究討論会セミナー「みんなで検証する日本のプラスチック資源循環戦略」, 一般社団法人 廃棄物資源循環学会, 川崎市産業振興会館.

2019.06, プラスチック容器包装リサイクル推進協議会定時総会での講演, プラスチック容器包装リサイクル推進協議会, AP虎ノ門.

2019.06, 第29回環境フォーラムでの講演、タイトル「プラスチックの恩恵と環境への影響」, 株式会社エステム, 名古屋市芸術創造センター.

2019.05, (一社)日本環境測定分析協会 会員向け講演, (一社)日本環境測定分析協会, 福岡市.

2019.05, 佐賀環境フォーラムでの講演、タイトル「海洋プラスチック汚染 ー大型プラスチックごみからマイクロプラスチックまで」, 佐賀市環境部環境政策課, 佐賀大学教養教育2号館 2101番教室(本庄キャンパス).

2019.05, 愛媛県環境保全協会会員向け講演、タイトル「海洋プラスチック汚染 -現状と未来」, 愛媛県 県民環境部, 松山全日空ホテル.

2019.04, 東京大学大学院生向け講義『海洋問題演習』, 東京大学, 東京大学.

2019.04, 北九州市環境局職員向け講演、タイトル「海洋プラスチック汚染の現状と将来」, 北九州市環境局, 北九州市役所本庁舎.

2019.04, R&D懇話会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染研究の現状と今後」, 公益社団法人日本化学会, 化学会館.

2019.03, 東海地区農林水産関連企業環境対策協議会 平成30年度担当者等研修会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染 〜浮遊するマイクロプラスチック研究の現状と今後」, 東海農政局, 安保ホール(ABOホール)501AB号室.

2019.03, 一般社団法人北海道バイオエコノミー研究所での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染 〜マイクロプラスチック研究の最前線と今後の課題」, 一般社団法人北海道バイオエコノミー研究所, 北海道大学学術交流会館 小講堂.

2019.03, ”ぐりんりんフェスタ”での講演, ぐりんぐりん古賀(古賀市環境市民会議), 福岡県古賀市.

2019.02, 環境講演会での講演、タイトル「海洋プラスティック汚染とその対策」, 糸島市引津校区振興協議会(NPO里浜つなぎ隊), 引津公民館.

2019.02, 良い食品づくりの会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染 〜マクロプラスチックからマイクロプラスチックまで」, 良い食品づくりの会, 東京都内.

2019.01, 環境科学セミナーでの講演、タイトル「海洋プラスチックごみとモニタリング」, (一財)日本環境衛生センター、環境省, 両国 KFCホール.

2019.01, 『海洋プラスチックごみを考える』講演会での講演, 東邦大学, 東邦大学習志野キャンパス.

2019.01, 練習船「勢水丸」教育関係共同利用拠点シンポジウムでの講演、タイトル「日本周辺海域における大気ー海洋ー海洋生態系相互作用」, 三重大学 , 三重大学生物資源学部2階 大講義室.

2018.12, マイクロプラスチックシンポジウムでの講演、タイトル「マイクロプラスチックは地球上でどのように移動しているのか?海洋プラスチックごみの動態」, マテリアルライフ学会, 関東学院大学関内メディアセンター.

2018.12, 地球環境行動会議(GEA)第4回勉強会での講演, 地球環境行動会議(GEA), 東京都千代田区.

2018.12, エコプロ2018 シンポジウム での講演、タイトル「ゼロからわかる海洋プラスチック問題:海洋プラスチック汚染研究の現状と今後」, 一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB), 東京ビッグサイト会議棟6階 605会議室.

2018.11, 『世界の宝石~瀬戸内海』を磨くシンポジウムでの講演, 特定非営利活動法人グリーンパートナーおかやま, 岡山市立後楽館中学校・高等学校 5階「大講義堂」.

2018.11, タカミヤ・マリバー環境保護シンポジウムでの講演、タイトル「海洋プラスチック汚染 〜マクロプラスチックからマイクロプラスチックまで〜」, タカミヤマリバー環境保護財団 , 北九州市商工貿易会館 多目的ホール.

2018.10, つばさの会 会員向け講演, つばさの会, ニューオータニ博多.

2018.10, 市民向け「環境セミナー」での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染~漂流するマイクロプラスチックの現状と未来~」, 神奈川県相模原市立環境情報センター, 桜美林大学 プラネット淵野辺キャンパス.

2018.10, 一般財団法人化学物質評価研究機構での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染研究の現状と課題」, 一般財団法人化学物質評価研究機構, 化学物質評価研究機構 東京事業所.

2018.09, 平成30年9月度理事会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染研究の最前線と今後の展開」, 関西化学工業協会, ANAクラウンプラザホテル大阪.

2018.09, ANAクラウンプラザホテル福岡 スタッフ向け講演, ANAクラウンプラザホテル福岡, ANAクラウンプラザホテル福岡.

2018.08, 2018年日化協LRI研究報告会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染に対する学界の取り組み」, 一般社団法人 日本化学工業協会, 東京証券会館.

2018.07, 先端科学特別講義「海洋プラスチックごみの海洋学」, 鹿児島大学, 鹿児島大学.

2018.07, 第29 回研究発表会・特別講演会での講演、タイトル「海洋プラスチック汚染研究の現状と将来展望」, マテリアルライフ学会, 関東学院大学関内メディアセンター.

2018.07, 特別講義「海洋プラスチックごみの海洋学」, 北里大学, 北里大学.

2018.07, 『the Marine Microplastic Symposium』での講演、タイトル“Recent microplastic research activities in Japan − transport and fate of pelagic microplastics in the upper ocean −”, National Marine Environmental Monitoring Center, 中国貴陽.

2018.04, 金沢大学環日セミナー「海洋プラスチック汚染」, 金沢大学環日本海域環境研究センター, 金沢大学.

2016.01, 飲料メーカー経営陣を対象とした海洋プラスチック汚染に関する講演, 日本ビバレッジ株式会社, 沖縄県沖縄津梁館.

2016.01, 海洋プラスチック汚染に対する一般市民と対象とした講演, 環境省, 東京海洋大.

2016.03, 海岸漂着物に対する一般市民を対象にした講演, Oregon State University & Surfriderfoundation OR, 米国オレゴン州ニューポート ハットフィールド海洋研究センター.

諸外国を対象とした高度専門職業人教育活動
2017.08~2017.08, マイクロプラスチック計量高度化事業(環境省), China.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2021.04~2023.03, 大気海洋環境研究センター/センター長.

2015.04~2016.03, 東アジア海洋大気環境センター長.

2004.04~2004.11, 学務委員会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」