九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
佐々木 一成(ササキ カズナリ) データ更新日:2020.06.30

教授 /  工学研究院 機械工学部門 水素利用工学


教育活動概要
今まで下記のような経歴のもと、各機関において学生実験や授業の補助、後輩の研究指導などを行なってきた:

昭和62年3月 
  東京工業大学工学部無機材料工学科卒業
平成元年3月
  東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学専攻修士課程修了
平成元年4月
  東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学専攻博士課程入学
平成元年10月−平成2年7月
  スイス連邦工科大学(ETH)チューリッヒ校に東京工業大学より交換留学生として選抜留学平成2年10月−平成5年9月 
  スイス連邦工科大学(ETH)助手兼博士課程 Dr.sc.techn.(工学博士)の学位取得
平成5年10月−平成7年3月
  スイス連邦工科大学(ETH)博士研究員
平成7年4月−平成11年9月
  ドイツ・マックスプランク固体研究所, 客員研究員

欧州での10年間の留学経験を含む、長年にわかる水素エネルギーや、電気化学、材料科学、エネルギー科学などの研究教育経験を生かし、現在下記の講義を担当している。

工学府水素エネルギーシステム専攻
 「水素利用プロセス」(単独担当)
 「エネルギー政策論」(責任者、分担)
 博士論文・修士論文・卒業論文指導

工学部機械航空工学科
 「水素工学基礎」(責任者、分担)

基幹教育科目
 「伊都学」(分担)

教育に関する表彰

水素エネルギー先端研究拠点を活用した脱炭素環境教育の取組が評価され、「令和元年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」(環境教育活動部門)を、センター長を務める水素エネルギー国際研究センターが受賞
担当授業科目
2017年度・前期, 熱力学・同演習.

2017年度・前期, 熱力学.

2017年度・前期, 熱力学演習.

2017年度・前期, 水素利用プロセス.

2017年度・前期, 水素利用プロセス.

2017年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ.

2017年度・後期, エネルギー政策論.

2017年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ.

2017年度・通年, Tutorials on Hydrogen System A(水素システム講究A).

2017年度・通年, Seminar in Hydrogen System A(水素システムセミナー A).

2017年度・後期, 反応性ガス熱力学.

2017年度・後期, 反応性ガス熱力学.

2018年度・前期, 水素利用プロセス.

2018年度・後期, 反応性ガス熱力学.

2018年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ.

2018年度・後期, エネルギー政策論.

2018年度・通年, Tutorials on Hydrogen System A(水素システム講究A).

2018年度・通年, Seminar in Hydrogen System A(水素システムセミナー A).

2019年度・春学期, 水素工学基礎.

2019年度・前期, 水素利用プロセス.

2019年度・通年, Tutorials on Hydrogen System A(水素システム講究A).

2019年度・通年, Seminar in Hydrogen System A(水素システムセミナー A).

2019年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ.

2019年度・後期, エネルギー政策論.

2019年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ(Dr).

2018年度・後期, 反応性ガス熱力学.

2018年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ.

2018年度・後期, エネルギー政策論.

2018年度・通年, Tutorials on Hydrogen System A(水素システム講究A).

2018年度・通年, Seminar in Hydrogen System A(水素システムセミナー A).

2019年度・春学期, 水素工学基礎.

2019年度・前期, 水素利用プロセス.

2019年度・通年, Tutorials on Hydrogen System A(水素システム講究A).

2019年度・通年, Seminar in Hydrogen System A(水素システムセミナー A).

2019年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ.

2019年度・後期, エネルギー政策論.

2019年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ(Dr).

2018年度・通年, Tutorials on Hydrogen System A(水素システム講究A).

2018年度・後期, 伊都キャンパスを科学するI.

2018年度・後期, 反応性ガス熱力学.

2018年度・後期, エネルギー政策論.

2018年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ.

2018年度・後期, Fuel Cell Engineering.

2018年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2018年度・前期, 水素工学情報集約.

2018年度・前期, 水素工学概論.

2018年度・前期, 水素利用プロセス.

2018年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2018年度・通年, Seminar in Hydrogen System A(水素システムセミナー A).

2017年度・後期, 反応性ガス熱力学.

2017年度・後期, エネルギー政策論.

2017年度・後期, Advanced Energy Engineering Ⅰ.

2017年度・後期, Fuel Cell Engineering.

2017年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2017年度・前期, 水素工学情報集約.

2017年度・前期, 伊都キャンパスを科学するI.

2017年度・前期, 水素工学概論.

2017年度・前期, 熱力学・同演習.

2017年度・前期, 水素利用プロセス.

2017年度・通年, Tutorials on Hydrogen System A(水素システム講究A).

2017年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2017年度・通年, Seminar in Hydrogen System A(水素システムセミナー A).

2016年度・後期, 反応性ガス熱力学.

2016年度・後期, Fuel Cell Engineering.

2016年度・前期, 伊都キャンパスを科学するI.

2016年度・後期, エネルギー政策論.

2016年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2016年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2016年度・通年, 水素利用工学講究A.

2016年度・前期, 水素工学セミナーI.

2016年度・前期, 水素工学情報集約.

2016年度・前期, 水素工学概論.

2016年度・前期, 熱力学・同演習.

2016年度・前期, 水素利用プロセス.

2015年度・前期, 伊都キャンパスを科学するI.

2015年度・後期, エネルギー政策論.

2015年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2015年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2015年度・通年, 水素利用工学講究A.

2015年度・前期, 水素工学セミナーI.

2015年度・前期, 水素工学情報集約.

2015年度・前期, 水素工学概論.

2015年度・前期, 熱力学・同演習.

2015年度・前期, 水素利用プロセス.

2014年度・前期, 伊都キャンパスを科学するI.

2014年度・後期, エネルギー政策論.

2014年度・後期, 次世代の低炭素エネルギー.

2014年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2014年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2014年度・通年, 水素利用工学講究A.

2014年度・前期, 水素工学セミナーI.

2014年度・前期, 水素工学情報集約.

2014年度・前期, 水素利用工学概論.

2014年度・前期, 熱力学・同演習.

2014年度・前期, 水素利用プロセス.

2014年度・前期, 環境・エネルギー政策II.

2013年度・前期, 伊都キャンパスを科学するI.

2013年度・後期, エネルギー政策論.

2013年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2013年度・後期, 次世代の低炭素エネルギー.

2013年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2013年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2013年度・通年, 水素利用工学講究A.

2013年度・前期, 水素工学セミナーI.

2013年度・前期, 水素工学情報集約.

2013年度・前期, 水素利用工学概論.

2013年度・前期, 熱力学・同演習.

2013年度・前期, 水素利用プロセス.

2013年度・前期, 環境・エネルギー政策II.

2012年度・前期, 伊都キャンパスを科学するI.

2012年度・後期, エネルギー政策論.

2012年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2012年度・後期, 次世代の低炭素エネルギー.

2012年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2012年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2012年度・通年, 水素利用工学講究A.

2012年度・前期, 水素工学セミナーI.

2012年度・前期, 水素工学情報集約.

2012年度・前期, 水素利用工学概論.

2012年度・前期, 熱力学・熱力学演習.

2012年度・前期, 水素利用プロセス.

2011年度・前期, 水素利用プロセス.

2011年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2011年度・後期, 次世代の低炭素エネルギー.

2011年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2011年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2011年度・通年, 水素利用工学講究A.

2011年度・前期, 水素工学セミナーI.

2011年度・前期, 水素工学情報集約.

2011年度・前期, 水素利用工学概論.

2011年度・前期, 熱力学・熱力学演習.

2010年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2010年度・前期, コアセミナー.

2010年度・後期, 次世代の低炭素エネルギー.

2010年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2010年度・後期, 熱力学.

2010年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2010年度・通年, 水素利用工学講究A.

2011年度・後期, エネルギー政策論.

2010年度・前期, 水素工学セミナーI.

2010年度・前期, 水素工学情報集約.

2010年度・前期, 水素利用工学概論.

2009年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・後期, 次世代のソフトエネルギー.

2009年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2009年度・後期, 熱力学.

2009年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2009年度・通年, 水素利用工学講究A.

2009年度・前期, 水素工学セミナーI.

2009年度・前期, 水素工学情報集約.

2009年度・前期, 水素利用プロセス特論第一.

2009年度・前期, 水素利用工学概論.

2008年度・後期, 水素工学コミュニケーションII.

2008年度・後期, リスクマネジメント.

2008年度・後期, 次世代のソフトエネルギー.

2008年度・後期, 熱力学.

2008年度・通年, 水素利用工学特別演習A.

2008年度・通年, 水素利用工学講究A.

2008年度・前期, 水素工学情報集約.

2008年度・前期, 水素工学セミナーI.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2008年度・前期, 水素利用プロセス特論第一.

2007年度・前期, 水素利用プロセス特論第一.

2007年度・後期, 熱力学.

2007年度・後期, 次世代のソフトエネルギー.

2007年度・通年, 熱工学特別演習C.

2007年度・通年, 熱工学講究C.

2008年度・前期, 水素利用工学概論.

2006年度・通年, 機械科学情報集約.

2006年度・後期, 機械科学コミュニケーションII.

2006年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2006年度・前期, 機械科学セミナーI.

2006年度・後期, 次世代のソフトエネルギ−.

2004年度・後期, 無機材料化学.

2005年度・後期, 次世代のソフトエネルギー.

2005年度・後期, エネルギー材料科学.

2005年度・後期, 熱力学.

2006年度・前期, 水素利用プロセス特論第一.

2006年度・後期, 熱力学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2009.03, 部局, 参加, 工学研究院FD.

2007.03, 学科, 企画, 機械系FD.

2006.11, 学科, 企画, 機械系FD.

2003.12, 全学, 参加, 全学FD.

2001.12, 全学, 参加, 全学FD.

学生のクラス指導等
2005年度, 学部, エネルギ−科学科 2年生担任.

2004年度, 学部, エネルギ−科学科 1年生担任.

2003年度, 学部, エネルギー科学科 4年生担任.

2002年度, 学部, エネルギー科学科 3年生担任.

2001年度, 学部, エネルギー科学科 2年生担任.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2006年度, 産業技術総合研究所/水素材料先端科学研究センター(副研究センター長), 2006年7月〜2010年3月, 兼任教員, 国内.

2003年度, 東京工業大学・応用セラミックス研究所, 後期(2003年11月〜2004年3月), 非常勤講師, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
2003.01, P&P(Cタイプ)「次世代のソフトエネルギーに関する最先端教育プログラムの構築」の研究代表者として、教育プログラムと全学教育科目の改善に主導的役割を担う。.

2002.01, P&P(Cタイプ)「次世代のソフトエネルギーに関する最先端教育プログラムの構築」の研究代表者として、新規教育プログラムと新規全学教育科目の立ち上げに主導的役割を担う。.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」