九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
西村 正太郎(にしむら しようたろう) データ更新日:2020.06.16

准教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 動物・海洋生物科学講座


教育活動概要
学部教育においては、1年生対象の「農学入門II」および「自然科学総合実験」、動物生産科学コース対象の「動物生産科学概論」、「家畜生体機構学」および「卒業研究」を分担している。また、学部国際コース対象の「Animal and Marine Life Science」を分担している。
大学院・生物資源環境科学府・資源生物科学専攻においては、「動物生体機能学特論」、「動物形態形成学特論」、「動物・海洋生物資源学プロジェクト演習」、「動物・海洋生物資源学輪講」、「家畜生体機構学演習」ならびに国際開発特別コース対象の「Animal & Marine Bioresource Sciences」を分担している。
担当授業科目
2020年度・通年, 動物・海洋生物科学特別研究第二.

2020年度・通年, 動物・海洋生物科学特別研究第一.

2020年度・通年, 卒業研究.

2020年度・前期, Animal and Marine Life Science.

2020年度・前期, 家畜生体機構学.

2019年度・通年, 動物・海洋生物科学特別研究第二.

2019年度・通年, 動物・海洋生物科学特別研究第一.

2019年度・後期, 動物・海洋生物科学演習第二.

2019年度・後期, 動物・海洋生物科学演習第一.

2019年度・前期, 家畜生体機構学実験 .

2019年度・後期, 動物・海洋生物科学プロジェクト演習 .

2019年度・後期, 動物形態形成学特論 .

2019年度・後期, 基礎生物学実験.

2019年度・後期, 実地見学.

2019年度・通年, 卒業研究.

2019年度・後期, 動物生産科学概論 .

2019年度・通年, 農学入門II .

2019年度・前期, Animal and Marine Life Science .

2019年度・前期, 家畜生体機構学.

2018年度・前期, 家畜生体機構学.

2018年度・前期, Animal and Marine Life Science .

2018年度・後期, 動物形態形成学特論.

2018年度・後期, 基礎生物学実験.

2018年度・後期, 家畜生体機構学実験.

2018年度・通年, 農学入門II.

2018年度・後期, 動物生産科学概論.

2018年度・通年, 卒業研究.

2018年度・前期, 牧場実習.

2018年度・後期, 動物・海洋生物科学プロジェクト演習.

2018年度・後期, 動物・海洋生物科学演習第一.

2018年度・後期, 動物・海洋生物科学演習第二.

2017年度・前期, 家畜生体機構学.

2017年度・前期, Animal and Marine Life Science .

2017年度・通年, 農学入門Ⅱ .

2017年度・前期, 動物生体機能学特論 .

2017年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講 .

2017年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2017年度・後期, 家畜生体機構学実験.

2017年度・秋学期, 自然科学総合実験(基礎).

2017年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2017年度・後期, 動物生産科学概論.

2017年度・後期, 動物形態形成学特論 .

2017年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2017年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2016年度・前期, 家畜生体機構学 .

2016年度・前期, Animal and Marine Life Science .

2016年度・通年, 農学入門Ⅱ .

2016年度・後期, 動物形態形成学特論 .

2016年度・後期, 動物生産科学概論.

2016年度・後期, 自然科学総合実験.

2016年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2016年度・前期, Animal & Marine Bioresource Sciences.

2016年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習 .

2016年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2016年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2016年度・前期, 動物生体機能学特論 .

2016年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2015年度・前期, 家畜生体機構学.

2015年度・前期, 動物生体機能学特論.

2015年度・前期, Animal and Marine Life Science.

2015年度・通年, 農学入門Ⅱ.

2015年度・後期, 動物形態形成学特論.

2015年度・後期, 動物生産科学概論.

2015年度・後期, 基礎生物学実験.

2015年度・後期, 家畜生体機構学実験.

2015年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一 .

2015年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2015年度・後期, 科学英語Ⅰ.

2015年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2014年度・前期, 家畜生体機構学.

2014年度・通年, 農学入門II.

2014年度・前期, 動物生体機能学特論.

2014年度・前期, Animal and Marine Life Science.

2014年度・後期, 動物形態形成学特論 .

2014年度・通年, 卒業研究.

2014年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2014年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2014年度・後期, 基礎生物学実験.

2014年度・後期, 家畜生体機構学実験.

2014年度・後期, 実地見学.

2014年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2014年度・後期, 動物生産科学概論 .

2013年度・前期, 家畜生体機構学.

2013年度・前期, 動物生体機能学特論.

2013年度・前期, Animal and Marine Life Science.

2013年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2013年度・通年, 卒業研究.

2013年度・後期, 動物形態形成学特論 .

2013年度・後期, 動物生産科学概論 .

2012年度・前期, 家畜生体機構学.

2012年度・前期, 動物生体機能学特論.

2012年度・前期, Animal and marine Bioresource Sciences.

2012年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2012年度・後期, 動物形態形成学特論.

2012年度・後期, 基礎生物学実験.

2012年度・後期, 動物生産科学概論.

2012年度・後期, 家畜生体機構学実験 .

2012年度・後期, 動物・海洋生物資源学輪講.

2012年度・前期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2011年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2011年度・前期, 動物生体機能学特論.

2011年度・前期, 動物形態形成学特論.

2011年度・前期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2011年度・後期, 家畜生体機構学第二.

2011年度・後期, 基礎生物学実験.

2011年度・後期, 動物生産科学概論 .

2011年度・後期, 動物・海洋生物資源学輪講.

2011年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2011年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2011年度・後期, 家畜生体機構学実験.

2010年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2010年度・前期, 動物形態形成学特論.

2010年度・前期, 動物生体機能学特論.

2010年度・後期, 家畜生体機構学第二.

2010年度・後期, 基礎生物学実験.

2010年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2010年度・通年, 卒業研究.

2010年度・後期, 家畜生体機構学実験.

2010年度・通年, 動物資源科学特別研究第二.

2010年度・後期, 動物生産科学概論.

2009年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2009年度・前期, 家畜生体機構学実験.

2009年度・後期, 家畜生体機構学第二.

2009年度・後期, 基礎生物学実験.

2009年度・後期, 動物資源科学輪講.

2009年度・通年, 動物資源科学特別研究第一.

2009年度・通年, 動物資源科学特別研究第二.

2009年度・後期, 実地見学.

2008年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2008年度・前期, 家畜生体機構学実験.

2008年度・後期, 基礎生物学実験.

2008年度・後期, 家畜生体機構学第二.

2008年度・通年, 動物資源科学特別演習.

2008年度・後期, 動物資源科学輪講.

2008年度・通年, 卒業研究.

2008年度・通年, 動物資源科学特別研究第一.

2008年度・通年, 動物資源科学特別研究第二.

2007年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2007年度・前期, 家畜生体機構学実験.

2007年度・通年, 動物資源科学特別演習.

2007年度・通年, 卒業研究.

2007年度・通年, 動物資源科学輪講.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・後期, 基礎生物学実験.

2007年度・後期, 家畜生体機構学第二.

2006年度・前期, 家畜生体機構学実験.

2006年度・後期, 基礎生物学実験.

2006年度・通年, 卒業研究.

2006年度・通年, 動物資源科学特別演習.

2006年度・通年, 動物資源科学輪講.

2005年度・後期, 基礎生物学実験.

2005年度・前期, 家畜生体機構学実験.

2004年度・後期, 基礎生物学実験.

2004年度・前期, 家畜生体機構学実験.

2003年度・後期, 基礎生物学実験.

2003年度・前期, 家畜生体機構学実験.

2002年度・後期, 基礎生物学実験.

2002年度・前期, 家畜生体機構学実験.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2020.06, 部局, 参加, 九州大学はどのような教育を目指していくのか -教学マネジメント枠組みに則した教員活動評価に向けてー.

2019.09, 部局, 参加, コンプライアンス研修.

2018.12, 部局, 参加, 大学を強くする~大学経営改革.

2017.07, 部局, 参加, 「奨学金プログラム」について.

2016.05, 全学, 参加, 電子教材著作権講習会.

2015.11, 部局, 参加, 韓国のサバティカルの実情について.

2015.09, 部局, 参加, ハラスメントの実際と対応.

2014.09, 部局, 参加, 新GPA制度について.

2014.07, 部局, 参加, ハラスメント防止の要点/グローバル人材育成推進事業-教員の英語スキルアッププログラムについて-.

2013.11, 部局, 参加, 平成25年度博士課程教育リーディングプログラム「持続可能な社会を 開く決断科学大学院プログラム」について.

2013.07, 部局, 参加, 基幹教育と基幹教育カリキュラム.

2012.12, 全学, 参加, 第11回教育国際化のためのFD 外国人教員から学ぶ「留学生への教授法」.

2012.11, 部局, 参加, JSPSグローバル人材育成推進事業(特色型)”国際的視野を持ったアグリバイオリーダーの育成” 事業について.

2012.03, 部局, 参加, 農学部国際コースの専攻教育について.

2011.09, 部局, 参加, 競争的資金を活用した大学改革ー若手研究者・女性研究者支援の推進ー.

2011.07, 部局, 参加, こころが不調になった学生の理解と接し方 −メンタルヘルスの基礎知識− .

2011.05, 部局, 参加, アクティブラーニングについて.

2010.09, 部局, 参加, G30農学部国際コースについて.

2010.06, 部局, 参加, 農学研究院における情報セキュリティについて.

2010.04, 部局, 参加, 学府再編に伴うカリキュラムの改正について.

2009.10, 部局, 参加, ハラスメント対策について.

2009.09, 部局, 参加, 動物実験における麻薬・向精神約等の使用について.

2009.06, 部局, 参加, 農学研究院の国際化に向けた取り組み~アジア農学教育のプラットフォーム形成~.

2009.04, 部局, 参加, GPA制度について.

2009.03, 部局, 参加, 英語による授業の質の向上を目指して.

2008.06, 部局, 参加, 男女共同参画社会の推進とセクシャル・ハラスメント.

2008.05, 部局, 参加, 「九州大学の教育研究と学生生活に関する大学院学生アンケート」の分析.

2008.04, 部局, 参加, 科学技術政策が農学研究院に期待するもの.

2007.12, 部局, 参加, 学習指導法(ファシリテーション)について.

2007.09, 部局, 参加, 安全管理について.

2007.04, 全学, 参加, 平成19年度 第1回全学FD.

2006.12, 部局, 参加, 農学研究院BSC(バランス・スコアカード)について.

2006.10, 部局, 参加, 教職員のメンタルヘルスケアについて.

2006.09, 部局, 参加, 味の素における生産革命の展開.

2006.07, 部局, 参加, 安全管理について・e−ラーニングについて.

2006.06, 部局, 参加, 法人化後の九州大学農学研究院の目指すべき方向性.

2006.05, 部局, 参加, 学生指導について.

2006.03, 部局, 参加, GPA制度について.

2004.07, 部局, 参加, 学生のメンタルヘルスに関する最近の話題.

2003.07, 部局, 参加, これからの教育研究の活性化.

学生のクラス指導等
2010年度, 学部, 農学部37組.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度, 九州産業大学生命科学部, 前期、月曜日1限目, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 九州産業大学工学部, 前期、月曜日1限目, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 九州産業大学工学部, 前期、月曜日1時限, 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」