九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
本城 賢一(ほんじよう けんいち) データ更新日:2020.07.03

准教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 食料化学工学


教育活動概要
学部学生に対しては「食品保蔵学」の講義を行い,「分析化学実験(分担)」,「食品衛生化学実験」の実習指導を行っている。
大学院の修士課程学生に対しては「食品加工学特論(分担)」、「食品品質学特論(分担)」の講義を担当している。
担当授業科目
2020年度・秋学期, 食品加工学特論.

2020年度・春学期, 食品品質学特論.

2020年度・春学期, 食料化学工学プロジェクト演習.

2020年度・後期, 食料化学工学演習第一.

2020年度・後期, 食料化学工学演習第二.

2020年度・通年, 食料化学工学ティーチング演習.

2020年度・通年, 食料化学工学演示技法.

2020年度・通年, インターンシップ.

2020年度・通年, 食料化学工学特別研究第一.

2020年度・通年, 食料化学工学特別研究第二.

2020年度・後期, 分析化学実験(食糧化学工学分野).

2020年度・後期, 食品衛生化学実験.

2020年度・後期, 食品保蔵学.

2020年度・春学期, Special Lecture on Advanced Topics of Agriculture 5.

2020年度・春学期, Bio-engineering.

2019年度・春学期, 食品品質学特論.

2019年度・後期, 食品保蔵学.

2019年度・後期, 食品衛生化学実験.

2019年度・後期, 分析化学実験(食糧化学工学分野).

2019年度・秋学期, 食品加工学特論.

2019年度・後期, G30コアセミナー.

2019年度・後期, 遺伝子組換え生物の利用と制御.

2018年度・後期, 食品保蔵学.

2018年度・後期, 食品衛生化学実験.

2018年度・前期, 食品衛生化学.

2018年度・後期, 分析化学実験(食糧化学工学分野).

2018年度・秋学期, 食品加工学特論.

2018年度・後期, G30コアセミナー.

2018年度・後期, 遺伝子組換え生物の利用と制御.

2017年度・後期, 食品衛生化学実験.

2017年度・後期, 食品保蔵学.

2017年度・後期, 分析化学実験.

2017年度・後期, G30コアセミナー.

2017年度・後期, 遺伝子組換え生物の利用と制御.

2017年度・前期, Bio-engineering.

2017年度・後期, 安全性評価学特論.

2017年度・後期, Food Science and Food System.

2017年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2017年度・通年, 食料化学工学特別研究第二.

2017年度・通年, 食料化学工学特別研究第一.

2017年度・前期, 食品加工学特論.

2017年度・前期, Food Science and Food Biotechnology.

2017年度・後期, Special Lecture on Advanced Topics of Agriculture 5.

2016年度・前期, 食品加工学特論.

2016年度・前期, Bio-engineering.

2016年度・前期, Food Science and Food Biotechnology.

2016年度・通年, 食料化学工学特別研究第一.

2016年度・通年, 食料化学工学特別研究第二.

2016年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2016年度・後期, 遺伝子組換え生物の利用と制御.

2016年度・後期, G30コアセミナー.

2016年度・後期, Food Science and Food System.

2016年度・後期, 分析化学実験.

2016年度・後期, 食品保蔵学.

2016年度・後期, 食品衛生化学実験.

2016年度・後期, 安全性評価学特論.

2015年度・通年, 食料化学工学特別研究第一.

2015年度・通年, 食料化学工学特別研究第二.

2015年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2015年度・後期, 安全性評価学特論.

2015年度・後期, 食品衛生化学実験.

2015年度・後期, 食品保蔵学.

2015年度・後期, 分析化学実験.

2015年度・後期, Food Science and Food System.

2015年度・前期, Bio-engineering.

2015年度・前期, 食品加工学特論.

2015年度・前期, Food Science and Food Biotechnology.

2015年度・後期, G30コアセミナー.

2015年度・後期, Special Lecture on Advanced Topics of Agriculture 5.

2014年度・前期, Food Science and Food Biotechnology.

2014年度・前期, 食品加工学特論.

2014年度・前期, Bio-engineering.

2014年度・前期, 自然科学総合実験.

2014年度・後期, Food Science and Food System.

2014年度・後期, 分析化学実験.

2014年度・後期, 食品保蔵学.

2014年度・後期, 食品衛生化学実験.

2014年度・後期, 安全性評価学特論.

2014年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2014年度・通年, 食料化学工学特別研究第二.

2014年度・通年, 食料化学工学特別研究第一.

2014年度・後期, G30コアセミナー.

2014年度・前期, 実地見学.

2013年度・前期, Food Science and Food Biotechnology.

2013年度・前期, 食品加工学特論.

2013年度・前期, Bio-engineering.

2013年度・前期, 自然科学総合実験.

2013年度・後期, Food Science and Food System.

2013年度・後期, 分析化学実験.

2013年度・後期, 食品保蔵学.

2013年度・後期, 食品衛生化学実験.

2013年度・後期, 安全性評価学特論.

2013年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2013年度・通年, 食料化学工学特別研究第二.

2013年度・通年, 食料化学工学特別研究第一.

2013年度・後期, G30コアセミナー.

2013年度・後期, Challenges in agricultural science and technology of plants.

2012年度・通年, 食料化学工学特別研究第一.

2012年度・通年, 食料化学工学特別研究第二.

2012年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2012年度・後期, 分子生物学概論.

2012年度・後期, 安全性評価学特論.

2012年度・前期, 食品加工学特論.

2012年度・後期, 食品衛生化学実験.

2012年度・後期, 食品保蔵学.

2012年度・後期, 分析化学実験.

2012年度・後期, Food Science and Food System.

2012年度・前期, Food Science and Food Biotechnology.

2012年度・前期, コアセミナー.

2011年度・通年, 食料化学工学特別研究第一.

2011年度・通年, 食料化学工学特別研究第二.

2011年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2011年度・前期, 安全性評価学特論.

2011年度・後期, 食品加工学特論.

2011年度・後期, 食品衛生化学実験.

2011年度・後期, 食品保蔵学.

2011年度・後期, 分析化学実験.

2011年度・後期, Food Science and Food System.

2011年度・後期, 分子生物学概論.

2011年度・前期, Food Science and Food Biotechnology.

2010年度・後期, Food Science and Food System.

2010年度・後期, 分析化学実験.

2010年度・後期, 食品保蔵学.

2010年度・後期, 食品衛生化学実験.

2010年度・通年, 食品バイオ工学特別研究第二.

2010年度・通年, 食品バイオ工学演習第二.

2010年度・後期, 食品加工学特論.

2010年度・前期, 安全性評価学特論.

2010年度・通年, 食料化学工学プロジェクト演習.

2010年度・通年, 食料化学工学特別研究第一.

2009年度・通年, 食品バイオ工学講究演習.

2009年度・通年, 食品バイオ工学講究.

2009年度・通年, 食品バイオ工学演習第二.

2009年度・通年, 食品バイオ工学演習第一.

2009年度・通年, 食品バイオ工学特別研究第二.

2009年度・通年, 食品バイオ工学特別研究第一.

2009年度・後期, 微生物学基礎実験.

2009年度・前期, バイオテクノロジー詳論.

2009年度・後期, 食品衛生化学実験.

2009年度・後期, 食品保蔵学.

2009年度・後期, 食品健全学特論.

2009年度・後期, Food Science and Food System.

2008年度・通年, 食品バイオ工学演習第一.

2008年度・通年, 食品バイオ工学講究.

2008年度・通年, 食品バイオ工学講究演習.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・通年, 食品バイオ工学特別研究第二.

2008年度・通年, 食品バイオ工学特別研究第一.

2008年度・通年, 食品バイオ工学演習第二.

2008年度・前期, バイオテクノロジー詳論.

2008年度・後期, 食品保蔵学.

2008年度・後期, 食品衛生化学実験.

2008年度・後期, 微生物学基礎実験.

2007年度・後期, 食品健全学特論.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.05, 部局, 参加, 優良な博士人材の獲得と育成に向けて~農学研究院教授に学ぶ ~.

2017.09, 部局, 参加, 研究分析ツール「SciVal」及び研究者プロファイリングツール「Pure」に関する説明会.

2017.07, 部局, 参加, 「奨学金プログラムについて」.

2015.09, 部局, 参加, 「ハラスメントの実際と対応」ハラスメントの事例を通じた相談や苦情申立の流れについて.

2014.05, 部局, 参加, 特許セミナー 〜 大学における研究成果を知的財産として活用するために〜.

2013.07, 部局, 参加, 基幹教育と基幹教育カリキュラム.

2012.03, 部局, 参加, 農学部国際コースの専攻教育について.

2011.10, 部局, 参加, 留学生の異文化適応について.

2010.09, 部局, 参加, G30 農学部国際コースについて −カリキュラムの実施、履修要項、学生のサポート.

2010.07, 部局, 参加, 農学研究院サバティカル(特別研究期間)の運用について.

2010.04, 部局, 参加, 学府再編に伴うカリキュラムの改正について.

2010.01, 部局, 参加, 九州大学全学シラバスの利用法について.

2009.10, 部局, 参加, セクシャル・ハラスメントとパワー・ハラスメントの現状と対策について.

2009.08, 部局, 参加, 農学研究院部門組織再編の基本方針等について.

2009.06, 部局, 参加, 農学研究院の国際化に向けた取り組み〜アジア農学教育のプラットフォーム形成〜.

2009.04, 部局, 参加, GPA制度について.

2009.03, 部局, 参加, 英語による授業の質の向上を目指して.

2008.12, 部局, 参加, 「生物資源環境科学府の組織再編」について.

2008.06, 部局, 参加, セクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント及び男女共同参画.

2008.05, 部局, 参加, 「九州大学の教育研究と学生生活に関する大学院学生アンケート」の分析について.

2008.04, 部局, 参加, 農学系に係る研究の活性化について.

2007.12, 部局, 参加, 学習指導法(ファシリテーション)について.

2007.06, 部局, 参加, 安心して学び・働けるキャンパスをつくるために.

2006.05, 部局, 参加.

2006.04, 全学, 参加, 新任教員研修会.

2006.03, 部局, 参加.

2005.05, 部局, 参加.

2005.03, 部局, 参加.

2004.07, 部局, 参加.

2003.01, 部局, 参加.

学生のクラス指導等
2014年度, 学部, 応用生物科学コース食糧化学工学分野3年生担任補佐.

2013年度, 学部, 応用生物科学コース食糧化学工学分野2年生担任補佐.

2008年度, 全学, 理系35.

2007年度, 学部, 応用生物科学コース食糧化学工学分野3年生.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2016年度, 放送大学, 2016.12.17-18, 集中講義, 国内.

2009年度, 福岡女子大学, 火曜日4限,前期, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 福岡女子大学, 木曜日3限,後期, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡女子大学, 木曜日3限,後期, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡女学院大学, 水曜日1限,前期, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡女子大学, 木曜日3限,後期, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡女学院大学, 水曜日1限,前期, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 福岡女学院大学, 水曜日1限,前期, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 福岡女子大学, 木曜日3限,後期, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 福岡女子大学, 金曜日3限,後期, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2018.01, 国際インバウンドプログラム (実験担当), 九州大学, 10.

2017.01, 国際インバウンドプログラム (実験担当), 九州大学, 16.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」