九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
本城 賢一(ほんじよう けんいち) データ更新日:2020.06.11

准教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 食料化学工学


主な研究テーマ
生食用野菜栽培における損傷ならびに非損傷リステリア菌の可食部への汚染低減技術の開発
キーワード:リステリア、生食用野菜、汚染低減化
2013.05.
耐凍性に関する新規適合溶質の検索
キーワード:適合溶質、耐凍性、タウリン、トレハロース
2009.04.
クロレラの耐凍性獲得機構の解明
キーワード:クロレラ,耐凍性,ハードニング
1991.04~2017.03.
酵母への耐凍性付与に関する研究
キーワード:耐凍性,酵母
1996.04.
高等植物への耐凍性付与に関する研究
キーワード:耐凍性,シロイヌナズナ,植物、レタス
1994.04.
従事しているプロジェクト研究
「有害化学物質・微生物の動態解明によるリスク管理技術の開発」(抗菌剤の使用による薬剤耐性発現の実態調査手法の開発)
2018.07~2020.03, 代表者:木嶋伸行, 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構.
損傷菌の発生機序の解明と検出・制御技術の開発「生食用野菜栽培における損傷ならびに非損傷リステリア菌の可食部への汚染低減技術の開発」
2013.04~2017.03, 代表者:本城賢一, 九州大学, 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品安全研究領域 稲津 康弘
リステリアは、広く環境中に存在し、畜肉、乳製品のみならず、生食用野菜類を介した食中毒を引き起こす。栽培は長期に渡るため、リステリアは様々な生産環境ストレスを受け、検出が困難な損傷菌として存在している可能性が予想される。本課題では、トマト、レタス、ホウレンソウを対象に環境からのリステリアによる可食部汚染の可否を確認し、その低減技術を確立する。まず、血清型等が異なる病原リステリア株を単独、または複数種類同時に接種した土壌において上記野菜類を隔離環境で栽培し、リステリアの消長について調べる。そのため、非損傷菌数はリステリア選択培地を、回復可能な損傷菌数および非損傷菌数は非選択培地を用いて測定する。常在菌と区別するためにリステリアには予め緑色蛍光タンパク質遺伝子を導入しておく。
 栽培段階での野菜可食部におけるリステリア汚染の可否ならびに損傷菌を含めた生残菌数等を数値化しリスク評価することで、生産段階におけるリステリア制御の管理点について明確化し、低減技術開発へとつなげていく。本課題での成果は、「生鮮野菜による食中毒リスク低減 –栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針– 」の強化・拡充に活用される。
.
研究業績
主要著書
1. Takeshi Machida, Akiko Ishibashi, Eri Kato, Jun-ichi Sato, Shinji Kawasaki, Youichi Niimura, Ken-ichi Honjoh and Takahisa Miyamoto, Chloroplast NADPH-dependent thioredoxin reductase from Chlorella vulgaris functions as an antioxidant system with 2-Cys peroxiredoxin; The 5th International Joint Symposium between Japan and Korea. The Recent Status and Perspective of Food System, Agricultural Environment and Biology, 340-351, 2008.12.
2. 本城賢一, 植物の耐凍性向上への試み、生物機能研究の進歩1,, 生物機能研究会編集, 223-234, 2002.03.
3. 本城賢一, 食糧の安定供給をめざして:植物への耐凍性付与、生物機能の新展開-人類の生存をかけて-, 日本学術会議 栄養・食糧科学研究連絡委員会編, 11-18, 2000.11.
主要原著論文
1. Ken-ichi HONJOH, Yin LIN, Kiyomi JO, Yuri IWAIZAKO, Masayuki MAEDA, Nobuyuki KIJIMA, and Takahisa MIYAMOTO, Possible contamination routes of Listeria monocytogenes to leaf lettuce during cultivation, Food Science and Technology Research, 24, 5, 911-920, 2018.09.
2. Ken-ichi HONJOH, Hitomi OKANO, Aya KAWABATA, Masaru KUROKAWA, Taiki KIMURA, Takeshi MACHIDA, Yoshimitsu MASUDA and Takahisa MIYAMOTO, Freezing tolerance of Lactuca sativa and induction of CBF and GolS genes during cold treatment, Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University, 63, 2, 249-257, 2018.09.
3. Honjoh, K., Iwaizako, Y., Lin, Y., Kojima, N., Miyamoto, T., Possibilities of contamination of tomato fruits by Listeria monocytogenes during cultivation, Food Science and Technology Research, https://doi.org/10.3136/fstr.22.349, 22, 3, 349-357, 2016.05, [URL].
4. 本城賢一, 町田 豪, 菅 向志郎, 宮本敬久, 酵母の凍結ストレス耐性改善へのアプローチ (セミナー 低温/乾燥に適応した生物の生き残り戦略としての休眠), Cryobiology and cryotechnology, 61, 1, 13-17, 2015.03, Freezing is one of extreme environments for organisms. On the other hand, freezing is useful strategy for storage of foods. The authors have studied on development of freezing tolerance of plants for storage and stable supply of foods. In order to understand the mechanisms of the freezing tolerance, low-temperature inducible genes were isolated from Chlorella, and genes responsible for synthesis of taurine and trehalose were isolated from common carp and tobacco plant, respectively. The cloned (LEA, FAD2, NTRC, PRX, CDO, CSD, TPS, TPP) genes were modified and respectively subcloned into expression vectors for expression in Saccharomyces cerevisiae. Freezing tolerance of the yeast cells expressing the genes was investigated to estimate functions of the expressed gene products..
5. Honjoh, K., Mishima, T., Kido, N., Shimamoto, M., Miyamoto, T., Investigation of possible contamination routes of Salmonella via soils and the effects of mulch for avoiding its contamination to leafy lettuce plants during cultivation, Food Science and Technology Research, https://doi.org/10.3136/fstr.20.961, 20, 5, 961-969, 2014.09, [URL].
6. 本城賢一, 低温流通食品の品質および安全性確保に関する基礎的研究, 日本食品科学工学会誌, 61, 3, 101-107, 2014.03.
7. Machida, T., Ishibashi, A., Kirino, A., Sato, J., Kawasaki, S., Niimura, Y., Honjoh, K., Miyamoto, T., Chloroplast NADPH-dependent thioredoxin reductase from Chlorella vulgaris alleviates environmental stresses in yeast together with 2-Cys peroxiredoxin, PLoS ONE, 7, 9, e45988, 2012.09, [URL].
8. Machida, T., Honjoh, K., Aso, A., Yamamoto, M., Iio, M., Miyamoto, T., Trehalose 6-phosphate synthase and trehalose 6-phosphate phosphatase from Nicotiana tabacum function in trehalose biosynthesis and environmental stress tolerance of yeast, Journal of Faculty of Agriculture, Kyushu University, 55, 2, 261-268, 55, 2, 261-268, 2010.11.
9. Honjoh, K., Matsuura, K., Machida, T., Nishi, K., Nakao, M., Yano, T., Miyamoto, T., Iio, M., Enhancement of menadione stress tolerance in yeast by accumulation of hypotaurine and taurine: Co-expression of cDNA clones, from Cyprinus carpio, for cysteine dioxygenase and cysteine sulfinate decarboxylase in Saccharomyces cerevisiae, Amino Acids, 10.1007/s00726-009-0328-6., 38, 4, 1173-1183, 38(4): 1173-1183, 2010.04.
10. Machida, T., Ohashi, N., Mimura, A., Honjoh, K., Iio, M., Miyamoto, T., Chloroplastic glucose 6-phosphate dehydrogenase from Chlorella vulgaris alleviates freezing and menadione-indued oxidative stresses in Saccharomyces cerevisiae, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University , 55, 1, 29-38, 2010.03.
11. Machida, T., Honjoh, K., Shimizu, H., Yamamoto, M., Iio, M., Miyamoto, T., Expression of a gene encoding a functional glycosyl hydrolase, trehalase, from Nicotiana tabacum in Saccharomyces cerevisiae, Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University , 54, 2, 297-304, 2009.11.
12. Machida, T., Kato, E., Ishibashi, A., Sato, J., Kawasaki, S., Niimura, Y., Honjoh, K., Miyamoto, T., Expression pattern of a chloroplast NADPH-dependent thioredoxin reductase in Chlorella vulgaris during hardening and its interaction with 2-Cys peroxiredoxin., Biosci. Biotechnol. Biochem., 73(3), 695-701, 2009.03.
13. Honjoh, K., Fujihara, K., Haraguchi, T., Ono, Y., Kobayashi, H., Hiwaki, H., Kamikado, H., Jang, S.S., Ryu, S., Miyamoto, T., Subtyping of Listeria monocytogenes based on nucleotide polymorphism in clpC, inlA, hlyA, and plcA genes and rapid identification of L. monocytogenes genetically similar to clinical isolates, Food Sci. Technol. Res., Vol. 14, No.6, 557-564, 2008.12.
14. Machida, T., Murase, H., Kato, E., Honjoh, K., Matsumoto, K., Miyamoto, T., Iio, M., Isolation of cDNAs for hardening-induced genes from Chlorella vulgaris by suppression subtractive hybridization., Plant Science, 175, 3, 238-246, 2008.09.
15. Machida, T., Kato, E., Ishibashi, A., Ohashi, N., Honjoh, K., Miyamoto, T., Molecular characterization of low-temperaure-inducible NTR-C in Chlorella vulgaris, Nucleic Acids Symposium Series, No. 51, 463-464, 2007.11.
16. 本城賢一,西孝太郎,町田豪,宮本敬久,飯尾雅嘉, タウリン蓄積による酵母の耐凍性向上の試み, 低温生物工学会誌, Vol 53, No.1, 47-51, 2007.09.
17. Honjoh, K., Machida, T., Nishi, K., Matsuura, K., Soli, K.W., Sakai, T., Ishikawa, H., Matsumoto, K., Miyamoto, T., Iio, M., Improvement of freezing and oxidative stress tolerance in Saccharomyces cerevisiae by taurine, Food Sci. Technol. Res., 13,2, 145-154, 2007.06.
18. Honjoh,K., Machida, T., Hagisako, T., Suga, K., Yonekura, M., Shimizu, H., Ohashi, N., Miyamoto, T., Hatano, S., Iio, M., Molecular cloning and characterization of a cDNA for low-temperature inducible cytosolic glucose 6-phosphate dehydrogenase gene from Chlorella vulgaris and expression of the gene in Saccharomyces cerevisiae, Plant Science, 172, 649-658, 2007.03.
19. Honjoh, K., Mimura, A., Kuroiwa, E., Hagisako, T., Suga, K., Shimizu, H., Dubey, R.S., Miyamoto, T., Hatano, S., and Iio, M., Purification and characterization of two isoforms of glucose 6-phosphate dehydrogenase (G6PDH) from Chlorella vulgaris C-27, Biosci. Biotechnol. Biochem., 10.1271/bbb.67.1888, 67, 9, 1888-1896, 67(9): 1888-1896, 2003.09.
20. Honjoh, K., Suga, K., Shinohara, F., Maruyama, I., Miyamoto, T., Hatano, S., and Iio, M., Preparation of protoplasts from Chlorella vulgaris K-73122 and cell wall regeneration of protoplasts from C. vulgaris K-73122 and C-27, J. Fac. Agr., Kyushu Univ., 47, 2, 257-266, 47(2): 257-266, 2003.02.
21. Shimizu, H., Furuya, N., Suga, K., Honjoh, K., Miyamoto, T., Hatano, S., and Iio, M., Freezing tolerance of transgenic tobacco with increased content of unsaturated fatty acid by expressing the CvFad2 or CvFad3 gene, J. Fac. Agr., Kyushu Univ., 47, 2, 307-317, 47(2): 307-317, 2003.02.
22. Suga, K., Honjoh, K., Furuya, N., Shimizu, H., Nishi, K., Shinohara, F., Hirabaru, Y., Maruyama, I., Miyamoto, T., Hatano, S., and Iio, M.,, Two low-temperature-inducible Chlorella genes for D12 and w-3 fatty acid desaturase (FAD): Isolation of D12 and w-3 fad cDNA clones, expression of D12 fad in Saccharomyces cerevisiae , and expression of w-3 fad in Nicotiana tabacum, Biosci. Biotechnol. Biochem., 66, 6, 1314-1327, 66(6): 1314-1327, 2002.06.
23. Honjoh,K., Shimizu, H., Nagaishi, N., Matsumoto, H., Suga, K., Miyamoto, T., Iio, M., and Hatano, S., Improvement of freezing tolerance in transgenic tobacco leaves by expressing the hiC6 gene, Biosci. Biotechnol. Biochem., 10.1271/bbb.65.1796, 65, 8, 1796-1804, 65(8): 1796-1804, 2001.08.
24. Honjoh, K., Matsumoto, H., Shimizu, H., Ooyama, K., Tanaka, K., Oda, Y., Takata, R., Joh, T., Suga, K., Miyamoto, T., Iio, M. and Hatano, S., Cryoprotective activities of group3 late embryogenesis abundant proteins from Chlorella vulgaris C-27, Biosci. Biotechnol. Biochem., 10.1271/bbb.64.1656, 64, 8, 1656-1663, 64(8): 1656-1663, 2000.08.
25. K. Honjoh, Y. Oda, R. Takata, T. Miyamoto, and S. Hatano, Induction of the hiC6 gene, which encodes a homologue of a late embryogenesis abundant (LEA) protein, enhances freezing tolerance of yeast, Journal of Plant Physiology, Vol.155, No.4,5, 509-512, 1999.01.
26. 波多野昌二,本城賢一, クロレラの耐凍性獲得に伴う遺伝子発現と蛋白質の解析, 低温生物工学会誌, 42 (1), 11-19, 1996.05.
27. Honjoh, K., Yoshimoto, M., Joh, T., Kajiwara, T., Miyamoto, T., Hatano, S., Isolation and characterization of hardening-induced proteins in Chlorella vulgaris C-27: Identification of late embryogenesis abundant proteins, Plant Cell Phyisiol., 36, 8, 1421-1430, 36(8), 1421-1430, 1995.12.
28. Joh, T., Honjoh, K., Yoshimoto, M., Funabashi, J., Miyamoto, T., Hatano, S., Molecular cloning and expression of hardening-induced genes in Chlorella vulgaris C-27: the most abundant clone encodes a late embryogenesis abundant protein, Plant Cell Physiol., 36, 1, 85-93, 36(1), 85-93, 1995.01.
29. Joh, T., Yoshimoto, M., Honjoh, K., Miyamoto, T., Hatano, S., Changes in translatable RNA population during hardening of Chlorella ellipsoidea C-27., J. Fac. Agr., Kyushu Univ., 37, 3-4, 257-263, 37(3,4), 257-263, 1993.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 本城賢一, 生鮮野菜の凍結貯蔵を意図した分子生物学的基礎研究, 平成23年度 食に関する助成研究調査報告書 No.25 (公益財団法人 すかいらーくフードサイエンス研究所), 2012.10.
2. 本城賢一、井倉則之、野間誠司, 糖修飾LEAタンパク質の利用を基盤とする食肉の新しい凍害防御技術の確立, 平成23年度食肉に関する助成研究調査成果報告書 VOL. 30 (公益財団法人 伊藤記念財団), p35-41, 2012.11.
3. 本城賢一, 九大農学部の安全の取り組み, 日本安全学教育研究会誌, 2011.08.
4. 本城賢一, 植物の耐凍性獲得に関わる新規抗酸化系酵素群の解析, (財)サッポロ生物科学振興財団 第23回助成研究報告書, 2009.05.
5. 本城賢一, トレハロース蓄積による酵母の耐凍性向上の試み, 第12回トレハロースシンポジウム記録集, 2009.02.
主要学会発表等
1. 本城賢一, 野菜栽培段階におけるリステリアの汚染機構について, 第29回食品産業創造展「機能性食品特別セミナー」, 2019.05.
2. 木村太喜, 黒川将, 益田時光, 本城賢一, 宮本敬久, 大腸菌を用いたレタス由来ガラクチノール合成酵素遺伝子の機能解析, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
3. Kimura, T., Kurokawa, M., Honjoh, K., Masuda, Y., Miyamoto T., Functional analysis of galactinol synthase gene from Lactica sativa in Escherichia coli, JSBBA West 1st Student Forum, 2018.11.
4. 木村太喜, 黒川将, 益田時光, 本城賢一, 宮本敬久, 大腸菌を用いたレタス由来ガラクチノール合成酵素遺伝子の機能解析, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
5. 李 重延, 須田千尋, 益田時光, 本城賢一, 宮本敬久, ハツカダイコン栽培段階における Listeria monocytogenesの汚染機構解明と収穫後の菌の消長について, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
6. 本城 賢一, 須田 千尋, 城 聖実, 李 重延, 木嶋 伸行, 前田 征之, 益田 時光, 宮本 敬久, ハツカダイコン栽培段階におけるリステリアの可食部汚染機構の解明, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第64回大会, 2017.08.
7. 黒川 将, 岡野 仁美, 川畑 彩, 益田 時光, 本城 賢一, 宮本 敬久, レタス (Lactuca sativa L.)由来の低温誘導性galactinol 合成酵素遺伝子のクローニング, 第34回日本植物細胞分子生物学会(上田)大会, 2016.09.
8. 本城 賢一, 林 英, 祝迫 侑里, 城 聖実, 木嶋 伸行, 前田 征之, 宮本 敬久, リーフレタス栽培段階におけるリステリアの損傷菌化と可食部汚染機構の解明, 公益社団法人 日本食品科学工学会 第63回大会, 2016.08.
9. 本城 賢一, 林 英, 祝迫 侑里, 城 聖実, 木嶋 伸行, 宮本 敬久, 栽培土壌におけるリステリアの損傷ならびにリーフレタス可食部汚染機構の解明, 第36回日本食品微生物学会学術総会, 2015.11.
10. 祝迫 侑里, 林 英, 本城 賢一, 宮本 敬久, リステリア汚染土壌で栽培したトマトの可食部汚染の可能性について, 平成26年度 日本食品科学工学会西日本支部大会, 2014.12.
11. Ken-ichi Honjoh, Tomoko Mishima, Nozomi Kido, Yuri Iwaizako, Ying Lin, Takahisa Miyamoto, Studies on contamination routes of Salmonella Enteritidis and Listeria monocytogenes in vegetables, 43rd Annual Meeting United States - Japan Cooperative Program in Natural Resources Food and Agricultural Panel, 2014.10.
12. Ken-ichi Honjoh, 酵母の凍結ストレス耐性改善へのアプローチ, 第59回低温生物工学会セミナー及び年会, 2014.06.
13. 林 英, 祝迫 侑里, 島本 美紗子, 本城 賢一, 宮本 敬久, トマト栽培土壌中におけるリステリアの生残と損傷菌検出に関する研究, 平成25年度 日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2013.10.
14. 本城 賢一, 低温流通食品の品質および安全性確保に関する基礎的研究, 平成25年度 日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2013.10.
15. Ken-ichi Honjoh, Hitomi Okano, Aya Kawabata, Ayako Shiraishi, Takahisa Miyamoto, Molecular response of Lactuca sativa L. to low temperature, 13TH ASEAN FOOD CONFERENCE 2013, 2013.09.
16. 白石 絢子, 桐野 愛, 町田 豪, 本城 賢一, 宮本 敬久, クロレラNTRCおよびPrx遺伝子導入による高等植物の凍結貯蔵性向上に関する基礎研究, 日本食品科学工学会第60回記念大会 , 2013.08.
17. 岡野 仁美, 白石 絢子, 川畑 彩, 町田 豪, 本城 賢一, 宮本 敬久, 凍結貯蔵性付与を目的としたレタスの低温応答遺伝子解析, 日本食品科学工学会第60回記念大会 , 2013.08.
18. 本城 賢一, 低温流通食品の品質と安全性確保に関する基礎的研究, 日本食品科学工学会第60回記念大会 , 2013.08.
19. 白石 絢子, 桐野 愛, 町田 豪, 本城 賢一, 宮本 敬久, クロレラ由来葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素ならびに2-Cysペルオキシレドキシン遺伝子導入シロイヌナズナのストレス耐性, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
20. 岡野仁美、川畑 彩、町田 豪、本城賢一、宮本敬久, レタスにおける CBF, ICE1, GolS遺伝子の低温誘導性に関する研究, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2012.09.
21. 岡野 仁美、川畑 彩、町田 豪、本城 賢一、宮本 敬久, CBF遺伝子の解析に基づくレタス(Lactuca sativa L.)の低温応答性に関する研究 , 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
22. 桐野 愛、町田 豪、石橋 明子、本城 賢一、宮本 敬久, クロレラNTRC/2-Cys Prx抗酸化系遺伝子導入による酵母のストレス耐性向上に関する研究, 第29回 日本植物細胞分子生物学会(福岡)大会, 2011.09.
23. 川畑 彩、町田 豪、岡野 仁美、本城 賢一、宮本 敬久, レタス(Lactuca sativa)からのCBF様遺伝子のクローニング, 第29回 日本植物細胞分子生物学会(福岡)大会, 2011.09.
24. 本城賢一, 九大農学部の安全の取り組み, 第6回 日本安全学教育研究会, 2011.08.
25. 正箱尚久、町田豪、本城賢一、宮本敬久, クロレラ形質転換法の確立に基づく低温誘導性NTRC遺伝子の破壊に関する研究, 日本農芸化学会西日本支部大会, 2010.09.
26. 桐野 愛、町田 豪、石橋 明子、本城 賢一、宮本 敬久, クロレラNTRC/2-Cys Prx抗酸化系の過酸化物分解活性および本抗酸化系遺伝子導入による酵母の耐凍性に関する研究, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
27. 川畑 彩、町田 豪、本城 賢一、宮本 敬久, レタスの低温および凍結耐性を評価する遺伝子マーカーの検討, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
28. 町田豪,増山夏子,山田直隆,本城賢一,宮本敬久, クロレラ耐凍性誘導物質ルヌラリンにより発現誘導される遺伝子の同定, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会, 2009.10.
29. 石橋明子、本城賢一,町田豪,宮本敬久, クロレラ葉緑体局在NADPH チオレドキシン還元酵素と2-Cys 型ペルオキシレドキシン間の相互作用解析, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会, 2009.10.
30. 増山夏子, 渡辺雄太, 町田豪, 山田直隆, 本城賢一, 宮本敬久, 桑野栄一, クロレラの耐凍性に及ぼすルヌラリンの影響, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会, 2009.10.
31. 本城賢一, クロレラの耐凍性獲得における新規抗酸化系酵素群の機能解析, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
32. 町田豪、麻生亜由子、山本舞子、本城賢一、宮本敬久, タバコ由来トレハロース合成系酵素群遺伝子の酵母での発現, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
33. 渡辺雄太、山田直隆、町田豪、本城賢一、桑野栄一, Chlorella vulgaris C-27株のカロテノイドに対する低温順化の影響, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
34. 石橋明子、町田豪、加藤枝里、佐藤純一、川崎信治、新村洋一、本城賢一、宮本敬久, クロレラ葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素が関わる抗酸化系酵素群の酵母における発現とストレス耐性, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
35. Takeshi Machida, Akiko Ishibashi, Eri Kato, Jun-ichi Sato, Shinji Kawasaki, Youichi Niimura, Ken-ichi Honjoh and Takahisa Miyamoto, Chloroplast NADPH-dependent thioredoxin reductase from Chlorella vulgaris functions as an antioxidant system with 2-Cys peroxiredoxin, The 5th International Joint Symposium between Japan and Korea, 2008.11.
36. 本城賢一, トレハロース蓄積による酵母の耐凍性向上の試み, 第12回 トレハロースシンポジウム, 2008.10.
37. 石橋明子、町田豪、加藤枝里、佐藤純一、川崎信治、新村洋一、本城賢一、宮本敬久, クロレラ葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素は2-Cys Prxと共同して過酸化物分解に機能する, 日本農芸化学会西日本支部大会, 2008.09.
38. Ken-ichi Honjoh, Kanae Matsuura, Koutarou Nishi, Takeshi Machida, Masayoshi Iio and Takahisa Miyamoto, Stress tolerance of yeast expressing genes for taurine synthetic enzymes, XVI Congress of the Federation of European Societies of Plant Biology (FESPB 2008), 2008.08.
39. Takeshi Machida, Akiko Ishibashi, Eri Kato, Jun-ichi Sato, Shinji Kawasaki, Youichi Niimura, Ken-ichi Honjoh and Takahisa Miyamoto, Chloroplast NADPH-dependent thioredoxin reductase from Chlorella vulgaris functions as an antioxidant with 2-Cys peroxiredoxin, XVI Congress of the Federation of European Societies of Plant Biology (FESPB 2008), 2008.08.
40. 町田 豪, 石橋 明子, 加藤 枝里, 佐藤 純一, 川崎 信治, 新村 洋一, 本城 賢一, 宮本 敬久, クロレラの葉緑体局在NADPH依存型チオレドキシン還元酵素が関与する抗酸化システム
, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
41. 町田豪, 加藤枝里, 石橋明子, 大橋直人, 佐藤純一, 川崎信治, 新村洋一, 本城賢一, 宮本敬久, クロレラ低温誘導性NTR-Cは2-Cys Prxの電子供与体として機能し過酸化物分解を促進する, 日本農芸化学会, 2008.03.
42. Takeshi Machida, Eri Kato, Akiko Ishibashi, Naoto Ohashi, Ken-ichi Honjoh, and Takahisa Miyamoto, Molecular characterization of low-temperature-inducible NTR-C in Chlorella vulgaris, 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2007.11.
43. Takahisa Miyamoto, Kumiko Fujihara, Ken-ichi, Honjoh, Hideaki Kamikado, Takashi Tanaka, Intraspecific lineage group identification of Listeria monocytogenes based on DNA sequences of some genes and rapid detection of L. monocytogenes genetically similar to clinical isolates, Natural Resources, Food and Agriculture Panel, 36th Annual meeting, 2007.10.
44. 本城賢一,町田豪,松浦香苗,西孝太郎,宮本敬久,飯尾雅嘉, タウリン合成酵素遺伝子導入による酵母へのストレス耐性付与, 日本食品科学工学会, 2007.09.
45. 大橋直人,町田豪,本城賢一,宮本敬久, クロレラ葉緑体局在型 G6PDHアイソザイムの低温下における発現挙動と機能解析, 日本農芸化学会中四国西日本支部合同大会, 2007.09.
46. Takeshi Machida, Eri Kato, Akiko Ishibashi, Ken-ichi Honjoh and Takahisa Miyamoto, Molecular characterization of low-temperature-inducible NTR-C in Chlorella vulgaris, Japan-Germany International Cooperative Project on Education and Research, 2007.09.
47. 町田 豪, 加藤 枝里, 大橋 直人, 本城 賢一, 宮本 敬久, クロレラ由来低温誘導性NADPH依存性チオレドキシン還元酵素の低温での発現挙動と機能解析
, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
48. 町田豪,大橋直人,本城賢一,宮本敬久,飯尾雅嘉, クロレラ由来グルコース6-リン酸脱水素酵素アイソザイムのcDNAクローニングと低温下における挙動, 日本農芸化学会, 2007.03.
49. 本城賢一,加藤枝里,町田豪,宮本敬久,飯尾雅嘉, クロレラ由来低温誘導性NADPH依存型チオレドキシン還元酵素のcDNAクローニングとその機能解析, 日本農芸化学会, 2007.03.
50. Ken-ichi Honjoh, Takeshi Machida, Eri Kato, Hisako Murase, Masayoshi Iio, and Takahisa Miyamoto, Isolation of cDNAs for hardening specific genes from Chlorella vulgaris by using suppression subtractive hybridization, Iwate Plant Science Symposium 2006 (The Frontiers of Molecular Plant Biology -Abiotic stress responses and host-pathogen interactions-), 2006.10.
51. 加藤枝里,村瀬久子,本城賢一, 宮本敬久,飯尾雅嘉, クロレラ低温誘導性NADPH-チオレドキシン還元酵素遺伝子のクローニング, 日本農芸化学会西日本支部大会, 2006.09.
52. 麻生亜由子,山本舞子,本城賢一,宮本敬久,飯尾雅嘉, タバコのトレハロース合成系酵素遺伝子のクローニングおよび酵母での発現, 日本農芸化学会西日本支部大会, 2006.09.
53. Kevin Webby Soli, Takashi Iseki, Ken-ichi Honjoh, Masayoshi Iio, Takahisa Miyamoto, Identification of amino acid permease genes responsible for taurine uptake in yeast, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
54. 町田豪,大橋直人,本城賢一,飯尾雅嘉,宮本敬久, クロレラg6pdh遺伝子の酵母での発現とその耐凍性獲得への関与, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
55. 大橋直人,町田豪,本城賢一,飯尾雅嘉,宮本敬久, クロレラ葉緑体局在型g6pdh遺伝子のcDNAクローニングとその発現挙動, 第43回 化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
56. 本城賢一, タウリン蓄積による酵母の耐凍性向上の試み, 第52回低温生物工学会大会(年会およびセミナー), 2006.05.
57. 宮本敬久、小林弘司、小野由加里、久保田 順、藤原久美子、本城賢一、上門英明、樋脇 弘、馬場 愛、Sung Sik Jang、Sangryeol Ryu, 特定遺伝子塩基配列分析によるListeria monocytogenes の遺伝学的分類, 第26回日本食品微生物学会学術総会, 2005.11.
58. Miyamoto. T, Kobayashi,H., Honjoh, K., Automated fluorescence microscopic method for counting viable bacteria in milk., UJNR 34KAI TAIKAI, 2005.11.
59. 久保田順,宮本敬久,小林弘司,本城賢一,飯尾雅嘉, 食中毒細菌5種の一斉増菌同時検出, 日本防菌防黴学会第32回年次大会, 2005.05.
60. 山本舞子、麻生亜由子、本城賢一、宮本敬久、飯尾雅嘉, タバコのトレハロース分解系および合成系酵素遺伝子群のクローニング, 日本農芸化学会, 2004.10.
61. 村瀬 久子, 加藤 枝里, 本城 賢一, 宮本 敬久, 飯尾 雅嘉, cDNAサブトラクション法によるクロレラ低温誘導性遺伝子の検索, 日本農芸化学会, 2004.10.
62. 井関 敬、Kevin Webby Soli、松浦香苗、本城賢一、宮本敬久、飯尾雅嘉, 酵母アミノ酸トランスポーター遺伝子破壊株によるタウリン取り込みに関する研究, 日本農芸化学会, 2004.10.
63. 三村綾乃,本城賢一,中尾実樹,矢野友紀,宮本敬久,波多野昌二,飯尾雅嘉, ハードニング処理したクロレラ由来グルコース6-リン酸脱水素酵素(G6PDH)の精製, 日本農芸化学会, 2003.09.
64. 松浦香苗,西孝太郎,本城賢一,中尾実樹,矢野友紀,坂井隆敏,石川洋哉,松本 清,宮本敬久,飯尾雅嘉, コイ由来タウリン合成系酵素遺伝子のクローニングおよび酵母での発現-耐凍性付与の試み, 日本農芸化学会, 2003.09.
65. K. Honjoh, K. Nishi, K. Matsuura, and M.Iio, Use of taurine as a cryoprotectant in yeast and cloning of cDNA for cysteine dioxygenase and cysteine sulfinate decarboxylase, enzymes in taurine synthesis, from enzymes in taurine synthesis, from Cyprinus carpio, 2003.08.
66. 西孝太郎,本城賢一,坂井隆敏,石川洋哉,松本 清,宮本敬久,飯尾雅嘉, タウリンは酵母に対する凍結および酸化ストレスを軽減する, 日本農芸化学会, 2002.09.
学会活動
所属学会名
日本安全学教育研究会
日本植物細胞分子生物学会
日本食品保蔵科学会
日本農芸化学会
日本食品科学工学会
日本植物生理学会
日本食品微生物学会
学協会役員等への就任
2020.04~2022.03, 公益社団法人日本食品科学工学会, 総務委員会委員.
2019.06~2021.06, (一社)日本食品保蔵科学会, 代議員.
2016.11~2022.03, 公益社団法人 日本食品科学工学会 , 国際交流委員会委員.
2016.03~2018.02, 公益社団法人 日本食品科学工学会 西日本支部, 監事.
2012.04~2016.02, 公益社団法人 日本食品科学工学会 西日本支部, 庶務幹事.
2008.03, 公益社団法人 日本食品科学工学会 西日本支部, 評議員.
2007.04, 日本農芸化学会西日本支部, 参与.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.06.30~2018.06.30, 第55回化学関連支部合同九州大会, 日本農芸化学会西日本支部優秀発表賞審査員.
2017.08.28~2017.08.30, 日本食品科学工学会 第64回大会, 司会(Moderator).
2016.11.26~2016.11.26, 平成28年 日本食品科学工学会西日本支部大会, 座長(Chairmanship).
2015.10.30~2015.10.31, 平成27年 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2014.12.06~2014.12.06, 平成26年度日本食品科学工学会西日本支部大会, 総務.
2014.12.06~2014.12.06, 平成26年 日本食品科学工学会西日本支部大会, 座長(Chairmanship).
2014.08.30~2014.08.30, 市民フォーラム「食と健康」, 総務.
2014.08.28~2014.08.30, 日本食品科学工学会第61回大会, 庶務.
2014.08.28~2014.08.30, 日本食品科学工学会 第61回大会, 座長(Chairmanship).
2013.10.19~2013.10.19, 平成25年度日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 総務.
2013.10.19~2013.10.22, 公開市民フォーラム「食の安全と健康を考える」, 総務、司会.
2013.10.19~2013.10.19, 平成25年 日本食品科学工学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2012.12.08~2012.12.08, 平成24年度日本食品科学工学会西日本支部大会, 総務.
2012.12.08~2012.12.08, 平成24年度日本食品科学工学会西日本支部大会, 座長(Chairmanship).
2012.12.07~2012.12.07, 日本食品科学工学会西日本支部 平成24年度産学連携市民公開フォーラム「21世紀の食品開発 地場産業の活性化を目指して」, 総務、司会.
2012.12.07~2012.12.07, 日本食品科学工学会西日本支部 平成24年度産学連携市民公開フォーラム「21世紀の食品開発 地場産業の活性化を目指して」, 司会(Moderator).
2012.10.25~2012.10.26, 第33回日本食品微生物学会学術総会, 総務.
2012.09.28~2012.09.29, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2012.03.22~2012.03.25, 日本農芸化学会2012年度大会, 座長(Chairmanship).
2011.09.06~2011.09.08, 第29回 日本植物細胞分子生物学会(福岡)大会, 座長(Chairmanship).
2009.10.30~2009.10.31, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会, 座長(Chairmanship).
2009.03.26~2009.03.26, 第35回化学と生物シンポジウム, 世話人.
2008.09.19~2008.09.20, 日本農芸化学会西日本支部大会, 座長(Chairmanship).
2007.09.01~2007.09.03, 日本食品科学工学会第54回大会, シンポジウム.
2007.09.01~2007.09.02, 日本農芸化学会中四国西日本支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2007.09.01~2007.09.03, 日本食品科学工学会, 座長(Chairmanship).
2007.03.26~2007.03.28, 日本農芸化学会, 座長(Chairmanship).
2006.09.01~2006.09.01, 日本農芸化学会西日本支部大会, 座長(Chairmanship).
2004.10.01~2004.10.02, 日本農芸化学会北海道・西日本支部合同大会, 座長(Chairmanship).
2002.09.01~2002.09.02, 日本農芸化学会西日本支部大会, 座長(Chairmanship).
1999.03.01~1999.03.01, 日本農芸化学会1999年度大会, 総務.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.06~2021.06, 日本食品保蔵科学会誌, 国内, 編集委員.
2018.04~2022.03, Food Science and Technology Research, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
2019年度 10        10 
2018年度 14        14 
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2006年度      
2004年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
MAX Atria, Singapore Expo, Singapore, 2013.09~2013.09.
オスナブリュック大学, Germany, 2007.01~2007.01.
アリゾナ大学, UnitedStatesofAmerica, 2000.02~2001.02.
外国人研究者等の受入れ状況
2013.07~2013.09, 1ヶ月以上, 瀋陽師範大学 , China, 政府関係機関.
2012.02~2012.08, 1ヶ月以上, カセサート大学, Thailand, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2011.04~2012.03, 1ヶ月以上, PapuaNewGuinea.
受賞
平成25年度日本食品科学工学会奨励賞, 公益財団法人 日本食品科学工学会, 2013.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 生食野菜類の食中毒リスク低減に資する基礎研究.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 低温誘導性遺伝子改変に基づくレタスの凍結ならびに低温貯蔵性の改善に関する研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, クロレラ由来低温誘導性抗酸化系酵素群の機能解析に基づく耐凍性植物の作出.
2007年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 高病原性リステリア菌の迅速検出と制御に関する基礎研究.
2005年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, タウリンを新規適合溶質として利用した耐凍性植物の作出.
2003年度~2004年度, 基盤研究(C), 代表, トレハロース蓄積による植物への耐凍性付与に関する研究.
2001年度~2002年度, 基盤研究(C), 代表, クロレラ耐凍性関連遺伝子導入による耐凍性植物の作出に関する研究.
1996年度~1997年度, 基盤研究(C), 代表, クロレラ耐凍性発現遺伝子の導入による耐凍性パン酵母の作出.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2019年度, 令和元年度 公益財団法人伊藤記念財団助成, 代表, 食肉の低温貯蔵履歴が志賀毒素生産性大腸菌の凍結損傷回復ならびに低温加熱耐性に及ぼす影響.
2011年度~2011年度, 財団法人 すかいらーくフードサイエンス研究所 平成23年度学術研究助成, 代表, 生鮮野菜の凍結貯蔵を意図した分子生物学的基礎研究.
2011年度~2011年度, 平成23年度財団法人伊藤記念財団助成, 代表, 糖修飾LEAタンパク質の利用を基盤とする食肉の新しい凍害防御技術の確立.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2020.04~2021.03, 分担, 野菜の生産環境における微生物の消長を考慮した水や堆肥の管理対策の確立.
2020.04~2021.03, 分担, 「有害化学物質・微生物の動態解明によるリスク管理技術の開発」(抗菌剤の使用による薬剤耐性発現の実態調査手法の開発).
2019.04~2020.03, 分担, 「有害化学物質・微生物の動態解明によるリスク管理技術の開発」(抗菌剤の使用による薬剤耐性発現の実態調査手法の開発).
2018.07~2019.03, 分担, 「有害化学物質・微生物の動態解明によるリスク管理技術の開発」(抗菌剤の使用による薬剤耐性発現の実態調査手法の開発).
2017.04~2018.03, 代表, 生食用野菜栽培段階におけるリステリアの損傷菌化機構と可食部汚染機構の解明.
2016.04~2017.03, 代表, 生食用野菜栽培段階におけるリステリアの損傷菌化機構と可食部汚染機構の解明.
2015.04~2016.03, 代表, 生食用野菜栽培段階におけるリステリアの損傷菌化機構と可食部汚染機構の解明.
2014.04~2015.03, 代表, 生食用野菜栽培における損傷ならびに非損傷リステリア菌の可食部への汚染低減技術の開発.
2013.04~2014.03, 代表, 生食用野菜栽培における損傷ならびに非損傷リステリア菌の可食部への汚染低減技術の開発.
寄附金の受入状況
2007年度, 財団法人 サッポロ生物科学振興財団, 植物の耐凍性獲得に関わる新規抗酸化系酵素群の解析.
学内資金・基金等への採択状況
2003年度~2003年度, 平成16年度  農学研究院教育研究特別経費, 分担, ストレス応答の統合生物学:各種ストレスに対する資源生物の防御機構.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」