九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
片倉 喜範(かたくら よしのり) データ更新日:2020.06.16

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学講座


教育活動概要
[学部教育]
農学部応用生物科学コースにおいて、物理化学、物理化学実験、微生物基礎実験を担当。

[大学院教育]
生物資源環境科学府修士課程においてシステム生物化学特論、細胞機能工学特論を担当。
システム生命科学府博士課程において、抗加齢食品工学、生命工学Iを担当。

[全学共通教育]
細胞生物学、分子細胞生物学を担当。
担当授業科目
2019年度・夏学期, 特別研究.

2019年度・夏学期, 特別演習II.

2019年度・夏学期, 特別演習I.

2019年度・夏学期, 生命工学I.

2019年度・夏学期, 抗加齢食品工学特論.

2019年度・通年, システム生物工学演習第二.

2019年度・通年, システム生物工学演習第一.

2019年度・通年, システム生物工学特別研究第二.

2019年度・通年, システム生物工学特別研究第一.

2019年度・秋学期, システム生物学プロジェクト演習.

2019年度・前期, 科学英語II.

2019年度・後期, 遺伝子組換えの利用と制御.

2019年度・後期, 物理化学.

2019年度・前期, Food Science.

2019年度・春学期, 食科学の新展開.

2019年度・後期, 物理化学実験.

2019年度・後期, 細胞生物学.

2019年度・前期, 分子細胞生物学.

2019年度・前期, システム生物化学特論.

2019年度・前期, 遺伝子工学実験.

2019年度・後期, 細胞機能工学特論.

2018年度・後期, 細胞機能工学特論.

2018年度・前期, 遺伝子工学実験.

2018年度・前期, システム生物化学特論.

2018年度・前期, 分子細胞生物学.

2018年度・後期, 細胞生物学.

2018年度・後期, 物理化学実験.

2018年度・通年, 機能デザイン特別演習.

2018年度・通年, 機能デザイン特別講究.

2018年度・通年, 機能デザイン特別実験.

2018年度・通年, システム生物工学特別研究第二.

2018年度・通年, システム生物工学特別研究第一.

2018年度・前期, 抗加齢食品工学特論.

2018年度・前期, 遺伝子工学実験.

2018年度・後期, 物理化学.

2017年度・後期, 物理化学.

2017年度・前期, 遺伝子工学実験.

2017年度・後期, 細胞機能工学特論・細胞制御工学基礎.

2017年度・前期, 抗加齢食品工学特論.

2017年度・通年, システム生物学特別研究第一.

2017年度・通年, システム生物学特別研究第二.

2017年度・通年, 機能デザイン特別実験.

2017年度・通年, 機能デザイン特別講究.

2017年度・通年, 機能デザイン特別演習.

2017年度・後期, 分析化学実験.

2017年度・後期, 細胞生物学.

2017年度・前期, 分子細胞生物学.

2017年度・前期, システム生物化学特論.

2017年度・前期, 食品機能工学.

2016年度・前期, 食品機能工学.

2016年度・前期, システム生物化学特論.

2016年度・前期, 分子細胞生物学.

2016年度・後期, 細胞生物学.

2016年度・後期, 分析化学実験.

2016年度・通年, 機能デザイン特別演習.

2016年度・通年, 機能デザイン特別講究.

2016年度・通年, 機能デザイン特別実験.

2016年度・通年, システム生物学特別研究第二.

2016年度・通年, システム生物学特別研究第一.

2016年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2016年度・後期, 細胞機能工学特論・細胞制御工学基礎.

2016年度・前期, 遺伝子工学実験.

2016年度・後期, 物理化学.

2015年度・後期, 物理化学.

2015年度・前期, 遺伝子工学実験.

2015年度・後期, 細胞機能工学特論・細胞制御工学基礎.

2015年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2015年度・通年, システム生物学特別研究第一.

2015年度・通年, システム生物学特別研究第二.

2015年度・通年, 機能デザイン特別実験.

2015年度・通年, 機能デザイン特別講究.

2015年度・通年, 機能デザイン特別演習.

2015年度・後期, 分析化学実験.

2015年度・後期, 細胞生物学.

2015年度・前期, 分子細胞生物学.

2015年度・前期, システム生物化学特論.

2015年度・前期, 食品機能工学.

2014年度・前期, システム生物化学特論.

2014年度・前期, 基礎生物学.

2014年度・後期, 細胞生物学.

2014年度・後期, 分析化学実験.

2014年度・通年, 機能デザイン特別演習.

2014年度・通年, 機能デザイン特別講究.

2014年度・通年, 機能デザイン特別実験.

2014年度・通年, システム生物学特別研究第二.

2014年度・通年, システム生物学特別研究第一.

2014年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2014年度・後期, 細胞機能工学特論・細胞制御工学基礎.

2014年度・前期, 遺伝子工学実験.

2014年度・後期, 物理化学.

2013年度・前期, システム生物化学特論.

2013年度・前期, 基礎生物学.

2013年度・後期, 細胞生物学.

2013年度・後期, 分析化学実験.

2013年度・通年, 機能デザイン特別演習.

2013年度・通年, 機能デザイン特別講究.

2013年度・通年, 機能デザイン特別実験.

2013年度・通年, システム生物学特別研究第二.

2013年度・通年, システム生物学特別研究第一.

2013年度・通年, システム生物学プロジェクト演習.

2013年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2013年度・後期, 細胞機能工学特論・細胞制御工学基礎.

2013年度・前期, 遺伝子工学実験.

2012年度・前期, システム生物化学特論.

2012年度・前期, 遺伝子工学実験.

2012年度・後期, 細胞機能工学特論・細胞制御工学基礎.

2012年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2012年度・通年, システム生物学プロジェクト演習.

2012年度・通年, システム生物学特別研究第一.

2012年度・通年, システム生物学特別研究第二.

2012年度・通年, 機能デザイン特別実験.

2012年度・通年, 機能デザイン特別講究.

2012年度・通年, 機能デザイン特別演習.

2012年度・後期, 分析化学実験.

2012年度・後期, 細胞生物学.

2012年度・前期, 基礎生物学.

2011年度・前期, システム生物化学特論.

2011年度・後期, 細胞機能工学特論・細胞制御工学基礎.

2011年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2011年度・通年, システム生物学プロジェクト演習.

2011年度・通年, システム生物学特別研究第一.

2011年度・通年, システム生物学特別研究第二.

2011年度・通年, 機能デザイン特別実験.

2011年度・通年, 機能デザイン特別講究.

2011年度・通年, 機能デザイン特別演習.

2011年度・後期, 分析化学実験.

2011年度・後期, 細胞生物学.

2011年度・前期, 基礎生物学.

2010年度・後期, 細胞生物学.

2010年度・前期, システム生物化学特論.

2010年度・後期, 細胞機能工学特論.

2010年度・前期, 基礎生物学.

2010年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2010年度・後期, 細胞生理学基礎.

2010年度・前期, Genetic Resources Technology.

2009年度・通年, 細胞生理学特別実験.

2009年度・通年, 細胞生理学演習.

2009年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2009年度・後期, 細胞生理学・細胞生理学基礎.

2009年度・後期, 学生実験.

2009年度・後期, 細胞生物学.

2009年度・前期, Genetic Resources Technology.

2008年度・通年, 細胞生理学特別実験.

2008年度・通年, 細胞生理学演習.

2008年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2008年度・後期, 細胞生理学・細胞生理学基礎.

2008年度・後期, 細胞生物学.

2006年度・前期, Genetic Resources Technology.

2006年度・通年, 基礎遺伝学.

2006年度・後期, 細胞生理学・細胞生理学基礎.

2007年度・前期, Genetic Resources Technology.

2007年度・通年, 細胞生理学特別実験.

2007年度・通年, 細胞生理学演習.

2007年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2007年度・後期, 細胞生理学・細胞生理学基礎.

2008年度・前期, Genetic Resources Technology.

2006年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2006年度・通年, 細胞生理学演習.

2006年度・通年, 細胞生理学特別実験.

2003年度・通年, 基礎遺伝学.

2003年度・後期, 細胞生理学.

2004年度・通年, 基礎遺伝学.

2004年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2004年度・後期, 細胞生理学・細胞生理学基礎.

2005年度・通年, 基礎遺伝学.

2005年度・前期, 分子加齢制御学特論.

2005年度・後期, 細胞生理学・細胞生理学基礎.

2003年度・後期, 細胞生理学基礎.

2003年度・前期, 分子加齢制御学特論.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2015.09, 部局, 参加, ハラスメントの実際と対応.

2011.08, 部局, 参加, 大型研究費の取り方.

2011.07, 学科, 参加, GPAの実施方策の検討.

2011.07, 部局, 参加, こころが不調になった学生の理解と接し方.

2011.07, 部局, 参加, GPAの実施方策の検討.

2010.09, 部局, 参加, G30 農学部国際コースについて.

2010.07, 部局, 参加, 農学研究院サバティカル(特別研究機関)の運用について.

2010.04, 部局, 参加, 学府再編に伴うカリキュラムの改正について.

2010.02, 部局, 参加, 九州大学農学部等における管理下にない放射性同位元素等に関する一斉点検の実施についての説明会.

2009.08, 部局, 参加, 農学研究院部門組織再編の基本方針等について.

2009.07, 部局, 参加, 自己点検・評価/外部評価の結果とカリキュラム改革.

2008.12, 部局, 参加, 生物資源環境科学府の再編について.

2008.05, 部局, 参加, 九州大学の教育研究と学生生活に関する大学院学生のアンケートの分析.

2008.04, 部局, 参加, 農学系に係る研究の活性化について.

2007.12, 部局, 参加, 学習指導法(ファシリテーション)について.

2007.09, 部局, 参加, 大学における安全衛生管理について.

2007.06, 部局, 参加, 学生指導について.

2007.03, 部局, 参加, システム生命科学府の遠隔授業の現状報告と今後の改善案について.

2006.12, 部局, 参加, 英語による特別コースについて.

2006.12, 部局, 参加, 国立大学版BSCを活用した九州大学農学研究院のセルフマネジメントのしくみづくり.

2006.10, 部局, 参加, 教職員のメンタルヘルスケアについて.

2006.05, 部局, 参加, 学生指導について.

2003.07, 部局, 参加.

学生のクラス指導等
2009年度, 学部, 37組.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2012年度, 東京大学大学院農学生命科学研究科, 2012年11月20日, 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」