九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
紙谷 聡志(かみたに さとし) データ更新日:2021.04.23

准教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学講座


主な研究テーマ
農業害虫および天敵の分布拡大に関するシミュレーション
キーワード:シミュレーション,農業害虫,分布
2004.04~2020.03.
半翅目昆虫の系統分類学、生態学、生物多様性
キーワード:半翅目,頸吻類,系統学,分類学,生態学,生物多様性
1995.05~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
二国間交流事業共同研究「DNA barcode 等による中国および日本産昆虫類の地理的分散と系統関係」
2013.04~2013.12, 代表者:紙谷聡志, 九州大学, 九州大学(日本).
新キャンパス及び周辺地域の農村資源を活用した環境教育プログラムの開発とその実施のためのシステム構築
2005.04~2006.01, 代表者:紙谷聡志, 九州大学, 九州大学(日本)
本研究では、新キャンパスの生物多様性保全ゾーン及び周辺地域の農村環境を活用した、体験型・参加型の環境教育プログラムの開発と、その実現に向けた、大学内外のシステム作りを目指す。.
生物多様性の保全と進化に関する研究拠点形成
2004.04~2006.01, 代表者:矢原徹一, 九州大学, 九州大学(日本).
研究業績
主要著書
1. 林 正美, 紙谷 聡志, 大原 直通, ヨコバイ科(「日本昆虫目録 第4巻 準新翅類」), 櫂歌書房, 2016.03.
2. 桐谷圭治・湯川淳一(編), 地球温暖化と昆虫, 初見日と初鳴き日, 全国農村教育協会, 2010.02.
3. 桐谷圭治・湯川淳一(編), 地球温暖化と昆虫, 土着可能域の広がりと縮小の予測, 全国農村教育協会, 2010.02.
主要原著論文
1. 平嶋義宏・幾留秀一・紙谷聡志, ハワイ産ネソプロソピスの雄蜂の愉快な顔面写真集, 月刊むし, 601, 18-21, 2021.03.
2. 牧野迪彦・紙谷聡志, 九州大学伊都キャンパスにおける食糞性コガネムシ相調査, Pulex, 99, 834-836, 2020.12.
3. 紙谷聡志・大原直通・林正美, 北部九州におけるサカキブチヒメヨコバイ, Pulex, 99, 815-816, 2020.12.
4. 中馬章吾・松元音旺・西谷光平・紙谷聡志, 九州におけるアツバケブカカモドキサシガメの記録, Rostria, 65, 45-46, 2020.11.
5. Tanaka, H. & Kamitani, S., Two new species of Coccomorpha (Hemiptera: Sternorrhyncha) collected from Japanese silver grass, Miscanthus sinensis (Poaceae) in Okinawa Island, Japan, Zootaxa, https://doi.org/10.11646/zootaxa.4941.4.6, 4941, 4, 569-579, 2021.02.
6. Tanaka, H. & Kamitani, S., Review of the Pulvinaria (Hemiptera: Coccomorpha: Coccidae) species of the Ryukyu Islands, Japan, Zootaxa, https://doi.org/10.11646/zootaxa.4868.3.5, 4868, 3, 408-422, 2020.10.
7. Souma, J. & Kamitani, S., Taxonomic review of the lace bug genus Omoplax (Hemiptera: Heteroptera: Tingidae) endemic to “Oriental Galapagos” (the Ogasawara Islands, Japan) with the description of its new allied genus and species, Entomological Science, https://doi.org/10.1111/ens.12445, 24, 1, 3-11, 2020.10.
8. Du, Z., Wu, Y., Chen, Z., Cao, L., Ishikawa, T., Kamitani, S., Sota, T., Song, F., Tian, L., Cai, W., & Li, H., Global phylogeography and invasion history of the spotted lanternfly revealed by mitochondrial phylogenomics, Evolutionary Applications, DOI: 10.1111/eva.13170, 14, 4, 915-930, 2020.11, [URL], Biological invasion has been a serious global threat due to increasing international trade and population movements. Tracking the source and route of invasive species and evaluating the genetic differences in their native regions have great significance for the effective monitoring and management, and further resolving the invasive mechanism. The spotted lanternfly Lycorma delicatula is native to China and invaded South Korea, Japan, and the United States during the last decade, causing severe damages to the fruits and timber industries. However, its global phylogeographic pattern and invasion history are not clearly understood. We applied high‐throughput sequencing to obtain 392 whole mitochondrial genome sequences from four countries to ascertain the origin, dispersal, and invasion history of the spotted lanternfly. Phylogenomic analyses revealed that the spotted lanternfly originated from southwestern China, diverged into six phylogeographic lineages, and experienced northward expansion across the Yangtze River in the late Pleistocene. South Korea populations were derived from multiple invasions from eastern China and Japan with two different genetic sources of northwestern (Loess Plateau) and eastern (East Plain) lineages in China, whereas the each of Japan and the United States had only one. The United States populations originated through single invasive event from South Korea, which served as a bridgehead of invasion. The environmental conditions, especially the distribution of host Ailanthus trees, and adaptability possibly account for the rapid spread of the spotted lanternfly in the native and introduced regions..
9. NAOMICHI OHARA, MASAMI HAYASHI & SATOSHI KAMITANI, New genus of dikraneurine leafhopper (Hemiptera: Cicadellidae: Typhlocybinae) from Japan, with description of two new species, Zootaxa, doi.org/10.11646/zootaxa.4629.2.9, 4629, 2, 271-279, 2019.07, A new genus, Stictotettix gen. nov. and two new species of Dikraneurini, S. cleyerae sp. nov. and S. morishimai sp. nov.,
are described and illustrated, based on the specimens from Japan. This new genus is unique in the male genital features
of the aedeagal atrium. The two new species live on pentaphylacacean trees, Cleyera japonica and Eurya japonica,
respectively..
10. Satoshi Kamitani, New distribution record of halophilic Psammotettix leafhopper (Auchenorrhyncha, Cicadellidae, Deltocephalinae) from Japan, Esakia, 54, 103-104, 2014.03, A halophilic leafhopper, Psammotettix koreanus (Matsumura 1915), was newly recorded from Honshu, Shikoku and Kyushu, Japan..
11. Satoshi Kamitani, Masami Hayashi, Taxonomic study of the genus Scaphoideus Uhler (Hemiptera, Cicadellidae, Deltocephalinae) from Japan, Zootaxa, 3750, 5, 515-533, 2013.12, The Japanese species of the genus Scaphoideus are revised. Eight species are recognized from Japan, including four new species: S. ryukyuensis sp. nov. from the Ryukyus, S. pristiophorus sp. nov. from Honshu and Kyushu, S. aurantius sp. nov. from the Ryukyus and S. brevistylus sp. nov. from Honshu, Kyushu and the Ryukyus..
12. Kamitani, S., R. Ubaidillah, S. Kahono & S. Herwint, A new genus and a new species of Indonesian leafhopper (Auchenorrhyncha, Cicadellidae), Esakia, 50, 1-3, 2012.03.
13. 紙谷聡志, 日本産スナヨコバイの学名の訂正と九州からの記録, Rostria, 50, 1-3, 2011.12.
14. Kamitani, S., DNA Barcodes of Japanese Leafhoppers, Esakia, 50, 81-88, 2011.02.
15. Kamitani, S., R. Ubaidilah, S. Kahono & I.A. Ghani, Two new species and new record of the genus Hishimonus (Hemiptera: Auchenorrhyncha: Cicadellidae) in the Krakatau Isls. and Java, Indonesia, Esakia, 50, 75-80, 2011.02.
16. Yukawa, J., K. Kiritani, T. Kawasawa, Y. Higashiura, N. Sawamura, K. Nakada, N. Gyotoku, A. Tanaka, S. Kamitani, K. Matsuo, S. Yamauchi & Y. Takematsu, Northward range expansion by Nezara viridula (Hemiptera: Pentatomidae)in Shikoku and Chugoku Districts, Japan, possibly due to global warming, Appl. Entomol. Zool., 42(2): 205-215, 2009.10.
17. Mita, T., N. Ohara, S. Kamitani & H. Nishimoto, New host record of Aphelopus sharkeyi Olmi and Anteon abdulnouri Olmi from Japan (Hymenoptera, Dryinidae), Japanese Journal of Systematic Entomology, 15(2): 309-311, 2009.12.
18. Kamitani, S., R. Ubaidilah, S. Kahono & I.A. Ghani, Taxonomic Study on four Southeast Asian species of the Genus Xestocephalus (Auchenorrhyncha, Cicadellidae), Esakia, (48). 41-46, 2009.12.
19. Kamitani S. & S. Okudera, Four new species of the genus Pagaronia (AUchenorrhyncha, Cicadellidae, Evacanthinae) from the Kii Peninsula and its adjacent areas, central Honshu, Japan, Japanese Journal of Systematic Entomology, 15(2): 347-354, 2009.12.
20. Higuchi, T., S. Kamitani & S. Okudera, Four new species of the harpagonis-group in the genus Pagaronia, Japanese Journal of Systematic Entomology, 14(2): 253-259, 2009.01.
21. Kamitani, S., Taxonomic Study on Two Taiwanese Species of the Genus Xestocephalus (Auchenorrhyncha, Cicadellidae), Esakia, (48). 41-46, 2008.10.
22. Kamitani, S., M. Hayashi & H. Yamada, Taxonomic Study on Japanese Species of the Genus Phlogotettix Ribaut (Hemiptera, Cicadellidae, Deltocephalinae), Japanese Journal of Systematic Entomology, 13(2): 367-375, 2007.12.
23. Kamitani, S. and K. Tanaka, Prediction on change of distribution range of insects by global warming and invasive species, Entomol. Res., 37(Suppl. 1): A128-129., 2007.08.
24. Yukawa, J., K. Kiritani, N. Gyoutoku, N. Uechi, D. Yamaguchi and S. Kamitani, Distribution range shift of two allied species, Nezara viridula and N. antennata (Hemiptera: Pentatomidae), in Japan, possibly due to global warming, Appl. Entomol. Zool., 42(2): 205-215, 2007.06.
25. 松村正哉・徳田 誠・遠藤信幸・大畑親一・紙谷聡志, フタテンチビヨコバイの熊本県菊池郡内における分布状況と2004年の発生について, 九州病害虫研究会報, 51: 36-40, 2005.12.
26. Kamitani, S., S. Kahono, R. Ubaidillah, S. Herwint, & T. Partomihardjo, A New Species of the Genus Cofana (Hemiptera: Auchenorrhyncha: Cicadellidae) Associated with a Climbing Vine of Bamboo in Java, Indonesia, Esakia, (43): 135-141, 2004.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 石原保・林正美・紙谷聡志, カメムシ目(セミ科、ツノゼミ科、アワフキムシ科、トゲアワフキムシ科、コガシラアワフキムシ科、ヨコバイ科、ハゴロモ科、ハゴロモモドキ科、アオバハゴロモ科、ハネナガウンカ科、テングスケバ科、マルウンカ科、ヒシウンカ科、ウンカ科、グンバイウンカ科、アリヅカウンカ科、コガシラウンカ科、シマウンカ科), 新訂原色昆虫大図鑑, III(北隆館), 2008.01.
主要学会発表等
1. 小山誠太朗, 紙谷聡志, 木材穿孔性昆虫に寄生するヒメバチ科の産卵管形態, 日本昆虫学会九州支部 / 九州・沖縄昆虫研究会, 2020.11, ヒメバチ科は,コウチュウ目をはじめとする様々な昆虫を寄主として利用することから,寄主もしくは寄主が生育する植物組織などに産卵管を突き刺して産卵する.オナガバチ亜科などは,木材穿孔性のキバチ類の幼虫などに産卵するために,長い産卵管を曲げて倒木などに刺す行動をする.近年,このような座屈に対する優れた耐久性をもつ産卵管は,手術で直接脳に介入する操作可能な針のモデルとして注目されている.耐久性を上げる要因の一つとして,産卵管先端の歯の形態が重要だと考えられている.しかしながら,産卵管の形態が観察されているのは,25,000種以上が知られるヒメバチ科の中のごく一部であり,産卵管形態の多様性についてはほとんど研究が行われていない.そこで,本研究では,木材穿孔性昆虫に寄生するヒメバチ科の産卵管形態の多様性を明らかにすることを目的とした.さらに,産卵管は刺す対象に適応しているかについて考察を行うことも目的とした.材料には,木材穿孔性昆虫におもに寄生するヒラタヒメバチ亜科群の5亜科32種とその外群の4科2亜科6種について,デジタル顕微鏡および走査電子顕微鏡を用いて100~800倍で観察を行った.産卵管の形の評価は,幾何学的形態計測を用いた..
2. 岡崎諒一郎, 紙谷聡志, セミ類の表面微細構造, 日本昆虫学会九州支部 / 九州・沖縄昆虫研究会, 2019.11.
3. 牧野迪彦, 紙谷聡志, 九州大学伊都キャンパスにおける食糞性コガネムシ類相, 日本昆虫学会九州支部 / 九州・沖縄昆虫研究会, 2019.11.
4. 紙谷聡志, 中国の半翅目, 日本昆虫学会大会, 2018.09.
5. 太田成昭, 紙谷聡志, 形態形質を用いたクワキヨコバイ属の系統関係, 日本昆虫学会九州支部 / 九州・沖縄昆虫研究会, 2018.12.
6. 廣田哲也, 紙谷聡志, チョウセンカマキリの体色変化と背景色, 日本昆虫学会九州支部 / 九州・沖縄昆虫研究会, 2017.12.
7. 片平桂太, 紙谷聡志, ヒメトビウンカの甘露排泄行動, 日本昆虫学会九州支部 / 九州・沖縄昆虫研究会, 2017.12.
8. 田中莉依, 紙谷聡志, チャバネアオカメムシの走光性 , 日本昆虫学会九州支部 / 九州・沖縄昆虫研究会, 2017.12.
9. Kurahashi T, Kumashiro S, Kamitani S, 大原直通, Relationship between parthenogenetic leafhopper, Arboridia okamotonis, and Wolbachia
Parthenogenesis of leafhopper, Arboridia okamotonis, caused by Wolbachia ?, International Congress of Entomology, 2016.09.
10. 上宮健吉, 紙谷 聡志, 水田のウンカ・ヨコバイ類は固有の交尾信号で種多様性を維持するか, 日本昆虫学会九州支部, 2015.12.
11. 尾崎明恵, 紙谷 聡志, クマゼミの羽化木に関する生態学的研究, 日本昆虫学会九州支部, 2015.12.
12. 吉田伊織, 紙谷 聡志, セミ類の表面微細構造と撥水性に関する基礎的研究, 日本昆虫学会九州支部, 2015.12.
13. 屋宜禎央, 廣渡 俊哉, 紙谷 聡志, 大原直通, 英彦山におけるライトトラップボックス法を用いた蛾類調査, 環境動物昆虫学会, 2014.11.
14. 元山尭之, 大原直通, 廣渡 俊哉, 紙谷 聡志, 英彦山におけるベイトトラップを用いた甲虫類調査, 環境動物昆虫学会, 2014.11.
15. 屋宜禎央, 紙谷 聡志, 大原直通, 廣渡 俊哉, 英彦山におけるライトトラップを用いた蛾類群集調査(予報), 日本昆虫学会九州支部, 2014.12.
16. 元山尭之, 大原直通, 津田 みどり, 廣渡 俊哉, 紙谷 聡志, 英彦山におけるバナナトラップを用いた甲虫相調査, 日本昆虫学会九州支部, 2014.12.
17. 倉橋拓也, 神代瞬, 大原直通, 紙谷 聡志, オカモトフタテンヒメヨコバイの単為生殖と性比操作細菌Wolbachiaの関係, 日本昆虫学会九州支部, 2013.11.
18. 紙谷 聡志, 大坪直英, ノコギリクワガタの日周行動, 日本昆虫学会九州支部, 2012.12.
19. 紙谷 聡志, 伊藤宏子, チマダラヒメヨコバイの隠蔽種についての研究, 日本昆虫学会九州支部, 2012.12.
20. 紙谷 聡志, 田中海佐子, 神代瞬, オカモトフタテンヒメヨイコバイの生態と異常性比に関する研究, 日本昆虫学会九州支部, 2012.12.
21. 紙谷聡志, GigaPanを用いた標本 "箱"イメージ・データベースの構築と公開, 日本昆虫学会九州支部, 2010.12.
22. 久富倫子・紙谷聡志・奥寺 繁・神代 瞬, オカダクワキヨコバイとその近縁種に関する分類学的研究, 日本昆虫学会九州支部, 2010.12.
23. 澤田宗一郎・紙谷聡志, 日本産コバネナガカメムシ科の分類学的研究, 日本昆虫学会, 2010.09.
24. 澤田宗一郎・紙谷聡志, 日本産コバネナガカメムシ科の分類学的研究, 日本昆虫学会, 2010.09.
25. 神代 瞬・紙谷聡志・奥寺 繁, クワキヨコバイ属okadai種群の分類学的研究, 日本昆虫学会, 2010.09.
26. 紙谷聡志・奥寺 繁・神代 瞬・久富倫子, オカダクワキヨコバイおよびその近縁種に関する生物地理・分類学的研究, 日本昆虫学会, 2010.09.
27. 澤田宗一郎・紙谷聡志, 日本産Dimorphopterus属(カメムシ目:ナガカメムシ科)の分類学的研究, 日本昆虫学会九州支部, 2009.12.
28. 神代瞬・奥寺繁・紙谷聡志, 九州産クワキヨコバイ属(カメムシ目、ヨコバイ科)の分類学的研究, 日本昆虫学会九州支部, 2009.12.
29. 安藤藍子・紙谷聡志, DNAバーコードを用いた日本産ヨコバイ科の同定(カメムシ目: ヨコバイ科), 日本昆虫学会, 2009.10.
30. 紙谷聡志・林正美, 日本産スカシヨコバイ属Scaphoideusの分類学的再検討(カメムシ目: ヨコバイ科), 日本昆虫学会, 2009.10.
31. Liu Hui, Cai Wanzhi and Kamitani Satoshi , Taxonomic status of Velinoides Matsumura (Hemiptera: Reduviidae: Harpactorinae) inferred from mitochondrial and nuclear genes, 日本昆虫学会, 2009.10.
32. 紙谷聡志・林正美, ヒトツメヨコバイ属(カメムシ目:ヨコバイ科)の分類学的再検討, 第67回日本昆虫学会大会, 2007.09.
33. 吉松晶子・紙谷聡志, 日本産ホソサジヨコバイ族Nirvaniini(カメムシ目:ヨコバイ科)の分類学的再検討, 第67回日本昆虫学会大会, 2007.09.
34. 湯川淳一・桐谷圭治・行徳直久・上地奈美・山口大輔・紙谷聡志, 地球温暖化の影響と推察されるミナミオアカメムシとアオクサカメムシのわが国における分布域変化, 第67回日本昆虫学会大会, 2007.09.
35. Kamitani, S. & K. Tanaka, Prediction on Change of Distribution Range of Insects by Global Warming and Invasive Species, International Congress of Insect Biotechnology & Industry, 2007.08.
学会活動
所属学会名
日本半翅類学会
日本昆虫分類学会
日本昆虫学会
学協会役員等への就任
2020.01~2021.12, 九州・沖縄昆虫研究会, 幹事.
2018.01~2022.12, 日本昆虫学会, 日本の昆虫編集委員会委員長.
2017.01~2022.12, 日本昆虫学会, 代議員.
2012.01~2018.03, 日本半翅類学会, 幹事.
2011.01~2014.12, 日本昆虫学会, 評議員.
2000.01~2016.12, 日本昆虫学会, 電子化推進委員会委員.
2007.01~2016.12, 日本昆虫学会, 日本の昆虫編集委員会委員長.
2009.01~2018.12, 日本昆虫学会九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.09.19~2015.09.21, 日本昆虫学会第75回大会, 準備委員.
2015.07.25~2015.07.25, 日本昆虫学会九州支部会第73回例会, 準備委員.
2014.07.19~2014.07.19, 日本昆虫学会九州支部会第73回例会, 準備委員.
2013.07.06~2013.07.06, 日本昆虫学会九州支部会第70回例会, 準備委員.
2011.03.26~2011.03.28, 第55回日本応用動物昆虫学会大会, 大会準備委員会.
2003.12, 日本昆虫学会九州支部会, 支部幹事.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2018.01~2019.12, Entomological Science, 国内, 編集委員.
2018.04~2019.03, 九州大学 農学研究院紀要・学芸雑誌, 国内, 編集委員長.
2017.04~2018.03, 九州大学 農学研究院紀要・学芸雑誌, 国内, 編集委員.
2012.01~2018.03, Rostria, 国内, 編集委員.
2015.01~2018.12, 日本の昆虫, 国内, 編集委員.
2012.01~2015.12, 昆虫と自然, 国内, 編集委員.
2009.01~2010.12, 日本昆虫学会九州支部会誌, Pulex, 国内, 編集委員.
2006.01~2007.12, 日本昆虫学会学科誌(和文誌), 国内, 編集委員.
1998.09~2014.12, 日本の昆虫, 国内, 編集委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度    
2019年度    
2018年度    
2017年度    
2016年度    
2015年度      
2014年度    
2013年度      
2011年度    
2010年度      
2008年度      
2007年度    
2006年度
2003年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
陝西省宝鸡市, China, 2018.08~2018.08.
滎経県雅安市竜苍溝, China, 2017.07~2017.07.
石棉县草科乡和平村田湾河谷, China, 2016.08~2016.09.
Plant Protection Center 植物保護センター, Laos, 2016.03~2016.03.
NCB Naturalis, Holland, 2014.08~2014.08.
NCB Naturalis, Holland, 2013.08~2013.08.
Northwest Agricultural and Forestry University, China, 2013.07~2013.07.
China Agricultural University, Yunnan Agricultural University, China, 2012.05~2012.05.
NCB Naturalis, Holland, 2011.08~2011.08.
China Agricultural University, China, 2011.07~2011.07.
Department of Entomology, China Agricultural University, China, 2009.10~2009.10.
Vaison la Romaine, France, 2010.06~2010.07.
台湾国立自然史博物館, China, Taiwan, 2007.08~2008.08.
Jeju convention center, Korea, 2005.10~2005.10.
Brisbane convention & exhibition center, Australia, 2004.08~2004.08.
NBCRC, Cheng Mai University, Thailand, 2004.01~2004.01.
外国人研究者等の受入れ状況
2016.04~2016.05, 2週間以上1ヶ月未満, 順天大学, Korea, .
2015.04~2015.05, 2週間以上1ヶ月未満, 順天大学, Korea, .
2014.04~2014.05, 2週間以上1ヶ月未満, 順天大学, Korea, .
2013.10~2014.01, 1ヶ月以上, グルジア農業大学, Japan, 民間・財団.
2013.06~2013.07, 2週間未満, 中国農業大学, China.
2013.06~2013.07, 2週間未満, 中国農業大学, China.
2013.06~2013.07, 2週間未満, 中国農業大学, China.
2011.07~2011.08, 2週間未満, 中国農業大学, China.
2011.07~2011.08, 2週間未満, 中国農業大学, China.
2011.07~2011.08, 2週間未満, 中国農業大学, China.
2003.03~2004.02, 1ヶ月以上, 順天大学, Korea, .
受賞
種生物学会ポスター賞, 種生物学会, 2013.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 日本で発見された単為生殖を行うヨコバイと共生細菌に関する基礎的研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, DNAバーコーディングを利用したウンカ・ヨコバイ類の分子分類.
2004年度~2006年度, 萌芽研究, 代表, レンゲ害虫の導入天敵の野外放飼後の分散に関するGISを用いたシミュレーション.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2012年度~2013年度, 二国間交流, 代表, DNA barcode 等による中国および日本産昆虫類の地理的分散と系統関係
.
寄附金の受入状況
2020年度, 丸紅, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2019年度, 丸紅, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2018年度, 丸紅, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2017年度, 丸紅, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2016年度, 丸紅, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2015年度, 丸紅, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2014年度, 丸紅, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2013年度, 丸紅, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2012年度, 昭和電工, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2011年度, 昭和電工, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2010年度, 昭和電工, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2009年度, 昭和電工, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2008年度, 昭和電工, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2007年度, 昭和電工, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2006年度, 昭和電工, ベッコウトンボの保全に関する研究.
2006年度, 昭和電工, 奨学寄付金.
2004年度, 昭和電工, 奨学寄付金.
学内資金・基金等への採択状況
2005年度~2006年度, 新キャンパス及び周辺地域の農村資源を活用した環境教育プログラムの開発とその実施のためのシステム構築.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」