九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
上野 高敏(うえの たかとし) データ更新日:2020.06.16

准教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 生物的防除研究施設・天敵昆虫学分野


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
 ******************   研究サービス等   ********************

 国や民間の研究活動は様々な面で,各方面の研究者のボランティアにより支えられ,
成立している.投稿されてくる学術論文や研究費申請の審査を行ったり,また関連学
会の諸活動のバックアップなどもやっているが普通である.こららのボランティア活
動なしには,学会の運営や学術雑誌の発行は成立しない(とうぜん全て無給). 

 また,生物種の同定依頼を受けたりマスコミや一般向け科学雑誌の取材への応対も
研究者が行うボランティアである.多くの研究者は,このような活動にしばしば多大
な時間を割いている.

 こういった活動は,日本ではほとんど(研究者の)評価の対象になっていないのが
現状であるが,これは見直されるべきだと思う.

平成11年〜12年
日本昆虫学会庶務幹事
日本昆虫学会広報幹事

平成12年〜13年
日本昆虫学会編集委員

平成12年〜15年
日本昆虫学会電子化推進委員

平成15年〜16年
日本応用動物昆虫学会編集委員

平成16年
日本動物行動学会大会事務局長


平成9年〜
1)査読制学術雑誌における投稿論文の審査
 Biological Control (アメリカ)
 Animal Behaviour(イギリス)
 Oikos (スウェーデン)
 Ecology Letters(フランス)
 Canadian Journal of Zoology(カナダ)
 Physiological Entomology(イギリス)
 Entomologia Experimentalis et Applicata(オランダ)
 BioControl(オランダ)
 Oecologia(ドイツ)
 Applied Entomology & Zoology(日本)
 Jap. J. Applied Entomology & Zoology(日本)
 Researches on Population Ecology(日本)
 Entomological Science(日本)
 Journal of Ethology(日本)
 Ecological Research(日本)
 昆虫(日本昆虫学会和文誌)
 関東東山病害虫研究会報
 九州病害虫研究会報
 など

2)科学研究費申請書類の審査等
  Natural Environment Research Council(イギリス)

3)種の同定依頼・取材への応対等
  New Scientist(イギリス)天敵昆虫学関連論文へのコメント
  天敵種(益虫)やその他昆虫類の同定


**** 産学あるいは国や自治体の研究機関との共同研究・共同調査他 ****

平成6年〜10年
共同調査「兵庫県の昆虫相」
兵庫県立人と自然の博物館、神戸大学農学部

平成10年〜平成11年
農林水産省流動研究員(農業研究センター)

平成11年
兵庫県伊丹市昆虫館
「流木により分布拡大を行った昆虫類標本と資料の提供」

平成14年?現在
農林水産省門司植物防疫課
「アルファルファタコゾウムシの導入天敵による生物的防除」


********************   社 会 一 般   **********************

平成10年
「JST異分野研究者交流フォーラム、環境と科学技術ー現状の
 環境研究を総括するー」に参加
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2018.04~2019.03, 特定外来生物に指定されたツマアカスズメバチの防除と対策に関する委員, ツマアカスズメバチ防除対策検討委員会(環境省九州地方環境事務所).

2015.07~2020.03, 特定外来生物に指定されたツマアカスズメバチの防除と対策に関する委員, ツマアカスズメバチ防除対策検討委員会(環境省九州地方環境事務所).

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2015.05, NHK,よみうりテレビ、日本テレビ、西日本テレビ、福岡放送、テレビ東京、ほか, 特定外来生物ツマアカスズメバチが引き起こす諸問題に関する取材協力、コメント、資料や画像の提供ほか.

2015.06, 朝日新聞、毎日新聞、読売新聞, 特定外来生物ツマアカスズメバチが引き起こす諸問題に関する取材協力、コメント、資料や画像の提供ほか.

2014.07, Nスタ, W杯に登場したナンベイオオヨロイバッタについての解説.

2014.04, 産経新聞、毎日新聞ほか, 外来種ツマアカスズメバチに関する一連の報道.

2013.09, KBC, TBS, ほか, 外来種ツマアカスズメバチに関する一連の報道.

2007.05, テレビ西日本,  レンゲ花を加害し,ハチミツ生産に大打撃を与える侵入害虫アルファルファタコゾウムシとその導入天敵ヨーロッパトビチビアメバチによる防除についての解説.

2004.07, 朝日新聞(全国版), 葉の上の攻防.絵描き虫vs寄生バチ.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2019.12, サイエンスカフェ「外来のスズメバチとミツバチの戦い」, ミツバチサミット2019, つくば国際会議場.

2018.07, 夏休み!昆虫イベント「スズメバチの不思議な世界」, 福岡市科学館, 福岡市科学館.

2016.11, 話題のニュースに一歩ふみこむ 身近な環境を学ぶ講座
第6回 「スズメバチのひみつ 刺す刺さないはキミシダイ」, 福岡市保健環境研究所, 福岡市学習施設「まもるーむ福岡」.

2010.10, 生物多様性条約第10回締約国会議におけるサイドイベントにおいて、農林水産省プロジェクト研究「農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発」について講演を行った。, 農林水産省(生物多様性条約事務局(カナダ・モントリオール)、日本国政府), 名古屋.

2008.09, 田んぼの生物相調査, NPO法人「農と自然の研究所」, 福岡県(二丈町,前原市).

2001.09, 乾椎茸に発生する害虫の防除策, 財)久留米・鳥栖地域技術振興センター, 久留米リサーチセンタービル.

諸外国を対象とした高度専門職業人教育活動
2019.12~2019.12, Academic Seminar 2019 at Nong Lam University, Vietnam, Vietnam.

2004.10~2004.10, Asian Science Seminar 2004: Biological Control of Agricultural Pests in Asia, Vietnam.

初等・中等教育への貢献状況
2016.10, 夢ナビライブと夢ナビトーク @ 夢ナビライブ2016:大学研究&学問発見のための国公私立大合同進学ガイダンス, フロムページ.

2015.08, 模擬講義〜環境に優しい害虫防除 @ ガクモンナビ・オキナワ, 進研アド社.

その他の優れた社会貢献活動
2015年度, 特定外来生物ツマアカスズメバチ防除対策検討委員会委員.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2018.07~2020.07, 糸島農業産学官連携推進協議会委員.

2015.04~2020.03, 学府賞選考委員会委員.

2016.04~2020.03, 学務委員.

2014.04~2015.03, 学府賞選考委員会委員.

2014.04~2016.03, 学務委員.

2006.04~2008.03, 紀要・学芸雑誌編集委員会庶務幹事.

2005.04~2007.03, 紀要・学芸雑誌編集委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」