九州大学 研究者情報
発表一覧
松元 賢(まつもと まさる) データ更新日:2021.05.28

准教授 /  熱帯農学研究センター 地水・環境保全部門 地球社会統合科学府


学会発表等
1. 井上朋美・今村桃華・矢野和孝・松元 賢・土屋健一・飯山和弘・堀田光生・古屋成人, ショウガ栽培土壌から分離された細菌を用いた青枯病の生物的防除の開発, 日本植物病理学会, 2020.03.
2. 井上朋美・今村桃華・矢野和孝・松元 賢・土屋健一・飯山和弘・堀田光生・古屋成人, ショウガ科作物青枯病の発病を抑制する蛍光性Pseudomonas属菌の分類学的位置付け, 日本植物病理学会, 2021.04.
3. 井上朋美・今村桃華・矢野和孝・松元 賢・土屋健一・飯山和弘・堀田光生・古屋成人, ショウガ科作物青枯病の発病を抑制するPseudomonas属菌の選抜, 令和2年度日本植物病理学会 九州部会, 2020.11.
4. 児玉佐和、飯山和弘、酒井順子、矢野和孝、松元 賢、土屋健一、堀田光生、古屋成人, ゲノム比較解析によるショウガ科作物青枯病菌に特異的な遺伝子群の同定, 令和元年度日本植物病理学会九州部会, 2019.11.
5. @Nguyen Van Thinh, @Masaru Matsumoto, #Myo Zaw, #Dinh Xuan Thanh, #Nguyen Dinh Nguyen, #Shamim Uddin, @Hoang Van Hiep, @Kiyoshi Kurosawa, Arsenic, Trace Toxic Metals and Microbial Community Structure in Ancient Sediment Layers in Bangladesh and Vietnam, The 24th International Forum on Arsenic Contamination of Groundwater in Asia, 2019.11.
6. 菊原賢次, 飯山和弘, 松元 賢,古屋成人, 福岡県におけるナシ黒星病菌のDMI剤感受性と耐性菌に対する有効薬剤, 平成30年度日本植物病理学会九州部会 第69回講演会, 2019.03.
7. Akinori Ozaki, Panitan Kaewjantawee, Monton Anongponyoskul, Nguyen Van Thinh, Takashi Okayasu, Masaru Matsumoto, Study on the Clarification of Weather Characteristics the Inducing Inversion of the Thermal Stratification in Aquaculture Ponds in Thailand, Association for the Sciences of Limnology and Oceanography Summer meeting, 2018.06.
8. 尾﨑 彰則,パニタン カイウジャンタウィ,モントン アノンポニャスクル,グエン ヴァン ティン,松元 賢,岡安 崇史, 熱帯地域の水産養殖地で観測される下層高水温現象に関する現地観測, 農業農村工学会平成30年度全国大会, 2018.09.
9. 小垰 晶 、大迫佳奈 、飯山和弘、古屋成人 、松元 賢, ハマタマボウキから分離された植物病原菌類の特異的PCR 法による簡易診断, 日本植物病理学会大会, 2019.03.
10. Minhaz Ahmed, Masaru Matsumoto, Akinori Ozaki, Nguyen Van Thinh, Kiyoshi Kurosawa, Heavy metal contamination of irrigation water, soils and vegetables and their seasonal variations in an industrial area of Bangladesh, 第23回アジア地下水ヒ素汚染フォーラム, 2018.11.
11. Akinori Ozaki, Panitan Kaewjantawee, Monton Anongponyoskul, Nguyen Van Thinh, Takashi Okayasu, Masaru Matsumoto, 熱帯塩水養殖池に発生する下層高水温現象による水域内蓄熱に関する検討, 農業農村工学会応用水理研究部会, 2018.12.
12. Myo, Z., Seint San, A., Matsumoto, M., Current occurrence of Diaporthe diseases on soybean stem in Myanmar, 日本植物病理学会大会, 2019.03.
13. Thao Le Dinh 、大迫佳奈 、Zaw Myo 、飯山和弘、古屋成人、松 元 賢, アスパラガス属植物から分離したPhomopsis asparagi の遺伝的多様性に関する研究, 日本植物病理学会大会, 2019.03, アスパラガス茎枯病(病原菌:Phomopsis asparagi)は食用アスパラガス(Asparagus officinalis)における最重要病害の一つであり、その発生予察はますます重要視されている。平成29年度本大会において、在来種であるアスパラガス属野生種ハマタマボウキ(A. kiusianus)から本菌が分離され、病原性が確認されたことから、我が国で初めて食用アスパラガス以外から分離された事例として報告された。そこで、分離源の異なる本病原菌の遺伝的多様性を調査するために、ハマタマボウキの自生地である九州北部のアスパラガス産地から本菌を採集し、ハマタマボウキ分離菌を加えた代表的な15菌株を実験に供試した。食用アスパラガスへの接種試験, rDNA-ITS sequenceおよびRAPD-PCR法により、遺伝的に異なる3グループに類別することができた。特に、ハマタマボウキ分離菌と食用アスパラガス分離菌間には、分子遺伝学的に異なる系統間差異が認められた。中でも、ハマタマボウキ分離菌SG16054株(Accession KY421085)は他の分離菌とは明らかに異なる遺伝的特性を示した。.
14. 加藤愛理、柿添絵美香、竹内陽子、増田順一郎、菅野明、池内隆夫、森 充隆、村上恭子、松元 賢、浦上敦子、尾崎行生, アスパラガスとハマタマボウキの種間雑種における茎枯病抵抗性の遺伝性, 平成30年度園芸学会秋季大会, 2018.09.
15. 竹内陽子、柿添絵美香、加藤愛理、増田順一郎、菅野 明、池内隆夫、森充隆、村上恭子、松元 賢、浦上敦子、尾崎行生, RAD-seqによるアスパラガス茎枯病抵抗性選抜DNAマーカーの開発, 平成30年度園芸学会秋季大会, 2018.09.
16. 菅野 明、アブデルラーマン モスタファ、三苫 舞、池内隆夫、森 充隆、村上恭子、尾崎行生、松元 賢、浦上敦子, 食用アスパラガスとハマタマボウキを用いた茎枯病菌感染初期におけるトランスクリプトームの動態と遺伝的変異, 平成30年度園芸学会秋季大会, 2018.09.
17. 大迫佳奈 Myo Zaw 飯山和弘 古屋成人 松元 賢, アスパラガス属野生種のハマタマボウキの斑点性病斑から分離されたAltanaria属菌について, 日本植物病理学会九州部会,, 2018.11.
18. #Kenji Kikuhara,@Kazuhiro Iiyama,@Masaru Matsumoto,@Naruto Furuya, Field evaluation of fungicides for control of Japanese pear rust with DMI fungicide resistance in Fukuoka Prefecture, Japan, AFELiSA 2018 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences in Asia, 2018.11.
19. 今村桃華、Htet Wai Wai Kyaw、矢野和孝、松元 賢、土屋健一、飯山和弘、堀田光生、古屋成人, 剪葉接種法によるRalstonia solanacearumのショウガに対する病原性検定の試み, 日本植物病理学会大会, 2019.03.
20. Ahmed Minhaz, Masaru Matsumoto, Kiyoshi Kurosawa, Assessment of heavy metal pollution in irrigation water, soils and vegetables in central zone of Bangladesh., International Forum on Arsenic Contamination of Groundwater in Asia, 2017.10.
21. Kanno, A., M. Abdelrahman, N. Suzumura, M. Mitoma, S. Matsuo, T. Ikeuchi, M. Mori, K. Murakami, Y. Ozaki, Matsumoto Masaru, A. Uragami, Comparative analysis of de novo transcriptome profiling of Asparagus officinalis and A. kiusianus during the early phase of Phomopsis asparagi infection, XIVth International Asparagus Symposium, 2017.09.
22. Myo Zaw, Seint San Aye, Le Dinh Thao and Masaru Matsumoto, Plant Growth Promotion of Trichoderma virens on Some Vegetables and Its Disease Suppression on Fusarium Wilt of Tomato., AFELiSA 2017 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences in Asia, 2017.11.
23. Thao Le Dinh, Myo Zaw, Yukio Ozaki, Masaru Matsumoto, Genetic diversity and pathogenicity of Phomopsis asparagi obtained from Asparagus kiusianus and A. officinalis in Kyushu island., AFELiSA 2017 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences in Asia, 2017.11.
24. Htet Wai Wai Kyaw, Masaru Matsumoto , Kazuhiro Iiyama, Mitsuo Horita, Kenichi Tsuchiya, and Naruto Furuya, Characterization of Ralstonia solanacearum strains causing bacterial wilt of solanaceous crops in Myanmar., AFELiSA 2017 International Symposium on agricultural, Food, Environmental and life Sciences in Asia, 2017.11.
25. 竹内 陽子, 柿添 絵美香, 岩戸 美由紀, 増田 順一郎, 菅野 明, 池内 隆夫, 森 充隆, 村上 恭子, 松元 賢, 浦上 敦子, 松石 貴裕, 冨吉 啓太, 尾崎 行生, dCAPS法によるアスパラガスとハマタマボウキの葉緑体DNA多型の検出, 平成29年度園芸学会春季大会, 2017.03.
26. 山根 南, Thao, L. D., 池内 隆夫, 森 充隆, 村上 恭子, 浦上 敦子, 菅野 明, 尾崎 行生, 古屋 成人, 松元 賢, Phomopsis属菌の病斑形成と酵素活性との関連性, 平成29年度日本植物病理学会大会, 2017.04.
27. 大迫佳奈, Thao LD, Myo Z, 飯山和弘, 尾崎 行生, 古屋 成人, 松元 賢, アスパラガス属野生種の一種であるハマタマボウキから分離されたNeopestalotiopsis clavisporaによる新病害について, 平成29年度日本植物病理学会大会, 2017.04.
28. Myo Z., Seint S. A., Matsumoto M., Morphology and genetic characterization of Phomopsis asparagi, causal organism of stem blight of asparagus in Myanmar., PSJ Annual Meeting 2017, 2017.04.
29. Thao L. D., Ikeuchi T., Mori M., Murakami K., Kanno A., Uragami A., Ozaki Y., Matsumoto M., Molecular phylogenetic analysis and taxonomy of the genus Diaporthe (Phomopsis) from Asparagus kiusianus, PSJ Annual Meeting 2017, 2017.04.
30. Kyaw, H. W. W., Matsumoto Masaru, Kurose D, Kazuhiro Iiyama, Horita, M, Tsuchiya, K, Furuya Naruto,, Genetic diversity of Myanmar strains of Ralstonia solanacearum, PSJ Annual Meeting 2017, 2017.04.
31. 谷 沙世, 入江 沙織, 大貫正俊, 佐藤豊三, 松元 賢, 飯山和弘, 黒瀬大介, 土屋健一, 古屋 成人, Pseudomonas cichorii によるツルマメ褐斑細菌病(新称), 日本植物病理学会大会, 2017.04.
32. 菊原賢次, 飯山和弘, 松元賢, 古屋成人, 福岡県で採取されたナシ黒星病菌におけるDMI剤感受性の低下, 第68回講演会および第41回シンポジウム, 2017.11.
33. 土屋健一,Htet Wai Wai Kyaw,黒瀬大介,中村友香,森田泰彰,矢野和孝,安次富厚,大城 篤,堀田光生,松元 賢,飯山和弘,古屋成人, 九州で発生したショウガ科植物青枯病と病原細菌の系統解析, 第68回講演会および第41回シンポジウム, 2017.11.
34. 彭素, ミョーゾー, 松元 賢, 製紙スラッジから分離されたセルロース分解糸状菌の性状解析とその特性について, 日本熱帯農業学会, 2016.10.
35. 竹内 陽子, 柿添 絵美香, 岩戸 美由紀, 増田 順一郎, 菅野 明, 池内 隆夫, 森 充隆, 村上 恭子, 松元 賢, 浦上 敦子, 松石 貴裕, 冨吉 啓太, 尾崎 行生, dCAPS法によるアスパラガスとハマタマボウキの葉緑体DNA多型の検出, 平成29年度園芸学会春季大会, 2017.03.
36. アブデルラーマン モスタファ, 鈴木 直之, 池内 隆夫, 森 充隆, 村上 恭子, 尾崎 行生, 松元 賢, 浦上 敦子, 菅野 明, Comparative analysis of de novo transcriptome profiling of Asparagus officinalis and A. kiusianus during the early phase of Phomopsis asparagi infection., 平成28年度園芸学会秋季大会, 2016.09.
37. 中楯 知沙, 浦上 敦子, 菅野 明, 池内 隆夫, 増田 順一郎, 柿添 絵美香, 松元 賢, 松石 貴裕, 冨吉 啓太, 尾崎 行生, ABA阻害剤処理によるアスパラガス近縁種ハマタマボウキの種子発芽促進, 平成28年度園芸学会春季大会, 2016.03.
38. 池内 隆夫, 尾崎 行生, 松元 賢, 菅野 明, 浦上 敦子, アスパラガスとハマタマボウキとの種間交雑後代における生育特性, 平成28年度園芸学会春季大会, 2016.03.
39. 頼富 亮典, 中楯 知沙, 松元 賢, 園田 高広, 松石貴裕, 冨吉啓太, 尾崎 行生, ハマタマボウキに認められる茎枯病抵抗性について, 平成27年度園芸学会春季大会, 2015.03, [目的]アスパラガス(Asparagus officinalis L.)は北海道から九州まで広く栽培されている野菜である.西南暖地においては春季の萌芽が早いというメリットがあるが,露地栽培を行うと茎枯病などの病害が多発するため,一般にはビニールハウスでの雨よけ栽培が行われている.岩戸(2011,2013)は,アスパラガスとハマタマボウキ(A. kiusianus)の茎枯病抵抗性を比較し,ハマタマボウキはアスパラガスよりも強い病害抵抗性を持つこと,両者の種間雑種個体の中にもハマタマボウキと同程度の病害抵抗性を示す個体が含まれることを明らかにしている.しかしながら,ハマタマボウキがアスパラガスと比較して強い茎枯病抵抗性をもつ原因については明らかにされていない.そこで本研究では,ハマタマボウキが示す茎枯病抵抗性の詳細を明らかにするため,ハマタマボウキとアスパラガスの地上茎に茎枯病菌を接種し,その動態を比較した..
40. 松元 賢, ムハマド シャミム ウディン, 黒澤 靖, 土壌中のヒ素の溶出に関与する微生物の分離と同定―バングラデシュのヒ素汚染地において, 第19回ヒ素シンポジウム, 2013.11.
41. 尾崎 行生, 岩戸美由紀, 前田 智雄, 松元 賢, 大久保 敬, アスパラガス、ハマタマボウキおよびそれらの雑種個体に含まれるプロトディオシン, 平成25年度園芸学会秋季大会, 2013.09.
42. Yoritomi, R, M. Iwato, A. Kanno, M. Matsumoto, Y. Ozaki, Production of stem blight resistant asparagus hybrids through interspecific hybridization, XIIIth International Asparagus Symposium, 2013.10.
43. Htet Wai Wai Kyaw, Saint San Aye, Naruto Furuya, Matsumoto Masaru, Minoru Takeshita, TSUCHIYA Kenichi, Characterization of Ralstonia solanacearum strrains from Myanmar, 日本植物病理学会九州部会, 2013.11.
44. Ha Viet Cuong, Nguyen Manh Tien, Do Thu Lan, Masaru Matsumoto, Identification of complex of sclerotium-forming fungi infecting rice in North Vietnam, Yamagata University hosts “Short-term Exchange Program, 2012.08.
45. Matsumoto Masaru, Development of Soilborne Disease Diagnose and Control Using Plant Baiting Technique
, International Symposium on Agriculture, Food, Environmental and Life Science in Asia 2012, 2012.11.
46. Zaw M, Aye T T, Aye S S, Matsumoto M, Pathotypic and Genetic Characterization of isolates of Pyricularia grisea, Causal Organism of Rice
Blast Disease, in Myanmar., Annual Meeting of the Phytopathological Society of Japan., 2013.03.
47. 岩戸美由紀, 松元 賢, 小佐々雅子, 竹内陽子, 稲田稔, 尾崎 行生, 大久保 敬, アスパラガス(Asparagus officinalis)×ハマタマボウキ(A. kiusianus)種間雑種の茎枯病抵抗性, 日本園芸学会, 2012.09.
48. Masaru Matsumoto, Seint San Aye, Antagonistic soil microbes against Rhizoctonia spp. and Sclerotium hydrophilum., Journal of Phytopathological Society of Japan, 2012.03.
49. Matsumoto Masaru, Aye S. S. and Matsumoto M., 日本植物病理学会九州部会, 2011.11.
50. Matsumoto M., Uddin S. and Kurosawa K., Isolation and Identification of Microorganisms in the Peat Sediments of An Arsenic Contaminated
Area in Bangladesh., 16th Asian As forum 2011, 2011.11.
51. Aye S. S., Zaw M. and Matsumoto M., Antagonistic soil microbes against Rhizoctonia spp. and Sclerotium hydrophilum., 日本植物病理学会大会, 2012.03.
52. Aye S. S and Matsumoto M, Effect of plant extracts on Rhizoctonia spp. and Sclerotium hydrophilum., The 8th International AFAS Joint Symposium between Japan and Korea., 2011.11.
53. Aye S. S. and Matsumoto M, Responses of Rhizoctonia and Sclerotium hydrophilum to the plant extract., APS-IPPC Joint Meeting American Society of phytopathology, 2011.08.
54. Aye S. S. and Matsumoto M, Responses of Rhizoctonia and Sclerotium hydrophilum to the plant extract., APS-IPPC, 2011.08.
55. 岩戸美由紀・松元賢・小佐々雅子・竹内陽子・稲田稔・尾崎行生・大久保敬, ハマタマボウキ(Asparagus kiusianus Makino)の茎枯病抵抗性とアスパラガス(A. officinalis L.)との雑種作出, 平成23年度園芸学会秋季大会, 2011.09.
56. Masaru Matsumoto・Ha Viet Cuong・Seint San Aye, 転換畑におけるイネ紋枯病菌の病原性および菌群性状解析, 日本植物病理学会, 2010.03.
57. Yuki Mori, Ho Thi Lam Tra, Cao Truong Son, Trieu Phuong Thao, Do Thi Thu Hien, Sinji Fukuda, Trinh Quang Huy, Yohei Shimasaki, Pham Van Cuong, Takuya Araki, Do Nguyen Hai, Ha Viet Cuong, Masaru Matsumoto, Effect of urea concentration and application method on urea hydrolysis and nitrification in flooded soil. Soil, Water and nutrient in farming systems in Vietnam, 九州大学・ベトナムハノイ農業大学共同セミナー, 2009.11.
58. Masaru Matsumoto, Trinh Quang Huy, Pham Van Cuong, Ho Thi Lam Tra, Yohei Shimasak4, Takuya Araki, Yuki Mori, Do Nguyen Hai, Ha Viet Cuong, Shinji Fukuda, hylogenetic Relationships between Rep-Vet1 and Rep-Vet-2 strains of Rhizoctonia solani AG-1 IA in Red River Delta, Vietnam. Soil, Water and nutrient in farming systems in Vietnam, 九州大学P&Pプロジェクト, 2009.11.
59. 黒瀬大介・古屋成人・松元賢・井上優子・Evans, H. C.・Cannon, P. F.・土屋健一, イタドリ斑点病罹病葉から見出されたMycosphaerella shimabarensis(新種)について, 日本植物病理学会, 2009.03.
60. S. S. Aye and M. Matsumoto, Characterization of Waitea circinata from rice and corn. 日本植物病理学会, 日本植物病理学会, 2009.03.
61. 松元 賢 , クオン ハ ヴィエト , 福田 信二 , セイン サン エ, 植物病原菌類における菌体脂肪酸分析法の再検討 : (2) 直接的病害診断における菌体脂肪酸分析法の利用可能性に関する検討, 日本植物病理学会, 2008.04.
62. Matsumoto M, Chemotaxonomic characterization of fungal genera, causal pathogens of rice seedling diseases, using fattu acid analysis, 2007.11.
63. Fukuda S, Coung P V, Araki T, Hanh T T, Huy T Q, Hai D N, Tra H O, Mori Y, Simasaki Y, Matsumoto M., Numerical Simulation of daily water temperature in paddy fields under hybrid rice cultivation, 2007.11.
64. 松元 賢, rep-PCR法によるイネ紋枯病菌の個体群解析 (1)クローン個体群の選抜および隣接水田における分布解析, 日本植物病理学会, 2006.04.
65. 松元賢,伊藤悠・古屋成人・高浪洋一, 植物ベイトトラップ法を応用したRhizoctonia属菌の土壌からの簡易検出, 日本植物病理学会, 2005.10.
66. 松元 賢, イチゴ根腐症状の病斑より分離したリゾクトニア属菌の脂肪酸分析による性状比較, 日本植物病理学会, 2005.03.
67. 松元 賢・Phan Huu Ton・Vu Tien Man, 雨期におけるヴィエトナム北部江河流域でのイネ紋枯病の発生状況, 日本植物病理学会九州部会, 2000.01.
68. 山田洋・Faruque Ahmed・原口智和・松元賢・山川武夫・廣田修, マングビーン間作における根粒細菌の窒素固定と植物成長に及ぼす影響, 日本土壌微生物学会, 2000.01.
69. 松元賢・松山宣明, 特異配列プライマーPCR法を用いたRhizoctonia solani菌糸融合群同定の試み (1)AG 1およびAG 2のサブグループの同定, 日本植物病理学会全国大会, 1999.01.
70. M. Matsumoto, 植物病原菌類における菌体脂肪酸分析法の再検討, 日本植物病理学会全国大会, 2004.03.
71. 松元 賢・山田 洋・廣田 修, マングビーン根粒から分離したBradyrhizobium属細菌九州分離株の菌体脂肪酸分析による性状比較, 日本土壌微生物学会, 2002.01.
72. M. Matsumoto, スペアミント(Mentha spicata L.)に発生した葉枯れ症について (1)病原微生物分離の試み, 日本植物病理学会九州部会, 2003.01.
73. 山田 洋・ファルクアーメッド・原田智和・松元賢・山川武夫・鄭紹輝・廣田修, 間作条件と根粒菌の接種がマングビーンの窒素固定と成長に及ぼす影響, 日本作物学会, 2001.01.
74. 松元 賢・廣田 修, 東南アジアにおけるイネ紋枯病菌の多様性に関する研究 (1) 九州及びヴィエトナム分離菌の性状比較, 日本土壌微生物学会, 2001.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」