九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田代 直明(たしろ なおあき) データ更新日:2020.08.01

助教 /  農学研究院 環境農学部門 森林環境科学


主な研究テーマ
森林における局所光環境の定量方法
キーワード:光環境 林冠
2000.04.
樹木の更新特性と樹冠内光量の幅
キーワード:樹冠構造, 耐陰性, 自己披陰
2001.06.
トドマツにおける樹冠形成様式の局所光環境に対する可塑性
キーワード:針葉樹, トドマツ, 樹冠, 可塑性
1998.09.
カエデ属2種の繁殖サイズと樹冠形成様式との関係
キーワード:カエデ属, 生活史, 樹冠, 可塑性
1998.05.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 田代 直明, 生活型の異なる樹種における光環境傾度に対する樹冠内光量の幅と葉量の反応, 第59回 日本生態学会大会, 2012.03.
2. 田代 直明 小林 元, 光環境計測における感光フィルムの使用可能範囲, 日本生態学会, 2007.03.
特許出願・取得
特許出願件数  0件
特許登録件数  1件
学会活動
所属学会名
Ecological Society of America
日本生態学会
学協会役員等への就任
2008.04, 日本長期生態研究ネットワーク, 情報管理委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2008年度      
2000年度      
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2000.09~2000.09, 2週間未満, ミシガン大学, UnitedStatesofAmerica.
受賞
第49回日本生態学会大会ポスター賞, 第49回日本生態学会大会ポスター賞委員, 2002.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2007年度~2009年度, 萌芽研究, 代表, 樹木の生活形、更新特性と樹冠における受光量の幅の関係.
2002年度~2004年度, 若手研究(B), 代表, 樹木の生活史および更新特性と樹冠形成の可塑性との関連性.
寄附金の受入状況
2020年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2018年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2017年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2016年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2015年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2014年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2013年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2012年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2011年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2010年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2009年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2008年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2007年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2006年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.
2005年度, 財団法人自然環境研究センター, 北海道演習林における長期森林観測の実施.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」