九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山村 ひろみ(やまむら ひろみ) データ更新日:2020.03.04

教授 /  言語文化研究院 言語環境学部門 言語情報学


教育活動概要
基幹教育担当科目:
言語文化基礎科目「スペイン語Ⅰ」「スペイン語Ⅱ」「スペイン語Ⅲ(作文)」

スペイン語I:スペイン語を初めて学習する者を対象とした科目.文字と発音の関係からスペイン語の骨格をなす基本的文法の習得を目指す.教科書は山村執筆の『スペイン語24課』(白水社)用いている.試験では文法と講読の両方の能力を評価する.
スペイン語II:週2回の授業のうち,1回は文法,もう1回は会話表現を主体とした,スペイン語圏の文化・社会理解,スペイン語の会話・聴解力をつけるための授業が行われている.
スペイン語III:スペイン語IIIは作文・会話・講読の3種類の授業が行われているが,山村が担当しているのは作文である.同科目では山村が独自に作成したプリントを使い,1年次に学習した文法知識の確認をしつつ,比較的簡単なスペイン語で自分自身のプロフィールができるような練習を重ねている.

言語文化自由科目:「スペイン語圏の言語と文化」「総合スペイン語演習」
スペイン語圏の言語と文化:この科目は箱崎にある言語文化研究院の分室で行われている.主に,高年次の学生を対象に,スペイン語圏の多様性と共通性を具体的に検証していく作業を行っている.教室では,DVDを用い,学生たちになるべく多く生のスペイン語に触れる機会を提供するよう心がけている.
総合スペイン語演習:この科目は箱崎にある言語文化研究院の分室で行なわれている.主に,高年次の学生を対象に,スペイン語の「聞く・話す・読む・書く」の4技能を総合的に養成することを目的とした科目である.特に,ヨーロッパ共通参照枠を参考にしながら,実際にスペイン語圏へ出かけた際に,困らないだけのスペイン語能力を身につけることを目標としている.

大学院教育:
大学院地球社会統合科学府に所属し,以下の授業を担当している.
言語体系論:言語学の基礎および,特に,外国語教育に携わる際に必要となる言語学上の問題を扱った科目.
総合演習科目A:言語・メディア・コミュニケーションに関する他の教員との共同授業.
外国語ライティング:留学生用の日本語によるアカデミックライティングの授業のうち,研究分野・目的に即した論文の書き方の講義1回

担当授業科目
2018年度・後期, 大学院共通科目 外国語ライティング.

2018年度・前期, 大学院共通科目 外国語ライティング.

2018年度・後期, 言語コミュニケーション学 C(言語体系論)Ⅳ.

2018年度・後期, 言語コミュニケーション学 C(言語体系論)Ⅱ.

2018年度・後期, 博士総合演習Ⅱ.

2018年度・後期, 個別研究指導Ⅱ・Ⅳ.

2018年度・前期, スペイン語Ⅲ.

2018年度・前期, スペイン語圏の言語と文化.

2018年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2018年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2018年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2018年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2018年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2018年度・前期, 個別研究指導Ⅰ.

2018年度・前期, 個別研究指導Ⅲ.

2018年度・前期, 博士総合演習 Ⅰ.

2018年度・前期, 博士演習 Ⅰ.

2018年度・前期, 言語コミュニケーション学 C(言語体系論)Ⅰ.

2018年度・前期, 言語コミュニケーション学 C(言語体系論)Ⅲ.

2015年度・後期, 大学院共通科目 外国語ライティング.

2015年度・前期, 大学院共通科目 外国語ライティング.

2015年度・後期, 言語体系論Ⅳ.

2015年度・前期, 言語体系論Ⅲ.

2015年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2015年度・前期, 総合スペイン語演習.

2015年度・前期, スペイン語Ⅲ.

2015年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2014年度・前期, 大学院共通科目 外国語ライティング.

2014年度・後期, 言語体系論Ⅱ.

2014年度・前期, 言語体系論Ⅰ.

2014年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2014年度・前期, スペイン語圏の言語と文化.

2014年度・前期, スペイン語Ⅲ.

2014年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2013年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2013年度・前期, スペイン語Ⅲ.

2013年度・前期, 総合スペイン語演習.

2013年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2013年度・前期, 特別研究日本語教育論.

2013年度・後期, 日本語言語学Ⅱ・Ⅳ.

2013年度・前期, 日本語言語学Ⅰ・Ⅲ.

2012年度・前期, 特別研究日本語教育論.

2012年度・後期, 日本語言語学Ⅱ・Ⅳ.

2012年度・前期, 日本語言語学Ⅰ・Ⅲ.

2012年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2012年度・前期, スペイン語圏の言語と文化.

2012年度・前期, スペイン語Ⅲ.

2012年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2011年度・後期, 日本語言語学Ⅱ・Ⅳ.

2011年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2011年度・前期, 特別研究日本語教育論.

2011年度・前期, 日本語言語学Ⅰ・Ⅲ.

2011年度・前期, 総合スペイン語演習.

2011年度・前期, スペイン語Ⅲ(作文).

2011年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2009年度・後期, 日本語言語学Ⅱ・Ⅳ.

2009年度・後期, スペイン語フォーラム.

2009年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2010年度・前期, 特別研究日本語教育論.

2010年度・前期, 特別研究日本語教育論.

2010年度・前期, 日本語言語学Ⅰ・Ⅲ.

2010年度・前期, スペイン語Ⅲ(作文).

2010年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2010年度・前期, スペイン語圏の言語と文化.

2010年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2010年度・後期, スペイン語フォーラム.

2010年度・後期, 日本語言語学Ⅱ・Ⅳ.

2009年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2009年度・前期, スペイン語Ⅲ(作文).

2009年度・前期, 総合スペイン語演習.

2009年度・前期, 日本語言語学Ⅰ・Ⅲ.

2008年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2008年度・前期, スペイン語Ⅲ(作文).

2008年度・前期, スペイン語圏の言語と文化.

2008年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2008年度・後期, スペイン語フォーラム.

2008年度・前期, 日本語言語学Ⅰ・Ⅲ.

2008年度・前期, 総合演習日本語教育論Ⅰ・Ⅲ.

2008年度・通年, 調査研究方法論 日本語教育論.

2008年度・通年, 特別研究日本語教育論.

2008年度・後期, 日本語言語学Ⅱ・Ⅳ.

2008年度・後期, 総合演習日本語教育論Ⅱ・Ⅳ.

2007年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2007年度・後期, スペイン語フォーラム.

2007年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2007年度・前期, スペイン語作文.

2007年度・通年, 日本語言語学.

2007年度・前期, 総合スペイン語演習.

2007年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2006年度・通年, 日本語言語学.

2006年度・前期, スペイン語作文.

2006年度・前期, スペイン語圏の言語と文化.

2006年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2006年度・後期, スペイン語フォーラム.

2006年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2005年度・通年, 日本語言語学.

2005年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2005年度・前期, スペイン語圏の言語と文化.

2005年度・前期, スペイン語作文.

2005年度・前期, 異文化コミュニケーション論.

2003年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2003年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2003年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2003年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2003年度・前期, スペイン語作文.

2003年度・前期, スペイン語圏の言語と文化.

2003年度・前期, 異文化コミュニケーション論.

2003年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2003年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2003年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2003年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2003年度・後期, スペイン語フォーラム.

2002年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2002年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2002年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2002年度・前期, スペイン語Ⅰ.

2002年度・前期, スペイン語圏の言語と文化.

2002年度・前期, スペイン語作文.

2002年度・前期, 異文化コミュニケーション論.

2002年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2002年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2002年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2002年度・後期, スペイン語Ⅱ.

2002年度・後期, スペイン語フォーラム.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.07, 部局, パネリスト, 科学研究費取得説明会.

2017.07, 部局, 企画, 介護と仕事のの両立セミナー.

2016.10, 部局, 参加, 「九州大学における男女共同参画の取り組み」.

2016.07, 部局, 参加, 「アナフィラキシーによる死亡事故を防ぐために、エピペンの使用法についての」.

2015.11, 全学, 参加, 平成27年度第3回全学FD 自殺防止メンタルヘルス研修会 大学全体で行う自殺防止対策の実践に向けて.

2015.07, 部局, 参加, 科研に関するFD.

2015.07, 部局, 参加, 研究倫理に関するFD.

2015.03, 部局, 参加, CLIL・内容言語統合型学習の試み:内容・言語・思考・協学の組み合わせで外国語学習の活性化を図る.

2014.09, 部局, 企画, ハラスメントに関するFD:大学教員が遭遇しうるハラスメント.

2013.08, 部局, 参加, ハラスメントに関するFD.

2013.02, 部局, 参加, 「次期カリキュラム改定での初修外国語の位置づけ:2単位で何をどう教えるか」.

2010.12, 部局, 講演, ハラスメントとは何か.

2010.07, 部局, 参加, 成績評価とITの活用.

2010.04, 部局, 参加, 言語文化研究院の情報発信戦略を考える-HPの充実と今後の展望.

2010.05, 部局, 参加, 英国における大学教育の現状.

2009.08, 部局, 企画, 言文Quest-MAP第9回FD.

2009.07, 部局, 企画, 言文Quest-MAP第8回FD.

2009.06, 部局, 企画, 言文Quest-MAP第7回FD.

2009.06, 部局, 企画, 言文Quiest-MAP第6回FD.

2009.05, 部局, 企画, 言文Quest-MAP第5回FD.

2009.05, 部局, 企画, 言文Quest-MAP 第4回FD.

2008.12, 部局, 参加, Quest-MAP.

2008.10, 部局, 参加, Quest-MAP.

2008.09, 部局, 参加, Quest-MAP.

2008.11, 部局, 企画, ハラスメント(旧セクシュアル・ハラスメント等)研究会.

2008.09, 全学, 参加, 平成20年度第2回全学FD 修学情報の管理・活用を通じた教育実践.

2008.03, 全学, 参加, GPAについて.

2007.03, 全学, 参加, GPAについて.

2005.12, 全学, 参加, TAの在り方について.

2004.12, 全学, 参加, 18年問題とその対応.

2004.09, 全学, 参加, 全学FD(GPAについて).

2003.12, 全学, 参加, 全学FD(言語文化科目について).

学生のクラス指導等
2007年度, 全学, 文系1年5組(法学部六本松地区クラス担任).

2004年度, 全学, 理系1年7組(医学部医学科六本松地区クラス担任).

学生課外活動指導等
2018年度, 写真部, 顧問.

2017年度, 写真部, 顧問.

2016年度, 写真部, 顧問.

2015年度, 写真部, 顧問.

2014年度, 写真部, 顧問.

2013年度, 写真部, 顧問.

2012年度, 写真部, 顧問.

2011年度, 写真部, 顧問.

2010年度, 写真部, 顧問.

2009年度, 写真部, 顧問.

2008年度, 写真部, 顧問.

2007年度, 写真部, 顧問.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度, 西南学院大学, 通年,月曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 西南学院大学, 通年、月曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 西南学院大学, 通年、月曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.

2015年度, 西南学院大学, 前・後期 月曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 西南学院大学, 前・後期 月曜日2時限, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 西南学院大学, 前・後期 月曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 西南学院大学, 前・後期 月曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 西南学院大学, 前・後期(通年)月曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 西南学院大学, 前期・後期,月曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 西南学院大学, 通年木曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 西南学院大学, 通年木曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 放送大学, 8月3日,4日, 集中講義, 国内.

2006年度, 西南学院大学, 通年木曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 西南学院大学, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 放送大学, 10月16日,17日, 集中講義, 国内.

2004年度, 西南学院大学, 通年火曜日時限目,木曜日2時限目, 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」