九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
高松 洋(たかまつ ひろし) データ更新日:2021.07.15

教授 /  工学研究院 機械工学部門 生体工学講座


教育活動概要
学部では機械工学科(2021年4月に改組.それまでは機械航空工学科機械工学コース),大学院では機械工学専攻にて熱工学および生体熱工学に関する講義科目を担当している.
担当授業科目
2021年度・秋学期, 生体工学基礎.

2021年度・冬学期, 伝熱学Ⅱ.

2021年度・秋学期, 伝熱学Ⅰ.

2021年度・春学期, (IUPE) Heat Transfer I.

2020年度・秋学期, 生体工学基礎.

2020年度・後期, 生体機械工学.

2020年度・冬学期, 伝熱学Ⅱ.

2020年度・秋学期, 伝熱学Ⅰ.

2020年度・春学期, (IUPE) Heat Transfer.

2019年度・後期, 生体機械工学.

2019年度・秋学期, 伝熱学Ⅰ.

2019年度・冬学期, 伝熱学Ⅱ.

2019年度・春学期, (IUPE) Heat Transfer.

2018年度・後期, 生体機械工学.

2018年度・秋学期, 伝熱学Ⅰ.

2018年度・冬学期, 伝熱学Ⅱ.

2018年度・前期, 熱エネルギー変換.

2017年度・後期, 伝熱学・同演習.

2017年度・通年, Advanced Biomechanical and Biothermal Engineering.

2017年度・通年, Seminar in Biomechanical and Biothermal Engineering.

2017年度・後期, 生体機械工学.

2015年度・後期, 生体機械工学.

2015年度・後期, 伝熱学・同演習.

2015年度・前期, Heat Transfer.

2015年度・前期, 生体工学特論.

2015年度・前期, Heat and Mass Transfer.

2014年度・後期, 生体機械工学.

2014年度・後期, 伝熱学・同演習.

2014年度・前期, Heat Transfer.

2014年度・前期, 生体工学特論.

2014年度・前期, Heat and Mass Transfer.

2013年度・後期, 「フロンティアリサーチ」生命科学.

2013年度・後期, 生体機械工学.

2013年度・後期, 伝熱学・同演習.

2013年度・前期, Heat Transfer.

2013年度・前期, 生体工学特論.

2013年度・前期, Heat and Mass Transfer.

2013年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2012年度・前期, 生体工学特論.

2012年度・後期, 伝熱学・同演習.

2012年度・後期, 生体機械工学.

2012年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2012年度・前期, Heat and Mass Transfer.

2011年度・後期, 伝熱学・同演習.

2012年度・前期, コアセミナー.

2011年度・前期, Heat and Mass Transfer.

2011年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2011年度・前期, 生体工学特論.

2011年度・前期, 伝熱工学.

2011年度・後期, 生体機械工学.

2010年度・前期, 伝熱工学.

2010年度・後期, 蒸気エネルギー変換.

2010年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2010年度・前期, Heat and Mass Transfer.

2010年度・前期, 生体工学特論.

2010年度・後期, 生体機械工学.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 伝熱工学.

2009年度・後期, 蒸気エネルギー変換.

2009年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2009年度・前期, 熱物質移動論.

2009年度・前期, 生体工学特論第一.

2009年度・後期, 生体熱工学.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 伝熱工学.

2008年度・後期, 蒸気エネルギー変換.

2008年度・後期, 熱科学演習第二.

2008年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2008年度・前期, 熱物質移動論.

2008年度・前期, 生体工学特論第一.

2008年度・後期, 生体熱工学.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, 伝熱工学.

2007年度・前期, 熱科学演習第一.

2007年度・後期, 蒸気エネルギー変換.

2007年度・後期, 熱科学演習第二.

2007年度・前期, 日本語コミュニケーション.

2007年度・前期, 熱物質移動論.

2007年度・前期, 生体工学特論第一.

2007年度・後期, 生体熱工学.

2006年度・前期, 伝熱工学.

2006年度・前期, 熱科学演習第一.

2006年度・後期, 蒸気エネルギー変換.

2006年度・後期, 熱科学演習第二.

2006年度・前期, 熱物質移動論.

2006年度・後期, 生体熱工学.

2005年度・前期, 伝熱工学.

2005年度・前期, 熱科学演習第一.

2005年度・後期, 蒸気エネルギー変換.

2005年度・後期, 熱科学演習第二.

2005年度・前期, 熱物質移動論.

2005年度・後期, 生体熱工学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2020.12, 部局, 参加, 総合型選抜について.

2020.11, 学科, 参加, 総合型選抜について.

2020.10, 部局, 参加, 令和2年度 第1回工学部FD 総合型選抜の実施に向けて―評価基準の策定―.

2020.07, 部局, 参加, 不明.

2020.05, 学科, 参加, オンライン講義について.

2020.04, 部局, 参加, Eラーニング.

2019.11, 学科, 参加, 外為法に基づく安全保障輸出管理,外国人研究者・外国人留学生等の入国管理, 国際産学連携等の研究受入管理.

2019.07, 全学, 参加, 3ポリシー見直しに関するFD.

2019.03, 全学, 参加, 3ポリシー見直しに関するFD.

2019.02, 全学, 参加, 危機管理広報セミナー.

2018.11, 部局, 参加, ハラスメント防止研修会.

2018.11, 全学, 参加, 学生相談セミナー.

2018.06, 学科, 講演, 機械系FD(科研費).

2018.06, 全学, 参加, 新入試に関するFD.

2018.03, 全学, 参加, 配偶者帯同雇用セミナー.

2018.02, 全学, 参加, カセム氏講演会.

2018.01, 部局, 参加, 工学研究院FD.

2017.10, 全学, 参加, 安全の日講演会.

2017.08, 部局, 企画, 工学研究院FD(東北大学の取組み).

2017.06, 学科, 参加, 機械系FD(産学連携研究予算と知財の活かし方).

2017.02, 部局, 参加, 工学部FD(アントレプレナーシップ).

2016.08, 全学, 参加, 全学FD(IDE大学セミナー).

2016.08, 部局, 参加, 工学部FD.

2016.06, 部局, 参加, 工学部FD(ハラスメント).

2016.01, 部局, 企画, 工学部FD(東工大の改革).

2014.12, 部局, 企画, 工学部FD(英語による教育法).

2014.07, 全学, 参加, 新GPA制度に関するFD.

2014.07, 部局, 企画, 工学部FD.

2013.11, 部局, 司会, 工学府FD(博士論文公開).

2013.06, 部局, 参加, 工学部FD(基幹教育).

2013.05, 学科, 企画, 機械系FD(科研費).

2012.12, 学科, 企画, 機械系FD.

2012.08, 学科, 講演, 機械系FD.

2012.03, 部局, 参加, 工学教育の質向上.

2012.02, 学科, 参加, 機械系FD.

2011.06, 学科, 参加, 機械系FD.

2011.02, 部局, 参加, 工学教育の質向上.

2010.09, 学科, 参加, 機械系FD.

2010.03, 部局, 参加, 教育FD.

2009.10, 部局, 参加, 英語教育に関するFD.

2008.09, 学科, 参加, 機械系FD.

2008.08, 学科, 参加, 機械系FD.

2007.03, 学科, 参加, 機械系FD.

2006.11, 学科, 参加, 機械系FD.

2006.01, 学科, 参加, 機械系FD.

2005.07, 学科, 参加, 機械系FD.

2005.03, 学科, 講演, 機械系FD.

2004.12, 学科, 参加, 機械系FD.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度, 日本大学工学部, 非常勤講師.

2008年度, 東北大学流体科学研究所, 客員教員, 国内.

2005年度, 九州工業大学大学院生命体工学研究科, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 九州工業大学大学院生命体工学研究科, 非常勤講師, 国内.

2003年度, 九州工業大学大学院生命体工学研究科, 非常勤講師, 国内.

2002年度, 九州工業大学大学院生命体工学研究科, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2016.11, 19th Annual Colloquium on International Engineering Education, Newport, RI, U.S.A., University of Rhode Island.

2015.06, 2015 ASEE International Forum / 122nd ASEE Annual Conference & Exposition, Seattle, WA, U.S.A., American Society of Engineering Education (ASEE).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」