九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
道面 千惠子(どうめん ちえこ) データ更新日:2021.06.24

助教 /  医学研究院 保健学部門 統合基礎看護学Ⅰ


主な研究テーマ
看護師と保健師の健康教育ビリーフ
キーワード:健康教育、看護師、保健師
2018.03~2022.03.
患者教育における看護師のビリーフ
キーワード:患者教育、看護師、ビリーフ
2015.04~2018.12.
従事しているプロジェクト研究
看護教員コンピテンシーモデルの開発と検証
2017.04~2020.03, 代表者:大池美也子, 国際医療福祉大学.
看護教員を対象とした協働参加型授業改善プログラムの開発
2017.04~2020.03, 代表者:坂美奈子, 佐賀大学.
患者教育における看護師のビリーフ尺度の開発
2016.04~2019.03, 代表者:道面千恵子.
教育力セルフマネジメントプログラムの構築
2014.07~2016.03, 代表者:大喜雅文、大池美也子, 九州大学, 九州大学教育の質向上支援プログラム(日本).
ICT学習システム(Web動画・ポイント版・Webテスト・レポート管理)を用いた基礎看護技術教育の検討
2012.12~2016.03, 代表者:大池美也子, 九州大学.
薬剤等の管理に関する教育プログラムの構築
2012.05~2015.03, 代表者:原田博子, 九州大学.
インストラクショナルデザインを基盤としたICT活用教育教材の開発と評価
2011.04~2014.03, 代表者:長家智子, 九州大学→佐賀大学.
患者教育に関わる看護師の変化ー「看護の教育的関わりモデル」の学習会と事例検討会を用いたアクションリサーチー
2010.04~2011.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本地域看護学会
日本慢性看護学会
日本看護学教育学会
日本看護科学学会
日本看護研究学会
日本糖尿病教育・看護学会
学協会役員等への就任
2012.10~2015.08, 日本看護学教育学会, 広報・渉外・社会貢献委員会委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2005.09, 日本糖尿病教育・看護学会, 座長(Chairmanship).
2017.09.16~2017.08.17, 日本糖尿病教育看護学会第22回学術集会, 査読委員.
2016.07.02~2016.07.03, 第22回日本看護診断学会学術大会, 拡大実行委員.
2010.10.10~2010.10.11, 第15回日本糖尿病教育看護学会, 演題査読.
2007.08, 日本看護学教育学会第17回学術集会, 企画委員.
2006.11, 第11回日本看護研究学会九州地方会, 実行委員.
2005.09, 第10回日本糖尿病教育・看護学学会学術集会, 口演座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2020.09~2022.09, 日本糖尿病教育・看護学会, 国内, 査読委員.
2018.09~2020.09, 日本糖尿病教育・看護学会, 国内, 査読委員.
2006.04~2012.09, 日本糖尿病教育看護学会誌, 国内, 専任査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度    
2018年度      
2017年度       10  10 
2016年度    
2015年度    
2012年度    
2010年度      
2006年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
高雄医学大学, Taiwan, 2014.03~2014.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, 看護教員を対象とした協働参加型授業改善プログラムの開発.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, 看護教員コンピテンシーモデルの開発と検証.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 患者教育における看護師のビリーフ尺度の開発.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, 薬剤等の管理に関する教育プログラムの構築.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, インストラクショナルデザインを基盤としたICT活用教育教材の開発と評価.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2018年度, 研究補助者雇用支援, 代表, 看護師の患者教育のビリーフ.
2016年度~2017年度, 研究補助者雇用支援, 代表, ICT学習システムを用いた基礎看護技術教育の検討
糖尿病患者教育に関する看護師のビリーフ.
2014年度~2015年度, 研究補助者支援制度, ICT学習システム教育の検討.
2013年度~2014年度, 研究補助者措置制度(Hand in Hand), (代表)ICT学習システム(Web動画・ポイント版・Webテスト・レポート管理)を用いた基礎看護技術教育の検討
他、.
2008年度~2008年度, H20年女性研究者支援プログラム, 糖尿病患者の学習支援に関する看護師の役割.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」