九州大学 研究者情報
総説一覧
山浦 健(やまうら けん) データ更新日:2022.05.22

教授 /  医学研究院 臨床医学部門 外科学講座 麻酔・蘇生学分野


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 十時崇彰、山浦 健, TEG6の原理と応用, Thrombosis Medicine, Thrombosis Medicine 12(1):12-17, 2022, 2022.03.
2. Kazuhiro Shirozu, Keiko Nobukuni, Kouta Funakoshi, Taizo Nakamura, Makoto Sumie, Midoriko Higashi, Ken Yamaura, The effect of remimazolam on postoperative memory retention and delayed regeneration in breast surgery patients: Rationale and design of an exploratory, randomized, open, propofol-controlled, single-center clinical trial: A study protocol., Medicine, 10.1097/MD.0000000000027808, Vol.100, No.48, p.e27808, 2021.12, BACKGROUND: Remimazolam, a benzodiazepine ultra-short-acting sedative, has been used in general anesthesia since August 2020. It is used in awake surgeries that require awakening the patient in the middle of the surgery because of its rapid awakening effect as well as antagonistic interactions. If remimazolam has associated anterograde amnesia similar to benzodiazepines, it will have a positive effect on preventing psychological trauma. However, to our knowledge, the effect of remimazolam on anterograde amnesia has not been previously examined. METHODS/DESIGN: The aim of this exploratory, open, propofol-controlled, single-center, randomized clinical trial is to examine the effect of remimazolam on postoperative memory retention and delayed regeneration. Seventy patients undergoing breast surgery will be included in the study. The patients will be randomly assigned to receive propofol or remimazolam as sedatives during surgery. The primary endpoint is the number of posters patients remember 24 hours after surgery (among 4 posters shown after awakening from anesthesia) as an assessment of anterograde amnesia. Secondary endpoints are retrograde amnesia, dose of analgesic given from the time the patient returns to the ward until 24 hours after surgery, immediate postoperative pain numerical rating scale scores, and pain numerical rating scale scores 24 hours after leaving the operating room. Recruitment will take place between October 2021 and March 2022 to achieve the target sample size. DISCUSSION: To our knowledge, this is the first trial designed to examine the effects of remimazolam on postoperative memory retention and delayed regeneration in patients undergoing breast surgery. TRIAL REGISTRATION: This clinical trial was registered at the University Hospital Medical Information Network (UMIN) Center on September 28, 2021 (UMIN-CTR: UMIN000045593)..
3. 白水和宏、村山桂太郎、山浦 健, ECTを臨床モデルとした生理学的研究:自律神経系での研究例, 臨床麻酔, 臨床麻酔 45(3): 451-455, 2021, 2021.03.
4. 山浦 健、東 みどり子, 心臓手術とトラネキサム酸, Thrombosis Medicine, Thrombosis Medicine 11(1):52-55, 2021, 2021.03.
5. 白水和宏、山浦 健, 周術期の薬の使い方 パーフェクトガイド 3.ショック・心不全, 月刊薬事, 2021年2月臨時増刊号
2021; 63(3): 67-80, 2021.02.
6. 中山徹三、白水和宏、阿部潔和、安藤翔太、小佐々翔子、坂田いつか、田中隆堂、谷口純彬、中島孝輔、牧嶋啓、住江誠、辛島裕士、東みどり子、山浦 健, 麻酔薬の腫瘍・免疫に対する影響(誌上抄読会)
, 臨床麻酔, 2020.11.
7. 田中 信彦, 山蔭 道明, 具志堅 隆, 關山 裕詩, 中塚 秀輝, 益田 律子, 山浦 健, 痛み診療の現場における2015年および2016年の有害事象について―日本ペインクリニック学会安全委員会・有害事象調査報告と課題―, 2020.06.
8. 梅原 薫, 山浦 健, 術前検査 止血凝固機能検査, 2020.04.
9. 東 みどり子, 山浦 健, 【疼痛治療のレシピ】各種疼痛治療のレシピ 術後痛, 臨牀と研究, Vol.97, No.2, pp.185-189, 2020.02.
10. 中山徹三, 山浦 健, ここまで進化した手術中の低侵襲的循環モニター, 2020.02.
11. 山浦 健, 心機能と周術期管理, 2019.12.
12. 山浦 健, 第5のバイタルサインは悪の根源か, 2019.10.
13. 山浦 健, 書評:救急・集中治療アドバンス 急性循環不全 (藤野裕士 編集), 2019.09.
14. 山浦 健, Patient Blood Management (PBM)の概念, 日本臨床麻酔学会誌, 39(5):551-554, 2019, 2019.09.
15. 山浦 健, Patient Blood Management (PBM)の概念, 2019.09.
16. 白水和宏, 山浦 健, 瞳孔反応測定の有用性, 2019.07.
17. 小高光晴, 枝永充隆, 小川 覚, 木倉睦人, 坪川恒久, 中嶋康文, 平方秀男, 平崎裕二, 前田琢磨, 山浦 健, 横川すみれ, 香取信之, 心臓血管麻酔における血液粘弾性検査の使用指針 ー日本心臓血管麻酔学会 学術委員会血液凝固部門報告ー, 2019.06.
18. 山浦 健, 私の臨床教育法, Anesthesia Network, Vol.22, No.2, pp.29-30, 2018.06.
19. 山浦 健, 私の臨床教育法「麻酔は麻酔計画が8割、技術1割、残りは神様が決めること」, A Net, Vol.22, No.2, pp.29-30, 2018.06.
20. 横山 麗子, 山浦 健, 麻酔薬(薬物)のキラリティー(光学活性)をきちんと理解しようーケタミンのキラリティーを通して, LiSA, Vol.24, pp.866-873, 2017.09.
21. 山浦 健, 印象記:第38回日本循環制御医学会・学術集会, 臨床麻酔, Vol.41, No.8, pp.1167-1168, 2017.08.
22. 原賀 勇壮, 平田 和彦, 山浦 健, 周術期の感染症--ペインクリニックの感染症--, 日本臨床麻酔学会誌, 10.2199/jjsca.37.541, Vol.37, No.4, pp.541-546, 2017.07, ペインクリニック領域の感染症についてまとめた.対象疾患は硬膜外カテーテル留置後あるいは硬膜外ブロック後の硬膜外膿瘍,脊髄くも膜下腔カテーテルポート留置後髄膜炎,神経ブロック後の感染症とした.各疾患の頻度と発生要因,起因菌と感染メカニズム,症状・診断・治療ごとに記載した.機能的予後のみならず,生命予後に直結する場合もあるので迅速な初期対応が必要である.具体的には神経学的診察,画像検査,培養検体採取,感染症内科医および外科医との連携までの一連の初期対応が必要である.ペインクリニック領域の臨床に携わる医師は,これらの病態の知識は必須であると思われる..
23. 山浦 健、松永 明, 「麻酔科医ができるSSI予防」によせて, 日本臨床麻酔学会誌37(3):368, 2017.06.
24. 山浦 健, 手術室における医療安全 手術室におけるインシデント―チェックリスト導入後の事例から学ぶ―, 日本臨床麻酔学会誌 37(1):76-80, 2017.02.
25. 佐宗 誠, 廣田 一紀, 山浦 健, Anesthesiology 2016 Annual Meeting, 臨床麻酔, Vol.41, No.1, pp.91-93, 2017.01.
26. 山浦 健, 循環機能の術前評価, Anet, Vol.20, No.3, pp.3-6, 2016.10.
27. 山田芳嗣, 森松博史, 山浦 健, 川股知之, 日本麻酔科学会第62回学術集会を語る, 臨床麻酔, Vol.39, No.8, pp.1147-1164, 2015.08.
28. 山浦 健, 地球温暖化と感染防止, Anesthesia Network (A net), Vol.19, No.1, p.1, 2015.01.
29. 山浦 健, 周術期の線溶系の変化と抗線溶療法, Thrombosis Medicine, Vol.14, No.2, pp.23-28, 2014.12.
30. Kai T, Higashi M, Sasano K, Shiraishi K, Yamaura K, Hoka S, Arterila line syringes are rarely responsible for infection, 日本手術医学会誌, Vol.35, No.4, pp.325-329, 2014.11.
31. 山浦 健, 医療ガスの処理, 臨床麻酔, Vol.38, No.10, pp.1429-1434, 2014.10.
32. 山浦 健, 地球環境と麻酔ガス~エコロジカル麻酔ガスクリーン化システム~, 日本医療ガス学会雑誌, Vol.16, No.1, pp.43-47, 2014.07.
33. 山浦 健, 周術期の止血凝固モニタリング ~線溶亢進をいかにとらえるか~, 2014.02.
34. 山浦 健, 関連学会印象記:日本麻酔科学会第59回学術集会, 2012.08.
35. Mizuko Ikeda, Rika Esaki, Noriko Nanishi, Kozaburo Akiyoshi, Ken Yamaura, Risk factors for massive hemorrhage during cesarean section in patients with placenta previa, BRITISH JOURNAL OF ANAESTHESIA, Vol.108, pp.204-205, 2012.03.
36. 山浦 健 秋吉浩三郎 東 みどり子 宮崎良平 池田水子 江崎利香 田中麻衣子 谷口奈美 杉部清佳 佐伯春香 舩津寿里亜 河嶋真澄 川崎 翔 藤田 愛 甲斐哲也 外 須美夫, 医局がつなぐ学会印象記:日本臨床麻酔学会第31回大会(2011年11月3日~5日), 2012.01.
37. 山浦 健, アメリカ麻酔学会ASA Anesthesiology 2011 "Transform", 2011.12.
38. 外 須美夫, 山浦 健, 神田橋 忠, ACC/AHA非心臓手術のための周術期心血管評価と管理ガイドライン, 2008.12.
39. 山浦 健, 入田和男, 高橋成輔, 妊娠中の脳外科手術時の麻酔管理, 2006.07.
40. 山浦 健, 入田和男, くも膜下出血合併が疑われる妊婦の緊急帝王切開術, 2003.12.
41. 入田和男, 山浦 健, 坂口嘉郎, 高橋成輔, モニター機器の典型:パルスオキシメータ, 2003.10.
42. 入田和男, 岡本浩嗣, 山浦 健, 高橋成輔, 集中治療医学ー最先端の動向ー 集中治療と組織酸素代謝, 1998.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」