九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
山浦 健(やまうら けん) データ更新日:2022.01.21

教授 /  医学研究院 臨床医学部門 外科学講座 麻酔・蘇生学分野


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
救急救命士の気管挿管実習の指導
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2018.05~2019.05, 第66回学術集会実行委員会 第Ⅰ循環WGサテライトメンバー
, 日本麻酔科学会.

2017.02~2018.01, 認定審査委員会第1部会(専門医認定)(口頭試験)問題作成責任者
, 日本麻酔科学会.

2016.05~2019.05, アナフィラキシーへの対応ガイドラインワーキンググループ メンバー
, 日本麻酔科学会.

2016.06~2020.05, 編集委員会委員
, 日本心臓血管麻酔学会
.

2016.07~2017.07, 編集委員会査読委員
, 日本臨床麻酔学会.

2015.05~2021.05, 学術委員会委員
, 日本麻酔科学会.

2015.10~2017.06, 学術集会 第1循環ワーキンググループ ワーキンググループ長
, 日本麻酔科学会.

2015.07~2017.07, 安全委員会委員, 日本麻酔科学会.

2015.05~2015.06, 教育担当委員, 日本麻酔科学会.

2015.10~2018.10, 評議員, 日本麻酔科学会.

2015.06~2018.01, 認定審査委員会第1部会(専門医認定)(口頭試験)部会員
, 日本麻酔科学会
.

2014.04~2015.03, WHO手術安全ガイドライン・チェックリスト検討ワーキンググループ メンバー
, 日本麻酔科学会
.

2014.11~2017.06, 学術集会実行委員会 委員
, 日本麻酔科学会
.

2014.05~2022.03, 麻酔科専門医口頭・実技試験 試験官
, 日本麻酔科学会
.

2013.08~2017.06, 周術期管理チーム試験問題作成WG 委員, 日本麻酔科学会.

2009.04~2021.03, 学術委員(血液凝固部門), 日本心臓血管麻酔学会.

2014.07~2019.07, 日本心臓血管麻酔学会誌 編集委員, 日本心臓血管麻酔学会.

2014.07~2019.07, 学術誌 循環制御 編集委員, 日本循環制御医学会.

文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2018.12~2019.11, 科学研究費委員会専門委員, 独立行政法人日本学術振興会.

2019.12~2020.11, 科学研究費委員会専門委員, 独立行政法人日本学術振興会.

2016.06~2019.01, 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員.

2012.07~2012.07, 医学系CBT実施小委員会ブラッシュアップ専門部会委員, 社団法人 医療系大学間共用試験実施評価機構.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2016.01, 九州医事新報, 麻酔科医よ 手術室の外にも出よう.

2019.07, 人材育成と情報発信で社会に還元する.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2013.08, 周術期管理チーム委員会 試験問題作成WGメンバー, 日本麻酔科学会.

2014.11, 学術集会実行委員会(委員)日本麻酔科学会, 日本麻酔科学会.

2014.04, WHO手術安全ガイドライン・チェックリスト検討ワーキンググループ, 日本麻酔科学会.

2015.04, 評議員(日本神経麻酔集中治療学会), 日本神経麻酔集中治療学会.

2015.05, 第1部会(専門医認定 口頭試験)部会員(日本麻酔科学会), 日本麻酔科学会.

2015.01, 日本麻酔科学会循環ワーキンググループ, 日本麻酔科学会.

2015.05, 学術委員会 委員(日本麻酔科学会), 日本麻酔科学会.

2015.05, 九州支部運営委員会(日本麻酔科学会), 日本麻酔科学会.

2016.12, 第2回周術期セミナー in FUKUOKA, コヴィディエンジャパン株式会社, 福岡市.

2016.05, アナフィラキシーへの対応ガイドラインWG メンバー, 日本麻酔科学会.

2017.02, 認定審査委員会 第1部会(専門医認定 口頭試験)問題作成責任者(日本麻酔科学会), 日本麻酔科学会.

2017.03, 第3回周術期セミナー in FUKUOKA, コヴィディエンジャパン株式会社, 福岡市.

2017.02, 第35回九州ペインクリニック学会, 九州ペインクリニック学会, 福岡市.

2018.09, 第4回周術期セミナー in FUKUOKA, コヴィディエンジャパン株式会社, 福岡市.

2018.08, 第3回FUKUOKA麻酔レジデントセミナー, コビィディエンジャパン, 福岡市 福岡タワー ホール.

2019.12, 福岡大学附属大濠中学校・高等学校「アカデミアシリーズ⑤」「手術医療」, 福岡大学附属大濠中学校・高等学校, 福岡市.

2019.07, 社内研修会講師, ニプロ株式会社, 大野城市.

2012.08, 周術期呼吸管理セミナー「呼吸のモニタリング」, コビィディエン ジャパン株式会社, アクロス福岡.

2012.07, 静脈注射に必要な解剖生理、合併症、危険性と対策, 九州大学病院看護部, 九州大学病院.

2010.11, 救急救命士の気管挿管実習, 福岡市消防局, 九州大学病院手術室.

2011.03, 共に創る医療安全 ―安心して医療を受けるために―, 第9回日本予防医学リスクマネージメント学会、九州大学病院, 九州大学医学部百年講堂.

2009.02, 救急救命士の気管挿管実習, 九州大学病院, 九大病院手術室.

初等・中等教育への貢献状況
2019.12, 「アカデミアシリーズ⑤」「手術医療-外科医療の発展を支えた麻酔科学-」, 福岡大学附属大濠中学校・高等学校.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2021.07~2023.03, 観察研究倫理審査委員会.

2021.04~2021.06, ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会委員.

2009.04, 学術委員(血液凝固部門).

2013.08~2017.06, 周術期管理チーム試験問題作成WG 委員.

2014.05~2017.06, 麻酔科専門医口頭・実技試験 試験官.

2014.11~2017.06, 学術集会実行委員会 委員.

2014.04~2015.03, WHO手術安全ガイドライン・チェックリスト検討ワーキンググループ メンバー.

2015.06~2018.01, 認定審査委員会第1部会(専門医認定)(口頭試験)部会員.

2015.10~2018.10, 評議員.

2015.05~2017.06, 教育担当委員.

2015.07~2017.07, 安全委員会委員.

2015.10~2017.06, 学術集会 第1循環ワーキンググループ ワーキンググループ長.

2015.05~2021.05, 学術委員会委員.

2015.10, 倫理委員会委員.

2016.05~2020.05, 評議委員.

2016.07~2017.07, 編集委員会査読委員.

2016.06~2020.05, 編集委員会委員.

2016.12~2017.11, 科学研究費委員会専門委員.

2016.05~2019.05, アナフィラキシーへの対応ガイドラインワーキンググループ メンバー.

2017.02~2018.01, 認定審査委員会第1部会(専門医認定)(口頭試験)問題作成責任者.

2017.04, 評議員.

2017.06~2019.05, 学術担当委員.

2017.05, 医療事故調査制度に関する専門員(外部委員).

2018.05~2019.05, 第66回学術集会実行委員会 第Ⅰ循環WGサテライトメンバー.

2020.04~2022.04, 病院集中治療部長.

2020.02~2021.02, 呼吸管理セミナー 代表世話人.

2013.04~2014.04, 医療安全管理部員.

2013.04~2013.09, 医系分野教官会 第88期執行委員.

2013.03~2013.04, 次期病院情報システム導入専門委員会委員.

2012.08~2013.03, 入院診療部門運営委員会.

2011.08~2013.03, 手術部委員会.

2011.08~2013.03, 医療材料委員会.

2011.08~2013.03, 医療ガス設備安全管理委員会.

2011.08~2013.03, リスクマネージャー.

2011.08~2013.03, 手術部副部長.

2011.08~2013.03, 病院ホットライン委員会.

2011.03~2011.09, 医系分野教官会 第84期執行委員.

2009.06~2011.03, 研修センター支援教員会議.

2009.04~2010.03, 集中治療部運営委員.

2008.10~2010.03, 救命救急センター運営委員.

2008.10~2011.03, 麻酔科蘇生科医局長.

2007.10~2011.03, 手術予定編成会議委員.

2007.10~2011.03, 内視鏡外科手術トレーニングセンター委員会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」