九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
小島 夫美子(こじま ふみこ) データ更新日:2020.06.05

講師 /  医学研究院 保健学部門 検査技術科学分野(生体情報学)


教育活動概要
検査技術科学専攻の学生を対象に臨床検査総論の講義、一般検査学の講義および実習、国際感染症学の講義および実習を担当している。また1年次に開講されている臨床検査概論の1コマを担当している。
検査技術科学専攻4年生の卒業研究では毎年2〜3名の指導を行っている。
2015年度以降は医学科、生命科学科の寄生虫学講義の一部および実習を担当。

教育に関する表彰

平成24年12月に日本臨床検査学教育協議会より検査技師教育に永年(20年以上)携わった事により精励賞を受賞した。
担当授業科目
2020年度・通年, 臨床検査学概論I.

2020年度・前期, 国際感染症学および実習.

2020年度・前期, 寄生虫学.

2020年度・後期, 一般検査学および実習.

2020年度・春学期, 臨床検査総論.

2019年度・春学期, 臨床検査総論.

2019年度・後期, 一般検査学および実習.

2019年度・前期, 寄生虫学.

2019年度・前期, 国際感染症学および実習.

2019年度・通年, 臨床検査学概論I.

2018年度・春学期, 臨床検査総論.

2018年度・後期, 一般検査学および実習.

2018年度・前期, 寄生虫学.

2018年度・前期, 国際感染症学および実習.

2018年度・通年, 臨床検査学概論I.

2017年度・前期, 寄生虫学.

2017年度・通年, 臨床検査学概論I.

2017年度・秋学期, 病因・生体防御検査学特論.

2017年度・前期, 人体の構造と機能IA.

2017年度・前期, 人体の構造と機能IB.

2017年度・後期, 一般検査学および実習.

2017年度・春学期, 臨床検査総論.

2017年度・後期, 国際感染症学および実習.

2016年度・前期, 一般検査学および実習.

2016年度・後期, 国際感染症学および実習.

2016年度・前期, 寄生虫学.

2016年度・通年, 臨床検査学概論I.

2015年度・通年, 人体の構造と機能I.

2015年度・前期, 一般検査学および実習.

2015年度・後期, 国際感染症学および実習.

2015年度・前期, 寄生虫学.

2015年度・後期, 臨床検査総論.

2014年度・通年, 人体の構造と機能I.

2014年度・前期, 一般検査学および実習.

2014年度・前期, 検査基礎技術II.

2014年度・後期, 国際感染症学および実習.

2014年度・後期, 臨床検査総論.

2013年度・通年, 人体の構造と機能I.

2013年度・前期, 臨床検査総論実習.

2013年度・前期, 国際感染症学.

2013年度・前期, 一般検査学および実習.

2013年度・前期, 検査基礎技術II.

2013年度・前期, コアセミナー.

2013年度・後期, 国際感染症学実習.

2013年度・後期, 国際感染症学および実習.

2013年度・後期, 臨床検査総論.

2012年度・後期, 臨床検査総論.

2012年度・後期, 検査基礎技術I.

2012年度・前期, 国際感染症学.

2012年度・前期, 臨床検査総論実習.

2012年度・前期, コアセミナー.

2012年度・通年, 人体の構造と機能I.

2012年度・後期, 臨床検査総論.

2012年度・後期, 国際感染症学実習.

2012年度・後期, 医療法律学.

2011年度・後期, 医療法律学.

2011年度・後期, 国際感染症学実習.

2011年度・後期, 臨床検査総論.

2011年度・通年, 人体の構造と機能I.

2011年度・前期, コアセミナー.

2011年度・前期, 臨床検査総論実習.

2011年度・前期, 国際感染症学.

2010年度・後期, 医療法律学.

2010年度・後期, 国際感染症学実習.

2010年度・後期, 臨床検査総論.

2010年度・通年, 人体の構造と機能I.

2010年度・前期, コアセミナー.

2010年度・前期, 臨床検査総論実習.

2010年度・前期, 国際感染症学.

2009年度・後期, 医療法律学.

2009年度・通年, 人体の構造と機能I.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・後期, 臨床検査総論.

2009年度・後期, 国際感染症学実習.

2009年度・前期, 臨床検査総論実習.

2009年度・前期, 国際感染症学.

2008年度・前期, 臨床検査総論実習.

2008年度・前期, 国際感染症学実習.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・通年, 人体の構造と機能I.

2008年度・後期, 臨床検査総論.

2008年度・後期, 医療法律学.

2007年度・後期, 医療法律学.

2007年度・後期, 臨床検査総論.

2007年度・通年, 人体の構造と機能I.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, 国際感染症学実習.

2007年度・後期, 国際感染症学.

2007年度・前期, 臨床検査総論実習.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.09, 部局, 参加, 医学部保健学科の教育における合理的配慮を考える.

2018.09, 学科, 参加, 医学部保健学科の入試の在り方.

2018.03, 学科, 参加, 検査技術科学FD(国際フォーラムのあり方).

2017.09, 学科, 参加, 検査技術科学FD(学部教育).

2017.09, 学科, 参加, 三専攻共通教育の在り方.

2017.03, 学科, 参加, 検査技術科学FD(国家試験対策について).

2017.03, 学科, 参加, 災害時の対応.

2016.09, 学科, 参加, なぜ国際化が必要か.

2016.02, 学科, 参加, 検査技術科学FD(新設科目の講義について).

2016.03, 学科, 参加, 情報セキュリティ.

2015.09, 学科, 参加, 医療人育成に関わる教育者のための教育力セルフマネジメントプログラムの構築に向けた取り組み.

2014.01, 学科, 企画, 検査技術科学FD.

2014.08, 学科, 参加, 検査技術科学FD(学部選択科目について).

2014.09, 学科, 参加, 新GPA制度について.

2013.02, 学科, 企画, 教育改善.

2013.02, 学科, 参加, カリキュラムFD.

2013.09, 学科, 企画, 保健学科における教育方法の改善.

2012.12, 学科, 企画, セクハラ、アカハラからパワハラまで ー大学におけるハラスメントの実情と対策ー.

2012.09, 学科, 企画, 大学病院との連携.

2011.09, 学科, 参加, 大学教育の現状と今後のあり方.

2011.12, 部局, 参加, セクハラ、アカハラからパワハラまで ー大学におけるハラスメントの実情と対策ー.

2010.07, 学科, 参加, 教育講演 日本人が英語で講義するためのコツ.

2010.09, 学科, 参加, 英語による大学院教育.

2010.09, 学科, 企画, 出口からみたカリキュラム改正1.

2010.09, 学科, 参加, 自分で守ろう自分の体 ーがん検診の重要性ー.

2009.08, 学科, 参加, 大学におけるハラスメント問題.

2008.02, 企画, 九州大学医学部保健学部門検査技術科学分野FD.

2008.09, 学科, 企画, 九州大学医学研究院保健学部門教育ワークショップ.

2008.09, 学科, 企画, ハラスメントに対する対策と予防.

2008.12, 全学, 参加, メンタルヘルスセミナー.

2007.09, 学科, 企画, 九州大学医学研究院保健学部門教育ワークショップ.

2006.09, 学科, 参加, 九州大学医学部保健学科教育ワークショップ.

2005.09, 学科, 参加, 九州大学医学部保健学科教育ワークショップ.

2004.04, 全学, 参加, 全学FD.

2003.09, 学科, 参加, 九州大学医学部保健学科教育ワークショップ.

2002.11, 学科, 参加, 九州大学医学部保健学科教育ワークショップ.

学生のクラス指導等
2020年度, 学部, 医学部保健学科検査技術科学専攻4年生学生の副担任を担当.

2019年度, 学部, 卒業研究委員を担当.

2019年度, 学部, 医学部保健学科検査技術科学専攻3年生学生の副担任を担当.

2018年度, 学部, 医学部保健学科検査技術科学専攻4年生学生の副担任を担当.

2017年度, 学部, 医学部保健学科検査技術科学専攻4年生学生の副担任を担当.

2016年度, 学部, 卒業研究委員を担当.

2016年度, 学部, 医学部保健学科検査技術科学専攻3年生学生の副担任を担当.

2015年度, 学部, 医学部保健学科検査技術科学専攻2年生学生の副担任を担当.

2014年度, 学部, 2014年度入学医学部保健学科検査技術科学専攻学生の副担任を担当.

2007年度, 学部, 検査技術科学専攻.

2006年度, 学部, 検査技術科学専攻.

2005年度, 学部, 2004年度入学医学部保健学科検査技術科学専攻学生の副担任を担当.

2002年度, 学部, 2000年医療短大入学の衛生技術学科学生の副担任を担当(2000.4〜2003.3).

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2020年度, 博多メディカル専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1,2限目(5月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2019年度, 博多メディカル専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1,2限目(5月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2018年度, 博多メディカル専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1,2限目(4月〜6月), 非常勤講師, 国内.

2017年度, 博多メディカル専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1,2限目(4月〜6月), 非常勤講師, 国内.

2016年度, 博多メディカル専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1,2限目(4月〜6月), 非常勤講師, 国内.

2015年度, 博多メディカル専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1,2限目(4月〜6月), 非常勤講師, 国内.

2014年度, 博多メディカル専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1限目(4月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2013年度, 博多メディカル専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1限目(4月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2012年度, 博多メディカル専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1限目(4月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡県私設病院協会専門学校看護科, 前期火曜日1、2限目(9月〜12月), 非常勤講師, 国内.

2011年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1限目(4月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2010年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1限目(4月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2009年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1時限(5月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2009年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 後期木曜日3,4時限(1月〜2月), 非常勤講師, 国内.

2008年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1時限(5月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2008年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 後期木曜日3,4時限(1月〜2月), 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1時限(5月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 後期木曜日3,4時限(1月〜2月), 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 前期水曜日1時限(5月〜9月), 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡医科歯科技術専門学校・臨床工学士科, 後期木曜日3,4時限(1月〜2月), 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2019.11, 国際フォーラム, 日本, 九州大学医学部保健学科, 100.

2019.07, Kyushu University Ibnstitute for Asian and Oceanian Studies, 日本, 九州大学, 100.

2017.10, 国際フォーラム, 日本, 九州大学医学部保健学科, 100.

2016.11, 国際フォーラム, 日本, 九州大学医学部保健学科, 100.

2015.11, 国際フォーラム, 日本, 九州大学医学部保健学科, 100.

2014.11, 国際フォーラム, 日本, 九州大学医学部保健学科, 100.

2013.11, 国際フォーラム, 日本, 九州大学医学部保健学科, 350.

2012.11, 国際フォーラム, 日本, 九州大学医学部保健学科, 350.

2012.10, 第12回アジア太平洋地域人獣共通寄生虫症会議, 日本神戸市, Asian-Pacific Congress for Parasitic Zoonoses, 110.

2011.11, 国際フォーラム, 日本, 九州大学医学部保健学科, 350.

2010.07, 国連大・九大・協力会共催シンポジウム, 日本, 国連大学、九州大学、(公財)国連大学協力会, 200.

2009.09, 感染管理のためのバイオセーフティ教育プログラム, 日本・福岡, バイオリスク管理の包括的強化及び必要な教材等の開発と実践の評価に関する研究, 10.

2008.08, 保健学教育講演会<アジア医療における臨床検査>, 日本福岡市, 九州大学大学院医学研究院保健学部門, 50.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」