九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
小島 夫美子(こじま ふみこ) データ更新日:2020.06.05

講師 /  医学研究院 保健学部門 検査技術科学分野(生体情報学)


主な研究テーマ
アニサキスに関する研究
キーワード:アニサキス、分布、鑑別、データベース、アニサキス症
2006.04.
アニサキスに関する研究
キーワード:アニサキス、分布、鑑別、データベース
2006.04.
従事しているプロジェクト研究
熱帯医学研究拠点一般共同研究
2013.04~2014.03, 代表者:小島夫美子, 九州大学, 長崎大学熱帯医学研究所
ケニアにおける住血吸虫症の水系伝播リスクのアセスメント法の開発と実践.
研究業績
主要著書
1. 石崎有澄美、市村宏、今西二郎、神谷茂、小島夫美子、槇村浩一、森内浩幸、森内昌子, 看護微生物学 第4版, 医歯薬出版株式会社, 2019.03.
2. 藤本 秀士, 目野郁子, 小島 夫美子, わかる!身につく!病原体/感染・免疫 改訂3版, 南山堂, 2017.03, 本書は南山堂から発刊されている感染・免疫の専門書であり、医療系の学生を対象に細菌・ウイルスなどの病原体と感染および免疫を学ぶ教科書として企画している。本書は学生が自ら読み進めることができ、効率的に学べて理解が進むように、絵、イラスト、写真を豊富に取り入れて具体的なイメージがつかめるようにした。また全般にわたり、臨床現場を意識した記述を行なっている。.
3. 編集 浅川満彦ほか, 寄生虫学研究:材料と方法 2013年版, 三恵社, 2013.12, ニグロシン法を用いた簡便な虫卵検出法p71-73を執筆.
4. 藤本 秀士, 目野郁子, 小島 夫美子, わかる!身につく!病原体/感染・免疫 改訂2版, 南山堂, 2010.12.
5. 藤本秀士、目野郁子、小島夫美子, わかる!身につく!病原体/感染・免疫, 南山堂, 2008.03.
主要原著論文
1. 小島 夫美子, 岡田章良, 藤本 秀士, 内視鏡によりヒト体内から摘出されたAnisakis simplex幼虫の情報解析, Clinical Parasitology, 26, 1, 24-27, 26巻、1号、p24-27, 2015.12.
2. 小島 夫美子, 藤本 秀士, 冷蔵保存下でのアニサキス幼虫の侵入性, Clinical Parasitology, 25, 1, 80-82, 25巻、1号、p80-82, 2014.12.
3. 小島 夫美子, 藤本 秀士, 上田かさね, アニサキス幼虫の侵入能力判定法, Clinical Parasitology, 23巻、1号、p64-66, 2012.12.
4. 小島夫美子、縄田美穂子、藤本秀士, 済州島沖で捕獲されたサバに寄生するアニサキス科線虫について, Clinical Parasitology, 20, 1, 20巻1号、p67-70, 2010.02.
5. 小島夫美子、藤本秀士、縄田美穂子, 国産加工食品(チャンジャ)より生きた状態で見出されたアニサキス亜科幼虫, Clinical Parasitology, 19巻、1号、p160-162, 2009.02.
6. 小島夫美子、藤本秀士、土岐学司, 糞便内虫卵の検出・鑑別における染色法の応用, Clinical Parasitology, 19巻1号、p163-165, 2009.02.
7. Fumiko Kojima, Yoshiko Nakagami, Koichi Takemori, Yoshinori Iwatani, and Shuji Fujimoto, Penicillin susceptibility of non-serotypeable Streptococcus pneumoniae from ophthalmic specimens., Microbial Drug Resistance, Volume12, Number3, p199〜202, 2006.09.
主要学会発表等
1. 永淵正法、小島夫美子、藤本秀士、栗崎宏憲、吉開泰信、安西慶三, ヒトウイルス糖尿病感受性遺伝子多型:TYK2 promoter variant (TYK2PV) の同定とその意義, 第92回日本感染症学会学術講演会, 2018.06.
2. Shuji Fujimoto, Fumiko Kojima, Efficient Isolation of Therapeutic Erythromycin-Resistant Campylobacter., International Meeting on Emerging Diseases and Surveillance 2018, 2018.11.
3. Fumiko Kojima, Shuji Fujimoto, In Vitro Penetrability of Anisakis sinplex Larvae., International Meeting on Emerging Diseases and Surveillance 2018, 2018.11, Anisakis larvae were isolated from Scomber japonics fish those were caught in the sea around Goto Islands (Nagasaki Prefecture, Japan), the sea around Kanagawa Prefecture (Japan) and the sea around Jeju Island (Korea). We used Anisakis simplex larvae those were identified by morphological features in the study. For identification of the sibling species, PCR-RFLP for ribosomal DNA internal transcribed spacer (rDNA ITS) regions was performed. The penetrability of the larvae were evaluated with the agar method which was previously reported1). We examined 138 A. simplex larvae (third stage) for comparison of the penetrability among the species (A. pegreffii, A. simplex sensu stricto). The penetration rate of A. pegreffii and A. simplex s. s. was 79 and 68%, respectiively. A. pegreffii showed rapid penetrability in comparison with A. simplex s. s.. Penetrability under the long term storage in saline at 4℃ was also examined. A. simplex larvae survived for over 14 weeks. The penetrability was kept for long times as long as they lives. The larvae penetrated more slowly in proportion to the storage time. The results showed that our method is useful to test the penetrability of Anisakid larvae. Both A. pegreffii and A. simplex s. s. larvae had high ability to penetrate into agar, but the former penetrated quickly than the latter. In addition, larvae's penetrability was kept even be an imperfect body and by the storage under the cold condition. Further studies should be done to clear the reasons why almost of anisakiasis iscaused by A. simplex s. s. larvae.
.
4. Shuji Fujimoto, Fumiko Kojima, Efficient isolation of therapeutic drug-resistant Campylobacter., 17th Asia Pacific Congress of Clinical Microbiology & Infection, 2018.08.
5. Shuji Fujimoto, Fumiko Kojima, Studies of Photocatalytic Microbicidal Effect of Titaninm Dioxide(TIO2) Nanoparticles on Pathogenic Microorganisms., International Union of Microbiological Societies 2017, 2017.07.
6. Fumiko Kojima, Shuji Fujimoto, Genomic identification of Anisakis simplex larvae by PCR-RAPD., International Union of Microbiological Societies 2017, 2017.07, Anisakiasis is a disease caused by infection with an anisakid larvae, mostly Anisakis simplex. The lavaes commonly infect in marine fish and the disease is frequently reported in areas of the world where fish is consumed raw. In Japan, people have the habit of eating raw fish, so they have more chance of infection with anisakid larvae.
There are three sibling species in A. simplex larvae, namely, A. simplex sensu stricto (Asss), A. pegreffii (Ap) and A. simplex C. It was revealed that Ap is dominant among the larvae from fish in the Japan Sea side and Asss. is dominant among those of the Pacific Ocean side conversely. Although anisakiasis is happened anywhere in Japan, several studies reported that the isolates from the patients with anisakiasis were Asss. exclusively. It suggests that there might be differences in the virulence of the sibling species. In order to investigate the genetic difference among the each A. simplex larvae, we used RAPD technique to differentiate individuals of A. simplex obtained from fish those were caught on both coast. The RAPD patterns of the control DNAs were markedly different from those of the A. simplex. There were differences in amplification patterns between Asss and Ap. The RAPD patterns for larvae obtained from fish of the same sea were somewhat different and variations were detected even among larvae from the same fish. These results suggest the considerable high genetic variability between Ass and Ap and the possible existence of genetic variation within the sibling species..
7. 小島 夫美子, 藤本 秀士, RAPD法を用いたAnisakis simplex幼虫の分子疫学の検討, 第86回日本寄生虫学会, 2017.05, アニサキス科線虫類は、多種の魚介類や海棲哺乳類に感染しているが、その感染状況は寄生する魚種、宿主の回遊域さらに水質環境などによりさまざまである。これまで日本近海で捕獲されたサバから検出されるアニサキス科幼線虫は、その殆どがアニサキス症の主な起因虫であるAnisakis simplex幼虫と報告されてきた。近年、A. simplex幼虫には分子生物学的解析によりA. simplex sensu stricto, A. pegreffii, A. simplex Cの3同胞種が存在する事が明らかになり、日本近海で捕獲されるマサバに寄生する幼虫は、東シナ海から日本海側にかけてA. pegreffii、一方、太平洋側ではA. simplex sensu strictoがそれぞれ優位に分布していることがわかってきた。ところが、国内で発症する本症起因のアニサキス幼虫について調査された結果、そのほとんどがA. simplex sensu strictoであると報告されており、これら同胞種間で病原性に何らかの違いがある可能性が考えられる。
 今回、五島沖と神奈川県沖で捕獲されたマサバおよび北海道のサケから幼虫を採取し、形態学的にA. simplexと同定した幼虫を対象に、RAPD法を用いて個体鑑別を行い比較した。得られたパターンより、A. simplex幼虫の同胞種間・同胞種内の分子生物学的特性について検討したので報告する。.
8. 永淵正法, Hironori Kurisaki, 小島 夫美子, 藤本 秀士, 安西慶三, ウイルス糖尿病感受性遺伝子と考えられるヒトTYK2 promoter variantの意義, 第91回日本感染症学会学術講演会・第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会, 2017.04.
9. 藤本 秀士, 小島 夫美子, 臨床微生物学実習におけるヒヤリ・ハット事例発生改善の試みと効果, 第28回日本臨床微生物学会, 2017.01.
10. Shuji Fujimoto, Fumiko Kojima, Mika Shigematsu, Biorisk management education for undergraduates studying clinical microbiology at university in Japan., 16th Asia Pacific Congress of Clinical Microbiology & Infection, 2016.12, Biorisk management ( Biosafety/Biosecurity ) is required for anyone working in a clinical laboratory where infectious agents and potentially hazardous biological materials are examined/stored. Proper education and training based on international standards of biorisk management should be provided not only as a part of laboratory safety program in work place but also as a part of introductory training at educational institutions for continuity and to elevate overall baseline of the biorisk management. We reported results of the pilot study of biorisk management education for graduate students majored in laboratory diagnostics previously. However, postgraduate education is still late in their profession and the participants’ interview also revealed importance and demands of earlier biorisk management education for undergraduates. Create programme for systematic education and training of biosafety and biosecurity for students employing many different teaching approaches to make importance of risk management unforgettable and understandable in their fresh mind..
11. Fumiko Kojima, Shuji Fujimoto, Genomic identification based on PCR-RAPD in Anisakis simplex larvae., 16th Asia Pacific Congress of Clinical Microbiology & Infection, 2016.12, Anisakiasis is a disease caused by infection with an anisakid larvae, mostly Anisakis simplex. The lavaes commonly infect in marine fish and the disease is frequently reported in areas of the world where fish is consumed raw. In Japan, people have the habit of eating raw fish, so they have more chance of infection with anisakid larvae.
There are three sibling species in A. simplex larvae, namely, A. simplex sensu stricto (Asss), A. pegreffii (Ap) and A. simplex C. It was revealed that Ap is dominant among the larvae from fish in the Japan Sea side and Asss. is dominant among those of the Pacific Ocean side conversely. Although anisakiasis is happened anywhere in Japan, several studies reported that the isolates from the patients with anisakiasis were Asss. exclusively. It suggests that there might be differences in the virulence of the sibling species. In order to investigate the genetic difference among the each A. simplex larvae, we used RAPD technique to differentiate individuals of A. simplex obtained from fish those were caught on both coast. The RAPD patterns of the control DNAs were markedly different from those of the A. simplex. There were differences in amplification patterns between Asss and Ap. The RAPD patterns for larvae obtained from fish of the same sea were somewhat different and variations were detected even among larvae from the same fish. These results suggest the considerable high genetic variability between Ass and Ap and the possible existence of genetic variation within the sibling species.
.
12. 藤本 秀士, 小島 夫美子, 臨床微生物学実習におけるヒヤリ・ハット事例の状況と発生要因について, 第27回日本臨床微生物学会, 2016.01.
13. 藤本 秀士, 小島 夫美子, 臨床検査技師を目指す大学生へのバイオリスク管理教育の実践, 第27回日本臨床微生物学会, 2016.01.
14. Fukuda Hiroyuki, Kojima Fumiko, Fujimoto Shuji, Discrimination of Campylobacter species by a degenerate PCR-RFLP method based on gyrB gene sequence., 18th International Workshop on Campylobacter, Helicobacter and Related Organisms (CHRO) Conference 2015., 2015.11.
15. 藤本 秀士, 重松美加, 小島 夫美子, 検査系大学学部でのバイオリスク管理教育の実践, 第7回臨床検査学教育学会,2015, 2015.08.
16. 福田博之, 小島 夫美子, 藤本 秀士, gyrB遺伝子を対象としたdegenerate PCR-RFLP法によるCampylobacterの新規菌種鑑別法, 第7回臨床検査学教育学会,2015, 2015.08.
17. 小島 夫美子, 岡田 章良, 藤本 秀士, 内視鏡によりヒト体内から摘出されたAnisakis simplex幼虫の情報解析, 第26回日本臨床寄生虫学会大会, 2015.06.
18. 小島 夫美子, 藤本 秀士, RAPD法を用いたAnisakis simplex幼虫の分子疫学の検討, 第89回日本感染症学会学術講演会, 2015.04.
19. 藤本 秀士, 小島 夫美子, 病原体・感染性検体等の輸送における保冷方法の検証, 第26回日本臨床微生物学会, 2015.02.
20. Fumiko Kojima, Shuji Fujimoto, Genomic identification of Anisakis simplex larvae by PCR-RAPD., International Meeting on Emerging Diseases and Surveillance, 2014.11, Anisakiasis is a disease caused by infection with an anisakid larvae, mostly Anisakis simplex. The lavaes commonly infect in marine fish and the disease is frequently reported in areas of the world where fish is consumed raw, lightly pickled or salted. In Japan, people have the habit of eating raw fish such as ‘sushi’ or ‘sashimi’, so they have more chance of infection with larvae of anisakid nematodes.
There are three sibling species in A. simplex larvae, namely, A. simplex sensu stricto (Asss), A. pegreffii (Ap) and A. simplex C. It was revealed that Ap is dominant among the larvae from fish (Scomber japonics ) in the Japan Sea side and Asss. is dominant among those of the Pacific Ocean side conversely. Although anisakiasis is happened in Japan among both the Japan Sea side area and the Pacific Ocean side area, several studies reported that the isolates from the patients with anisakiasis were Asss. exclusively. It suggests that there might be differences in the virulence of the sibling species. The aim of this study was to investigate genetic variations between the siblings (Asss and Ap) and within the same sibling specie by random amplified polymorphic DNA (RAPD) technique..
.
21. Fujimoto Shuji, Shigematsu Mika, Kojima Fumiko, Alternative to dry ice: examination of temperature control with cold-storage plate system during hot summer transportation., 57th Annual Biological Safety Conference, 2014., 2014.10.
22. 重松美加, 藤本 秀士, 小島 夫美子, リスク管理学習プログラムの試み, 第88回日本感染症学会学術講演会・第62回日本化学療法学会総会 合同学会, 2014.06.
23. 小島 夫美子, 藤本 秀士, 岡田章良, 内視鏡によりヒト体内から摘出されたAnisakis simplex幼虫の分子生物学的解析, 第88回日本感染症学会学術講演会・第62回日本化学療法学会総会 合同学会, 2014.06.
24. 藤本 秀士, 重松美加, 小島 夫美子, 病原体等の輸送における保冷方法の検証, 第88回日本感染症学会学術講演会・第62回日本化学療法学会総会 合同学会, 2014.06.
25. 小島 夫美子, 藤本 秀士, 冷蔵保存下でのアニサキス幼虫の侵入性, 第25回日本臨床寄生虫学会大会, 2014.06,
.
26. Shigematsu Mika, Fujimoto Shuji, Kojima Fumiko, Biorisk Management Initiation Training for Graduate and Undergraduate Medical and Co-medical Students., 56th Annual Biological Safety Conference, 2013., 2013.10.
27. 小島 夫美子, 藤本 秀士, 寄生虫学実習における電子版虫卵アトラスの教育的効果, 第5回臨床検査学教育学会, 2013.08.
28. 藤本 秀士, 重松美加, 小島 夫美子, 検査系大学でのバイオリスク管理教育の実践と学習効果, 第5回臨床検査学教育学会, 2013.08.
29. 藤本 秀士, 重松美加, 小島 夫美子, Molecular epidemiological analysis on Campylobacter isolates associated with food poisoning., 28th International Congress of Chemotherapy and Infection, 2013.06.
30. 小島 夫美子, 藤本 秀士, Evaluation of Anisakis simplex larvae's penetrability using agar method., 28th International Congress of Chemotherapy and Infection, 2013.06.
31. 小島 夫美子, 藤本 秀士, Anisakis simplex幼虫の寒天侵入性の検討, 第87回日本感染症学会学術講演会・第61回日本化学療法学会総会 合同学会, 2013.06, アニサキス症は、日本国内で発症する寄生虫疾患の中では発生数が多く、食品衛生法により食中毒としての届出も必要となるなど、その治療・予防の重要性が高い。本症は幼虫移行症の1種であり、病態にはアニサキス幼虫の侵入性が密接に関係するため、本症の治療・予防には侵入メカニズムや侵入能力の虫種別有無・強度の違いを調べることが不可欠である。
近年、Anisakis. simplex幼虫には、形態的には鑑別不能な同胞種3種( A. simplex sensu stricto, A. pegreffii, A. simplex C )が存在することが分子生物学的解析により明らかになった。日本近海のマサバには、A. simplex sensu strictoとA. pegreffiiの幼虫が、それぞれ太平洋側と日本海側の海域に分かれて寄生していることがわかる一方で、国内の本症起因虫のほとんどがA. simplex sensu strictoとの報告があり、これら同胞種間で侵入性に何らかの違いがある可能性が考えられる。我々は,1975年に大石が考案した寒天侵入法を改良し、より簡便で迅速に幼虫の侵入能力を判定できる方法を開発した。そこで今回、五島沖と済州島沖で捕獲されたマサバから幼虫を採取し、形態的にアニサキスI型幼虫と同定した幼虫を対象に、この寒天侵入法を用いて侵入性を判定し、その後DNAを抽出してリボソームDNA・ITS領域をPCR増幅後、制限酵素HinfIによるRFLP解析を行い同胞種を決定した。これまでに得られた結果について報告する。
.
32. 藤本 秀士, 小島 夫美子, 重松美加, カンピロバクター食中毒原因菌株の分子生物学的解析, 第87回日本感染症学会学術講演会・第61回日本化学療法学会総会 合同学会, 2013.06.
33. 小島 夫美子, 藤本 秀士, アニサキスI型幼虫の寒天侵入性の検討, 第81回日本寄生虫学会, 2013.03, アニサキス症は、日本国内で発症する寄生虫疾患の中では発生数が多く、食品衛生法により食中毒としての届出も必要となるなど、その治療・予防の重要性が高い。本症は幼虫移行症の1種であり、病態にはアニサキス幼虫の侵入性が密接に関係するため、本症の治療・予防には侵入メカニズムや侵入能力の虫種別有無・強度の違いを調べることが不可欠である。
近年、Anisakis. simplex幼虫には、形態的には鑑別不能な同胞種3種( A. simplex sensu stricto, A. pegreffii, A. simplex C )が存在することが分子生物学的解析により明らかになった。日本近海のマサバには、A. simplex sensu strictoとA. pegreffiiの幼虫が、それぞれ太平洋側と日本海側の海域に分かれて寄生していることがわかる一方で、国内の本症起因虫のほとんどがA. simplex sensu strictoとの報告があり、これら同胞種間で侵入性に何らかの違いがある可能性が考えられる。我々は,1975年に大石が考案した寒天侵入法を改良し、より簡便で迅速に幼虫の侵入能力を判定できる方法を開発した。そこで今回、五島沖と済州島沖で捕獲されたマサバから幼虫を採取し、形態的にアニサキスI型幼虫と同定した幼虫を対象に、この寒天侵入法を用いて侵入性を判定し、その後DNAを抽出してリボソームDNA・ITS領域をPCR増幅後、制限酵素HinfIによるRFLP解析を行い同胞種を決定した。これまでに得られた結果について報告する。
.
34. 藤本 秀士, 小島 夫美子, 重松美加, Molecular biological analysis Campylobacter isolates associated with food poisoning, 日本分子生物学会, 2012.12.
35. 小島夫美子、土岐学司、藤本秀士, 糞便内虫卵の検出・鑑別における染色法の応用, 第6回蠕虫研究会, 2012.07, 人や動物に寄生虫が感染しているかどうかを確定診断するには、検体中の虫卵や虫体の検出が最も重要である。しかし、国内の寄生虫感染とくに消化管寄生蠕虫による感染は、この半世紀に激減し、病院検査室や保健機関で実際に虫卵を検出する機会は非常に稀となった。このような状況のもと、現在、未知の検体から確実に虫卵を検出し、虫種の鑑別を行なうことのできる医療技術者は減少し、形態観察による寄生虫症の確定診断が困難になりつつある。 
 従来行なわれている糞便内虫卵検出法は、検体を直接あるいは集卵操作後に無染色のまま顕微鏡下で観察して、虫卵を検出し虫種を決定する方法である。この方法は簡便であるが、専門的知識や識別能力が求められるため、検出結果が検査者の能力や経験に左右されやすく、不慣れな検査者にとっては、虫卵の見逃しや見誤りを起こしかねない。
 そこで、今回、糞便内蠕虫卵を対象にいくつかの染色法を試行し、染色が寄生虫卵の検出・鑑別に応用可能かどうかを検討した。その結果、通常、微生物検査で用いられる墨汁(ニグロシン)染色法が、適用可能であることがわかった。
 ニグロシン染色を応用した本法は染色液を加えるだけの簡単な操作で、経験の少ない検査者でも虫卵を見出し易くなるため、虫卵検出の一スクリーニング法として有用であると考える。

.
36. 小島夫美子、上田かさね、藤本秀士, アニサキス幼虫の侵入能力判定法, 第23回日本臨床寄生虫学会大会, 2012.06, アニサキス症は幼虫移行症の一つで、日本国内で発生する寄生虫疾患の中では重要なものの一つとされ、1999年以降、食品衛生法施行規則の一部改正により食中毒としての届け出が必要となった。 
 アニサキス症の病態はアニサキス幼虫の侵入性と密接に関係していることから、侵入のメカニズムおよび虫種別侵入能力の有無や強さの違いを調べることは重要である。しかし、本幼虫の侵入能力を客観的にかつ高精度に判定できる方法は未だ確立されておらず、これまで研究者個別の侵入判定法によって確認されてきた。大石は1975年にRuitenbergの考案した原法に改良を加えた寒天侵入法により、アニサキス幼虫の感染能力判定を行い、寒天侵入法が感染性を知るのに有効であることを明らかにした。この方法は煩雑さがなく、侵入能力つまり病原性の有無をin vitroで客観的に知ることのできる優れた方法である。しかし、手法が古典的であることと、判定までに要する時間が長過ぎることなどから実用的でない。
 そこで、今回、寒天侵入法にアニサキス幼虫の持つ特性を利用することで判定までにかかる時間を短縮することが可能かどうか検討したので、その結果を報告する。
.
37. 小島夫美子、藤本秀士, 寄生虫学実習における電子版虫卵アトラスの教育的効果, 第23回日本臨床微生物学会, 2012.01.
38. 藤本秀士、小島夫美子, 福岡市内の飲食店で発生したカンピロバクター食中毒の1事例:アンケート調査と菌株解析, 第23回日本臨床微生物学会, 2012.01.
39. Fumiko Kojima, Satoshi Toki, Shuji Fujimoto , Negative Stain is Useful for The Rapid Detection of Helminth Eggs in Clinical Fecal Specimens, International Union of Microbiological Societies 2011, 2011.09.
40. Shuji Fujimoto, Fumiko Kojima, Mika Shigematsu, Campylobacter outbreak at a skewered grilled chicken restaurant in Fukuoka, Japan, 16th International Workshop on Campylobacter, Helicobacter & Related Organisms, 2011.08.
41. 小島夫美子、藤本秀士, 寄生虫学教育における電子版寄生虫卵アトラスの有用性, 第80回日本寄生虫学会・第22回日本臨床寄生虫学会大会, 2011.07.
42. 小島夫美子、藤本秀士, 電子版寄生虫卵アトラスの感染症教育における有用性, 第85回日本感染症学会, 2011.04.
43. Shuji Fujimoto, Fumiko Kojima, Yukiko Harada, Shoji Higashida, Mika Shigematsu, Molecular Epidemiological Analysis of Campylobacter isolates in Fukuoka, Japan., International Meeting on Emerging Diseases & Surveillance 2011, 2011.02.
44. 藤本秀士,小島夫美子, 東田正二, 福岡地域のカンピロバクター臨床分離株における分子疫学解析, 第22回日本臨床微生物学会, 2011.01.
45. 小島夫美子, 藤本秀士, 糞便内寄生虫卵の検出・鑑別における染色法の応用, 第22回日本臨床微生物学会, 2011.01.
46. Fumiko Kojima, Satoshi Toki, Shuji Fujimoto , Negative Stain is Useful for the Rapid Detection of Helminth Eggs in Clinical Fecal Specimens, 12th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases (12THWPCCID), 2010.12.
47. Shuji Fujimoto , Fumiko Kojima , Yukiko Harada , Shoji Higashida, Mika Shigematsu , Molecular Epidemiological Analysis of Campylobacter isolates in Fukuoka, Japan, 12th Western Pacific Congress on Chemotherapy and Infectious Diseases (12THWPCCID), 2010.12.
48. 小島夫美子、藤本秀士, 電子教材作成ソフトeXeを用いた寄生虫卵アトラスの作成, 第5回日本臨床検査学教育学会学術大会, 2010.08.
49. 藤本秀士,小島夫美子,原田由紀子,重松美加, 福岡におけるカンピロバクター臨床分離株の分子疫学解析, 第84回日本感染症学会, 2010.04.
50. 小島夫美子,藤本秀士, 寄生虫卵の検出・鑑別における染色法改良の試み, 第84回日本感染症学会, 2010.04.
51. Shuji Fujimoto, Fumiko Kojima, Yukiko Harada, Shoji Higashida, Mika Shigematsu., Molecular epidemiological analysis of Campylobacter isolates in Fukuoka, Japan., 第32回日本分子生物学会年会, 2009.12.
52. Shuji Fujimoto, Fumiko Kojima, Yukiko Harada, Shoji Higashida, Mika Shigematsu., Molecular epidemiology of Campylobacter isolates in Fukuoka, Japan., 15th International Workshop on Campylobacter, Helicobacter, and Related Organisms., 2009.09.
53. 外園栄作、小島夫美子、大澤進, キサンテン系色素を用いた新しい尿沈渣染色・保存液の検討, 福岡県医学検査学会, 2009.06.
54. 小島夫美子、縄田美穂子、藤本秀士, 済州島沖で捕獲されたサバに寄生するアニサキス科線虫について, 日本臨床寄生虫学会, 2009.06.
55. 小島夫美子、新田良太郎、土岐学司、藤本秀士, 糞便内虫卵の検出・鑑別における染色法の応用, 日本寄生虫学会, 2008.04.
56. 小島夫美子、小川菜美恵、藤本秀士, 同じ海域で捕獲された魚介類に寄生する形態的に異なるアニサキス幼虫について, 日本寄生虫学会, 2007.03.
57. 小島夫美子、竹森紘一、東田正二、藤本秀士, オプトヒン耐性肺炎球菌の分子生物学的検討, 日本臨床微生物学会, 2007.02.
58. 小島夫美子、中上佳子、藤本秀士, 眼脂から分離された非定型的肺炎球菌の性状, 日本防菌防黴学会, 2005.05.
59. 小島夫美子、中上佳子、藤本秀士, 眼脂から分離された肺炎球菌の生化学的性状, 日本臨床微生物学会, 2005.02.
60. 小島夫美子、中上佳子、藤本秀士, 眼脂から分離された肺炎球菌のペニシリン感受性について, 日本臨床微生物学会, 2005.02.
61. 小島夫美子、山田巌、藤本秀士, 墨汁染色変法による細菌莢膜の識別法, 日本臨床微生物学会, 2004.01.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 小島 夫美子, 電子版 Parasite Eggs Atlas, 2010.10
国際感染症学および国際感染症学実習の補助教材としてWebシステムを利用した寄生虫卵のアトラスを作成し、医学部保健学科検査技術科学専攻の本科目受講学生を対象に公開閲覧した。.
学会活動
所属学会名
日本寄生虫学会南日本支部会
日本臨床寄生虫学会
日本熱帯医学会
日本臨床微生物学会
日本感染症学会
日本臨床衛生検査技師会
日本臨床寄生虫学会
日本寄生虫学会
学協会役員等への就任
2013.06~2024.03, 日本臨床寄生虫学会, 評議員.
2013.04~2024.03, 日本寄生虫学会, 評議員.
2013.06~2024.03, 日本寄生虫学会南日本支部, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.10.27~2018.10.28, 第71回日本寄生虫学会南日本支部大会・第68回日本衛生動物学会南日本支部会大会合同大会(2018), 大会長.
2017.11.04~2017.11.05, 第70回日本寄生虫学会南日本支部大会・第67回日本衛生動物学会南日本支部会大会合同大会(2017), 座長(Chairmanship).
2015.12.13~2015.12.13, フィラリ研究会議.
2008.08.20~2008.08.22, 日本臨床検査学教育学会学術大会, 実務委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ケニア 長崎大学熱帯医学研究所ケニア拠点およびICIPE, Kenya, 2014.02~2014.03.
ケニア 長崎大学熱帯医学研究所ケニア拠点およびICIPE, Kenya, 2013.07~2013.08.
ケニア 長崎大学熱帯医学研究所ケニア拠点, Kenya, 2012.08~2012.08.
タイ マヒドン大学, Thailand, 2008.11~2008.11.
受賞
宮崎一郎奨励賞, 九州大学医学部寄生虫学講座同門会, 2013.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, カンピロバクター腸炎の実態解明(臨床情報・菌株情報の連結による調査研究).
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2015年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 国際的な基準を参照した病原体取扱い教育実習室の設計の検討.
2014年度~2014年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 大学院におけるバイオリスク管理教育に関する研究.
2014年度~2014年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, バイオロジカル・セーフティキャビネットの排気流の測定に基づくモデル実験室設計の検討.
2013年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 大学院におけるバイオリスク管理教育コースの学習効果.
2013年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 病原体等の輸送における保冷方法の検証.
2012年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 大学院におけるバイオリスク管理教育コースの学習効果.
2012年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 国際的なバイオリスク管理基準による病原体取扱い基本実験室モデルプランの試作.
2010年度~2010年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 連携, バイオリスク管理の包括的強化及び必要な教材等の開発と実践の評価に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2013.04~2014.03, 代表, ケニアにおける住血吸虫症の水系伝播リスクのアセスメント法の開発と実践.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」