九州大学 研究者情報
著書一覧
磯田 宏(いそだ ひろし) データ更新日:2020.02.12

教授 /  農学研究院 農業資源経済学部門 国際農業資源開発・経営経済学


著書
1. 磯田宏, 田代洋一・田畑保編『食料・農業・農村の政策課題』の分担執筆,「新自由主義グローバリゼーションと国際農業食料諸関係再編」,41-82, 筑波書房, 2019.12.
2. Hiroshi Isoda, 北原克宣・安藤光義編著『多国籍アグリビジネスと農業・食料支配』明石書店,2016年,の分担執筆,磯田宏「第一章 米国におけるアグリフュエル・ブーム下のコーンエタノール・ビジネスと穀作農業構造の現局面」,11-72, 2016.10.
3. Hiroshi Isoda, 田代洋一編著『TPPと農林業・国民生活』のうち分担執筆,第6章「国民生活への罠-ISDSの狙い-」, 137-162, 筑波書房, 137-162頁, 2016.04.
4. Hiroshi Isoda, アグロフュエル・ブーム下の米国エタノール産業と穀作農業の構造変化,1-436, 筑波書房, 1-436頁, 2016.03.
5. Hiroshi Isoda, 堀口健治・梅本雅編『大規模営農の形成史』のうち分担執筆,第4章第5節「九州地域における大規模水田作経営の展開」,322-363, 農林統計協会, 322-363頁, 2015.09.
6. Hiroshi Isoda, 食農資源経済学会編『新たな食農連携と持続的資源利用』のうち分担執筆,第5章「西南暖地における水田農業の構造と展望」第2節「個別大規模経営を軸とした水田農業構造再編の到達点と課題」,148-157, 筑波書房, 148-157頁, 2015.08.
7. Hiroshi Isoda, 食農資源経済学会編『新たな食農連携と持続的資源利用』のうち分担執筆,第5章「西南暖地における水田農業の構造と展望」第1節「1990年代までの九州水田農業およびその後の政策展開と構造変化」,140-147, 筑波書房, 140-147, 2015.08.
8. 磯田 宏, 糸島稲作経営研鑽の軌跡-福岡糸島稲作経営研究会三十年史-,うち分担執筆「水田農業における個別経営体の支援体制にかかわる調査研究報告-糸島稲作経営研究会とJA糸島との連携を事例に-」,232-294。, 糸島稲作経営研究会, 2014.04.
9. 磯田 宏, 田代洋一編著,TPP問題の新局面,のうち分担執筆,第1章「アメリカはTPPで何を狙うか」,45-74, 2012.06.
10. Hiroshi Isoda, 田代洋一編著,TPP問題の新局面,のうち分担執筆,第2章「日本経済・国民生活をめぐるTPPの基本争点」,75-104, 大月書店, 2012.06.
11. Hiroshi Isoda, 梶井功・谷口信和編,民主党農政1年の総合的検証,の分担執筆,米戸別所得補償モデル事業の実績と課題,
75-89
, 農林統計協会, 分担執筆:磯田宏「米戸別所得補償モデル事業の実績と課題」75~89頁, 2011.07.
12. 松原豊彦,磯田宏,佐藤加寿子, 新大陸型資本主義国の共生農業システム-アメリカとカナダ-, 農林統計協会, 分担執筆:松原豊彦・磯田宏「本書の課題,分析視角と構成」1-10頁,磯田宏「アメリカ穀作農業の構造変化-『工業化』農業の到達と模索-」11-85頁,磯田宏「農業生産者・農村住民の協同による付加価値戦略」176-188頁,磯田宏・佐藤加寿子「消費者・市民と農業者の提携による新たな農業・食料関係の構築」197-219頁, 2011.03.
13. 磯田宏,品川優, 政権交代と水田農業-米政策改革から戸別所得補償政策へ-, 筑波書房, 分担執筆:磯田宏「政策論理からの検証」12-116頁,磯田宏「『農業ビッグバン』論の検討」117-135頁,磯田宏「TPPをめぐるせめぎ合いと同推進論の批判的検討視角をめぐって」136-143頁, 2011.03, 今世紀における米・水田農業政策の大きな画期は,米政策改革の実施と政権交代に伴う農業者戸別所得補償制度への転換である。本書は政策メカニズム自体の詳細な分析と北部九州水田地帯の実態調査の両面から,第一に,米政策改革とは,①米需給・価格安定政策,②水田土地利用高度化,③水田農業構造強化の3視点から見て,いずれも掲げていた目標とは反対の効果をもたらしたこと,第二に,米政策改革と戸別所得補償制度の政策的連続と断絶の両側面を有し,今後の展開如何によっては新自由主義的政策の性格を強める可能性を内包していることを解明し,第三に開始された戸別所得補償制度が①,②,③の視点から差し当たりポジティブなインパクトを与える潜在性を有していることを明らかにした。.
14. 磯田宏,髙武孝充,山口和宏,椿真一,品川優,村田武, 新たな基本計画と水田農業の展望, 筑波書房, 分担執筆:磯田宏「「米政策改革から新たな基本計画へ-『構造改革農政』と品目横断的経営安定対策-」13-42頁, 2006.06.
15. 田代洋一,田畑保,坂下明彦,佐藤了,宇野忠義,安藤光義,後藤光蔵,荒井聡,桂明宏,木村務,磯田宏,仲地宗俊, 日本農業の主体形成, 筑波書房, 分担執筆:磯田宏「畑作農業再編下の大規模経営と地域農業」345-372頁, 2004.04.
16. 村田武,磯田宏,佐藤加寿子,小林信一,溝手芳計,石月義則,坂下明彦,朴紅,張徳気,久賀みず保, 再編下の家族農業経営と農協, 筑波書房, 分担執筆:磯田宏「アメリカ輸出穀作農業の構造変動と担い手経営」23-61頁, 2004.03.
17. 中野一新,今井健,山田良治,千葉典,松原豊彦,溝手芳計,久野秀二,大江徹男,後藤光蔵,岩佐和幸,磯田宏,木立真直, 利潤への渇望, 大月書店, 2004.03.
18. 村田武,磯田宏,松原豊彦,佐藤加寿子,木村務,田中秀樹, アメリカ新世代農協の挑戦, 家の光協会, 2003.09.
19. 矢口芳生,細山隆夫,星勉,安藤光義,冬木勝仁,長澤真史,磯田宏, 農業経営安定の基盤を問う, 農林統計協会, 分担執筆:磯田宏「アメリカにおける経営安定対策の実相と教訓-農業所得政策の到達点と2002年農業法-」177-219頁, 2003.05.
20. 矢口芳生,晩田修啓,磯田宏,石井圭一,友田滋夫,長濱健一郎, 農業経済の分析視角を問う, 農林統計協会, 分担執筆:磯田宏「アグリビジネスの農業支配は可能か-『工業化・グローバル化』視角からのアプローチ-」31-69頁, 2002.02.
21. 中野一新,千葉典,久野秀二,溝手芳計,杉山道雄,磯田宏,木立真直,大塚茂,岩佐和幸,R.A.ジュソーム, グローバリゼーションと国際農業市場, 筑波書房, 分担執筆:磯田宏「現代アグリフード・ビジネスの集積形態と市場把握」151-178頁, 2001.06.
22. 磯田宏, アメリカのアグリフードビジネス−現代穀物産業の構造分析−, 日本経済評論社, pp.1~278, 2001.04.
23. 村田武,宮田育郎,甲斐諭,杉山道雄,中原准一,磯田宏,飯澤理一郎,澤田進一, 問われるガット農産物自由貿易, 筑波書房, 分担執筆:磯田宏「オレンジ輸入自由化と柑橘産地」121-145頁, 1995.03.
24. Hiroshi Isoda, 宮島昭二郎編著『現代中国農業の構造変貌』のうち分担執筆,第16章「規模経営の存在形態と地域農業再編」, 九州大学出版会, 312-337, 1993.02.
25. 暉峻衆三,田代洋一,飯島充男,田畑保,堀口健治,後藤光蔵,三国英実,水本忠武,栗原るみ,清水卓,宇野忠義,新山陽子,豊田隆,笠原義人,牛山敬二,宇佐美繁,磯田宏,守友裕一,青木紀,鈴木敏正, 日本資本主義と農業保護政策, 御茶ノ水書房, 分担執筆:磯田宏「農業保護政策の転換と九州農業」637-674頁, 1990.02.
26. 花田仁伍,石井啓雄,安部淳,河相一成,大沼盛男,荒井聡,杉山道雄,磯田宏,栗山純,田代洋一,長憲次,上野重義,後藤光蔵,中野一新, 現代農業と地代の存在構造, 九州大学出版会, 分担執筆:磯田宏「佐賀平坦地域における農地流動化と地代の存在構造」285-308頁, 1990.02.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」