九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田畑 正志(たばた しようじ) データ更新日:2020.10.09

教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 動物・海洋生物科学


教育活動概要
 大学院学生に対して、動物形態形成学特論及びその他を担当している。家畜生体機構学研究に必要な基礎的手法を講義および実習を通じて大学院学生に教育している。
 学部学生に対しては、2年後期に動物組織学、3年前期に家畜生体機構学、4年前期に科学英語2を講議している。
担当授業科目
2019年度・通年, 動物・海洋生物科学特別演習.

2019年度・通年, 動物・海洋生物科学特別講究.

2019年度・後期, 動物組織学.

2019年度・前期, 科学英語II.

2019年度・通年, 卒業研究.

2019年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2019年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2019年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2019年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2019年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2019年度・前期, 動物生体機能学特論.

2018年度・前期, Animal and Marine Bioresource Sciences.

2018年度・前期, 科学英語II.

2018年度・通年, 卒業研究.

2018年度・前期, 動物生体機能学特論.

2018年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2018年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2018年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2018年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2018年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2018年度・後期, 動物形態形成学特論.

2018年度・後期, 動物組織学.

2017年度・前期, 科学英語II.

2017年度・通年, 卒業研究.

2017年度・前期, 動物生体機能学特論.

2017年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2017年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2017年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2017年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2017年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2017年度・後期, 動物形態形成学特論.

2017年度・後期, 課題協学.

2017年度・後期, 動物組織学.

2016年度・前期, Animal and Marine Bioresource Sciences.

2016年度・後期, 課題協学.

2016年度・後期, 動物形態形成学特論.

2016年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2016年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2016年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2016年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2016年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2016年度・前期, 動物生体機能学特論.

2016年度・通年, 卒業研究.

2016年度・前期, 科学英語II.

2016年度・前期, 家畜生体機構学.

2016年度・後期, 動物組織学.

2015年度・後期, 動物組織学.

2015年度・前期, 家畜生体機構学.

2015年度・前期, 科学英語II.

2015年度・通年, 卒業研究.

2015年度・前期, 動物生体機能学特論.

2015年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2015年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2015年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2015年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2015年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2015年度・後期, 動物形態形成学特論.

2014年度・後期, 動物形態形成学特論.

2014年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2014年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2014年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2014年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2014年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2014年度・前期, 動物生体機能学特論.

2014年度・通年, 卒業研究.

2014年度・前期, 科学英語II.

2014年度・後期, 動物組織学.

2014年度・前期, 家畜生体機構学.

2013年度・前期, 家畜生体機構学.

2013年度・通年, 動物生産科学概論.

2013年度・通年, 卒業研究.

2013年度・前期, 科学英語II.

2013年度・前期, 科学英語II.

2013年度・後期, 動物組織学.

2013年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第二.

2013年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別研究第一.

2013年度・後期, 家畜生体機構学演習.

2013年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2013年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2013年度・後期, 動物形態形成学特論.

2013年度・前期, 動物生体機能学特論.

2012年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別演習第一.

2012年度・後期, 家畜生体機構学演習第二.

2012年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2012年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2012年度・前期, 動物生体機能学特論.

2012年度・前期, 動物形態形成学特論.

2012年度・通年, 卒業研究.

2012年度・前期, 動物組織学.

2012年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2012年度・前期, 科学英語2.

2012年度・通年, 動物生産科学概要.

2011年度・後期, 家畜生体機構学演習第二.

2011年度・後期, 動物・海洋生物資源学プロジェクト演習.

2011年度・通年, 動物・海洋生物資源学特別演習第一.

2011年度・前期, 科学英語2.

2011年度・通年, 動物・海洋生物資源学輪講.

2011年度・前期, 動物生体機能学特論.

2011年度・前期, 動物形態形成学特論.

2011年度・通年, 卒業研究.

2011年度・前期, 動物組織学.

2011年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2011年度・通年, 動物生産科学概要.

2010年度・通年, 家畜生体機構学演習第二.

2010年度・前期, 動物形態形成学特論.

2010年度・通年, 動物資源科学特別演習.

2010年度・通年, 動物資源科学特別研究第二.

2010年度・通年, 卒業研究.

2010年度・後期, 動物組織学特論.

2010年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2010年度・後期, 科学英語1.

2010年度・前期, 科学英語2.

2010年度・通年, 動物生産科学概要.

2009年度・通年, 卒業研究.

2009年度・通年, 家畜生体機構学演習第一.

2009年度・通年, 家畜生体機構学演習第二.

2009年度・通年, 動物資源科学輪講.

2009年度・後期, 動物組織学特論.

2009年度・後期, 動物組織学.

2009年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2009年度・後期, 家畜生体機構学第二.

2009年度・後期, 動物生産科学概論.

2009年度・通年, 動物生産科学概要.

2008年度・通年, 卒業研究.

2008年度・後期, 動物組織学.

2008年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2008年度・後期, 家畜生体機構学第二.

2008年度・後期, 動物生産科学概論.

2008年度・通年, 動物生産科学概要.

2008年度・前期, 科学英語II.

2008年度・後期, 動物組織学特論.

2008年度・前期, 家畜生体機構学特論.

2007年度・前期, 科学英語II.

2007年度・後期, 動物組織学特論.

2008年度・通年, 動物資源科学輪講.

2008年度・通年, 動物資源科学特別演習.

2008年度・通年, 家畜生体機構学演習第一および第二.

2007年度・前期, 家畜生体機構学特論.

2007年度・前期, 家畜生体機構学第一.

2007年度・後期, 家畜生体機構学第二.

2007年度・後期, 動物組織学.

2007年度・前期, 科学英語II.

2006年度・通年, 家畜生体機構学演習第一および第二.

2006年度・後期, 動物組織学.

2006年度・後期, 動物組織学特論.

2003年度・後期, 動物組織学.

2003年度・前期, 動物組織学特論.

2003年度・通年, 基礎動物学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2011.05, 部局, 参加, アクティヴラーニングについて.

2010.06, 部局, 参加, 情報セキュリティについて.

2010.04, 部局, 参加, 学府再編に伴うカリキュラムの改正について.

2009.11, 部局, 参加, サヴァティカル制度について.

2009.10, 部局, 参加, セクシャルハラスメントとパワーハラスメントの現状.

2009.09, 部局, 参加, 動物実験における麻薬・向精神薬等の使用について.

2009.08, 部局, 参加, 新部門について.

2009.04, 部局, 参加, GPA制度について.

2009.03, 部局, 参加, 英語による教育について.

2008.12, 部局, 参加, 平成22年度に変更される新しい学府について.

2008.06, 部局, 参加, 男女共同参画の推進とセクシャル・ハラスメント.

2008.05, 部局, 参加, 科学技術政策が農学研究に期待するもの.

2007.06, 部局, 参加, ハラスメントに関する講演会.

2006.10, 部局, 参加, メンタルヘルスに関する講演.

2004.07, 部局, 参加, 学生のメンタルヘルスに関する講演.

学生のクラス指導等
2019年度, 学部, 37クラス.

2018年度, 学部, 37クラス.

2001年度, 学部, 理科系25クラス.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度, 鹿児島大学大学院・農学研究科, 前期集中, 非常勤講師, 国内.

2015年度, 鹿児島大学大学院, 前期集中, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 福岡教育大学・教育学部, 前期、火曜日4限目, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 鹿児島大学大学院, 前期(集中), 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡教育大学・教育学部, 前期、月曜日2時限, 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」