九州大学 研究者情報
発表一覧
近藤 加代子(こんどう かよこ) データ更新日:2021.06.21

教授 /  芸術工学研究院 環境デザイン部門 ランドスケープ・社会環境デザイン講座


学会発表等
1. 近藤加代子,畢亦凡,王雨童,王東豪, タイにおける持続可能なライフスタイルと幸福感関する研究, 環境科学会 2020年会, 2020.09.
2. 近藤加代子,畢亦凡,王陳ロウ, ベトナムにおける持続可能な住まいと居場所の選択, 環境科学会 2020年会, 2020.09.
3. 近藤加代子,畢亦凡, ベトナムにおける好きな居場所とエアコン利用、および幸福感, 日本環境学会 第46回研究発表会, 2020.05.
4. 土器屋 美貴子, 近藤 加代子, 清原 千香子, 北條 祥子, 小学生の身体症状および行動特性と生活環境要因との関連についての調査, 2019年 室内環境学会学術大会, 2019.12.
5. Yi-Fan Bi, Kayoko Kondo, An Analysis of Citizens' Cooperative Behaviors in the Development of Self-reliant and Decentralized Energy Network, CASNIC 2019 (College of Asian Scholars: The 7th National and International Conference 2019), 2019.11.
6. 畢 亦凡, 近藤 加代子, 譚 喬尹, 地元新電力会社に対する電力購買意思の規定要因について -みやま市民アンケートを事例に, 環境科学会 2019年会, 2019.09.
7. 王 陳ロウ, 近藤 加代子, 加藤 尊秋, 包清 博之, 井上 朝雄, 畢 亦凡, ベトナムにおける居場所の選好と持続可能な住まいについて, 環境科学会 2019年会, 2019.09.
8. 畢 亦凡, 譚 喬尹, 近藤 加代子, 生ごみの資源循環の成熟期と導入期における協力行動と協力意思の研究 -大木町とみやま市の比較から-, 第30回 廃棄物資源循環学会研究発表会, 2019.09.
9. 王 陳ロウ, 近藤 加代子, 包清 博之, 井上 朝雄, Omthajit Pansri, Artit Chutchaipolrut, Sujitra Arampongpun, 畢 亦凡, タイにおける持続可能な住まいと居場所の特質について, 日本環境学会 第45回研究発表会, 2019.06.
10. 畢 亦凡, 譚 喬尹, 近藤 加代子, 自立分散型エネルギー社会構築における地域新電力の購買意思の影響要因について -みやまスマートエネルギー株式会社を事例に-, 日本環境学会 第45回研究発表会, 2019.06.
11. Yu-Lin Chen, Kayoko Kondo, Wan-Yu Shih, Hiroyuki Kanekiyo, Leslie Mabon, Yi-Fan Bi, Green Infrastructure and Public Behaviours in Response to Urban Heat in Fukuoka, Japan, Global Land Programme 2018 Asia Conference: Transitioning to Sustainable Development of Land Systems through Teleconnections and Telecouplings, 2018.09.
12. 陳 宇霖, 近藤 加代子, Leslie Mabon, 包清 博之, 石 婉瑜, 畢 亦凡, 冷房使用をめぐる緩和行動と適応行動の対立と緑地・クールシェアの役割, 環境科学会 2018年会, 2018.09.
13. 王 陳ロウ, 近藤 加代子, 包清 博之, 井上 朝雄, 加藤 尊秋, 畢 亦凡, ベトナムにおける住宅の居場所と省エネルギー効果について, 日本環境学会 第44回研究発表会, 2018.06.
14. 陳 宇霖, 近藤 加代子, Leslie Mabon, 包清 博之, 温暖化等によるヒートアイランド現象の深刻化における緩和行動と適応行動の対立と行動促進要因について:福岡市民調査より, 日本環境学会 第44回研究発表会, 2018.06.
15. Leslie Mabon, Kayoko Kondo, Hiroyuki Kanekiyo, Yuriko Hayabuchi, Governing Extreme Weather in Fukuoka City, Japan: guided by climate science, driven by environmental history?, ASIAN EXTREMES: CLIMATE, METEOROLOGY AND DISASTER IN HISTORY, ORGANISED BY ASIA RESEARCH INSTITUTE, 2018.05.
16. 畢 亦凡, 近藤 加代子, 菊澤 育代, 真崎 愛, 地域における「自分らしく生きる」へのアプローチ -マズロー「自己実現論」を用いた大木町の幸福度分析-, 第28回廃棄物資源循環学会研究発表会, 2017.09.
17. 畢 亦凡, 近藤 加代子, 菊澤 育代, 真崎 愛, 地域における「自分らしく生きる」へのアプローチ -大木町の幸福度とマズロー欲求階層説を通して-, 環境科学会 2017年会, 2017.09.
18. 増田 祐介, 近藤 加代子, 徐 暁明, 菊澤 育代, エン 旗林, 持続可能な循環社会を支える地域指標の作成に関する研究, 第28回廃棄物資源循環学会研究発表会, 2017.09.
19. 増田 祐介, 近藤 加代子, 菊澤 育代, 徐 暁明, エン 旗林, 持続可能な循環社会を支える地域指標の作成に関する研究, 環境科学会 2017年会, 2017.09.
20. 譚 喬尹, 近藤 加代子, 菊澤 育代, 渡邊 奈月, ごみゼロをめざす住民行動の促進要因 -福岡県大木町アンケート分析-, 第28回廃棄物資源循環学会研究発表会, 2017.09.
21. 譚 喬尹、近藤 加代子、菊澤 育代, ごみゼロをめざす住民行動の促進要因 -福岡県大木町アンケート分析-, 環境科学会 2017年会, 2017.09.
22. 徐 暁明, 近藤 加代子, 菊澤 育代, 大木町におけるごみゼロを目指す施策の体系と展開, 第28回廃棄物資源循環学会研究発表会, 2017.09.
23. 徐 暁明, 近藤 加代子, 菊澤 育代, 増田 祐介, 大木町における廃棄物の減量に関する政策の効果の研究, 環境科学会 2017年会, 2017.09.
24. 土器屋美貴子, 近藤 加代子, 小学生の身体症状および行動の様子(SDQ)と家庭内環境との関連, 臨床環境医学会, 2017.06.
25. 張 玉雪, 近藤 加代子, 菊澤 育代, 増田 祐介, タイにおける農村住宅の居場所とエネルギー消費、および幸福度との関係に関する研究:タイ東北地方の農村調査から, 2016年度(第56回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2017.03.
26. 渡邊 奈月, 近藤 加代子, 大木町における循環型まちづくりに関する政策の効果の研究, 2016年度(第56回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2017.03.
27. 真崎 愛, 近藤 加代子, 菊澤 育代, 幸福度と自己実現欲求の関係について:大木町循環のまちづくりにおけるケーススタディー, 2016年度(第56回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2017.03.
28. 鐘ヶ江 綾香, 近藤 加代子, 菊澤 育代, 持続可能なまちづくりための人材育成を目標とする環境教育の有効性と展望:大木町を例として, 2016年度(第56回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2017.03.
29. Yuxue Zhang, Kayoko Kondo, A Study on House Style and Low-carbon Life Style in Rural of Thailand, CASNIC 2016 (College of Asian Scholars: The 4th National and International Conference 2016), 2016.10.
30. Ikuyo Kikusawa, Kayoko Kondo, Designing Autonomous Communities in Suburbs of Japan, International Conference on Sustainable Development 4th ICSD 2016, 2016.09.
31. 許 晨ヨウ, 菊澤 育代, 近藤 加代子, コンジョイント分析による竹プラスチックの消費者選好評価, 2015年度(第55回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2016.03.
32. 菊澤 育代, 増田 祐介, 近藤 加代子, 地域づくり活動への参加形成要因の考察:福岡県糸島市を事例として, 2015年度(第55回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2016.03.
33. 菊澤 育代, 近藤 加代子, 重慶市許溪村における住宅ニーズの変容と住宅環境評価, 2015年度(第55回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2016.03.
34. 増田 祐介, 菊澤 育代, 近藤 加代子, 高齢化地域における居住意思および幸福度の影響要因に関する研究, 2015年度(第55回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2016.03.
35. Kayoko Kondo, Zhan Yuxue, Recycle System of Food Waste in Japan, CASNIC 2015 (College of Asian Scholars: The 3rd National and International Conference 2015), 2015.09.
36. 近藤 加代子, 松藤 康司, 張 玉雪, 工藤 亜実, 分別協力度を考慮した事業系生ごみ資源化の環境評価-不良生ごみの覆土助材利用シナリオの検討, 第26回廃棄物資源循環学会研究発表会, 2015.09.
37. 侯博亜, 近藤 加代子, 工藤亜実, 事業系生ごみ排出業者における生ごみリサイクル行動要因に関する調査分析-福岡市を対象として-, 第26回廃棄物資源循環学会研究発表会, 2015.09.
38. 許 晨ヨウ, 近藤 加代子, 蓮尾 健二, コンジョイント分析による竹プラスチック製品の消費者調査, 第26回廃棄物資源循環学会研究発表会, 2015.09.
39. Ami Kudo, Kayoko Kondo, Zhang Yuxue, Yasushi Matsufuji, LCA of Business-related Food waste Recycling System on Consideration of Cover Material and Company’s Collaboration to Segregating Food Waste, The 2nd 3R international Scientific Conference, 2015.05.
40. 工藤 亜実, 近藤 加代子, 韓 犇, 事業系生ごみ資源化を推進するための地域システムと地域政策の研究 : 不良生ごみの覆土助材利用を考慮したLCA, 2014年度(第54回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2015.03.
41. 近藤 加代子, 工藤亜美, 蓮尾健二, 長期的視点における最適な食品資源循環システム選択の為の環境・経済評価, 環境科学会, 2014.09.
42. 近藤 加代子, 侯博亜, 工藤亜美, 倉富久宜, バイオマス会計表を用いた事業波及効果分析―八女市の木質バイオマス利活用について―, 環境科学会, 2014.09.
43. 近藤 加代子, 韓 犇, 林 徹夫, 中国東北部農村の暖房エネルギー消費に関する研究
―カンと農業廃棄物の利用の視点から―, 環境科学会, 2014.09.
44. 工藤 亜実, 近藤 加代子, 韓 犇, 林 徹夫, 包清 博之, 岡田 知子, 井上 朝雄, 中国都市部の集合住宅のベランダの形態とエネルギー消費に関する調査研究, 2014年度 日本建築学会大会, 2014.09.
45. KUDO Ami, KONDO Kayoko, ZHANG Yuxue, Matsufuji Yasusi, LCA of Business-related Food waste Recycling System on Consideration of Cover Material and Company’s Collaboration to Segregating Food Waste, the 2nd 3R international scientific conference, 2014.06.
46. 倉富 久宜, 近藤 加代子, 李 潔明, 木質バイオマス事業における自治体施策の成果と影響要因, 2013年度(第53回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2014.03.
47. 李 潔明, 近藤 加代子, 畜産系バイオマス事業の原料収集の促進施策に関する研究, 2013年度(第53回)日本建築学会九州支部研究発表会, 2014.03.
48. 近藤 加代子, 地域におけるバイオマス利活用の事業、経済性分析シナリオの研究, 平成25年度循環型社会形成推進研究発表会―大阪会場―, 2013.12.
49. 近藤 加代子, バイオマス利活用事業を支える地域対応力を促進する自治体施策, 廃棄物資源循環学会, 2013.11.
50. 徳永竜之介, 近藤 加代子, 家畜ふん尿堆肥化施設の収支に関する調査研究, 廃棄物資源循環学会, 2013.11.
51. 近藤 加代子, 李潔明, 畜産系バイオマス処理事業に対する畜産農家の参加要因分析――宮崎県都城市を事例に, 廃棄物資源循環学会, 2013.11.
52. 近藤 加代子, バイオマス事業に効果的な自治体施策の評価, 環境社会学会, 2013.06.
53. 近藤 加代子, 地域力と事業成果, 地域力で活かすバイオマス, 2013.03.
54. Kayoko Kondo, Lifestyle and Energy Consumption in China, International Symposium on Low Carbon Environmental Designand Lifestyle suited to Climate and Culture, 2013.03.
55. 陳胤安, 林 徹夫, 近藤 加代子, 野村 幸司, アジア低炭素発展と気候風土適用型ライフスタイルに関する研究 その5. 中国南京市における住宅消費エネルギー調査, 日本建築学会九州支部, 2013.03.
56. 呂葦, 金香順, 倉富久宜, 韓犇, 林 徹夫, 包清 博之, 岡田知子, 井上 朝雄, 近藤 加代子, 中国江蘇省南京市都市住宅における低炭素な生活の影響要因に関する研究(2), 日本建築学会九州支部, 2013.03.
57. 呂葦, 金香順, 倉富久宜, 韓犇, 林 徹夫, 包清 博之, 岡田知子, 井上 朝雄, 近藤 加代子, 中国江蘇省南京市都市住宅における低炭素な生活の影響要因に関する研究( 1), 日本建築学会九州支部, 2013.03.
58. 金香順, 倉富久宜, 曾月萌, 林 徹夫, 近藤 加代子, 中国山東省の農村における住居とライフスタイルに関する研究 (2), 日本建築学会九州支部, 2013.03.
59. 倉富久宜, 金香順, 曾月萌, 林 徹夫, 近藤 加代子, 中国山東省の農村における住居とライフスタイルに関する研究 (1), 日本建築学会九州支部, 2013.03.
60. Yinan Chen, TETSUO HAYASHI, Kayoko Kondo, KOJI NOMURA, Energy use of Residential Buildings in China, Part 2 Nanjin City, The Yellow Sea Rim International Exchange Meeting on Building Environment and Energy, 2013.01.
61. 近藤 加代子, 小学校における電磁環境と子どもたちの健康状況との関係に関する調査分析, 日本環境学会, 2012.06, 携帯基地局から発せられる電磁波の健康に対する影響に関して、海外を中心に調査研究が蓄積されてきている。2011年にWHOの国際ガン研究機関が携帯電話の使用について発がんの可能性(2B)を認めたことは記憶に新しい。携帯基地局から発せられる電磁波の健康影響については、WHOは明確な見解を有していないが、世界中の関連研究を網羅的に検討・評価したバイオイニシアティブ(2007年)1)において携帯基地局の電磁波による健康影響を考慮した対策の必要性が勧告された。それ以後も基地局関係の健康調査研究は積極的に実施されてきている2)。健康影響では、発がん率、頭痛などの身体症状、神経・精神的な影響など多岐にわたる。日本では加藤やすこ等の研究報告がわずかにあるだけで、Cinii上では0である。
 世界における携帯電磁波の健康影響の中心的な関心は子どもへの影響であるといっても過言ではない。子どもが大人以上に電磁波の影響を受けやすいことが数多く指摘され、学校周辺での基地局の規制や子どもの携帯禁止などの対策が多くの国で行われている。しかしこの分野でも日本では調査研究はない。
 本研究は、基地局がそばに立つ小学校の子どもたちにおける健康状態について日本ではじめて調査を行った結果について分析を行うものである。.
62. 松本美穂、八谷靖子、南川恵、井上朝雄、近藤加代子, タイ 王国東北部イサーンにおける現代農村の住まい その2 ―持続可能なライフスタルに関する研究 ―, 日本建築学会九州支部, 2012.03.
63. 倉富久宜、金香順、曾月萌、林徹夫、近藤加代子, 中国山東省の農村における住居とライフスタイルに関する研究(1), 日本建築学会九州支部, 2012.03.
64. 金 香順、倉富 久宜、曾 月萌、林 徹夫、近藤 加代子, 中国山東省の農村における住居とライフスタイルに関する研究(2), 日本建築学会九州支部, 2012.03.
65. 韓犇、有馬可奈、岡田知子、井上朝雄、近藤加代子, 中国東北部農村におけるライフスタイルの変化に関する研究
遼寧省大連市長海県瓜皮島における調査から, 日本建築学会九州支部, 2012.03.
66. 河部達弥、林徹夫、近藤加代子、野村幸司, アジア低炭素発展と気候風土適用型ライフスタイルに関する研究 その2.
中国済南市及び大連市の住宅消費エネルギー調査, 日本建築学会九州支部, 2012.03.
67. 陳胤安、林徹夫、近藤加代子、野村幸司, アジア低炭素発展と気候風土適用型ライフスタイルに関する研究 その3.
中国山東省の農村における住宅消費エネルギー調査, 日本建築学会九州支部, 2012.03.
68. 黒田朋昭、林徹夫、近藤加代子、野村幸司, アジア低炭素社会実現に向けた住宅用エネルギーの低減に関する研究 その4.
タイ・農村部における住宅エネルギー消費調査, 日本建築学会九州支部, 2012.03.
69. 近藤加代子, 事業所・市民のバイオマス協力行動は何によって規定されるか, 環境科学会, 2011.11.
70. HORI Shiro, KONDO Kayoko, Suggestion toward low carbon lifestyle in household in Ho Chi Minh City, Workshop on Policy and Measures for Development of Low-Carbon Society in Ho Chi Minh City, 2011.08.
71. HORI Shiro, KONDO Kayoko , Suggestion toward low carbon lifestyle in household in Bangkok, Workshop on Policy and Measures for Development of Low-Carbon Society in Bangkok, 2011.08.
72. 川嵜洋平・近藤加代子, NPO法人の経営安定化のための地域ネットワークの獲得と活用, 日本建築学会九州支部, 2011.03.
73. 松本美穂・近藤加代子・韓ホン・曾月萌・馬麗那, 「アジアの都市化と経済発展に伴うライフスタイルの変化に関する研究 ‒中国大連市における調査から‒ 」
, 日本建築学会九州支部, 2011.03.
74. KONDO Kayoko, Rural Development through bio gas digester, International Workshop on Local Initiatives towards Low Carbon Asia, 2011.03.
75. 山北悠里菜、谷口瑞季、孟凡帆、レイエスハイロ、宮原敏樹、包清博之、近藤加代子, 大連市の緑化空間の展開と課題の検討, 日本造園学会九州支部, 2010.11.
76. 近藤加代子, 生活体験と環境意識, 530研究会, 2010.05.
77. KONDO Kayoko , Household eco-consciousness and lifestyle in Japan and China , Global Environment Research Fund under the auspices of the Ministry of Environment, Japan Development of a low-carbon society in collaboration with Asian cities, 2010.02.
78. 韓英珍、近藤加代子, オンライン環境商品における環境情報の表示方法に関する研究, 環境科学情報センター, 2009.11.
79. 近藤加代子, 地震災害復旧における住民間コミュニティの重要性ー玄界島調査事例からー, 日本建築学会熊本災害フォーラム, 2009.10.
80. 近藤加代子, コミュニティの特性から復興を考えるー玄界島再考ー, 日本建築学会九州支部災害委員会, 2009.09.
81. 藤村純平、近藤加代子, 太陽光発電普及拡大のための補助金制度に関する消費者調査研究, 日本建築学会九州支部, 2009.03.
82. 日浦大輔、上村優生、近藤加代子, 漁村コミュニティにおける地震復興のあり方に関する考察, 日本建築学会九州支部, 2009.03.
83. 中田智弥、近藤加代子, 都市の若者の農村移住志向に関する研究, 日本建築学会九州支部, 2009.03.
84. 近藤加代子, ファーストライフとスローライフの間, 設計工学会九州支部, 2008.06.
85. 藤村純平、近藤加代子、韓英珍, 既築住宅の省エネリフォームに関する消費者調査研究 , 建築学会九州支部, 2008.03.
86. 上村優生、近藤加代子、韓英珍, 郊外戸建住宅地における高齢者の居住移動選択要因の研究 
――大野城市平野台地区の事例から――, 建築学会九州支部, 2008.03.
87. 韓英珍・近藤加代子, オンラインショップにおける商品の環境情報表示に関する研究ーオンライン販売企業および消費者を対象とした調査をもとにー, 環境情報科学センター, 2007.11.
88. 韓英珍・近藤加代子, オンラインショップにおける消費者の行動特性, 環境科学会, 2007.11.
89. 村山幸、近藤加代子、韓英珍, 都市における循環型まちづくりのための市民エンパワーメントに関する研究―福岡県春日市天神山地区における事例から―
, 日本建築学会九州支部, 2007.03.
90. 河野なぎさ、近藤加代子、 韓英珍, 福岡県大木町における都市・農村交流の地域活性効果と今後の課題について―エコツーリズムの視点から―
                  , 日本建築学会九州支部, 2007.03.
91. 平由以子、近藤加代子, ダンボールコンストの「使いやすさ」に重点をおいた地産地消型適正基材開発, 廃棄物学会, 2006.11.
92. 劉玉紅、近藤加代子, 家庭系生ごみ資源化システムのLCA, 日本建築学会九州支部大会, 2006.03.
93. 近藤加代子, 家庭系生ごみ資源化の経済効率にかんする調査, 廃棄物学会, 2005.11.
94. 近藤加代子、谷正和、平由以子, コンポスト行動に対する促進要因およびコンポスト行動による行動変化:モニター調査から, 廃棄物学会, 2005.11.
95. 谷正和、近藤加代子、平由以子, 都市における段ボールコンポストプロジェクトへの参加者の意識分析, 廃棄物学会, 2005.11.
96. 韓英珍、近藤加代子, オンラインショップにおける商品の環境情報表示と今後の可能性について, 環境経済・政策学会, 2005.10.
97. 近藤加代子, 生ごみ資源化方法の経済的評価について, 第21回水郷水都全国会議, 2005.08.
98. 久保亜佐美、近藤加代子, お茶のコミュニケーション的役割に関する研究, 日本建築学会, 2005.03.
99. 韓英珍、近藤加代子, インターネット上の環境商品の環境情報表示に関する研究, 環境経済・政策学会, 2004.10.
100. 近藤加代子、谷正和, バイオマス発電および副産物堆肥の農地還元に関する住民意識調査, 廃棄物学会, 2003.10.
101. 谷正和、近藤加代子, 久留米市最終処分場問題に対する住民意見とごみ減量行動・志向との関係, 廃棄物学会, 2003.10.
102. KONDO Kayoko, On the influence of spare time and life habits on environmentally conscious behavior: the practical knowledge and practical action, The 1st International Workshop of 'Sustainable Consumption', 2003.03.
103. 山上高気、近藤加代子, 国産材住宅普及の課題についてー東京・福岡・宮崎の工務店・消費者調査からー, 日本建築学会九州支部, 2003.03.
104. 近藤加代子、谷正和, 男女の生活時間および生活経験と環境行動との関係について, 廃棄物学会, 2002.10.
105. 谷正和、近藤加代子, 買い物行動からみる循環型社会形成対策の方向性, 廃棄物学会, 2002.10.
106. 近藤加代子, 家庭ゴミの自家焼却世帯と堆肥化世帯における環境意識の違い, 環境経済・政策学会, 2000.08.
107. 近藤加代子, ゴミ行政と住民意識, 環境管理システム研究会, 2000.01.
108. 近藤加代子, ゴミ有料化ゴミ分別収集と住民のゴミ減量・環境保全意識, 環境経済・政策学会, 1999.09.
109. KONDO Kayoko, Francis Hutcheson's Utilitarianism and Politics and John Locke, 日本公益主義学会, 1998.07.
110. 近藤加代子, 人民の政治的自己決定についての思想史的考察, イギリス哲学会九州支部, 1997.07.
111. 近藤加代子, 『人口論』と『原理』の整合性, マスサス学会, 1992.05.
112. 近藤加代子, ベンサムにおける経済と政治, 経済学史学会, 1992.01.
113. 近藤加代子, マスサス『人口論』と『経済学原理』との立体構成, 経済学史学会, 1989.11.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」