九州大学 研究者情報
総説一覧
髙木 英行(たかぎ ひでゆき) データ更新日:2021.05.21

教授 /  芸術工学研究院 デザイン人間科学部門 モデリング・最適化


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Hideyuki Takagi, Hideyuki Takagi: Member of the SMCS Board of Governors, IEEE Systems, Man, & Cybernetics Magazine, 10.1109/MSMC.2016.2623870, Vol.18, No.4, p.506 (2006), 2017.01, [URL].
2. 髙木英行, 使える!統計検定・機械学習 --- III ---主観評価実験のための有意差検定, システム/制御/情報, システム/制御/情報, vol.58, no.12, pp.514-520 (2014年12月), 2014.12.
3. 髙木英行, 使える!統計検定・機械学習 --- II ---3群以上の場合の有意差検定, システム/制御/情報, システム/制御/情報, vol.58, no.10, pp.432-438 (2014年), 2014.10.
4. 髙木英行, 使える!統計検定・機械学習 --- I ---2群間の有意差検定, システム/制御/情報, システム/制御/情報, vol.58, no.8, pp.346--352 (2014年8月), 2014.08.
5. 高木英行, 会議報告:2nd World Congress on Nature and Biologically Inspired Computing (NaBIC2010), 人工知能学会誌, Vol.26, No.3, pp.307-308, 2011.05.
6. 高木英行, 栃原裕, 21世紀COEプログラム「感覚特性に基づく人工環境デザイン」, 知能と情報(日本知能情報ファジイ学会誌), vol.17, vo.4, pp.432-437, 2005.08.
7. 高木英行, インタラクティブ進化計算による設計と計測, 計測と制御, vol.44, no.1, pp.6-11, 2005.01.
8. Hideyuki Takagi,Hitoshi Iba, Preface: Interactive Evolutionary Computation, New Generation Computing, vol.23, no.2, pp.113-114, 2004.01.
9. 高木英行, インタラクティブ進化計算, シミュレーション学会誌, vol.23, no.3, 21-26, 2004.01.
10. 高木英行,久保田直行, SOFTにおける電子化, 知能情報ファジィ学会誌, vol.15, no.5, pp.656-657, 2003.01.
11. 高木英行, 第2回日韓合同研究交流会(KJJOW'99), 日本ファジィ学会誌, Vol.12, No.1, pp.35-36, 2000.01.
12. 高木英行, 感性を反映させる技術の新展開, 日本ファジィ学会誌, Vol.11, No.6, pp.981-983, 1999.01.
13. 髙木英行, 畝見達夫, 寺野隆, 対話型進化計算法の研究動向, 人工知能学会誌, 人工知能学会誌, vol.13, no.5 pp.692-703 (1998), 1998.05.
14. 高木英行, 遺伝的アルゴリズムとファジィ理論の協調, 日本ファジィ学会誌, Vol.10, No.4, pp.602-612, 1998.01.
15. 高木英行、畝見達夫, 寺野隆, 対話型進化計算法の研究動向, 人工知能学会誌, vol.13, no.5 pp.692-703, 1998.01.
16. 高木英行, 姜根澤, 学生と若手研究者のための日韓合同合宿研究交流会, 日本ファジィ学会誌, Vol.10, No.4, pp.687-689, 1998.01.
17. 高木英行, Zadeh夫人による"My Life and Travels with the Father of Fuzzy Logic, 日本ファジィ学会誌, Vol.10, No.5, pp.842-843, 1998.01.
18. 高木英行, 知的システムのためのニューラルネット/ファジィ/遺伝的 アルゴリズム, 歯科人工知能研究会雑誌, Vol.6, No.1, pp.19-28, 1996.01.
19. 高木英行, 私の勧める一冊, 日本音響学会誌, Vol.52, No.8, p.662, 1996.01.
20. 高木英行, ファジィシステム,ニューラルネット,遺伝的アルゴリズム の融合化技術 - FS+NNおよびFS+GA -, 計測と制御, Vol.33, No.1, pp.33-39, 1994.01.
21. 中川聖一,高木英行, パターン認識における有意差検定と音声認識 システムの評価法, 日本音響学会誌, Vol.50, No.10, pp.849-854, 1994.01.
22. 高木英行,西尾研一, カリフォルニア大学バークレー校客員研究員 対談会, 日本ファジィ学会誌, Vol.6, No.1, pp.109-114, 1994.01.
23. 高木英行, 認識率が向上した, 本当?, 日本音響学会誌, Vol.50, No.6, p.506, 1994.01.
24. 高木英行, 会議報告:ISE'94 Workshop on Neuro Fuzzy Systems, 日本ファジィ学会誌, Vol.6, No.6, p.84, 1994.01.
25. 高木英行, 序言, 李暁忠,汪庄培,羅承忠「模糊神経網路 (FUZZY NEURAL NETWORK), 貴州科技出版社, 1994.01.
26. 高木英行, 用語解説:ソフトコンピューティング, 日本ファジィ学会誌, Vol5, No.2, p.291, 1993.01.
27. Hideyuki Takagi, Video Review: Fuzzy logic and Neural Networks for Computer Vision, IEEE Trans. on Neural Networks, Vol.4, No.5, pp.891-892, 1993.01.
28. 高木英行, ニューラルネット Part I: 解説記事の紹介, 日本ファジィ学会誌, Vol.4, No.3, pp.29-34, 1992.01.
29. 高木英行, ニューラルネット Part II: 基礎入門編, 日本ファジィ学会誌, Vol.4, No.4, pp.664-675, 1992.01.
30. 高木英行, ニューラルネット Part III: ファジィ技術の融合化, 日本ファジィ学会誌, Vol.4, No.6, pp.1086-1097, 1992.01.
31. 高木英行, UCバークレー滞在記, 神経回路網学会Newsletter, Vol.4, No.4, pp3-4, 1992.01.
32. 高木英行, 書評:小林・山川・福島共著: 次世代コンピュータの近未来 〜AI・ファジィ・ニューロはどうなる〜, 日本ファジィ学会誌, Vol.3, No.1, pp.79-80, 1991.01.
33. 高木英行, 模糊型知識信息処理, システム/制御/情報, pp.27--29, 陳永福・劉漢龍(共訳), 1990.12.
34. 高木英行, あいまいさと知識情報処理, システム/制御/情報, Vol.34, No.5, pp.263-273, 1990.01.
35. 高木英行, 会議報告:ファジィ論理と神経ネットワークに関する国際会議, 日本ファジィ学会誌, Vol.2, No.4, pp.527-530, 1990.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」