九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
若宮 幸平(わかみや こうへい) データ更新日:2021.06.01



主な研究テーマ
発話機構の観測と解析に関する研究
キーワード:音声生成, 3次元磁気センサシステム, 調音運動, 音声合成
2001.04.
嗄声の聴覚知覚的評価の自動推定に関する研究
キーワード:嗄声, GRBAS尺度, 自動推定, DNN, 声質評価, 聴覚知覚的評価, 信頼性
2017.04.
モノラル録音された音の音源分離に関する研究
キーワード:音源分離, モノラル録音
2013.04~2015.05.
高密度ディジタル磁気記録に関する研究
キーワード:HDD, PRML, 等化, 符号化, ディスク・ヘッドインタラクション
1997.04~2000.03.
研究業績
主要著書
1. 九州芸術工科大学音響設計学科編, 井上公子, 岩宮眞一郎, 上田裕市, 緒方敏郎, 尾本章, 河原一彦, 河辺哲次, 鈴木俊行, 高木英行, 津村尚志, 鳥原秀男, 中島祥好, 福留公利, 藤原恭司, 松永建, , 音響設計学入門 音・音楽・テクノロジー, 九州大学出版会, 2000.12.
主要原著論文
1. Hidetsugu UCHIDA, Kohei WAKAMIYA, Kaburagi Tokihiko, Improvement of measurement accuracy for the three-dimensional electromagnetic articulograph by optimizing the alignment of the transmitter coils, Acoustical Science and Technology, 37, 3, 106-114, 2016.05, The alignment of transmitter coils for the three-dimensional electromagnetic articulograph (3D-EMA), an instrument used to measure articulatory movements, was studied. Receiver coils of the 3D-EMA are used as position markers and are placed in alternating magnetic field produced by multiple transmitter coils. The estimation of the state (the position and orientation) of each receiver coil is based on the minimization of the signal error between the measured and predicted receiver signals using a model of the magnetic field. Previous studies report a noticeable increase in the position estimation error irrespective of small signal error at a specific portion of the measurement region. The existence of the non-uniqueness problem in the position estimation is hypothesized to be the cause of this problem. To resolve the problem, we optimized the alignment of the transmitter coils by maximizing the difference between the receiver signals for any pair of states in the measurement region and evaluated the alignment by performing computer simulations and actual measurement. As a result, a measurement accuracy of approximately 0.4 mm was obtained..
2. Tokihiko KABURAGI, Kohei WAKAMIYA, Masaaki HONDA, Three-dimensional electromagnetic articulgoraphy: A measurement principle, J. Acoust. Soc. Am., 10.1121/1.1928707, 118, 1, 428-443, vol. 118(1), pp.428-443, 2005.07.
3. Kohei WAKAMIYA, Takuya TSUJI and Tokihiko KABURAGI, Estimation of the vocal tract spectrum from the articulatory movement usnig phneme-dependent neural networks, Proceedings of International Conference of Spoken Language Processing 2004, TuB603-15, 2004.10.
4. Kohei WAKAMIYA, Tokihiko KABURAGI and Masaaki HONDA, An investigation of the measurement accuracy on the three-dimensional electromagnetic articulography, Proceedings of the 6th International Seminar on Speech Production, 301-307, 2003.12.
5. Tokihiko KABURAGI, Kohei WAKAMIYA and Masaaki HONDA, Three-dimensional electromagnetic articulograph based on a nonparametric representation of the magnetic field, Prec. International Conference on Spoken Language Processing, 2297-2300, 2002.09.
6. 田中輝光, 若宮幸平, 鈴木俊行, 狭トラック記録におけるヘッドフリンジ磁界の影響, 日本応用磁気学会, 24/4-2, 375-378, 2000.04.
7. Terumitsu TANAKA, Kohei WAKAMIYA and Toshiyuki SUZUKI, Read/Write Track Fringe Effect of Thin Film and MR Head with Different Pole Shapes, IEICE Transactions on Electronics, E82-C/12, 2165-2170, 1999.12.
8. 岡本好弘, 稲井祐介, 若宮幸平, 斎藤秀俊, 大沢寿, ディジタル磁気記録におけるパス帰還ビタビ復号法の誤り率特性, 愛媛大学工学部紀要, XVII, 101-110, 1998.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
International Speech Communication Association
Institute of Electrical and Electronics Engineering
日本音響学会
日本磁気学会
映像情報メディア学会
電子情報通信学会
学協会役員等への就任
2019.04~2021.03, 日本音響学会 九州支部, 評議員.
2016.07~2016.07, 電気関係学会九州支部連合大会, プログラム編集委員.
2016.04~2018.03, 日本音響学会 九州支部, 幹事.
2004.04~2005.03, 電気関係学会九州支部連合会, 役員.
2003.04~2005.03, 日本音響学会 九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09.29~2016.09.30, 電気関係学会九州支部連合大会, プログラム編集委員.
2008.09.10~2008.09.20, 音響学会秋季大会, 実行委員.
2004.09~2004.09, 電気関係学会九州支部大会, 役員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2009年度      
1998年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Pukyong National University, Korea, 2017.02~2017.02.
Max Atria at Singapore EXPO, Singapore, 2014.09~2014.09.
International courage of Tourism and Hotel management, Australia, 2003.12~2003.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2021年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, 発話器官の運動軌道を取り入れた聴覚障害者用発話訓練システムの開発.
2020年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 発話器官の運動軌道を用いた聴覚障害者用発話訓練システムに関する研究.
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 調音訓練に基づく日本語特殊拍の学習支援システムに関する研究.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 日本語母語話者による音声-調音運動データベースの作成.
2006年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, ヴォーカルパフォーマンスにおける芸術表現と生体音響学.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2019年度~2021年度, 曽田豊二記念財団 研究助成金, 代表, 3次元磁気センサシステムを用いた調音観測とその応用に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2007.09~2008.03, 分担, 3次元磁気センサシステムの構築.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」