九州大学 研究者情報
発表一覧
大井 尚行(おおい なおゆき) データ更新日:2021.06.03

教授 /  芸術工学研究院 環境デザイン部門 構築環境デザイン


学会発表等
1. 孫旻佑, 大井 尚行, 移動に伴って変化する視環境の認識改善に関する研究―視対象変化による正解率と印象評価の関係―, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2020.03.
2. シュバイリン, 大井 尚行,本間里見, 熊本市における高齢者の買物行動に基づく買物環境に関する研究, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2020.03.
3. 李静雅, 大井 尚行, サードプレイスとしての公共的空間の利用と利用意向に関する研究, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2020.03.
4. 城島由紀乃, 大井 尚行, 都市環境における水による演出空間の癒しの心理評価に関する研究, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2020.03.
5. 山口秀樹,原直也, 大井 尚行,加藤 未佳,吉澤 望,岩井彌,坂田克彦,鈴木直行, 空間の明るさの評価指標と適用範囲に関する考察 その1「明るさ」の評価対象・概念の整理, 日本建築学会大会学術講演会, 2019.09.
6. 李 美嘩, 大井 尚行, 夜間都市景観の認識に関する研究 照明要素の抽出, 日本建築学会大会学術講演会, 2019.09.
7. ウ ヤン, 大井 尚行, 夜間街路景観の安心感評価構造 出身国および滞在期間に着目して, 日本建築学会大会学術講演会, 2019.09.
8. 李静雅,大井尚行, 公共空間における行動場面と利用意向, 人間・環境学会 第26回大会, 2019.05.
9. 于恙, 大井 尚行, 歩行者にとっての夜間街路空間の安心感評価に関する研究 国内住民と外国人観光客を対象として, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2019.03.
10. 李美嘩, 大井 尚行, 夜間都市景観に関する研究 評価グリッド法による評価構造の抽出, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2019.03.
11. 李静雅, 大井 尚行, 商業地区における公園とその周辺の関係についての研究 福岡市天神地区の警固公園と天神中央公園を事例として, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2019.03.
12. 岡村明治, 大井 尚行, 座席選択と安心位置の個人差に関する研究 場所の選択とBig Five尺度との関係について, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2019.03.
13. 劉玉倩, 大井 尚行, 評価グリッド法におけるエレメントの影響に関する研究 中国人留学生と日本人学生の建築空間における美意識の比較, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2019.03.
14. 鈴木絢子, 大井 尚行, 愛着を持てる住まいに関する研究 経験が愛着評価に与える影響, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2019.03.
15. 李静雅,大井尚行, 生活スタイルからみるサードプレイス分類の試行, 芸術工学会 2018年度秋期大会, 2018.10.
16. 李静雅, 大井 尚行, 利用者の行為からみた公園とその周辺施設の関係について, 日本建築学会大会, 2018.09.
17. 鈴木絢子, 大井 尚行, 住まいに対する愛着の推移モデル, 日本建築学会大会, 2018.09.
18. 李美嘩, 大井 尚行, 夜間都市景観の認識に関する研究, 日本建築学会大会, 2018.09.
19. 岡村明治,大井尚行, 学習環境における座席の選択傾向の個人差についての基礎的検討, 人間・環境学会 第25回大会, 2018.05.
20. 劉玉倩,大井尚行,高橋浩伸, インテリア空間における美的価値観と評価構造ー中国人留学生と日本人学生の建築空間における美意識の比較, 人間・環境学会 第25回大会, 2018.05.
21. Naoyuki Oi, Hongjoo Park, Impressions and Luminance Distribution of Outdoor Illumination for Winter Events, The 8th Lux Pacifica, 2018.03.
22. 佐々木頌子, 大井 尚行, 屋内緑化における背景色の違いが印象評価に及ぼす影響に関する研究, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2018.03.
23. 岡香保里, 大井 尚行, 壁面模様の選定プロセスに関する研究 模様分類による模様の性状に関する語句の抽出と壁面模様の面積効果の分析, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2018.03.
24. 鈴木絢子, 大井 尚行, 住まいに対する愛着評価に影響する項目の抽出に関する研究 評価グリッド法を用いて, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2018.03.
25. 有馬万結, 大井 尚行, 水による演出空間に関する研究 水盤の面積比と内外での視点の違いが与える影響について, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2018.03.
26. 岡村明治, 大井 尚行, 街路景観の評価の個人差についての研究 疲労感と評価の関係について, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2018.03.
27. 李静雅, 大井 尚行, 都市環境における公園とその周辺施設の関係について 福岡市天神地区を事例として, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2018.03.
28. 劉玉倩, 大井 尚行, 異文化地域における住民の防災意識構造の検討 インドネシアの集落における災害に関するインタビュー調査, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2018.03.
29. 岡香保里, 大井 尚行, 縮尺模型を用いた壁面模様の印象評価実験の有効性に関する研究, 日本建築学会大会, 2017.08.
30. 有馬万結, 大井 尚行,髙橋浩伸, 水による演出空間に関する研究 実体験型評価グリッド法による評価構造の抽出, 日本建築学会大会, 2017.08.
31. 鈴木絢子, 大井 尚行,髙橋浩伸, 住まいに対する愛着の認識 評価と思い出の関係, 日本建築学会大会, 2017.08.
32. 佐々木頌子, 大井 尚行, 屋内緑化の形態分類別評価構造に関する研究 利用者の観点から魅力的な屋内緑化を目指して, 日本建築学会大会, 2017.08.
33. 李静雅,大井尚行, 公園における着座に関する調査-福岡市警固公園と天神中央公園を例として-, 人間・環境学会第24回大会, 2017.05.
34. 鈴木絢子,大井尚行,髙橋浩伸, 住まいに対する愛着の認識-思い出の想起による愛着意識の変化-, 人間・環境学会第24回大会, 2017.05.
35. 佐々木頌子, 大井 尚行, 屋内緑化の緑化形態を限定した評価構造に関する研究
利用者の観点から魅力的な屋内緑化を目指して, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2017.03.
36. 有馬万結, 大井 尚行, 水による演出空間に関する研究
実体験型評価グリッド法による評価構造の抽出, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2017.03.
37. 岡香保里, 大井 尚行, 縮尺模型を用いた壁面模様の印象評価実験の有効性に関する研究, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2017.03.
38. 形田 翔子, 大井 尚行, 髙橋 浩伸, 可照時間の差による日光に対する意識と採光満足度に関する研究, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2017.03.
39. 若狭智子, 大井 尚行, 居酒屋店舗における隠れ家性に関する研究
中の見えや立地と隠れ家性との関係について, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2017.03.
40. Naoyuki Oi, Hironobu Takahashi, Image structure of health in daily life using Image Grid Method, ICHES2016 The Fifth International Conference on Human-Environment System, 2016.10, The concept of “health” is thought to be important in today’s living environment. In order to overcome the difficulty in investigating the concept of “health”, Image Grid Method was developed based on Evaluation Grid Method and the concept of Behavior settings in our previous studies. Originally, Image Grid Method is developed to discover evaluation structures of the concepts which respondents struggle to answer in the process of Evaluation Grid Method. Through this study, the possibility of extracting evaluation structures which Evaluation Grid Method is ill-suited such as healthy living environment is shown..
41. 若狭智子, 大井 尚行, 居酒屋店舗における隠れ家性に関する研究 評価グリッド法を用いた評価構造の抽出と分析, 日本建築学会大会, 2016.08.
42. 岡香保里, 大井 尚行, 縞模様の壁面が与える心理的影響に関する研究, 日本建築学会大会, 2016.08.
43. 植田征道, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 居住地と非居住者による町並み景観構成要素の認識 キャプション評価法を用いた玉名市高瀬地区での調査, 日本建築学会大会, 2016.08.
44. 佐々木頌子, 大井 尚行, 商業施設における屋内緑化の評価構造に関する研究 利用者の観点から魅力的な屋内緑化を目指して, 日本建築学会大会, 2016.08.
45. 形田翔子, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 日光に対する意識と自然光の取り入れ方に関する研究, 日本建築学会大会, 2016.08.
46. Naoyuki Oi, Attractiveness of streets in a commercial district: Cognition of space components at a corner from pedestrians’ view, iaps24 (International Association for People-environment Studies), 2016.06.
47. 若狭智子, 大井 尚行, 居酒屋店舗における隠れ家性に関する研究
評価グリッド法を用いた隠れ家性の評価構造の抽出
, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2016.03.
48. 河村友, 大井 尚行, 商業地街路空間への誘引効果に関する研究
撮影角度の異なる街路画像の評価実験による着目要素の把握, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2016.03.
49. 朴泓ジュ, 大井 尚行, 映像による屋外照明環境の再現性に関する研究
ヒストグラムを用いた分析
, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2016.03.
50. Naoyuki Oi, DESCRIBING LUMINOUS ENVIRONMNET WITH LUMINANCE HISTOGRAMS, Lux Pacifica 2015, 2015.11.
51. 森永智年, 大井 尚行, 色ガラスの透過色による室内空間への心理的影響とその改善策, 日本建築学会大会, 2015.09.
52. 朴泓姝, 大井 尚行, 冬季の屋外照明に関する印象評価と輝度分布, 日本建築学会大会, 2015.09.
53. 若狭智子, 大井 尚行, 「狭さ」の概念がもつ肯定的側面に関する研究, 日本建築学会大会, 2015.09.
54. 河村友, 大井 尚行, 街路空間の誘引効果に関する研究 商業地の曲がり角で歩行者が着目する空間構成要素, 日本建築学会大会, 2015.09.
55. 青山 翔太, 井上 朝雄, 土屋 潤, 大井 尚行, 須長 正治, 九州各県の住宅展示場のモデルハウスにおける内装仕上材の色彩に関する実態調査
その1 居室ごとの色彩の傾向, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2015.03.
56. 青山 翔太, 井上 朝雄, 土屋 潤, 大井 尚行, 須長 正治, 九州各県の住宅展示場のモデルハウスにおける内装仕上材の色彩に関する実態調査
その2 大手メーカーと地場メーカーの色彩の傾向, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2015.03.
57. 田澤 隼, 大井 尚行, 移動に伴う空間の連続印象評価について
3つの手法による「圧迫感―開放感」の計測と空間の考察, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2015.03.
58. 河村 友, 大井 尚行, 商業地街路空間への誘引効果に関する研究
曲がり角で歩行者が着目する空間構成要素, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2015.03.
59. 内田 彩季, 大井 尚行, 小規模飲食店における開口部の大きさと店舗内の居心地の関係に関する研究, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2015.03.
60. 山下 弘貴, 大井 尚行, キャプション評価法による駅前の広場空間の景観構成要素に関する研究
福岡市内とその近郊の駅前を対象とした景観調査, 日本建築学会九州支部研究発表会, 2015.03.
61. 髙橋浩伸, 大井 尚行, T-HOUSE, 日本建築学会大会, 2014.09.
62. 形田翔子, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 住まいの記憶が住要求に与える影響, 日本建築学会大会, 2014.09.
63. 大井 尚行, 髙橋 浩伸, コンセプト・ワークのための評価構造抽出事例の比較考察, 日本建築学会大会, 2014.09.
64. 山下 弘貴, 大井 尚行, 髙橋浩伸, キャプション評価法による駅前広場の景観評価に関する研究 福岡市内の西鉄大橋駅駅前広場を対象とした景観調査, 日本建築学会大会, 2014.09.
65. 内田 彩季, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 小規模飲食店の「入りやすさ」と店舗内居心地に関する外観からの評価, 日本建築学会大会, 2014.09.
66. 田澤 隼, 大井 尚行, 髙橋浩伸, シークエンス空間における連続印象評価の手法に関する研究 3つの手法による「圧迫感―開放感」の計測と予測値の算出, 日本建築学会大会, 2014.09.
67. 朴 泓姝, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 冬季の屋外イルミネーションに関する評価構造, 日本建築学会大会, 2014.09.
68. 河村 友, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 独立樹木の魅力的なライトアップ手法の研究 クスノキを対象とした照明パターンと視距離による検討, 日本建築学会大会, 2014.09.
69. 井上 朝雄, 土屋 潤, 川鍋 亜衣子, 大井 尚行, 須長 正治, モデルハウスの内装仕上材の色彩分析 福岡県と秋田県の事例, 日本建築学会大会, 2014.09.
70. Naoyuki Oi, Hironobu Takahashi, Jing Liu, Stress situations and restorative environments of Chinese young adult people focusing on young people born in the 80s, iaps23, 2014.06.
71. 山下弘貴, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 川本 陽一, キャプション評価法による駅前広場の景観評価に関する研究 福岡市内の西鉄大橋駅駅前広場を対象とした景観評価, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2014.03.
72. 植田征道, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 川本 陽一, 居住地とまちづくり経験の有無による景観評価の違い キャプション評価法を用いた玉名市高瀬地区での調査, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2014.03.
73. 田澤隼, 大井 尚行, 川本 陽一, 髙橋浩伸, シークエンス空間における連続印象評価の手法に関する研究 調査票, 発話, 評価装置の比較, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2014.03.
74. 内田彩季, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 川本 陽一, 小規模飲食店の「入りやすさ」と店舗内の居心地に関する外観デザインからの評価, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2014.03.
75. 張怡, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 川本 陽一, 小規模運動空間における壁面色彩の違いによる心理的効果 無彩色・低彩度色に関する感情気分, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2014.03.
76. 星川正考, 井上 朝雄, 土屋潤, 大井 尚行, 須長 正治, 川鍋亜衣子, 現代日本の戸建住宅における室内の色彩
福岡の住宅展示場のモデルハウスにおける内装仕上材料の色彩特性に関する実態調査, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2014.03.
77. 藤田彩香, 田上 健一, 朝廣 和夫, 大井 尚行, 谷 正和, 井上 朝雄, 人口減少地域における住宅のレジリエンスに関する基礎的研究
スペイン・アラゴン州ウエスカ県エンブンにおけるケーススタディ, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2014.03.
78. 張怡, 大井 尚行, 川本 陽一, 髙橋浩伸, 運動空間における壁面色彩の違いによる心理的効果 小規模空間と無彩色・低彩度色の場合, 日本建築学会大会, 2013.08.
79. 田澤隼, 大井 尚行, 川本 陽一, 髙橋浩伸, 床面・壁面に生じた明暗の見えが空間の印象に与える影響に関する研究 不均一な照度分布の空間に対する明るさ感評価, 日本建築学会大会, 2013.08.
80. 内田彩季, 大井 尚行, 川本 陽一, 髙橋浩伸, 両隣の店舗の外観デザインからの影響を考慮した「入りやすさ」に関する研究, 日本建築学会大会, 2013.08.
81. 植田征道, 大井 尚行, 川本 陽一, 髙橋浩伸, 居住地とまちづくり経験の無い参加者と経験の有る参加者との景観評価の違い キャプション評価法を用いた玉名市高瀬地区での調査, 日本建築学会大会, 2013.08.
82. 髙橋浩伸, 大井 尚行, Y-HOUSE ユーザビリティの高い設計手法の提案, 日本建築学会大会, 2013.08.
83. 後藤ゆり, 大井 尚行, 髙橋浩伸, LED 照明器具の輝きによる空間の明るさ感・好ましさに関する研究
実寸大実験と縮尺模型実験の比較, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2013.03.
84. 張怡, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 運動空間における壁面色彩の違いによる心理的効果
小規模空間と無彩色・低彩度色の場合, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2013.03.
85. 劉菁, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 中国の若者のストレスの現状と回復環境に関する研究
80年代生まれの若者を対象として, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2013.03.
86. 植田征道, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 居住地とまちづくり経験の有無による景観調査の違い
キャプション評価法を用いた玉名市高瀬地区での調査, 日本建築学会 九州支部研究発表会, 2013.03.
87. 劉菁, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 色彩とその言語表現の認知的連想関係 インテリア色彩設計における色彩選定プロセスに関する研究, 日本建築学会 大会, 2012.09.
88. 植田征道, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 地元居住者と来訪者による景観評価の比較 キャプション評価法を用いた玉名市高瀬地区での調査, 日本建築学会 大会, 2012.09.
89. 森島貴之, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 建物の高さが街路の色彩景観の印象に与える影響, 日本建築学会 大会, 2012.09.
90. 張怡, 大井 尚行, 髙橋浩伸, 運動空間における壁面色彩の違いによる心理的効果 小規模空間と無彩色・低彩度色の場合, 日本建築学会 大会, 2012.09.
91. 後藤ゆり, 大井 尚行, 髙橋浩伸, LED照明を用いた好ましい照明の印象に関する研究 ショーウインドウにおける見え方の印象評価, 日本建築学会 大会, 2012.09.
92. 大井 尚行, 環境心理生理-節電行動の心理, 日本建築学会, 2012.09, 2012年度日本建築学会大会環境工学部門研究懇談会「節電から考えるこれからの建築」において,環境心理生理分野の代表として発表を行ったもの。.
93. Rahmawati Hidayah,大井尚行,高橋浩伸, 窓と視点の位置が室内開放感に及ぼす影響 模型実験による開放感に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2012.03.
94. 本多葵,大井尚行,高橋浩伸, LED照明を用いた居室空間の好ましい視環境に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2012.03.
95. 井上卓也,大井尚行,高橋浩伸, 子どもと大人による小空間の評価 教室まわり小規模空間を想定して, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2012.03.
96. 樋渡郁子,大井尚行,高橋浩伸, イメージグリッド法による癒しの概念に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2012.03.
97. 植田征道,大井尚行,高橋浩伸, 玉名市高瀬地区における景観調査の比較-地元住民と来訪者による景観評価-, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2012.03.
98. 大井 尚行,谷 正和,田上 健一,井上 朝雄, 生活環境圏評価の国際比較における背景条件に関する考察スペイン・アラゴン州の中山間集落における住意識の予備調査, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2012.03.
99. 本多葵,大井尚行,高橋浩伸, 白色・電球色 LED 調光による実験用照明装置の特性 RGB LED 実験用照明装置との比較, 日本建築学会 大会, 2011.08.
100. 清原千香子,大井尚行,高橋浩伸, 写真展示壁の色彩に関する基礎的検討, 日本建築学会 大会, 2011.08.
101. 森永智年,大井尚行,高橋浩伸, イメージコラージュを用いた住環境評価手法の検討について(その 2), 日本建築学会 大会, 2011.08.
102. 樋渡郁子,大井尚行,高橋浩伸, イメージグリッド法を用いた癒しのイメージに関する基礎的研究, 日本建築学会 大会, 2011.08.
103. 劉菁,大井尚行,高橋浩伸, 壁面色彩の異なる室内における気分の時間的変化, 日本建築学会 大会, 2011.08.
104. Rahmawati Hidayah,大井尚行,高橋浩伸, 窓と視点の位置が室内開放感に及ぼす影響模型実験による開放感に関する研究, 日本建築学会 大会, 2011.08.
105. 大井尚行, 知的活動のための空間と環境心理生理研究, 日本建築学会 大会, 2011.08, 知的活動のためによりよい空間を実現していくためには,どのような課題設定,研究が必要であろうか。本稿は,これまでの関連分野の知見や提案を概観し,知的活動のための空間という観点から環境心理生理分野における研究課題を整理することを目的とする。知的活動のタイプ,知的活動と生産性,知的活動のための環境の目的適性,知的活動のプロセス,作業効率を定義する指標,企業経営が求めるワークプレイスについて既往の研究及び既発表の論文をもとに考察し,知的活動のプロセスと研究の展望を提示する。.
106. 高橋浩伸,大井尚行, 人を健康にする空間の創造に関する基礎的研究イメージグリッド法による「健康」のイメージの抽出, 日本建築学会 大会, 2011.08.
107. 植田征道,大井尚行,高橋浩伸, 「クラブ」空間に関する研究-改装に伴う印象の変化に関する調査-, 日本建築学会 大会, 2011.08.
108. 安部ひとみ,大井尚行,高橋浩伸, デザイナーズカフェのデザインプロセスと利用者ニーズの検証福岡市中央区 カフェドアッシュについての考察, 日本建築学会 大会, 2011.08.
109. 高田佳栄,大井尚行,高橋浩伸, 曲面天井を持つ有彩色空間の印象評価, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2011.03.
110. 清原千香子,大井尚行,高橋浩伸, 写真展示壁の色彩に関する基礎的検討, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2011.03.
111. 張暁丹,大井尚行,高橋浩伸, 壁面色彩の違いによる室内雰囲気評価及び気分の時間的変化, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2011.03.
112. 永留芙美,大井尚行,高橋浩伸, 壁面色が時間計測に及ぼす影響に関する基礎的研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2011.03.
113. 齊藤宗房,大井尚行,高橋浩伸, 建物高さが街路の色彩景観の印象に与える影響, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2011.03.
114. 樋渡郁子,大井尚行,高橋浩伸, 評価構造図の作成による癒しの概念に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2011.03.
115. 井上卓也,大井尚行,高橋浩伸, 子どもによる小空間の評価 教室まわり小規模空間を想定して, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2011.03.
116. 森永智年,大井尚行,高橋浩伸, イメージコラージュを用いた住環境評価手法の検討について, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2011.03.
117. Naoyuki Oi, INDOOR LIGHTING QUALITY FOR MORE SUSTAINABLE AND HEALTHFUL LIFESTYLES, Seminar on addressing climate change challenges thru green urbanism, 2010.09.
118. 齊藤宗房,大井尚行,高橋浩伸, 景観計画における地方公共団体の色彩規制の実態, 日本建築学会 大会, 2010.09.
119. 岡本学,大井尚行,高橋浩伸, プレザントネスの評価構造に関する基礎的検討(その2), 日本建築学会 大会, 2010.09.
120. 森永智年,大井尚行,高橋浩伸, インテリア・プレゼンボードの評価を通した評価構造と個人属性の類型化, 日本建築学会 大会, 2010.09.
121. 樋渡郁子,大井尚行,高橋浩伸, 商業施設内における物販店舗デザインと「入りやすさ」に関する研究, 日本建築学会 大会, 2010.09.
122. 高田佳栄,大井尚行,高橋浩伸, 内装色の違いによる広さ感の変化に関する研究, 日本建築学会 大会, 2010.09.
123. Rahmawati Hidayah,大井尚行,高橋浩伸, 窓と視点の位置関係が室内開放感に及ぼす影響 模型実験による開放感に関する研究, 日本建築学会 大会, 2010.09.
124. 井上卓也,大井尚行,高橋浩伸, 子どもと大人による小空間の評価 空間の好みと広さ感について, 日本建築学会 大会, 2010.09.
125. 永留芙美,大井尚行,高橋浩伸, 異なる壁面色が及ぼす感覚時間の変化, 日本建築学会 大会, 2010.09.
126. 張暁丹,大井尚行,高橋浩伸, 壁面色彩の違いによる室内雰囲気評価の時間的変化, 日本建築学会 大会, 2010.09.
127. Naoyuki Oi, Hironobu Takahashi, When do you feel healthy? : Personal construct image of Health in daily life extracted by "Image Grid Questionnaire", 21. IAPS Conference (International Association for People-environment Studies), 2010.07.
128. 齋藤宗房,大井尚行,高橋浩伸, 景観計画における地方公共団体の色彩規制の実態, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
129. 大塚恒平,大井尚行,高橋浩伸, 色の嗜好と空間の印象に関する基礎的検討, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
130. 張 暁丹,大井尚行,高橋浩伸, 壁面色彩の違いによる室内雰囲気評価の時間的変化, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
131. 永留芙美,大井尚行,高橋浩伸, 異なる壁面色が及ぼす感覚時間の変化, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
132. 高田佳栄,大井尚行,高橋浩伸, 内装色の違いによる広さ感の変化に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
133. Rahmawati Hidayah,大井尚行,高橋浩伸, 窓と視点の位置関係が室内開放感に及ぼす影響 模型実験による開放感に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
134. 井上卓也,大井尚行,高橋浩伸, 子どもと大人による小空間の評価 広さ感と空間の好ききらいについて, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
135. 森永智年,大井尚行,高橋浩伸, インテリアプレゼンボード価値評価の専門家と非専門家による違いについて, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
136. 岡本 学,大井尚行,高橋浩伸, プレザントネスの評価構造に関する基礎的検討(その2), 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
137. 北田修平,大井尚行,高橋浩伸, 健康とは何か 評価グリッド法を応用した検討, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2010.03.
138. 大塚恒平,大井尚行,高橋浩伸, 嗜好色と居間空間の印象評価に関する基礎的研究, 日本建築学会 大会, 2009.08.
139. 魯斌,大井尚行,高橋浩伸,平手小太郎, 光源の違いが住宅室内における視覚環境の印象評価に与える影響
蛍光ランプとRGB LED の比較, 日本建築学会 大会, 2009.08.
140. 永留芙美,大井尚行,高橋浩伸, 飲食店における色彩の記憶とイメージに関する研究, 日本建築学会 大会, 2009.08.
141. 張 暁丹,大井尚行,高橋浩伸, 飲食店における外観デザインと「入りやすさ」に関する研究
昼間と夜間を総合した評価構造, 日本建築学会 大会, 2009.08.
142. 高田佳栄,大井尚行,高橋浩伸, 展示空間におけるキャプションの見やすさに関する研究, 日本建築学会 大会, 2009.08.
143. 北田修平,大井尚行,高橋浩伸, スポーツスタジアムにおける色彩とサインの見つけやすさ及び空間の印象に関する研究, 日本建築学会 大会, 2009.08.
144. 岡本 学,大井尚行,高橋浩伸, プレザントネスの評価構造に関する基礎的検討, 日本建築学会 大会, 2009.08.
145. 齋藤宗房,大井尚行,高橋浩伸, ギデンズの家族論にみる住環境の在り方の基礎的研究, 日本建築学会 大会, 2009.08.
146. 高橋浩伸,大井尚行, 住宅建設における建て主のニーズに関する考察
「感動品質」の創出, 日本建築学会 大会, 2009.08.
147. 大井尚行,高橋浩伸, 環境心理生理分野における「実践的研究」の意味, 日本建築学会 大会, 2009.08.
148. Naoyuki Oi, A Comparison between Fluorescent Lamp and LED on the Preference of Indoor Illuminance and Color Temperature: Scale Model Experiments Assuming Living Rooms, the 6th Lux Pacifica, 2009.04.
149. 魯斌,大井尚行,高橋浩伸, 住宅室内における照度・色温度の好ましさに関する研究 RGB蛍光ランプとRGB LEDの比較, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
150. 高田佳栄,大井尚行,高橋浩伸, 展示空間におけるキャプションの見やすさに関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
151. 北田修平,大井尚行,高橋浩伸, スポーツスタジアムにおける色彩とサインの見つけやすさ及び空間の印象に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
152. 沖田隆慶,大井尚行,高橋浩伸, 街路空間のCGパースによる道路平面形状の認識に関する研究-その2- 平面的認知から視覚的認知への変換, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
153. Rahmawati Hidayah,大井尚行,高橋浩伸, 窓形状及び窓と視点の位置関係が室内開放感に及ぼす影響 模型実験による開放感に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
154. 大塚恒平,大井尚行,高橋浩伸, 嗜好色と居間空間の印象評価に関する基礎的検討, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
155. 岡本学,大井尚行,高橋浩伸, プレザントネスの評価構造に関する基礎的検討, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
156. 張暁丹,大井尚行,高橋浩伸, 飲食店における外観デザインと「入りやすさ」に関する研究 昼間と夜間を総合した評価構造, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
157. 沖田隆慶,大井尚行,高橋浩伸, 飲食店における色彩の記憶とイメージに関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
158. 源島あい子,大井尚行,高橋浩伸, 飲食店の会話のしやすさに関する研究 ファーストフード店の音環境・印象と会話のしやすさ, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2009.03.
159. 魯斌,大井尚行,高橋浩伸, 居間空間における好ましい視覚環境に関する研究 その二 異なる光源による印象評価実験, 日本建築学会 大会, 2008.09.
160. Rahmawati Hidayah,大井尚行,高橋浩伸, 窓形状と位置が室内開放感に及ぼす影響 模型実験による開放感に関する研究, 日本建築学会 大会, 2008.09.
161. 沖田隆慶,大井尚行,高橋浩伸, 街路空間のCGパースによる道路平面形状の認識に関する研究, 日本建築学会 大会, 2008.09.
162. 北田修平,大井尚行,高橋浩伸, サインの色彩による見つけやすさと空間の印象に関する研究, 日本建築学会 大会, 2008.09.
163. 高橋浩伸,大井尚行, 評価グリッド法の改良手法を用いた住宅設計の実例報告, 日本建築学会 大会, 2008.09.
164. 大塚恒平,大井尚行,高橋浩伸, 個室における行為の違いによるBGMのふさわしさに関する研究, 日本建築学会 大会, 2008.09.
165. Naoyuki Oi, Hironobu Takahashi, Subjective Evaluation including Diversity: An application of Caption Evaluation Method on Townscape Research., iaps2009 (International Association for People-environment Studies), 2008.07.
166. 大井尚行, 環境心理分野からみた温熱環境評価, 日本建築学会 第38回熱シンポジウム『暑熱環境と人間・社会』-温熱感研究の社会的貢献-, 2008.07.
167. 藤井美沙,高橋浩伸,大井尚行, 俯瞰夜景が与える魅力に関する研究 夜景としての評価、街としての評価, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2008.03.
168. 北田修平,高橋浩伸,大井尚行, サインの色彩による見つけやすさと空間の印象に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2008.03.
169. 平岡由紀,高橋浩伸,大井尚行, 建築外装の色彩とパターンが街路景観の印象に及ぼす影響 2色の無彩色で構成される街並を基準とした模型実験による, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2008.03.
170. 沖田隆慶,高橋浩伸,大井尚行, 街路空間のCG パースによる道路平面形状の認識に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2008.03.
171. 大塚恒平,高橋浩伸,大井尚行, 個室における行為の違いによるBGMのふさわしさに関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2008.03.
172. 高橋浩伸,大井尚行, インテリア空間の美的評価に影響を与える要因に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2008.03.
173. ラハマワティヒダヤ,高橋浩伸,大井尚行, 窓形状と位置が室内開放感に及ぼす影響 模型実験による開放感に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2008.03.
174. 魯斌,高橋浩伸,大井尚行, RGB 調光による実験用LED 照明装置の特性 RGB 蛍光ランプ使用装置との比較, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2008.03.
175. Naoyuki Oi, Development of Evaluation Grid Method and Caption Evaluation Method for the user oriented evaluation, COE International Workshop: Perception and performance in real complex environment, 2007.10.
176. 大井 尚行, 小島 隆矢, 山中 俊夫, 宇治川 正人, 環境心理生理分野の研究状況の現状認識と研究課題の将来展望, 日本建築学会, 2007.08, 2007年度日本建築学会大会環境工学部門研究懇談会「環境工学分野の研究状況の現状認識と研究課題の将来展望―辿った道と歩むべき道」において,環境心理生理分野の代表として研究状況および研究課題について発表したもの。.
177. 魯斌,大井尚行, 居間空間における好ましい視覚環境に関する研究 照度,色温度,内装の色彩による印象評価実験, 平成19年度照明学会全国大会, 2007.08.
178. 藤井美沙,大井尚行, 視点の異なる夜景が与える街の印象に関する研究, 平成19年度照明学会全国大会, 2007.08.
179. 魯斌,高橋浩伸,大井尚行, 居間空間における好ましい視覚環境に関する研究 照度、色温度、内装の色彩による印象評価実験, 日本建築学会 大会, 2007.08.
180. ラハマワテイヒダヤ,高橋浩伸,大井尚行, 窓の位置が室内開放感に及ぼす影響 模型実験による室内空間の印象に関する研究, 日本建築学会 大会, 2007.08.
181. 沖田隆慶,高橋浩伸,大井尚行, 経路探索行動における平面形状の認識に関する研究, 日本建築学会 大会, 2007.08.
182. 藤井美沙,高橋浩伸,大井尚行, 視点の異なる夜景が与える街の印象に関する研究, 日本建築学会 大会, 2007.08.
183. 平岡由紀,高橋浩伸,大井尚行, 建築外装の色彩と街路景観の印象に関する研究 同一の無彩色で揃えた街並を基準とした模型実験による, 日本建築学会 大会, 2007.08.
184. 高橋浩伸,大井尚行, 評価グリッド法におけるラダーリング改良手法の提案, 日本建築学会 大会, 2007.08.
185. 沖田隆慶,大井尚行,高橋浩伸, 経路探索行動における平面形状の認識に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2007.03.
186. 平岡由紀,大井尚行,高橋浩伸, 建築外装の色彩が街路景観の印象に及ぼす影響 同一の無彩色で揃えた街並を基準とした模型実験, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2007.03.
187. 藤井美沙,高橋浩伸,大井尚行, 視点の異なる夜景が与える街の印象に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2007.03.
188. 吉浦峻史,大井尚行,高橋浩伸, 住宅外観のニーズに関する研究 道路との境界と住宅外形の不満と魅力, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2007.03.
189. 石丸浩高,大井尚行,高橋浩伸, 限定空間における椅座位でのパーソナルスペースの空間的拡がり, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2007.03.
190. 笠尾円,大井尚行,高橋浩伸, 私室における「過ごしやすい」家具配置と行為に応じた居場所・姿勢, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2007.03.
191. 魯斌,高橋浩伸,大井尚行, 居間空間における好ましい視覚環境に関する研究 照度・色温度・内装の色彩の変化による印象評価実験, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2007.03.
192. 笠尾円,大井尚行,高橋浩伸, 学生が私室で行う行為とその特性分類 住宅における「集中できる」空間と「くつろげる」空間に関する研究, 日本建築学会大会, 2006.09.
193. 吉浦峻史,大井尚行,高橋浩伸, 壁面の凹凸が室内開放感に与える影響に関する研究 照度と光源位置の変化による基礎的検討, 日本建築学会大会, 2006.09.
194. 沖田隆慶,高橋浩伸,大井尚行, 美術館・博物館ロビーにおけるサイン形態と印象評価, 日本建築学会大会, 2006.09.
195. 大井尚行,高橋浩伸, 商業店舗における外観デザインと「入りやすさ」に関する研究(2), 日本建築学会大会, 2006.09.
196. 高橋浩伸,大井尚行, 商業店舗における外観デザインと「入りやすさ」に関する研究(1), 日本建築学会大会, 2006.09.
197. 平岡由紀,大井尚行,高橋浩伸, 街並の中で目立つ看板とその面積の違いによる街路空間の印象変化 CG を用いたシミュレーションによる, 日本建築学会大会, 2006.09.
198. 石丸浩高,大井尚行,高橋浩伸, 複合商業施設における写真観察型キャプション評価法の試行, 日本建築学会大会, 2006.09.
199. 藤井美沙,高橋浩伸,大井尚行, 店舗空間における印象評価に関する研究 照明と物の配置の関係が空間に与える影響, 日本建築学会大会, 2006.09.
200. Naoyuki Oi, Hironobu Takahashi, Development of Caption Evaluation Method for the User Oriented Landscape Evaluation, IAPS19 (International Association for People-Environment Studies), 2006.09.
201. 笠尾円,大井尚行, 私室における「集中できる」空間と「くつろげる」空間に関する考察, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2006.03.
202. 吉浦峻史,大井尚行, 飲食店の写真より受ける情報に関する研究-利用意向とイメージについての考察, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2006.03.
203. 田邊恵理,大井尚行, 商業店舗の外観デザインから受ける「入りやすさ」に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2006.03.
204. 佐藤祐介,大井尚行, 商業空間における通路空間の印象評価に関する研究-キャナルシティ博多の屋外に面した通路空間において, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2006.03.
205. 友石淳,大井尚行, 視覚情報が照明環境予測に及ぼす影響の基礎的検討, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2006.03.
206. 高橋浩伸,大井尚行, 美しい空間に関する考察 美しいと評価された空間写真の年齢層比較, 日本建築学会大会, 2005.09.
207. 笠尾円,森田健,大井尚行, 住意識の個人差と環境評価反応時間の関係, 日本建築学会大会, 2005.09.
208. 諸永雅佳,大井尚行, 壁面の凹凸が室内開放感に与える影響に関する研究, 日本建築学会大会, 2005.09.
209. 吉浦峻史,大井尚行, 商品ディスプレイ配置より受ける空間の連続性に関する研究, 日本建築学会大会, 2005.09.
210. 田邊恵理,大井尚行, 飲食店の外観デザインから受ける「入りやすさ」に関する研究, 日本建築学会大会, 2005.09.
211. 石丸浩高,D.バート,大井尚行, ワークショップにおける調査に基づくコーポラティブハウス普及, 日本建築学会大会, 2005.09.
212. 友石淳,大井尚行,前山隆興,大久保篤, ベクトル照度測定に関する基礎的検討, 照明学会 全国大会, 2005.07.
213. 大井尚行,富松奈々, 生活行為と室内照度・色温度の好ましさ, 照明学会 全国大会, 2005.07.
214. 吉浦峻史,大井尚行, 模型実験によるディスプレイ配置より受ける印象評価実験 商業空間での動線を想定して, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2005.03.
215. 諸永雅佳,大井尚行, 建築化照明と独立照明器具の印象の違いに関する研究 CG 空間による基礎的検討, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2005.03.
216. 友石淳,大井尚行, 光量と光の到来方向に対する感覚の基礎的検討, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2005.03.
217. 田邊恵理,大井尚行, 飲食店の外観デザインから受ける「入りやすさ」に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2005.03.
218. 佐藤祐介,大井尚行, 複合商業施設の通路空間に関する印象評価の研究 キャナルシティ博多の外部に面した通路空間において, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2005.03.
219. 塚原賢治,大井尚行, 壁面の凹凸が室内開放感に与える影響に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2005.03.
220. 角良太,大井尚行, 模型実験による室内色彩の印象評価実験 グレイスケールの壁面にアクセントカラーが及ぼす影響に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2005.03.
221. 高橋浩伸,橋本光雄,大井尚行, 都市景観における美的価値観の年代比較に関する研究 福岡中心地区の小学校におけるキャプション評価法による景観調査(2), 日本建築学会 九州支部研究報告, 2005.03.
222. 橋本光雄,高橋浩伸,大井尚行, キャプション評価における指摘対象の年齢層比較 福岡中心地区の小学校におけるキャプション評価法による景観調査(1), 日本建築学会 九州支部研究報告, 2005.03.
223. 富松 奈々,大井尚行, 2つの連続する空間に照明の違いが及ぼす影響に関する研究 照度・色温度の違いによる開放感・分離感・明るさ感, 日本建築学会大会, 2004.08.
224. 高橋浩伸,大井尚行, 現代日本人の空間における美的価値構造の研究 評価グリッド法を用いた空間の美的評価, 日本建築学会大会, 2004.08.
225. 友石淳,秋田剛,大井尚行, 面光源を有する光環境の印象評価に関する研究, 日本建築学会大会, 2004.08.
226. 富松奈々、高月康次、大井尚行, R・G・B蛍光ランプの調光による実験用照明装置の特性, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2004.03.
227. 橋本光雄、角良太、大井尚行, 屋外オープンスペースの利用者の行為に関する研究 福岡市天神Z-side西通り側オープンスペースを事例として, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2004.03.
228. 長尾憲吉、大井尚行, 空間の印象評価に着目したCGと実大空間の比較実験 室内空間の分離感評価に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2004.03.
229. 塚原賢治、大井尚行, 天井高とその色彩の差異が室内開放感に与える影響に関する研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2004.03.
230. 高橋浩伸、大井尚行, 「美」の概念としての「あいまい」に関する研究 日本人の美意識に関する基礎的研究, 日本建築学会 九州支部研究報告, 2004.03.
231. 高橋浩伸、大井尚行, 現代日本人の美の概念に関する研究 伝統的建築空間における印象評価分析, 日本建築学会, 2003.09.
232. 松本有希子、大井尚行, 街路の設定と情報内容が案内図評価に与える影響 経路探索行動における地図情報の読み取り方に関する研究, 日本建築学会, 2003.09.
233. 大井尚行, 街路景観の中でのサインの誘目性と人に与える印象−連続写真を用いた指摘実験−, 日本建築学会, 2003.09.
234. 松本輝紀、大井尚行, 他者の手のとどく範囲の予測に関する実験 限定空間における領域形成と対人知覚に関する基礎的研究, 日本建築学会, 2003.09.
235. 富松奈々、大井尚行, 住宅居室の外部に対する閉鎖および開放に関する印象評価 内部と外部の2つの境界における連続性の研究, 日本建築学会, 2003.09.
236. 長尾憲吉、大井尚行, 空間知覚に着目したCGと実大空間の比較実験 室内空間の分離感評価に関する研究, 日本建築学会, 2003.09.
237. 角良太、大井尚行, 正確な色再現性のためのモニタの特性把握とカラーマッチングの適用 グレイスケールの空間設計における室内雰囲気評価に関する研究, 日本建築学会, 2003.09.
238. 宗方淳、大井尚行、平手小太郎、佐藤隆二、井上容子, 住宅居室の採光満足度に関する研究 住宅形式や地域差に関する検討, 日本建築学会, 2003.09.
239. 林洋一、小桜和彦、古賀靖子、大井尚行, デジタルカメラによる輝度測定の性能, 日本建築学会, 2003.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」