九州大学 研究者情報
総説一覧
山下 洋(やました ひろし) データ更新日:2017.07.14

特任准教授 /  九州大学病院 子どものこころの診療部


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 山下 洋, 児童思春期の強迫性障害における心理社会的視点, 児童青年精神医学とその近接領域, 47巻2号 91-99頁, 2006.07.
2. 吉益光一, 山下 洋, 清原千香子, 宮下和久, 注意欠陥多動性障害の疫学 治療と予防, 日本公衆衛生学雑誌, 53巻6号 398-410頁, 2006.06.
3. 山下 洋, 虐待を受けた子どもの育ち, ふくおか精神保健, 50巻3-23頁, 2005.06.
4. 山下 洋, 周産期の生物学的変化のメンタルヘルスへの影響と薬物療法, 母子保健情報, 51巻9-12頁, 2005.05.
5. 山下 洋、吉田敬子, 妊娠期における向精神薬の使用について —児の発達学的観点からのリスクの検討—, 臨床精神医学, 33巻8号1011-1026頁, 2004.08.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」