九州大学 研究者情報
発表一覧
髙木 信宏(たかき のぶひろ) データ更新日:2021.10.11

教授 /  人文科学研究院 文学部門 仏文学講座


学会発表等
1. 高木 信宏, 『赤と黒』の校訂についての一考察, 日本スタンダール研究会, 2019.05.
2. 高木 信宏, 「エッツェル版『パルムの僧院』──テクストの修正過程と異文」, 日本スタンダール研究会, 2015.05.
3. 高木 信宏, 「墓の彼方からの手紙──エッツェル版『パルムの僧院』の編集をめぐって」, 日本スタンダール研究会, 2013.06.
4. 高木 信宏, « "Mozart" de Kobayashi Hideo : Stendhal, émule des symbolistes », 国際高等研究所・研究プロジェクト「受容から創造性へ──近現代日本文学におけるスタンダールの場合」, 2011.12.
5. 和田 章男, 鎌田 隆行, 石橋 正孝, 高木 信宏, ワークショップ「印刷物の生成論 」(「エッツェル版『赤と黒』の異文について」を担当), 日本フランス語フランス文学会秋季大会, 2010.10.
6. Nobuhiro TAKAKI, « Au sujet du texte de base de l'édition Hetzel du "Rouge et le Noir" : les éditions posthumes de Stendhal », Colloque organisé par le Groupe International de Recherches Balzaciennes : Balzac et alii, génétiques croisées. Histoires d'éditions, 2010.06.
7. Nobuhiro TAKAKI, « L'amour et l'imagination créatrice : Modelage du type de l'Amazone chez Stendhal », Colloque organisé par l'Association Stendhal aujourd'hui : Stendhal et l'Éros romantique, 2009.03.
8. 高木 信宏, 「『赤と黒』の着想をめぐって」, 日本スタンダール研究会, 2005.12.
9. 高木 信宏, 「『赤と黒』第1部・第18章の制作をめぐって」, 日本スタンダール研究会, 2004.12.
10. 高木 信宏, 「『赤と黒』における狙撃の挿話」, 日本フランス語フランス文学会・九州支部学会, 1992.11.
11. 高木 信宏, 「スタンダールの『ラミエル』」, 日本フランス語フランス文学会・九州支部学会, 1991.11.
12. 高木 信宏, 「『アルマンス』における内的葛藤の構造」, 日本フランス語フランス文学会・秋季大会, 1990.10.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」