九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
白井 朋之(しらいともゆき) データ更新日:2024.06.03



教育活動概要
学部・大学院教育では,主に確率論の講義を担当している. 
工学部専門教育では,応用確率論, 常微分方程式などを担当. 理学部専門教育では確率論大意を担当. 数学科編入生への微積分学など.
数理学博士課程の大学院生2人,  修士課程の大学院生3人, 学部生3人および連係学府の経済学系修士課程1人の研究指導をしている. 
一般誌「数学セミナー」や「数理科学」の原稿執筆を通じて,研究内容の一端を社会に伝えるとともに,広く数学の啓蒙活動を行っている.
担当授業科目
2024年度・前期, 微分積分(編入).

2024年度・後期, 応用確率論.

2024年度・通年, 卓越論報.

2023年度・冬学期, 数学特論B4.

2023年度・後期, 応用確率論.

2022年度・冬学期, 数学特論B4.

2022年度・通年, 卓越論報.

2022年度・後期, 応用確率論.

2022年度・通年, MMA実務講義.

2022年度・通年, MMA特別実習.

2022年度・前期, 常微分方程式(A).

2021年度・通年, MMA特別実習.

2021年度・冬学期, 数学特論B4.

2021年度・後期, 応用確率論.

2021年度・通年, MMA実務講義.

2021年度・通年, MMA特別実習.

2021年度・前期, MMA講究C.

2021年度・前期, 常微分方程式(A).

2020年度・秋学期, 数学特論B4.

2020年度・前期, 常微分方程式(Aクラス).

2020年度・前期, 数学ⅠA(Aクラス).

2020年度・前期, MMA講究C.

2020年度・通年, MMA特別実習.

2020年度・通年, MMA実務講義.

2020年度・後期, 応用確率論.

2020年度・前期, 常微分方程式(Bクラス).

2020年度・前期, 数学ⅠA(Bクラス).

2019年度・後期, 応用確率論.

2019年度・前期, 常微分方程式.

2019年度・前期, 数学ⅠA.

2019年度・後期, 確率論大意.

2019年度・通年, MMA特別実習.

2019年度・通年, MMA実務講義.

2018年度・通年, MMA実務講義.

2018年度・前期, 数学演習IA.

2018年度・後期, 数学特論10.

2018年度・前期, 常微分方程式.

2018年度・前期, 数学的モデリング.

2018年度・後期, 応用確率論.

2017年度・前期, 数理モデリング.

2017年度・前期, 数学演習IA.

2017年度・前期, 数学特論10.

2017年度・前期, 機能数理学概論Ⅰ.

2017年度・前期, 常微分方程式.

2017年度・後期, 応用確率論.

2016年度・前期, 機能数理学概論Ⅰ.

2016年度・前期, 数学モデリング.

2016年度・前期, 数学特論10.

2016年度・前期, 常微分方程式.

2015年度・通年, 数理学講究I.

2015年度・後期, 数学特論B4.

2015年度・通年, 数理学講究第II.

2015年度・前期, 機能数理学概論Ⅰ.

2015年度・前期, 常微分方程式.

2015年度・後期, 応用確率論.

2014年度・前期, 数学IA.

2014年度・前期, 機能数理学概論Ⅰ.

2014年度・通年, 数理学講究第II.

2014年度・通年, 数理学講究I.

2014年度・後期, 応用確率論.

2014年度・前期, 基礎数学演習III.

2013年度・通年, 数理学講究第II.

2013年度・通年, 数理学講究I.

2013年度・後期, 微分積分学・同演習B.

2013年度・後期, 応用確率論.

2013年度・前期, 基礎数学演習III.

2013年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2012年度・通年, 数理学講究第II.

2012年度・通年, 数理学講究I.

2012年度・後期, 微分積分学・同演習B.

2012年度・後期, 応用確率論.

2012年度・前期, 数学コアセミナー.

2012年度・前期, MMA講究A.

2012年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2011年度・通年, 数理学基礎論究.

2011年度・後期, 数理学講究第I.

2011年度・通年, 数理学講究第II.

2011年度・通年, 数理学講究II.

2011年度・後期, 微分積分学・演習B.

2011年度・前期, 微分積分学・演習A.

2011年度・後期, 応用確率論.

2011年度・前期, 数理統計学.

2011年度・前期, 数学コアセミナー.

2010年度・後期, 応用確率論.

2010年度・後期, 微分積分学・演習B.

2010年度・前期, 確率論大意.

2010年度・前期, 数学展望.

2010年度・前期, 基礎数学演習III.

2010年度・前期, 微分積分学・演習A.

2009年度・前期, 基礎数学演習III.

2009年度・前期, 確率論基礎・演習 .

2009年度・前期, 数学IB.

2009年度・前期, 数学IB.

2008年度・後期, 数学特論C4.

2008年度・通年, 微分積分学・演習.

2008年度・前期, 数学IB.

2008年度・前期, 数学IB.

2007年度・後期, 数学特論C4.

2007年度・後期, 解析学C・演習.

2007年度・後期, 確率論基礎・演習.

2006年度・前期, 数学特論10.

2006年度・前期, 確率論大意.

2006年度・前期, 数学2C.

2006年度・前期, 数学2C.

2005年度・前期, 確率論大意.

2004年度・後期, 数学特論C.

2004年度・通年, 微分積分学.

2004年度・前期, 確率論基礎・演習.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2022.04, 部局, 参加, 数理学府FD.

2012.05, 部局, 参加, 入試の報告と成績調査分析.

2011.03, 部局, 参加, 入試の報告と成績調査分析.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2022年度, 金沢大学, 前期, 集中講義, 国内.

2021年度, University of Illinois Urbana-Champaign/Department of Mathematics

Illinois Geometry Lab, Tuesday at 6pm~7pm Illinois time, autumn semester, 2021, 併任教員, 国外.

2020年度, 関西学院大学, 前期, 集中講義, 国内.

2020年度, 名古屋大学, 前期, 集中講義, 国内.

2017年度, 福岡大学, 前期, 集中講義, 国内.

2017年度, 東京大学・数理科学研究科, 前期, 集中講義, 国内.

2016年度, 京都大学理学部, 後期, 集中講義, 国内.

2015年度, 岡山大学理学部, 後期, 集中講義, 国内.

2013年度, 金沢大学, 後期, 集中講義, 国内.

2012年度, 京都大学数理解析研究所, 後期, 客員教員, 国内.

2012年度, 大阪大学大学院理学研究科, 前期, 集中講義, 国内.

2008年度, 名古屋大学大学院多元数理科学研究科, 前期, 集中講義, 国内.

2007年度, 東北大学大学院理学研究科, 集中講義, 国内.

2004年度, 京都大学大学院理学研究科, 集中講義, 国内.

2003年度, 広島大学大学院理学研究科, 集中講義, 国内.

2003年度, 東京工業大学大学院情報科学研究科, 集中講義, 国内.

2002年度, 筑波大学第一学群自然学類, 集中講義, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
2021.10, University of Illinois Urbana-Champaign/Department of Mathematics Illinois Geometry Lab .

2016.12, 釜山大学との教育交流に関する教員派遣と受け入れ.

2018.01, 釜山大学との教育交流に関する教員派遣と受け入れ.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。