九州大学 研究者情報
総説一覧
田中 教雄(たなか のりお) データ更新日:2020.04.27

教授 /  法学研究院 民刑事法学部門 民事法専攻


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 田中教雄, 不法行為責任と医療水準の相対性について, 法政研究86巻4号, 2020.03.
2. 田中 教雄, 意思能力, 詳解 改正民法, 12頁-21頁, 2018.06.
3. 田中 教雄, 他人の権利の売買の解除と買主の使用利益の返還義務, 別冊ジュリスト・民法判例百選 Ⅱ債権 第8版 有斐閣, 92頁-93頁, 2018.03.
4. 田中 教雄, 民法(債権関係)改正の必要性と民法改正法律案, 法の科学47号, 2016.09.
5. 田中 教雄, 113条(無権代理)・117条(無代理人の責任)関係, 新・判例ハンドブック民法総則(日本評論社), 2015.05.
6. 田中 教雄, 民法561条による解除と買主の使用利益の返還義務, 別冊ジュリスト・民法判例百選 Ⅱ債権 第7版 有斐閣, 102頁-103頁, 2015.01.
7. 田中教雄, ドイツ債務法の現代化, 法の科学42号, 2011.09.
8. 田中教雄, 債務不履行における過失責任の原則について, 法政研究78巻1号, 2011.07, [URL].
9. 田中教雄, 「基本方針」にみる消費者法の民法典への取り込み, 龍谷大学社会科学研究所 社会科学研究年報第40号, 2010.05.
10. 田中教雄, 「94条2項における第三者」「仮装債権の譲受人」「虚偽表示の目的物を差し押さえた相手方の一般債権者」「善意で転抵当権の設定を受けた者」, 松本恒雄・潮見佳男編『判例プラクティス民法Ⅰ総則・物権』, 2010.03.
11. 田中教雄, 民事調停法17条に基づく調停に代わる決定と錯誤, 金融・商事判例増刊号『金融・消費者取引判例の分析と展開』 , 2010.03.
12. 田中教雄, 相続税の納付と共同相続人に対する不当利得返還請求, 法政研究76巻1・2号, 2009.09, [URL].
13. 田中 教雄, 「他人物売買」, Law Practice民法Ⅱ(商事法務)第3版, 初版(2009年9月)
第2版(2014年4月), 2017.03.
14. 田中教雄, 山中康雄の法律学から学ぶべきもの――『市民社会と民法』を読んで, 法の科学39号, 2008.04.
15. 田中教雄, 民法561条による解除と買主の使用利益の返還義務, 別冊ジュリスト・民法判例百選 Ⅱ債権 第6版 有斐閣, 100頁-101頁, 2009.04.
16. 田中教雄, 新司法試験論文問題の分析
民事系科目〔第2問<設問1>〕(民法)
, 受験新報, 2007年8月号(678号)47頁—50頁=中央大学真法会編『新司法試験論文式 問題と解説 平成19年度』法学書院(2007年10月)109頁-112頁所収。, 2007.07.
17. 田中教雄, 新司法試験「論文式」問題を読んで<民事系第2問〔設問1〕〔設問3〕>, 受験新報, 2006年9月号(667号)52頁—55頁=中央大学真法会編『新司法試験論文式 問題と解説 平成18年度』法学書院(2006年12月)100頁-103頁所収。, 2006.08.
18. 田中教雄, 市民社会の法としての民法の理念に関する一考察, 法の科学, 34号158頁—164頁, 2004.08.
19. 田中教雄, 民法94条2項等の類推適用, 演習 精選民法破棄判例Ⅰ, 45頁-52頁, 2004.01.
20. 田中教雄, 強迫による意思表示, 別冊ジュリスト・民法判例百選 I 総則・物権 第5版 有斐閣, 50頁-51頁, 2001.09.
21. 田中教雄, 鳩山秀夫『法律行為乃至時効』註釈民法全書第2巻・平井宜雄「法律行為前注」『注釈民法(3)』, 民法学説百年史所収、三省堂, 90頁-94頁, 1999.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」