九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
杜下 淳次(もりした じゆんじ) データ更新日:2021.06.30

教授 /  医学研究院 保健学部門 保健学部門 医用量子線科学分野


主な研究テーマ
身元確認のための画像認識技術の開発
キーワード:個人識別 画像認識画像認識 生体指紋
2019.05~2024.03.
画像情報を用いた自動認識技術の開発
キーワード:画像照合, 自動認識、X線写真
2000.03~2024.03.
ディジタルX線画像の画質評価法の開発
キーワード:デジタルラジオグラフィ, 画質
1988.04~2024.03.
従事しているプロジェクト研究
課題解決型高度医療人材養成プログラム 「実践能力強化型チーム医療加速プログラム」
2016.09~2020.03, 代表者:プロジェクトリーダー, 九州大学医学部保健学科, 九州大学.
研究業績
主要著書
1. 杜下淳次・加藤豊幸, 医用画像検査技術学, ISBN 978-4-525-27924-0, 2020.10.
2. 藤淵俊王・杜下淳次, 放射線・医療安全管理学, 南山堂, ISBN 978-4-525-27951‐6, 2020.09.
3. @杜下淳次 @中村泰彦, 診療放射線技師 臨床実習テキスト, 文光堂, ISBN 978-4-8306-4233-3, 2020.06.
4. @桂川茂彦.@藤田広志,@杜下淳次,@白石順二,@祐延良治, 医用画像情報学 改訂4版, 南山堂, 2020.03.
5. 編集主幹 @遠藤啓吾,編集委員 @杜下淳次,@小倉昭夫,片淵哲朗,@赤澤博之,@西谷源展, 図解 診療放射線技術実践ガイド 第4版, 文光堂, 2020.01.
6. 監修 内田 勝 編者 藤田広志,小寺吉衞 分担執筆 内田 勝,田中嘉津夫,吉田広行,佐井篤儀,原 武,山田 功,小島克之,藤田広志,桂川茂彦,杜下淳次,小倉敏弘,白石順二,小寺吉衞,小松研一,湊 小太郎, ディジタル放射線画像, 株式会社オーム社, 担当部分1「4.2」DR評価の基礎技術 p98-p109
担当部分2「5.1」CR系の画像評価 p117-p124
担当部分3「6.2」DSAで役立つ技術 p164-p168, 1998.09.
主要原著論文
1. Junji Morishita, Kiyoshi Dogomori, Shiro Hatanaka, Takeshi Hiwasa, Yasuhiko Nakamura, Noriyuki Hashimoto, Yoshiharu Higashida, Fukai Toyofuku, Masafumi Ohki, Effect of test patterns on measurement of the luminance of LCD devices by use of a telescopic-type luminance meter, Radiological Physics and Technology, Vol.1            p.95-p.99, 2008.01.
2. Junji Morishita, Hideyuki Watanabe, Shigehiko Katsuragawa,Nobuhiro Oda, Yoshiharu Sukenobu, Hiroko Okazaki, Hajime Nakata, Kunio Doi, Investigation of misfiled cases in the PACS environment and a solution to prevent filing errors for chest radiographs, Academic Radilogy, 10.1016/j.acra.2004.11.008, 12, 1, 97-103, Vol.12 No.1
PP97-103, 2005.01.
3. Junji Morishita, Shigehiko Katsuragawa,Yasuo Sasaki, Kunio Doi, Potential usefulness of biological fingerprints in chest radiographs for automated patient recognition and identification, Academic Radiology, Vol.11 No.3 PP.309-315, 2004.03.
4. Junji Morishita,Kunio Doi,Shigehiko Katsuragawa,Laurence Moninier-Cholley,and Heber MacMahon, Computer-aided diagnosis for interstitial infiltrates in chest radiographs: optical-density dependence of texture measures, Medical Physics, Vol.22 No.9
p.1515-p.1522, 1995.09.
5. @Junji Morishita,Kunio Doi,Romain Bollen, Philip C. Bunch,Dietmar Hoeschen, Gerard Sirand-rey,and Yoshiharu Sukenobu, Comparison of two methods for accurate measurement of modulation transfer functions of screen-film systems, Medical Physics, Vol.22 No.2
p.193-p.200, 1995.02.
6. 杜下淳次,藤田広志,大塚昭義,上田克彦,藤川津義,山内秀一,西原貞光,橋田昌弘,神崎竜二,金井一美,田中貞人,中西 敬, コンピューテッドラジオグラフィの基礎的な物理特性, 日本放射線技術学会雑誌 , Vol.46 No.6 p.824-p.830, 1990.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Junji Morishita, Yasuyuki Ueda, New solutions for automated image recognition and identification: challenges to radiographic technology and forensic pathology, Radiological Physics and Technology, 10.1007/s12194-021-00611-9,
Radiological Physics and Technology, 14(2), 123-133
, 2021.03, This paper outlines the history of biometrics for personal identification, the current status of the initial biological fingerprint techniques for digital chest radiography, and patient verification during medical imaging, such as computed tomography and magnetic resonance imaging. Automated image recognition and identification developed for clinical images without metadata could also be applied to the identification of victims in mass disasters or other unidentified individuals. The development of methods that are adaptive to a wide range of recent imaging modalities in the fields of radiologic technology, patient safety, forensic pathology, and forensic odontology is still in its early stages. However, its importance in practice will continue to increase in the future..
主要学会発表等
1. Junji Morishita, Shigehiko Katsuragawa, Yasuo Sasaki, Takeshi Hiwasa, Kunio Doi, Development of a search method to find lost chest radiographs in PACS server, 50th American Association of Physicists in Medicine Annual Meeting, 2008.07.
2. Junji Morishita, PhD, Shigehiko Katsuragawa, PhD, Yasuo Sasaki, MD , Takeshi Hiwasa, BA, and Kunio Doi, PhD, Development of an automated search method to find lost images in PACS environment by use of biological fingerprints and image-matching technique, CARS2008 (Euro PACS), 2008.06.
その他の優れた研究業績
2017.11, AuntMinnie.comで研究室在籍のYOON YONGSUさんのRSNAでの発表が紹介される.
2012.11, AuntMinnie.comで指導している修士学生の徳禮将吾君のRSNAでの発表が紹介される.
2017.05, AuntMinnie.comで指導している修士学生の清水陽一郎君の論文が紹介される.
2013.11, AuntMinnie.comで幾島陽一郎君が研究室在籍時に研究した内容で執筆した論文が紹介される.
2013.07, AuntMinnie.comのTop stories of the weekで紹介される.
2013.07, AuntMinnie.comで峠理沙さんが研究室在籍時に研究した内容で執筆した論文が紹介される.
学会活動
所属学会名
日本放射線技術学会
医用画像情報学会
American Association of Physicists in Medicine (AAPM)
学協会役員等への就任
2009.05~2022.04, 日本放射線技術学会・日本医学物理学会 official journal, Radiological Physics and Technology編集委員 .
2011.06~2022.04, 医用画像情報学会, 理事.
2013.04~2016.03, 公益社団法人 日本放射線技術学会, 理事.
2012.08~2014.08, 日本ラジオロジー協会, 理事.
2012.04~2014.03, 日本放射線技術学会, 第69回総会学術大会大会長,大会開催委員会委員,倫理審査委員会委員.
2012.04~2013.03, 日本放射線技術学会, 理事.
2011.04, 公益社団法人 日本放射線技術学会, 理事.
2009.04~2011.03, 日本放射線技術学会 , 理事.
2005.04, 日本放射線技術学会 , 画像分科会長.
2006.04, 日本放射線技術学会 九州部会, 理事.
2005.06, 医用画像情報学会, 理事.
2005.03, 日本放射線治療専門技師認定機構, 評議員.
2003.04~2007.03, 日本放射線技術学会, 理事.
2005.04, 日本放射線技術学会, 学術委員,スーパーテクノロジスト認定制度委員.
2001.04, 日本放射線技術学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2013.11.23~2013.11.24, 第8回九州放射線医療技術学術大会, 講師.
2013.10.17~2013.10.19, 日本放射線技術学会第41回秋季学術大会, 司会(Moderator).
2013.04.11~2013.04.14, 日本放射線技術学会第69回総会学術大会, 司会(Moderator).
2013.04.11~2013.04.14, 日本放射線技術学会第69回総会学術大会, 司会(Moderator).
2013.04.11~2013.04.14, 日本放射線技術学会第69回総会学術大会, 大会長.
2009.04.17~2009.04.19, 日本放射線技術学会, 司会(Moderator).
2009.10.22~2009.10.24, 第36回秋季学術大会, シンポジスト.
2008.10.23~2008.09.25, 第36回日本放射線技術学会秋季学術大会 (第64回画像分科会), 司会(Moderator).
2008.04, 日本放射線技術学会, 司会(Moderator).
2007.10, 日本放射線技術学会, 司会(Moderator).
2007.04, 日本放射線技術学会, 司会(Moderator).
2006.10, 日本放射線技術学会, 司会(Moderator).
2006.04, 日本放射線技術学会, 座長(Chairmanship).
2003.04, 日本放射線技術学会, 座長(Chairmanship).
2013.04.11~2013.04.14, 日本放射線技術学会 第69回総会学術大会 大会長, 大会長.
2011.09.29~2011.10.01, 11thAsia-Oceania Congress of Medical Physics, 6th Japan-Korea Joint Meeting on Medical Physics, 座長,セミナー司会 および 実行委員.
2011.10.28~2011.10.30, 日本放射線技術学会 第39回秋季学術大会 , 英語論文誌フォーラム 司会.
2011.04.07~2011.04.10, 日本放射線技術学会第67回総会学術大会, 合同シンポジウム 演者.
2009.04.17~2009.04.19, 第65回日本放射線技術学会総会学術大会, 教育講演(招聘)の司会.
2008.10.23~2008.10.25, 日本放射線技術学会 第36回秋季学術大会, 教育講演の司会.
2008.10.23~2008.10.25, 日本放射線技術学会 第36回秋季学術大会, シンポジスト.
2008.04, 第64回日本放射線技術学会総会学術大会, 教育講演(海外招聘者)の司会.
2007.10, 医用画像情報学会第149回大会, 世話人.
2007.10, 日本放射線技術学会第35回秋季学術大会, シンポジウム座長.
2007.04, 第63回日本放射線技術学会総会学術大会, 技術活用セミナーの司会.
2007.04, 第63回日本放射線技術学会総会学術大会, 教育講演(海外招聘)の司会.
2006.10, 日本放射線技術学会 第60回画像分科会, 教育講演司会.
2006.04, 日本放射線技術学会 第62回総会学術大会 教育講演, 教育講演(海外招聘)の司会.
2005.04, 日本放射線技術学会 第61回総会学術大会 CyberPoster合同セッション CAD, 座長.
2005.04, 日本放射線技術学会 第61回総会学術大会 海外交流派遣報告, 司会.
2005.04, 日本放射線技術学会 第61回総会学術大会 大会特別企画セミナー, 司会.
2005.04, 日本放射線技術学会 第61回総会学術大会 宿題報告2, 司会.
2003.04, 日本放射線技術学会 第59回総会学術大会 シンポジウム3 コンピュータ支援診断‐魅力と課題‐, 座長.
2004.10, 日本放射線技術学会 第32回秋季学術大会 画像分科会 画像セミナー, 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2007.05~2021.03, Radiological Physics and Technology, 国際, 編集委員.
2007.04, Radiological Physics and Technology, 国際, 編集委員.
2004.04, ICRUレポート70 日本語翻訳, 国内, 編集委員.
2002.03~2020.01, 図解 診療放射線技術実践ガイド 第1版 第2版 第3版 第4版, 国内, 編集委員.
2002.03~2020.03, 医用画像情報学 第1版 第2版 第3版 第4版, 国内, 編集委員.
2019.05~2024.03, 放射線・医療安全管理学, 国内, 編集委員.
2019.05~2024.03, 医用画像検査技術学 第4版, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度     10 
2009年度    
2008年度    
2007年度    
2006年度      
2005年度    
2004年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Korea University, Korea, 2016.03~2016.03.
Chulalongkorn University, Mahidol University, Thailand, 2015.12~2015.12.
Mahidol University, Thailand, 2013.08~2013.08.
The University of Chicago, UnitedStatesofAmerica, 2012.12~2012.12.
Korea University, Yonsei University, Korea, Korea, 2013.03~2013.03.
Korea University, Mahidol University, Japan, Thailand, 2012.03~2012.03.
Korea University, Mahidol University, Korea, Thailand, 2011.03~2011.03.
UC Davis, Massachusetts General Hospital, Duke University, Michigan University, The University of Chicago, UnitedStatesofAmerica, 2010.01~2010.02.
山東省衛生学校, China, 1998.04.
Kurt Rossmann labs. for Rdiologic Image Research, The University of Chicago, UnitedStatesofAmerica, 1991.09~1994.08.
受賞
Certicate of Merit, RSNA, 2019.12.
学術賞, 公益社団法人 日本放射線技術学会, 2018.04.
The best presenter award, JSRT, 2017.10.
President’s special award, JSRT, 2017.10.
Academic award, KSRS, 2017.05.
Best Oral Presentation, IALM Scientific Committee, 2016.06.
Invest in the Youth, ECR, 2016.03.
Doi Award, JSRT and JSMP, 2014.06.
優秀学生賞, 日本放射線技術学会, 2012.04.
Cum Laude, European Congress of Radiology, 2012.03.
Invest in the Youth, European Congress of Radiology, 2012.03.
Poster Award, Asia Oceania Congress ofMedical Physics, 2011.09.
Sliver Award, CSIT (中華医学会影像技術学会), 2010.09.
第65回総会学術大会 大会長賞, 日本放射線技術学会, 2009.04.
学生賞, 日本放射線技術学会, 2008.04.
瀬木賞(年間最優秀論文賞 共著), 日本放射線技術学会, 2005.04.
Certificate of Merit, Radiological Society of North America, 2003.12.
画像部会長賞, 日本放射線技術学会, 1995.04.
奨励賞, 日本放射線技術学会, 1992.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 放射線画像認識技術を用いた死後画像の特定に関する研究.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 三次元ならびに二次元X線画像を利用した身元確認システムの開発.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 三次元ならびに二次元X線画像を利用した身元確認システムの開発.
2002年度~2003年度, 基盤研究(C), 代表, PACS環境における患者誤登録判定システムの開発.
2006年度~2008年度, 基盤研究(C), 代表, 患者固有の画像情報を利用した画像検索システムの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」