九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
杣本 智軌(そまもと とものり) データ更新日:2020.06.22

准教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 海洋生命化学講座


主な研究テーマ
魚類の細胞性免疫に関する研究
キーワード:細胞性免疫 ウイルス ギンブナ
2003.04.
アフィニティーシルクによる魚病防除に向けた研究
キーワード:アフィニティーシルク, 魚病,予防
2016.04~2019.03.
獲得免疫不全ゼブラフィシュの感染防御機構の解明
キーワード:ゼブラフィシュ RAG-1欠損 ウイルス 細菌 免疫
2011.04~2014.03.
鶏卵抗体を利用したニシキゴイ感染症に対する予防法の開発
キーワード:ニシキゴイ 鶏卵抗体 感染症予防
2008.05.
従事しているプロジェクト研究
SIP(スマートバイオ産業・農業基盤技術) 昆虫(カイコ等)による有用タンパク質・新高機能素材の製造技術の開発・実用化
2018.11~2023.03, 代表者:瀬筒 秀樹, 農研機構, 内閣府
カイコで作製したアフィニティーシルクを利用して簡易魚病診断キット・病原体捕集デバイスの製品化を目指す.
アフィニティーシルクによる魚病防除に向けた研究
2016.07~2019.03, 代表者:佐藤巧視, 株式会社 キョーリン.
高効率燃料電池と再生バイオガスを融合させた地域内エネルギー循環システムの構築
2015.04~2018.03, 代表者:白鳥祐介, 九州大学.
抗体を利用したニシキゴイの感染症予防法の開発
2015.03~2017.03, 代表者:杣本智軌.
研究業績
主要著書
1. 中尾 実樹, 杣本 智軌, The evolution of complement system functions and pathways in vertebrates. in THE EVOLUTION OF THE IMMUNE SYSTEM: A BALANCE BETWEEN CONSERVATION AND DIVERSITY,, Elsevier, chapter 6,152-171, 2016.07.
2. 中尾 実樹 杣本 智軌, 補体への招待 「2.5.2. 補体系の進化:脊椎動物」(大井洋之、木下タロウ、松下操 編), 2011.04.
主要原著論文
1. Tajimi S, Kondo M, Nakanishi T, Nagasawa T, Nakao M, Somamoto T., Generation of virus-specific CD8+ T cells by vaccination with inactivated virus in the intestine of ginbuna crucian carp., Developmental and Comparative Immunology, doi: 10.1016/j.dci.2018.12.009., 93, 37-44, 2019.04.
2. Somamoto T, Maruyama S, Nagasawa T, Nakao M, Sato A, Hatta H, Sato M, Murakami-Yamaguchi Y, Kizu-Mori K, Hirakawa Y, Narita H. , Development of anti-atypical Aeromonas salmonicida monoclonal antibodies for diagnosis of new ulcer disease in koi carp. , Fish Pathology, 53, 1, 36-39, 2018.03.
3. Tokunaga Y, Shirouzu M, Sugahara R, Yoshiura Y, Kiryu Y, Ototake M, Nagasawa T, Somamoto T, Nakao M, Comprehensive validation of T- and B-cell deficiency in rag1-null zebrafish: Implication for the robust innate defense mechanisms of teleosts., Scientific Reports., 2017, 7, 7536, 2017.08.
4. Nur I, Abdelkhalek NK, Motobe S, Nakamura R, Tsujikura M, Somamoto T, Nakao M, Functional analysis of membrane-bound complement regulatory protein on T-cell immune response in ginbuna crucian carp., Molecular Immunology , doi: 10.1016/j.molimm.2015.11.010., 70, 1-7, 2016.02.
5. Nagasawa T, Somamoto T, Nakao M, Carp thrombocyte phagocytosis requires activation factors secreted from other leukocytes, Developmental and Comparative Immunology, 52, 107 -111, 2015.05.
6. Somamoto T, Miura Y, Nakanishi T, Nakao M, Local and systemic adaptive immune responses toward viral infection via gills in ginbuna crucian carp, Developmental and Comparative Immunology, 52, 1, 81-87, 2015.04.
7. Gan H, He H, Sato A, Hatta H, Nakao M, Somamoto T, Ulcer disease prophylaxis in koi carp by bath immersion with chicken egg yolk containing anti-Aeromonas salmonicida IgY. , Research in Veterinary Science, doi:10.1016/j.rvsc.2015.01.016, 99, 82-86, 2015.02.
8. Tsujikura M, Nagasawa T, Ichiki S, Nakamura R, Somamoto T, Nakao M, A CD46-like Molecule Functional in Teleost Fish Represents an Ancestral Form of Membrane-Bound Regulators of Complement Activation. , Journal of Immunology, doi: 10.4049/jimmunol.1303179, 194, 262-272, 2015.01.
9. Nagasawa T, Nakayasu C, Rieger AM, Barreda DR, Somamoto T, Nakao M, Phagocytosis by thrombocytes is a conserved innate immune mechanism in lower vertebrates. , Frontiers in Immunology, doi: 10.3389/fimmu.2014.00445, 5, 445, 2014.09.
10. Tomonori Somamoto, Masakazu Kondo, Teruyuki Nakanishi, Miki Nakao, Helper function of CD4+ lymphocytes in antiviral immunity in ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii. , Developmental and Comparative Immunology, doi: 10.1016/j.dci.2013.12.008, 44, 111-115, 2014.05.
11. Nur I, Tsujikura M, Somamoto T, Nakao M, Molecular characterization and expression analysis of three membrane-bound complement regulatory protein isoforms in the ginbuna crucian carp Carassius auratus langsdorfii., Fish and Shellfish Immunology, doi: 10.1016/j.fsi.2013.08.002., 35, 1333-1337, 2013.10.
12. Somamoto T, Nakanishi T, Nakao M, Identification of anti-viral cytotoxic effector cells in the ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii., Developmental and Comparative Immunology , 39, 370–377, 2013.05.
13. Sameshima S, Nakao M, Somamoto T. , Diversity of CD2 subfamily receptors in cyprinid fishes., Result Immunol, 2, 25-34, 2012.02.
14. Urabe S, Somamoto T, Sameshima S, Unoki-Kato Y, Nakanishi T, Nakao M., Molecular characterization of MHC class I and beta-2 microglobulin in a clonal strain of ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii., Fish Shellfish Immunol., 31, 3, 469-74. , 2011.09.
15. Toda H, Saito Y, Koike T, Takizawa F, Araki K, Yabu T, Somamoto T, Suetake H, Suzuki Y, Ototake M, Moritomo T, Nakanishi T., Conservation of characteristics and functions of CD4 positive lymphocytes in a teleost fish., Dev Comp Immunol. , 35, 650-60., 2011.03.
16. Tomonori Somamoto, Nobuaki Okamoto, Teruyuki Nakanishi, Mitsuru Ototake, and Miki Nakao,, In vitro generation of viral-antigen dependent cytotoxic T-cells from ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii, Virology, 20, 389, 26-33., 2009.06.
17. Seiko Nonaka, Tomonori Somamoto, Yoko Kato-Unoki, Mitsuru Ototake, Teruyuki Nakanishi, Miki Nakao, Molecular cloning of CD4 from ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii, Fisheries Science, 74: 341-346., 2008.04.
18. Tomonori Somamoto, Yasutoshi Yoshiura, Atsushi Sato, Miki Nakao, Teruyuki Nakanishi, Nobuaki Okamoto, Mitsuru Ototake, Expression profiles of TCRβ and CD8α mRNA correlate with virus-specific cell-mediated cytotoxic activity in ginbuna crucian carp, Virology, 348: 370-377, 2006.05.
19. J.M. Dijkstra, T. Somamoto, L. Moore, I. Hordvik, M. Ototake, and U. Fischer., Identification and characterization of a second CD4-like gene in teleost fish., Molecular Immunology, 43: 410-419., 2006.02.
20. Tomonori Somamoto, Yasutoshi Yoshiura, Teruyuki Nakanishi, Mitsuru Ototake., Molecular cloning and characterization of two types of CD8α from ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii., Developmental and Comparative Immunology, 29,693-702, 2005.07.
21. Tomonori Somamoto, Atsushi Sato, Teruyuki Nakanishi, Mitsuru Ototake, and Nobuaki Okamoto., Specific cytotoxic activity generated by mixed leucocyte culture in ginbuna crucian carp., Fish & Shellfish Immunology, 17,187-191, 2004.08.
22. Tomonori Somamoto, Teruyuki Nakanishi, and Nobuaki Okamoto., Role of specific cell-mediated cytotoxicity in protecting fish from viral infections., Virology, 297,120-127, 2002.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 杣本 智軌, 私の実験動物 #8 ギンブナ Carassius auratus langsforfi
, JADCI News , No.52, 11-13., 2020.06, [URL].
2. Tomonori Somamoto, Teruyuki Nakanishi, Mucosal delivery of fish vaccines: Local and systemic immunity following mucosal immunisations, Fish and Shellfish Immunology, https://doi.org/10.1016/j.fsi.2020.01.005, 99, 199–207., 2020.02.
3. Somamoto T, Koppang E.O., Fischer U., Antiviral functions of CD8+ cytotoxic T cells in teleost fish., Developmental and Comparative Immunology, 43: 197–204., 2014.04.
4. Nakanishi T, Toda H, Shibasaki Y, Somamoto T., Cytotoxic T cells in teleost fish., Developmental and Comparative Immunology, 35:1317-23., 2011.12.
5. Uwe Fischer, Katrin Utke, Tomonori Somamoto, Bernd Köllner, Mitsuru Ototake, Teruyuki Nakanishi, Cytotoxic activities of fish leucocytes, Fish & Shellfish Immunology, 20,209-26., 2006.02.
6. T. Nakanishi, U. Fischer, J.M.Dijkststra, Hasegawa, T. Somamoto, N. Okamoto, and M. Ototake., Cytotoxic T-cell function in fish., Developmental and Comparative Immunology, 26,131-139., 2002.01.
主要学会発表等
1. Zhao Ge, Takahiro Nagasawa, Miki Nakao, Tomonori Somamoto., Phagocytosis of CD8α+ T cell in ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii, 日本水産学九州支部大会, 2019.12.
2. フィニティーシルクを用いた魚病細菌除去フィルターの開発, アフィニティーシルクを用いた魚病細菌除去フィルターの開発, 日本魚病学会, 2019.09.
3. 繊毛虫Ichtyophthirius multifiliisの成長段階の違いによるギンブナの免疫応答の比較, 塩田昂明, 助田将樹, 中西照幸, 長澤 貴宏, 杣本智軌, 中尾実樹, 日本水産学会春季大会, 2019.03.
4. 助田将樹・塩田昴明・長沢貴宏・中尾実樹・杣本智軌, ギンブナCD8+Tリンパ球の寄生原虫に対する細胞遊走活性, 日本水産学会秋季大会, 2018.09.
5. 助田将樹, 長澤 貴宏, 中尾 実樹, 杣本智軌, ギンブナCD8+Tリンパ球の細胞外寄生原虫に対する細胞障害機構の解明, 日本水産学会春季大会, 2018.03.
6. 杣本智軌, 卵黄抗体で鯉の穴あき病予防, 日本たまご研究会, 2017.11.
7. 助田将樹,長沢貴宏,中尾実樹,杣本智軌, 繊毛虫Ichthyophthirius multifiliisに対する魚類CD8+T細胞の傷害機構, 日本魚病学会秋季大会, 2017.09.
8. 丸山真平,佐藤充,小島桂,佐藤巧視,長沢貴宏,中尾実樹,杣本智軌, アフィニティーシルクの魚病細菌感染症診断への応, 日本魚病学会秋季大会, 2017.09.
9. 助田将樹, 長澤 貴宏, 中尾 実樹, 杣本智軌, 繊毛虫 Ichthyophthirius multiliis に対するギンブナT 細胞の傷害活性, 日本水産学会春季大会, 2017.03.
10. 新内悠介, 満崎敬子, 福田圭佑, 長澤 貴宏, 中尾 実樹, 杣本智軌, ギンブナの細胞性免疫抑制によるKHV病発症, 日本水産学会春季大会, 2017.03.
11. 藤原もも, 丸山 真平, 佐藤巧視, 長澤 貴宏, 中尾 実樹, 杣本智軌, 穴あき病原因菌非定型A. salmonicidaに対する感受性の魚種・品種間比較, 日本魚病学会秋季大会, 2016.09.
12. Seisuke Tajimi, Tomonori Somamoto, Teruyuki Nakanishi, Miki Nakao, Induction of T cell immunity by intentional immunization with inactivated virus in ginbuna crucain carp, 13th Congress of the International Society for Developmental and Comparative Immunology, 2015.06.
13. 八田一, 杣本 智軌, 佐藤巧視, 森本金次郎, 鯉ヘルペスウイルスの感染抗原に対する鶏卵抗体(IgY)の調製, 日本農芸化学会, 2015.03.
14. 満崎敬子, 中尾 実樹, 杣本 智軌, コイとギンブナにおけるコイヘルペスウイルスへの免疫応答の比較, 日本水産学会春季大会, 2015.03.
15. 前田佑佳, 杣本 智軌, 鶴田幸成, 中尾 実樹, 穴あき病発症時におけるコイ補体成分の組織内分布, 日本水産学会春季大会, 2015.03.
16. 多治見 誠亮, 杣本智軌, 中西 照幸, 中尾 実樹, 不活化ウイルスの経腸管感作によって誘導されるギンブナT細胞の免疫応答及び感染防御効果
, 日本水産学会春季大会, 2013.09.
17. 甘 鴻剣, 何海文, 佐藤巧視, 八田一, 中尾 実樹, 杣本智軌, 鶏卵抗体の浸漬投与によるニシキゴイの穴あき病の予防法の確立, 日本魚病学会, 2013.09.
18. Indriyani Nur, Hikari Harada, Ryota Nakamura, Masakazu Tsujikura, Tomonori Somamoto, Miki Nakao, Characterizations of membrane-bound complement regulatory protein in Ginbuna Crucian Carp Carassius auratus langsdorfii, 日本比較免疫学会, 2013.08.
19. 豊福太樹, 山下基子, 長沢貴宏, 杣本 智軌, 中尾 実樹, ギンブナ樹状細胞マーカー CD83 に対する抗体の作製と発現, 日本水産学会春季大会, 2013.03.
20. 福田圭佑, 杣本 智軌, 中尾 実樹, ギンブナにおけるコイヘルペスウイルスに対する防御機構の解明
, 日本水産学会九州支部大会, 2013.01.
21. Tomonori Somamoto, Teruyuki Nakanishi, Miki Nakao, Functions of CD8-positive and CD4-positive lymphocytes against virus-infection in ginbuna crucain carp, 12th Congress of International Society of Developmental and Comparative Immunology , 2012.07.
22. 中西照幸、杣本智軌、柴崎康宏、藪健史, 魚類の細胞性免疫機構について, 第153回日本獣医学会微生物分科会シン ポジウム, 2012.03.
23. 多治見誠亮・杣本智軌・中西照幸・中尾実樹 , 不活化ウイルス経腸管感作後のギンブナT細胞の免疫応答, 日本水産学会九州支部大会, 2012.01.
24. 白水 正道・徳永 弓枝・吉浦 康寿、乙竹 充・杣本 智軌・中尾 実樹, Rag1欠損ゼブラフィッシュにおける獲得免疫不全の検証, 第23回日本比較免疫学会, 2011.08.
25. 杣本 智軌、中西 照幸、中尾 実樹, ウイルス感染で誘導されたギンブナ細胞傷害T細胞と単球の細胞傷害活性, 第22回日本比較免疫学会, 2010.08.
26. 長澤貴宏・中易千早・杣本智軌・中尾実樹,, コイ栓球は異物を貪食する, 日本比較免疫学会, 2009.08.
27. 中村一規・杣本智軌・中西照幸・中尾実樹,, ギンブナFas ligandのcDNAクローニングと発現解析, 日本比較免疫学会, 2009.08.
28. Shinichi Urabe, Tomonori Somamoto, Shiro Sameshima, Teruyuki Nakanishi, Mitsuru Ototake, and Miki Nakao,, Characterization of MHC class I genes in clonal ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii, 11th Congress of International Society of Developmental and Comparative Immunology, 2009.06.
29. 長沢貴宏・杣本智軌・中尾実樹, コイ栓球の免疫機能解析, 日本水産学会, 2009.03.
30. 杣本智軌, ギンブナのウイルスに対する細胞性免疫応答, シンポジウム「ウイルス感染防御のための魚類細胞性免疫機構の解明」, 2009.03.
31. 鮫島史朗・鵜木陽子・杣本智軌・中尾実樹, ギンブナ2B4様分子, 水産学会九州支部大会, 2009.01.
32. 占部慎二・鮫島史朗・杣本智軌・中尾実樹, ウイルス感染時におけるギンブナMHC class I遺伝子の発現動態, 水産学会九州支部大会, 2009.01.
33. 占部慎二、鮫島史朗、杣本智軌、中西照幸、中尾実樹, ギンブナ由来細胞株における4種のMHCクラスI遺伝子のクローニングおよび、CHNV感染後の発現動態, 日本比較免疫学会, 2008.08.
34. 杣本智軌、中西照幸 、乙竹充、中尾実樹, ウイルス特異的傷害活性を有するギンブナ培養リンパ球のCD8αとTCRβのmRNAの発現解析, 日本水産学会, 2008.03.
35. 野中誠子・杣本智軌・中西照幸・乙竹充・中尾実樹, 2種類のギンブナ CD4 様分子, 日本水産学会九州支部会, 2008.01.
36. 杣本智軌、占部慎二、鮫島史朗、中西照幸、中尾実樹, クローンギンブナ由来細胞株におけるMHCクラスIによる抗原提示機構関連遺伝子のクローニング, 日本比較免疫学会, 2007.08.
37. 鮫島史朗、鵜木陽子、杣本智軌、中尾実樹,, ギンブナ頭腎、体腎、脾臓の Expressed Sequence Tag 解析, 日本比較免疫学会, 2007.08.
38. 杣本智軌・Vo Kha Tam・加藤陽子・中尾実樹, コイ補体C1q A, B, C鎖のcDNAのクローニング, 補体シンポジウム, 2006.08.
39. Seiko Nonaka, Tomonori Somamoto, Yoko Kato, Mitsuru Ototake, Teruyuki Nakanishi, and Miki Nakao. , Molecular cloning and characterization of CD4 in ginbuna crucian carp. , 10th International Society of Developmental and Comparative Immunology Congress, 2006.06.
40. Tomonori Somamoto, Vo Kha Tam, Miki Nakao, Molecular cloning and characterization of the complement C1q A, B, and C chains in common carp. , 10th International Society of Developmental and Comparative Immunology Congress, 2006.06.
41. 杣本智軌・Vo Kha Tam・加藤陽子・中尾実樹, コイ補体C1qのcDNAクローニング, 日本水産学会, 2006.04.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本水産学会
国際比較免疫学会
日本比較免疫学会
学協会役員等への就任
2020.04~2022.03, 日本水産学会九州支部会, 庶務.
2011.02~2012.07, International Society of Developmental and Comparative Immunology (ISDCI), Local organizing Committee .
2007.07~2013.03, 日本比較免疫学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.09.12~2017.09.13, 日本魚病学会, 座長(Chairmanship).
2017.08.24~2017.08.25, 日本比較免疫学会, 座長(Chairmanship).
2014.09.22~2014.09.23, 日本魚病学会, 司会(Moderator).
2014.07.09~2014.07.09, 日本比較免疫学会, 座長(Chairmanship).
2013.08.26~2013.08.28, 日本比較免疫学会, 座長(Chairmanship).
2013.03.26~2013.03.30, 日本水産学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2012.07.09~2012.07.13, International Society of Developmental and Comparative Immunology, 座長(Chairmanship).
2011.08.21~2011.08.23, 日本比較免疫学会, 座長(Chairmanship).
2010.08.02~2010.08.02, 日本比較免疫学会, 座長(Chairmanship).
2009.08.04~2009.08.05, 日本比較免疫学会, 座長(Chairmanship).
2009.03.25~2009.03.31, 日本水産学会, 座長(Chairmanship).
2008.08~2008.11.28, 日本比較免疫学会, 座長(Chairmanship).
2007.08.01~2007.08.02, 第19回 日本比較免疫学会, 座長(Chairmanship).
2005.09.01~2005.09.01, 日本水産学会九州支部シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2014.09.22~2014.09.23, 日本魚病学会, 副委員長.
2014.09.19~2014.09.22, 日本水産学会秋季大会, プログラム委員.
2012.07.09~2012.03.13, 12th Conress of International Society of Developmental and Comparative Immunology , LOCAL ORGANIZING COMMITTEE.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度
2018年度
2017年度 11  11 
2016年度 13        13 
2015年度 10  10 
2014年度 11        11 
2013年度 13  13 
2012年度 13        13 
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度    
2007年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
カントー大学, Vietnam, 2019.10~2019.10.
フリードリッヒ レフラー研究所, Germany, 2008.03~2008.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2015.12~2015.12, 2週間未満, Can Tho University, Vietnam.
2013.09~2014.03, Egypt.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 補体C3の細胞内活性化による魚類T細胞の活性化制御と細胞性免疫応答の強化.
2020年度~2023年度, 基盤研究(B), 代表, 粘膜免疫活性化による魚類の記憶T細胞の誘導機構の解明.
2019年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, 魚類リポカリンタンパク質―性分化機構を中心とした機能の解明.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, 補体のホメオスタシス機能を活用した魚類粘膜の自然免疫バリアの強化.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, 簡便かつ鋭敏な細胞性免疫機能測定による水産用ワクチン有効性評価法の開発 .
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 寄生虫に対する魚類粘膜組織における獲得免疫機構の解明.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 魚類の粘膜免疫の活性化による獲得免疫誘導機構の解明.
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 魚類インターフェロンの機能解明による魚類疾病予防法の開発 .
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, 栓球による魚類免疫応答の活性化と制御の分子機構 .
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 魚類における補体活性化制御因子のを活用した免疫応答の最適化.
2010年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 魚類の獲得免疫系における細胞性免疫と液性免疫のウイルス感染防御効果.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 免疫関連遺伝子発現プロファイルを用いた魚類ウイルス性疾病の診断・予防法の開発.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 多様化した魚類補体成分アイソタイプが構築する補体活性化ネットワークの解明.
2006年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, 魚類におけるウイルス抗原特異的リンパ球の培養システムの構築.
2005年度~2006年度, 萌芽研究, 分担, 幅広い魚種で機能する補体マスターキー分子の作出.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, 魚類免疫応答におけるT細胞機能の解明による魚類疾病の診断・予防法の開発.
2003年度~2004年度, 特別研究員奨励費, 代表, 魚類のウイルス抗原特異的細胞傷害能に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2022年度, 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)(スマートバイオ産業・農業基盤技術), 分担, 昆虫(カイコ等)による有用タンパク質・新高機能素材の製造技術の開発・実用化、担当課題:簡易魚病診断キット・病原体捕集デバイスの製品化.
2015年度~2019年度, JST-JICA 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS), 分担, 高効率燃料電池と再生バイオガスを融合させた地域内エネルギー循環システムの構築.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.07~2019.03, 代表, アフィニティーシルクによる魚病防除に向けた研究.
2012.06~2013.05, 代表, 穴あき病原菌(Aeromonous Salmonicida)とコイヘルペスウイルス(KHV)に対する鶏卵抗体の作製.
2011.06~2012.06, 代表, 鶏卵抗体を利用したニシキゴイ感染症に対する新しい感染予防法の開発.
2008.10~2010.10, 代表, 抗コイヘルペスウイルス(KHV)鶏卵抗体の受動免疫効果の検証.
2010.04~2011.03, 代表, コイヘルペスウイルスおよび穴あき病原菌の抗原作製.
寄附金の受入状況
2015年度, 株式会社キョーリン, 研究助成金.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」