九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
片岡 啓(かたおか けい) データ更新日:2020.10.07

准教授 /  人文科学研究院 哲学部門 インド哲学史


教育活動概要
インド哲学史講義
アジア宗教思想特論
インド文献学基礎演習
インド古代思想研究
論文指導
担当授業科目
2019年度・後期, インド哲学史講義Ⅱ.

2019年度・後期, アジア宗教思想特論Ⅳ.

2019年度・後期, インド古代思想研究Ⅳ.

2020年度・前期, インド哲学史演習Ⅰ.

2020年度・前期, インド哲学史講義Ⅰ.

2020年度・前期, アジア宗教思想特論Ⅰ.

2020年度・前期, インド古代思想研究Ⅰ.

2020年度・前期, 論文指導(修士課程).

2020年度・前期, 博士演習.

2020年度・前期, 論文指導(博士後期課程).

2019年度・後期, 博士演習.

2019年度・前期, 博士演習.

2019年度・後期, 論文指導.

2019年度・前期, 論文指導.

2019年度・後期, インド古代思想研究II.

2019年度・前期, インド古代思想研究I.

2019年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2019年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2018年度・後期, 博士演習.

2018年度・前期, 博士演習.

2018年度・後期, 論文指導.

2018年度・前期, 論文指導.

2018年度・後期, インド古代思想研究II.

2018年度・前期, インド古代思想研究I.

2018年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2018年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2019年度・前期, 哲学・思想入門.

2019年度・前期, インド古代思想研究Ⅲ.

2019年度・前期, 古典インド思想研究Ⅰ.

2019年度・前期, インド文献学基礎演習Ⅰ.

2019年度・前期, インド哲学史演習Ⅲ.

2018年度・後期, 哲学・思想入門.

2018年度・後期, インド文献学基礎演習Ⅱ.

2018年度・後期, インド哲学史演習Ⅱ.

2018年度・前期, インド哲学史講義Ⅰ.

2018年度・前期, インド哲学史演習Ⅰ.

2018年度・後期, インド文献学基礎演習Ⅱ.

2018年度・後期, インド哲学史演習Ⅱ.

2018年度・後期, 哲学・思想入門.

2017年度・後期, 卒業論文.

2017年度・前期, 卒業論文.

2017年度・後期, インド文献学基礎演習Ⅲ.

2017年度・後期, インド哲学史講義Ⅱ.

2017年度・前期, インド哲学史講義Ⅰ.

2017年度・後期, 人文学Ⅱ.

2017年度・後期, インド哲学史演習Ⅳ.

2017年度・前期, インド哲学史演習Ⅲ.

2017年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2017年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2017年度・前期, インド古代思想研究I.

2017年度・後期, インド古代思想研究II.

2017年度・後期, 古典インド思想研究I.

2017年度・前期, 論文指導.

2017年度・後期, 論文指導.

2017年度・前期, 博士演習.

2017年度・後期, 博士演習.

2016年度・前期, インド哲学史講義I.

2016年度・後期, インド哲学史講義II.

2016年度・前期, インド哲学史演習I.

2016年度・後期, インド哲学史演習II.

2016年度・後期, インド文献学基礎演習III.

2016年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2016年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2016年度・前期, インド古代思想研究I.

2016年度・後期, インド古代思想研究II.

2016年度・後期, 古典インド思想研究I.

2016年度・前期, 論文指導.

2016年度・後期, 論文指導.

2016年度・前期, 博士演習.

2016年度・後期, 博士演習.

2016年度・前期, 文系ディシプリン科目・哲学思想入門.

2016年度・後期, 総合科目 アカデミック・フロンティア.

2015年度・前期, インド哲学史講義I.

2015年度・後期, インド哲学史講義II.

2015年度・前期, インド哲学史演習III.

2015年度・後期, インド哲学史演習IV.

2015年度・後期, インド文献学基礎演習II.

2015年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2015年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2015年度・前期, インド古代思想研究I.

2015年度・後期, インド古代思想研究II.

2015年度・前期, 博士演習.

2015年度・後期, 博士演習.

2015年度・前期, 論文指導.

2015年度・後期, 論文指導.

2015年度・後期, 古典インド思想研究II.

2015年度・後期, 人文学II.

2015年度・前期, 人文学基礎.

2015年度・前期, 課題協学.

2013年度・後期, 人間性:意識と言葉.

2013年度・後期, 哲学基礎.

2013年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2013年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2013年度・後期, インド古代思想研究II.

2013年度・前期, インド古代思想研究I.

2013年度・前期, インド古代思想研究I.

2013年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2013年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2013年度・後期, インド哲学史演習II.

2013年度・前期, インド哲学史演習III.

2013年度・後期, インド哲学史講義II.

2013年度・前期, インド哲学史講義I.

2013年度・後期, インド文献学基礎演習III.

2013年度・前期, 論文指導.

2013年度・後期, 論文指導.

2013年度・後期, 博士演習.

2013年度・前期, 博士演習.

2012年度・前期, インド哲学史講義I.

2012年度・後期, インド哲学史講義II.

2012年度・前期, インド哲学史演習I.

2012年度・後期, インド哲学史演習II.

2012年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2012年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2012年度・前期, インド古代思想研究I.

2012年度・後期, インド古代思想研究II.

2012年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2012年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2012年度・前期, コアセミナー.

2012年度・後期, 哲学基礎.

2012年度・後期, インド文献学基礎演習III.

2012年度・前期, 論文指導.

2012年度・後期, 論文指導.

2012年度・前期, 博士演習.

2012年度・後期, 博士演習.

2011年度・前期, インド哲学史講義I.

2011年度・後期, インド哲学史講義II.

2011年度・前期, インド哲学史演習IV.

2011年度・後期, インド哲学史演習III.

2011年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2011年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2011年度・前期, インド古代思想研究I.

2011年度・後期, インド古代思想研究II.

2011年度・前期, アジア宗教思想講義I.

2011年度・後期, アジア宗教思想講義I.

2011年度・後期, 仏教史講義II.

2011年度・前期, 東洋思想特論II.

2011年度・後期, 東洋思想特論III.

2011年度・前期, インド・チベット仏教史研究I.

2011年度・後期, インド・チベット仏教史研究II.

2010年度・前期, インド哲学史講義I.

2010年度・後期, インド哲学史講義II.

2010年度・前期, インド哲学史演習IV.

2010年度・後期, インド哲学史演習III.

2010年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2010年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2010年度・前期, インド古代思想研究I.

2010年度・後期, インド古代思想研究II.

2010年度・前期, 人文学入門.

2009年度・前期, インド哲学史講義I.

2009年度・後期, インド哲学史講義II.

2009年度・前期, インド哲学史演習IV.

2009年度・後期, インド哲学史演習III.

2009年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2009年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2009年度・前期, インド古代思想研究I.

2009年度・後期, インド古代思想研究II.

2008年度・後期, 哲学基礎.

2008年度・前期, インド哲学史講義I.

2008年度・後期, インド哲学史講義II.

2008年度・前期, インド哲学史演習II.

2008年度・前期, インド哲学史演習I.

2008年度・前期, 少人数セミナー.

2008年度・後期, インド古代思想研究II.

2008年度・前期, インド古代思想研究I.

2008年度・前期, 論文指導.

2008年度・後期, 論文指導.

2008年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2008年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2007年度・前期, 論文指導.

2007年度・後期, インド古代思想研究II.

2007年度・前期, インド古代思想研究I.

2007年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2007年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2007年度・後期, 論文指導.

2007年度・後期, 古典インド思想研究II.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, インド哲学史演習I.

2007年度・前期, インド文献学基礎演習I.

2007年度・後期, インド文献学基礎演習II.

2007年度・後期, インド哲学史講義II.

2007年度・前期, インド哲学史講義I.

2007年度・前期, 哲学基礎.

2007年度・後期, インド哲学史演習IV.

2006年度・後期, 共通コア科目 人間性 (「意識と言葉」担当).

2006年度・前期, 哲学基礎.

2006年度・後期, 論文指導.

2006年度・前期, インド哲学史講義I.

2006年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2006年度・後期, インド哲学史講義II.

2006年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2006年度・前期, インド哲学史演習I.

2006年度・前期, インド古代思想研究I.

2006年度・後期, インド古代思想研究II.

2006年度・前期, 論文指導.

2006年度・後期, インド哲学史演習II.

2006年度・前期, コアセミナー.

2005年度・前期, 論文指導.

2005年度・前期, インド古代思想研究I.

2005年度・後期, インド文献学基礎演習I.

2005年度・前期, インド文献学基礎演習I.

2005年度・後期, アジア宗教思想特論IV.

2005年度・後期, インド哲学史講義II.

2005年度・前期, アジア宗教思想特論I.

2005年度・前期, インド哲学史講義I.

2005年度・後期, インド古代思想研究II.

2005年度・後期, 論文指導.

2005年度・前期, 哲学基礎.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2020.02, 部局, 参加, 文学部ならびに人文科学府の授業評価アンケートの結果について.

2019.05, 部局, 企画, 文学部新任教員就任講義.

2018.05, 部局, 参加, 文学部新任教員就任講義.

2017.11, 部局, 参加, 救急救命FD.

2017.06, 部局, 参加, 障害者支援における合理的配慮.

2017.05, 部局, 参加, 新任教員就任講義.

2016.11, 全学, 参加, 箱崎文系地区ハラスメント防止セミナー.

2016.05, 部局, 参加, 文学部FD:eラーニングシステム(Moodle)講習会.

2010.03, 部局, 企画, 文学部FD.

2009.03, 部局, 企画, FD.

2008.09, 全学, 参加, 全学FD.

2007.09, 部局, 企画, FD.

2007.09, 全学, 参加, 全学FD.

2005.04, 全学, 参加, 全学FD.

学生のクラス指導等
2012年度, 学部, 1組.

2011年度, 学部, 1組.

2007年度, 学部, 1組.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2020年度, 京都大学文学部, 夏学期集中9月, 集中講義, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
2019.10, 全南大学校より,Eunbyeol Cho(全南大学校博士課程,哲学科)を,訪問研究員として半年間受け入れる(2019.10-2020.2)..

2019.05, 訪問研究員として受け入れていたVladimir Angirov(ハンブルク大学博士課程)が,ハンブルク大学における写本研究プロジェクトの専任研究員に内定..

2019.02, 訪問研究者として受け入れていたHam Hyoung Seokが,韓国光州市の全南大学校の准教授(2019.3-)に内定..

2018.03, 学振PDとして受け入れていた斉藤茜(2016-2018年度)が,次年度からの海外学振(受入先,インド国,フランス極東学院EFEOポンディシェリ校,2018.6-2020.5)に内定..

2020.01, 学振PDとして受け入れていた眞鍋智裕(2017-2019年度)が,早稲田大学高等研究所の専任講師(2020-2023年度)に内定..

2020.01, 指導院生である須藤龍真(学振DC1,2017-2019年度)が,学振PD(2020-2023年度,受入先:筑波大学)に内定..

2018.06, ハンブルク大学博士課程在学のVladimir Angirovを,仏教伝道協会の奨学金により受け入れている.一年間.2018.6-2019.5..

2017.08, Ham Hyoung Seok博士を2年間,2017.8-2019.7,Robert Ho Family FoundationのFellowshipで受け入れている..


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」