九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
橋本 典明(はしもと のりあき) データ更新日:2021.06.14



主な研究テーマ
波浪観測データ解析における未解決問題の解法の提案とその適用性に関する研究
キーワード:波浪データ解析法,方向スペクトル解析法,海底で計測された水圧波から水面波の推定法
2020.04~2023.03.
沿岸域諸施設における技術的検討のパラダイムシフトを目的とした波浪に関する基礎研究
キーワード:方向スペクトル,うねり,風波,波候統計
2017.04~2020.03.
気候変動適応技術社会実装に関する研究
キーワード:地球温暖化,適応策,沿岸防災,高潮,波浪,海面上昇
2015.12~2020.03.
地球温暖化に対応した沿岸防災システムに関する研究
キーワード:沿岸防災,地球温暖化,台風,高潮,波浪
2000.04.
周期の長い波浪の発生機構の解明と予測技術に関する研究
キーワード:うねり,非線形エネルギー輸送,波浪予報モデル
2011.04~2014.03.
大気・海洋間の運動量輸送過程の帰納的推定と沿岸防災技術の高度化に関する研究
キーワード:海面抵抗係数,台風,波浪予報
2008.05~2012.03.
亜熱帯化先進地九州における沿岸災害適応策の研究
キーワード:地球温暖化,沿岸防災
2005.04.
局地気象モデルを利用した沿岸海象シミュレーション
キーワード:局地気象モデル、海上風、風波、沿岸流
2001.04.
沿岸海象観測データと気象データの統計解析
キーワード:波浪観測 NOWPHAS GPV
2000.04.
短波海洋レーダによる沿岸海象の広域観測に関する研究
キーワード:短波海洋レーダ HFレーダ VHFレーダ
1998.04.
確率台風モデルの開発とその応用
キーワード:台風 再現期待値
2001.04.
海洋データの同化手法の開発とその応用に関する研究
キーワード:データ同化 波浪推算
2003.04.
波浪推算法による我が国沿岸の波浪の出現特性の解明
キーワード:波浪推算 WAM SWAN NOWPHAS
2002.04.
日本沿岸波浪推算処理解析システムの開発
キーワード:波浪推算 WAM
2003.04.
海洋波の非線形相互作用に関する研究
キーワード:海洋波 非線形相互作用 波浪推算
1996.04.
従事しているプロジェクト研究
海域・港湾等における環境・防災技術に係る研究
2020.04~2023.03, 代表者:杉村 佳寿, 九州大学大学院 工学研究院 海域港湾環境防災共同研究部門.
海域・港湾等における環境・防災技術に係る研究
2017.04~2020.03, 代表者:中川康之, 九州大学大学院 工学研究院 海域港湾環境防災共同研究部門, 国土交通省九州地方整備局.
気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)
2015.12~2020.03, 代表者:橋本典明, 九州大学, 文部科学省.
海域・港湾等における環境・防災技術に係る研究
2014.04~2017.03, 代表者:平澤充成, 九州大学大学院工学研究院共同研究部門, 国土交通省九州地方整備局.
気候変動リスク情報創生プログラム
2012.10~2017.03, 代表者:中北 英一 , 京都大学防災研究所, 文部科学省.
海域・港湾等における環境・防災技術に係る研究
2011.09~2014.03, 代表者:春日井康夫, 九州大学大学院工学研究院共同研究部門, 国土交通省九州地方整備局.
合成開口レーダによる面的波浪観測法に関する研究
2000.04~2003.03, 代表者:橋本典明, 港湾空港技術研究所, 港湾空港技術研究所(日本).
沿岸・内海の環境変動の革新的計測と変動予測
2001.04~2004.03, 代表者:金子新, 広島大学, 広島大学(日本).
高潮・高波の推算技術の高度化と防災に関する基礎的研究
2000.04~2003.03, 代表者:高山知司, 京都大学防災研究所, 京都大学防災研究所(日本).
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 橋本典明・川口浩治, 日本沿岸波浪推算処理解析システム, 2003.09.
特許出願・取得
特許出願件数  5件
特許登録件数  2件
学会活動
所属学会名
韓国航海港湾学会
海洋調査技術学会
日本海洋学会
土木学会
学協会役員等への就任
2018.06~2020.06, 土木学会海洋開発委員会, 幹事.
2016.08~2017.03, 土木学会西部支部, 平成29年度土木学会全国大会実行委員会相談役.
2015.06~2017.06, 土木学会, 理事.
2014.06~2015.06, 土木学会, 教育企画部門担当理事.
2014.06~2016.06, 土木学会, 名誉会員候補者選考委員会 委員.
2014.06~2016.06, 土木学会, 表彰委員会 委員.
2014.05~2016.05, 土木学会西部支部, 表彰候補者選考委員会 委員長.
2014.06~2016.06, 土木学会, 理事.
2014.05~2016.05, 土木学会西部支部, 商議員.
2012.11~2013.11, 土木学会海岸工学委員会, 第60回海岸工学講演会実行委員会.
2013.05~2014.05, 土木学会西部支部, 表彰候補者選考委員会 委員.
2012.06~2014.06, 土木学会, 論文賞選考委員会 委員.
2008.12~2010.05, 土木学会, 平成21年度土木学会全国大会実行委員会年次学術講演部会部会長.
2009.09~2010.05, 土木学会, 役員候補者選考委員会素案作成部会.
2009.09~2010.05, 土木学会, 役員候補者選考委員会.
2008.06~2010.05, 土木学会役員候補者選考委員会, 委員.
2008.05~2010.06, 社団法人土木学会, 土木学会西部支部商議員.
2005.01~2006.01, 土木学会論文賞選考委員会, 委員.
2005.06~2009.06, 土木学会海岸工学委員会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.07.02~2020.07.03, 第44回海洋開発シンポジウム, 座長.
2016.06.23~2016.06.24, 第41回海洋開発シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2014.06.16~2014.06.20, The 34th International Conference on Coastal Engineering (ICCE 2014) , 座長(Chairmanship).
2011.12.14~2011.12.16, The 6th International Conference on Asian and Pacific Coasts, 座長(Chairmanship).
2010.11.11~2010.11.11, 第57回海岸工学講演会, 座長(Chairmanship).
2009.11~2009.11, 第56回海岸工学講演会, 座長(Chairmanship).
2008.11~2008.11.12, 第55回海岸工学講演会 , 座長(Chairmanship).
2007.11.01~2007.11.01, 第54回海岸工学講演会, 座長(Chairmanship).
2006.11.01~2006.11.01, 第53回海岸工学講演会, 座長(Chairmanship).
2005.11.01~2005.11.01, 第52回海岸工学講演会, 座長(Chairmanship).
2004.11.01~2004.11.01, 第51回海岸工学講演会, 座長(Chairmanship).
2003.11.01~2003.11.01, 第50回海岸工学講演会, 座長(Chairmanship).
2014.12.10~2014.12.10, 地球温暖化時代の水・土砂災害適応策シンポジウム -九州から全国に向けて-, 主催.
2013.11.13~2013.11.15, 土木学会, 第60回海岸工学講演会,実行委員長.
2008.09.02~2009.09.04, 平成21年度土木学会全国大会, 実行委員会 年次学術講演部会長.
2007.08.28~2007.08.29, 第43回水工学に関する夏期研修会, 開催担当者.
2001.01.01~2001.01.01, Fourth International Symposium on Ocean Wave Measurement and Analysis; Waves2001, Technical Committee member.
2000.01.01~2000.01.01, Fourth International Conference on Hydrodynamics; ICHD2000, Local Organizing Committee member.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2004.01, Korean Institute of Navigation and Port Research (KINPR), 国際, 編集委員.
1996.04~2005.03, 海洋調査技術学会論文集, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度   15      15 
2019年度 15      16 
2018年度 14      15 
2017年度 14    17 
2016年度 15      18 
2015年度 15    17 
2014年度 15      17 
2013年度 15      16 
2012年度 18      20 
2011年度 16      18 
2010年度 21      22 
2009年度   19      19 
2008年度   20      20 
2007年度 21      22 
2006年度 25      26 
2005年度   25      25 
2004年度   25       
2003年度   25       
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Coastal and Hydraulics Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2020.03~2020.03.
The University of Melbourne, Australia, 2020.02~2020.02.
Technology Centre for Offshore and Marine Singapore, Singapore, 2020.01~2020.01.
The 2nd Workshop on Waves, Storm Surges and Coastal Hazards, Australia, 2019.11~2019.11.
The 29th International Ocean and Polar Engineering Conference, UnitedStatesofAmerica, 2019.06~2019.06.
The 38th International Conference on Ocean, Offshore & Arctic Engineering, UnitedKingdom, 2019.06~2019.06.
Technical University of Delft, Netherlands, 2019.03~2019.03.
Taipei University, Taiwan, 2018.09~2018.09.
International Conference on Coastal Engineering 2018, UnitedStatesofAmerica, 2018.07~2018.08.
Ocean Science Meeting 2017, UnitedStatesofAmerica, 2018.02~2018.02.
Seoul National University, Korea, 2017.09~2017.09.
The 27th International Ocean and Polar Engineering Conference , UnitedStatesofAmerica, 2017.06~2017.07.
Coastal Dynamics 2017, Denmark, 2017.06~2017.06.
KIOST (Korea Institute of Ocean Science and Technology), Korea, 2017.01~2017.01.
Lund University, Sweden, 2016.09~2016.09.
Technical University of Delft, Netherlands, 2016.09~2016.09.
Ocean Science Meeting 2016, UnitedStatesofAmerica, 2016.02~2016.02.
The 25th International Ocean and Polar Engineering Conference, UnitedStatesofAmerica, 2015.06~2015.06.
Coastal Sediments 2015, UnitedStatesofAmerica, 2015.05~2015.05.
KIOST:Korea Institute of Ocean Science and Technology, Korea, 2015.04~2015.04.
ICCE 2014 (The K Seoul Hotel), Korea, 2014.06~2014.06.
ECMWF (The European Centre for Medium-Range Weather Forecasts ), UnitedKingdom, 2014.06~2014.06.
The 9th International Symposium on Social Management Systems, Australia, 2013.12~2013.12.
13th International Workshop on Wave Hindcasting and Forecasting and 4th Coastal Hazards Symposium, Canada, 2013.10~2013.11.
International Conference on Asian and Pacific Coasts, Indonesia, 2013.09~2013.09.
Technical University of Delft , Netherlands, 2013.07~2013.07.
Kwandong University, Korea, 2013.07~2013.07.
NOAA Center for Weather and Climate Prediction (NCWCP), UnitedStatesofAmerica, 2013.04~2013.04.
Engineering Research and Development Center, UnitedStatesofAmerica, 2013.03~2013.03.
Swinburne University, Australia, 2013.01~2013.01.
Cairo University, Egypt, 2013.01~2013.01.
Technical University of Delft, Netherlands, 2012.10~2012.10.
韓国海洋大学, Korea, 2012.08~2012.08.
University of Cantabria, Spain, 2012.07~2012.07.
Universitat Politècnica de Catalunya, Spain, 2012.04~2012.04.
University of Hawaii at Manoa, UnitedStatesofAmerica, 2012.03~2012.03.
APAC, Hong Kong , 2011.12~2011.12.
Delft University of Technology, Netherlands, 2011.10~2011.10.
ISOPE, UnitedStatesofAmerica, 2011.06~2011.06.
The First Institure of Oceanography, Ocean University of China , China, 2011.05~2011.05.
Lund University, Sweden, 2010.10~2010.10.
University of Hamburg, Germany, 2010.09~2010.09.
Hasanuddin University, Gadjah Mada University, BPPT, Indonesia, 2010.08~2010.08.
the Shanghai International Convention Center in Shanghai, China, 2010.06~2010.07.
KORDI, Korea, 2010.01~2010.01.
KORDI, Korea, 2007.11~2007.11.
ASCE, Italy, 2007.07~2007.07.
KORDI, Korea, 2006.07~2006.08.
ICCE, UnitedStatesofAmerica, 2006.09~2006.09.
受賞
海岸工学論文賞, 土木学会海岸工学委員会, 2020.11.
海岸工学論文賞, 公益社団法人 土木学会, 2015.11.
地球環境講演論文賞, 土木学会地球環境委員会, 2008.08.
優秀論文賞,  韓国航海港湾学会, 2004.04.
国土技術開発賞,  国土交通省, 2003.09.
日本港湾協会論文賞,  社団法人 日本港湾協会, 2002.05.
CEJ (Coastal Engineering Journal) Award, Japan Society of Civil Engineers, 1998.11.
土木学会技術開発賞,  社団法人 土木学会, 1998.05.
科学技術庁長官賞,  科学技術庁, 1997.04.
水路技術奨励賞,  財団法人 日本水路協会, 1996.05.
土木学会論文奨励賞,  社団法人 土木学会, 1989.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2020年度~2022年度, 基盤研究(B), 代表, 波浪観測データ解析における未解決問題の解法の提案とその適用性に関する研究.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, 沿岸域諸施設における技術的検討のパラダイムシフトを目的とした波浪に関する基礎研究.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, 沿岸域の不規則波浪に伴う長周期波の出現特性の解明とその標準方向スペクトルの提案.
2008年度~2011年度, 基盤研究(A), 分担, 沿岸海域環境再生に関する総合的研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, 周期の長い波浪の発生機構の解明と予測技術の開発に関する研究.
2011年度~2014年度, 基盤研究(A), 分担, 気候変動に伴う沿岸外力環境の将来変化予測,影響評価および適応策に関する研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 大気・海洋間の運動量輸送過程の帰納的推定と沿岸防災技術の高度化に関する研究.
2001年度~2003年度, 基盤研究(B), 分担, 開境界適応型の大気海洋結合波浪推算手法に関する研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2000年度~2002年度, 文部科学省海洋開発及地球科学技術調査研究促進費, 代表, 合成開口レーダによる面的波浪観測法に関する研究.
1996年度~1997年度, 科学技術振興調整費による重点基礎研究, 代表, 港湾環境におけるニューラルネットワークの応用に関する研究.
1995年度~1995年度, 科学技術振興調整費による個別重要国際共同研究 , 分担, 環日本海港湾海洋波浪情報網の構築に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2019年度, 受託研究(文部科学省), 代表, 気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)
佐賀県をモデル自治体とする気候変動適応技術社会実装に関する研究.
2010年度~2014年度, 環境研究総合推進費, 分担, 亜熱帯化先進地九州における水・土砂災害適応策の研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2020.06~2021.03, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測制度に関する研究.
2020.06~2021.03, 代表, 大学院 工学研究院 海域港湾環境防災共同研究部門 .
2019.06~2019.06, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測制度に関する研究.
2018.07~2019.03, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測制度に関する研究.
2017.08~2018.03, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測精度に関する研究.
2016.07~2017.03, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測精度に関する研究.
2015.09~2016.03, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測精度に関する研究.
2014.07~2015.03, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測精度に関する研究.
2013.07~2014.03, 代表, 波浪推算精度向上に関する研究 .
2012.08~2013.03, 代表, 波浪推算精度向上に関する研究.
2012.08~2013.03, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測精度に関する研究.
2011.07~2012.03, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測精度に関する研究.
2010.04~2011.03, 分担, 三里松原海岸の侵食対策に関する調査研究 .
2010.04~2011.03, 代表, GPVを用いた波浪推算における波浪の予測精度に関する研究.
2010.01~2010.03, 代表, 波浪推算精度向上に関する研究.
2009.04~2010.03, 分担, 三里松原海岸の侵食対策に関する調査研究 .
2008.04~2009.03, 分担, 三里松原海岸の侵食対策に関する調査研究.
2008.04~2009.03, 代表, GPVを用いた波浪推算法による波浪の予測精度に関する研究.
2007.11~2008.03, 代表, GPVを用いた波浪推算法による波浪の予測精度に関する研究.
2007.06~2008.03, 代表, 沿岸域の再生・保全に必要な潮流等の現象解明及び技術向上のための第3世代波浪推算モデルによる高精度波浪推算に関する研究.
2007.06~2008.03, 代表, 瀬戸内海海域に適合した波浪推算モデル構築に関する業務.
2006.04~2012.03, 代表, 海洋レーダーによる波浪計測法に関する研究.
2006.07~2007.03, 代表, 高精度波浪推算法の現状と沿岸域における防災・環境保全等その活用に関する研究.
2006.09~2007.03, 代表, 瀬戸内海海域における高精度波浪推算手法検討調査.
2005.07~2006.02, 代表, 瀬戸内海海域における常時波浪推算手法検討調査.
寄附金の受入状況
2016年度, ㈱建設技術研究所, 使途特定寄付金 .
2015年度, 八千代エンジニアリング株式会社, 使途特定寄付金.
2015年度, 八千代エンジニアリング株式会社, 使途特定寄付金.
2013年度, 株式会社 三洋コンサルタント
, 使途特定寄付金 .
2012年度, 株式会社 三洋コンサルタント, 使途特定寄付金 .
2011年度, 国際航業株式会社, 使途特定寄付金.
2011年度, 有限会社アイオーテクニック, 使途特定寄付金.
2011年度, 株式会社ソニック, 使途特定寄付金.
2011年度, 株式会社 水域ネットワーク, 使途特定寄付金.
2009年度, 国際航業, 工学研究院研究資金.
2009年度, 三洋コンサルタント, 工学研究院研究資金 .
2009年度, 日本気象協会, 工学研究院研究資金 .
2008年度, 株式会社 三洋コンサルタント, 工学研究院研究資金.
2006年度, 海洋調査協会, 工学研究院研究資金.
2006年度, 国際港湾交流協力会, 工学研究院研究資金.
2005年度, 沿岸技術研究センター, 工学研究院研究資金.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」