九州大学 研究者情報
論文一覧
橋本 典明(はしもと のりあき) データ更新日:2021.06.14

教授 /  工学研究院 附属アジア防災研究センター


原著論文
1. @Yoshihiko Ide, @Masaru Yamashiro, @Noriaki Hashimoto, Proposal of new indexes for development characteristics of storm surge considering topographical features and tides, Coastal Engineering Journal, https://doi.org/10.1080/21664250.2021.1883292, 2021.02.
2. @橋本典明,三井正雄,川口浩二,藤木峻, 超音波ドップラー式海象計で観測された方向スペクトルの安定性と信頼性の向上, 76巻, 2号, I_199-I_204, 2020.11.
3. #柴田大輝,@児玉充由,@井手喜彦,@橋本典明,@山城賢 , 自己組織化マップを用いた台風来襲時における降水量の将来変化に関する検討

, 土木学会論文集B2(海岸工学), 76巻, 2号, I_1129-I_1134, 2020.11.
4. #新見将輝,@中川康之,@井手喜彦,@山城賢,@橋本典明, 博多湾で生じる副振動とそれによる浸水被害の可能性に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), 76巻, 2号, I_55-I_60, 2020.11.
5. 仲井圭二,額田恭史,@橋本典明,川口浩二, 全国沿岸における波浪と風の特異日, 土木学会論文集B3(海洋開発), 76巻, 2号, I_37-I_42, 2020.07.
6. #松藤絵理子,@橋本典明,川口浩二,宇都宮好博, NOWPHAS観測値を用いたうねりの特性解析及びうねりの推算精度向上に向けた検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 76巻, 2号, I_43-I_48, 2020.07.
7. @井手喜彦,#高良匠,@児玉充由,@山城賢,@橋本典明, 大規模アンサンブル気候予測データを用いた周防灘における高潮特性の長期予測, 土木学会論文集B3(海洋開発), 76巻, 2号, I_1091-I_1096, 2020.07.
8. #柴田大輝,@児玉充由,@井手喜彦,@橋本典明,@山城賢, 自己組織化マップを用いた有明海に接近する台風の経路と高潮の将来変化に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 76巻, 2号, I_1037-I_1042, 2020.07.
9. Hashimoto Noriaki、Mitsui Masao、Kawaguchi Koji、Fujiki Takashi, Studies Toward the Development of Accurate Directional Spectrum Estimation Method Using Field Observation Data, ASME 2019 38th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Engineering, https://doi.org/10.1115/OMAE2019-95220, Volume 7B: Ocean Engineering, 1-7, 2019.06.
10. Yoshihiko Ide, Noriaki Hashimoto, Masaru Yamashiro, Mitsuyoshi Kodama, Case Study on Designing Adaptation Measures against Storm Surge Disasters along Innermost Coast of Ariake Sea, JAPAN, Proceedings of the 29th International Ocean and Polar Engineering Conference, ISOPE 2019, 3727-3734, 2019.06.
11. 園田彩乃・井手喜彦・山城 賢・橋本典明・鈴山勝之, 周防灘における将来の高潮に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), https://doi.org/10.2208/kaigan.75.I_1183, 75, 2, 1183-1188, 2019.11.
12. 山縣史朗・折敷瀬翔耶・山城賢・中川康之・橋本典明・松延嘉國・井方弘正, 関門航路のサンドウェーブに及ぼす潮位偏差の長期変動の影響に関する数値シミュレーション, 土木学会論文集B3(海洋開発), https://doi.org/10.2208/jscejoe.75.I_665, 75, 2, 665-670, 2019.06.
13. 仲井圭二・橋本典明・額田恭史, 陸奥湾と仙台湾における周期数時間の副振動, 土木学会論文集B3(海洋開発), https://doi.org/10.2208/jscejoe.75.I_307, 75, 2, 307-312, 2019.06.
14. 松藤絵理子・橋本典明, 太平洋沿岸におけるうねりの出現特性と発生源の解析, 土木学会論文集B3(海洋開発), https://doi.org/10.2208/jscejoe.75.I_301, 75, 2, 301-306, 2019.06.
15. 井手喜彦,竹田聖二,児玉充由,山城賢,橋本典明, 大規模アンサンブル気候予測データ(d4PDF)に基づく有明海周辺での台風特性の将来変化に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), https://doi.org/10.2208/jscejoe.75.I_55, 75, 2, 55-60, 2019.06.
16. 齋藤 隆介, 橋本 典明, 藤木 峻, 川口 浩二, 三井 正雄, 現地観測データを用いた方向スペクトル推定法の高精度化に向けた検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), https://doi.org/10.2208/kaigan.74.I_115, Vol.74, No.2, I_115-I_120, 2018.11.
17. 井手喜彦,鶴田友莉,山城 賢,橋本典明, 佐賀平野における各種高潮対策施設の効果に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), https://doi.org/10.2208/kaigan.74.I_565, Vol.74, No.2, I_565-I_570, 2018.11.
18. 鮫島 和範, 仲井 圭二, 内藤 了二, 川口 浩二, 額田 恭史, 橋本 典明, 全国沿岸における副振動の振幅と周期の出現特性, 土木学会論文集B3(海洋開発)
, https://doi.org/10.2208/jscejoe.74.I_527, Vol.74, No.2, I_527-I_532, 2018.07.
19. 横田雅紀,橋本典明,山城 賢,井手喜彦,児玉充由, 有明海湾奥部における高潮発生時の波浪推算に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.74, No.2, I_605-I_610, 2018.07.
20. 井手喜彦,中尾直幸,児玉充由,橋本典明,山城 賢, 海面水温の将来変化パターンによる近未来の台風特性の相違に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.74, No.2, I_587-I_592, 2018.07.
21. Abdul Al Mohit, Masaru Yamashiro, Yoshihiko Ide, Mitsuyoshi Kodama, Noriaki Hashimoto, Tropical Cyclone Activity Analysis Using MRI-AGCM and d4PDF Data, Proceedings of the International Society of Offshore and Polar Engineers , 2018.06.
22. Md. Abdul Al Mohit, Masaru Yamashiro, Noriaki Hashimoto, Md. Bodruddoza Mia, Yoshihiko Ide, Mitsuyoshi Kodama, Impact Assessment of a Major River Basin in Bangladesh on Storm Surge Simulation, Journal of Marine Science and Engineering, 2018.06.
23. Abdul Al Mohit, Yoshihiko Ide, Masaru Yamashiro, Noriaki Hashimoto, A comparative study of two different numerical methods on storm surge, Proceedings of the 9th International Conference on Asia and Pacific Coasts 2017 (APAC 2017), 2017.11.
24. Noriaki Hashimoto, Masao Mitsui, Koji Kawaguchi, Masaki Yokota, and Masaru Yamashiro , NUMERICAL AND OBSERVATIONAL STUDIES ON HIGHLY ACCURATE ANALYSIS OF DIRECTIONAL WAVE SPECTRUM
, Proceedings of Coastal Dynamics 2017
, 1572-1581, 2017.06.
25. Takashi Fujiki, Noriaki Hashimoto, Koji Kawaguchi, Improvement in Estimation Stability and Accuracy of Wave Directional Spectrum by a Bayesian Method for Swell Observation, Proceedings of the Twenty-seventh (2017) International Ocean and Polar Engineering Conference, 3, 1355-1362, 2017.06.
26. 井手 喜彦, 一色 勇志, 児玉 充由, 橋本 典明, 山城 賢, 将来気候データにおける台風中心気圧のバイアス補正手法に関する検討, 土木学会論文集B2(海岸工学) , 73, 2, 1417-1422, 2017.10.
27. 楢崎 寿晃, 藤丸 誠司, 嶋添 直樹, 橋本 典明, 山城 賢, 倉吉 一盛, 木村 隆浩, 木梨 行宏, 福岡県玄界灘沿岸における最大規模の高潮推算及び台風経路設定の考え方について, 土木学会論文集B2(海岸工学) , 73, 2, 187-192, 2017.10.
28. 藤木 峻, 川口 浩二, 櫻庭 敏, 橋本 典明, うねりの方向スペクトルの相似形に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学) , 73, 2, 109-114, 2017.10.
29. 橋本 典明, 特別セッション「S-2 高潮防災」, 土木学会論文集B3(海洋開発), 73, 2, 1045-1049, 2017.06.
30. 井手 喜彦, 山上 澪, 山城 賢, 橋本 典明, 経験的台風モデルにより推算された風場の補正法の構築, 土木学会論文集B3(海洋開発), 73, 2, 144-149, 2017.06.
31. 仲井 圭二, 橋本 典明, 額田 恭史, 全国沿岸の副振動の出現特性の違いに関する詳細検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 73, 2, 737-742, 2017.06.
32. 仲井圭二, 橋本 典明, 川口浩二, 額田恭史, 井上亮一, A Proposal for Extreme Statistics Using Annual Maximum Data with Trend of Increasing or Decreasing, Techno-Ocean 2016, 460-464, 2016.10.
33. 山城 賢, 百合野晃大, 横田雅紀, 児玉充由, 橋本 典明, 非構造格子海洋流動モデルによる高潮氾濫シミュレーション, 土木学会論文集B2(海岸工学), 72(2), 205-210, 2016.11.
34. 横田雅紀, 小田圭祐, 齋藤隆介, 橋本 典明, 三井正雄, 児玉充由, 波の方向集中度の出現特性に関する基礎的検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), 72(2), 163-168, 2016.11.
35. 藤木 峻, 橋本 典明, 川口浩二, 櫻庭 敏, うねり性波浪の実態解明に向けた方向スペクトル推 定手法の高精度化に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), 72(2), 115-120, 2016.11.
36. Fitri Suciaty, 橋本 典明, 横田雅紀, 山城 賢, Efficient Configurations for Computing Nonlinear Energy Transfer in Gravity Wave Spectrum, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72(2), 295-300, 2016.06.
37. 山城 賢, 園田彩乃, 百合野晃大, 久保貴之, 横田雅紀, 橋本 典明, 博多湾における高潮の発達特性に関する基礎的研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72(2), 348-353, 2016.06.
38. 横田雅紀, 中尾直幸, 児玉充由, 橋本 典明, 山城 賢, 日本周辺における台風来襲特性の将来変化に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72(2), 342-347, 2016.06.
39. 山城 賢, 折敷瀬翔耶, 八尋蓮, 横田雅紀, 橋本 典明, 平澤充成, 宮﨑啓司, 的野一郎, 関門航路におけるサンドウェーブの特徴と発生要因に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72(2), 1012-1017, 2016.06.
40. 仲井圭二, 橋本 典明, 額田恭史, 全国沿岸における副振動の広域的出現特性, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72(2), 318-323, 2016.06.
41. 橋本 典明, 山城 賢, 特別セッション「S-2 高潮防災」のまとめ, 土木学会論文集B3(海洋開発), 72(2), 1135-1137, 2016.06.
42. Noriaki Hashimoto, Yukihiro Kinashi, Masaru Yamashiro, masaki yokota, Numerical simulations of storm-surge inundation based on past violent typhoons
- Case studies along innermost coast of Ariake Sea, Japan -, Proceedings of the 11th International Conference of the International Institute for Infrastructure Resilience and Reconstruction, 2015.08.
43. Noriaki Hashimoto, Yukihiro Kinashi, Tomoko Kawashima, masaki yokota, Masaru Yamashiro, Mitsuyoshi Kodama, Bias Correction in Typhoon and Storm Surge Projection Considering Characteristics of Global Climate Model MRI-AGCM3.2S, Journal of Disaster Research, 10, 3, 448-456, 2015.06.
44. masaki yokota, Masaru Yamashiro, Noriaki Hashimoto, Mitsunari Hirasawa, Yuki Aihara, Depth change characteristics in Kanmon waterway, Proceedings of the 25th international ocean and polar engineering conference, ISOPE2015, 1347-1352, 2015.06.
45. Suciaty FITRI, Noriaki Hashimoto, masaki yokota, Masaru Yamashiro, Directional Characteristice of The Nonlinear Energy Transfer of Gravity Wave Spectrum, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71, 2, 347-352, 2015.06.
46. Masayuki Banno, Yoshiyuki Kuriyama, Noriaki Hashimoto, Equilibrium-based foreshore beach profile change model for long-term data, The Proceedings of the Coastal Sediments 2015, 1-4, 2015.05.
47. 橋本 典明, 三井 正雄, 川口 浩二, 横田 雅紀, 小田 圭祐, 濱野 有貴, 高精度な方向スペクトの観測と解析に向けた数値実験と現地観測, 土木学会論文集B2(海岸工学) , 71, 2, 79-84, 2015.11.
48. 横田 雅紀, 橋本 典明, 児玉 充由, 柘植 和哉, 高波の将来予測を目的とした気候モデル予測値の海上風バイアス補正に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), 71, 2, 1531-1536, 2015.11.
49. 伴野 雅之, 栗山善昭, 中川康之, 橋本 典明, 沿岸災害リスクの評価に基づく海浜の確率的維持管理手法, 土木学会論文集B2(海岸工学), 71, 2, 511-516, 2015.11.
50. 横田 雅紀, 一色勇志, 橋本 典明, 児玉充由, MRI-AGCM3.2Sに基づく将来の台風来襲特性に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 71, 2, 25-30, 2015.06.
51. Noriaki Hashimoto, Fitri Suciaty, Masaru Yamashiro, Masaki Yokota, Mitsuyoshi Kodama, Numerical study on frequency downshift of gravity wave spectra in deep and intermediate water depths due to nonlinear
Energy Transfer, Coastal Engineering, 2014.12.
52. Masaru Yamashiro, Tomoko Tanabe, Goki Shimada, Masaki Yokota, Noriaki Hashimoto, A study on possible critical storm surge under present climate conditions in the Ariake Sea, Japan, Coastal Engineering, 2014.12.
53. 仲井 圭二, 橋本 典明, 額田 恭史, 微気圧変動の伝播特性の違いによる副振動の発生海域の違い, 土木学会論文集B2(海岸工学), 70, 2, I_136-I_140, 2014.12.
54. 伴野 雅之, 栗山 善昭, 橋本 典明, 長期地形観測データに対する非線形混合モデルの適用による平衡断面の不確実性評価 , 土木学会論文集B2(海岸工学)
, 70, 2, I_546-I_550, 2014.12.
55. 仲井 圭二, 橋本 典明, 額田 恭史, 沖合と沿岸における長周期波の周波数特性の違い, 土木学会論文集B3(海洋開発)
, 70, 2, I_205-I_210, 2014.10.
56. 横田 雅紀, 山城 賢, 相原佑紀, 橋本 典明, 春日井康夫, 上島顕司, 有吉直明, 上原幸生, 関門航路におけるサンドウェーブの形成過程に関する研究, 土木学会論文集B3(海洋開発), 70, 2, I_654-I_659, 2014.10.
57. 田辺智子, 横田 雅紀, 山根知洋, 児玉充由, 山城 賢, 橋本 典明, MRI-AGCM3.2Sの台風強度特性を考慮した有明海における高潮の将来予測に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 70, 2, I_1200-I_1205, 2014.10.
58. Yasuo Kasugai, Koji Takahashi, Takeshi Muraoka, Kouki Zen, Noriaki Hashimoto, Isao Fukuda, A Concept for Preparedness against Level 2 Disaster Risk, The 9th International Symposium on Social Management System
(http://management.kochi-tech.ac.jp/?content=symposium)
, 1-9, http://management.kochi-tech.ac.jp/?content=symposium, 2013.12.
59. masaki yokota, Noriaki Hashimoto, M. Kodama, R. Amiya, Estimation of The Sea Surface Drag Coefficient Based on a Wave Data, Proc. 7th Int. Conf. on Asia and Pacific Coasts APAC2013, 629-633, 2013.10.
60. Muhammad Z., Noriaki Hashimoto, Ekstedt, M. Kodama, Global Wave Climate Based on The JMA/MRI-AGCM3.2 Climate Change Projection, Proc. 7th Int. Conf. on Asia and Pacific Coasts APAC2013, 926-931, 2013.10.
61. Gerbrant Ph. van Vledder, Noriaki Hashimoto, Inter-comparison study of methods for computing non-linear four-wave interactions in discrete spectral wave models, 13TH INTERNATIONAL WORKSHOP ON WAVE HINDCASTING AND 4th COASTAL HAZARDS SYMPOSIUM
(http://www.waveworkshop.org/13thWaves/index.htm)
, 1-19, 2013.10.
62. 橋本 典明, 山城 賢, 横田 雅紀, 児玉充由, 有限水深域における海洋波の非線形エネルギー輸送に関する検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), 69, 2, 131-135, 2013.11.
63. 横田 雅紀, 橋本 典明, 網屋凌太, 児玉充由, 波浪データに基づく海面抵抗係数の風速依存性に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), 69, 2, 136-140, 2013.11.
64. 田辺智子, 山城 賢, 島田剛気, 横田 雅紀, 橋本 典明, 2012年16号台風を外力とした有明海における高潮の規模に関する検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), 69, 2, 421-425, 2013.11.
65. 松浦邦明, 佐藤淑子, 橋本 典明, 加納敏幸, 波浪スペクトルのパラメータ化と船舶レーダー観測値を用いたスペクトル客観解析値の推定, 土木学会論文集B2(海岸工学), 69, 2, 1406-1410, 2013.11.
66. 関 克己, 河合弘泰, 川口浩二, 猪股 勉, 橋本 典明, GPS波浪計の観測に基づく波浪の方向スペクトル推定法に関する検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), 69, 2, 1431-1435, 2013.11.
67. 仲井圭二, 橋本 典明, 額田恭史, 日本沿岸における拘束長周期波の年間出現特性, 土木学会論文集B3(海洋開発), 69, 2, 652-657, 2013.06.
68. 山城 賢, 横田 雅紀, 大谷優衣, 眞栄城玄和, 橋本 典明, 春日井康夫, 本田一光, 井芹絵里奈, 深浅測量データに基づく関門航路の水深変化特性に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 69, 2, 634-639, 2013.06.
69. 田辺 智子, 山城 賢, 横田 雅紀, 木梨 行宏, 橋本 典明, 有明海湾奥部における高潮の増幅特性について, 土木学会論文集B3(海洋開発), 69, 2, 1000-1005, 2013.06.
70. 関 克己, 河合弘泰, 川口浩二, 猪股 勉, 橋本 典明, GPS波浪計による沖合の方向スペクトル推定手法の検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 69, 2, 1144-1149, 2013.06.
71. 仲井 圭二, 橋本 典明, 波数スペクトル解析による微気圧変動の水平及び鉛直伝搬特性, 土木学会論文集B2(海岸工学), 68, 141-145, 2012.11.
72. 仲井圭二, 橋本 典明, 全国沿岸における長周期波の周波数別季節変動特性, 土木学会論文集B3(海洋開発) , 2012.06.
73. 横田 雅紀, 橋本 典明, 山根 知洋, 児玉 充由, 気候変動予測値に基づく九州沿岸における災害外力の変動特性に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), 68, 989-994 , 2012.06.
74. 橋本 典明, 小松 幸生, 横田 雅紀, 仲井 圭二, 非線形エネルギー輸送による周波数ダウンシフトに関する数値的検討 , 土木学会論文集B2(海岸工学) , Vol. 68 , 116-120 , 2012.11.
75. 木梨行宏, 山城 賢, 姫野慎太郎, 横田 雅紀, 橋本 典明, 温暖化シナリオに基づく有明海での将来の高潮に関する検討, 土木工学論文集B2(海岸工学), http://dx.doi.org/10.2208/kaigan.68.I_201, Vol.68, No.2, 201-205, 2012.11.
76. Muhammad ZIKRA, Noriaki Hashimoto, Masaru Yamashiro, masaki yokota, Kojiro SUZUKI, Analysis of Directional Wave Spectra in Shallow Water Areas using Video Image Data, Coastal Engineering Journal, 10.1142/S0578563412500209, Vol. 54, No. 03, 2012.09.
77. 木梨 行宏, 山城 賢, 姫野 慎太郎, 中野 俊夫, 横田 雅紀, 橋本 典明, 高潮推算における非構造格子モデルの適用性に関する基礎的検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.68, No.2, 858-863, 2012.06.
78. 横田 雅紀, 大谷 優衣, 山城 賢, 橋本 典明, 春日井 康夫, 本田 一光, 井芹 絵里奈, 長期の深浅測量結果に基づく関門航路の水深経年変化に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発), Vol.68, No.2, 702-707, 2012.06.
79. HiroYasu Kawai, Noriaki Hashimoto and Masaru YAMASHIRO , Real-Time Probabilistic Prediction of Storm Water Level at Japanese Ports, International Journal oF Offshore and Polar Engineering, Vol.22, No.1, pp.30-37, 2012.03.
80. Muhammad ZIKRA, Noriaki HASHIMOTO, Masaru YAMASHIRO, Kojiro SUZUKI, Spectral Analysis of Pixel Brightness on Video Images for Wave Analysis at Hasaki Beach, Japan, Proceedings of the 21st International Offshore and Polar Engineering Conference, pp.974-979, Volume 3, 2011, 2011.06.
81. Masao MITSUI, Noriaki HASHIMOTO, Hiroyasu KAWAI, Masaki YOKOTA, Yasushi KITAMURA, Accuracy Improvement of Directional Spectrum Estimation with Submerged Ultrasonic Doppler-type Directional Wave Meter, Proceedings of the 21st International Offshore and Polar Engineering Conference, pp.380-386, Volume 3, 2011, 2011.06.
82. Masaki YOKOTA, Noriaki HASHIMOTO, Yuta TANAKA, Inverse Estimation of Sea Surface Drag Coefficient Based on Waves Observed Away from Strong Wind Region, Proceedings of the 21st International Offshore and Polar Engineering Conference, pp.428-433, Volume 3, 2011, 2011.06.
83. Muhammad ZIKRA, Noriaki HASHIMOTO, Masaki YOKOTA, Masaru YAMASHIRO and Kojiro SUZUKI, Directional Wave Spectrum in Shallow Water Waves using as Array of Pixel Brightness on Video Images, Proceedings of International Conference on Asian and Pacific Coasts APAC2011, CD-ROM, December, 2011, 2011.12.
84. 木梨行宏,中野俊夫,横田雅紀,橋本典明,山城 賢, 高潮推算における気象外力の入力時間間隔に関する検討~台風9918号を例として~, 土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 67,No. 2,pp.I_973-I_978,2011年12月, 2011.12.
85. 岩崎裕志,横田雅紀,橋本典明,三井正雄,河合弘泰, 海象計における種々の波動量の組合せによる方向スペクトル推定精度の比較, 土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 67,No. 2,pp.I_955-I_960,2011年12月, 2011.12.
86. Muhammad ZIKRA, Noriaki HASHIMOTO, Masaki YOKOTA, Masaru YAMASHIRO and Kojiro SUZUKI, Analysis of Wave Spectra for Shallow Water Waves Using Video Images Technique, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering), Vol. 67 (2011), No. 2, pp.I_943-I_948, December, 2011, 2011.12.
87. 横田雅紀,橋本典明,田中雄太,児玉充由, うねりを観測する条件での海面抵抗係数の逆推定精度に関する検討, 土木学会論文集B3(海洋開発),Vol. 67,No. 2,pp.I_903-I_907,2011年12月, 2011.12.
88. Muhammad ZIKRA, Noriaki HASHIMOTO, Masaru YAMASHIRO, Masaki YOKOTA and Kojiro SUZUKI, Analysis of Wave Directional Spreading in Shallow Water Using Video Images Data, Proceeding of International Sessions in Conference on Coastal Engineering, JSCE Vol. 2, pp. 1-5, October, 2011, 2011.10.
89. 永松 宏,橋本典明,金津伸好,岡 秀行,藤田裕一,日向博文, 短波海洋レーダ観測データのエネルギー補正による波浪推定精度の向上, 土木工学論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,pp.I_1386-I_1390,2011年10月, 2011.10.
90. 仲井圭二,橋本典明, 副振動に関係した微気圧変動の時空間特性, 土木工学論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2,pp.I_160-I_170,2011年10月, 2011.10.
91. Masaki YOKOTA, Noriaki HASHIMOTO, Koji KAWAGUCHI and Hiroyasu KAWAI, Development of an Inverse Estimation Method of Sea Surface Drag Coefficient under Strong Wind Conditions, Proceedings of the 32nd International Conference on Coastal Engineering, on-line publication, March, 2011, 2011.03.
92. LUKIJANTO, Noriaki HASHIMOTO and Masaru YAMASHIRO, Verification of A Modified Bayesian Method for Estimating Directional Wave Spectra From HF Radar, Proceedings of the 32nd International Conference on Coastal Engineering, on-line publication, March, 2011, 2011.03.
93. Hiroyasu KAWAI, Noriaki HASHIMOTO, Masaru YAMASHIRO, Tomohiro YASUDA, Uncertainty of Extreme Storm Surge Estimation by High Wind Sea Surface Drag Coefficient and Future Typhoon Change, Proceedings of the 32nd International Conference on Coastal Engineering, on-line publication, March, 2011, 2011.03.
94. Yokota M., N. Hashimoto, K. Kawaguchi, H. Kawai, Development of an Inverse Estimation Method of Sea Surface Drag Coefficient under Strong Wind Conditions, Proc. 32nd Int. Conf. Coastal Eng., 2011.03.
95. Kawai K., N. Hashimoto, M. Yamashiro, T. Yasuda, Uncertainty of Extreme Storm Surge Estimation by High Wind Sea Surface Drag Coefficient and Future Typhoon Change, Proc. of the 32nd Int. Conf. on Coastal Eng., 2011.03.
96. Lukijanto, N. Hashimoto, M. Yamashiro, Verification of A Modified Bayesian Method for Estimating Directional Wave Spectra From HF Radar, Proc. of the 32nd Int. Conf. on Coastal Eng., 2011.03.
97. 橋本典明・Lukijanto・山城 賢, 海洋短波レーダーにおける方向スペクトル推定法の現地観測データへの適用性に関する検討, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, 2010.11.
98. 三井正雄・橋本典明・河合弘泰・横田雅紀・北村康司, 高度化した海象計による海洋波の方向スペクトル推定精度向上に関する研究, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, 2010.11.
99. 山城 賢・月足健太郎・橋本典明・横田雅紀, 地上気象観測値に基づくリアルタイム高潮予測の試み, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, 2010.11.
100. 中野俊夫・山城 賢・橋本典明・大西健二 , 4DVARを用いた台風9918号の追算, 土木学会論文集B2(海岸工学), Vol.66, 2010.11.
101. Zikra M., M. Yamashiro, N. Hashimoto, K. Suzuki, Analysis of Wave Number using Video Images to Study Nearshore Bathymetry, Proc. of Coastal Eng. JSCE, Vol.1, 2010.11.
102. Zikra M., M. Yamashiro, N. Hashimoto, K. Suzuki , Bathymetry Inversion using Video Image in Shallow Water, 海洋開発論文集, Vol.26, pp.1161-1166, 2010.06.
103. 橋本典明・三井正雄・河合弘泰・児玉充由・岩崎裕志, 海象計の方向スペクトル推定におけるベイズ法の適用性に関する研究, 海洋開発論文集, Vol.26, pp.1245-1250, 2010.06.
104. 横田雅紀・橋本典明・西村大右, 波浪観測の位置が海面抵抗係数の逆推定精度に与える影響について, 海洋開発論文集, Vol.26, pp.1257-1261, 2010.06.
105. 橋本典明・横田雅紀・川口浩二・吉松健太郎・河合弘泰, 暴風時における海面抵抗係数の逆推定法の開発, 海岸工学論文集, 2009.11.
106. 橋本典明・川口浩二・鈴山勝之・山城 賢・児玉充由 , 非線形相互作用の高精度化が波浪推算に及ぼす影響, 海岸工学論文集, 2009.11.
107. 河合弘泰・橋本典明・山城 賢・安田誠宏, 確率台風シミュレーションの風場モデルと将来の台風出現特性による確率高潮偏差の変化, 海岸工学論文集, 2009.11.
108. 仲井圭二・橋本典明, 周期10分以上の水位変動と気圧変動との関係, 海岸工学論文集, 2009.11.
109. 中野俊夫・橋本典明・上原謙太郎・松浦邦明・川口浩二, 3DVAR を用いた温帯低気圧時の海上風推算手法の精度向上, 海岸工学論文集, 2009.11.
110. Lukijanto, N.Hashimoto, and M.Yamashiro, Improvement of Modification Bayesian Method for Estimating Directional Wave Spectra from HF Radar Backscatter, APAC2009, 2009.10.
111. Lukijanto, N.Hashimoto, M.Yamashiro, Further Modification Practical Method for Estimating Directional Wave Spectrum by HF radar, Proceedings of the 19th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2009.06.
112. Kawai, H., N.Hashimoto, and M.Yamashiro , Real-Time Probabilistic Prediction of Storm Water Level at Japanese Ports, Proceedings of the 20th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2009.06.
113. 横田雅紀、田中孝明、安部雄太郎、山城賢、橋本典明, 冬季における沖合流れの発生に関する検討, 海洋開発論文集, 2009.06.
114. 横田雅紀、児玉充由、橋本典明、田中雄太、春元崇志、河合弘泰, 気象擾乱時の波浪推算精度に関する基礎的研究, 海洋開発論文集, 2009.06.
115. 山城賢、横田雅紀、橋本典明、月足健太郎, 日本海沿岸における冬季季節風の地域特性と経年変化の傾向について, 海洋開発論文集, 2009.06.
116. Hashimoto,N., K.Matsuura, and H.Kawai, Attempt for Accuracy Improvement of Wave Hindcasting / Forecasting in Coastal Sea and Inner Sea by Data Assimilation, Proc. 31th Int. Conf. Coastal Eng. 'Coastal Engineering 2008', 2009.05.
117. 橋本典明,Lukijanto,山城賢,児島正一郎, 海洋短波レーダーにおける実用的な方向スペクトル推定法の開発, 海岸工学論文集, 第55巻, 2008.11.
118. 仲井圭二,橋本典明, 全国沿岸域における長周期波の周波数別年内変動特性, 海岸工学論文集, 第55巻, 2008.11.
119. 橋本典明、松浦邦明、松永康司、河合弘泰、川口浩二, 局地気象モデルと台風ボーガスモデルに対応した内湾波浪推算モデルの開発, 海岸工学論文集, 第55巻, 2008.11.
120. 横田雅紀、安部雄太郎,山城賢,橋本典明、永井紀彦, 気象と流れの相関解析に基づいた沖合流れの発生に関する検討, 海岸工学論文集, 第55巻, 2008.11.
121. 河合弘泰、橋本典明、山城賢, 台風接近時の港湾における潮位の確率予測に関する二、三の検討, 海岸工学論文集, 第55巻, 2008.11.
122. Kawai, H., N. Hashimoto and K. Matsuura, Estimation of Extreme Storm water level in Japanese Bays by Using Stochastic Thphoon Model and tide Observation Data, Proceedings of the 18th International Offshore and Polar Engineering Conference, 2008.07.
123. 横田雅紀・安部雄太郎・山城賢・橋本典明・永井紀彦, 台風接近に伴う沖合流れの発生に関する検討, 海洋開発論文集, 第24巻、pp.435-440., 2008.07.
124. 仲井圭二・橋本典明, 長周期波の周波数成分別特性の違い(東日本沿岸域), 海洋開発論文集, 第24巻、pp.423-428., 2008.07.
125. 松浦邦明・橋本典明・河合弘泰・川口浩二・本橋昌志・松藤絵理子, 高解像度波浪推算データベースNOWPHAS沿岸波浪観測網を利用した方向スペクトル客観解析値の推定, 海洋開発論文集, 第24巻、pp.915-920., 2008.07.
126. 中島謙二郎・野村茂・宮石晶史・橋本典明・日向博文・峰本健正, 海洋短波レーダーによる有明海広域表層流況・波浪観測の高度化について, 海洋開発論文集, 第24巻、pp.849-854., 2008.07.
127. 清水勝義・橋本典明・岩崎峯夫・安立重昭・額田恭史, GPSブイ式波浪計を対象とした複合的な波向き計算手法の改良, 海洋開発論文集, 第24巻、pp.843-848., 2008.07.
128. 橋本典明、萩本幸将、松浦邦明、松藤絵理子、鈴山勝之, 内海・内湾域を対象とした波浪推算モデルの高精度化に向けた検討, 海岸工学論文集, 第54巻,pp.126-130., 2007.11.
129. 山城賢、橋本典明、河合弘泰、荒木健人、麻生紀子, 有明海沿岸における高潮危険度の簡易判断手法の開発, 海岸工学論文集, 第54巻,pp.311-315., 2007.11.
130. 河合弘泰、橋本典明、松浦邦明, 確率台風モデルを用いた内湾の高潮の極値と継続時間の推定, 海岸工学論文集, 第54巻,pp.301-305., 2007.11.
131. Noriaki Hashimoto, Kuniaki Matsuura, Toshihiko Nagai, Hiroyasu Kawai, Application of Adjoint WAM to NOWPHAS Wave Observation Network for Establishment of Reasonable Observation Network, Proc. 30th Int. Conf. Coastal Eng. 'Coastal Engineering 2006', Vol.1, pp.565-577., 2007.05.
132. Kawai,H, N.Hashimoto, K.Matsuura, Improvement of Stochastic Typhoon Model for the Purpose of Simulating Typhoons and Storm Surges under Global Warming, Proc. 30th Int. Conf. Coastal Eng. 'Coastal Engineering 2006', Vol.2, pp.1838-1850., 2007.05.
133. Sang-Ho Kim, Masaru Yamashiro, Akinori Yoshida, Noriaki Hashimoto, A Strictly Combined BEM-VOF Method for Calculation of Wave Motion, Proc. 30th Int. Conf. Coastal Eng.'Coastal Engineering 2006', Vol.1, pp.300-312, 2007.05.
134. 河合弘泰,橋本典明,松浦邦明, 確率台風モデルを用いた西日本の内湾の海上風速と高潮偏差の試算, 第15回地球環境シンポジウム講演論文集, pp.171-176., 2007.08.
135. Kawai,H, S.Takahashi, T.Hiraishi, N.Hashimoto, K.Matsuura , Lessons Learned from Recent Storm Surge Disasters and Estimation of Extreme Tidal Levels for Coastal Defense Performance by Using Stochastic Typhoon Model, Proceedings of the 17th International Offshore and Polar Engineering Conference, pp.1792-1799., 2007.07.
136. 横田雅紀,山城賢,橋本典明,永井紀彦, 海象計による流況観測結果を用いた恒流の季節変動特性に関する検討, 海洋開発論文集, Vol.23, pp.615-620., 2007.07.
137. 清水勝義,永井紀彦,橋本典明,岩崎峯夫,安立重昭,奥勇一郎, GPSブイ式波浪計を対象とした複合的な波向き計算手法の提案, 海洋開発論文集, Vol.23, pp.231-236., 2007.07.
138. 加藤史訓・福濱方哉・橋本典明・三嶋宣明・松藤絵理子・宇都宮好博, 内湾を対象としたリアルタイム波浪予測システムの開発, 海洋開発論文集, Vol.23, pp.225-230., 2007.07.
139. 鈴山勝之、児玉充由、橋本典明、荒木健人、吉松健太郎, 内湾域での波浪推算の精度向上を目的とした波浪と海上風推算に関する幾つかの検討, 海洋開発論文集, Vol.23, pp.237-242., 2007.07.
140. 山城賢、橋本典明、河合弘泰、麻生紀子、荒木健人, 有明海における温暖化した将来の高潮の出現特性に関する研究, 海洋開発論文集, Vol.23, pp.141-147., 2007.07.
141. 橋本典明・松浦邦明・河合弘泰・川口浩二, 各種波浪データ同化手法の実海域への適用性に関する検討と波浪客観解析値の作成, 海岸工学論文集, 第53巻, pp.161-165., 2006.11.
142. 河合弘泰・橋本典明・松浦邦明, 確率台風モデルを用いた地球温暖化後の瀬戸内海における高潮の出現確率分布の推定, 海岸工学論文集, 第53巻, pp.1271-1275., 2006.11.
143. 鈴木高二朗・竹田晃・橋本典明・下司弘之・佐藤義博, フェリーADCP データからの連続的な残差流成分の推定, 海岸工学論文集, 2006.11.
144. 橋本典明・児玉充由・三谷正人・友田伸明・松本英雄・松藤絵理子, 海象情報数値データベースを利用した瀬戸内海の波浪特性解析, 海洋開発論文集, Vol.22, pp.121-126., 2006.07.
145. 仲井圭二・橋本典明・鈴山勝之, 北太平洋における異常波浪出現の時空間特性, 海岸工学論文集, 第53巻, pp.126-130., 2006.11.
146. 河合弘泰・橋本典明・松浦邦明, 確率台風モデルの構築とそれを用いた地球温暖化に伴う高潮の出現特性の変化に関する試算, 第14回地球環境シンポジウム講演論文集, pp.247-252., 2006.08.
147. 松浦邦明・鈴木史朗・橋本典明・本橋昌志, 波浪のリアルタイム実況推定値および客観解析値データベース作成システムの構築, 海洋開発論文集, Vol22, pp85-90., 2006.07.
148. 橋本典明・河合弘泰・永井紀彦, NOWPHAS 波浪観測データを同化させた波浪推算法の開発とその特性の検討, 港湾空港技術研究所報告, 第45巻、第2号pp.3-27., 2006.06.
149. 河合弘泰・橋本典明, 確率台風モデルの構築とそれを用いた高潮の出現確率分布の試算, 港湾空港技術研究所資料, No.1122, 27p., 2006.06.
150. Sang-Ho Oh, Natsuki Mizutani, Kyung-Duck Suh, Noriaki Hashimoto , Experimental investigation of breaking criteria of deepwater wind waves under strong wind action, Applied Ocean Research , 10.1016/j.apor.2006.01.001, 27, 4-5, 235-250, Volume 27, Issues 4-5, 10 August 2005, Pages 235-250, 2005.10.
151. 鈴木高二朗・竹田晃・橋本典明, 非固定航路で不連続的に観測された流況データからの潮汐成分と残差流成分の分離手法について, 港湾空港技術研究所報告, 第44巻、第2号, pp.39-56., 2005.06.
152. 橋本典明・鈴山勝之・永井紀彦, 2004年に発生した台風に伴う高波の推算, 港湾空港技術研究所資料, No.1102, 46p., 2005.09.
153. 鈴山勝之・橋本典明・永井紀彦・吉田秀樹, 様々な地形条件下における波浪推算の精度向上のための幾つかの検討, 海岸工学論文集, 第52巻,pp.171-175., 2005.11.
154. 橋本典明・松浦邦明・永井紀彦・河合弘泰, 波浪観測地点の配置に関する検討を目的とした波浪観測データ同化システムの利用, 海岸工学論文集, 第52巻,pp.166-170., 2005.11.
155. 橋本典明・河合弘泰・松浦邦明, 地球温暖化を考慮した将来の台風特性の解析と確率台風モデルへの導入, 海岸工学論文集, 第52巻,pp.1221-1225., 2005.11.
156. 橋本典明・鈴山勝之・永井紀彦, 2004年に発生した台風に伴う高波の波浪特性, 海洋開発論文集, Vol. 21, pp.821-826., 2005.07.
157. Hashimoto, N and K. Matsuura, Evaluation of cost function in wave data assimilation with WAM, Proc. 6th Int. Conf. Hydrodynamics VI, Theory and applications, pp.199-204., 2004.01.
158. Oh. S. H., N. Mizutani, N.Hashimoto and K. D. Suh, On Laboratory observation of breaking criteria of deep-water wind waves, Proc. 29th Int. Conf. Coastal Eng., pp.428-440., 2004.01.
159. Hashimoto, N., K. Kawaguchi, Y. Kawai and K. Matsuura, Development of stochastic typhoon model for performance design of coastal design, Proc. 29th Int. Conf. Coastal Eng., pp.3615-3627., 2004.01.
160. Kawai, H., K. Kawaguchi and N. Hashimoto, Development of Storm Surge Model Coupled with Wave Model and Hindcasting of Storm Surges and Waves by Typhoon 9918, Proc.14th Int. Offshore and Polar Eng. Conf., Vol.3, pp.616-623., 2004.01.
161. Hashimoto, N., T. Nagai and K. Suzuyama, Investigation of coastal waves around Japan with cross-correlation analysis between NOWPHAS wave observation data and ECMWF atmospheric pressure data, Proc.14th Int. Offshore and Polar Eng. Conf., Vol.3, pp.586-593., 2004.01.
162. 橋本典明 ・松浦邦明, WAM(Cycle 5)のデータ同化における同化変数の選択と評価関数に関する検討, 海岸工学論文集, 第51巻,206-210., 2004.11.
163. 橋本典明・鈴山勝之・永井紀彦, ECMWF風(Operational data ERA15ERA40)による長期波浪推算精度の検討, 海岸工学論文集, 第51巻,pp.201-205., 2004.11.
164. 水谷夏樹・橋本典明, 風波が発達した界面下の吹送流特性, 海岸工学論文集, 第51巻,pp.71-75., 2004.11.
165. 橋本典明・川口浩二・池上正春・鈴山勝之, 東京湾におけるWAMの波浪推算特性に関する検討, 海洋開発論文集, Vol. 20,pp.845-850., 2004.01.
166. 橋本典明・松本英雄・川口浩二・松藤絵理子・松浦邦明, 局地気象モデルと第三世代波浪推算法による瀬戸内海を対象とした海象情報数値データベースの構築, 海洋開発論文集, Vol. 20,pp.839-844., 2004.01.
167. 児島正一郎・橋本典明・沢本正樹, EERS1-SAR画像からの波浪の方向スペクトルの逆推定, 写真測量とリモートセンシング, Vol.43, No.3 pp.4-12., 2004.01.
168. 児島正一郎・橋本典明・沢本正樹, EERS1-SAR画像中の波浪の映像化メカニズムに関する研究, 写真測量とリモートセンシング, Vol.43, No.2 pp.51-62., 2004.01.
169. Kojima, S. and N. Hashimoto, Estimation of Directional Wave Spectra from SAR Image, Proc. IEEE Int. Geoscience and Remote Sensing Symp., pp.670-672., 2003.01.
170. Hashimoto, N. and K. Kawaguchi, Statistical Forecasting of Long Period waves based on Weather Data for the Purpose of Judgment of Executing Cargo loading, Proc.13th Int. Offshore and Polar Eng. Conf., Vol.3, pp.697-704., 2003.01.
171. Mizutani, N. and N. Hashimoto, Air flow characteristics over wind waves from measurements by the PIV technique, Proc.13th Int. Offshore and Polar Eng. Conf., Vol.3, pp.253-257., 2003.01.
172. Kawaguchi K. and N. Hashimoto, Characteristics of ocean waves around Japan based on WAM wave hindcasting data, Proc.13th Int. Offshore and Polar Eng. Conf., Vol.3 pp.189-195., 2003.01.
173. Hashimoto, N., L. R. Wyatt and S. Kojima, Verification of a Bayesian method for estimating directional spectra from HF radar surface backscatter, Coastal Engineering Journal, Vol.45, No.2, World Scientific, pp.255-274., 2003.01.
174. 川口浩二・杉本彰・橋本典明, 第三世代波浪推算モデルの内湾波浪推算への適用生 —メソスケール気象モデルの導入—, 港湾空港技術研究所資料, No.1061,53p., 2003.01.
175. 橋本典明, 海洋短波レーダによる沿岸海象の観測と解析,海洋物理観測技術, 海洋調査技術, 第15巻,第1号,pp93-103, 2003.01.
176. 永井紀彦・橋本典明・Atle Lohrmann・三井正雄・小梨昭一郎・久高将信, 各種海底設置式波浪計による方向スペクトルの比較実証観測, 海洋開発論文集, Vol. 19,pp.851-856., 2003.01.
177. 水谷雅裕・佐々木高雄・橋本典明・川口浩二・柴木秀之・鈴山勝之, 燧灘海域におけるWAM波浪推算の特性について, 海洋開発論文集, Vol. 19,pp.153-158., 2003.01.
178. 橋本典明・川口浩二, 波浪推算モデルとその利用, 海洋開発論文集, Vol.19, pp.53-58., 2003.01.
179. 鈴木靖・宇都宮好博・三嶋宣明・橋本典明・永井紀彦, 局所的風況予測モデルLAWEPSによる海上風推定, 海洋開発論文集, Vol. 19,pp.49-52, 2003.01.
180. 河合弘泰・川口浩二・橋本典明, 台風による内湾の波浪・高潮の双方向結合推算モデルの構築と台風9918号を例とした追算, 海岸工学論文集, 第50巻,pp.296-300., 2003.11.
181. 橋本典明・川口浩二・河合弘泰・松浦邦明・市川雅史, 港湾・海岸構造物の合理的設計を目的とした確率台風モデルの構築と精度の検討, 海岸工学論文集, 第50巻,pp.176-180., 2003.11.
182. 橋本典明・川口浩二・松浦邦明・宇都宮好博, Adjoint WAM (Cycle 5)のデータ同化における評価関数の検討, 海岸工学論文集, 第50巻,pp.186-190., 2003.11.
183. 河合弘泰・川口浩二・橋本典明, 台風による内湾の波浪・高潮の双方向結合モデルの構築, 港湾空港技術研究所報告, 第42巻,第3号,pp85-110., 2003.01.
184. 申承鍋・橋本典明, 船舶の航行安全支援のための波浪推算に関する研究, 韓国航海港湾学会誌, Vol.27, No.2, pp.111-120., 2003.01.
185. 川口浩二・橋本典明・杉本彰, 内湾域における波浪推算精度向上を目的とした第三世代波浪推算モデルWAMの改良, 海岸工学論文集, 第50巻,pp.191-195., 2003.11.
186. Kojima, S. and N. Hashimoto, Observation of Ocean waves by Synthetic Aperture Radar Image, Proc. 7th Int. Conf. Remote Sensing for Marine and Coastal Environments, pp.234-241., 2002.01.
187. Nagai, T., N. Hashimoto, K. Kawaguchi, M. Kudaka and M. Mitsui, A New Analysis Method of Observed Directional and Infra-gravity Waves based on Frequency Banded Spectrum Power, Proc.12th Int. Offshore and Polar Eng. Conf., Vol.3, pp.49-54., 2002.01.
188. Hashimoto, N., IJ. G. Haagsma and L. H. Holthuijsen, Four-Wave Interactions in SWAN, Proc. 28th Int. Conf. Coastal Eng., pp.392-404., 2002.01.
189. Kojima S., N. Hashimoto and Y. Sato, Estimation of Directional Wave Spectra from HF Radar Sea Echo Doppler Spectra, Proc. 28th Int. Conf. Coastal Eng., pp.109-120., 2002.01.
190. Nagai, T., N. Hashimoto, K. Kawaguchi, H. Yokoi, M. Kudaka and M. Mitsui, Frequency Banded Wave Climate Description Based on the Observed Directional Spectra, Coastal Engineering Journal, Vol.44, No.1, World Scientific, pp.53-65., 2002.01.
191. 児島正一郎・橋本典明・佐藤裕司・吉松みゆき, 海洋短波レーダによる面的波浪観測法に関する研究, 港湾空港技術研究報告, 第41巻,第1号,pp.1-48., 2002.01.
192. 水谷夏樹・佐藤裕司・橋本典明, PIV計測による白波砕波上の気流の剥離特性, 海岸工学論文集, 第49巻,pp.61-65., 2002.11.
193. 水谷夏樹・S. H. Oh・K. D. Suh・橋本典明, 浅海波浪推算モデルSWANの風洞水槽実験による比較検証, 海岸工学論文集, 第49巻,pp.81-85., 2002.11.
194. 川口浩二・橋本典明・鈴山勝之, 波浪推算値に基づく日本沿岸波浪の出現特性について, 海岸工学論文集, 第49巻,pp.216-220., 2002.11.
195. 橋本典明・杉本彰・川口浩二・宇都宮好博, 局地気象モデルと第三世代波浪推算モデルの内湾波浪推算への適用, 海岸工学論文集, 第49巻,pp.201-205., 2002.11.
196. 橋本典明・I. J. Haagsma・L. H. Holthuijsen, 有限水深域における非線形エネルギー輸送の高精度計算法のSWANへの導入, 海岸工学論文集, 第49巻,pp.196-200., 2002.11.
197. 橋本典明・川口浩二・永井紀彦・柴木秀之・鈴山勝之, 気象・波浪相関図に基づく我が国沿岸波浪の出現特性, 海岸工学論文集, 第49巻,pp.221-225., 2002.11.
198. Hashimoto, N and K. Kawaguchi, Extension and modification of discrete interaction approximation (DIA) for computing nonlinear energy transfer of gravity wave spectra,, Proc. 4th Int. Symp., Ocean Wave Measurement and Analysis, Vol.1, pp530-539., 2001.01.
199. Kojima, S, N. Hashimoto and Y. Sato, The influence evaluation of the noise for the directional wave spectrum estimated from HF radar received signal, Proc. 4th Int. Symp., Ocean Wave Measurement and Analysis, Vol.1, pp211-220., 2001.01.
200. 佐藤孝夫・神薗文雄・橋本典明・市川雅史・宇都宮好博, 内湾浅海域(周防灘)における波浪推算手法の高度化, 海洋開発論文集, Vol. 17,pp.19-24., 2001.01.
201. 橋本典明・真期俊行・吉松みゆき, WAMとMRIによる台風9918号の異常波浪の再現性に関する検討, 海洋開発論文集, Vol. 17,pp.7-12., 2001.01.
202. 橋本典明・佐藤裕司・松浦邦明・市川雅史, 確率台風モデルの構築とその統計的特性, 海岸工学論文集, 第48巻, pp.456-460., 2001.11.
203. 橋本典明・嶺泰宏・永井紀彦・三原正裕, 船舶の荷役可否判定を目的とした気象図に基づく長周期波の統計的予測, 海岸工学論文集, 第48巻, pp.246-250., 2001.11.
204. 川口浩二・橋本典明・永井紀彦・久高将信, ECMWF風データとWAMに基づく日本沿岸波浪の推算精度に関する検討, 海岸工学論文集, 第48巻, pp.231-235., 2001.11.
205. 佐藤孝夫・末永正次・橋本典明・中垣 壽・宇都宮好博, 相互作用を考慮した波浪高潮結合モデルの開発, 海岸工学論文集, 第48巻, pp.216-220., 2001.11.
206. 児島正一郎・橋本典明・佐藤裕司, 一次散乱を考慮した海洋短波レーダによる波浪の方向スペクトルの推定法, 海岸工学論文集, 第48巻, pp.1436-1440., 2001.11.
207. 児島正一郎・橋本典明・吉松みゆき, 海洋短波レーダによる海表面流計測のための新しいドップラースペクトルの算定法, 海岸工学論文集, 第48巻, pp.1421-1425., 2001.11.
208. 児島正一郎・橋本典明・徳田正幸, 海洋短波レーダによる波浪観測に関する基礎的研究 -受信信号中のノイズの影響評価-, 海岸工学論文集, 第48巻, pp.1446-1450., 2001.11.
209. Suh K.D., S. H. Oh, S. W. Thurston and N. Hashimoto, Influence of Currents on Equilibrium Range Spectra of Wind Waves, Journal Wtrwy., Port, Coast., and Oc. Engrg., Vol.126, No.2, ASCE, pp.79-87., 2000.01.
210. Mitsui, M., N. Hashimoto and T. Nagai, Observation for Directional Wave in Japanese Coastal Region, Proc. 10th Int. Symp. on Acoustic Remote Sensing, pp.85-88., 2000.01.
211. Hashimoto, N., K. Kawaguchi, T. Maki and T. Nagai, A Comparison of WAM and MRI Based on Observed Directional Wave Spectra, Proc. 5th Int. Conf. Hydrodynamics, Hydrodynamics IV, Vol. II, ICHD2000, IAHR & AIRH, pp.587-592., 2000.01.
212. Nagai T., N. Hashimoto, K. Kawaguchi, H. Yokoi, M. Iwasaki and M. Kudaka, Infragravity Wave Observation around Japanese Coast by the Nationwide Ocean Wave information network for Ports and Harbours (NOWPHAS), Proc. 5th Int. Conf. Hydrodynamics, Hydrodynamics IV, Vol. II, ICHD 2000, IAHR & AIRH, pp.509-514., 2000.01.
213. Suh K.D., S. H. Oh, S. W. Thurston and N. Hashimoto, Influence of Currents on Equilibrium Range Spectra of Wind Waves, Proc. 27th Int. Conf. Coastal Eng., pp.241-254., 2000.01.
214. Hashimoto, N., S. Kojima and M. Tokuda, Estimation of Directional Spectra from HF Radar Surface Backscater, Proc. 27th Int. Conf. Coastal Eng., pp.1349-1362., 2000.01.
215. Suh K.D., S. H. Oh, N. Hashimoto and K. Ahn, Laboratory Observations of Triad Interaction of Deep Water Wind Waves, Coastal Engineering Journal, Vol. 42, No.3, World Scientific, pp.321-337., 2000.01.
216. 橋本典明・真期俊行・吉松みゆき, 波浪推算法による台風9918号の異常波浪の再現計算, 港湾技研資料, No.970, 33p., 2000.01.
217. 永井紀彦・橋本典明・佐藤和敏, 台風9918号による西日本沿岸の波浪と潮位の出現特性, 港湾技研資料, No.969,47p., 2000.01.
218. 三井正雄・橋本典明・永井紀彦, 海象計により計測された波向情報のさらなる活用をめざして, TECHNO-OCEAN, pp.733-736., 2000.11.
219. 永井紀彦・橋本典明・川口浩二・横井博志・久高将信, 現地観測方向スペクトルに基づく波向き出現特性とその表記, 海岸工学論文集, 第47巻,pp.1336-1340., 2000.11.
220. 橋本典明・児島正一郎・L. R. Wyatt, 海洋短波レーダにおける方向スペクトルの推定法に関する検討, 海岸工学論文集, 第47巻,pp. 1331-1335., 2000.11.
221. 佐藤孝夫・山本 悟・橋本典明・平石哲也・北澤壮介・松島健慈・大川郁夫, 周防灘海域における台風9918号による高波被害および危険度判定手法について, 海岸工学論文集, 第47巻,pp.316-320., 2000.11.
222. 永井紀彦・橋本典明・佐藤和敏・鈴山勝之・久高将信, 台風9918号による我国沿岸波浪の出現特性, 海岸工学論文集, 第47巻,pp.286-290., 2000.11.
223. 川口浩二・橋本典明・永井紀彦, 波浪推算における非線形相互作用の働きとその精度が及ぼす影響, 海岸工学論文集, 第47巻,pp.251-255., 2000.11.
224. Hashimoto, N and M. Tokuda, A Bayesian approach for estimation of directional wave spectra with HF radar, Coastal Engineering Journal, Vol. 41, No.2, World Scientific, pp.137-149., 1999.01.
225. 永井紀彦・橋本典明・高橋智晴・小山謙一・石原孝史, 水中超音波を用いた直記式波浪観測データ回収システムの開発, 港湾技研資料, No.933,16p., 1999.01.
226. 橋本典明・川口浩二・真期俊行・永井俊彦, 第3世代波浪推算法(WAM)の推算精度に関する検討, 港湾技術研究所報告, 第38巻,第4号,pp.3-47., 1999.01.
227. 永井紀彦・橋本典明・川口浩二・佐藤和敏・菅原一晃, ナウファスの連続観測化による我国沿岸の長周期波の観測, 港湾技術研究所報告, 第38巻第1号,pp.26-69., 1999.01.
228. 中川康之・工藤雅春・野村貴之・橋本典明・鶴谷広一, 沿岸埋立地周辺での微気象観測, 港湾技研資料, No.929,14p., 1999.01.
229. 永井紀彦・橋本典明・川口浩二・大山洋志・岩崎峯夫・久高将信, 連続観測システムの構築によるネットワーク沖合長周期波観測, 海岸工学論文集, 第46巻,pp.1311-1315., 1999.11.
230. 岡田知也・橋本典明・永井紀彦, 沿岸域における流れの長周期変動と風の関連性, 海岸工学論文集, 第46巻,pp.441-445., 1999.11.
231. 橋本典明・川口浩二・鈴木正芳, 海洋波の非線形相互作用における離散相互作用近似の拡張, 海岸工学論文集, 第46巻,pp.231-235., 1999.11.
232. 橋本典明・川口浩二・真期俊行・永井紀彦, 方向スペクトル観測値に基づく第三世代波浪推算法(WAM)の推算精度に関する検討, 海岸工学論文集, 第46巻,pp.276-280., 1999.11.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」