九州大学 研究者情報
発表一覧
森 裕樹(もり ゆうき) データ更新日:2022.03.25

助教 /  農学研究院 環境農学部門 生産環境科学講座


学会発表等
1. 竹原芽衣子, 津守玲, 森裕樹, 平舘俊太郎, セイタカアワダチソウ,キキョウ,カワラケツメイの生育に及ぼす土壌化学特性の影響 【B】, 日本生態学会第68回全国大会, 2021.03.
2. 津守玲, 山根明, 森裕樹, 平舘俊太郎, セイバンモロコシの生育に及ぼすリン酸および石灰施用の効果, 日本生態学会第68回全国大会, 2021.03.
3. 森裕樹,田島誉大,井上暢也,平舘俊太郎 , 地下環境における鉄鋼腐食に影響する土壌要因の解明, 日本鉄鋼協会 第180回秋季講演大会, 2020.09.
4. 森裕樹,皿本朋子,仲原裕貴,平舘俊太郎, 非アロフェン質黒ボク土で旺盛に生育可能な植物の生育戦略, 日本土壌肥料学会 九州支部例会, 2019.11.
5. WIJESINGHE JITHYA NAWODI,Hiradate Syuntaro,Koarashi Jun,Atarashi-Andoh Mariko,Saito-Kokubu Yoko,Yamaguchi Noriko,Sase Takashi,Hosono Mamoru,Inoue Yudzuru,Mori Yuki , The rate of vertical translocation of soil organic carbon fractions stored in a buried humic horizon from an Andosol, 日本土壌肥料学会静岡大会, 2019.09.
6. 森 裕樹,岩井 陸,平舘 俊太郎 , Fe水酸化物生成時に共存するSiとAlが生成物の表面電荷特性とCu吸着特性に及ぼす影響, 日本土壌肥料学会静岡大会, 2019.09.
7. 設樂 和彦,森 裕樹,毛利 光男,隅倉 光博 , 鉄粉浄化処理技術の基礎的検討, 地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会講演集 , 2019.10.
8. 加藤雄大・隅倉光博・毛利光男・設樂和彦・森 裕樹・和田信一郎, セレン排水の新規処理技術の開発−新規吸着剤を用いた実証実験−, 地盤工学会, 2018.07.
9. 森 裕樹・隅倉光博・加藤雄大・毛利光男・設樂和彦, 自然由来セレン含有頁岩からのセレン抽出技術の開発(その2)−次亜塩素酸ナトリウムを用いた抽出方法の検討, 地盤工学会, 2018.07.
10. 隅倉光博・加藤雄大・毛利光男・設樂和彦・森 裕樹, 自然由来重金属含有頁岩からのセレン抽出技術の開発(その1)−過酸化水素をもちいた抽出方法の検討−, 地盤工学会, 2018.07.
11. 津守玲,山根明,森裕樹,平舘俊太郎, 宝満川河川堤防法面における土壌化学特性と植生の関係-セイバンモロコシに着目して-
, 日本生態学会, 2019.03.
12. 境圭一郎,森裕樹,平舘俊太郎, 小笠原諸島の下層土が保持する交換性陽イオンの化学組成とその変動要因, 日本ペドロジー学会2018年度大会, 2018.03.
13. 浅岡宏行,森裕樹,平舘俊太郎, 人工改良草地としての利用が土壌特性および植物栄養元素の深度分布に及ぼす影響-九州大学高原農場(大分県久住町)の非アロフェン質黒ボク土における事例-, 日本ペドロジー学会2018年度大会, 2018.03.
14. 池田伸城,森 裕樹,平舘俊太郎, 小笠原諸島・媒島の土壌中に存在する粘土の鉱物学的特性, 日本ペドロジー学会2018年度大会, 2018.03.
15. 和田信一郎,大野薫子,鈴木正哉,森裕樹, イモゴライト吸着水の脱着挙動, 第61回粘土科学討論会, 2017.09.
16. 古園 修治, 森 裕樹, 化学平衡モデルと逐次抽出法による土壌無機態リンの形態解析, 日本土壌肥料学会, 2017.09.
17. 松田 亜由美, 森 裕樹, 和田 信一郎, カリウム選択性マンガン酸化物で評価された非交換態カリウムの起源, 日本土壌肥料学会, 2017.09.
18. 設樂和彦,隅倉光博,田﨑雅晴,毛利光男,森裕樹,和田信一郎, セレン排水の新規処理技術の開発(その3)-自然由来セレン実排水への適用-, 第52回地盤工学会研究発表会, 2017.07.
19. 森裕樹,和田信一郎,隅倉光博,設樂和彦,田﨑雅晴,毛利光男, セレン排水の新規処理技術の開発 (その2)-新規吸着材の性能評価-, 第52回地盤工学会研究発表会, 2017.07.
20. 隅倉光博,設樂和彦,田﨑雅晴,毛利光男,森裕樹,和田信一郎, セレン排水の新規処理技術の開発(その1)-酸化過程を必要としない亜セレン酸・セレン酸の同時吸着-, 第52回地盤工学会研究発表会, 2017.07.
21. 松田 亜由美, 森 裕樹, 和田 信一郎, カリウム選択性マンガン酸化物を利用した土壌のカリウム供給能評価法, 日本土壌肥料学会, 2016.09.
22. 古園 修治, 森 裕樹, 和田 信一郎, ゼロ価鉄を用いた土壌中セレン不溶化の安定性評価, 第22回 地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会, 2016.06.
23. 森 裕樹, 古園 修治, 和田 信一郎, 土壌無機態リンの化学形態推定のためのPHREEQCによるモデル化, 日本土壌肥料学会, 2016.09.
24. 松田 亜由美, 森 裕樹, 和田 信一郎, カリウム選択性マンガン酸化物の調製と土壌のカリウム供給能評価への応用の試み, 日本土壌肥料学会, 2015.09.
25. 森 裕樹, Hiroki Matsuo, 和田 信一郎, Effect of the manure application on water-soluble Cd in soil, 13th International conference on the biochemistry of trace element, 2015.07.
26. Vila LAOKOM, 森 裕樹, 和田 信一郎, Comparison of CaCO3 and MgO as stabilizing agent for lead (Pb) contaminated soils, 第21回 地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会, 2015.06.
27. 板野 光純, 森 裕樹, 和田 信一郎, 吸着または還元によるセレン汚染土壌の不溶化処理に関する研究, 第21回 地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会, 2015.06.
28. 森 裕樹, 全国6支部の小・中・高校生及び大学生に対する土壌アンケート調査結果の集計・分析から土壌教育を考える」-九州支部における事例報告-, 日本土壌肥料学会, 2015.09.
29. 松尾 洋毅, 森 裕樹, 和田 信一郎, 堆肥施用Cd汚染土壌における理化学性および溶存Cd濃度の経時変化, 日本土壌肥料学会 東京大会, 2014.09.
30. Ayumi Matsuda, Yuki Mori, Shin-Ichiro Wada, Potassium selectivity of topotactically potassium-depleted cryptopmelane-type manganese oxide, JSPS SOWAC Project 2014 Joint Seminar between Water Resources University, Vietnam and Kyushu University, Japan, 2014.08.
31. 松尾 洋毅, 森 裕樹, 和田 信一郎, 土壌溶存Cd濃度に堆肥施用が与える影響, 日本土壌肥料学会 九州支部春季例会, 2014.05.
32. 平井 康丸, 森 裕樹, 中平翔太, 井上 英二, 岡安 崇史, 光岡 宗司, 土壌環境および施肥窒素量を説明変数とした水稲収量の判別モデル, 第72回農業食料工学会年次大会, 2013.09.
33. 森 裕樹, 植屋冬美, 紅林良亮, 松尾洋毅, 和田 信一郎, フミン酸・鉄鉱物混合物中のカドミウム形態解析, 日本土壌肥料学会, 2013.09.
34. 中平翔太, 平井 康丸, 森 裕樹, 井上 英二, 岡安 崇史, 光岡 宗司, 土壌環境パラメータを説明変数とした水稲収量の判別モデル, 第67回農業機械学会九州支部例会, 2013.09.
35. Nguyen Thi Hang Nga, Yuki Mori, Shin-Ichiro Wada, Removal of kaolinite suspensions in water by soil based flocculants, Collaborative project for soil and water conservation southeast Asian watersheds, 2012.08.
36. 森 裕樹, 植屋冬美, 和田 信一郎, 鉄鉱物およびフミン酸の混合物に対するカドミウム吸着数値モデル化の検証, 日本土壌肥料学会, 2012.09.
37. 森裕樹・植屋冬美・和田信一郎, 吸着モデルの組み合わせによる溶存および吸着形態別カドミウム濃度推定, 日本土壌肥料学会2011年度つくば大会, 2011.08.
38. 森裕樹・前田麻美・平田雄基・植屋冬美・和田信一郎, pH および電気伝導率測定による土壌溶液カドミウム活量の推定, 日本土壌肥料学会, 2010.09.
39. 和田信一郎・森 裕樹・吉田美奈子, イオン飽和処理を行わない Ca-K 交換反応選択係数測定法, 日本土壌肥料学会, 2010.09.
40. Yuki Mori, Ho Thi Lam Tra, Cao Truong Son, Trieu Phuong Thao, Do Thi Thu Hien, Shinji Fukuda, Trinh Quang Huy, Yohei Shimasaki, Pham Van Cuong, Takuya Araki, Do Nguyen Hai, Ha Viet Cuong, Masaru Matsumoto, Effects of urea concentration and application method on urea hydrolysis in flooded soil, Soil, water and nutrient in farming systems in Vietnam, 2009.11.
41. 森裕樹,前田麻美,和田信一郎, 実汚染土の土壌溶液カドミウム濃度に対するpHおよびイオン組成の影響, 日本土壌肥料学会, 2009.09.
42. 森裕樹・和田信一郎, 低カリウム飽和度におけるカルシウム−カリウム交換反応の選択係数, 2009年度日本土壌肥料学会九州支部春季例会, 2009.05.
43. Matsumoto M., Cuong H. V., Trinh Q. H., Pham V. C., Ho T. L. T., Shimasaki Y., Araki T., Mori Y., Do N. H. and Fukuda S. , Population structure of rice sheath blight pathogen, Rhizoctonia solani AG-1 1A by rep-PCR and ITS sequences in Red River Delta, Vietnam, JSPSセミナー2008 , 2008.11.
44. Shimasaki Y., Q. H. Trinh, S. Fukuda, T. N. Do, T. H. H. Doan, T. T. H. Nguyen, M. Yukihira, Y. Mori, T. Araki, M. Matsumoto, J. K. Ik, J. Moroishi, T. Honjo, S. Kawaguchi and Y. Oshima, Effects of rice cultivation on water quality and diatom species composition in a paddy field at Hanoi University of Agriculture, JSPSセミナー2008 , 2008.11.
45. Fukuda S., Q. H. Trinh, V. C. Pham, T. L. T. Ho, Y. Shimasaki, T. Araki, Y. Mori, M. Matsumoto, V. C. Ha, N. H. Do and V. V. Liet, Numerical modeling on nitrogen balance in integrated farming systems in Red River Delta, Vietnam- A preliminary model-, JSPSセミナー2008 , 2008.11.
46. Yasumaru Hirai, Yuichiro Beppu, Yuki Mori, Keiko Tomita, Kunihiko Hamagami, Ken Mori, Principal Component Analysis of Rice Production Environment in Rice Terrace Region, 9th International Conference on Precision Agriculture, 2008.07.
47. 中川 啓・前川陽介・森 裕樹, 物理的-化学的不均一場における陽イオン交換反応を考慮した物質輸送シミュレーション, 水工学講演会, 2009.03.
48. Yuki Mori, Ho Thi Lam Tra, Cao Truong Son and Trieu Thi Phuong Thao, Seasonal change of soil nitrogen components in paddy fields, Vietnam, JSPSセミナー2008 , 2008.11.
49. Aye Aye Than, Kazuyuki Shoji, Yuki Mori and Shin-Ichiro Wada, pH of greenhouse soils -Is it adequately measured?-, 2008年度日本土壌肥料学会九州支部秋季例会, 2008.10.
50. 平井康丸,別府佑一郎,森裕樹,富田景子,濱上邦彦,森健,内田進,稲葉繁樹, 棚田地域の米づくりに影響を与える生産環境, 第67回農業機械学会年次大会, 2008.03.
51. Mori, Y. and Wada, S.-I., Key factors affecting the amount of HCl-extractable Cd in soils, International Symposium on Hybrid Rice and Agro-ecosystem, 2007.11.
52. 森裕樹, 一定濃度酸溶液中の土壌鉱物溶解速度変化, 土壌肥料学会, 2006.09.
53. Mori Y. and Wada S., Behabior of cadmium during HCl extraction of soils., 6th International Symposium on Plant-Soil Interactions at Low pH, 2004.08.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」