九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
和田 尚久(わだなおひさ) データ更新日:2021.11.02

教授 /  歯学研究院 歯学部門 総合歯科学


主な研究テーマ
幹細胞、シグナル分子およびスキャフォールドを用いた新規象牙質/歯髄複合体再生直接覆髄法の開発
キーワード:歯髄、象牙質、幹細胞、再生
2013.04.
歯根膜幹細胞に特異的に発現する新規増殖因子および細胞外基質タンパクの同定
キーワード:歯根膜
2010.04.
ヒト歯肉線維芽細胞および歯根膜細胞による万能性幹細胞(iPS cell)の樹立
キーワード:歯肉細胞、歯根膜細胞、万能性幹細胞
2008.04~2009.03.
他家歯根膜幹細胞による免疫抑制メカニズムの解析
キーワード:歯根膜幹細胞、Tリンパ球、他家移植
2007.09~2010.03.
歯周組織再生を促進する因子の同定
キーワード:歯根膜
2006.04.
ヒト歯根膜細胞株およびマラッセの上皮遺残細胞株の作製およびキャラクタリゼーション
キーワード:歯根膜、細胞株
2003.04~2006.03.
歯根膜細胞における破骨細胞形成促進因子および抑制因子の調節機構の解析
キーワード:歯根膜、破骨細胞、LPS
2001.04~2003.03.
歯根膜細胞による破骨細胞の分化形成制御作用およびその因子に関する研究
キーワード:歯根膜、破骨細胞
1998.04~2002.03.
根尖病変内の上皮組織におけるアポトーシスに関する組織学的研究
キーワード:歯根肉芽腫、歯根嚢胞、アポトーシス
1997.04~1998.03.
従事しているプロジェクト研究
近赤外光・レーザー等を用いた新たな歯科疾患診断・治療機器の開発に関する研究
2016.04~2016.03, 代表者:角 安徳, 国立長寿医療研究センター.
Clinical application of periodontal ligament stem cells to regenerate the periodontal tissue
2010.04, 代表者:Peter Mark Bartold, Colgate Australian Clinical Dental Research Centre University of Adelaide Department of Dentistry, Colgate Australian Clinical Dental Research Centre
University of Adelaide
Department of Dentistry

歯根膜幹細胞を応用した新たな歯周組織再生法を確立する。.
研究業績
主要著書
1. Naohisa Wada, Atsushi Tomokiyo, Hidefumi Maeda, Dental Stem Cells, Springer International Publishing Switzerland, 2016.05.
2. 和田 尚久, 赤峰 昭文, 私の“Single Patient Use”&“シングルファイル”の臨床応用 感染対策の視点で In: 新しいNi-Ti製ファイルの歯内療法-Single Patient Use時代の到来-, クインテッセンス出版、東京, 2章-2, 41-47, 2014.09.
3. Hidefumi Maeda, Naohisa Wada, Fujii Shinsuke, Atsushi Tomokiyo, Akifumi Akamine, Periodontal ligament stem cells. In: Stem Cells in Clinic and Research, InTech, Rijeka, Croatia, Chapter 25, 619-636, 2011.07.
主要原著論文
1. Shinsuke Fujii, Kengo Nagata, Shinji Matsumoto, Kenichi Kouhashi, Akira Kikuchi, Yoshinao Oda, Tamotsu Kiyoshima, Naohisa Wada, Wnt/β-catenin signaling, which is activated in odontomas, reduces Sema3A expression to regulate odontogenic epithelial cell proliferation and tooth germ development, Scientific reports, 10.1038/s41598-019-39686-1, 9, 1, 2019.12, [URL].
2. 吉田晋一郎, 和田尚久, 長谷川大学, 御手洗裕美, 有馬麻衣, 友清淳, 濱野さゆり, 杉井英樹, 前田英史, 骨組織上に播種した歯髄幹細胞は歯根膜関連遺伝子を発現する-接触する基質の硬さが細胞分化に及ぼす影響-, 日本歯科保存学雑誌, 61, 6, 343-353, 2018.12.
3. Daigaku Hasegawa, Naohisa Wada, Shinichiro Yoshida, Hiromi Mitarai, Mai Arima, Atsushi Tomokiyo, Sayuri Hamano, Hideki Sugii, Hidefumi Maeda, Wnt5a suppresses osteoblastic differentiation of human periodontal ligament stem cell-like cells via Ror2/JNK signaling, Journal of Cellular Physiology, 10.1002/jcp.26086, 233, 2, 1752-1762, 2018.02, [URL].
4. H. Mitarai, Naohisa Wada, Daigaku Hasegawa, Shinichiro Yoshida, M. Sonoda, Atsushi Tomokiyo, Sayuri Hamano, S. Serita, H. Mizumachi, Hidefumi Maeda, Transgelin mediates transforming growth factor-β1-induced proliferation of human periodontal ligament cells, Journal of Periodontal Research, 10.1111/jre.12466, 52, 6, 984-993, 2017.12, [URL].
5. Shinichiro Yoshida, Naohisa Wada, Daigaku Hasegawa, H. Miyaji, H. Mitarai, Atsushi Tomokiyo, Sayuri Hamano, Hidefumi Maeda, Semaphorin 3A Induces Odontoblastic Phenotype in Dental Pulp Stem Cells., J Dent Res, 10.1177/0022034516653085, 95, 11, 1282-1290, 2016.06.
6. Daigaku Hasegawa, Naohisa Wada, Hidefumi Maeda, S.Yoshida, H. Mitarai, Atsushi Tomokiyo, Monnouchi Satoshi, S. Hamano, A. Yuda, Akifumi Akamine, Wnt5a Induces Collagen Production by Human Periodontal Ligament Cells through TGFβ1-mediated Upregulation of Periostin Expression., J Cell Physiol, 230, 11, 2647-2660, 2015.11.
7. Zakaria MN, Toru Takeshita, Yukie Shibata, Hidefumi Maeda, Naohisa Wada, Akifumi Akamine, Yoshihisa Yamashita, Microbial community in persistent apical periodontitis: a 16S rRNA gene clone library analysis., Int Endod J, in press, 2014.08.
8. Menicanin D, Mrozik M, Naohisa Wada, Marino V, Shi S, Bartold PM, Gronthos S., Periodontal Ligament Derived Stem Cells Exhibit the Capacity for Long-Term Survival, Self-Renewal and Regeneration of Multiple Tissue Types in Vivo. , Stem Cells Dev, 23, 9, 1001-1011, 2014.05.
9. Naohisa Wada, Hidefumi Maeda, Hasegawa D, Gronthos S, Bartold PM, Menicanin D, Fujii S, Yoshida D, Tomokiyo A, Monnouchi Satoshi, Akifumi Akamine, Semaphorin 3A induces mesenchymal stem-like properties in human periodontal ligament cells., Stem Cells Dev, in press, 2014.02.
10. Mrozik K, Naohisa Wada, Marino V, Richter W, Shi S, Wheeler DL, Gronthos S, Bartold PM, Regeneration of periodontal tissues using allogeneic periodontal ligament stem cells in an ovine model., Regen Med, 8, 6, 711-723, 2013.06.
11. Wada N, Wang B, Lin NH, Laslett AL, Gronthos S, Bartold PM, Induced pluripotent stem cell lines derived from human gingival fibroblasts and periodontal ligament fibroblasts., J Periodontal Res, 46, 4, 438-447, 2011.05.
12. Wada N, Bartold PM, Gronthos S, Human foreskin fibroblasts exert immunomodulatory properties by a different mechanism to bone marrow mesenchymal stem cells, Stem Cells Dev, 20, 4, 647-659, 2010.09.
13. Wada N, Menicanin D, Shi S, Bartold PM, Gronthos S, Immunomodulatory properties of human periodontal ligament stem cells, J Cell Physiol, 219, 667-676, 2009.01.
14. Tomokiyo A, Maeda H, Fujii S, Wada N, Shima K, Akamine A, Development of a multipotent clonal human periodontal ligament cell line. Differentiation, Differentiation, 76, 4, 337-347, 2008.04.
15. Fujii S, Maeda H, Wada N, Tomokiyo A, Saito M, Akamine A., Investigating a clonal human periodontal ligament progenitor/stem cell line in vitro and in vivo, J Cell Physiol, 215, 3, 743-749, 2008.03.
16. Fujii S, Maeda H, Wada N, Kano Y, Akamine A, Establishing and characterizing human periodontal ligament fibroblasts immortalized by SV40T-antigen and hTERT gene transfer., Cell and Tissue Research, vol.324(1):pp117-125, 2006.04.
17. Nomiyama H, Egami K, Wada N, Tou K, Horiuchi M, Matsusaki H, Miura R, Yoshie O, Kukita T, Identification of genes differentially expressed in osteoclast-like cells., Journal of Interferon and Cytokine Research, 10.1089/jir.2005.25.227, 25, 4, 227-231, vol.25: pp227-231, 2005.01.
18. Kukita T, Wada N, Kukita A, Kakimoto T, Sandra F, Toh K, Nagata K, Iijima T, Horiuchi M, Matsusaki H, Hieshima K, Yoshie O, Nomiyama H., RANKL-induced DC-STAMP is essential for osteoclastogenesis., Journal of Experimental Medicine, 10.1084/jem.20040518, 200, 7, 941-946, vol.200: pp941-946, 2004.06.
19. Wada N, Maeda H, Yoshimine Y, Akamine A, Lipopolysaccharide stimulates expression of osteoprotegerin and receptor activator of NF-kappa B ligand in periodontal ligament fibroblasts through the induction of interleukin-1 beta and tumor necrosis factor-alpha., Bone, 10.1016/j.bone.2004.04.023, 35, 3, 629-635, vol.35: pp629-635, 2004.04.
20. Wada N, Maeda H, Nakamuta H, Akamine A, Apoptosis of epithelial cells proliferated in human periapical lesions., 日本歯科保存学会誌, vol.46: pp7-14, 2003.01.
21. Wada N, Maeda H, Tanabe K, Tsuda E, Yano K, Nakamuta H, Akamine A, Periodontal ligament cells secrete the factor that inhibits osteoclastic differentiation and function: the factor is osteoprotegerin / osteoclastogenesis inhibitory factor., Journal of Periodontal Research, 10.1034/j.1600-0765.2001.00604.x, 36, 1, 56-63, vol.36: pp56-63, 2001.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 和田 尚久, 前田 英史, 赤峰 昭文, 次世代の歯の治療-歯髄・根尖性歯周炎の再生-2 歯根膜再生における歯原性幹細胞とiPS細胞., 歯界展望 医歯薬出版社, 2014.08.
2. Naohisa wada, Stan Gronthos, P.Mark Bartold, Immunomodulatory Effects of Stem Cells, Periodontol 2000. 63(1):198-216., 63(1):198-216, 2013.10.
主要学会発表等
1. 和田尚久, 歯科用マイクロスコープを用いたエンド治療, 第33回日本歯科人間工学会研究発表大会, 2017.12.
2. 和田尚久, 総合歯科医に求められる役割を考える-口腔総合診療科に所属する一歯科保存専門医の立場から-, 第10回日本総合歯科学会総会・学術大会, 2017.11.
3. Hiromi Mitarai, Naohisa Wada, Daigaku Hasegawa, Shinichiro Yoshida, Mai Sonoda, Atsushi Tomokiyo, Sayuri Hamano, Hidefumi Maeda, Transgelin Mediates TGF-beta1-induced Human Periodontal Ligament Cell Proliferation., 95th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), 2017.03.
4. Daigaku Hasegawa, Naohisa Wada, Sayuri Hamano, Atsushi Tomokiyo, Shinichiro Yoshida, Hiromi Mitarai, Mai Sonoda, Hideki Sugii, Hidefumi Maeda, Identification of a novel periodontal ligament stem cell marker, 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), 2016.06.
5. Shinichiro Yoshida, Naohisa Wada, Daigaku Hasegawa, Atsushi Tomokiyo, Sayuri Hamano, Hiromi Mitarai, Hideki Sugii, Hidefumi Maeda, Semaphorin 3A induces odontoblastic phenotype in dental pulp stem cells., 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), 2016.06.
6. Sayuri Hamano, Atsushi Tomokiyo, Naohisa Wada, Daigaku Hasegawa, Hideki Sugii, Shinichiro Yoshida, Suguru Serita, Hiroyuki Mizumachi, Hiromi Mitarai, Hidefumi Maeda, Directing human iPS cells toward PDL stem cells, 94th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research (IADR), 2016.06.
7. 長谷川 大学, 和田 尚久, 濱野 さゆり, 友清 淳, 吉田 晋一郎, 御手洗 裕美, 園田 麻衣, 杉井英樹, 前田 英史, MESTはヒト歯根膜幹細胞における幹細胞特性の維持に関与する, 第144回日本歯科保存学会春季学術大会, 2016.06.
8. 濱野 さゆり, 友清 淳, 和田 尚久, 長谷川 大学, 杉井英樹, 吉田 晋一郎, 芹田 俊, 水町 博之, 御手洗 裕美, 前田 英史, iPS細胞由来の歯根膜幹細胞様細胞の樹立, 第144回日本歯科保存学会春季学術大会, 2016.06.
9. 芹田 俊, 友清 淳, 長谷川 大学, 濱野 さゆり, 杉井英樹, 吉田 晋一郎, 山本直秀, 水町 博之, 御手洗 裕美, 和田 尚久, 前田 英史, 歯髄細胞におけるβig-h3の発現および機能について, 第144回日本歯科保存学会春季学術大会, 2016.06.
10. Shinichiro Yoshida, Naohisa Wada, Daigaku Hasegawa, Atsushi Tomokiyo, Sayuri Hamano, Hiromi Mitarai, Serita S, Mizumachi H, Hidefumi Maeda, Semaphorin 3A induces odontoblastic phenotype in dental pulp stem cells., Kyudai Oral Bioscience 2016 -Frontiers in Dental Research and Education in East Asia-, 2016.02.
11. 吉田 晋一郎, 山本直秀, 和田 尚久, 友清 淳, 長谷川 大学, 濱野 さゆり, 祐田 明香, 御手洗 裕美, 杉井英樹, 前田 英史, 炎症性サイトカインで刺激したヒト歯根膜細胞由来のGDNFはPC12の神経細胞分化を促進する, 第143回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2015.11.
12. 御手洗 裕美, 和田 尚久, 前田 英史, 長谷川 大学, 吉田 晋一郎, 濱野 さゆり, 祐田 明香, 友清 淳, 赤峰 昭文, 歯根膜細胞におけるα-SMA発現にTransgelinが関与する, 第142回日本歯科保存学会春季学術大会, 2015.06.
13. 長谷川大学, 和田 尚久, 前田 英史, 吉田晋一朗, 御手洗裕美, 門野内 聡, 濱野さゆり, 祐田明香, 赤峰 昭文, Wnt5aはRor2-JNKシグナルを介してヒト歯根膜幹細胞株の骨芽細胞様分化を抑制する, 第141回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2014.06.
14. 長谷川 大学, 和田 尚久, 前田 英史, 吉田 晋一朗, 門野内 聡, 御手洗 裕美, 濱野さゆり, 祐田明香, 赤峰 昭文, Wnt5aはTGFβ1を介してヒト歯根膜細胞のコラーゲン線維形成を促進する, 第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014.06.
15. 吉田 晋一朗, 和田 尚久, 前田 英史, 門野内 聡, 長谷川 大学, 御手洗 裕美, 濱野さゆり, 祐田明香, 杉井英樹, 赤峰 昭文, Semaphorin3Aがヒト歯髄幹細胞による硬組織形成に及ぼす影響, 第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014.06.
16. Daigaku Hasegawa, Naohisa Wada, Hidefumi Maeda, Shinichiro Yoshida, Monnouchi Satoshi, Koori Katsuaki, Sayuri Hamano, Hiromi Mitarai, Akifumi Akamine, The Effects of Wnt5a on Human Periodontal Ligament Cells., Kyudai Oral Bioscience 2014 - 8th International Symposium -, 2014.02.
17. Shinichiro Yoshida, naohisa wada, Hidefumi Maeda, Daigaku Hasegawa, Sato H, Monnouchi Satoshi, Akifumi Akamine, Dental pulp stem cells on bone tissue express periodontal ligament-related gene., The 9th World Endodontic Congress, 2013.05.
18. naohisa wada, Hidefumi Maeda, Daigaku Hasegawa, Stan Gronthos, P.Mark Bartold, Daniela Menicanin, Fujii Shinsuke, Hiroko Wada, Atsushi Tomokiyo, Monnouchi Satoshi, Akifumi Akamine, Conversion of periodontal ligament cells into multipotent stem-like cells, 91st General Session & Exhibition of the IADR, 2013.03.
19. 和田 尚久, 再生医療における歯原性幹細胞の可能性, 日本再生歯科医学会2013シンポジウム「よみがえる歯髄・歯根膜・根尖歯周組織」, 2013.02.
20. naohisa wada, Hidefumi Maeda, Daigaku Hasegawa, Stan Gronthos, P.Mark Bartold, Daniela Menicanin, Fujii Shinsuke, Hiroko Wada, Atsushi Tomokiyo, Monnouchi Satoshi, Akifumi Akamine, Induction of stem/undifferentiated cells from human periodontal ligament cells by Sema3A, The Australian Health and Medical Research Congress 2012, 2012.11.
21. 長谷川大学, 和田 尚久, 前田 英史, 藤井 慎介, 郡勝明, 友清 淳, 門野内 聡, 河野 清美, 山本直秀, 寺松陽子, 濱野さゆり, 祐田明香, 赤峰 昭文, 分化能の異なるヒト歯根膜細胞クローンの単離及びキャラクタライゼーション, 第137回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2012.11.
22. 和田 尚久, 前田 英史, 長谷川 大学, 藤井 慎介, 山本 直秀, 門野内 聡, 赤峰 昭文, Sema3Aがヒト歯根膜細胞の幹細胞/未分化細胞誘導に及ぼす影響, 136回日本歯科保存学会春季学術大会, 2012.06.
23. Wada N, Gronthos S, Menicanin D, Mrozik K, and Bartold PM , Immunosuppressive properties of human periodontal ligament stem cells, 87th General Session & Exhibition of the IADR, 2009.04.
24. Tomokiyo A, Maeda H, Fujii S, Wada N, Shima K, Akamine A, Development of a multipotent clonal human periodontal ligament cell line, Dental and Craniofacial morphogenesis and tissue regeneration, 2007.03.
25. Fujii S, Maeda H, Wada N, Tomokiyo A, Akamine A, Investigating a clonal human periodontal ligament progenitor/stem cell line in vitro and in vivo., Dental and Craniofacial morphogenesis and tissue regeneration, 2007.03.
26. 友清淳、前田英史、藤井慎介、和田尚久、島一也、赤峰昭文, 多分化能を持つヒト歯根膜クローン細胞株の樹立とキャラクタリゼーション, 第125回日本歯科保存学会秋季大会, 2006.11.
27. Fujii S, Maeda H, Wada N, Tomokiyo A, Akamine A, Characterization of clonal human periodontal ligament cell lines., 84th General Session & Exhibition of the IADR, 2006.06.
28. Tomokiyo A, Maeda H, Fujii S, Wada N, Akamine A, Effects of bFGF and EMD on human periodontal ligament cells., 84th General Session & Exhibition of the IADR, 2006.06.
29. Fujii S, Maeda H, Wada N, Tomokiyo A, Akamine A, Characterization of clonal human periodontal ligament cell lines., Dental and Craniofacial morphogenesis and tissue regeneration, 2006.03.
30. 友清淳、前田英史、藤井慎介、和田尚久、赤峰昭文, ヒト不死化歯根膜クローン細胞におけるEMDおよびbFGFが石灰化誘導に及ぼす影響, 第123回日本歯科保存学会秋季大会, 2005.11.
学会活動
所属学会名
日本顕微鏡歯科学会
日本老年歯科学会
日本総合歯科学会
日本口腔ケア学会
日本歯科保存学会
日本歯内療法学会
日本歯科医学教育学会
日本再生医療学会
International Association for Dental Research
Japan Asssociation of Dental Research
学協会役員等への就任
2021.01~2022.12, 日本顕微鏡歯科学会, 運営委員.
2019.07~2021.03, 日本歯科医学教育学会, 運営委員.
2019.07~2021.03, 日本歯科医学教育学会, 運営委員.
2019.01~2022.12, 日本顕微鏡歯科学会, 運営委員.
2021.01~2022.12, 日本顕微鏡歯科学会, 理事.
2019.04~2021.03, 日本総合歯科学会, 運営委員.
2021.04~2023.03, 日本歯科保存学会, 運営委員.
2019.04~2021.03, 日本総合歯科学会, 運営委員.
2019.04~2023.03, 日本歯科保存学会, 運営委員.
2019.03~2021.03, 日本歯科保存学会, 理事.
2018.04~2020.03, 日本口腔ケア学会, 評議員.
2017.04~2019.03, 日本総合歯科学会, 運営委員.
2017.01~2022.12, 日本顕微鏡歯科学会, 運営委員.
2017.01~2018.12, 日本顕微鏡歯科学会, 理事.
2016.04, 日本歯科医学教育学会, 評議員.
2015.11~2021.03, 日本総合歯科学会, 運営委員.
2015.11~2019.03, 日本総合歯科学会, 理事.
2015.07~2019.04, 日本歯科医学教育学会, 運営委員.
2013.04~2019.03, 日本歯科保存学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.08.23~2020.08.30, 災害歯科口腔医療シンポジウム, 座長.
2019.11.01~2019.11.02, 第12回日本総合歯科学会総会・学術大会, 座長.
2019.08.18~2019.08.18, 熊本大学病院災害医療教育研究センター第1回食支援ワークショップ, 座長.
2019.07.19~2019.07.20, 第38回日本歯科医学教育学会学術大会, 座長.
2019.07.19~2019.07.20, 第38回日本歯科医学教育学会学術大会, 副大会長.
2019.07.06~2019.07.06, 第6回日本医療連携研究会総会・研究集会, 座長.
2018.10.27~2018.10.28, 第11回日本総合歯科学会総会・学術大会, 優秀口演選考対象発表セッション1 座長.
2018.04.28~2018.04.29, 第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 副大会長.
2018.04.28~2018.04.29, 第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 座長(Chairmanship).
2017.01.26~2017.01.26, 平成28年度第5回倫理・プロフェッショナリズムプロフェッショナリズム教育委員会, 委員.
2016.11.18~2016.11.19, 第9回日本総合歯科学会総会・学術大会, 座長(Chairmanship).
2016.02.28~2016.02.28, 頭脳循環第二回シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2016.05.19~2016.05.19, 平成28年度長寿医療研究開発費 「近赤外光・レーザー等を用いた新たな歯科疾患診断・治療機器の開発に関する研究」 紫外線LED口腔治療装置の研究打合せ会議, 研究分担者.
2015.10.01~2015.10.01, 平成27年度長寿医療研究開発費 25-7「高齢者の口腔機能の維持・向上法に関する研究」班会議, 研究協力者.
2016.03.06~2016.03.06, 第2回 医療コミュニケーションガイド作成に関する会議, 出席者.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Colgate Australian Clinical Dental Research Centre, School of Dentistry, the University of Adelaide, Mesenchymal Stem Cell Group, Bone and Cancer Laboratories, Department of Haematology, Institute of Medical & Veterinary Science/ Hanson Institute, Australia, 2007.09~2010.03.
受賞
日本歯科保存学会奨励賞, 日本歯科保存学会, 2003.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 代表, オミックス解析を用いた歯根膜発生機構の解明と幹細胞誘導型組織再生技術への応用.
2018年度~2020年度, 挑戦的研究(萌芽), 分担, iPS創薬とゲノム創薬の融合による歯根膜幹細胞賦活化物質の創出と再生医療への応用.
2017年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 癌治療患者に発症する味覚異常のメカニズム解明と治療法の開発.
2017年度~2022年度, 基盤研究(A), 分担, iPS細胞を用いた3次元的歯根膜作製法の確立と人工歯根開発への応用.
2017年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, iPS由来神経堤細胞によるバイオミメティクスに基づいた新規歯周組織再生療法の開発.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, 歯周病原菌が消化器癌に及ぼす影響に関する多面的研究.
2015年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 歯根膜幹細胞誘導による組織再生を基盤とした包括的歯内疾患治療法の開発.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, カルシウム感知受容体制御に着目した象牙質修復治療法の開発.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, セマフォリン3Aと歯髄幹細胞を用いた新規象牙質/歯髄複合体再生直接覆髄法の開発 .
2014年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, 新規覆髄材の開発を目的としたβig-h3の解析.
2013年度~2016年度, 基盤研究(B), 分担, 歯根膜組織形成能を有したバイオアクティブレジンの開発.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 歯肉線維芽細胞由来iPS細胞を用いた新たな歯根膜組織誘導ストラテジー.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 歯髄幹細胞は歯牙再植時の歯周組織再生の細胞源となりうるか?.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 歯根膜細胞由来のiPS細胞の作製と歯根膜組織再生法の開発.
2011年度~2013年度, 若手研究(A), 代表, 新規の歯根膜幹細胞表面抗原および歯根膜マーカーを活用した歯周組織再生法の開発.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, アンギオテンシンIIを用いた成功率の高い意図的歯牙再植術の開発.
2010年度~2011年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 歯根膜幹細胞に特異的に発現する新規細胞表面抗原マーカーおよび増殖因子の同定.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 分担, 歯周靭帯の再生を主軸にした新規歯周組織再生療法の開発.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 歯根膜を有した次世代型人工歯根の開発.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, 歯根膜はその再生に何を必要とするか?.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 代表, in vivo実験系を用いた歯周組織再生を促進する因子の同定.
2007年度~2009年度, 基盤研究(B), 分担, ヒト歯根膜前駆細胞クローン細胞株を用いた歯根膜組織再生機構の解明.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 歯周組織再生の鍵をにぎる細胞とその必須の因子は何か?.
2005年度~2006年度, 若手研究(B), 代表, マラッセの上皮遺残はセメント質形成に関与しているか?.
2001年度~2002年度, 特別研究員奨励費, 代表, 歯根膜における破骨細胞形成抑制因子OPG/OCIFの発現および調節機構の解析.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2020年度~2020年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 新型コロナウイルス感染症拡大下における歯科医師臨床研修の継続及び適切な実施に向けた情報通信機器活用法の調査研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2010年度~2010年度, Australian Dental Research Foundation, Research Grant 2010, 代表, Identification and characterisation of novel cell surface markers that are essential for periodontal ligament stem cell phenotype
.
2009年度~2009年度, Australian Dental Research Foundation, Research Grant 2009, 代表, Immunosuppressive mechanisms of allogenic periodontal ligament stem cells on T-lymphocytes.
2008年度~2008年度, The University of Adelaide, School of Dentistry, INTERNAL RESEARCH FUNDING 2008, 代表, Reprogramming of human gingival and periodontal fibroblasts to pluripotency with defined factors.
2006年度~2007年度, 第2回ふくおか「臨床医学研究賞」, 分担, 歯科治療におけるコンポジットレジン修復の臨床成績に及ぼす諸因子の影響.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.04~2019.03, 分担, 長寿医療研究開発費
レーザー光・紫外線LED等を用いた新たな歯科疾患診断・治療機器の開発に関する研究.
2017.04~2018.03, 分担, 長寿医療研究開発費
レーザー光・紫外線LED等を用いた新たな歯科疾患診断・治療機器の開発に関する研究.
2016.04~2017.03, 分担, 長寿医療研究開発費
近赤外光・レーザー等を用いた新たな歯科疾患診断・治療機器の開発に関する研究
.
寄附金の受入状況
2020年度, サンメディカル株式会社, 歯内治療関連研究費.
2015年度, 個人, 研究支援.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」