九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
福島 綾子(ふくしま あやこ) データ更新日:2021.06.04

准教授 /  芸術工学研究院 環境デザイン部門 建築史学・文化財学


主な研究テーマ
近現代アジアにおける教会堂営繕の歴史的変遷
キーワード:教会堂、カトリック、営繕、組織
2012.04~2021.03.
市街地の景観形成と宗教建築との関係に関する研究
キーワード:都市開発、宗教建築、景観、教会
2013.12~2015.01.
日本のカトリック教会堂維持管理の展開
キーワード:教会、カトリック
2008.05~2021.03.
香港の都市史及び保全
キーワード:香港、都市保全、文化財
2007.08~2009.05.
移民社会の文化遺産とアイデンティティ
キーワード:移民、アイデンティティ、文化遺産、保存
2007.04~2010.03.
文化遺産保存専門教育プログラムの調査研究
キーワード:文化遺産、保存教育、大学、専門家
2006.04~2011.03.
文化的景観保全手法に関する研究
キーワード:文化的景観、保全
2006.04~2013.03.
従事しているプロジェクト研究
宗教組織による政治への適応・融合としての宗教建築営繕:日本・香港の比較研究
2018.04~2021.03, 代表者:福島綾子, 九州大学, 九州大学(日本)
宗教建築あるいは宗教活動空間は、政治的な条件によって、その形態、立地、用途などが決定される。特に政治体制が大きく変化をした香港では、政治的条件への適応、融合などがみられる。本研究は香港のカトリック教会堂に注目し、それらの建設、設立、使用が、政治とのどのような関係においてなされてきたのかを明らかにする。日本との比較研究も試みる。.
市街地の景観形成と宗教建築との関係に関する研究
2013.12~2015.01, 代表者:福島綾子, 九州大学, 公益財団法人LIXIL 住生活財団
キリスト教会堂、仏教寺院、神社などの宗教建築は、都市の重要な景観上の構成要素であるとともに、コミュニティを構成し・まちづくりに寄与する主体のひとつである。本研究の目的は、戦後、日本の都市部に建設された宗教建築、特にカトリック教会が教会堂を計画・設計する際、住宅地の景観形成にどのように対応してきたのか、その歴史的展開および背景を具体例に即して明らかにする。景観という有形の価値のみではなく、計画という行為や思想そのものを、無形の文化財価値として評価してゆく。.
社会連携事業 筑紫野市における景観を活かした地域づくりに関する課題の把握
2011.04~2012.03, 代表者:福島綾子, 九州大学, 九州大学.
科学研究費補助金 基盤研究(C) 五島列島のキリスト教系集落群における文化的景観の体系的把握
2010.04~2014.03, 代表者:木方十根, 鹿児島大学, 日本学術振興会.
香港、マカオ、日本におけるキリスト教会堂及び関連施設の維持管理手法
2009.04~2017.03, 代表者:福島綾子, 九州大学
長崎、香港、マカオの、歴史的・社会的コンテクストの異なる背景において、カトリック教会がいかに維持管理され、また変化してきたかに関する研究。全期間のうち、2010年5月は香港中文大學カトリック研究センター訪問学者、2010年8月から2017年8月は香港中文大學カトリック研究センター客員研究員として研究をおこなう。.
長崎県五島市の文化的景観の研究
2007.04~2011.03, 代表者:福島綾子, 九州大学
長崎県五島市に複数存在するキリスト教集落が形成する文化的景観の歴史的・景観工学的研究。.
長崎県五島市の文化的景観の伝統的管理手法に関する研究
2008.05~2009.10, 代表者:木方十根, 鹿児島大学
下五島地域のキリスト教集落が、教会、畑地、漁港、家屋などから形成される景観を、生業や信仰などの活動を通していかに形成し、維持してきたかを明らかにし、将来の景観保全・形成への示唆を得る。.
文化遺産保存専門教育システムの研究
2006.10~2011.03, 代表者:福島綾子, 九州大学, 九州大学(日本).
アジアの都市保全教育プログラムの研究
2006.08~2011.03, 代表者:福島綾子, 九州大学, 九州大学(日本).
研究業績
主要著書
1. 福島綾子, 香港カトリック教会堂の建設
信徒による建設活動の意味
, 九州大学出版会, 2019.10.
2. 藤木庸介 編著, 神吉紀世子/福島綾子/宮川智子/花岡拓郎/阪岡悌/塩路有子/清水苗穂子/平田隆行/内海佐和子/柳沢究 著 , 生きている文化遺産と観光 -住民によるリビングヘリテージの継承-, 学芸出版社, pp.38-55, 2010.03.
3. 福島綾子, 香港の都市再開発と保全 -市民によるアイデンティティとホームの構築-, 九州大学出版会, 九大アジア叢書12, 2009.03.
主要原著論文
1. 福島綾子, カトリック馬渡島教会の営繕, 日本建築学会技術報告集, https://www.jstage.jst.go.jp/article/aijt/27/65/27_539/_article/-char/ja/, 27, 65, 539-544, 2021.02.
2. 福島綾子, カトリック高遊原教会の営繕と災害復旧, 日本建築学会技術報告集, https://doi.org/10.3130/aijt.26.741, 26, 63, 741-746, 2020.06.
3. Ayako Fukushima, BUILDING ST. FRANCIS OF ASSISI CHURCH AND SCHOOL IN HONG KONG
Emergence of Church and School Complex in the 1950s, 日本建築学会計画系論文集, https://doi.org/10.3130/aija.85.453, 85, 768, 453-462, 2020.02.
4. 福島綾子, カトリック手取教会の営繕と災害復旧, AIJ Journal of Technology and Design, 10.3130/aijt.25.983, 25, 60, 983-988, 2019.06, [URL], This study aims to understand how and why a historic building of Catholic Tetori Church was restored promptly after Kumamoto Earthquakes in 2016. The study revealed the lay members of the Church were the main force: they, some of whom were building professionals, had established the building maintenance system since 2006 and carried out preventive maintenance. Such a proactive attitude was nurtured by the progressive Columban missionaries. The laity also find voluntary maintenance activities a joy to serve God and fellow Catholics, hence, devote more time after their retirement. These factors prevented serious damages by earthquakes and enabled prompt restoration..
5. Ayako Fukushima, SOCIAL AND POLITICAL FACTORS IN INDUCTION OF CATHOLIC CHURCHES IN HONG KONG, 日本建築学会計画系論文集, 758, 977-986, 2019.04.
6. Ayako Fukushima, A comprehensive survey of Catholic churches in Hong Kong from 1945 to 1955, AIJ Journal of Technology and Design, 10.3130/aijt.25.467, 25, 59, 467-472, 2019.02, [URL], This study aims, through a comprehensive survey, to identify all the Catholic churches in Hong Kong, which were established between 1945 and 1955. It was revealed that “chapels in refugee settlements” emerged in the early 1950s due to the influx of refugees from China whereas “stand-alone churches” and “mission stations,” which occupied the majority of churches until the early 20th century, decreased. Another type of church emerged was “church and school complex,” which was a school building that had a permanent parish church space inside. Such type of church was devised to cater for a rapid increase of young population..
7. 福島綾子, 香港カトリック教会建築の悉皆調査, 日本建築学会技術報告集, 24, 58, 1273-1278, 2018.10.
8. 福島綾子, 信仰としての教会堂営繕 九州、香港のカトリック教会の事例から, 日本カトリック神学会誌, 28, 2017.08.
9. Ayako Fukushima, Laity Involvement in Catholic Church Buildings of Hong Kong: Interpretation within Religious, Social and Political Contexts from the 1950s to 2015, 九州大学大学院 博士(工学)学位論文, 2016.03.
10. Ayako Fukushima, Yoshitake Doi, The Catholic Building Professional Advisory Group and its Spirituality: laity involvement in church building system of the Catholic Diocese of Hong Kong, 日本建築学会 日本建築学会計画系論文集 Journal of Architecture and Planning, 80, 708, 429-439, 2015.02.
11. Fukushima Ayako, Doi Yoshitake, THE BUILDING PROCESS AND THE LAITY INVOLVEMENT OF
OUR LADY OF MOUNT CARMEL CHURCH IN WANCHAI, HONG KONG
Church building system of the Catholic Diocese of Hong Kong, 日本建築学会, 日本建築学会計画系論文集 2013年6月 第78巻 第688号
Journal of Architecture and Building Science, Vol.78, No. 688, June 2013
, 78, 688, 2013.06.
12. Ayako Fukushima, Catholic laity involvement in church building project: management of church building projects in the Hong Kong Catholic Diocese from the 1960s to present, 日本建築学会計画系論文集, 76, 667, 1711-1719, 2011.09.
13. Ayako Fukushima, Demolition of Tangible Properties as an Intangible Practice : To Respect or Not?, World Heritage and Tourism : Managing for the Global and the Local, 519-537, 2011.02.
14. Ayako Fukushima, An Examination of the Roles of Higher Education in Heritage Conservation, 2010 World Universities Congress Proceedings II, II, 1683-1693, 2010.10.
15. Ayako Fukushima, Tadashi takao, Junne Kikata, Tourism Management and Public Participation in Landscape Management through the Landscape Act in Japan, Proceedings of 2nd UNESCO-ICCROM Asian Academy for Heritage Management Conference: Urban Heritage and Tourism: Challenges and Opportunities, 2009.12.
16. Ayako FUKUSHIMA, Junne KIKATA, Tadashi TAKAO, Hisashi SHIBATA, Preserving the "shell" and Regenerating the spirit
- Case Study of Christian churches in islands in the southern Japan -, ICOMOS, 2008.09.
17. 福島綾子, 香港大學の都市保全教育プログラム
–その社会における役割と連携のあり方-, 都市政策研究 第4号, pp.79-90, 2007.09.
18. 福島綾子, 高尾忠志, 柴田久, 世界遺産登録における集落保全に向けた課題に関する考察, 日本建築学会, 2007年度日本建築学会(九州)農村計画部門 研究協議会・パネルディスカッション資料集「いかに美しい国土をつくるか 誰が守る九州の美しいむら」, p85, 2007.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 福島 綾子, 平成24年度国土政策関係研究支援事業 研究成果報告書
宗教遺産の近代的営繕と動態保全の仕組みに関する研究
地域の特性としての宗教遺産継承を目指して
, 2013.03.
2. 福島綾子, 都市における生きている宗教遺産の動態保全に関する研究, 財団法人 福岡アジア都市研究所 若手研究者研究活動奨励報告書, 2011.07.
3. 福島綾子, アジア都市におけるアイデンティティの探求
‐香港における市民のアイデンティティと都市の文化遺産保存の関係に関する研究‐
, 財団法人 福岡アジア都市研究所 若手研究者研究活動助成報告書 平成19年度, 2008.07.
4. 福島綾子, 歴史的建造物保存専門教育に関する研究 -オーストラリアの大学における保存教育-, 財団法人トステム建材産業振興財団 平成19年度研究助成報告, 2008.12.
5. 福島綾子, 李芷薇, 黃玉瑩, 黃翠霞, マカオ旅遊学院(IFT)における文化遺産管理教育, 芸術工学研究 第10号, 2009.03.
6. 福島綾子, アジアの都市保全教育プログラムの研究
- 香港及びマカオにおける都市保全教育 -
, 財団法人 福岡アジア都市研究所 若手研究者研究活動助成報告書平成18年度, 2007.07.
主要学会発表等
1. Ayako Fukushima, Values of building and maintenance activities for the Catholic churches in Hong Kong and Japan, 暨南大学“重大工程灾害与控制”教育部重点实验室学术讲座 , 2016.09.
2. 福島 綾子, 信仰としての教会堂建設の営み 九州、香港のカトリック教会の事例から, 日本カトリック神学会, 2016.09.
3. Ayako Fukushima, ASSESSING VALUE OF BUILDING AND MAINTENANCE ACTIVITIES FOR LIVING RELIGIOUS HERITAGE: A CASE STUDY ON THE KATASE CATHOLIC CHURCH, JAPAN, ICOMOS, 2014.11.
4. 福島 綾子, 土居 義岳, 近現代における「信徒」の位置づけの変遷と教会建築 : 近現代教会建築史に関する比較論的研究(4), 日本建築学会全国大会, 2014.09.
5. 福島 綾子, 香港のカトリック教会堂営繕における信徒参画:カトリック教会史および香港史における意味, 2014.02, 香港カトリック教会において活発な、建設専門家信徒による教会堂営繕の活動家、カトリック教会史、香港植民地史、香港におけるアイデンティティとの関連で位置づけられるものであることを論述。.
6. 福島 綾子, 香港のカトリック教会堂営繕における信徒参画:カトリック教会史および香港史における意味, 2014.02, 香港カトリック教会において活発な、建設専門家信徒による教会堂営繕の活動家、カトリック教会史、香港植民地史、香港におけるアイデンティティとの関連で位置づけられるものであることを論述。.
7. 福島 綾子, 土居 義岳, 聖母聖衣堂とその維持管理委員会について カトリック香港教区における教会堂メンテナンスの仕組み, 建築, 2012.09.
8. 福島 綾子, 宗教遺産の近代的営繕と動態保全の仕組みに関する研究 地域の特性としての宗教遺産継承を目指して, 2013.03.
9. 福島綾子, 都市における生きている宗教遺産の動態保全に関する研究, 財団法人 福岡アジア都市研究所 平成22年度若手研究者研究活動報告会, 2011.11.
10. Ayako Fukushima, Examination of the effect of building construction policies on the conservation of vernacular building techniques: policies adopted after WWII in Japan, ICOMOS 17th General Assembly and Scientific Symposium, 2011.11.
11. 福島綾子、土居義岳, 湾仔聖母聖衣堂の建設組織と経緯:カトリック香港教区における教会堂営繕, 日本建築学会, 2011.08.
12. 福島綾子, 有形文化財を形成・維持する無形の仕組み, 第2回アジア生活環境デザイン研究会, 2011.01.
13. Ayako Fukushima, An Examination of the Roles of Higher Education in Heritage Conservation, 2010 World Universities Congress , 2010.10.
14. Ayako Fukushima, Demolition of Tangible Properties as an Intangible Practice : To Respect or Not?, World Heritage and Tourism : Managing for the Global and the Local, 2010.06.
15. 福島綾子, 招待講演 長崎県下五島地域キリスト教系集落 景観の理解と地域づくり, 天草市主催 文化的景観シンポジウム「日本の漁村景観と天草・﨑津」, 2010.03.
16. Ayako Fukushima, Tadashi Takao and Junne Kikata, Tourism Management and Public Participation in Landscape Management Through the Landscape Act in Japan, 2nd UNESCO-ICCROM Asian Academy for Heritage Management Conference, 2009.12.
17. Ayako FUKUSHIMA, Catholicism in Nagasaki
- Contemporary Issues -, The 2nd Seminar for Historical Tour of Nagasaki, 2009.04.
18. 福島綾子, 下五島の文化的景観
- 景観の価値評価と調査研究における課題 -, 日本都市計画学会九州支部研究分科会「九州の離島における地域連携による文化的景観の保全・継承」, 2009.01.
19. Ayako FUKUSHIMA, Junne KIKATA, Tadashi TAKAO, Hisashi SHIBATA, Preserving the "shell" and Regenerating the spirit
- Case Study of Christian churches in islands in the southern Japan -, ICOMOS (International Council on Monuments and Sites), 2008.09.
20. 福島綾子, 文化的景観の創造, 風景デザイン研究会 風景デザインサロン, 2008.08.
21. 福島綾子, オーストラリアにおける不動産文化資源保存と保存専門家教育の現在, 日本建築学会, 2008.09.
22. 福島綾子 土居義岳, 香港大學Architectural Conservation Programの取り組みについて
- 大学における建築・都市保存教育のあり方に関する研究 -, 日本建築学会, 2007.08.
その他の優れた研究業績
2010.04, 訪問学者、香港中文大學カトリック研究センター.
2010.08, 香港中文大學カトリック研究センター客員研究員.
学会活動
所属学会名
日本建築学会
国際記念物遺跡会議
学協会役員等への就任
2012.04~2018.03, 日本建築学会 農山漁村文化的景観小委員会, 委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.09.14~2014.09.14, 日本建築学会, 副司会.
2014.02.15~2014.02.15, 九州大学大学院芸術工学研究院 環境デザイン部門 建築史学・文化財学講座 主催 ミニシンポジウム「環境と宗教」, 司会(Moderator).
2012.09.12~2012.09.14, 日本建築学会, 座長(Chairmanship).
2011.08.23~2011.08.25, 日本建築学会 2011年度大会(関東)学術講演会, 座長(Chairmanship).
2008.09.19~2008.09.19, 日本建築学会 農村計画部門PD 「ただならぬ普通」の再発見 -農山漁村景観を文化的景観として継承する-, 記録.
2008.09.18~2008.09.20, 日本建築学会, 司会(Moderator).
2017.02.18~2017.02.26, Current State and Challenges of Urban Heritage in Asia, パネラー、コメンテーター.
2014.11.10~2014.11.14, International Council on Monuments and Sites 国際記念物遺跡会議 (ICOMOS, イコモス) 18th ICOMOS General Assembly and Scientific Symposium, Theme 5 Sub-committee member.
2013.12.14~2013.12.14, チェスター・リーブス教授講演会 持続可能なインフラとして読み解く日本の「町内 ちょうない」, 企画、主催、司会、講演・質疑応答通訳.
2009.01.09~2009.01.10, 日本都市計画学会九州支部研究分科会「九州の離島における地域連携による文化的景観の保全・継承」, 主催.
2009.01.09~2009.01.10, 日本都市計画学会九州支部研究分科会「九州の離島における地域連携による文化的景観の保全・継承」, 主催.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2008.04~2010.03, 芸術工学研究, 国内, 査読委員.
2008.04~2009.03, 芸術工学研究, 国内, 査読委員.
2008.04~2009.03, 芸術工学研究, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度    
2018年度      
2008年度      
2009年度      
2012年度      
2013年度   35    36 
2016年度      
2017年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
香港中文大學, Hong Kong , 2018.08~2019.06.
香港中文大學カトリック研究センター, Hong Kong , 2016.09~2016.10.
香港中文大學カトリック研究センター, Hong Kong , 2013.10~2012.11.
香港中文大學カトリック研究センター, Hong Kong , 2012.09~2012.10.
香港中文大學カトリック研究センター, Hong Kong , 2013.03~2013.04.
香港中文大學カトリック研究センター, Hong Kong , 2011.05~2012.06.
香港中文大學カトリック研究センター, Hong Kong , 2010.08~2010.10.
香港中文大學, Hong Kong , 2010.05~2010.04.
香港中文大学, Institute for Tourism Studies, Hong Kong , Macao, 2009.04~2009.05.
シドニー大学, Australia, 2008.04~2008.05.
Hong Kong University, Institute for Tourism Studies, Hong Kong , Macao, 2008.10~2008.11.
ハワイ大学マノア校, UnitedStatesofAmerica, 2007.09~2007.09.
香港大學, Hong Kong , 2007.10~2007.10.
香港大學, Hong Kong , 2008.01~2008.01.
シドニー大学, Australia, 2008.04~2008.05.
シドニー大学, Australia, 2007.05~2007.05.
ハワイ大学マノア校, UnitedStatesofAmerica, 2007.01~2007.01.
香港大學, Hong Kong , Macao, 2007.03~2007.03.
香港大學, Hong Kong , Macao, 2006.10~2006.10.
外国人研究者等の受入れ状況
2008.06~2008.09, 1ヶ月以上, Institute for Tourism Studies, Macao, Institute for Tourism Studies, 福島綾子(九州大学).
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 国際共同研究強化, 代表, 宗教組織による政治への適応・融合としての宗教建築営繕:日本・香港の比較研究.
2017年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 被災宗教建築の文化財価値を総体的に保全した復旧に関する研究.
2014年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 香港におけるカトリック教会堂の営繕活動とその価値評価に関する研究.
2010年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, 五島列島のキリスト教系集落群における文化的景観の体系的把握
.
2006年度~2007年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 文化遺産保存専門教育システムの研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2008年度~2008年度, 国際学会等派遣事業, 代表, ICOMOS 16th General Assembly and International Scientific Symposium.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2013年度~2014年度, 公益財団法人 LIXIL 住生活財団 調査研究助成, 代表, 市街地の景観形成と宗教建築との関係に関する研究.
2012年度~2012年度, 平成24年度国土政策関係研究支援事業, 代表, 宗教遺産の近代的営繕と動態保全の仕組みに関する研究 地域の特性としての宗教遺産継承を目指して.
2010年度~2010年度, 平成22年度若手研究者研究活動奨励, 代表, 都市における生きている宗教遺産の動態保全に関する研究.
2009年度~2010年度, 財産法人トステム建材産業振興財団平成21年度助成, 代表, 奄美カトリック系集落における集落運営の相互扶助の仕組み -住宅及び生活文化に着目して-.
2009年度~2009年度, 財団法人カシオ科学振興財団 第27回海外派遣助成, 代表, Tourism Management and Public Participation in Landscape Management Through the Landscape Act in Japan(景観法を活用した景観管理におけるツーリズム・マネジメントと市民参加).
2009年度~2009年度, 日本建築学会 特色ある支部活動, 分担, 「九州におけるキリスト教関連の文化的景観形成史の包括的解明とその継承に向けた地域実践活動」.
2008年度~2009年度, 日本都市計画学会九州支部 新規研究分科計画提案, 分担, 九州の離島における地域連携による文化的景観の保全・継承.
2008年度~2009年度, 住宅総合研究財団 2008年度研究助成, 分担, 九州の離島におけるキリスト教集落の伝統的維持管理手法に関する研究
-過疎集落における文化的景観の継承手法の確立に向けて-.
2008年度~2009年度, 財団法人トステム建材産業振興財団 平成19年度第16回助成, 代表, 歴史的建造物保存専門教育に関する研究
- オーストラリアの大学における保存教育 -.
2007年度~2007年度, 財団法人福岡アジア都市研究所, 代表, アジア都市におけるアイデンティティの探求
- 香港における市民のアイデンティティと都市の文化遺産保存の関係に関する研究 -.
2006年度~2006年度, 財団法人福岡アジア都市研究所若手研究者研究活動助成, 代表, アジアの都市保全教育プログラムの研究.
2006年度~2007年度, 財団法人トステム建材産業振興財団第15回研究助成, 代表, 歴史的建造物保存専門教育に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2008.04~2010.03, 分担, 下五島地区の文化的景観保存調査事業.
2006.04~2007.03, 分担, 共同研究員、ヘリテージの所有と利用に関する観光文明学的研究.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2019年度, 第10回九州大学出版会学術図書刊行助成, 代表, 学術図書『香港カトリック教会堂の建設』出版助成.
2017年度~2017年度, 九州大学平成29年度QRプログラム・わかば, 代表, 香港カトリック教会建築の宗教社会学的研究.
2013年度~2013年度, 平成25年度大型外部資金獲得のためのプロジェクト研究, 分担, 「環境と宗教」スタディの枠組構築にむけての基礎的研究.
2010年度~2010年度, 九州大学女性キャリア開発センター平成22年度「国際学会派遣支援」事業, 代表, 2010 World Universities Congress, Canakkale Onsekiz Mart University.
2010年度~2010年度, 平成22年度社会連携事業 , 代表, 熊本県天草市におけるキリスト教系集落の景観理解と地域づくりにおける社会連携.
2009年度~2009年度, 平成21年度社会連携事業, 代表, 離島における地域づくりのための官民学連携.
2008年度~2008年度, 社会連携事業, 連携, 世界遺産地域の地方自治体による主体的管理の研究と実践.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」