九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
浅野 種正(あさのたねまさ) データ更新日:2019.04.19



教育活動概要
東京工業大学助手、九州工業大学助教授・教授を経て、2006年4月より現職。半導体工学、集積回路工学を中心に教育に携わってきた。学部生からの集積回路実習などの実験、演習教材開発も行ってきた。LSI技術に関するe-learning教材も作成し、大学間の単位互換授業に利用されている。民間企業の方々を対象にした半導体技術セミナー教材も開発し、10余年にわたり主宰し,国外からの参加者も含めて多くの技術者に受講してもらった。日本学術振興会のスクールの講師なども務めている。最近の教科書著書として「電子デバイス工学(第2版)(森北出版)」,「集積回路工学(朝倉書店)」などがある.
担当授業科目
2018年度・前期, 電子デバイスⅠ.

2018年度・前期, 集積回路工学.

2018年度・前期, 集積回路工学通論.

2018年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2018年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2018年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2017年度・前期, 電子デバイスⅠ.

2017年度・後期, 集積回路工学.

2017年度・前期, 集積回路工学通論.

2017年度・前期, 集積回路工学.

2017年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2017年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2017年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2017年度・通年, Advanced Research in Electrical and Electronic Engineering I.

2017年度・通年, Adv Res in Electrical and Electronic Engineering II.

2017年度・通年, Advanced Research in Integrated Systems.

2016年度・前期, 集積回路工学通論.

2016年度・後期, 集積回路工学.

2016年度・前期, 電子デバイスI.

2016年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2016年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2015年度・後期, 集積回路工学通論.

2015年度・後期, 集積回路工学.

2015年度・前期, 電子デバイスI.

2015年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2015年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2014年度・後期, 集積回路工学通論.

2014年度・後期, 集積回路工学.

2014年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2014年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2014年度・前期, 電子デバイスI.

2013年度・後期, 集積回路工学通論.

2013年度・後期, 集積回路工学.

2013年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2013年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2013年度・前期, 電子デバイスI.

2012年度・後期, 集積回路工学通論.

2012年度・後期, 集積回路工学.

2012年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2012年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2012年度・前期, 電子デバイスI.

2011年度・前期, 電子デバイスI.

2011年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2011年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2011年度・後期, 集積回路工学.

2011年度・後期, 集積回路工学通論.

2010年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2010年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2010年度・後期, 集積回路工学通論.

2010年度・後期, 集積回路工学.

2010年度・前期, 電子デバイスI.

2009年度・前期, 半導体デバイス基礎特論.

2009年度・前期, 半導体デバイス基礎特論演習.

2009年度・前期, 回路理論III.

2009年度・後期, 集積回路工学通論.

2008年度・前期, 電子機能基礎特論.

2008年度・前期, 回路理論III.

2007年度・前期, 回路理論III.

2007年度・前期, 電子機能基礎特論.

2007年度・前期, 一般電気工学第2.

2006年度・前期, 電子機能基礎特論.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2009.03, 部局, 参加, 産業界との連携を通じた大学教育を考える.

2009.01, 部局, 企画, 大学院教育におけるメディアの利用について.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」