九州大学 研究者情報
発表一覧
善藤 威史(ぜんどう たけし) データ更新日:2021.06.28

准教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学


学会発表等
1. 野見山 泰成,山城 圭輔,桑原 美空,中山 二郎,園元 謙二,善藤 威史, 乳酸菌が生産する新奇バクテリオシンおよび抗菌タンパク質の探索と構造・特性の解析, 日本農芸化学会2021年度大会, 2021.03.
2. 河原 あい,志賀 梨沙,善藤 威史,松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6の多成分バクテリオシン生合成関連遺伝子群の分子解析, 日本農芸化学会2021年度大会, 2021.03.
3. YOSHIDA H, NOMIYAMA T, KUWAHARA M, FUKAMI K, NAKAYAMA J, ZENDO T, Structural identification and characterization of novel bacteriocins, JSBBA West 3rd Student Forum, 2020.12.
4. TAKEUCHI A, WADA N, SUSHIDA H, NAKAYAMA J, ZENDO T, Elucidation of secretory mechanism of the multiple bacteriocin transporter, EnkT, JSBBA West 3rd Student Forum, 2020.12.
5. 河原 あい,林 里帆,志賀 梨沙,善藤 威史,松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6の特性評価および多成分バクテリオシン生合成関連遺伝子クラスターの解析, 2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学会西日本支部合同大会, 2020.11.
6. 野見山 泰成,山城 圭輔,中山 二郎,善藤 威史, 乳酸菌由来新奇抗菌タンパク質の探索および構造と特性の解析, 2020年度日本フードファクター学会・日本農芸化学会西日本支部合同大会, 2020.11.
7. 大城 麦人、善藤 威史、中山 二郎, 継代過程におけるサワードウ酵母数の変動に共生乳酸菌が与える影響のin vitro培養系を用いた解析, 日本乳酸菌学会2020年度大会, 2020.11.
8. 竹内 愛子、和田 夏美、須志田 浩稔、中山 二郎、園元 謙二、善藤 威史, 多成分バクテリオシントランスポーターEnkT の分泌機構の解明, 日本乳酸菌学会2020年度大会, 2020.11.
9. Takeshi Zendo, Bacteriocin-producing lactic acid bacteria: their production, application, and research trends for food industry, Food Innovation Asia Conference 2020 “Innovation for future food and nutrition security”, 2020.06.
10. 加唐 諭,星 優美,吉村 京一,高城 博也,沢 稔彦,園元 謙二,善藤 威史, 環状バクテリオシン,ラクトサイクリシン Q の生合成遺伝子群の解析, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.03.
11. 竹内 愛子,和田 夏美,須志田 浩稔,野見山 泰成,園元 謙二,善藤 威史, 多成分バクテリオシントランスポーターEnkT の分泌機構の解明, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.03.
12. 小山 遼,PEREZ Rodney Honrada,竹内 啓記,園元 謙二,善藤 威史, 部位特異的変異によるバクテリオシンの改変とその影響, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.03.
13. 河原 あい,善藤 威史,松崎 弘美, 味噌漬け豆腐由来Lactobacillus plantarum PUK6 の多成分バクテリオシン遺伝子クラスターの解析, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.03.
14. 大城 麦人,田中 優,善藤 威史,中山 二郎, サワードウ自然発酵を駆動する乳酸菌リレーにpH が果たす役割, 日本農芸化学会2020年度大会, 2020.03.
15. 桑原 美空,山城 圭輔,園元 謙二,善藤 威史, 新奇乳酸菌バクテリオシンの構造および生合成遺伝子群の解析, 第26回日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019.12.
16. 小山 遼,竹内 啓記,Rodney Honrada Perez,園元 謙二,善藤 威史, 部位特異的変異による乳酸菌バクテリオシンの分泌・抗菌活性への影響, 第26回日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019.12.
17. 和田 夏美,須志田 浩稔,園元 謙二,善藤 威史, 多成分バクテリオシントランスポーターEnkTの機能解析, 第26回日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019.12.
18. 河原 あい,田崎 美沙,善藤 威史,松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6における多成分バクテリオシン遺伝子クラスターの分子解析, 第26回日本生物工学会九州支部長崎大会, 2019.12.
19. NORIDOMI K, GONG X, MASUNAGA R, HOSHI Y, SONOMOTO K, ZENDO T, Identification of bacteriocins produced by newly isolated lactic acid bacteria belonging to Enterococcus, JSBBA West 2nd Student Forum, 2019.11.
20. HOSHI Y, SADO S, YOSHIMURA K, IKEDA S, SONOMOTO K, ZENDO T, Elucidation of biosynthetic mechanisms of a circular bacteriocin, leucocyclicin Q, JSBBA West 2nd Student Forum, 2019.11.
21. 河原 あい,善藤 威史,松崎 弘美, 味噌漬け豆腐由来乳酸菌Lactobacillus plantarum PUK6が生産する多成分バクテリオシンの遺伝子解析, 日本農芸化学会2019年度西日本・中四国支部合同沖縄大会, 2019.11.
22. 増永 莉奈,Perez R.H.,中山 二郎,園元 謙二,善藤 威史, Enterococcus faecium NKR-5-3が生産する環状バクテリオシン,エンテロシンNKR-5-3B(Ent53B)の生産制御機構の解明, 日本農芸化学会2019年度西日本・中四国支部合同沖縄大会, 2019.11.
23. 乗富 和寿,Gong X,増永 莉奈,星 優美,園元 謙二,善藤 威史, 新たに分離されたEnterococcus属乳酸菌が生産するバクテリオシンの同定, 日本農芸化学会2019年度西日本・中四国支部合同沖縄大会, 2019.11.
24. 善藤 威史, 山城 圭輔, 桑原 美空, 野見山 泰成, 大橋 千紘, 園元 謙二, 様々な分離源からのバクテリオシン生産菌の探索とその構造解析, 第71回日本生物工学会大会, 2019.09.
25. 河原 あい, 善藤 威史, 松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6 が生産する多成分バクテリオシン生合成遺伝子の同定および分子解析, 第71回日本生物工学会大会, 2019.09.
26. 星 優美, 吉村 京一, 佐戸 翔太, 池田 史織, 園元 謙二, 善藤 威史, 環状バクテリオシン、ロイコサイクリシンQの生合成機構の解析, 日本乳酸菌学会2019年度大会, 2019.07.
27. 河原 あい, 善藤 威史, 松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6が生産する多成分バクテリオシンの遺伝子解析, 日本乳酸菌学会2019年度大会, 2019.07.
28. 王 倫, 土井 遼平, 烏 曇嘎, 善藤 威史, 上原 葵, 野村 泉, 稲葉 桂子, 島田 昌也, 鈴木 徹, 早川 享志, 中川 智行, 紀州なれずしの発酵過程における細菌叢の変遷とそのメカニズムの解明, 日本乳酸菌学会2019年度大会, 2019.07.
29. 志波 優, 藤原 治子, 沼口 真緒, 鍋田 啓介, 兼崎 友, 田代 幸寛, 善藤 威史, 田中 尚人, 藤田 信之, 吉川 博文, 園元 謙二, 門多 真理子, セロビオースとキシロースを糖源としたEnterococcus mundtii QU 25の生育時におけるキシロース代謝関連遺伝子を中心とした転写解析, 日本乳酸菌学会2019年度大会, 2019.07.
30. 野見山 泰成, 山城 圭輔, 桑原 美空, 中山 二郎, 園元 謙二, 善藤 威史, 乳酸菌由来新奇バクテリオシン・バクテリオリシンの探索, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
31. 須志田 浩稔, 和田 夏美, 善藤 威史, 飯田 祐一郎, 農業分野における乳酸菌利用の現状と展望, 2019年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー, 2019.05.
32. 和田 夏美, 須志田 浩稔, Rodney Honrada Perez, 善藤 威史, 園元 謙二, 多種の乳酸菌バクテリオシンを分泌する新奇 ABC トランスポーターEnkT の分子機構の解析, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
33. 佐戸 翔太, Rodney Honrada Perez, 善藤 威史, 園元 謙二, 環状バクテリオシン、エンテロシン NKR-5-3B の環状化を担うタンパク質の解析, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
34. 河原 あい, 善藤 威史, 松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6 の多成分バクテリオシン遺伝子クラスターの同定および分子解析, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
35. 大城 麦人, 田中 優, 善藤 威史, 中山 二郎, 継代に伴うサワードウの成熟と乳酸菌叢変化の関係, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03.
36. 志波 優, 藤原 治子, 鍋田 啓介, 兼崎 友, 田代 幸寛, 善藤 威史, 田中 尚人, 藤田 信之, 吉川 博文, 園元 謙二, 門多 真理子, 乳酸発酵に優れたEnterococcus mundtii QU25におけるセロビオース/キシロース混合糖条件下での転写解析―カタボライト抑制回避のメカニズム解明を目指して―, 第13回日本ゲノム微生物学会年会, 2019.03.
37. 永利 浩平, 園元 謙二, 善藤 威史, 手島 大輔, 乳酸菌バクテリオシン,ナイシンを利用した安全な口腔ケア剤に関する技術開発, 日本農芸化学会2019年度大会, 2019.03, 歯周病には様々な疾患との関連が指摘されているが、吐き出しやうがいが難しく、誤嚥の恐れのある高齢者や障がい者などの口腔ケアは、水のみで行われて十分な効果が得られていない場合が多く、その対策が急務となっている。そこで、乳酸菌が生産する安全な抗菌ペプチドの一種であるナイシンを利用し、誤って飲み込んでも人体への影響のない安全な天然抗菌剤、およびそれを利用した安全な口腔ケア剤に関する技術開発を行い、実用化、製品化に成功した。.
38. 河原 あい, 善藤 威史, 松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6が生産する多成分バクテリオシン遺伝子群の同定および解析, 第25回日本生物工学会九州支部鹿児島大会, 2018.12.
39. 吉村 京一, 高城 博也, 池田 史織, 佐戸 翔太, 澤 稔彦, 善藤 威史, 園元 謙二, 環状バクテリオシン、ラクトサイクリシンQの生合成機構の解析, 第25回日本生物工学会九州支部鹿児島大会, 2018.12.
40. Sunee Nitisinprasert, Siriphan Sobanbua, Phattanapong Thedtratha, Putthapong Phumsombat, Massalin Nakphaichit, Komkhae Pilasombut, Chaowarit Mapato, Sunthorn Rungruang, Rutjawate Taharnklaew, Orapin Sukpiriyagul, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Roles of antimicrobial substance producing lactic acid bacteria in agro-industry and characterization of novel bacteriocin produced by lactobacilli species, The Final Joint Seminar of Core-to-Core Program on Establishment of an international research core for new bio-research fields with microbes from tropical areas (World-class research hub of tropical microbial resources and their utilization), 2018.12.
41. Takeshi Zendo, Amonlaya Tosukhowong, Rodney Honrada Perez, Siriphan Sobanbua, Adisorn Swetwiwathana, Pairat Sornplang, Nghi Ngo Lan Vi, Long Hoang Dang Bui, Duong Thi Bich, Nguyen Van Ba, Ngo Thi Phuong Dung, Wonnop Visessanguan, Sunee Nitisinprasert, Kenji Sonomoto, Screening, characterization and applications of lactic acid bacteria producing bacteriocins, The Final Joint Seminar of Core-to-Core Program on Establishment of an international research core for new bio-research fields with microbes from tropical areas (World-class research hub of tropical microbial resources and their utilization), 2018.12.
42. 善藤 威史, バクテリオシン生合成遺伝子群の機能解析, 日本乳酸菌学会秋期セミナー, 2018.11.
43. Rodney H. Perez, Haruki Sugino, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Understanding the biosynthetic mechanism of the circular antimicrobial peptide, enterocin NKR-5-3B, from Enterococcus faecium, 4th International Conference on Circular Proteins and Peptides, 2018.11.
44. Takeshi Zendo, Rodney H. Perez, Kenji Sonomoto, Characterization of circular bacteriocins produced by lactic acid bacteria, 4th International Conference on Circular Proteins and Peptides, 2018.11.
45. KOYAMA Haruka, PEREZ Rodney Hondara, ZENDO Takeshi, SONOMOTO Kenji, Heterologous expression of bacteriocin precursors by co-expression with its biosynthetic proteins, JSBBA West 1st Student Forum, 2018.11.
46. MASUNAGA Rina, PEREZ Rodney Hondara, ZENDO Takeshi, SONOMOTO Kenji, Elucidation of regulation mechanism on production of a circular bacteriocin, enterocin NKR-5-3-B, JSBBA West 1st Student Forum, 2018.11.
47. KUWAHARA Miku, YAMASHIRO Keisuke, GONG Xiao, ZENDO Takeshi, SONOMOTO Kenji, Identification of novel bacteriocins produced by lactic acid bacteria, JSBBA West 1st Student Forum, 2018.11.
48. WADA Natsumi, SUSHIDA Hirotoshi, PEREZ Rodney Hondara, ZENDO Takeshi, SONOMOTO Kenji, Functional analysis of a multiple bacteriocin transporter, EnkT, JSBBA West 1st Student Forum, 2018.11.
49. 八浪 早季,善藤 威史,松崎 弘美, 乳酸菌Enterococcus sp. PUK2が生産するバクテリオシンの精製と同定, 日本農芸化学会2018年度西日本支部大会, 2018.09.
50. 河原 あい,善藤 威史,松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6が生産する多成分バクテリオシンの遺伝子解析, 日本農芸化学会2018年度西日本支部大会, 2018.09.
51. 河原 あい, 善藤 威史, 松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6が生産する多成分バクテリオシン生合成関連遺伝子の解析, 第70回日本生物工学会大会, 2018.09.
52. 竹内 啓記, Rodney Honrada Perez, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 部位特異的変異による乳酸菌バクテリオシンの強化, 日本乳酸菌学会2018年度大会, 2018.07.
53. 和田 夏美, 須志田 浩稔, 酒井 美由季, Rodney Honrada Perez, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 多種のバクテリオシンの分泌と成熟化を担うトランスポーターEnkTの機能解析, 第13回トランスポーター研究会年会, 2018.07.
54. 佐戸 翔太, 池田 史織, 高城 博也, 杉野 春貴, Rodney Honrada Perez, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 環状バクテリオシン、エンテロシンNKR-5-3Bの生合成に関わるタンパク質の機能解析, 第13回トランスポーター研究会年会, 2018.07.
55. 和田 夏美,須志田 浩稔,酒井 美由季,Rodney Honrada Perez, 善藤 威史, 園元 謙二, 多成分バクテリオシントランスポーターEnkTの機能解析, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
56. 堀 琴美,山下 奈菜, 善藤 威史, 松崎 弘美, 江津湖の水草より分離した乳酸菌Lactococcus lactis PUK15が生産するバクテリオシンの精製と構造解析, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
57. 河原 あい,山下 奈菜, 善藤 威史, 松崎 弘美, Lactobacillus plantarum PUK6が生産する多成分バクテリオシン生合成関連遺伝子群に関する研究, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
58. Rodney H. Perez, Haruki Sugino, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Insights into the molecular mechanism on the biosynthesis of the circular bacteriocin, enterocin NKR-5-3B, 6th Antimicrobial Peptide Symposium (AMP 2018), 2018.06.
59. Takeshi Zendo, Ghoson Mosbah Daba, Naoki Ishibashi, Kenji Sonomoto, Characterization of a Lactococcus-specific bacteriocin, lactococcin Z for its biosynthesis and mechanisms of action, 6th Antimicrobial Peptide Symposium (AMP 2018), 2018.06.
60. 沼口 真緒, 善藤 威史, 門多 真理子, 田代 幸寛, 酒井 謙二, 園元 謙二, 好熱性乳酸菌におけるペント―スリン酸回路の新奇バイパスの発見, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018.03.
61. 山城 圭輔, 大橋 千紘, 善藤 威史, 園元 謙二, 新奇乳酸菌バクテリオシンの探索および構造解析, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018.03.
62. 佐戸 翔太, 池田 史織, 高城 博也, 杉野 春貴, PEREZ Rodney H, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 乳酸菌由来の環状抗菌ペプチド、エンテロシンNKR-5-3Bの生合成を担うEnkB2の機能解析, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018.03.
63. 八浪 早季, 山下 奈菜, 善藤 威史, 松崎 弘美, 熊本県環境中から分離した抗菌性乳酸菌の同定とそれらが生産するバクテリオシンの精製および特性, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018.03.
64. 河原 あい, 山下 奈菜, 善藤 威史, 松崎 弘美, 味噌漬け豆腐から分離した乳酸菌Lactobacillus plantarum PUK6における多成分バクテリオシン生合成関連遺伝子の塩基配列決定, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018.03.
65. 善藤 威史, 園元 謙二, 多様な乳酸菌抗菌ペプチドの探索とその可能性, 日本農芸化学会2018年度大会, 2018.03.
66. 長田 弥生,野口 萌,永尾 潤一,善藤 威史,園元 謙二, 異常アミノ酸導入酵素NukMを用いた新規ペプチドデザイン技術の構築, 第24回 日本生物工学会九州支部 沖縄大会, 2017.12.
67. Rodney H. Perez, Haruki Sugino, Takeshi Zendo, Kenji Sonomto, Analysis of the Amino Acid Residues Involved in the Biosynthesis of Ent53B, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2017 (AFELiSA 2017), 2017.11.
68. Mamata Singhvi, Takeshi Zendo, Hiroshi Iida, Digambar Gokhale, Kenji Sonomoto, Genomic and Proteomic Characterisation of D-Lactic Acid Producer Strain, Lactobacillus lactis and its Mutant RM2-24, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2017 (AFELiSA 2017), 2017.11.
69. Haruki Takeuchi, Rodney H. Perez, Takeshi Zendo, Kenji Sonomto, Bioengineering of Bacteriocins to Enhance its Bioactivity by Site-Specific Mutation, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2017 (AFELiSA 2017), 2017.11.
70. Keisuke Yamashiro, Chihiro Ohashi, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Screening of Bacteriocins Produced by Lactic Acid Bacteria from Various Sources, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2017 (AFELiSA 2017), 2017.11.
71. Mami Hanamiya, Jiaming Tan, Mohamed Ali Abdel-Rahman, Yukihiro Tashiro, Takeshi Zendo, Kenji Sakai, Kenji Sonomoto , Feasibility of Open Fermentation of Lactic Acid from Rice Straw Using Thermophilic Lactic Acid Bacterium, Enterococcus faecium QU 50, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2017 (AFELiSA 2017), 2017.11.
72. Shogo Murayama, Hirotoshi Sushida, Mizuki Yano, Naoki Ishibashi, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto , Heterologous Production of Antimicrobial Peptides, Bacteriocins Derived from Lactic Acid Bacteria, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2017 (AFELiSA 2017), 2017.11.
73. Shota Sado, Shiori Ikeda, Hiroya Taki, Rodney H. Perez, Haruki Sugino, Naoki Ishibashi, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto , Functional Analysis of a Protein Responsible for Biosynthesis of a Circular Bacteriocin, Enterocin NKR-5-3B, International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2017 (AFELiSA 2017), 2017.11.
74. ⼭城 圭輔,⼤橋 千紘,善藤 威史,園元 謙⼆, 様々な分離源からの乳酸菌バクテリオシンの探索, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部2017年度合同大会, 2017.09.
75. Ghoson Mosbah Daba, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, Lactococcus特異的な抗菌活性を有するラクトコッシンZの生合成遺伝子群の解析, 第69回日本生物工学会大会, 2017.09.
76. 酒井 美由季, 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, ABCトランスポーターEnkTの基質寛容性を利用した効率的な抗菌ペプチド・バクテリオシン分泌生産系の構築, 第69回日本生物工学会大会, 2017.09.
77. Jiaming Tan, Mohamed Ali Abdel-Rahman, Yukihiro Tashiro, Takeshi Zendo 1, Kenji Sakai, Kenji Sonomoto, Utilization of rice straw to L-lactic acid in open fermentation using thermophilic lactic acid bacterium, 第69回日本生物工学会大会, 2017.09.
78. 園元 謙二, 中山 二郎, 善藤 威史, ランチビオティック研究のパラダイムシフト:その作用機序,生合成機構など, 第69回日本生物工学会大会, 2017.09.
79. 河原 あい, 山下 奈菜, 善藤 威史, 松崎 弘美, 味噌漬け豆腐から分離した乳酸菌Lactobacillus plantarum PUK6 が生産する 多成分バクテリオシンの精製と遺伝子クローニング, 第69回日本生物工学会大会, 2017.09.
80. 藤原 実希, 高橋 季之, 善藤 威史, 園元 謙二, 乳酸菌のα-アミラーゼおよびα-グルコシダーゼ阻害作用および抗糖尿病の可能性, 日本乳酸菌学会2017年度大会, 2017.07.
81. 塚原 拓也, 岩谷 駿, 善藤 威史, 梶原 将, Lactococcus lactisによるヒト抗菌ペプチドHistatin 5の菌体外生産
, 日本乳酸菌学会2017年度大会, 2017.07.
82. 佐戸 翔太, 池田 史織, 高城 博也, Perez RH, 杉野 春貴, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二 , 環状バクテリオシンenterocin NKR-5-3B生合成タンパク質の機能解析, 日本乳酸菌学会2017年度大会, 2017.07.
83. 佐戸 翔太, 池田 史織, 高城 博也, Perez RH, 杉野 春貴, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 環状バクテリオシン、エンテロシンNKR-5-3Bの環化機構の解析, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
84. 山城 圭輔, 大橋 千紘, Ghoson Mosbah A. Daba, 善藤 威史, 園元 謙二, 新奇乳酸菌バクテリオシンの探索, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
85. 善藤 威史, 乳酸菌を利用した微生物制御―バクテリオシンの利用と可能性, 第27回食品産業創造展「機能性食品特別セミナー」, 2017.05.
86. 大橋 千紘, 前野 慎太郎, 朴 興国, 善藤 威史, Seppo Salminen, 遠藤 明仁, 園元 謙二, Lactobacillus kunkeei FF30-6 が生産する抗ヨーロッパ腐蛆病菌活性を有する新奇バクテリオシンの同定, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017.03.
87. 池田 史織, 高城 博也, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, Leuconostoc 由来新奇環状抗菌ペプチド、ロイコサイクリシン Q の生合成機構の解析, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017.03.
88. 高城 博也, 善藤 威史, 石橋 直樹, 池田 史織, 沢 稔彦, 園元 謙二, Lactococcus 由来新奇環状抗菌ペプチド、ラクトサイクリシン Q の生合成機構の解析, 日本農芸化学会2017年度大会, 2017.03.
89. 河原 あい, 山下 奈菜, 善藤 威史, 松崎 弘美, 味噌漬け豆腐から分離した乳酸菌Lactobacillus plantarum PUK6が生産する多成分バクテリオシンに関する研究, 第23回日本生物工学会九州支部飯塚大会, 2016.12.
90. 松永 愛美, 鄭 森, 高城 博也, 石橋 直樹, 永尾 潤一, 善藤 威史, 園元 謙二, ランチビオティックNukacin ISK-1の生合成に関与するトランスポーターの構造と機能解析, 第23回日本生物工学会九州支部飯塚大会, 2016.12.
91. 須志田 浩稔, 酒井 美由季, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 多成分バクテリオシントランスポーターEnkTの基質寛容性に関する研究, 第23回日本生物工学会九州支部飯塚大会, 2016.12.
92. 高城 博也, 石橋 直樹, 沢 稔彦, 園元 謙二, 善藤 威史, 特異な環状構造をもつ乳酸菌由来抗菌ペプチドの新奇生合成遺伝子群の同定と解析, 第23回日本生物工学会九州支部飯塚大会, 2016.12.
93. 善藤 威史, 杉野 春貴, Rodney Honrada Perez, 石橋 直樹, 中山 二郎, 園元 謙二, 環状バクテリオシンenterocin NKR-5-3B の生合成における環状化部位アミノ酸残基の影響, 第68回日本生物工学会大会, 2016.09.
94. 沼口 真緒, Tan Jiaming, MOHAMED ALI ABDELRAHMAN, 田代 幸寛, 善藤 威史, 酒井 謙二, 園元 謙二, デザインドバイオマス研究:好熱性乳酸菌による混合糖代謝系の解析とエナジーケーンからの高効率乳酸生産, 第68回日本生物工学会大会, 2016.09.
95. 高城 博也, 沢 稔彦, 石橋 直樹, 池田 史織, 善藤 威史, 園元 謙二, タイ発酵魚由来乳酸菌が生産する抗菌ペプチド,2成分ランチビオティックenterocin Wの生合成遺伝子群の解析, 2016年度日本農芸化学会西日本支部大会, 2016.09.
96. 大橋 千紘, 杉野 春貴, 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 土壌からのバクテリオシン生産乳酸菌の探索およびその構造解析, 2016年度日本農芸化学会西日本支部大会, 2016.09.
97. 須志田 浩稔, 酒井 美由季, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 多成分バクテリオシンABCトランスポーターEnkTの機能解析, 日本乳酸菌学会2016年度大会, 2016.07.
98. 池田 史織, 高城 博也, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 環状バクテリオシン、ロイコサイクリシンQの生合成機構の解析 , 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
99. 酒井 美由季, 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 多成分バクテリオシンの菌体外分泌機構を用いた異種バクテリオシンの分泌生産, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
100. Takeshi Zendo, Naoki Ishibashi, Kenji Sonomoto, Identification of Lactococcus-specific bacteriocins, lactococcins Q and Z produced by lactococcal isolates, and molecular characterization of the biosynthetic genes for lactococcin Q, the 5th Antimicrobial Peptide Symposium, 2016.06.
101. Hirotoshi Sushida, Takeshi Zendo, Naoki Ishibashi, Kenji Sonomoto, Functional analysis of a bacteriocin transporter, EnkT, possessing a broad substrate specificity, the 5th Antimicrobial Peptide Symposium, 2016.06.
102. Kenji Sonomoto, Kohei Nagatoshi, Emi Sumida, Takeshi Zendo, Miki Kawada-Matsuo, Hitoshi Komatsuzawa, Oral care application of a safe edible antimicrobial peptide produced by lactic acid bacteria, the 5th Antimicrobial Peptide Symposium, 2016.06.
103. 善藤 威史, 永利 浩平, 角田 愛美, 松尾 美樹, 小松澤 均, 園元 謙二, 口腔ケアへの乳酸菌バクテリオシンの利用, 2016年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー, 2016.05.
104. 酒井 美由季, 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 多成分バクテリオシンのABCトランスポーターEnkTを利用した異種バクテリオシンの分泌生産の試み, 2016年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー, 2016.05.
105. 沼口 真緒, Jiaming Tan, Mohamed Ali Abdel-Rahman, 田代 幸寛, 善藤 威史, 園元 謙二, Enterococcus faecium QU 50の発酵特性評価とキシロース代謝経路の解析, 2016年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー, 2016.05.
106. 山下 奈菜, 善藤 威史, 松崎 弘美, ナズナから分離した乳酸菌Enterococcus sp. PUK13が生産する多成分バクテリオシンの精製と同定, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016.03.
107. 矢野 瑞季, 緒方 詩保, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, リーダーレスバクテリオシン生合成機構を利用した新奇抗菌ペプチドの創出・評価系の構築, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016.03.
108. 高城 博也, 石橋 直樹, 沢 稔彦, 杉野 春貴, 善藤 威史, 園元 謙二, 乳酸菌由来環状抗菌ペプチドの新奇生合成遺伝子群の同定と分泌発現系の構築, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016.03.
109. 藤原 治子, 鍋田 啓介, 兼崎 友, 田代 幸寛, 善藤 威史, 門多 真理子, 吉川 博文, 園元 謙二, Enterococcus mundtii QU 25株のポストゲノム研究:RNA−sequencing解析を用いた混合糖条件下での転写解析, 第10回ゲノム微生物学会年会, 2016.03.
110. 杉野 春貴, Rodney Honrada Perez, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 環状バクテリオシンenterocin NKR-5-3Bの環状化部位のアミノ酸残基が生合成と抗菌活性に及ぼす影響, 第22回日本生物工学会九州支部宮崎大会, 2015.12.
111. 矢野 瑞季, 緒方 詩保, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, ラクティシンQ生合成機構を利用した新奇抗菌ペプチドの創出・評価系の構築, 第22回日本生物工学会九州支部宮崎大会, 2015.12.
112. 山下 奈菜, 善藤 威史, 松崎 弘美, ナズナから分離した乳酸菌Enterococcus sp. PUK13が生産する多成分バクテリオシンの精製と同定, 第22回日本生物工学会九州支部宮崎大会, 2015.12.
113. 旭 郁美, 村上 千晶, 山下 奈菜, 善藤 威史, 松崎 弘美, 味噌漬け豆腐から分離した乳酸菌 Lactobacillus plantarum PUK6が生産する多成分バクテリオシンの精製と同定, 第22回日本生物工学会九州支部宮崎大会, 2015.12.
114. 石橋 直樹, 瀬戸 紘美, 古賀 祥子, 善藤 威史, 園元 謙二, 特異的な抗菌スペクトルをもつ新奇乳酸菌バクテリオシンの構造決定と特性評価, 第9回細菌学若手コロッセウム, 2015.11.
115. 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 多成分バクテリオシン分泌を担うABCトランスポーターEnkTによる基質認識機構の解明, 第9回細菌学若手コロッセウム, 2015.11.
116. Ghoson Daba, Naoki Ishibashi, Xiao Gong, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Analysis of Biosynthesis and Action Mechanism of a Novel Lactococcus-Specific Bacteriocin, Lactococcin Z, The 12th International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA 2015), 2015.11.
117. Jiaming Tan, Mohamed Ali Abdel-Rahman, Yukihiro Tashiro, Takeshi Zendo, Kenji Sakai, Kenji Sonomoto, Homo-fermentative L-Lactic Acid Production from Mixed Sugars without Carbon Catabolite Repression and By-products Using Thermophilic Enterococcus faecium QU 50, The 12th International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA 2015), 2015.11.
118. Khaled M. Elsayed, Jun-ichi Nagao, Mohammad R. Islam, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Beta-Galactosidase Reporter Bioassay; a Simple Tool to Analyze Cell Wall Targeting Peptide and their Interaction with Lipid II, The 12th International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA 2015), 2015.11.
119. Sen Zheng, Jun-ichi Nagao, Mami Nishie, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Insights into Functional Regulation between Two Separated Domains of a Bifunctional ABC Transporter for Lantibiotic Nukacin ISK-1 Biosynthesis, The 12th International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA 2015), 2015.11.
120. 阿部 清孝, 兼崎 友, 渡辺 智, 善藤 威史, 千葉櫻 拓, 門多 真理子, 園元 謙二, 吉川 博文, キシロース資化能をもつ好熱性乳酸菌Enterococcus faecium QU 50 株のゲノム解析, 第67回日本生物工学会大会, 2015.10.
121. 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, ABC トランスポーターEnkT による多成分バクテリオシン分泌機構の解明, 第67回日本生物工学会大会, 2015.10.
122. Jiaming Tan, Mohamed Ali Abdel-Rahman, Yukihiro Tashiro, Takeshi Zendo, Kenji Sakai, Kenji Sonomoto, Thermophilic Enterococcus faecium QU 50 Produces L-Lactic Acid from Mixed Sugars without Carbon Catabolite Repression and By-Products, 第67回日本生物工学会大会, 2015.10.
123. Sen Zheng, Junichi Nagao, Mami Nishie, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Mutual regulation between two distant regions of a bifunctional ABC transporter for lantibiotic nukacin ISK-1 exportation, 第67回日本生物工学会大会, 2015.10.
124. 大橋 千紘, 杉野 春貴, 須志田 浩稔, 龔 皛, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, ウシの糞便から分離された乳酸菌が生産するバクテリオシンの同定, 2015年度日本農芸化学会中四国・西日本支部合同大会, 2015.09.
125. 高城 博也, 石橋 直樹, 沢 稔彦, 善藤 威史, 園元 謙二, 乳酸菌由来新奇環状バクテリオシンの生合成関連遺伝子の同定と機能解析, 2015年度日本農芸化学会中四国・西日本支部合同大会, 2015.09.
126. Rodney Honrada Perez, 善藤 威史, 杉野 春貴, 石橋 直樹, 井上 朋子, 益田 時光, 姫野 康平, 冨士田 浩二, Pongtep Wilaipun, 中山 二郎, David J Craik, 園元 謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3 が生産する新奇環状バクテリオシンenterocin NKR-5-3B の構造と生合成機構, 日本乳酸菌学会2015年度大会, 2015.07.
127. Hirotoshi Sushida, Naoki Ishibashi, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Elucidation of the secretory mechanisms of a novel multiple bacteriocin transporter, EnkT, The 8th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria, 2015.07.
128. Takeshi Zendo, Shiho Ogata, Mengqi Li, Naoki Ishibashi, Yoshimitsu Masuda, Shun Iwatani, Fuminori Yoneyama, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Biosynthetic and antimicrobial mechanisms of a leaderless bacteriocin, lacticin Q, The 8th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria, 2015.07.
129. Xiao Gong, Naoki Ishibashi, Naruhiko Sawa, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Screening and characterization of novel bacteriocins produced by lactic acid bacteria, The 8th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria, 2015.07.
130. Weerapong Woraprayote, Laphaslada Pumpuang, Amonlaya Tosukhowong, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Soottawat Benjakul, Wonnop Visessanguan, Discovery and characterization of two putatively novel bacteriocins active against Gram-negative food borne pathogens produced by Weissella hellenica BCC 7293, The 8th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria, 2015.07.
131. 矢野 瑞季, 緒方 詩保, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 乳酸菌バクテリオシンの生合成機構を利用した新奇抗菌ペプチドの創出・評価系の構築, 第52回化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
132. Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Bacteriocins from lactic acid bacteria: characterization and potential applications, The 82th Annual Meeting of Korean Society of Food Science and Technology (KoSFoST), 2015.06.
133. 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 多成分バクテリオシンの分泌を担うABCトランスポーターEnkTの機能解析, 2015年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー, 2015.05.
134. 藤原 治子, 簗瀬 弘明, 志波 優, 児島 友子, 渡辺 智, 千葉櫻 拓, 田代 幸寛, 善藤 威史, 門多 真理子, 吉川 博文, 園元 謙二, 混合糖を基質とした高効率乳酸発酵のためのEnterococcus mundtii QU 25株の分子育種, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015.03.
135. 杉野 春貴, Rodney Honrada Perez, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 環状バクテリオシン enterocin NKR-5-3B 生合成における環状化部位のアミノ酸残基の影響, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015.03.
136. 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 新奇ABCトランスポーターによる多成分バクテリオシンの成熟化及び分泌機構の解明, 第21回日本生物工学会九州支部熊本大会, 2014.12.
137. 鍋田 啓介, 簗瀬 弘明, 志波 優, Mohamed Ali Abdel-Rahman, 田代 幸寛, 善藤 威史, 児島 友子, 笠原 浩司, 渡辺 智, 千葉櫻 拓, 門多 真理子, 園元 謙二, 吉川 博文, 乳酸球菌 Enterococcus mundtii QU 25株のホスホケトラーゼにおける活性調節機構, 日本農芸化学会関東支部 2014 年度支部大会, 2014.10.
138. 朴 興国, 松井 裕, 龔 皛, 石橋 直樹, 沢 稔彦, 善藤 威史, 小栁 喬, 片山 高嶺, 熊谷 英彦, 園元 謙二, 石川県産なれずしから分離された乳酸菌が生産するバクテリオシンの同定, 2014年度日本農芸化学会西日本支部大会, 2014.09.
139. 野口 萌, 島藤 千那津, 永尾 潤一, 善藤 威史, 園元 謙二, ランチビオティックnukacin ISK-1の異常アミノ酸導入酵素NukMの機能解析とその応用, 2014年度日本農芸化学会西日本支部大会, 2014.09.
140. 梶原 春香, Sunee Nitisinprasert, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 松崎 弘美, 耐熱性乳酸菌Lactobacillus salivarius AC21が生産するバクテリオシンsalivacin K21の異種発現と機能解析, 第66回日本生物工学会大会, 2014.09.
141. 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, 特異的な抗菌スペクトルを有するラクトコッシンQの生合成機構の解明, 第66回日本生物工学会大会, 2014.09.
142. 善藤 威史, 緒方 詩保, Mengqi Li, 石橋 直樹, 益田 時光, 岩谷 駿, 米山 史紀, 園元 謙二, リーダーレスバクテリオシン、ラクティシンQの生合成および抗菌機構, 第66回日本生物工学会大会, 2014.09.
143. Abdullah-Al- Mahin, Urmi Roy, Daisuke Fujinami, Mohammad Riazul Islam, Sabrina Momin, Jun-ichi Nagao, Hiroshi Iida, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Daisuke Kohda, Kenji Sonomoto, Insights into the molecular mode of action of nukacin ISK-1, 第66回日本生物工学会大会, 2014.09.
144. Mohamed Ali Abdel-Rahman, Jiaming Tan, Yukihiro Tashiro, Takeshi Zendo, Kenji Sakai, Kenji Sonomoto, A novel lactic acid bacterium enables thermophilic and homo-fermentative L-lactic acid production with high yield from xylose, 第66回日本生物工学会大会, 2014.09.
145. Yen Yi Lim, Fuqin Mu, Naoki Ishibashi, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Elucidation of action and immunity mechanisms of a circular bacteriocin, leucocyclicin Q
, 第66回日本生物工学会大会, 2014.09.
146. 善藤 威史, 乳酸菌が生産する抗菌ペプチド、バクテリオシン―探索から応用まで―, 食香粧研究会シンポジウム「醸して健康―発酵からヒト常在細菌まで―」, 2014.09.
147. Weerapong Woraprayote, Laphaslada Pumpuang, Amonlaya Tosukhowong, Sittiruk Roytrakul, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Soottawat Benjakul, Wonnop Visessanguan, Antimicrobial biodegradable food packaging impregnated with bacteriocin 7293, a novel bacteriocin produced by Weissella hellenica BCC 7293, The 11th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2014.08.
148. Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Screening, characterization and applications of lactic acid bacteria producing bacteriocins, The 1st Joint Seminar of the new Core to Core Program A. Advanced Research Networks, 2014.08.
149. Amonlaya Tosukhowong, Sittiruk Roytrakul, Janthima Jaresitthikunchai, Wonnop Visessanguan, Laphaslada Pumpuang, Juntira Punya, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Discovering the peptide bacteriocin targeting pathogenic bacterial strains for future feeding trials in piglets, The 1st Joint Seminar of the new Core to Core Program A. Advanced Research Networks, 2014.08.
150. Adisorn Swetwiwathana, Aphacha Jindaprasert, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Partial characterization of nisin Z produced by Lactococcus lactis subsp. lactis isolated from traditional Thai fermented meat products, The 1st Joint Seminar of the new Core to Core Program A. Advanced Research Networks, 2014.08.
151. Kanjana Wittayakom, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Wilai Noonpakdee, Bacteriocin produced by Lactococcus lactis WNK4 against skin inflammatory bacteria, The 1st Joint Seminar of the new Core to Core Program A. Advanced Research Networks, 2014.08.
152. 杉野 春貴, Rodney Honrada Perez, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 環状バクテリオシンenterocin NKR-5-3B生合成におけるリーダー配列の影響, 生物工学若手研究者の集い夏のセミナー2014, 2014.07.
153. 杉野 春貴, Rodney Honrada Perez, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 環状バクテリオシンenterocin NKR-5-3Bの生合成機構の解析, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
154. 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 種々のバクテリオシンの分泌と成熟化を担うトランスポーターEnt53Tの機能解析, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
155. Kenji Sonomoto, Mami Nishie, Sen Zheng, Jun-ichi Nagao, Takeshi Zendo, Characterization of biosynthetic enzymes and antibacterial action of lantibiotic nukacin ISK-1, 4th International Symposium on Antimicrobial Peptides, 2014.06.
156. Naoki Ishibashi, Hirotoshi Sushida, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Characterization of an ABC transporter (Ent53T) for secretion of multiple bacteriocins, enterocins NKR-5-3, 4th International Symposium on Antimicrobial Peptides, 2014.06.
157. Takeshi Zendo, Naruhiko Sawa, Shoko Koga, Kasumi Okamura, Naoki Ishibashi, Kenji Sonomoto, Identification of novel multiple bacteriocins produced by Lactobacillus sakei D98, 4th International Symposium on Antimicrobial Peptides, 2014.06.
158. Abdullah-Al- Mahin, Urmi Roy, Daisuke Fujinami, Mohammad Riazul Islam, Sabrina Momin, Jun-ichi Nagao, Hiroshi Iida, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Daisuke Kohda, Kenji Sonomoto, Unraveling the blueprint of the molecular mode of action of nukacin ISK-1, a type-A(II) lantibiotic, 4th International Symposium on Antimicrobial Peptides, 2014.06.
159. 石橋 直樹, 瀬戸 紘美, 古賀 祥子, 善藤 威史, 園元 謙二, 菌種に特異的な抗菌スペクトルを有する新奇乳酸菌バクテリオシンの構造と特性, 2014年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー, 2014.05.
160. 藤原 治子, 里見 翔平, Abdel-Rahman Mohamed Ali, Yaotian Xiao, Ying Wang, 田代 幸寛, 志波 優, 善藤 威史, 門多 真理子, 吉川 博文, 園元 謙二, リグノセルロースから光学活性乳酸を生産するスーパー乳酸菌に関する研究, 酵素工学研究会第71回講演会, 2014.04.
161. 石橋 直樹, 瀬戸 紘美, 古賀 祥子, 善藤 威史, 園元 謙二, 特異的な抗菌スペクトルを有する新奇乳酸菌バクテリオシンの構造と特性, 酵素工学研究会第71回講演会, 2014.04.
162. 須志田 浩稔, 石橋 直樹, Rodney Honrada Perez, 松本 南帆, 善藤 威史, 園元 謙二, マルチプルバクテリオシンの生合成機構の解明, 酵素工学研究会第71回講演会, 2014.04.
163. 須志田 浩稔, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 多成分バクテリオシンの分泌を担うトランスポーターの基質認識機構の解明, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014.03.
164. 梶原 春香, Sunee Nitisinprasert, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 松崎 弘美, Lactobacillus salivarius AC21の2分子ペプチドバクテリオシンsalivacin K21の異種発現と機能解析, 日本農芸化学会2014年度大会, 2014.03.
165. 緒方 詩保, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, リーダー配列を伴わない乳酸菌バクテリオシンの新規生合成機構の解明, 第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会, 2013.12.
166. Jiaming Tan, Abdel-Rahman Mohamed Ali, 田代 幸寛, 善藤 威史, 酒井 謙二, 園元 謙二, Screening of novel xylan-utilizing lactic acid bacteria for optically pure lactic acid production, 第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会, 2013.12.
167. Khaled Mohamed Elsayed, Mohammmed Riazul Islam, 永尾 潤一, 善藤 威史, 園元 謙二, Screening for nukacin ISK-1 region that is responsible for the induction of the two component system LiaRS, 第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会, 2013.12.
168. Mohamed Abdelfattah Maky, Naoki Ishibashi, Xiao Gong, Takeshi Zendo, Mohamed K. Mahmoud, Jehan R. Doud, Kenji Sonomoto, Screening of bacteriocin-producing lactic acid bacteria from Egyptian sources, 第20回日本生物工学会九州支部佐賀大会, 2013.12.
169. 善藤 威史, 園元 謙二, 乳酸菌バクテリオシンの探索と利用, 日本乳酸菌学会2013年度秋期セミナー, 2013.11.
170. 善藤 威史, 園元 謙二, 乳酸菌バクテリオシン:ナイシンの実用化に始まる波及効果,そして新たな探索の時代へ, 第65回日本生物工学会大会, 2013.09.
171. Ying Wang, Yukihiro Tashiro, Mohamed Ali Abdel-Rahman, Takeshi Zendo, Kenji Sakai, Kenji Sonomoto, Development of bioprocess with designed biomass: High l-lactic acid fermentation from mixed sugars without carbon catabolite repression by Enterococcus mundtii QU 25, 第65回日本生物工学会大会, 2013.09.
172. Mohamed Ali Abdel-Rahman, Yukihiro Tashiro, Takeshi Zendo, Kenji Sakai, Kenji Sonomoto, Development of bioprocess with designed biomass: l-lactic acid production from cellooligosaccharides and xylooligosaccharides by Enterococcus mundtii QU 25, 第65回日本生物工学会大会, 2013.09.
173. 村上 菜緒, 大場 真奈, 岩本 真梨子, 田代 幸寛, Abdel-Rahman Mohamed Ali, 善藤 威史, 酒井 謙二, 園元 謙二, デザインドバイオマスを用いたバイオプロセス開発:乳酸菌によるグリセロールからのカーボンロスを伴わない光学活性乳酸とエタノール生産, 第65回日本生物工学会大会, 2013.09.
174. 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 多成分バクテリオシンの分泌機構の解明, 第65回日本生物工学会大会, 2013.09.
175. Rodney Honrada Perez, Tomoko Inoue, Kohei Himeno, Naoki Ishibashi, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Elucidation of the biosynthetic mechanism of the circular bacteriocin, enterocin NKR-5-3B, 第65回日本生物工学会大会, 2013.09.
176. 梶原 春香, Sunee Nitisinprasert, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 松崎 弘美, 2分子ペプチドバクテリオシンsalivacin K21の異種発現と機能解析, 第65回日本生物工学会大会, 2013.09.
177. Sen Zheng, Jun-ichi Nagao, Mami Nishie, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Mechanism of mutual regulation between peptidase and ATPase domains of a bifunctional ABC transporter for lantibiotic synthesis, 第65回日本生物工学会大会, 2013.09.
178. Urmi Roy, Mohammad Riazul Islam, Jun-ichi Nagao, Abdullah-Al-Mahin, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Strain-specific bactericidal activity of lantibiotic, nukacin ISK-1, 第65回日本生物工学会大会, 2013.09.
179. 松本 南帆, 石橋 直樹, Rodney Honrada Perez, 姫野 康平, 井上 朋子, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, 誘導ペプチドを介した多成分バクテリオシンの生産制御機構の解明, 日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区 2013年度合同広島大会, 2013.09.
180. Ying Wang, Mohamed Ali Abdel-Rahman, Yukihiro Tashiro, Takeshi Zendo, Kenji Sakai, Kenji Sonomoto, Development of bioprocess with designed biomass: High ʟ-lactic acid production efficacy from cellobiose and xylose mixture by Enterococcus mundtii QU 25, JSPS-NRCT Young Scientist Seminar 2013, 2013.08.
181. Shiho Ogata, Yoshimitsu Masuda, Shun Iwatani, Naoki Ishibashi, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Elucidation of the biosynthetic mechanism of a leaderless bacteriocin, lacticin Q, JSPS-NRCT Young Scientist Seminar 2013, 2013.08.
182. Weerapong Woraprayote, Laphaslada Pumpuang, Amonlaya Tosukhowong, Sittiruk Roytrakul, Rodney Honrada Perez, Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Soottawat Benjakul, Wonnop Visessanguan, Detection and characterization of novel antimicrobial peptides from Weissella hellenica BCC 7293, JSPS-NRCT Young Scientist Seminar 2013, 2013.08.
183. Rodney Honrada Perez, Tomoko Inoue, Kohei Himeno, Naoki Ishibashi, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Functional analysis of the genes involved in the biosynthesis of the circular bacteriocin, enterocin NKR-5-3B (Ent53B), JSPS-NRCT Young Scientist Seminar 2013, 2013.08.
184. Naho Matsumoto, Naoki Ishibashi, Rodney Honrada Perez, Kohei Himeno, Tomoko Inoue, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Elucidation of regulatory mechanisms in multiple bacteriocin production by Enterococcus faecium NKR-5-3, JSPS-NRCT Young Scientist Seminar 2013, 2013.08.
185. Amonlaya Tosukhowong, Wonnop Visessanguan, Sittiruk Roytrakul, Takeshi Zendo, Janthima Jaresitthikunchai, Laphaslada Pumpuang, Kenji Sonomoto, Application of whole-cell matrix-assisted laser desorption ionization-time of flight mass spectrometry (MALDI-TOF MS) for rapid screening of novel bacteriocins, JSPS-NRCT Joint Symposium on Bioproduction Platform 2013, 2013.08.
186. 野口 萌, 島藤 千那津, 松本 俊介, 永尾 潤一, 善藤 威史, 神田 大輔, 園元 謙二, ランチビオティックの異常アミノ酸導入酵素NukMの構造解析および機能解析, 生物工学会若手研究者の集い夏のセミナー2013, 2013.07.
187. 村上 菜緒, 大場 真奈, 岩本 真梨子, Abdel-Rahman Mohamed Ali, 田代 幸寛, 善藤 威史, 酒井 謙二, 園元 謙二, 乳酸菌によるグリセロールからのカーボンロスを伴わない光学活性乳酸とエタノール生産, 生物工学会若手研究者の集い夏のセミナー2013, 2013.07.
188. 石橋 直樹, 松本 南帆, 姫野 康平, Rodney Honrada Perez, 善藤 威史, Wilaipun Pongtep, 中山 二郎, 園元 謙二, 乳酸菌における多成分バクテリオシンの生産機構の解明, 日本乳酸菌学会2013年度大会, 2013.07.
189. 沢 稔彦, 古賀 祥子, 岡村 かすみ, 石橋 直樹, 善藤 威史, 園元 謙二, Lactobacillus sakei D98が生産する新奇バクテリオシン群の精製および構造と特性, 日本乳酸菌学会2013年度大会, 2013.07.
190. 緒方 詩保, 益田 時光, 岩谷 駿, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, リーダーレスバクテリオシン、ラクティシンQの生合成機構の解明, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
191. 志波 優, 簗瀬 弘明, 広瀬 侑, 児島 友子, 星野 英章, 渡辺 智, 善藤 威史, 千葉櫻 拓, 園元 謙二, 門多 真理子, 吉川 博文, L-乳酸高生産菌Enterococcus mundtii QU 25株のゲノム解析
, 日本農芸化学会2013年度大会, 2013.03.
192. 簗瀬 弘明, 志波 優, 善藤 威史, 広瀬 侑, 千葉櫻 拓, 渡辺 智, 門多 真理子, 園元 謙二, 吉川 博文, 乳酸球菌Enterococcus mundtii QU 25株のゲノム情報解析, 第7回日本ゲノム微生物学会年会, 2013.03.
193. 善藤 威史, 乳酸菌の生産するバクテリオシンについて, 第1回酵母・乳酸菌の新しい利用方法を考える研究会(仮称), 2012.12.
194. 石橋 直樹, 松本 南帆, 善藤 威史, 園元 謙二, 乳酸菌による多成分バクテリオシンの生産機構の解明, 第19回日本生物工学会九州支部大分大会, 2012.12.
195. 大場 真奈, 岩本 真梨子, 吉田 剛士, 田代 幸寛, 善藤 威史, Mohamed Ali Abdel-Rahman, 園元 謙二, 乳酸菌Enterococcus faecalisによるグリセロールからのL-乳酸生産, 第19回日本生物工学会九州支部大分大会, 2012.12.
196. Gong Xiao, 善藤 威史, 園元 謙二, Screening and identification of novel bacteriocins produced by lactic acid bacteria, 第64回日本生物工学会大会, 2012.10.
197. Abdel-Rahman Mohamed Ali, 田代幸寛, 善藤 威史, 園元 謙二, Development of bioprocess using designed biomass: Enhancement of ʟ-lactic acid productivity from hexose and pentose sugars by Enterococcus mundtii QU 25 using different fermentation modes, 第64回日本生物工学会大会, 2012.10.
198. 肖 尧天, 田代 幸寛, Abdel-Rahman Mohamed Ali, 善藤 威史, 酒井 謙二, 園元 謙二, Development of bioprocess with designed biomass: High ʟ-lactic acid fermentation efficacy from xylose and glucose mixture by Enterococcus mundtii QU 25
, 第64回日本生物工学会大会, 2012.10.
199. Fuqin Mu, Yoshimitsu Masuda, Hiroshi Ono, Hiroshi Kitagawa, Haruo Ito, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Analysis of gene cluster involved in production of the circular bacteriocin leucocylicin Q by Leuconostoc mesenteroides TK41401, The Young Scientist Seminar 2012, In the framework of the JSPS Asian Core Program (2009 – 2013), Bioresources: Potential & Applications, 2012.10.
200. Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Screening and characterization of novel bacteriocins from lactic acid bacteria, The Young Scientist Seminar 2012, In the framework of the JSPS Asian Core Program (2009 – 2013), Bioresources: Potential & Applications, 2012.10.
201. 松本 南帆, 石橋 直樹, Perez Rodney Honrada, 姫野 康平, 井上 朋子, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3が生産するマルチプルバクテリオシンの生産制御機構の解明, 平成24年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2012.09.
202. Rodney Honrada Perez, Tomoko Inoue, Naoki Ishibashi, Kohei Himeno, Yoshimitsu Masuda, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Analysis of the structure and biosynthetic mechanism of enterocin NKR-5-3 (Ent53B), a novel circular bacteriocin produced by Enterococcus faecium NKR-5-3, How bugs kill bugs: progress and challenges in bacteriocin research, 2012.07.
203. Yoshimitsu Masuda, Takeshi Zendo, Rodney Honrada Perez, J.J. Jiménez, P.E. Hernández, C. Herranz Sorribes, L.M. Cintas Izarra, Kenji Sonomoto, Immunity mechanism and nutrition-adaptive regulation system of weissellicins Y and M. two novel leaderless bacteriocins from Weissella hellenica QU 13, How bugs kill bugs: progress and challenges in bacteriocin research, 2012.07.
204. Kenji Sonomoto, Mohammad R. Islam, Mami Nishie, Jun-ichi Nagao, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Daisuke Kohda, Hans-George Sahl, Mode of action of type-A(II) lantibiotic: a lipid II-binding motif for nukacin ISK-1, How bugs kill bugs: progress and challenges in bacteriocin research, 2012.07.
205. 深尾 匡憲, 善藤 威史, 中山 二郎, 鈴木 重徳, 菅沼 大行, 園元 謙二, 矢嶋 信浩, Lactobacillus brevis KB290の細胞外多糖産生、細胞凝集、胆汁酸耐性における糖転移酵素遺伝子群の重要性, 日本乳酸菌学会2012年度大会, 2012.07.
206. 緒方 詩保, 益田 時光, 岩谷 駿, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, リーダーレスバクテリオシン、ラクティシンQの自己耐性機構の解明, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
207. 松本 南帆, 石橋 直樹, Perez Rodney Honrada, 姫野 康平, 井上 朋子, 善藤 威史, 中山 二郎, 園元 謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3のバクテリオシン群生産における環境応答機構の解析, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
208. Mohammad R. Islam, Mami Nishie, Jun-ichi Nagao, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Hans-George Sahl, Daisuke Kohda, Kenji Sonomoto, Ring A of nukacin ISK-1: a lipid II-binding motif for type-A(II) lantibiotic, 3rd International Symposium on Antimicrobial Peptides: Today knowledge and future applications, 2012.06.
209. Kenji Sonomoto, Mami Nishie, Makoto Sasaki, Jun-ichi Nagao, Takeshi Zendo, Jiro Nakayama, Lantibiotic transporter NukT, ABC transporter maturation and secretion protein, 3rd International Symposium on Antimicrobial Peptides: Today knowledge and future applications, 2012.06.
210. Takeshi Zendo, Yoshimitsu Masuda, Fuqin Mu, Hiroshi Ono, Hiroshi Kitagawa, Haruo Ito, Naruhiko Sawa, Kenji Sonomoto, Identification and characterization of leucocyclicin Q, a novel circular bacteriocin produced by Leuconostoc mesenteroides TK41401, 3rd International Symposium on Antimicrobial Peptides: Today knowledge and future applications, 2012.06.
211. Naoki Ishibashi, Kohei Himeno, Yoshimitsu Masuda, Rodney Honrada Perez, Takeshi Zendo, Pongtep Wilaipun, Jiro Nakayama, Kenji Sonomoto, Analysis of biosynthesis and regulation mechanism of enterocins NKR-5-3 propduced by Enterococcus faecium NKR-5-3, 3rd International Symposium on Antimicrobial Peptides: Today knowledge and future applications, 2012.06.
212. 善藤 威史, 新奇乳酸菌バクリオシンの探索とその構造と機能に関する研究, 日本農芸化学会西日本支部例会, 2012.06.
213. Sonomoto K., Abdel-Rahman M.A., Zendo T., Tashiro Y., Super lactic acid bacteria feasible for high lactic acid production with designed biomass, The 12th Japan-China-Korea Joint Symposium on Enzyme Engineering, 2012.05.
214. 石橋直樹、姫野康平、松本南帆、益田時光、Perez R.H.、善藤威史、Wilaipun P.、中山二郎、園元謙二, 多成分バクテリオシンの菌体外分泌とその生産性に影響を与える環境応答機構について, 2012年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー, 2012.05.
215. 飯干翔子、外村彩夏、元村あかね、Nitisinprasert S.、善藤威史、中山二郎、園元謙二、松崎弘美, Lactobacillus salivarius AC21の2分子ペプチドバクテリオシンsalivacin K21の異種発現, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
216. 上原彰浩、簗瀬弘明、森下英治、東崎 正、善藤威史、千葉櫻拓、門多真理子、園元謙二、吉川博文, 乳酸球菌Lactococcus lactis IO-1株におけるキシロースオペロンの転写調節, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
217. 石橋直樹、姫野康平、益田時光、Perez R.H.、善藤威史、Wilaipun P.、中山二郎、園元 謙二, 多成分バクテリオシンenterocins NKR-5-3の菌体外分泌機構の解明, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
218. 益田時光、善藤威史、Perez R.H.、園元謙二, Weissellicins YMの環境応答型生産制御機構の解明, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
219. Mu F., Masuda Y., Ono H., Kitagawa H., Ito H., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Analysis of gene cluster involved in production of the circular bacteriocin leucocylicin Q by Leuconostoc mesenteroides TK41401, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
220. Islam R., Nishie M., Nagao J., Zendo T., Nakayama J., Kohda D., Sahl H.G., Sonomoto K., Ring A of nukacin ISK-1: a lipid II binding motif for type-A(II) antibiotic, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
221. 折居千賀、善藤威史、園元謙二、田中俊昭、吉野貴唯、植木達朗、野田義治、馬渡志郎、船津軍喜、藤野武彦, 発酵黒八女茶由来機能性ポリフェノールX成分の構造解析およびその機能性, 日本農芸化学会2012年度大会, 2012.03.
222. 飯干翔子、元村あかね、Nitsinprasert S.、善藤威史、中山二郎、園元謙二、松崎弘美, 2分子ペプチドバクテリオシンsalivacin K21の異種発現, 第18回日本生物工学会九州支部福岡大会, 2011.12.
223. Li M., Yoneyama F., Toshimitsu N., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K. , New antimicrobial activity mechanisms of lacticin Q, The 8th International AFAS Joint Symposium between Japan and Korea, 2011.11.
224. Inoue T., Himeno K., Fujita K., Ishibashi N., Zendo T., Nakayama J., Craik D., Sonomoto K., Structural analysis and characterization of a novel cyclic bacteriocin, enterocin NKR-5-3B produced by Enterococcus faecium NKR-5-3, The 8th International AFAS Joint Symposium between Japan and Korea, 2011.11.
225. 善藤威史、岩谷 駿、米山史紀、中山二郎、園元謙二, 乳酸菌バクテリオシン、ラクティシンQの新規な生合成機構, 第63回日本生物工学会大会, 2011.09.
226. 田代幸寛、Abdel-Rahman M.A.、善藤威史、花田克浩、柴田圭右、園元謙二, デザインドバイオマスによるバイオプロセスの開発:スーパー乳酸菌によるキシロースからの副産物を伴わないL- 乳酸発酵, 第63回日本生物工学会大会, 2011.09.
227. 深井理恵、小野 浩、北川博史、善藤威史、園元謙二、伊藤晴夫, わが国の発酵漬物に由来するバクテリオシン生産乳酸菌の分離と特性について, 平成23年度酪農科学シンポジウム, 2011.09.
228. 佐々木信、西江麻美、永尾潤一、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Type A(II)ランチビオティック、ヌカシンISK-1のトランスポーターNukTの機能解析, 平成23年度日本農芸化学会西日本支部・中四国支部合同大会, 2011.09.
229. 島藤千那津、西江麻美、山中 梓、永尾潤一、善藤威史、中山二郎、園元謙二, ランチビオティックの異常アミノ酸形成酵素NukMの機能解析, 平成23年度日本農芸化学会西日本支部・中四国支部合同大会, 2011.09.
230. Perez R.H., Ishibashi N., Himeno K., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Investigation of the regulation mechanism of multiple bacteriocin production in Enterococcus faecium NKR-5-3 using a developed ESI-LC/MS system, 6th Asian Conference of Lactic Acid Bacteria (IUMS International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology), 2011.09.
231. Sonomoto K., Zendo T., Nakayama J., Bacteriocins of lactic acid bacteria: new applications and production, 6th Asian Conference of Lactic Acid Bacteria (IUMS International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology), 2011.09.
232. Swetwiwathana A., Siripoke S., Sawa N., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Plantaricin W of Lactobacillus plantarum NF3 associated in Nham-pla (traditional Thai indigenous fermented minced fish), 6th Asian Conference of Lactic Acid Bacteria (IUMS International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology), 2011.09.
233. Takeshi Zendo, Kenji Sonomoto, Discovery and characterization of novel bacteriocins from lactic acid bacteria, IUMS International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, 2011.09.
234. Tosukhowong A., Visessanguan W., Roytrakul S., Jaresitthikunchai J., Pumpuang L., Luxananil P., Valyasevi R., Zendo T., Sonomoto K., High throughput detection and validation of bacteriocin screening system by whole cell MALDI-TOF mass spectrometry, IUMS International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, 2011.09.
235. Puramattathu T.V., Islam M.R., Nishie M., Yanagihara S., Nagao J., Okuda K., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Enhanced nukacin D13E production in Lactococcus lactis NZ9000 by the additional expression of immunity genes, IUMS International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, 2011.09.
236. Islam M.R., Nishie M., Takano A., Nagao J., Shioya K., Zendo T., Nakayama J., Kohda D., Sonomoto K., Ring A of nukacin ISK-1: a lipid II binding motif, IUMS International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, 2011.09.
237. Zendo T., Masuda Y., Ishibashi N., Iwatani S., Nakayama J., Sonomoto K., Biosynthesis and characterization of newly identified non-lantibiotic bacteriocins, The 10th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2011.08.
238. Masuda Y., Zendo T., Perez R.H., Jimenes J.J., Herranz C., Cintas L.M., Hernandez P.E., Sonomoto K., Biosynthesis machinery and multiple bacteriocin production system of weissellicin YM, novel leaderless bacteriocins, The 10th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2011.08.
239. Ishibashi N., Himeno K., Masuda Y., Perez R.H., Zendo T., Wilaipun P., Nakayama J., Sonomoto K., Analysis of biosynthesis mechanism of enterocins NKR-5-3 produced by Enterococcus faecium NKR-5-3, The 10th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2011.08.
240. Zendo T., Iwatani S., Yoneyama F., Nakayama J., Sonomoto K., Biosynthesis mechanism of lacticin Q from Lactococcus lactis QU 5, The 10th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2011.08.
241. 石橋直樹、姫野康平、益田時光、Perez R.H.、善藤威史、Wilaipun P.、中山二郎、園元謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3が生産する多成分バクテリオシン群の生合成機構, 日本乳酸菌学会2011年度大会, 2011.07.
242. 井上朋子、姫野康平、冨士田浩二、石橋直樹、善藤威史、中山二郎、Craik D.、園元謙二, Enterococcus faeciumが生産する新奇バクテリオシン、enterocin NKR-5-3Bの構造解析, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
243. Zendo T., Sonomoto K., Screening and characterization of novel bacteriocins from lactic acid bacteria, The 6th Asia-Pacific Biotechnology Congress and 40th PSM Annual Convention and Scientific Meeting, 2011.05.
244. Abdel-Rahman M.A.、Tashiro Y.、Zendo T.、Sonomoto K., Isolation of super lactic acid bacteria and feasibility of high lactic acid production with designed biomass, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011.03.
245. 澤 稔彦、Wilaipun P.、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 相乗的な抗菌効果を示す2-ペプチドランチビオティック、enterocin Wの構造解析, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011.03.
246. 井上 朋子, 姫野 康平, 冨士田 浩二, 石橋 直樹, 善藤 威史, 中山 二郎, David Craik, 園元 謙二, Enterococcus faecium の環状バクテリオシン:初めての発見と構造解析, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011.03.
247. 益田時光、善藤威史、Perez R.H.、園元謙二, リーダーレスバクテリオシンWeissellicin YMの生合成機構の解明, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011.03.
248. 町井美紀、加藤宏明、善藤威史、園元謙二、千葉櫻拓、門多真理子、吉川博文, 乳酸球菌Lactococcus lactis IO-1株における生育因子の生合成経路解析, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011.03.
249. 簗瀬弘明、東崎 正、善藤威史、千葉櫻拓、渡辺 智、門田真理子、園元謙二、吉川博文, 乳酸球菌Lactococcus lactis IO-1株におけるカタボライト調節機構の解析, 日本農芸化学会2011年度大会, 2011.03.
250. 岩谷 駿、米山史紀、善藤威史、園元謙二, Lactococcus lactis が生産するリーダーレスバクテリオシン,ラクティシンQ/Zの生合成機構に関する研究, 第17回日本生物工学会九州支部大会, 2010.12.
251. 鈴木聖也、田村佐和子、阪本直茂、花田克浩、田代幸寛、善藤威史、園元謙二, Lactobacillus pentosus QU 66を用いたグリセロールからの乳酸生産, 第17回日本生物工学会九州支部大会, 2010.12.
252. Kinoshita S., Sawa N., Li M., Zendo T., Sonomoto K., Elucidation of the antimicrobial mechanisms of novel lactic acid bacteria bacteriocins, The 7th International Joint Symposium between Japan and Korea, 2010.11.
253. 石橋直樹、姫野康平、益田時光、善藤威史、Wilaipun P.、中山二郎、園元謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3が生産する多成分バクテリオシンの生合成機構の解明, 第62回日本生物工学会大会, 2010.10.
254. Tijo V.P., Islam M.R., Nishie M., Yanagihara S., Nagao J., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Enhanced nukacin D13E production in Lactococcus lactis NZ9000 by overexpression of immunity genes, 第62回日本生物工学会大会, 2010.10.
255. Abdel-Rahman M.A., Tashiro Y., Zendo T., Shibata K., Sonomoto K., Development of bio-process using designed biomass: Superior production of optically pure L-(+)-lactic acid from cellulose-derived sugars by batch fermentation of Enterococcus mundtii QU 25, 第62回日本生物工学会大会, 2010.10.
256. 高山隆志、棚町香織、花田克浩、善藤威史、齋藤菜摘、中東憲治、門多真理子、吉川博文、園元謙二, デザインドバイオマスによるバイオプロセスの開発:乳酸菌キシロース代謝の新たな経路, 第62回日本生物工学会大会, 2010.10.
257. 北川博史、小野 浩、伊藤晴夫、善藤威史、園元謙二, ナイシンAによる白菜浅漬品質劣化抑制の検討, 第62回日本生物工学会大会, 2010.10.
258. 小野 浩、北川博史、伊藤晴夫、益田時光、善藤威史、園元謙二, 漬物由来乳酸菌が産生するバクテリオシンに関する研究, 第62回日本生物工学会大会, 2010.10.
259. 上原彰浩、鈴木成人、東崎 正、善藤威史、千葉櫻拓、門多真理子、園元謙二、吉川博文, Lactococcus lactis IO-1株におけるプロモーター検索用ベクターの構築, 第62回日本生物工学会大会, 2010.10.
260. Tosukhowong A., Visessanguan W., Pumpuang L., Kingcha Y., Roytrakul S., Jaresitthikunchai J., Valyasevi R., Zendo T., Sonomoto K., High throughput detection and validation of bacteriocin screening system by whole cell MALDI-TOF mass spectrometry, JSPS Asian CORE Program (2009-2013) Hanoi Meeting on “Next-Generation Bioproduction Platform Leveraging Subtropical Microbial Bioresources”, 2010.10.
261. Ishibashi N., Himeno K., Masuda Y., Perez R.H., Zendo T., Wilaipun P., Nakayama J., Sonomoto K., Bacteriocins produced by newly isolated lactic acid bacteria from Thai fermented foods, JSPS Asian CORE Program (2009-2013) Hanoi Meeting on “Next-Generation Bioproduction Platform Leveraging Subtropical Microbial Bioresources”, 2010.10.
262. Kingcha Y., Visessanguan W., Tosukhowong A., Zendo T., Roytrakul S., Valyasevi R., Sonomoto K., Whole cell detection of pediocin PA-1/AcH producing lactic acid bacteria by MALDI-TOF/TOF mass spectrometry to be used as starter culture in Nham, a traditional fermented pork sausage, JSPS Asian CORE Program (2009-2013) Hanoi Meeting on “Next-Generation Bioproduction Platform Leveraging Subtropical Microbial Bioresources”, 2010.10.
263. 高山隆志、棚町香織、花田克浩、善藤威史、齋藤菜摘、中東憲治、門多真理子、吉川博文、園元謙二, デザインドバイオマスによるバイオプロセスの開発:乳酸菌キシロース代謝の新たな経路, 2010年度日本農芸化学会西日本支部大会, 2010.09.
264. Perez R.H., Ishibashi N., Himeno K., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Monitoring of multiple bacteriocins of Enterococcus faecium NKR-5-3 by ESI-LC/MS, 2010年度日本農芸化学会西日本支部大会, 2010.09.
265. 岩谷 駿、米山史紀、堀切佑子、宮下紫穂、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Lactococcus lactisが生産するラクティシンQ/Zの生合成機構, 日本乳酸菌学会2010年度大会, 2010.07.
266. 園元謙二、西江麻美、永尾潤一、善藤威史、中山二郎, ランチビオティック:分子内環化翻訳後修飾およびユニークな機能, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
267. 北崎宏平、馬場武志、古賀康弘、桑野剛一、福田浩章、河田恵美、高巣祐介、竹花稔彦、古賀祥子、永利浩平、島田信也、農 新介、前田幸子、大熊 浩、善藤威史、中山二郎、園元謙二 , ナイシンを利用した酪農分野における牛感染症防除, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
268. 佐々木信、塩屋幸樹、永尾潤一、西江麻美、軸屋博之、善藤威史、中山二郎、園元謙二 , nukacin ISK-1の抗菌活性における必須および可変残基の機能評価, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
269. 木下靖介、李 夢琦、澤 稔彦、米山史紀、善藤威史、園元謙二 , 新奇乳酸菌バクテリオシンの作用機構の解析, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
270. 岩谷 駿、米山史紀、宮下紫穂、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Lactococcus lactisが生産する新奇バクテリオシン、lacticin Q/Z生合成遺伝子群の比較と機能解析, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
271. 益田時光、J.J. Jimenes、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 新奇乳酸菌バクテリオシンweissellicin Y,Mの生合成機構の解明, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
272. 胡 智柏、W. Malaphan、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Enterocin A, B生産菌Enterococcus faecium KU-B5が生産する新奇二成分バクテリオシンenterocin X, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
273. 鈴木成人、森下英治、善藤威史、千葉櫻拓、園元謙二、門多真理子、吉川博文 , Lactococcus lactis IO-1株におけるキシロース代謝関連遺伝子群の転写解析, 日本農芸化学会2010年度大会, 2010.03.
274. 棚町香織、花田克浩、善藤威史、中東憲治、門多真理子、吉川博文、園元謙二, Characterization of xylose metabolism in pentose phosphate pathway by Lactococcus lactis IO-1, 第32回日本分子生物学会年会, 2009.12.
275. Sun Y., Kaneko W., Shibata K., Inokuma K., Tashiro Y., Zendo T., Sonomoto K., Optimization of D-lactate fermentation by Lactobacillus delbrueckii QU 41, 第16回日本生物工学会九州支部大会, 2009.12.
276. 棚町香織、花田克浩、善藤威史、中東憲治、門多真理子、吉川博史、園元謙二, 乳酸菌 Lactococcus lactis IO-1におけるキシロース代謝の機構解明, 第16回日本生物工学会九州支部大会, 2009.12.
277. 仲 悦、M.R. Islam、西江麻美、永尾潤一、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 変異体を用いたランチビオティック高生産株の取得, 第16回日本生物工学会九州支部大会, 2009.12.
278. 李 夢琦、米山史紀、利光菜由、大野香菜子、善藤威史、中山二郎、園元謙二 , 乳酸菌バクテリオシン、ラクティシンQの選択的抗菌活性に差異をもたらす要因の解析, 第16回日本生物工学会九州支部大会, 2009.12.
279. 田村佐和子、阪本直茂、花田克浩、田代幸寛、善藤威史、園元謙二, グリセロールを原料とした乳酸発酵システムの検討, 2009年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部、日本栄養・食糧学会九州・ 沖縄支部および日本食品科学工学会西日本支部合同沖縄大会, 2009.10.
280. 永尾潤一、Islam M.R.、塩屋幸樹、西江麻美、善藤威史、中山二郎、園元謙二, ランチビオティック工学の幕開け, 第61回日本生物工学会大会, 2009.09.
281. 善藤威史、孫 燕旗、植木達朗、野田義治、藤野武彦、園元謙二, 柿に機能性を賦与する乳酸発酵技術の開発, 第61回日本生物工学会大会, 2009.09.
282. 澤 稔彦、岡村かすみ、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Leuconostoc pseudomesenteroides QU 15が生産する新奇バクテリオシン, 第61回日本生物工学会大会, 2009.09.
283. 石橋直樹、姫野康平、益田時光、冨士田浩二、善藤威史、Wilaipun P.、中山二郎、園元謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3が生産する複数のバクテリオシンの生合成遺伝子の解析, 第61回日本生物工学会大会, 2009.09.
284. 岩谷 駿、堀切佑子、宮下紫穂、米山史紀、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 新奇乳酸菌バクテリオシン、ラクティシンQ生合成機構の解明, 第61回日本生物工学会大会, 2009.09.
285. 田代幸寛、張 楠、柴田圭右、猪熊健太郎、善藤威史、西 愛子、佐藤 光、園元謙二, デザインドバイオマスを発酵基質とした直接L-乳酸発酵, 第61回日本生物工学会大会, 2009.09.
286. 姫野康平、Perez R.、冨士田浩二、善藤威史、Wilaipun P.、中山二郎、園元謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3によるバクテリオシンの生産制御, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
287. 石橋直樹、姫野康平、益田時光、冨士田浩二、善藤威史、Wilaipun P.、中山二郎、園元謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3が生産するバクテリオシン群の生合成遺伝子の解析, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
288. 町井美紀、加藤宏明、善藤威史、園元謙二、千葉櫻拓、門多真理子、吉川博文, 乳酸球菌Lactococcus lactis IO-1株の代謝経路解析, 日本乳酸菌学会2009年度大会, 2009.07.
289. Sonomoto K., Asaduzzaman S.M., Okuda K., Shioya K., Nagao J., Zendo T., Nakayama J., , New insight of lantibiotics from nukacin ISK-1: Structure-based mode of action and immunity mechanism, Second Symposium on Antimicrobial Peptides Food Veterinary and Medical Application, 2009.06.
290. Zendo T., Sawa N., Kiyofuji J., Fujita K., Himeno K., Nakayama J., Sonomoto K., Identification and characterization of lactocyclicin Q, a novel cyclic bacteriocin produced by Lactococcus sp. strain QU 12, Second Symposium on Antimicrobial Peptides Food Veterinary and Medical Application, 2009.06.
291. Masuda Y., Zendo T., Sawa N., Nakayama J., Sonomoto K., Characterization and structure analysis of weissellicin Y and weissellicin M, novel bacteriocins produced by Weissella hellenica QU 13, Second Symposium on Antimicrobial Peptides Food Veterinary and Medical Application, 2009.06.
292. 永利浩平、林いずみ、竹花稔彦、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 乳酸菌利用による有用物質(抗菌ペプチド)の医療応用, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
293. 鈴木成人、加藤宏明、大島健志朗、町井美紀、善藤威史、千葉櫻拓、服部正平、園元謙二、門多真理子、吉川博文, 乳酸球菌 Lactococcus lactis IO-1株のゲノム解析, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
294. Wilaipun P.、善藤威史、奥田賢一、中山二郎、園元謙二, タイの発酵魚Pla-raより単離されたStaphylococcus hominis KQU-131が生産する新奇Type-A(II)ランチビオティックnukacin KQU-131, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
295. 森下英治、渡來靖朗、東崎 正、善藤威史、千葉櫻拓、園元謙二、門多真理子、吉川博文, Lactococcus lactis IO-1株におけるキシロースオペロン制御遺伝子xylRの機能解析, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
296. 朱雀奈津子、藤井敏雄、善藤威史、西口賢三、de Vos W.、園元謙二、中山二郎, L. plantarum WCFS1のlamクオラムセンシングを制御するクオルモンLamD558の同定, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
297. 善藤威史、米山史紀、井村雄一、大野香菜子、中山二郎、松崎勝巳、園元謙二, 乳酸菌バクテリオシン、ラクティシンQの巨大な孔形成を伴う作用機構, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
298. 大野香菜子、米山史紀、善藤威史、中山二郎、松崎勝巳、園元謙二, 乳酸菌バクテリオシン、ラクティシンQの脂質依存的な抗菌活性, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
299. 澤 稔彦、善藤威史、清藤順子、冨士田浩二、中山二郎、園元 謙二, Lactococcus sp. QU 12が生産する新奇環状バクテリオシン、lactocyclicin Q, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
300. 石橋直樹、姫野康平、益田時光、冨士田浩二、善藤威史、Wilaipun P.、中山二郎、園元謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3が生産するバクテリオシン群の生合成遺伝子の解析, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
301. 姫野康平、Perez R.、冨士田浩二、善藤威史、Wilaipun P.、中山二郎、園元謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3によるバクテリオシンの生産制御, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
302. 金子 渉、柴田圭右、猪熊健太郎、田代幸寛、善藤威史、園元 謙二, 新奇D-乳酸生産菌の分離と発酵特性, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
303. 古賀千恵、Nitisinprasert S.、善藤威史、中山二郎、園元謙二、松崎弘美, 耐熱性乳酸菌Lactobacillius salivarius AC21 が生産するバクテリオシン、salivacin K21の分子解析, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
304. 益田時光、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Weissella hellenica QU 13が生産する新奇乳酸菌バクテリオシンの諸特性と構造解析, 日本農芸化学会2009年度大会, 2009.03.
305. 鈴木成人、加藤宏明、大島健志朗、町井美紀、善藤威史、千葉櫻拓、服部正平、園元謙二、門多真理子、吉川博文, 乳酸球菌 Lactococcus lactis IO-1株のゲノム解析, 第3回日本ゲノム微生物学会年会, 2009.03.
306. 町井美紀、高橋啓治、加藤宏明、善藤威史、園元謙二、門多真理子、吉川博文, 乳酸球菌Lactococcus lactis IO-1株の代謝経路解析〜ゲノム情報及び栄養要求性からの双方向アプローチ〜, 第3回日本ゲノム微生物学会年会, 2009.03.
307. 大野香菜子、米山史紀、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 乳酸菌が生産する新奇バクテリオシン、ラクティシンQの選択毒性の解明, 第15回日本生物工学会九州支部熊本大会, 2008.12.
308. Zhang N., Shibata K., Inokuma K., Tashiro Y., Zendo T., Nishi A., Satoh H., Sonomoto K., Matching of lactic acid bacteria and fermentation material of non-food biomass --lactic acid fermentation with mutant rice starch, 第15回日本生物工学会九州支部熊本大会, 2008.12.
309. 金子 渉、柴田圭右、猪熊健太郎、田代幸寛、善藤威史、園元謙二, 新奇D-乳酸生産菌の分離と発酵特性, 第15回日本生物工学会九州支部熊本大会, 2008.12.
310. 益田時光、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 漬物樽から単離された乳酸菌が生産する新奇バクテリオシン, 平成20年度日本農芸化学会西日本支部大会, 2008.09.
311. Zendo T., Hu C.-B., Nakayama J., Fujita K., Sonomoto K., Bacteriocin detection by liquid chromatography/mass spectorometry for rapid identification, The 9th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2008.09.
312. Iwatani S., Fujita K., Ichimasa S., Yoneyama F., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Brand-new type of bacteriocins, lacticins Q and Z, from Lactococcus lactis, The 9th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2008.09.
313. Wilaipun P., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Novel bacteriocins produced by lactic acid bacteria isolated from Thai fishery resources, The 9th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2008.09.
314. Morishita E., Watarai Y., Tozaki T., Chibazakura T.,Zendo T., Sonomoto K., Shimizu-Kadota M., Yoshikawa H., Functional analysis of the regulatory gene xylR responsible for the expression of the xylose operon in Lactococcus lactis strain IO-1, The 9th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2008.09.
315. Shimizu-Kadota M., Kato H., Oshima K., Suzuki N., Morishita E., Zendo T., Chibazakura T., Hattori M., Sonomoto K., Yoshikawa H., Complete sequence and functional analysis of the Lactococcus lactis strain IO-1 genome, The 9th Symposium on Lactic Acid Bacteria, 2008.09.
316. 澤 稔彦、善藤威史、清藤順子、冨士田浩二、中山二郎、園元謙二, Lactococcus sp. QU 12 が生産する新奇環状バクテリオシン、lactocyclicin Q の構造解析, 第60回日本生物工学会大会, 2008.08.
317. 米山史紀、井村雄一、大野香菜子、善藤威史、中山二郎、松崎勝巳、園元謙二, 乳酸菌バクテリオシン、ラクティシンQの作用メカニズムの解明, 第60回日本生物工学会大会, 2008.08.
318. 古賀千恵、園村奈々、伊藤紗希、Nitisinprasert S.、善藤威史、中山二郎、園元謙二、松崎弘美, 耐熱性乳酸菌Lactobacillius salivarius AC21 が生産するバクテリオシン、salivacin K21の遺伝子クローニングと分子解析, 第60回日本生物工学会大会, 2008.08.
319. 米山史紀, 井村雄一, 大野香菜子, 善藤威史, 中山二郎, 松崎勝己, 園元謙二, 乳酸菌バクテリオシン、ラクティシンQの作用メカニズムに関する研究, 日本乳酸菌学会2008年度大会, 2008.07.
320. 大野香菜子、米山史紀、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 乳酸菌が生産する新奇抗菌性ペプチド、ラクティシンQの選択毒性の解明, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008.03.
321. 高橋啓治、鈴木成人、善藤威史、千葉櫻拓、園元謙二、門多真理子、吉川博文, Lactococcus lactis IO-1株へのキシラン資化能賦与の試み, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008.03.
322. 森下英治、渡來靖朗、東崎 正、善藤威史、千葉櫻拓、園元謙二、門多真理子、吉川博文, Lactococcus lactis IO-1株におけるキシロースオペロン制御遺伝子xylRの機能解析, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008.03.
323. 大島 淳、東崎 正、森下英治、井川苗香、森田大樹、善藤威史、千葉櫻拓、園元謙二、門多真理子、吉川博文, Lactococcus lactis IO-1株における遺伝子操作技術の開発, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008.03.
324. 朱雀奈津子、西口賢三、善藤威史、中山二郎、園元謙二, リステリア属細菌のagr様遺伝子群にコードされる環状ペプチドクォルモンの構造決定, 日本農芸化学会2008年度大会, 2008.03.
325. 諸石吉生、Amira Hamdan、柴田圭右、石川森夫、山里一英、善藤威史、園元謙二, Halolactobacillus miurensisによるキシランからの効率的な直接乳酸生産, 第14回日本生物工学会九州支部長崎大会, 2007.12.
326. Sawa N., Okamura K., Zendo T., Wilaipun P., Yoneyama F., Nakayama J., Sonomoto K., Novel bacteriocins from newly isolated lactic acid bacteria, The 4th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria / The 3rd International Symposium on Lactic Acid Bacteria and Health, 2007.10.
327. Sonomoto K., Fujita K., Ichimasa S., Iwatani S., Yoneyama F., Zendo T., Nakayama J., , Super bacteriocins, lacticins Q and Z from lactic acid bacteria, The 4th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria / The 3rd International Symposium on Lactic Acid Bacteria and Health, 2007.10.
328. 朱雀奈津子、西口賢三、善藤威史、中山二郎、園元謙二, リステリア属細菌のagr様遺伝子群にコードされる環状ペプチドの構造決定, 日本農芸化学会2007年度中四国・西日本支部合同大会, 2007.09.
329. 柴田圭右、Amira Hamdan、石川森夫、山里一英、善藤威史、園元謙二, 海洋由来乳酸菌Halolacitibacillus miurensisによるキシランからの直接乳酸生産, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
330. 澤 稔彦、Pongtep Wilaipun、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Enterococcus faecalis NKR-4-1が生産する新奇バクテリオシン, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
331. 岡村かすみ、澤 稔彦、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Leuconostoc pseudomesenteroides QU 15が生産する多成分バクテリオシンの解析, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
332. 利光菜由、米山史紀、善藤威史、中山二郎、園元謙二, ナイシンとラクティシンQに対する耐性機構の解明, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
333. 園元謙二、柴田圭右、Amira Hamdan、小原仁実、善藤威史, デザインドバイオマスを志向した乳酸発酵による循環型社会の構築, 第59回日本生物工学会大会, 2007.09.
334. 姫野康平、冨士田浩二、米山史紀、Pongtep Wilaipun、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 新奇乳酸菌Enterococcus faecium NKR-5-3による抗菌ペプチドの生合成について, 第44回化学関連支部合同九州大会, 2007.07.
335. 善藤威史、胡 智柏、米山史紀、中山二郎、園元謙二, 新奇乳酸菌バクテリオシンの探索とその特性, 2007年度乳酸菌工学研究部会講演会, 2007.05.
336. 園元謙二、中山二郎、善藤威史, 食品機能性対応指標に基づく階層的バイオプロセス制御技術の開発, 2007年度乳酸菌工学研究部会講演会, 2007.05.
337. 善藤威史、中山二郎、園元謙二, 多様な乳酸菌バクテリオシンの探索とその利用, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007.03.
338. 胡 智柏、陳 晟敏、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Functional analysis of immunity proteins of durancin TW-49M and durancin Q, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007.03.
339. 米山史紀、宮下紫穂、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 乳酸菌バクテリオシン、ラクティシンQの生合成メカニズム, 日本農芸化学会2007年度大会, 2007.03.
340. 宮下紫穂、米山史紀、一政士郎、冨士田浩二、善藤威史、中山二郎、園元謙二, Lactococcus lactis QU 5が生産する新奇バクテリオシン、ラクティシンQの諸特性及び生合成機構の解析 , 第13回日本生物工学会九州支部大会, 2006.12.
341. Noonpakdee W., Wittayakom K., Jumriangrit P., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Panyim S., Purification of bacteriocin from Lactobacillus fermentum WNP12 strain isolated from fermented scallion, The 5th JSPS-NRCT Joint Seminar on Development of Thermotoletant Microbial Resources and Their Applications, 2006.11.
342. Wilaipun P., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Characterization of heat tolerant bacteriocin produced by Enterococcus raffinosus isolated from Thai ornamental fish, The 5th JSPS-NRCT Joint Seminar on Development of Thermotoletant Microbial Resources and Their Applications, 2006.11.
343. Matsusaki H., Sonomura N., Nitisinprasert S., Zendo T., Nakayama J., Sonomoto K., Biosynthesis of salivacin K21, two-peptide bacteriocin produced by Lactobacillus salivarius AC21 isolated from the chicken intestine in Thailand, The 5th JSPS-NRCT Joint Seminar on Development of Thermotoletant Microbial Resources and Their Applications, 2006.11.
344. Zendo T., Himeno K., Fujita K., Yoneyama F., Wilaipun P., Leelawacharamas V., Nakayama J., Sonomoto K., Multiple bacteriocin production by Enterococcus faecium NKR-5-3 isolated from Thai fermented fish, The 5th JSPS-NRCT Joint Seminar on Development of Thermotoletant Microbial Resources and Their Applications, 2006.11.
345. Nitisinprasert S., Jintaroon J., Bunyeun P., Zendo T., Doi T., Nakayama J., Sonomoto K., Purification and characterization of antimicrobial substance KPA26 from thermotolerant Pediococcus acidilactici L0026 against both Gram positive and Gram negative bacteria, The 5th JSPS-NRCT Joint Seminar on Development of Thermotoletant Microbial Resources and Their Applications, 2006.11.
346. 澤 稔彦、善藤威史、清藤順子、中山二郎、園元謙二, Lactococcus sp. QU 12が生産する新奇バクテリオシン, 平成18年度日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会, 2006.09.
347. 岩谷 駿、善藤威史、米山史紀、中山二郎、園元謙二, 馬の腸管由来の乳酸菌が生産する新奇バクテリオシン, 第58回日本生物工学会大会, 2006.09.
348. 園村奈々、手島幹子、善藤威史、Sunee Nitisinprasert、中山二郎、園元謙二、松崎弘美, タイ産鶏腸管由来Lactobacillus salivarius AC21が生産するバクテリオシン、salivacin K21の生合成に関する研究, 第58回日本生物工学会大会, 2006.09.
349. 米山史紀、深尾匡憲、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 第3のナイシン類縁体、ナイシンQの生合成と抗菌活性に関する研究, 日本乳酸菌学会2006年度大会, 2006.07.
350. Sonomoto K., Zendo T., Nakayama J., High-throughput screening of novel bacteriocins from newly isolated lactic acid bacteria, First Symposium on Antimicrobial Peptides Food Veterinary and Medical Application, 2006.06.
351. Zendo T., Koga S., Shigeri Y., Nakayama J., Sonomoto K., Lactococcin Q, a Novel Two-Peptide Bacteriocin Produced by Lactococcus lactis QU 4, First Symposium on Antimicrobial Peptides Food Veterinary and Medical Application, 2006.06.
352. 永利浩平、竹花稔彦、善藤威史、中山二郎、園元謙二, バクテリオシンの抗菌剤への応用, 2006年度乳酸菌工学研究部会講演会, 2006.05.
353. 亀崎研一、善藤威史、中山二郎、松尾義明、園元謙二, 大豆食品廃棄物からのバクテリオシン生産乳酸菌の探索, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006.03.
354. 姫野康平、冨士田浩二、米山史紀、善藤威史、Pongtep Wilaipun、中山二郎、園元謙二, Enterococcus faecium NKR-5-3が生産する多成分バクテリオシンの解析, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006.03.
355. 善藤威史、茂里 康、古賀祥子、中山二郎、園元謙二, 2成分ペプチドのバクテリオシン、lactococcin Qとlactococcin Gの抗菌作用の比較, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006.03.
356. 胡 智柏、善藤威史、西口賢三、姫野康平、中山二郎、園元謙二, Characterization of the gene cluster involved in durancin TW-49M production, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006.03.
357. 米山史紀、一政士郎、善藤威史、中山二郎、園元謙二, 乳酸菌バクテリオシン、ラクチシンQの抗菌メカニズム解明, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006.03.
358. 園元謙二、中山二郎、善藤威史、米山史紀, 乳酸菌機能の戦略的活用をめざして, 日本農芸化学会2006年度大会, 2006.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」