九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
諸隈 誠一(もろくま せいいち) データ更新日:2020.07.01



教育活動概要
学士課程教育(保健学科)、大学院修士課程、博士課程における講義・研究指導を担当している。
研究指導:
1.学士課程教育(保健学科)
「卒業研究」2名/年の学生を指導
2.大学院修士課程
4名/年の修士論文を指導
5.大学院博士課程
4名/年の博士論文を指導
担当授業科目
2019年度・春学期, 母性疾病論.

2019年度・前期, 先端医療論.

2019年度・通年, 保健学特別研究(諸隈教授).

2019年度・前期, リプロサイエンスⅠ.

2019年度・夏学期, 周産期の薬理学.

2019年度・春学期, Women’s Health.

2019年度・春学期, 看護研究方法論Ⅰ.

2019年度・夏学期, 看護研究方法論Ⅱ.

2019年度・通年, 看護学特別研究(諸隈教授).

2019年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2019年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2019年度・後期, 国際保健と医療.

2019年度・後期, 臨床医学論Ⅰ.

2019年度・後期, 臨床病態学.

2019年度・後期, 母性看護学実習.

2019年度・後期, 高次助産診断・技術学演習.

2019年度・冬学期, Women’s Healthヘルスプロモーション特論Ⅱ.

2019年度・冬学期, 生命倫理・遺伝相談カウンセリング論.

2019年度・後期, リプロサイエンスⅡ.

2019年度・後期, 母子発達ケアシステム論Ⅱ.

2020年度・前期, 人体の構造と機能Ⅱ.

2020年度・春学期, 母性疾病論.

2020年度・前期, 先端医療論.

2020年度・通年, 国際プレゼンテーション(諸隈教授).

2020年度・通年, 保健学特別研究(諸隈教授).

2020年度・前期, リプロサイエンスⅠ.

2020年度・夏学期, 周産期の薬理学.

2020年度・夏学期, 助産診断・技術学Ⅱ.

2020年度・前期, 助産診断・技術学Ⅰ.

2020年度・夏学期, 地域国際母子保健論Ⅱ.

2020年度・春学期, 看護研究方法論Ⅰ.

2020年度・夏学期, 看護研究方法論Ⅱ.

2020年度・前期, 助産学総合実習Ⅱ.

2020年度・通年, 看護学特別研究(諸隈教授).

2020年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2020年度・前期, Pediatric Maternal Womens Health Care System Ⅰ.

2020年度・後期, 国際保健と医療.

2018年度・前期, 先端医療論.

2018年度・春学期, 母性疾病論.

2018年度・春学期, 公衆衛生学.

2018年度・前期, 人体の構造と機能Ⅱ.

2018年度・後期, リプロサイエンスⅡ.

2018年度・後期, 母性看護学実習.

2018年度・後期, 臨床病態学.

2018年度・後期, 国際保健と医療.

2018年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2018年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2018年度・通年, 保健学特別研究(諸隈教授).

2018年度・後期, 臨床医学論Ⅰ.

2018年度・後期, 病態情報解析学Ⅱ.

2018年度・後期, リプロサイエンスⅡ.

2018年度・後期, 母性看護学実習.

2018年度・後期, 臨床病態学.

2018年度・後期, 臨床医学論Ⅰ.

2018年度・後期, 国際保健と医療.

2018年度・前期, 病態情報解析学Ⅰ.

2018年度・前期, 母子発達ケアシステム論Ⅰ.

2018年度・前期, 健康支援ケアシステム論Ⅰ.

2018年度・通年, 保健学特別研究(諸隈教授).

2018年度・前期, 公衆衛生学.

2018年度・前期, 人体の構造と機能IB.

2019年度・春学期, 公衆衛生学.

2019年度・前期, 人体の構造と機能Ⅱ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2020.02, 部局, 参加, 教育における安全の指針〜学外活動編〜.

2019.02, 部局, 参加, 看護(教育)に活かすデザイン思考.

2018.10, 部局, 参加, 男女共同参画.

2018.07, 全学, 参加, 平成33年度入学者選抜改革【九州大学新入試QUBE】について.

学生のクラス指導等
2018年度, 学部, 学生委員会委員.

2020年度, 学部, クラス指導教員(看護学分野17期生担任).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」