九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
木村 一絵(きむら ひとえ) データ更新日:2020.01.29

助教 /  医学研究院 保健学部門 広域生涯発達看護学


担当授業科目
2019年度・前期, 保健福祉行政論Ⅱ.

2019年度・通年, 在宅看護論各論実習.

2019年度・秋学期, 疫学.

2019年度・前期, 公衆衛生看護支援論Ⅱ.

2019年度・春学期, 公衆衛生看護支援論Ⅰ.

2019年度・前期, 在宅看護論各論.

2019年度・前期, 総合実習.

2018年度・通年, 在宅看護論実習.

2018年度・前期, 在宅看護論各論.

2018年度・前期, 総合実習.

2018年度・春学期, 公衆衛生看護支援論Ⅰ.

2018年度・前期, 公衆衛生看護支援論Ⅱ.

2018年度・秋学期, 疫学.

2018年度・前期, 保健福祉行政論Ⅱ.

2017年度・前期, 在宅看護論各論.

2017年度・前期, 公衆衛生看護支援論Ⅰ.

2017年度・前期, 公衆衛生看護支援論Ⅱ.

2017年度・後期, 疫学.

2017年度・前期, 総合実習.

2017年度・通年, 在宅看護論実習.

2016年度・前期, 在宅看護論各論.

2016年度・前期, 公衆衛生看護支援論Ⅰ.

2016年度・前期, 公衆衛生看護支援論Ⅱ.

2016年度・前期, 保健福祉行政論Ⅱ.

2016年度・通年, 在宅看護論実習.

2016年度・前期, 総合実習.

2016年度・後期, 疫学.

2016年度・後期, 保健医療福祉行政論Ⅰ.

2015年度・前期, 在宅看護論各論.

2015年度・前期, 公衆衛生看護学支援論Ⅱ.

2015年度・通年, 在宅看護論実習.

2015年度・前期, 総合実習.

2015年度・前期, 保健医療福祉行政論Ⅱ.

2014年度・前期, 在宅看護各論.

2014年度・前期, 総合実習.

2014年度・通年, 在宅看護学実習.

2014年度・前期, 地域看護技術論.

2013年度・前期, 地域看護技術論.

2013年度・通年, 在宅看護学実習.

2013年度・前期, グループ・組織化論.

2013年度・前期, 総合実習.

2012年度・後期, 在宅看護技術論.

2012年度・前期, 総合実習.

2012年度・前期, グループ組織化論.

2012年度・前期, 地域看護技術論.

2012年度・通年, 在宅看護学実習.

2011年度・後期, 産業看護学.

2011年度・後期, 在宅看護技術論.

2011年度・前期, グループ組織化論.

2011年度・前期, 総合実習.

2011年度・通年, 地域看護学実習.

2010年度・後期, 産業看護学.

2010年度・前期, 総合実習.

2010年度・通年, 地域看護学実習Ⅰ.

2010年度・後期, 在宅看護技術論.

2010年度・前期, 在宅看護技術論.

2009年度・前期, 在宅看護技術論.

2009年度・通年, 地域看護学実習Ⅰ.

2008年度・前期, 生活援助技術.

2008年度・前期, 地域保健管理学.

2008年度・前期, 在宅看護論.

2008年度・通年, 地域看護学実習Ⅱ.

2008年度・通年, 地域看護学実習Ⅰ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.08, 学科, 参加, 保健学部門FD 医学部保健学科の教育における合理的配慮を考える.

2019.02, 学科, 参加, 看護各分野FD.

2018.09, 学科, 企画, 保健学部門FD.

2018.02, 学科, 参加, 看護学分野FD.

2017.09, 学科, 企画, 保健学部門FD.

2017.02, 学科, 企画, 看護学分野FD.

2016.02, 学科, 参加, 看護額分野FD.

2015.02, 学科, 参加, 看護額分野FD.

2015.09, 学科, 企画, 保健学部門FD.

2014.09, 学科, 企画, 保健学部門FD.

2013.02, 学科, 企画, 保健学部門FD.

2013.02, 学科, 参加, 看護学分野FD.

2013.09, 部局, 企画, 保健学部門FD.

2012.02, 学科, 企画, 看護学分野FD.

2012.09, 学科, 企画, 保健学部門FD.

2011.09, 学科, 参加, 保健学部門FD.

2010.02, 学科, 参加, 大学院教育.

2010.09, 部局, 参加, 保健学部門FD「英語による大学院教育」.

2008.09, 学科, 参加, 医学研究院保健学分野FD.

2006.04, 全学, 参加.

2006.09, 学科, 参加.

学生のクラス指導等
2018年度, 学部, 看護学専攻4年生.

2017年度, 学部, 看護学専攻3年生.

2014年度, 学部, 看護学専攻4年生.

2013年度, 学部, 看護学専攻3年生.

2012年度, 学部, 看護学専攻2年生.

2011年度, 学部, 看護学専攻1年生.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2013年度, 放送大学, 集中講義, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2019.03, 第3回 医系地区 国際化フォーラム, 日本・福岡市, 国際医療部 海外交流センター.

2019.07, Nursing Overseas Program, 日本・福岡市, 看護学分野国際WG.

2018.10, 保健学科国際フォーラム, 日本・福岡市, 保健学科.

2018.07, Nursing Overseas Program, 日本・福岡市, 看護学分野国際WG.

2017.10, 保健学科国際フォーラム, 日本・福岡市, 地域・国際連携委員会.

2017.09, Nursing Overseas Program, 日本・福岡市, 看護学分野国際WG.

2016.11, 2016 Exchange Program at Kyushu University (KU), School of Nursing Students from Kaohsiung Medical University (KMU), 日本・福岡市, 地域・国際連携委員.

2016.11, 保健学科国際フォーラム, 日本・福岡市, 地域・国際連携推進委員会.

2015.11, 保健学科国際フィーラム, 日本・福岡市, 地域国際連携推進委員会.

2015.01, “Oversea Nursing Study”, 日本・福岡市・大野城市, 高雄医学大学.

2014.11, 保健学科国際フォーラム, 日本・福岡市, 地域国際連携・FD委員会.

2013.11, 保健学科国際フォーラム, 日本・福岡市, 医学研究院保健学部門.

2012.10, 保健学科国際フォーラム, 日本・福岡市, 医学部保健学科.

2011.10, 保健学科国際フォーラム, 日本・福岡市, 九州大学大学院医学研究院保健学部門.

2010.11, 保健学科国際フォーラム, 日本・福岡市, 九州大学.

その他の特筆すべき教育実績
2010.06, 「質の高い大学教育推進プログラム」長弘千恵教授の分担者として「地域看護学実習における移動通信機器を生かした学習支援」に携わった。.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」