九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
近藤 久雄(こんどう ひさお) データ更新日:2019.06.26

教授 /  医学研究院 分子生命科学系部門 細胞工学


主な研究テーマ
細胞内小器官、ゴルジ体・小胞体・核膜の形成維持のための分子機構
キーワード:p97ATPase, 膜融合, 細胞内小器官, ゴルジ体, 小胞体, 核膜
1995.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Totsukawa G, Kaneko Y, Uchiyama K, Toh H, Tamura K, Kondo H, VCIP135 deubiquitinase and its binding protein, WAC, in p97ATPase-mediated membrane fusion., EMBO J, 30, 17, 3455-3474, 2011.09.
2. Briggs LC, Baldwin GS, Miyata N, Kondo H, Zhang X, and Freemont PS., Analysis of nucleotide binding to p97 reveals the properties of a tandem AAA hexameric ATPase., J Biol Chem, 283:13745-13752., 2008.04.
3. Uchiyama K, Totsukawa G, Puhka M, Kaneko Y, Jokitalo E, Dreveny I, Beuron F, Zhang X, Freemont P, and Kondo H., p37 is a p97 adaptor required for Golgi and ER biogenesis in interphase and at the end of mitosis., Developmental Cell, 11: 803-816., 2007.01.
4. Beuron F, Dreveny I, Yuan X, Pye VE, Mckeown C, Briggs LC, Cliff MJ, Kaneko Y, Wallis R, Isaacson RL, Ladbury JE, Matthews SJ, Kondo H, Zhang X, Freemont PS., Conformational changes in the AAA ATPase p97-p47 adaptor complex., EMBO J, 25: 1967-1976., 2006.01.
5. Dreveny I, Kondo H, Uchiyama K, Shaw A, Zhang X and Freemont PS., Structural basis of the interaction between the AAA ATPase p97/VCP and its adaptor protein p47., EMBO J, 23: 1030-1039., 2004.01.
6. . Uchiyama K, Jokitalo E, Lindman M, Jackman M, Kano F, Murata M, Zhang X and Kondo H., The localization and phosphorylation of p47 are important for Golgi disassembly-assembly during the cell cycle., J Cell Biology, 161: 1067-1079., 2003.01.
7. Uchiyama K, Jokitalo E, Kano F, Murata M, Zhang X, Canas B, Newman R, Rabouille C, Pappin D, Freemont P and Kondo H., VCIP135, a novel essential factor for p97/p47-mediated membrane fusion, is required for Golgi and ER assembly in vivo., J Cell Biology, 159: 855-866., 2002.01.
8. Zhang X, Shaw A, Bates PA, Newman RH, Gowen B, Orlova E, Gorman MA, Kondo H, Dokurno P, Lally J, Leonard G, Meyer H, van Heel M and Freemont PS., Structure of the AAA ATPase p97., Molecular Cell, 6: 1473-1484., 2000.01.
9. . Kondo H, Rabouille C ( Joint first authorship), Newman R, Hui N, Freemont P and Warren G., Syntaxin 5 is a common component of the NSF- and p97-mediated reassembly pathways of Golgi cisternae from mitotic Golgi fragments in vitro., Cell, 92: 603-610., 1998.01.
10. Kondo H, Rabouille C, Newman R, Levine TP, Pappin D, Freemont P and Warren G., p47 is a cofactor for p97-mediated membrane fusion., Nature, 388: 75-78., 1997.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本生化学学会
日本細胞生物学会
日本生理学会
日本分子生物学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.06~2013.12.03, 日本分子細胞生物学会, 座長(Chairmanship).
2005.12, 日本分子生物学会, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2016.07~2019.07, 細胞生物学会, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度      
2014年度      
2011年度      
2012年度      
2013年度      
2003年度      
2004年度      
2005年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ケンブリッジ大学, UnitedKingdom.
受賞
病態代謝研究会理事長賞, 病態代謝研究会, 2011.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, ゴルジ体形成に働くp97ATPase膜融合のユビキチン化による制御.
2010年度~2011年度, 特定領域研究, 代表, タンパク質の生産・品質管理の場としての小胞体網状構造の形成とその意義.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 代表, p97ATPase膜融合における脱ユビキチン化酵素VCIP135の作用機序.
2006年度~2007年度, 特定領域研究, 代表, 新規の細胞内膜融合機構p97/p37経路の解明.
2005年度~2006年度, 特定領域研究, 代表, 小胞体の網状構造の形成機構.
2007年度~2008年度, 基盤研究(B), 代表, 細胞内小器官ゴルジ体・小胞体の形成維持のための分子機構.
2008年度~2009年度, 特定領域研究, 代表, タンパク質の生産・品質管理の場としての小胞体の網状構造の意義.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 代表, 細胞内小器官ゴルジ体・小胞体の各々におけるp97ATPase膜融合機構の解明.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2002年度~2005年度, 科学技術振興機構・発展推進事業, 代表, 細胞内小器官ゴルジ体・小胞体の形態異常と病態.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2013年度~2014年度, 第一三共生命科学研究振興財団, 代表, 細胞内小器官の異常を来す分子機構とその病態生理意義.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」