九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
永長 久寛(えいなが ひさひろ) データ更新日:2021.07.05

教授 /  総合理工学研究院 物質科学部門 機能材料設計学


主な研究テーマ
金属ナノ粒子をベースとした触媒材料の精密設計
キーワード:ナノ粒子、触媒、無機合成化学
2004.04.
オゾンを酸化剤とした触媒酸化技術の開発
キーワード:オゾン、触媒、酸化反応
2002.04.
光触媒材料の開発と環境浄化プロセスへの応用
キーワード:光触媒、環境負荷物質、浄化技術
1995.04.
従事しているプロジェクト研究
オゾンを酸化剤とした低温作動型VOC酸化触媒反応の研究
2010.04~2013.03, 代表者:永長久寛
本研究は,オゾンを酸化剤とした低温酸化触媒プロセスについて,室温もしくはそれ以下の低温条件下で高い活性を示す触媒材料の開発と反応機構の解明を目的とする.ゼオライトに担持したMn酸化物を触媒とし, ゼオライトの細孔構造と疎水性を緻密に制御すること,Mnの担持方法を高度化することにより,触媒の物性と活性の相関性について明らかにするとともに水蒸気共存下で揮発性有機化合物(VOC)を効率良くCO2まで酸化分解・無害化する触媒材料を探索する.また,速度論および分光法を駆使し,水蒸気添加によるVOC酸化分解活性向上の発現メカニズムを解明する..
革新的ゼロエミッション石炭ガス化発電プロジェクト
2009.04~2014.03, 代表者:持田 勲, 九州大学, 新エネルギー・産業技術総合開発機構
本事業では、石炭ガス化システムから回収したCO2を酸化剤の一部として用いることにより、石炭ガス化システムの効率を大幅に向上することのできるCO2回収型次世代IGCCシステムの実用基盤技術開発を行う。具体的には、本システムに関し、CO2による石炭ガス化性能向上効果の解明と実証、乾式ガス精製技術の最適化、実用規模プラントのFSなどを実施する。また、本技術について、アジアなど環太平洋地域の多様な石炭に対する適応性を検討する。.
度環境技術開発等推進費「外場援用システム触媒による持続発展可能なVOC排出制御技術に関する研究」
2008.08~2011.03, 代表者:尾形 敦, 産業技術総合研究所, 環境省
シリカ系あるいはペロブスカイト系の材料を中心とした低環境負荷型触媒の探索・創製と、触媒機能を補強あるいは増幅させる外場援用手段をマッチングさせることによる有害大気汚染物質の排出抑制技術の構築を目指す。同時に、共通基盤技術であるVOCセンサの開発を行う。.
研究業績
主要著書
1. 永長 久寛,金 賢夏,尾形 敦,二タ村 森, 空気浄化テクノロジーの新展開 —VOC削減対策に向けて—, シーエムシー出版, 第6章 低温プラズマ技術, 2006.07.
主要原著論文
1. Hisahiro Einaga, Yusaku Nasu, Manabu Oda, H. Saito, Catalytic performances of perovskite oxides for CO oxidation under microwave irradiation, CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL, 10.1016/j.cej.2015.07.051, 283, 97-104, 2016.01.
2. Hisahiro Einaga, Ryo Shiranita, H. Saito, Hata, Satoshi, Codeposition of Colloidal Platinum Particles and Iron Chloride Precursor on TiO2 for Efficient Catalytic Oxidation of CO to CO2, CHEMISTRY LETTERS, 10.1246/cl.150903, 44, 12, 1786-1788, 2015.12.
3. Hisahiro Einaga, Nanako Maeda, Yusuke Nagai, Catalytic Properties of Supported Metal Oxides for Oxidation Using Ozone, Catalysis Science & Technology, 10.1039/C5CY00315F, 5, 3147-3158, 2015.08.
4. Hisahiro Einaga, Nanako Maeda, Shintaro Yamamoto, 寺岡 靖剛, Catalytic properties of copper-manganese mixed oxides supported on SiO2 for benzene oxidation with ozone, CATALYSIS TODAY, 10.1016/j.cattod.2014.09.018, 245, 22-27, 2015.05.
5. Hisahiro Einaga, Junya Tokura, Yasutake Teraoka, Kazuhide Ito, Kinetic analysis of TiO2-catalyzed heterogeneous photocatalytic oxidation of ethylene using computational fluid dynamics, CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL, 10.1016/j.cej.2014.11.017, 263, 325-335, 2015.03.
6. Hisahiro Einaga, Akihiro Kiya, Satoru Yoshioka, 寺岡 靖剛, Catalytic Properties of Copper Manganese Mixed Oxides Prepared by Coprecipitation Using Tetraammonium Hydroxide, Catalysis Science & Technology, 10.1039/C4CY00660G, 4, 3713-3722, 2015.02.
7. Hisahiro Einaga, Narihiro Urahama, 藤 章裕, 寺岡 靖剛, CO oxidation over TiO2-supported Pt-Fe Catalysts Prepared by Coimpregnation Methods, Catalysis Letters, 10.1007/s10562-014-1316-3, 1653-1660, 2014.10.
8. 永長 久寛, 川原田純基, 木村加奈, 寺岡 靖剛, Preparation of platinum nanoparticles on TiO2 from DNA-protected particles, Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, 10.1016/j.colsurfa.2014.04.056, 455, 179-184, 2014.08.
9. 永長 久寛, 寺岡 靖剛, 尾形 敦, Catalytic Oxidation of Benzene by Ozone over Manganese Oxides Supported on USY zeolite, Journal of catalysis, 10.1016/j.jcat.2013.05.016, 305, 227-237, 2013.06.
10. 永長 久寛, 前田菜那子, 寺岡 靖剛, Effect of Catalyst Composition and Preparation Conditions on Catalytic Properties of Unsupported Manganese Oxides for Benzene Oxidation with Ozone, Applied Catalysis B: Environmental, 10.1016/j.apcatb.2013.05.041, 142-143, 406-413, , 2013.05.
11. 永長 久寛, 望月啓介, Yasutake Teraoka, Photocatalytic Oxidation Processes for Toluene Oxidation over TiO2 Catalysts, Catalysts, 10.3390/catal3010219, 3, 219-231, 2013.02.
12. K. Kimura, H. Einaga and Y. Teraoaka, Preparation of highly dispersed platinum catalysts on various oxides by using polymer-protected nanoparticles, Catalysis Today, 164, 1, 88-91, 2011.06.
13. H. Einaga, Y. Teraoka and A. Ogata, Benzene Oxidation with Ozone over Manganese Oxide Supported on Zeolite Catalysts, Catalysis Today, 164, 1, 571-574, 2011.06.
14. K. Kimura, H. Einaga, Y. Teraoaka,, Catalytic Properties of Platinum Supported on Titanium Dioxide by Liquid-phase Adsorption of Colloidal Nanoparticles, Catalysis Letters, 139, 72-76, 2010.10.
15. H. Einaga, S. Hyodo, and Y. Teraoka, Complete Oxidation of Benzene over Perovskite-type Oxide Catalysts, Topics in Catal., 53, 629, 2010.06.
16. H. Einaga, A. Ogata, Catalytic Oxidation of Benzene in Gas Phase over Alumina-supported Silver Catalysts, Environ. Sci Technol, 44, 2612-2617, 2010.04.
17. H. Einaga and A. Ogata, Catalytic Oxidation of Benzene with Ozone over SiO2-supported Manganese Oxides, J. Hazard. Mater., 164, 1236-1241, 2009.03.
18. H. Einaga, M. Harada and A. Ogata, Relationship between the Structure of Manganese Oxides on Alumina and Catalytic Activities for Benzene Oxidation with Ozone, Catal. Lett., 129, 422-427, 2009.03.
19. Masafumi Harada, Hisahiro Einaga, In-Situ XAFS Studies of Au Particle Formation by Photoreduction in Polymer Solutions, Langmuir, 23, 6536 - 6543, 2007.06.
20. H. Einaga, S. Futamura, Catalytic oxidation of benzene with ozone over Mn ion-exchanged zeolites, Catal. Commun., 8, 557-560., 2007.01.
21. Masafumi Harada, Hisahiro Einaga, Preparation of Pt/Rh Bimetallic Colloidal Particles in Polymer Solutions Using Borohydride-Reduction, J. Colloid.Interf. Sci., 308, 568-572 (2007)., 2007.01.
22. H. Einaga, S. Futamura,, Effect of Water Vapor on Catalytic Oxidation of Benzene with Ozone on Alumina-supported Manganese Oxides, J. Catal., 243, 446-450., 2006.10.
23. H. Einaga, M. Harada, S. Futamura, Structural Changes in Alumina-supported Manganese Oxides during Ozone Decomposition, Chem. Phys. Lett., 408, 377-380., 2005.05.
24. H. Einaga, M. Harada, Photochemical Preparation of PVP-stabilized Platinum Colloids and Their Deposition on Titanium Dioxide, Langmuir, 21, 2578-2584., 2005.01.
25. H. Einaga, S. Futamura, Oxidation Behavior of of Cyclohexane on Alumina-supported Manganese Oxides with Ozone, Appl. Catal. B: Environ., 60, 49-55., 2005.01.
26. H. Einaga, T. Ibusuki, S. Futamura, Improvement of Catalyst Durability by Deposition of Rh on TiO2 in Photooxidation of Aromatic Compounds, Environ. Sci. Technol., 38, 285-289., 2004.01.
27. H. Einaga, T. Ibusuki, S. Futamura, Photocatalytic Oxidation of Benzene in Air, J. Solar Energy Eng., 126, 789-793., 2004.01.
28. H. Einaga, S. Futamura, Catalytic Oxidation of Benzene with Ozone over Alumina-supported Manganese Oxides, J. Catal., 227, 304-312., 2004.01.
29. H. Einaga, M. Harada, S. Futamura, T. Ibusuki, Generation of Active Sites for CO Photooxidation on TiO2 by Platinum Deposition, J. Phys. Chem. B, 107, 9290-9297., 2003.01.
30. H Einaga, S. Futamura, T. Ibusuki, Heterogeneous Photocatalytic Oxidation of Benzene, Toluene, Cyclohexene and Cyclohexane in Humidified Air, Comparison of Decomposition Behavior on Photoirradiated TiO2 Catalyst, Appl. Catal., B: Environ., 38, 215-., 2002.01.
31. H. Einaga, S. Futamura, T. Ibusuki, Complete Oxidation of Benzene in Gas Phase by Platinized Titania Photocatalysts, Environ. Sci. & Technol., 35, 1880 (2001)., 2001.01.
32. H. Einaga, T. Ibusuki, S. Futamura, Performance Evaluation of a Hybrid System Comprising Silent Discharge Plasma and Manganese Oxide Catalysts for Benzene Decomposition, IEEE Trans. Ind. Applicat., 37, 1476-., 2001.01.
33. H. Einaga, S. Futamura, T. Ibusuki, Photocatalytic Decomposition of Benzene over TiO2 in a Humidified Airstream, Phys. Chem. Chem. Phys, 1, 4903-4908, 1999.12.
34. H.Einaga, A. Ogata, S. Futamura, T. Ibusuki, The Stabilization of Active Oxygen Species by Pt Supported on TiO2, Chem. Phys. Lett., 338, 303 (2001)..
35. 永長 久寛, 山本晋太郎, 前田菜那子, 寺岡 靖剛, Structural analysis of manganese oxides supported on SiO2 for benzene oxidation with ozone, Catalysis Today, 10.1016/j.cattod.2014.05.018, 242, Part B, 287-293.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 永長 久寛, オゾンを利用したMn触媒によるVOC分解技術, 触媒, 2008.06.
2. 永長 久寛, オゾンを酸化剤としたVOC分解技術—温和な条件下で作動する触媒酸化技術の利用, クリーンテクノロジー, 16(9) 6-8., 2006.09.
主要学会発表等
1. 前田菜那子、永長久寛、寺岡靖剛, オゾンを酸化剤としたMn系酸化物触媒によるベンゼンの分解反応, 第106回触媒討論会, 2011.05.
2. 木村加奈、永長久寛、寺岡靖剛, バイメタリックナノ粒子の調製とその担持方法に関する検討, 第106回触媒討論会, 2010.09.
3. 永長久寛、寺岡靖剛、尾形敦, Catalytic oxidation of benzene with ozone over manganese oxide catalysts supported on zeolite Y, The Sixth Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology & The Fifth Asia Pacific Congress on Catalysis, 2010.07.
4. 前田菜那子、永長久寛、寺岡靖剛, Mn系複合金属酸化物によるベンゼンのオゾン酸化反応, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
5. Hisahiro Einaga, Yasutake Teraoka, Catalytic oxidation processes for air pollution control, The 5th International Symposium of Novel Carbon Resource Sciences, 2010.04.
6. 永長久寛、寺岡靖剛、尾形敦, オゾンを酸化剤とした揮発性有機化合物の触媒酸化分解技術, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
7. 永長 久寛, オゾンを酸化剤とした触媒反応~低濃度VOC処理技術の開発~, 触媒学会西日本地区講演会, 2008.11.
8. Hisahiro Einaga, Yasutake Teraoka, and Atsushi Ogata, Catalytic Oxidation of Benzene with Ozone over Supported Manganese Oxides, 14th International Congress on Catalysis(ICC), 2008.07.
9. 永長久寛、尾形敦、原田雅史, 担持酸化マンガン触媒によるベンゼンのオゾン酸化反応―活性を支配する因子の検討と高活性化の試み―, 第99回触媒討論会, 2007.03.
10. H. Einaga, M. Harada, Preparation of PVP-stabilized platinum nanoparticles and their deposition on TiO2 photocatalyst, TOCAT5 (5th Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology), 2006.07.
11. H. Einaga, S. Futamura, Benzene oxidation with ozone over supported manganese oxide catalysts: effect of catalyst support, reaction temperature and water vapor, TOCAT5 (5th Tokyo Conference on Advanced Catalytic Science and Technology), 2006.07.
12. H. Einaga, M. Harada, Preparation of Platinum Nanoparticles on TiO2 for Improvement of Photocatalytic Activities, 第16回日本MRS学術シンポジウム, 2005.12.
13. 永長 久寛、二タ村 森, オゾンを酸化剤とした VOCの触媒分解反応, 第38回酸化反応討論会, 2005.11.
14. 永長 久寛、二タ村 森, オゾンを酸化剤としたVOCsの触媒分解反応 -水蒸気の添加効果-, 第96触媒討論会, 2005.09.
15. 永長 久寛、二タ村 森, 担持酸化マンガン触媒によるベンゼンのオゾン酸化反応, 日本オゾン協会第15回年次研究講演会, 2005.09.
特許出願・取得
特許出願件数  0件
特許登録件数  2件
学会活動
所属学会名
日本電磁波エネルギー応用学会
日本化学会
米国化学会
触媒学会
光化学協会
日本オゾン協会
石油学会
学協会役員等への就任
2011.03~2012.02, 触媒学会.
2008.03~2010.02, 触媒学会, 討論会委員.
2007.03, 石油学会九州・沖縄支部, 幹事.
2006.03, 触媒学会, 代議員.
2005.03~2006.02, 触媒学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2011.11.11~2011.11.12, 石油学会, 座長(Chairmanship).
2010.09~2010.09, 触媒討論会第106回討論会, 座長(Chairmanship).
2009.09~2011.09, 触媒学会第104回討論会, 座長(Chairmanship).
2008.09~2008.09, 触媒学会第102回討論会, 座長(Chairmanship).
2008.05~2009.05, 第一回九州大学炭素資源国際教育研究センター講演会, 司会(Moderator).
2007.09, 第100回触媒討論会, 座長(Chairmanship).
2007.03, 第99回触媒討論会, 座長(Chairmanship).
2005.12, 触媒学会つくば地区講演会, 幹事.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2005.10~2006.09, ペトロテック, 国内, 編集委員.
2003.04~2005.12, 化学と工業, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度 24      25 
2012年度 12        12 
2011年度      
2010年度 13        13 
2008年度      
2007年度      
2006年度 13      13 
2005年度 12  12 
2004年度
受賞
Catalysis Today Top Cited Article Award, Elsevier, 2006.01.
Innovation and Creativity Prize Paper Award 2004, Industry Applications Society IEEE, 2004.10.
James Melcher Paper Award, Industry Applications Society IEEE, 2002.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, オゾン酸化触媒の選択酸化特性に基づくポリエステルの新規再利用プロセスの開発.
2010年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, オゾンを酸化剤とした低温作動型VOC酸化触媒反応の開発.
2003年度~2004年度, 基盤研究(B), 分担, 錯体光触媒による環境残留性パーフルオロ酸化合物の無害化処理.
2002年度~2003年度, 基盤研究(B), 分担, マイクロバブルによる極限反応場を利用した排水中有害化学物質の分解に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2020年度~2022年度, 科学技術振興機構 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP), 代表, オゾン-マイクロ波援用触媒反応を基盤とした難処理排ガス浄化技術の開発.
2019年度~2021年度, 科学技術振興機構, 代表, 吸着-触媒材料-低温プラズマ複合化によるVOC処理技術の確立.
2020年度~2020年度, 2020年度JKA補助事業, 代表, 産業環境保全のための次世代型空気質制御技術の開発.
2014年度~2015年度, 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP), 代表, 鉄鋼スラグを触媒とした環境浄化プロセスの開発.
2011年度~2012年度, 科学技術振興機構 A-STEP, 代表, 中小規模発生源対策用VOC分解処理システムの開発.
2009年度~2009年度, 科学技術振興機構シーズ発掘試験, 代表, エアロゾル感染防止のための低温酸化触媒技術の開発.
2008年度~2008年度, 科学技術振興機構シーズ発掘試験, 代表, 貴金属合金ナノ粒子合成法の開発.
2008年度~2010年度, 環境技術開発等推進費, 分担, 外場援用システム触媒による持続発展可能なVOC排出抑制技術に関する研究.
2004年度~2005年度, 分担, ダイレクトメタノール形燃料電池電極用の高活性酸化触媒の研究開発.
2000年度~2002年度, 代表, 太陽エネルギー利用環境浄化システムの開発.
学内資金・基金等への採択状況
2010年度~2011年度, 鉄鋼業環境保全技術開発基金 2010年度研究助成, 代表, 原位置浄化型省エネルギーVOC触媒分解プロセスの開発.
2009年度~2010年度, 鉄鋼業環境保全技術開発基金 2009年度研究助成, 代表, 原位置浄化型省エネルギーVOC触媒分解プロセスの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」