九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
酒井 謙二(さかい けんじ) データ更新日:2020.06.04

教授 /  農学研究院 生命機能科学部門 システム生物工学講座


教育活動概要
土壌・環境微生物学について教育を行っている
担当授業科目
2019年度・前期, 環境微生物学特論.

2019年度・後期, 複合微生物学特論.

2019年度・前期, 土壌・環境微生物学.

2019年度・前期, 分子生物学.

2018年度・前期, 分子生物学.

2018年度・前期, 科学英語II.

2018年度・前期, 土壌・環境微生物学.

2018年度・後期, 複合微生物学特論.

2018年度・前期, 環境微生物学特論.

2017年度・前期, 環境微生物学特論.

2017年度・後期, 複合微生物学特論.

2017年度・前期, 土壌・環境微生物学.

2017年度・前期, 科学英語II.

2017年度・前期, 分子生物学.

2017年度・前期, Microbiology.

2016年度・前期, 環境微生物学特論.

2016年度・後期, 複合微生物学特論.

2016年度・前期, 土壌・環境微生物学.

2016年度・前期, 科学英語II.

2016年度・前期, 分子生物学.

2016年度・前期, Microbiology.

2015年度・前期, Microbiology.

2015年度・前期, 分子生物学.

2015年度・前期, 科学英語II.

2015年度・前期, 土壌・環境微生物学.

2015年度・後期, 分析化学実験.

2015年度・後期, 物理化学実験.

2015年度・後期, 複合微生物学特論.

2015年度・前期, 環境微生物学特論.

2014年度・前期, 科学英語II.

2014年度・前期, 環境微生物学特論.

2014年度・後期, 物理化学実験.

2014年度・前期, 複合微生物学特論.

2014年度・後期, 分析化学実験.

2014年度・前期, G30,国際コース特論.

2014年度・後期, 物理化学実験.

2014年度・後期, 分析化学実験.

2014年度・前期, 分子生物学.

2013年度・前期, 複合微生物学特論.

2013年度・前期, 環境微生物学特論.

2013年度・前期, 分子生物学.

2013年度・前期, Advanced Molecular Microbiology and Biomass Chemistry.

2013年度・前期, 科学英語II.

2013年度・前期, 土壌微生物学.

2012年度・後期, 物理化学実験.

2012年度・後期, 分析化学実験.

2012年度・後期, 生物機能科学概要.

2012年度・後期, G30,国際コース特論.

2012年度・前期, 分子生物学.

2012年度・前期, 環境微生物学特論.

2012年度・前期, Advanced Molecular Microbiology and Biomass Chemistry.

2012年度・前期, 科学英語II.

2012年度・前期, 分子生物学.

2012年度・前期, 土壌微生物学.

2011年度・前期, 環境微生物学特論.

2011年度・前期, Advanced Molecular Microbiology and Biomass Chemistry.

2011年度・前期, 科学英語II.

2011年度・前期, 土壌微生物学.

2011年度・前期, 分子生物学.

2011年度・後期, 環境微生物学.

2011年度・前期, コアセミナー.

2010年度・通年, 分子微生物学・バイオマス資源化学プロジェクト演習.

2010年度・通年, 分子微生物学・バイオマス資源化学特別研究第一.

2010年度・前期, 環境微生物学特論.

2010年度・前期, 複合微生物学特論.

2010年度・後期, Master Thesis Research I.

2010年度・前期, 科学英語II.

2010年度・通年, 応用生物科学概要.

2010年度・前期, 分子生物学.

2010年度・前期, 土壌微生物学.

2009年度・前期, 土壌微生物学.

2009年度・通年, 土壌微生物学演習第二.

2009年度・前期, 土壌微生物学演習第一.

2009年度・通年, 分子生物学.

2009年度・通年, 応用生物科学概要.

2009年度・通年, 植物生産科学特別研究第二.

2009年度・通年, 植物生産科学特別研究第一.

2009年度・前期, 土壌環境微生物利用論.

2009年度・前期, 科学英語II.

2008年度・前期, 土壌微生物学.

2008年度・前期, 土壌微生物学演習第一.

2008年度・通年, 土壌微生物学演習第二.

2008年度・通年, 分子生物学.

2008年度・前期, 土壌環境微生物利用論.

2008年度・通年, 応用生物科学概要.

2008年度・後期, 農業科指導法II.

2008年度・通年, 植物生産科学特別研究第二.

2008年度・通年, 植物生産科学特別研究第一.

2008年度・前期, 土壌環境微生物利用論.

2008年度・前期, 科学英語II.

2007年度・通年, 応用生物科学概要.

2007年度・前期, 実地見学.

2007年度・前期, 土壌・環境微生物利用論.

2007年度・後期, 土壌微生物学演習第二.

2007年度・前期, 土壌微生物学演習第一.

2007年度・前期, 土壌微生物学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2013.06, 全学, 参加, 全学カリキュラム.

2011.06, 部局, 参加, G30カリキュラム.

2010.06, 部局, 参加, 情報セキュリティー.

2010.04, 部局, 参加, 新カリキュラムについて.

2009.04, 部局, 参加, GPA制度について.

2009.02, 部局, 参加, 英語教育の改善.

2007.10, 部局, 参加, 研究室運営とハラスメント.

2006.04, 全学, 参加, 新人研修.

学生のクラス指導等
2017年度, 学部, 生物機能化学コース応用生命化学分野4回生.

2016年度, 学部, 生物機能化学コース応用生命化学分野3回生.

2013年度, 学部, 生物機能化学コース応用生命化学分野4回生.

2011年度, 学部, 生物機能化学コース応用生命化学分野3回生.

2011年度, 学部, 農学部1回生.

2008年度, 学部, 農芸化学分野4回生.

2007年度, 学部, 農芸化学分野三回生.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2017年度, 福岡大学 商学部, 後期, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 福岡大学 商学部, 後期, 非常勤講師, 国内.

2015年度, 福岡大学 商学部, 前期, 非常勤講師, 国内.

2014年度, UPM Fac. Engineering, 客員教員, 国外.

2013年度, 北京化学工科大学, 後期,集中, 非常勤講師, 国外.

2013年度, International Islamic University Malaysia, 後期,集中, 非常勤講師, 国外.

2010年度, 福井県立大学, 前期,集中, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 山口大学・農学研究科, 前期,集中, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 大分大学・工学部, 2006.10-2007.3, 客員教員, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2019.03, Special Lecture on Microorganisms Contributing Sustainable Society in JICA-ODA Program, Beijin China, Cantho University, 60.

2016.12, Special Lecture on Microorganisms Contirbuting Waste Recycling and Society Sustainability, Beijin China, University of Science and Technology Beijin, 60.

2014.02, International Joint Seminar on Microbial Study Useful for Establishing Sustainable Production System between Japan and Thailand, Fukuoka Japan, Kyushu University, 25.

2011.10, The Young Scientist SeminarII,in the GENESYS program, 日本 山口市, JSPS, 80.

2010.10, The Young Scientist Seminar,in the GENESYS program, 日本 山口市, JSPS, 80.

2008.08, DGGE and FISH Workshop, Malaysia, Selangor, Malaysian Society for MIcrobiology, UPM, JSPS, 50.

その他の特筆すべき教育実績
2018.10, 出前講義(熊本 宇土高校).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」