九州大学 研究者情報
発表一覧
中尾 智博(なかお ともひろ) データ更新日:2020.06.24

教授 /  医学研究院 臨床医学部門


学会発表等
1. Nakao T, Neurobiological basis of different clinical phenotypes in OCD, 6th Congress of Asian College of Neuropsychopharmacology, 2019.10.
2. Nakao T, A biological investigation of OCD and Hoarding Disorder by neuroimaging methods, 40th JSBP, 2019.06.
3. 中尾智博, 診断と見立て:類型化と個別化の狭間で, 第114回日本精神神経学会学術総会, 2018.06.
4. 中尾智博, 神庭重信, 九大精神科における専門研修プログラム, 第113回日本精神神経学会学術総会, 2017.06.
5. Nakao T, Yamada S, Murayama K, Kuwano M, The clinical features of Japanese patients with Hording Disorder, ISAD Conference 2017. The International Society of Affective Disorders, 2017.07.
6. 中尾 智博, 日常診療におけるうつ病への対応, 平成28年度福岡県医師会研修会. 一般科医・産業医のための心の健康対応力向上研修, 2017.01.
7. 中尾 智博, ASDの強迫症状に対する治療戦略. シンポジウム「広汎性発達障害における薬物療法」, 第26回日本精神神経薬理学会, 2016.11.
8. Tomohiro Nakao, Neurobiological heterogeneities of OCD. Symposium: Biological approaches toward clarifying heterogeneities of obsessive-compulsive disorder., 12th WFSBP, 2015.06.
9. 中尾 智博, 強迫性障害の病態解明に向けた脳構造・遺伝子解析, 第7回日本不安症学会学術集会, 2015.02.
10. 中尾 智博, 不安障害はどこまで脳の病気か ー脳画像研究のポテンシャル, 第6回日本不安障害学会, 2014.02.
11. 中尾 智博, 強迫関連障害における最近の知見, 筑豊精神科集談会特別講演, 2013.02.
12. 中尾智博, OCDの行動療法と薬物療法—機能的脳画像による治療効果の検証—, 第33回日本生物学的精神医学会, 2011.05.
13. Nakao T, Togao O, Yoshiura T, Sanematsu H, Murayama K, Okada K, Kanba S, Regional gray and white matter volume abnormalities in obsessive- compulsive disorder: A voxel-based morphometry study. , 10th World Congress of Biological Psychiatry, 2012.05.
14. Nakao T, Sanematsu H, Yoshiura T, Tomita M, Masuda Y, Kanba S, A fMRI study during a social situation task in patients with social anxiety disorder and controls., 2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP, 2008.09.
15. 中尾智博, OCDの病態と治療反応性の関連, OCD研究会, 2007.11.
16. 中尾智博,中川彰子, 鍋山麻衣子, 實松寛晋, 吉岡和子, 富田真弓, 吉浦敬, 黒木俊秀, 神庭重信, 神経心理検査とfunctional MRIを用いた強迫性障害患者のワーキングメモリー機能の測定, 第28回日本生物学的精神医学会, 2007.07.
17. Nakao T, Kanba S, Advance in neuroimaging and psychopharmacology of mental disorders. , 3rd CINP Asia pacific regional meeting, 2007.03.
18. Nakao T, Yoshiura T, Nakagawa A, Kuroki T, Brain changes in patients with OCD brought by BT and SSRI: a cognitive and symptom provocation fMRI study, World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies, 2004.07.
19. 中尾智博, 認知療法の中枢神経系基盤:神経画像の知見を中心に.OCDに対する行動療法の神経科学的基盤, 第5回日本認知療法学会, 2006.12.
20. 中尾智博, 社会不安障害の行動療法., 岡山精神神経科診療所協会例会, 2006.01.
21. 中尾智博,黒木俊秀, OCD関連障害をめぐって〜とくにセロトニンの脳内作用との関連;機能的脳画像と認知機能評価によるOCDの病態解明ーSSRIの効果をめぐってー., 第102回日本精神神経学会総会, 2006.05.
22. Nakao T, Nakagawa A, Yoshiura T, Nakatani E, Nabeyama M, Yoshizato C, Yoshioka K, Tomita M, Kuroki T and Kanba S, Duration effect of OCD on cognitive function: a functional MRI study., 第28回日本生物学的精神医学会, 2006.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」