九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
井川 和宣(いがわ かずのぶ) データ更新日:2019.11.29

助教 /  先導物質化学研究所 分子集積化学部門 物質構造化学


主な研究テーマ
ケイ素不斉中心を有するキラル分子の創製
キーワード:不斉ケイ素化合物,不斉合成
2003.04.
歪み分子の構造と反応性に関する研究
キーワード:不斉合成,面不斉,クリック化学
2007.04.
新型オゾン酸化反応の開発
キーワード:オゾン,アルケニルシラン,ポリオール,シリルペルオキシ化合物
2005.04.
研究業績
主要原著論文
1. Kazunobu Igawa, Yuuya Kawasaki, Yusuke Ano, Takeru Kashiwagi, Kouhei Ogawa, Jun Ichi Hayashi, Ryota Morita, Yukari Yoshioka, Kazuhiro Uehara, Katsuhiko Tomooka, Preparation of enantioenriched chiral organic molecules by dynamic asymmetric induction from a outer chiral source, Chemistry Letters, 10.1246/cl.190170, 48, 7, 726-729, 2019.01, [URL], To obtain enantioenriched chiral organic molecules, numerous optical resolution and asymmetric synthetic methods have been developed to date. Herein, we introduce a new approach termed dynamic asymmetric induction (DYASIN) for the preparation of enantioenriched chiral molecules based on the stereocontrol of dynamic chiral molecules (DYCMs) using an outer chiral source (OCS). DYASIN makes it possible to obtain the enantioenriched form of dynamic chiral molecules from their racemic form without bond cleavage or bond formation. The thus-obtained enantioenriched molecules can be readily converted into a variety of chiral molecules with stable stereochemistries, without any loss of enantiomeric purity..
2. Jun-ichi Hayashi, Kazuhiro Uehara, Yusuke Ano, Yuuya Kawasaki, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, SYNTHESIS AND STEREOCHEMICAL ANALYSIS OF DYNAMIC PLANAR CHIRAL NINE-MEMBERED DIALLYLIC AMIDE: SIGNIFICANT SUBSTITUENT EFFECT ON STEREOCHEMICAL STABILITY, Heterocycles, 10.3987/COM-18-S(F)92, 99, 2019.01.
3. Kazunobu Igawa, Daisuke Yoshihiro, Yusuke Abe, and Katsuhiko Tomooka, Enantioselective Synthesis of Silacyclopentanes, Angewandte Chemie International Edition, 10.1002/anie.201511728, 55, 5814-5818, 2016.04, A variety of functionalized silacyclopentanes were synthesized stereoselectively by highly enantioselective β-elimination of silacyclopentene oxides, followed by stereospecific transformations. The reaction mechanism of the β-elimination was elucidated by DFT calculations. The in vitro biological assay of an oxy-functionalized silacyclopentane showed substantial binding activity to a serotonin receptor protein..
4. Kouhei Machida, Yuki Yoshida, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Efficient approach to medium-sized cyclic molecules containing (E)-Alkene via z to e photochemical isomerization in the presence of AgNO3-impregnated silica gel, Chemistry Letters, 10.1246/cl.170937, 47, 2, 186-188, 2018.01, [URL], Efficient synthesis of medium-sized cyclic molecules containing an (E)-alkene was performed via the highly (E)selective photochemical isomerization of the (Z)-isomer, facilitated by AgNO3-impregnated silica gel..
5. Kazunobu Igawa, Akihiro Kuroo, Daisuke Yoshihiro, Yuki Yamanaka, Katsuhiko Tomooka, Synthesis of Stereoselectively Functionalized Silacyclopentanes, Synlett, 10.1055/s-0036-1590826, 28, 18, 2445-2448, 2017.11, [URL], An efficient approach to a variety of chiral silacyclopentanes having silicon stereogenic center based on the stereospecific transformations of C4 carbon stereogenic center of silacyclopentenols by Mitsunobu reaction or Tsuji-Trost reaction has been developed. The thus obtained substitution products can be converted into novel silacyclopentane triols, amines, and carboxylic acids in stereospecific manner..
6. Kazunobu Igawa, Shin Aoyama, Yuuya Kawasaki, Takeru Kashiwagi, Yuki Seto, Runyan Ni, Naoto Mitsuda, Katsuhiko Tomooka, Thieme Chemistry Journals Awardees
Where Are They Now? One-Pot Synthesis of Versatile Buckle Units for Click Chemistry: 4,8-Diazacyclononynes (DACNs), Synlett, 10.1055/s-0036-1588839, 2017.04, [URL], Newly designed buckle units for copper-free click chemistry: 4,8-diazacyclononynes (DACNs) were efficiently synthesized with a one-pot procedure from commercially available 2-butyne-1,4-diol. The synthesized DACNs possess versatile connectors for the introduction of functional units and exhibit high click reactivity..
7. Kazunobu Igawa, Asymmetric synthesis of chiral silicon molecules and stereoselective transformations thereof, Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry, 10.5059/yukigoseikyokaishi.75.898, 75, 9, 898-908, 2017.01, [URL], A variety of functionalized chiral silicon molecules were stereoselectively synthesized from enantio-enriched chiral silanols or chiral silacyclopentenols, which were prepared by highly enantioselective desymmetrization reactions of achiral silicon molecules. The unique reactivity, and substantial bioactivity of the synthesized chiral silicon molecules were disclosed..
8. Kazunobu Igawa, Kouhei Machida, Kyouhei Noguchi, Kazuhiro Uehara, Katsuhiko Tomooka, Synthesis and Stereochemical Analysis of Planar-Chiral (E)-4-[7]Orthocyclophene, Journal of Organic Chemistry, 10.1021/acs.joc.6b01799, 81, 23, 11587-11593, 2016.12, [URL], An efficient synthesis of (E)-4-[7]orthocyclophene (E)-1 via photochemical isomerization of (Z)-1 has been achieved. The key intermediate (Z)-1 was synthesized from commercially available 2-(hydroxymethyl)benzenepropanol (3) in five steps: (i) group-selective Mitsunobu reaction with CH2=CHCH2CH(SO2Ph)2, (ii) oxidation of alcohol, (III) olefination, (iv) RCM, and (v) removal of sulfones in an overall yield of 73%. The photochemical isomerization of (Z)-1 was efficiently performed in the presence of AgNO3-impregnated silica gel (AgNO3/SiO2). The resulting (E)-1 shows dynamic planar chirality at rt. Enantioenriched (E)-1 was prepared by the HPLC separation of enantiomers using a chiral stationary phase, and the absolute stereochemistry was determined by X-ray diffraction analysis of the Pt-coordinated crystalline derivative. The planar chirality of (E)-1 can be converted into the central chirality of carbon; e.g., the oxidation of (R)-(E)-1 using DMDO provided epoxide (8S,9S)-9 in a stereospecific manner. Furthermore, the Lewis acid-promoted reaction of (8S,9S)-9 afforded a unique tricyclic compound (8S,9S)-10 in an excellent yield and in a stereospecific manner..
9. Hirofumi Yamamoto, Maho Ueda, Naoto Yamasaki, Akiyoshi Fujii, Ikuo Sasaki, Kazunobu Igawa, Yusuke Kasai, Hiroshi Imagawa, Mugio Nishizawa, Aryl-Allene Cyclization via a Hg(OTf)(2)-Catalytic Pathway, ORGANIC LETTERS, 10.1021/acs.orglett.6b01144, 18, 12, 2864-2867, 2016.06.
10. Kazunobu Igawa, Nobumasa Ichikawa, 阿野 勇介, Keisuke Katanoda, Toshiyuki Akiyama, Masato Ito, Katsuhiko Tomooka, Catalytic Enantioselective Synthesis of Planar-Chiral Cyclic Amides Based on a Pd-Catalyzed Asymmetric Allylic Substitution Reaction, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 10.1021/jacs.5b04340, 137, 23, 7294-7297, 2015.06.
11. Katsuhiko Tomooka, Shouji Miyasaka, Shogo Motomura, Kazunobu Igawa, Planar Chiral Dialkoxysilane: Introduction of Inherent Chirality and High Reactivity in Conventional Achiral Alkene, Chem. Eur. J., 10.1002/chem.201402434, 20, 7598-7602, 2014.05.
12. Kazunobu Igawa, Yuuya Kawasaki, Kosuke Nishino, Naoto Mitsuda, Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Ozone Oxidation of Silylalkene Using a C2-Symmetrical Dialkoxysilyl Group as a Chiral Auxiliary, Chem. Eur. J., 10.1002/chem.201402996, 20, 9255-9258, 2014.05.
13. Kazunobu Igawa, Runyan Ni, Takeshi Kawabata, Katsuhiko Tomooka, Synthesis, Structural Analysis, and Reaction of 3-Aza-5-[7]orthocyclophyne, Chem. Lett., 10.1246/cl.130735, 42, 1374-1376, 2013.10.
14. Takashi Kamachi, Ken-ichi Shimizu, Daisuke Yoshihiro, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Kazunari Yoshizawa, Oxidation of Silanes to Silanols on Pd Nanoparticles: H2 Desorption Accelerated by Surface Oxyge, J. Phys. Chem. C, 10.1021/jp408269s, 117, 22967-22973, 2013.10.
15. Suguru Yoshida, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Nucleophilic Substitution Reaction at the Nitrogen of Arylsulfonamides with Phosphide Anion, J. Am. Chem. Soc., 10.1021/ja309642r, 134, 19358-19361, 2012.11, 今回,我々はアリールスルホンアミドに対してホスフィドアニオンを作用させると,窒素上での求核置換反応が進行することを見出した.本反応は,窒素上の変換反応として,また,アリールスルホンアミド保護の効率的な除去法として有用である..
16. Kazunobu Igawa, Daisuke Yoshihiro, Nobumasa Ichikawa, Naoto Kokan, Katsuhiko Tomooka, Catalytic Enantioselective Synthesis of Alkenylhydrosilanes, Angew. Chem. Int. Ed., 10.1002/anie.201207361, 51, 12745-12748, 2012.11, 今回,我々はキラルケイ素分子の効率的な不斉合成法としてジヒドロシランの不斉非対称化を伴うアルキンとのヒドロシリル化反応を新たに開発することに成功した..
17. Katsuhiko Tomooka, Chisato Iso, Kazuhiro Uehara, Masaki Suzuki, Rie Nishikawa-Shimono, Kazunobu Igawa, Planar-Chiral [7]Orthocyclophanes, Angew. Chem. Int. Ed., 10.1002/anie.201204484, 51, 10355-10358, 2012.09.
18. Yuuya Kawasaki, Youhei Ishikawa, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Directing Group-Controlled Hydrosilylation: Regioselective Functionalization of Alkyne, J. Am. Chem. Soc., 133, 20712-20715, 2011.12, アルキンのヒドロシリル化は合成化学的に有用なアルケニルシランの合成法として優れているが,その位置選択が低いことから適用範囲が限られていた.これに対して,本研究ではアルキンの近傍にジメチルビニルシリル基を配向基として配するという新手法を開発し,ヒドロシリル化の位置選択性の高度制御に成功した..
19. Kazunobu Igawa, Naoto Kokan, and Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Synthesis of Chiral Silacarboxylic Acids and Their Ester Derivatives, Angew. Chem. Int. Ed., 49, 728-731, 2010.01.
20. Igawa, K.; Takada, J.; Shimono, T.; Tomooka, K., Enantioselective Synthesis of Silanol, J. Am. Chem. Soc., 130, 16132-16133, 2008.12.
21. Yong-Li Zhong, Brenda Pipik, Jaemoon Lee, Yoshinori Kohmura, Shigemitsu Okada, Kazunobu Igawa, Chie Kadowaki, Akihiro Takezawa, Shinji Kato, David A. Conlon, Hua Zhou, Anthony O. King, Robert A. Reamer, Donald R. Gauthier, Jr., and David Askin, Practical Synthesis of a HIV Integrase Inhibitor, Orag. Proc. Res. Dev., 12, 1245-1252, 2008.08.
22. Kazunobu Igawa, Kyohei Sakita, Masanori Murakami, Katsuhiko Tomooka, Partial Oxydation of Alkenylsilane with Ozone: A Novel Stereoselective Approach for the Diol- and Triol-derivatives, Synthesis, 1641, 2008.02.
23. M. Murakami, K. Sakita, K. Igawa, K. Tomooka, Stereoselective Oxy-functionalization of γ-Silyl Allylic Alcohols with Ozone: A Facile Synthesis of Silyl Peroxide and Its Reactions, Organic. Lett., 8, 4023-4026, 2006.08.
24. K. Igawa, K. Tomooka, 3. γ-Silyl Group Effect in Hydroalumination and Carbolithiation of Propargylic Alcohols, Angew. Chem. Int. Ed., 45, 232-234, 2006.01.
25. K. Tomooka, M. Kikuchi, K. Igawa, M. Suzuki, P.-H. Keong and T. Nakai, Stereoselective Total Synthesis of Zaragozic Acid A based on an Acetal [1,2]-Wittig Rearrangement, Angew. Chem. Int. Ed., 39, 4502-4505, 2000.12.
26. TakahiroKawatsu, HirokiTokushima, YuyaTakedomi, TatsushiImahori, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Ryo Irie, Synthesis, stereochemical characteristics, and coordination behavior of 2,2 '-binaphthyl-1,1 '-biisoquinoline as a new axially chiral bidentate ligand, ARKIVOC, 10.3998/ark.5550190.p009.069.
27. Kazunobu Igawa, Daisuke Yoshihiro, Yusuke Abe, Katsuhiko Tomooka, Enantioselective Synthesis of Silacyclopentanes, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 10.1002/anie.201511728, 55, 19, 5814-5818.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 井川 和宣, 友岡 克彦, 有機合成実験法ハンドブック 第2版/ペリ環状反応および関連反応, 有機合成実験法ハンドブック 第2版,丸善出版, 2015.11.
2. 井川 和宣, 羽村 季之, 有機合成実験法ハンドブック 第2版/抽出, 有機合成実験法ハンドブック 第2版,丸善出版, 2015.11.
3. 井川 和宣, 友岡 克彦, 基本有機合成技術/化学品生産技術・基礎合成技術 内, 丸善出版株式会社, 2014.01.
4. 井川 和宣, 友岡 克彦, Silanecarboxylic Acids and Esters, Science of Synthesis, Thieme: Stuttgart, 2013.06.
5. 井川和宣,友岡克彦, 無水無酸素反応の基本操作, 日本農芸化学会誌, 2002.10.
主要学会発表等
1. 井川和宣, キラルケイ素分子の精密合成とその応用, 熊本大学理学部特別講演会, 2019.09.
2. @井川和宣, 珍妙なキラリティーを生み出す有機合成, 第9回CSJ化学フェスタ, 2019.10.
3. 林 純一,河崎 悠也,井川 和宣,友岡 克彦, 動的キラルな10員環ジアリルアミドの設計と合成, 日本化学会第99春季年会, 2019.03.
4. 吉田 祐樹,井川 和宣,友岡 克彦, 面不斉を有する4–アザ9員環ラクタムの設計と合成, 日本化学会第99春季年会, 2019.03.
5. 黒尾 明弘,井川 和宣,友岡 克彦, キラル2-ヒドロキシシラシクロペンタンの環拡大型[1,2]-Brook転位, 日本化学会第99春季年会, 2019.03.
6. Kazunobu Igawa, Stereoselective Synthesis of Asymmetric Silicon Molecules, IRCCS The 2nd International Symposium, 2019.01.
7. Kazunobu Igawa, Daisuke Yoshihiro, Akihiro Kuroo, Yusuke Abe, Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Synthesis of Silacyclopentanes based on Enantioselective β-Elimination of Silacyclopentene Oxide, 第6回 日英触媒的不斉合成シンポジウム, 2018.11.
8. 林 純一,堀川 真太郎,井川 和宣,友岡 克彦, 動的面不斉を有する10員環ジアリルアミドの設計と合成, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
9. 河崎 悠也,瀬戸 祐樹,河原 慎太朗,井川 和宣,友岡 克彦, 複数の分子連結部位を有する新規クリック反応素子の開発と応用, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
10. 吉田 祐樹,町田 康平,井川 和宣,友岡克彦, アルケンの光異性化を鍵とする面不斉中員環分子の合成, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
11. 黒尾 明弘,井川 和宣,友岡 克彦, 多官能基化されたキラルシラシクロペンタン類の不斉合成, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
12. 井川 和宣,山中 祐貴,青山 慎,河崎悠也,友岡 克彦, DACN含有ポリマーの合成とそのクリック反応, 統合物質創製化学研究推進機構第4回国内シンポジウム, 2018.10.
13. 河崎悠也,瀬戸祐樹,河原慎太朗,井川和宣,友岡克彦, 生体分子の化学修飾に有用な多分子連結型DACNの開発, 第60回天然有機化合物討論会, 2018.09.
14. 井川 和宣, 立体電子効果を活用した新しいアルキン化学, 化学系学協会東北大会 有機合成化学コロキウム, 2018.09.
15. 瀬戸 祐樹,河崎 悠也,河原 慎太郎,青山 慎,井川 和宣,友岡 克彦, アミノ酸残基と連結可能なDACN誘導体の合成とその応用, 有機合成化学協会九州山口支部 第30回若手研究者のためのセミナー, 2018.09.
16. 瀬戸 祐樹,河崎 悠也,河原 慎太郎,青山 慎,井川 和宣,友岡 克彦, アミノ酸残基と連結可能なDACN誘導体の合成とその応用, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
17. 井川和宣,町田康平,吉田祐樹,野口恭平,上原和浩,友岡克彦, (E)-4-[7]オルトシクロフェンの合成と立体化学, 第113回有機合成シンポジウム, 2018.06.
18. 吉田祐樹,町田康平,岡本真梨子,阿野勇介,井川和宣,友岡克彦, アルケンの光異性化を鍵とする面不斉中員環分子の効率的合成
, 第28回 万有福岡シンポジウム, 2017.05.
19. 井川和宣,山中裕貴,青山慎,河崎悠也,友岡克彦, DACNを導入した高分子の合成とそのクリック反応, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
20. 河崎悠也,河原慎太朗,瀬戸祐樹,井川和宣,友岡克彦, N-Fmoc-アミノ酸型DACN誘導体の合成とその応用, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
21. 河崎悠也,瀬戸祐樹,河原慎太朗,青山慎,井川和宣,友岡克彦, Thia-Michael反応部位を有するDACN誘導体の合成と応用, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
22. 吉田祐樹,町田康平,井川和宣,友岡克彦, 硝酸銀含浸シリカゲル共存下での光異性化を鍵とするE-アルケン中員環分子の効率的合成, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
23. 阿野勇介,吉岡由香梨,田中澄怜,河崎悠也,井川和宣,友岡克彦, 6位置換3-アザ[7]オルトピリジノフェンの合成とその立体化学挙動, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
24. 林純一,堀川真太郎,井川和宣,友岡克彦, 10員環ジアリルアミド類の合成とその立体化学挙動, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
25. 井川和宣,野崎素良,高田純子,重松和樹,宮坂祥司,友岡克彦, キラルアルコキシシランに対する有機金属反応剤の求核置換反応, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
26. 黒尾明弘,井川和宣,友岡克彦, ヘテロ官能基化されたキラルシラシクロペンタン類の不斉合成, 日本化学会第98春季年会, 2018.03.
27. Jun-ichi Hayashi, Yusuke Ano, Kazuhiro Uehara, Kazunobu Igawa, Katsuhiko Tomooka, Design and Synthesis of Novel Dynamic Planar-Chiral Amide: Stereochemical Effect of C4-Substituent, The 7th Junior International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia, 2017.10.
28. 阿野勇介,岡本真梨子,吉田祐樹,井川和宣,友岡克彦, 面不斉を有する9員環ラクタムの合成とその立体化学挙動の研究, 第29回若手研究者のためのセミナー, 2017.07.
29. 井川和宣, 不斉ケイ素の立体化学制御を基盤とする新分子の創製と応用, 2017.07.
30. 井川和宣,黒男明弘,吉廣大佑,友岡克彦, 立体選択的アリル位置換反応を鍵とするキラルシラシクロペンテノールの高度官能基化, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
31. 阿野勇介,岡本真梨子,吉田祐樹,井川和宣,友岡克彦, 面不斉を有する9員環ラクタムの合成とその立体化学挙動の研究, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
32. 河崎悠也,青山慎,柏木健,井川和宣,友岡克彦, クリック反応素子DACNのワンポット合成とその機能化, 第111回有機合成シンポジウム, 2017.06.
33. 河崎悠也,瀬戸祐樹,青山慎,井川和宣,友岡克彦, クリック反応素子DACNの効率的合成法とその多機能化, 第27回 万有福岡シンポジウム, 2017.06.
34. 井川和宣,吉廣大佑,黒尾明弘,友岡克彦, キラルシラシクロペンテノールの立体選択的変換, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
35. 阿野勇介,岡本真梨子,吉田祐樹,井川和宣,友岡克彦, 動的キラルな9員環ラクタムの設計,合成とその立体化学挙動, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
36. 河崎悠也,上久保椋太,井川和宣,友岡克彦, 動的キラルな1,3-ケトアミドエノラートの合成とその変換, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
37. 河崎悠也,牟田口実咲,井川和宣,友岡克彦, 動的キラルなα,β-不飽和ケトンの設計と合成, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
38. 河崎悠也,青山慎,瀬戸祐樹,井川和宣,友岡克彦, ワンポット法による多機能DACN類の効率的合成と反応, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
39. 井川和宣,重松和樹,友岡克彦, キラルジアルコキシシランのグループおよび立体選択的求核置換反応, 第20回ケイ素化学協会シンポジウム, 2016.10.
40. 井川和宣,重松和樹,友岡克彦, キラルジアルコキシシランの立体選択的求核置換反応, 第28回若手研究者のためのセミナー(有機合成化学協会九州山口支部), 2016.08.
41. 井川和宣,青山慎,柏木健,倪潤炎,光田直人,友岡克彦, クリック反応素子DACNの設計と効率的合成, 第28回若手研究者のためのセミナー(有機合成化学協会九州山口支部), 2016.08.
42. 阿野勇介,岡本真梨子,吉田祐樹,井川和宣,友岡克彦, 面不斉を有する中員環ラクタムの設計と合成, 第32回若手科学者のための化学道場, 2016.08.
43. 井川和宣,吉廣大佑,安部雄介,黒尾明弘,友岡克彦, 官能基化されたキラルシラシクロペンタン類の不斉合成, 第32回若手科学者のための化学道場, 2016.08.
44. 河崎 悠也, 牟田口 美咲, 井川 和宣, 友岡 克彦, 軸不斉α,β-不飽和ケトンの設計と合成, 第32回若手科学者のための化学道場, 2016.08.
45. 井川 和宣, 重松 和樹, 友岡 克彦, キラルジアルコキシシランの求核置換反応, 第53回 化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
46. 井川 和宣, 青山 慎, 柏木 健, Ni Runyan, 光田 直人, 友岡 克彦, クリック反応素子DACNの効率的合成法の開発, 第53回 化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
47. 井川 和宣, 阿野 勇介, 市川 延雅, 友岡 克彦, 面不斉中員環アミドの触媒的不斉合成, 第109回有機合成シンポジウム2016年【春】, 2016.06.
48. 鬼塚 和光, 宮下 卓也, 青山 慎, 井川 和宣, 友岡 克彦, 永次 史, クリック反応素子(DACN)を用いた核酸ロタキサン形成, 平成27年度アライアンス成果報告会, 2016.05.
49. 河崎 悠也, 西野 浩輔, 光田 直人, 井川 和宣, 友岡 克彦, Asymmetric Ozone Oxidation of Silylalkene Using Chiral Silyl Auxiliary, Molecular Chirality Asia 2016, 2016.04.
50. 井川 和宣, 高田 純子, 吉廣 大佑, 古閑 直人, 安部 雄介, 友岡 克彦, Divergent Asymmetric Synthesis of Chiral Organosilanes: Enantioselective Synthesis of Chiral Silanols and Stereospecific Transformations Thereof, Molecular Chirality Asia 2016 , 2016.04.
51. 吉廣 大佑, 安部 雄介, 井川 和宣, 友岡 克彦, キラルシラシクロペンタン類のエナンチオ選択的合成, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
52. 井川 和宣, 高田 純子, 重松 和樹, 友岡 克彦, ジアルコキシシランの求核置換反応とその立体化学経路, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
53. 柏木 健, Ni Runyan, 光田 直人, 青山 慎, 井川 和宣, 友岡 克彦, 含ヘテロ9員環アルキンの機能化と応用, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
54. 井川 和宣, 柏木 健, Ni Runyan, 光田 直人, 青山 慎, 友岡 克彦, 含ヘテロ9員環アルキンのワンポット合成, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
55. 河崎 悠也, 牟田口 美咲, 井川 和宣, 友岡 克彦, 動的軸不斉を有する新規1,3-ケトアミドの設計と合成, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
56. 阿野 勇介, 小川 浩平, 守田 涼汰, 吉岡 由香梨, 井川 和宣, 友岡 克彦, 3-アザ[7]オルトシクロフェン類の合成,立体化学挙動,および立体特異的変換, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
57. 井川 和宣, ケイ素を使ったものづくり:新規有機ケイ素分子の創生と応用, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
58. 井川 和宣, キラルケイ素分子の不斉合成とその生物機能の探索, 分子イメージングセミナー, 2016.02.
59. 井川 和宣, 「ケイ素」と「歪み」を活用する新しいアルキン化学, 第27回触媒化学融合研究センター講演会, 2016.01.
60. 井川 和宣, 特異な反応性と立体化学的特徴を有する有機ケイ素分子の化学, 第19回ケイ素化学協会シンポジウム, 2015.10.
61. 吉廣 大佑, 安部 雄介, 井川 和宣, 友岡 克彦, キラルシラシクロペンタン誘導体の不斉合成, 第19回ケイ素化学協会シンポジウム, 2015.10.
62. 井川 和宣, Ni Runyan, 光田 直人, 柏木 健, 友岡 克彦, 高いクリック反応性と機能多様性を兼ね備える新型アルキンの開発, 第57回 天然有機化合物討論会, 2015.09.
63. 柏木 健, Ni Runyan, 光田 直人, 青山 慎, 井川 和宣, 友岡 克彦, 高クリック反応性アルキンの設計と合成, 第27 回 若手研究者のためのセミナー, 2015.08.
64. 阿野 勇介, 市川 延雅, 井川 和宣, 友岡 克彦, 触媒的不斉環化による面不斉中員環分子のエナンチオ選択的合成, 第27 回 若手研究者のためのセミナー, 2015.08.
65. 吉廣大佑,安部雄介,井川和宣,友岡克彦, 多官能基化されたキラルシラシクロペンタン誘導体の不斉合成, 第107回有機合成シンポジウム, 2015.06.
66. 井川和宣,工藤雄大,本村彰悟,宮坂祥司,友岡克彦, 動的面不斉を有する9員環ジアルコキシシランの合成とその立体化学挙動, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
67. 柏木健,平塚祐也,井川和宣,友岡克彦, 動的軸不斉を有する新規N-アリールアミドの設計と合成, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
68. 吉廣大佑,安部雄介,井川和宣,友岡克彦, シラシクロペンテノールのエナンチオ選択的不斉合成とその変換, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
69. 阿野勇介,市川延雅,井川和宣,友岡克彦, 触媒的不斉環化反応による面不斉中員環アミン類のエナンチオ選択的合成, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
70. 阿野勇介,林純一,上原和浩,井川和宣,友岡克彦, C4位に置換基を有する面不斉9員環ジアリルアミン類の合成とその立体化学挙動, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
71. 井川和宣,宮坂祥司,本村彰悟,友岡克彦, ケイ素継ぎ手の利用による鎖状アルケンへのキラリティーと反応性の付与, 第18回ケイ素化学協会シンポジウム, 2014.10.
72. Kazunobu Igawa, Addition-Type Ozone Oxidation of Silylalkenes and Its Synthetic Applications, The 17th International Symposium on Silicon Chemistry, 2014.08.
73. 井川 和宣, 倪 潤炎, 光田 直人, 友岡 克彦, 含ヘテロ中員環アルキンの合成,構造解析,反応, 第105回有機合成シンポジウム, 2014.06.
74. 井川 和宣, シリル置換不飽和結合の特異な反応性を活用した効率的分子変換法の開発, 理研シンポジウム「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」, 2014.06.
75. 井川 和宣, 倪 潤炎, 光田 直人, 友岡 克彦, 中員環アルキンの歪みと反応性に環内ヘテロ原子が及ぼす効果, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
76. 吉廣 大佑, 安部 雄介, 井川 和宣, 友岡 克彦, シラシクロペンテンオキシドのエナンチオ選択的β−脱離反応, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
77. 井川 和宣, 小川 浩平, 守田 涼汰, 友岡 克彦, 6位に置換基を有する3-アザ[7]オルトシクロフェンの立体化学挙動とその変換, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
78. 井川 和宣, キラル有機ケイ素分子の不斉合成, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
79. 井川 和宣, キラルケイ素分子の不斉合成:その反応設計と実践, 熊本大学自然科学研究科第1回キラル分子科学研究会, 2014.03.
80. 井川 和宣, ケイ素の特性を活用した効率的分子変換法の開発と新分子の創出, 第30回有機合成化学セミナー, 2013.09.
81. Kazunobu Igawa, Reaction Control Using Silyl-substituent Effects: Synthesis of Silylalkenes and Their Ozone Oxidation, The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry, 2013.07.
82. 井川 和宣, 吉廣 大佑, 市川 延雅, 古閑 直人, 友岡 克彦, アルケニルヒドロシランの触媒的不斉合成, 第103回有機合成シンポジウム, 2013.06.
83. 井川 和宣, 吉廣 大佑, 市川 延雅, 古閑 直人, 友岡 克彦, キラルケイ素分子の不斉合成:アルケニルヒドロシランの触媒的不斉合成とその変換, 第23回万有福岡シンポジウム, 2013.06.
84. 井川 和宣, 新規キラル分子の創出:キラルケイ素分子の不斉合成, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
85. 井川 和宣, シリル置換不飽和結合の特異な反応性を活用した効率的分子変換法の開発, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
86. 井川 和宣, 吉廣大佑, 市川延雅, 友岡 克彦, アルケニルヒドロシランの触媒的不斉合成とその変換(1), 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
87. 井川 和宣, 吉廣大佑, 市川延雅, 古閑直人, 友岡 克彦, アルケニルヒドロシランの触媒的不斉合成とその変換(2), 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
88. 井川 和宣, 野口恭平, 川端健志, 扇好信, 友岡 克彦, 面不斉γ-アミノ酸とその誘導体の動的立体化学挙動, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
89. 井川 和宣, 山浦佑太郎, 友岡 克彦, 立体配座が規制されたジヒドロオキソニンの合成とその立体化学, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
90. 畑山有介, 井川 和宣, 友岡 克彦, 1(6)位に置換基を有する面不斉3-アザ[7]オルトシクロファンの合成とその立体化, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
91. 井川 和宣, 小川浩平, 川端健志, 上原和浩, 友岡 克彦, 6位に置換基を有する面不斉3-アザ[7]オルトシクロファンの合成とその動的立体化学挙動, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
92. 井川 和宣, 町田康平, 上原和浩, 友岡 克彦, 面不斉[7]オルトシクロファンの合成とその立体化学, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
93. 倪潤炎, 井川 和宣, 友岡 克彦, ヘテロ中員環アルキンの効率的合成法の開発, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
94. 井川 和宣, 光田直人, 西野浩輔, 河崎悠也, 友岡 克彦, 不斉オゾン酸化反応の立体化学研究, 日本化学会 第93春季年会, 2013.03.
95. 井川 和宣, 河崎悠也, 村上正徳, 崎田恭平, 石川洋平, 友岡 克彦, Significant Silyl Substituent Effect on Ozone Oxidation: A Novel Approach to Multi-oxy-functionalized Compounds from Alkynes, The 4th Asian Silicon Symposium, 2012.10.
96. 井川 和宣, 西野浩輔, 河崎悠也, 友岡 克彦, 不斉オゾン酸化反応の開発, 第101回有機合成シンポジウム, 2012.06.
97. 井川和宣,野口恭平,友岡克彦, 面不斉ジペプチドの立体化学挙動, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
98. 井川和宣,町田康平,友岡克彦, 環上に芳香環を導入した面不斉ヘテロ中員環分子の合成と立体化学的挙動, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
99. 井川和宣,西野浩輔,河崎悠也,友岡克彦, キラルシリル基を導入したアルケンの不斉オゾン酸化, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
100. 河崎悠也,石川洋平,井川和宣,友岡克彦, ビニルシリル基を配向基として活用したアルキンの位置選択的ヒドロシリル化反応, 日本化学会 第92春季年会, 2012.03.
101. 井川和宣, ケイ素を鍵とする新反応と新分子の開発, 徳島大学ジョイントセミナー(徳島大学薬学部), 2011.12.
102. Kazunobu Igawa, Naoto Kokan, Katsuhiko Tomooka, Asymmetric Synthesis of Sila-carboxylic Acid, The 10th International Symposium on Organic Reactions, 2011.11.
103. Kazunobu Igawa, Enantioselective Synthesis of Chiral Silanol Using Asymmetric Nucleophilic Substitution Reaction of Achiral Dialkoxysilane, Senior Workshop: Advanced Version of WOCJC, 2011.11.
104. 河崎悠也,石川洋平,井川和宣,友岡克彦, 非対称アルキンの位置選択的ヒドロシリル化反応の開発とその応用, 第100 回有機合成シンポジウム, 2011.11.
105. 井川和宣, シリル基の置換基効果による反応制御とその応用, 京都大学 GCOE プログラム「物 質科学の新基盤構築と次世代育成国際拠点」第5回 GCOE 有機若手ワークショッフ, 2011.09.
106. 井川和宣, キラル有機ケイ素化合物の不斉合成, 有機合成化学協会・九州山口支部 有機合成化学秋期講演会, 2010.12.
107. 河崎悠也,崎田享平,村上正徳,井川和宣,友岡克彦, 付加型オゾン酸化によるアルケンの高度酸素官能基化, 第97回有機合成シンポジウム, 2010.06.
108. 井川和宣,高田純子,下野智弘,友岡克彦, ジアルコキシシランの不斉求核置換反応を基盤とするキラルシラノールのエナンチオ選択的不斉合成, 第56回有機金属化学討論会, 2009.09.
109. 三宅裕樹・平島亮一・井川和宣・友岡克彦, シラノールの保護・活性化基の開発, 日本化学会第89春季年会, 2009.03.
110. 井川和宣・古閑直人・友岡克彦, アルケニルシランのオゾン酸化:カルボキシシランエステルの新規合成法, 日本化学会第89春季年会, 2009.03.
111. Kazunobu Igawa, Junko Takada, Tomohiro Shimono, Katsuhiko Tomooka, Enantioselective Synthesis of Chiral Silanol:

Asymmetric Nucleophilic Substitution Reaction of Achiral Dialkoxysilane, Chemistry of Organic & Polymer Materials for Ubiquitous ICT, 2008.12.
112. 井川和宣・崎田享平・村上正徳・河崎悠也・友岡克彦, アルケンの新規付加型酸化:

アルケニルシランのオゾン酸化, 第50回 天然有機化合物討論会, 2008.10.
113. 井川和宣,古閑直人,友岡克彦, キラルカルボキシシランの不斉合成, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
114. 崎田享平,村上正徳,井川和宣,友岡克彦, オゾンによるγ-シリルアリルアルコールの立体選択的な酸素官能基化, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
115. K. Igawa, M. Murakami, K. Tomooka, Enantioselective Hydroalumination of Prochiral Propargylic Alcohol: An Efficient Stereoselective Approach to Functionalized Chiral tert-Alcohol, ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Bioactiversity and Natural Product, 2006.07.
116. 井川和宣,高田純子,宮坂祥司,会田渉,友岡克彦, 環状ジアルコキシシランのδ-脱離反応による光学活性シラノールの不斉合成, 日本化学会第86季年会, 2006.03.
117. 井川和宣,友岡克彦, プロパルギル系ヒドロアルミニウム化反応における γ-シリル置換基の顕著な活性化効果, 第88回有機合成シンポジウム, 2005.10.
118. 井川和宣,高田純子,友岡克彦, 光学活性シラノールの不斉合成, 第87回有機合成シンポジウム, 2005.06.
119. 高田純子,会田渉,齊藤大介,井川和宣,友岡克彦, ジアルコキシシラン系カルボアニオン転位を活用した四級不斉炭素の構築, 日本化学会第85季年会, 2005.03.
120. 高田純子,井川和宣,友岡克彦, 環状シロキサンのエナンチオ選択求核置換反応の機構研究, 日本化学会第85季年会, 2005.03.
121. 村上正徳,崎田享平,井川和宣,友岡克彦, エナンチオ選択的ヒドロアルミニウム化反応による多官能基化されたアルコール類の不斉合成, 日本化学会第85季年会, 2005.03.
122. 村上正徳,井川和宣,友岡克彦, 不斉非対称化を伴うエナンチオ選択的ヒドロアルミニウム化反応の機構研究と応用, 日本化学会第85季年会, 2005.03.
123. 井川和宣,友岡克彦, 鎖状系アシロイン転位の開発とその立体化学, 日本化学会第81季年会, 2002.03.
124. M. Kikuchi, K. Igawa, M. Suzuki, P.-H. Keong T. Nakai and K. Tomooka, Stereoselective Total Synthesis of Zaragozic Acid A, 18th International Congress of Heterocyclic Chemistry (18th ICHC), 2001.07.
特許出願・取得
特許出願件数  3件
特許登録件数  3件
その他の優れた研究業績
2019.01, 先導物質化学研究所の若手研究者で構成される研究組織「先導物質科学の創成」を組織代表者として設立した..
2018.09, 先導物質化学研究所へのキラル分子科学拠点形成を提案し,若手研究環境整備経費による設置を推進した..
学会活動
所属学会名
ケイ素化学協会
有機合成化学協会
日本化学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2020.06.25~2020.06.27, 第55回天然物化学談話会, 実行委員長.
2017.03.20~2017.03.20, 日本化学会特別企画「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム, 実行委員.
2016.03.16~2016.03.16, 日本化学会特別企画「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム, 実行委員.
2018.03.20~2018.03.23, 日本化学会第98春季年会, 座長(Chairmanship).
2017.03.16~2017.03.20, 日本化学会第97春季年会, 座長(Chairmanship).
2016.03.24~2016.03.27, 日本化学会第96春季年会, 座長(Chairmanship).
2015.06.09~2015.06.10, 第5回CSJ化学フェスタ2015, 座長(Chairmanship).
2015.06.09~2015.06.10, 第107回有機合成シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2015.03.26~2015.03.29, 日本化学会第95季年会, 座長(Chairmanship).
2014.06.10~2012.06.11, 第105回有機合成シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2013.03.27~2013.03.29, 日本化学会第94季年会, 座長(Chairmanship).
2013.07.16~2013.07.19, The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry, 座長(Chairmanship).
2013.03.22~2013.03.25, 日本化学会第92季年会, 座長(Chairmanship).
2011.09.28~2011.09.28, 「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.06.06~2012.06.12, 第101回有機合成シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.03.25~2012.03.28, 日本化学会第92季年会, 座長(Chairmanship).
2011.11.29~2011.11.29, 「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム, 座長(Chairmanship).
2010.03.26~2010.03.30, 日本化学会第90季年会, 座長(Chairmanship).
2009.03.27~2009.03.30, 日本化学会第89季年会, 座長(Chairmanship).
2008.03~2008.06.21, 日本化学会第88季年会, 座長(Chairmanship).
2007.03~2008.06.21, 日本化学会第87季年会, 座長(Chairmanship).
2006.12~2008.06.21, 第52回有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2006.03~2006.06.21, 日本化学会第86季年会, 座長(Chairmanship).
2005.11~2005.11, 第50回有機合成化学協会関東支部シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2005.03, 日本化学会第85季年会, 座長(Chairmanship).
2016.03.24~2016.03.24, 日本化学会特別企画「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム, 実行委員.
2015.10.13~2016.10.15, 第5回CSJ化学フェスタ, シンポジウム企画.
2015.05.16~2015.05.16, 第25回記念万有福岡シンポジウム, 実行委員.
2015.03.26~2015.03.26, 日本化学会特別企画「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム, 実行委員.
2014.09.17~2014.09.19, 第31回有機合成化学セミナー, 実行委員.
2014.03.27~2014.03.27, 日本化学会特別企画「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム, 実行委員.
2013.07.16~2013.07.19, The First Asian Conference for "MONODUKURI" Strategy by Synthetic Organic Chemistry, 実行委員.
2013.03.22~2013.03.22, 日本化学会特別企画「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム, 実行委員.
2012.09.28~2012.09.30, 「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム, 実行委員.
2012.07.04~2012.07.06, 第47回天然物化学談話会, 実行委員.
2011.11.29~2011.11.29, 「有機合成化学を起点とするものづくり戦略」ミニシンポジウム.
2008.12.20~2008.12.21, Chemistry of Organic &Polymer Materials for Ubiquitous ICT, 実行委員.
2008.09.08~2008.09.10, 第25回有機合成化学シンポジウム, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度      
受賞
宇部興産学術振興財団第57回学術奨励賞, 宇部興産学術振興財団, 2017.06.
Banyu Chemist Award, 公益財団法人 万有生命科学振興国際交流財団 , 2014.12.
ケイ素化学協会奨励賞, ケイ素化学協会, 2014.10.
若い世代の特別講演会賞, 日本化学会, 2013.03.
有機合成化学奨励賞, 有機合成化学協会, 2013.02.
有機合成化学協会九州山口支部優秀論文賞, 有機合成化学協会九州山口支部, 2010.12.
Thieme Chemistry Journal Award 2009, Thieme Chemistry, 2009.01.
第50天然有機化合物討論会奨励賞, 天然有機化合物討論会, 2008.12.
有機合成化学協会研究企画賞, 有機合成化学協会, 2006.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 挑戦的研究(開拓), 代表, キラルケイ素テクノロジーの開拓.
2015年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, シラカルボン酸誘導体の創製と応用.
2012年度~2015年度, 基盤研究(B), 代表, 高度に官能基化されたキラルケイ素化合物の不斉合成とその応用.
2010年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, キラル有機ケイ素化合物の不斉合成とその応用.
2007年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 光学活性な有機ケイ素化合物の創製と応用.
2004年度~2007年度, 特定領域研究(A)特定領域研究(B), 分担, カルボアニオン転位を基盤とする不斉分子構築法の開発.
2006年度~2008年度, 若手研究(B), 代表, エナンチオ選択的ヒドロアルミニウム化反応の開発とキラル3級アルコールの不斉合成.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2009年度~2012年度, 産業技術研究助成事業(若手研究グラント), 分担, 先端光学材料と輸送機器の窓ガラスの樹脂化を指向した新しい高屈折率透明樹脂の開発.
寄附金の受入状況
2017年度, 柿原科学技術研究財団, 柿原科学技術研究財団研究助成/キラルケイ素分子の不斉合成と革新的医薬品開発への応用.
2017年度, 徳山科学技術振興財団, 徳山科学技術振興財団研究助成/4,8-ジアザシクロノニン(DACN)の高いクリック反応性を活用した分子連結法の開発と応用.
2017年度, 宇部興産学術振興財団, 宇部興産学術振興財団第57回学術奨励賞/生理活性を有するキラルケイ素分子の創製と応用.
2009年度, 住友財団, 生体機能分子のケイ素アナログ合成を指向したキラルケイ素化合物の不斉合成研究.
2006年度, ダイセル化学工業株式会社, 有機合成化学協会研究企画賞/光学活性有機ケイ素化合物の不斉合成とその応用.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」