九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
吉原 雅子(よしはら まさこ) データ更新日:2020.06.07

准教授 /  人文科学研究院 哲学部門 倫理学


主な研究テーマ
当為を含む判断の形式と推論についての考察
事実から当為を導く議論について、言語の観点からの考察
自由意志と因果的決定論の両立可能性についての考察
道徳法則と個別的な道徳判断との関連についての考察
指示的に不透明な文脈に関するパズルの分析
キーワード:事実と当為, 自由意志, 指示の理論
2004.04.
従事しているプロジェクト研究
哲学分野における男女共同参画と若手研究者育成に関する論理・実践的研究
2017.04~2019.03, 代表者:和泉ちえ, 千葉大学, 日本哲学会.
摂食障害患者を抱える家族の生活支援体制構築に関する研究
2015.10~2016.03, 代表者:山下亜紀子, 九州大学
摂食障害患者を抱える家族の生活支援体制の学際的研究。社会学、心身医学、倫理学見地から家族の支援ニーズを包括的にとらえる点に特色がある。.
テキストマイニング研究
2015.04, 代表者:大賀哲, 九州大学法学研究院.
研究業績
主要原著論文
1. 吉原雅子, クリプキのパズル, お茶の水女子大学人文科学紀要 , 第55巻 25-35頁, 2002.03.
2. 吉原雅子, IsからOughtは導けるか, お茶の水女子大学人間文化研究年報 , 第25号 1-8頁, 2002.03.
3. 吉原雅子, 自己知の一人称権威について, お茶の水女子大学人文科学紀要 , 第56巻 51-61頁, 2003.03.
4. 吉原雅子, 自然法、女性の権利、人工妊娠中絶, お茶の水女子大学人間文化研究年報 , 第27号 28-35頁, 2004.03.
5. 吉原雅子, 宝くじのパラドクス, お茶の水女子大学人文科学研究, 第2巻, 2006.03.
6. 吉原雅子, 行為の選択可能性と責任, 昭和女子大学人間社会科学部紀要 , 第796号14-23頁, 2007.04.
7. 吉原雅子, 何を信じているかを決める方法, 人間文化論叢 , 第一巻 77-84頁, 1999.03.
8. 吉原雅子, 信念文が不透明性である理由, 科学基礎論学会 「科学基礎論研究 」, 第94号 15-20頁, 2000.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 吉原雅子, 信念文の不透明性について, 科学基礎論学会, 1998.06.
学会活動
所属学会名
西日本哲学会
科学基礎論学会
科学哲学会
日本倫理学会
日本哲学会
学協会役員等への就任
2019.06, 日本哲学会, 男女共同参画ワーキンググループ座長.
2019.06, 人文社会科学系学協会男女共同参画推進連絡会, 副会長.
2019.06, 日本哲学会, 理事.
2019.06, 日本哲学会, 評議員.
2018.03~2019.09, 人文社会科学系学協会男女共同推進連絡会, 役員.
2015.08~2017.05, 日本哲学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.03.31~2018.03.31, GEAHSS発足公開シンポジウム 人文社会系学協会における男女共同参画をめざして.
2017.05.21~2017.05.21, 日本哲学会第76回大会, 男女共同参画・若手研究者支援ワークショップ 「どう変わる!日本哲学会」提題者.
2016.12.03~2016.12.03, 西日本哲学会2016年度大会 , ワークショップコーディネーター・司会.
2015.09.26~2015.09.26, 九州大学哲学会平成27年度大会, シンポジウム特定質問者.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.07~2020.06, 日本哲学会『哲学』, 国内, 編集委員.
2013.04~2018.03, 九州大学哲学会報, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」