九州大学 研究者情報
発表一覧
谷口 陽祐(たにぐち ようすけ) データ更新日:2020.06.25

准教授 /  薬学研究院 創薬科学部門 医薬化学


学会発表等
1. 宮本 奈津、阿部 由紀子、北﨑 健太郎、高崎 隼颯、谷口 陽祐、佐々木 茂貴, 反応性人工核酸を用いた効率的なRNA糖部2'OH基選択的アセチル化, 日本薬学会第140回年会, 2020.03.
2. 納富 亮大朗、谷口 陽祐、小薄 孝行、佐々木 茂貴, 3本鎖DNA形成領域の拡張を目指した5-メチルCG塩基対を認識可能な人工核酸の開発, 日本薬学会第140回年会, 2020.03.
3. 長田 悠佑、谷口 陽祐、相良 委公子、菊川 誉也、佐々木 茂貴, DNA配列中での8-オキソグアノシン発生位置検出を目指したデアザプリン人工ヌクレオチドの開発と評価, 日本薬学会第140回年会, 2020.03.
4. 宮本 奈津、北﨑 健太郎、高崎 隼颯、谷口 陽祐、佐々木 茂貴, 人工核酸を用いたRNA糖部2’OH基選択的アセチル化, 第36回日本薬学会九州支部大会, 2019.11.
5. 桜田 喬登、谷口 陽祐、長田 悠佑、佐々木 茂貴, γ-アミドトリリン酸の簡易的な合成法の確立と酵素伸長反応への利用, 第36回日本薬学会九州支部大会, 2019.11.
6. 菊田 健司、都甲 典宏、大城 郁也、原田 額郎、谷口 陽祐、佐々木 茂貴, 官能基転移人工核酸によるmRNA部位特異的修飾と翻訳への効果の検討, 第36回日本薬学会九州支部大会, 2019.11.
7. 納富 亮大朗、谷口 陽祐、小薄 孝行、佐々木 茂貴, 三本鎖DNA中で5-メチルCG塩基対を認識可能な人工核酸の合成と評価, 第36回日本薬学会九州支部大会, 2019.11.
8. 長田 悠佑、谷口 陽祐、相良 委公子、菊川 誉也、佐々木茂貴, 8-オキソグアノシン選択的認識を目指したデアザプリン人工ヌクレオチドの開発と評価, 第36回日本薬学会九州支部大会, 2019.11.
9. Natsu MIyamoto, Kentaro Kitazaki, Hayate Takasaki, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Site-specific and efficient acetylation of the 2'-OH of RNA by the reactive oligonucleotide, 第46回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2019), 2019.10.
10. Ryotaro Notomi, Yosuke Taniguchi, Takayuki Osuki, Shigeki Sasaki, Development of artificial nucleoside for 5-methyl CG base pair recognition in antiparallel triplex DNA, 第46回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2019), 2019.10.
11. Mariko Aso, Ayaka Kinjo, Yukiko Abe, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Labeling of DNA-interacting protein using oligodeoxynucleotides that induce solvatochromic fluorophore, 第46回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2019), 2019.10.
12. Yusuke Nagata, Yosuke Taniguchi, Ikuko Sagara, Yoshiya KIkukawa, Shigeki Sasaki, Synthesis and evaluation of deazapurine nucleotide analogue selectivity recognizing 8-oxo-2'-deoxyguanosine in DNA, 第46回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2019), 2019.10.
13. Hui Shi, Yizhen Yin, Shigeki Sasaki, Yosuke Taniguchi, Development of 7,8-disubstituted 7-deazadG nucleotide derivatives as 8-oxo-dG triphosphatase inhibitors, 第46回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2019), 2019.10.
14. 谷口陽祐、菊川誉也、相良委公子、長田悠佑、佐々木茂貴, 酸化損傷塩基を認識可能なフェノキサジン環を有する人工ヌクレオチドの合成と機能評価, 第45回反応と合成の進歩シンポジウム, 2019.10.
15. 谷口陽祐, 損傷DNAを配列特異的に増やす、探る人工核酸, 第92回日本生化学会大会, 2019.09.
16. 納富亮大朗、谷口陽祐、小薄孝行、佐々木茂貴, 5-メチルCG塩基対を認識し3本鎖DNA形成を可能にする人工核酸の開発, 第13回バイオ関連化学シンポジウム2019, 2020.01.
17. 麻生真理子、金城綾香、阿部由紀子、谷口陽祐、佐々木茂貴, 反応性核酸を用いた、ターンオン蛍光を伴う部位特異的リジン修飾, 第13回バイオ関連化学シンポジウム2019, 2019.09.
18. 長田悠佑、谷口陽祐、相良委公子、菊川誉也、佐々木茂貴, 8-オキソグアノシンを選択的に認識するデアザプリン人工ヌクレオチドの開発, 第31回若手研究者のためのセミナー, 2019.08.
19. Yosuke Taniguchi, Lei Wang, Hidenori Okamura and Shigeki Sasaki, Design and synthesis of the pseudo-dC derivatives for the formation of an antiparallel type of triplex DNA, 2019.07.
20. 納富亮大朗、谷口陽祐、小薄孝行、佐々木茂貴, 5-メチルCG塩基対の認識を目指した3本鎖DNA形成人工核酸の開発, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
21. 長田悠佑、谷口陽祐、相良委公子、菊川誉也、佐々木茂貴, 8-オキソグアノシンを選択的に認識するデアザプリン人工ヌクレオチドの開発, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
22. 宮本奈津、北﨑健太郎、高崎隼颯、谷口陽祐、佐々木茂貴, 人工核酸による効率的なRNA糖部2’OH選択的アセチル化, 第56回化学関連支部合同九州大会, 2019.07.
23. Kenji Kikuta, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Inducible cross-linking reaction of the oligonucleotide containing the 4-vinylpyrimidin-2-one nucleoside to mRNA and the effect on the translation, 日本核酸医薬学会第5回年会, 2019.07.
24. 小薄 孝行、谷口 陽祐、真方 裕哉、佐々木 茂貴, 三本鎖形成配列の拡張を目的としたC-ヌクレオシド誘導体の合成と評価, 日本ケミカルバイオロジー学会第14回年会, 2019.06.
25. Yosuke Taniguchi, Hidenori Okamura, Lei Wang and Shigeki Sasaki, Development of non-natural type anti-parallel triplex DNA formation using TFOs containing artificial nucleoside analogues, The 27th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, 2019.05.
26. Gakuro Harada, Kenji Kikuta, Yosuke Taniguchi and Shigeki Sasaki, Pin-point Chemical Modification of mRNA and its Effect on the Translation, The 27th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, 2019.05.
27. 谷口 陽祐, 臨床試験中および実用化された核酸医薬, 日本薬学会第139回年会, 2019.03.
28. 丸山 健登、Ninticha THAVONCHAROENSUB、重松 慶治、佐々木 茂貴、谷口 陽祐, 酸化損傷核酸のγ位修飾体による修復酵素への結合と活性阻害評価, 日本薬学会第139回年会, 2019.03.
29. 石 卉、尹 貽貞、佐々木 茂貴、谷口 陽祐, 7,8修飾7-デアザグアノシントリリン酸誘導体によるhMTH1阻害剤の開発, 日本薬学会第139回年会, 2019.03.
30. 小薄 孝行、谷口 陽祐、真方 裕哉、佐々木 茂貴, 三本鎖形成配列の拡張を目的としたTA塩基対認識可能なC-ヌクレオシド誘導体の合成と評価, 日本薬学会第139回年会, 2019.03.
31. 北﨑 健太郎、宮本 奈津、高崎 隼颯、谷口 陽祐、佐々木 茂貴, 反応性人工核酸による中性水溶液中での選択的RNA2'OHアセチル化, 日本薬学会第139回年会, 2019.03.
32. Aso, Mariko; Kinjo Ayaka; Abe Yukiko; Taniguchi, Yosuke; Sasaki, Shigeki, Synthesis and reaction of oligodeoxynucleotidesthat induce solvatochromic fluorescent lactam by lysine modification, 日本化学会第99春季年会(2019), 2019.03.
33. Yosuke Taniguchi, Triplex DNA as an antigene method: Design, synthesis and evaluation of artificial nucleic acid, Kyushu University-University Malaya Pharmacy Symposium 2018, 2018.11.
34. Yosuke Taniguchi, Lei Wang, Hidenori Okamura, Shigeki Sasaki, Development of the pseudo-dC derivatives for thre recognition of CG inversion sites by an antiparallel triplex DNA for the antigenestrategy, Functional Nucleic Acids (FNA) PERTH 2018, 2018.11.
35. 丸山健登、重松慶治、石卉、佐々木茂貴、谷口陽祐 , 酸化損傷核酸のトリリン酸γ位修飾体による修復酵素hMTH1への結合と活性阻害評価, 第35回日本薬学会九州支部大会, 2018.11.
36. 石卉、尹胎貞、佐々木茂貴、谷口陽祐 , hMTH1に強く結合し活性阻害能を有する7,8-ジ置換-7-デアザグアノシントリリン酸誘導体の開発, 第35回日本薬学会九州支部大会, 2018.11.
37. 小簿孝行、谷口陽祐、真方祐哉、佐々木茂貴, 三本鎖DNA中のTA塩基対認識可能なC-ヌクレオシド誘導体の合成と評価, 第35回日本薬学会九州支部大会, 2018.11.
38. Takayuki Osuki, Yosuke Taniguchi, Yuya Magata, Shigeki Sasaki, Developmentof C-nucleoside analogues for a TA base pair recognition in antiparallel triplex DNA, 第45回国際核酸化学シンポジウム, 2018.11.
39. Kenji Kikuta, Jan Barta, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Synthesis and Evaluation of Photoactive Nucleic Acid Analogues for RNA Acetylation, 第45回国際核酸化学シンポジウム, 2018.11.
40. Mariko Aso, Chiemi Gatanaga, Chiyoe Ota, Go Hirai, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Synthesisof Oligodeoxynucleotides for Lysine Modification to Induce Solvatochromic FluorescentLactam, 第45回国際核酸化学シンポジウム, 2018.11.
41. Hui Shi, Zhen Yi Yin, Shigeki Sasaki, Yosuke Taniguchi, Synthesisand evaluation of 7,8-disubstituted 7-deazad-dGTP derivatives as hMTH1 Inhibitors, 第45回国際核酸化学シンポジウム, 2018.11.
42. Lei Wang, Yosuke Taniguchi, Hidenori Okamura, Shigeki Sasaki, Chemicalmodifications of aminopyridine unit of 2'-deoxyaminopyridinyl-pseudocytidine totune the recognition ability for the formation of the triplex DNA with CG inversion sites, 第45回国際核酸化学シンポジウム, 2018.11.
43. 北﨑健太郎、高崎隼颯、谷口陽祐、佐々木茂貴, 触媒基を搭載した人工核酸による配列特異的なRNA糖部2'OHアセチル化, 第44回反応と合成の進歩シンポジウム, 2018.11.
44. Yosuke Taniguchi, Design and Synthesis of Artificial nucleoside Analogue for the Expansion of the Triplex DNA Forming Code with High Stability and Selectivity, Asian 3 Roundtable on Nucleic Acids A3RONA 2018, 2018.09.
45. 石卉、尹胎貞、佐々木茂貴、谷口陽祐, 7,8位修飾デアザプリン核酸誘導体の合成と酵素阻害能の評価, 第48回複素環討論会, 2018.09.
46. 丸山健登、重松慶治、石卉、佐々木茂貴、谷口陽祐, γ位修飾トリリン酸によるhMTH1への結合と活性阻害評価, 第30回若手研究者のためのセミナー, 2018.09.
47. Kenji KIkuta, Piao Haishun, John Brazier Kazumitsu Onizuka, Fumi Nagatsugi, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Intra-strand Cross-link Promotes Formation of i-motif structures, XXIII International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 2018.08.
48. Yosuke Taniguchi, Hui Shi, Yoshiharo Shigematsu, Shigeki Sasaki, Synthesis and evaluation of modified 7-deaza-dG triphosphate derivatives for 8-oxo-dGTP mimicry, XXIII International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 2018.08.
49. Shigeki Sasaki, Ikuya Oshiro, Takuya, Matsumoto, Gakuro Harada, Yosuke Taniguchi, Application of the Functionality Transfer Oligonucleotide for the Site-Selective Internal Labeling of RNA, XXIII International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 2018.08.
50. 原田額郎、大城郁也、菊田健司、谷口陽祐、佐々木茂貴, 官能基転移反応による翻訳系に対する影響評価法の確立, 第4回日本核酸医薬学会, 2018.07.
51. 菊田健司、Jan Barta 、谷口陽祐、佐々木茂貴, 人工核酸塩基を用いたRNAの光アセチル化反応の検討, 第4回日本核酸医薬学会, 2018.07.
52. 王磊、谷口陽祐、岡村秀紀、佐々木茂貴, Substitution effect on aminopyridinyl-pseudodeoxycytidine derivatives on the selectivity and stability of antiparallel triplex DNA with CG inversion site, 第4回日本核酸医薬学会, 2018.07.
53. 丸山健登、重松慶治、石卉、佐々木茂貴、谷口陽祐, トリリン酸γ位修飾体による酸化損傷修復酵素への結合と活性阻害評価, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
54. 小簿孝行、谷口陽祐、真方祐哉、佐々木茂貴, TA塩基対認識能の向上を目指したC-ヌクレオシド誘導体の合成と3本鎖形成能の評価, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
55. 菊田健司、Jan BARTA、谷口陽祐、佐々木茂貴, 人工核酸塩基によるRNAの光アセチル化反応の検討, 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年, 2018.06.
56. 石卉、尹胎貞、佐々木茂貴、谷口陽祐, hMTH1活性阻害能を有する7,8-置換-7-デアザグアノシントリリン酸誘導体の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第13回年会, 2018.06.
57. 北﨑健太郎、高崎隼颯、谷口陽祐、佐々木茂貴, RNA糖部2'位OH基を配列特異的に修飾する人工核酸の開発, 日本薬学会第138回年会, 2018.03.
58. 真方祐哉、谷口陽祐、岡村秀紀、佐々木茂貴, 3本鎖DNA中のTA塩基対の認識を目指したC-ヌクレオシドの合成と3本鎖形成能評価, 日本薬学会第138回年会, 2018.03.
59. 楊昊、谷口陽祐、岡村秀紀、Lei WANG、佐々木茂貴, CpGアイランドを認識する人工ペプチド核酸の設計と合成, 日本薬学会第138回年会, 2018.03.
60. 菊田健司、Jan BARTA、谷口陽祐、佐々木茂貴, 光誘起能をもつRNAアシル化反応の検討, 日本薬学会第138回年会, 2018.03.
61. Yosuke Taniguchi, Synthesis and evaluation of substituted 7-deazadGtriphosphate derivatives as hMTH1 inhibitors, KU-NTU Joint International Symposium , 2018.03.
62. 谷口陽祐 , 非ワトソンクリック型水素結合可能な人工核酸による非天然型3本鎖DNA形成とその核酸医薬への展開, 非ワトソン・クリック型核酸に関する九州地区セミナー, 2018.03.
63. 真方祐哉、谷口陽祐、岡村秀紀、佐々木茂貴, DNA中のTA塩基対の認識を目指した C-ヌクレオシドの合成と機能評価, 第34回日本薬学会九州支部大会, 2017.11.
64. 北﨑健太郎、高崎隼颯、谷口陽祐、佐々木茂貴 , 糖部 2' 位 OH 基を配列特異的に修飾する人工核酸の開発, 第34回日本薬学会九州支部大会, 2017.11.
65. Kenji Kikuta, Jan Barta, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, An Attempt to Photo-induced RNA Acetylation byOligonucleotides Containing 1-Acetyl-7-nitroindolines, The 1st Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry, 2017.11.
66. Lei Wang, Yosuke Taniguchi, Hidenori Okamura,Shigeki Sasaki, Effect of the 3-position modifications of the 2-deoxyaminopyridinyl-pseudocytidine derivatives on the selectivity and stability of antiparallel triplex DNA with a CG inversion site, The 1st Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry, 2017.11.
67. Yuya Magata, Yosuke Taniguchi, Hidenori Okamura,Shigeki Sasaki, Synthesis and evaluation of nucleoside analoguesfor the recognition of a TA base pair within the triplex DNA, The 1st Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry, 2017.11.
68. Hao Yang, Yosuke Taniguchi, Hidenori Okamura, LeiWang, Shigeki Sasaki, Design and synthesis of peptide nucleic acids (PNA)for binding to CpG island, The 1st Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry, 2017.11.
69. 谷口陽祐、岡村秀紀、王磊、佐々木茂貴, CG塩基対を選択的に認識する擬シチジン誘導体の合成と3本鎖DNA形成能の機能評価, 第43回反応と合成の進歩シンポジウム, 2017.11.
70. 谷口陽祐、尹貽貞、石卉、重松慶治、佐々木茂貴, 8位修飾7デアザグアノシン誘導体による核酸修復酵素阻害剤の創製, 第35回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2017.10.
71. 菊田健司、朴海順 、John Brazier、鬼塚和光 、永次史 、谷口陽祐 、佐々木茂貴, 誘起反応性アルキル架橋剤を用いたmRNAのアンチセンス阻害と i-motifの安定化, 日本核酸医薬学会第3回年会、札幌, 2017.07.
72. 北﨑健太郎、高崎隼颯、谷口陽祐、佐々木茂貴, RNA糖部2'位のOH基を位置特異的に修飾する人工核酸の開発, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
73. 真方祐哉、谷口陽祐、岡村秀紀、佐々木茂貴, 3本鎖DNA中のTA塩基対の認識を目指した人工核酸の合成と3本鎖形成能評価, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
74. 相良委公子、谷口陽祐、菊川誉也、佐々木茂貴 , 8-Oxo-dG認識の向上を目指した2-Chloro-Adapの合成と評価, 第54回化学関連支部合同九州大会, 2017.07.
75. 谷口陽祐、尹貽貞、石卉、重松慶治、佐々木茂貴 , 核酸修復酵素阻害剤を目指した損傷類似人工核酸の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会, 2017.06.
76. 王 磊, 谷口 陽祐, 岡村 秀紀, Shigeki Sasaki, 3 本鎖 DNA 中の CG 塩基対を選択的に認識するハロゲン化擬シチジン誘導体の合成と機能評価, 日本薬学会第137回年会, 2017.03.
77. 石 卉, 尹 貽貞, Shigeki Sasaki, 谷口 陽祐, hMTH1 と強く結合可能なデアザ dGTP 誘導体の開発, 日本薬学会第137回年会, 2017.03.
78. 真方 祐哉, 谷口 陽祐, 岡村 秀紀, 佐々木 茂貴, 3 本鎖 DNA 中の TA 塩基対を選択的に認識可能な人工核酸の合成, 日本薬学会第137回年会, 2017.03.
79. 松本 卓也, 大城 郁也, 實崎 大地, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 長鎖 mRNA に対する部位特異的化学修飾を利用した翻訳制御の評価, 日本薬学会第137回年会, 2017.03.
80. 菊田 健司, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, クロスリンクを RNA 部位特異的に形成する人工核酸の開発と翻訳制御の検討, 日本薬学会第137回年会, 2017.03.
81. 高崎 隼颯, 羽田野 友理恵, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, RNAの2’位水酸基を部位特異的に修飾する人工核酸の開発, 第33回日本薬学会九州支部大会, 2016.12.
82. 宮﨑 芽依, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, N2-フェニル置換グアノシン誘導体によるPhdG/GC3重鎖塩基対特異性の向上, 第33回日本薬学会九州支部大会, 2016.12.
83. 石 卉, 尹 胎貞, 佐々木 茂貴, 谷口 陽祐, hMTH1結合分子としての8-置換-7-デアザグアノシントリリン酸誘導体の開発, 第33回日本薬学会九州支部大会, 2016.12.
84. 谷口 陽祐, 岡村 秀紀, 佐々木 茂貴, 非天然型3本鎖DNA形成可能な擬シチジン誘導体の開発とアンチジーン核酸医薬の創製, 第34回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2016.11.
85. 谷口 陽祐, 岡村 秀紀, 佐々木 茂貴, アンチパラレル型3本鎖DNA形成可能な擬シチジン誘導体の開発と遺伝子発現制御法への展開, 日本核酸医薬学会第2回年会, 2016.11.
86. 菊田 健司, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, クロスリンク核酸によるmRNAの化学修飾と翻訳への影響, 第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016.11.
87. 菊川 誉也, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, DNA中の酸化損傷塩基の増幅反応に利用可能な人工核酸の合成と機能評価, 第42回反応と合成の進歩シンポジウム, 2016.11.
88. Hidenori Okamura, Lei Wang, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Antigene effect of triplex forming oligonucleotide incorporating the new Y-dC derivative for the selective recognition of CG basepairs in the anti-parallel triplex DNA, 第43回国際核酸化学シンポジウム, 2016.09.
89. Yosuke Taniguchi, Yizhen Yin, Shigeki Sasaki, Development of 8-halo-7-deazadGTP analogues for hMTH1 inhibitor, The First A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub, 2016.09.
90. 菊川 誉也, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 人工塩基を用いた酸化損傷塩基の増幅検出法の開発, 第28回若手研究者のためのセミナー, 2016.08.
91. Yosuke Taniguchi, Yizhen Yin, Shigeki Sasaki, Design and Development of oxidation nucleoside analogs for the inhibition of their repair enzymes, XXIIInternational Roundtable on Nucleosides Nucleotides and Nucleic Acids, 2016.07.
92. 高崎 隼颯, 羽田野 友里恵, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, RNAの2’位水酸基を配列特異的に修飾する人工核酸の開発, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
93. 宮﨑 芽依, 谷口 陽祐, 松枝 望, 佐々木 茂貴, GC塩基対に対する 親和性の向上を目指したN-2置換グアノシン誘導体の開発, 第53回化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
94. 大城 郁也, 實崎 大地, 松本 卓也, 谷口 陽祐, Shigeki Sasaki, RNA部位特異的化学修飾能を持つ官能基転移核酸の開発と遺伝情報制御法への展開, 第14回次世代を担う有機化学シンポジウム, 2016.05.
95. 谷口 陽祐, 尹 貽貞, 佐々木 茂貴, Development of the oxidative nucleoside analogues for their repair enzyme inhibitor, The 25th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, 2016.05.
96. 菊田健司, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Development of pyrimidine nucleoside analogs as inducible cross-linking agents for nucleic acids, The 25th French-Japanese Symposium on Medicinal and Fine Chemistry, 2016.05.
97. 菊田健司, 朴海順, John Brazier, 鬼塚和光, 永次史, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 誘起反応性クロスリンク核酸の開発と四本鎖 i-motif DNA の安定化, 第26回万有福岡シンポジウム, 2016.05.
98. 菊川誉也, 谷口 陽祐, 谷口 陽祐, 酵素反応におけるAdap誘導体の8-oxodG塩基選択性向上の検討, 日本薬学会第135回年会, 2015.03.
99. 和田真由子, 佐々木 茂貴, 谷口 陽祐, 8-Oxo-2'-deoxyguanosineに類似したヌクレオシド誘導体の合成, 日本薬学会第135回年会, 2015.03.
100. 大城郁也, 實崎大地, 西本篤史, 鬼塚和光, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, ピリミジン型機能性核酸を用いた金属応答性アデニン選択的RNA化学修飾法の開発, 日本薬学会第135回年会, 2015.03.
101. 菊田健司, 朴海順, 西本篤史, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 鎖内クロスリンクによるi-motifの安定化, 日本薬学会第135回年会, 2015.03.
102. 實崎大地, 鬼塚和光, 西本篤史, 大城郁也, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 部位特異的mRNA化学修飾能をもつ機能性人工核酸を用いた翻訳制御の検討, 日本薬学会第135回年会, 2015.03.
103. 岡村秀紀, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, CG障害部位を選択的に認識する擬シチジン誘導体の合成と3本鎖形成能の評価, 日本薬学会第135回年会, 2015.03.
104. 菊田健司, 西本篤史, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 細胞内還元環境によって活性化されるクロスリンク核酸の開発, 第31回日本薬学会九州支部大会, 2014.12.
105. 和田真由子, 谷口 陽祐, 尹 貽貞, 佐々木 茂貴, 8-Oxodeoxyguanosine ミミックを目指したヌクレオシド誘導体の合成, 第31回日本薬学会九州支部大会, 2014.12.
106. 實崎大地, 鬼塚和光, 西本篤史, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 機能性人工核酸を用いた部位特異的 mRNA 化学修飾および翻訳制御の検討, 第32回メディシナルケミストリーシンポジウム, 2014.11.
107. 實崎大地, 鬼塚和光, 西本篤史, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 遷移金属との錯体形成により飛躍的に加速される配列およびシトシン特異的なRNA 化学修飾法の開発, 第40回反応と合成の進歩シンポジウム, 2014.11.
108. 岡村秀紀, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Specific recognition of CG base pairs by novel pseudo-cytidine derivatives in antiparallel DNA triplexes, 第41回国際核酸化学シンポジウム, 2014.11.
109. 大城郁也, 實崎大地, 西本篤史, 鬼塚和光, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Adenine-specific RNA modification by functionality-transfer ODN catalyzed by transition metal cations, 第41回国際核酸化学シンポジウム, 2014.11.
110. 尹貽貞, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Base pairing and enzymatic properties of 8-halogenated-7-deaza-2’-deoxyguanosine as 8-oxo-2’-deoxyguanosine analogues, 第41回国際核酸化学シンポジウム, 2014.11.
111. 菊川誉也, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Development of non-natural nucleotide (Adap) derivatives for the detection of 8-oxodG in DNA, 第41回国際核酸化学シンポジウム, 2014.11.
112. Piao Haishun, 菊田健司, 西本篤史, John Brazier, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Stabilization of i-motif structure by intrastrand cross-link formation, 第41回国際核酸化学シンポジウム, 2014.11.
113. Jan Barta, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, New perspectives for 2'-Deoxycytidine deamination, 第41回国際核酸化学シンポジウム, 2014.11.
114. 谷口 陽祐, 岡村秀紀, 佐々木 茂貴, Development of triplex-forming oligonucleotide having artificial nucleoside analogues to inhibit the gene expression as an antigene strategy, DPhG Jahrestagung 2014/ Annual meeting, 2014.09.
115. 菊川誉也, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 酵素反応によるDNA中の8-oxodG検出を目指したAdap誘導体の開発, 第8回バイオ関連化学シンポジウム, 2014.09.
116. 谷口 陽祐, 菊川誉也, 佐々木 茂貴, 酸化損傷塩基を認識するフェノキサジン環を有する核酸誘導体の合成と機能評価, 第44回複素環討論会, 2014.09.
117. 岡村秀紀, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, CG塩基対を選択的に認識可能な擬シチジン誘導体の合成と3本鎖形成能評価, アンチセンスシンポジウム・遺伝子・デリバリーシンポジウム2014, 2014.09.
118. 大城郁也, 實崎大地, 西本篤史, 鬼塚和光, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, ピリミジン型機能性核酸を用いた金属応答性アデニン選択的RNA修飾法の開発, アンチセンスシンポジウム・遺伝子・デリバリーシンポジウム2014, 2014.09.
119. 岡村秀紀, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Selective CG base pair recognition by pyrimidine nucleosideanalogues in all four flanking pairs within antiparallel triple helix DNA, XXI Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 2014.08.
120. 谷口 陽祐, 菊川 誉也, 深掘 慶太郎, 古賀 洋平, 佐々木 茂貴, Detection of 8-oxo-2'deoxyguanosine in DNA using theprobe containing adenosine-1,3-diazaphenoxadine-4-on derivatives, XXI Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, 2014.08.
121. 大城郁也, 實崎大地, 西本篤史, 鬼塚和光, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 金属応答性ピリミジン型機能性人工核酸を用いたアデニン特異的RNA修飾法の開発と機能解明, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
122. 菊川 誉也, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Adap誘導体を用いた酵素反応における8-oxodG塩基選択性の向上の検討, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
123. 菊川 誉也, 谷口 陽祐, 深堀 慶太郎, 佐々木 茂貴, 8-0x0dG選択性向上を目指したAdap誘導体の開発, 日本薬学会第134回年会, 2014.03.
124. 尹 貽貞, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Synthesis and evaluation of 8-halogenated-7-deaza-2'-deoxyguanosine as 8-oxo-2'-deoxyguanosine analogues, 日本薬学会第134回年会, 2014.03.
125. 實崎 大地, 鬼塚 和光, 西本 篤史, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 金属錯体形成を利用したRNA部位特異的化学修飾反応の開発と反応機構解析, 日本薬学会第134回年会, 2014.03.
126. 朴 海順, 秋島 広佑, 實崎 大地, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, John BRAZIER, クロスリンク核酸を導入したDNA i-motifの安定性の検討, 日本薬学会第134回年会, 2014.03.
127. 岡村 秀紀, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, CG塩基対を安定かつ選択的に認識可能なN2-修飾イソシチジン誘導体の合成と3本鎖形成能の評価, 日本薬学会第134回年会, 2014.03.
128. 大城 郁也, 實崎 大地, 西本 篤史, 鬼塚 和光, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 金属応答性ピリミジン型機能性人工核酸を用いた高効率アデニン特異的RNA修飾反応の開発, 日本薬学会第134回年会, 2014.03.
129. 松枝 望, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, CpGアイランド特異的に結合する人工核酸の開発, 日本薬学会第134回年会, 2014.03.
130. 大城 郁也, 實崎 大地, 西本 篤史, 鬼塚和光, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, ピリミジン型機能性人工核酸を用いた金属カチオン応答性アデニン特異的RNA修飾法の開発, 第30回日本薬学会九州支部大会, 2013.12.
131. 菊川 誉也, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 8-oxodGに対する塩基選択性の向上を目指したAdap誘導体の開発, 第30回日本薬学会九州支部大会, 2013.12.
132. 松枝 望, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, CpGアイランドを標的とした人工核酸の開発, 第30回日本薬学会九州支部大会, 2013.12.
133. 實崎 大地, 鬼塚 和光, 西本 篤史, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 金属錯体形成によりRNAを部位特異的に化学修飾する機能性人工核酸の開発, 第23回アンチセンスシンポジウム, 2013.11.
134. 秋島 広佑, 西本 篤史, 實崎 大地, 谷口 陽祐, 永次史, 佐々木 茂貴, 2'位メトキシピリミジン型クロスリンク核酸の開発と評価, 第30回日本薬学会九州支部大会, 2013.12.
135. Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, An antiproliferative eff ect by targeting oncogene with antigene oligonucleotides containing WNA-βT in an antiparallel triplex formation, 第40回国際核酸化学シンポジウム, 2013.11.
136. Ikuya Oshiro, Daichi Jitsuzaki, Atsushi Nishimoto, Kazumitsu Onizuka, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Sequence specific adenosine modification of RNA by functionality-transfer ODN accelerated by metal cations, 第40回国際核酸化学シンポジウム, 2013.11.
137. Jan Barta, Daichi Jitsuzaki, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, ODN containing functionalized thioguanosine: Useful tools for selective guanosine RNA targeting, 第40回国際核酸化学シンポジウム, 2013.11.
138. 大城 郁也, 實崎大地, 西本篤史, 鬼塚和光, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 金属応答性ピリミジン型機能性人工核酸を用いたアデニン特異的RNA修飾法の開発, 第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 2013.11.
139. Yosuke Taniguchi, Akira Tomizaki, Hidenori Okamura, Syohei Misumi, Tomoko Takaki, Naoto Ishibashi, Shigeki Sasaki, Synthesesand Evaluation of Anti-parallel Triplex Formation of 1’-Phenyl-2’-ThymineNucleoside Analogues for the Application to the Antigene Strategy, AIMECS2013, 2013.10.
140. 岡村 秀紀, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, CG塩基対を選択的に認識可能なN-修飾イソシチジン誘導体の合成と3本鎖形成能の評価, 第25回若手研究者のためのセミナー, 2013.08.
141. 冨崎瑛, 谷口 陽祐, 岡村 秀紀, 佐々木 茂貴, 3本鎖DNAの安定化を目指した新規1',1'-二置換ヌクレオシドの開発, 第25回若手研究者のためのセミナー, 2013.08.
142. Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Inhibition of the cell proliferation using triplex forming oligonucleotides containing a W-shaped Nucleoside analogues, ACMS2013, 2013.07.
143. Hidenori Okamura, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, N-(Guanidinoethyl)-2'-deoxy-5-methylisocytidine exhibits selective recognition of the CG inversion site for the formation of anti-parallel triplex DNA, ACMS2013, 2013.07.
144. 實崎 大地, 鬼塚 和光, 西本 篤史, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 遷移金属カチオン活性化機構をもつ機能性人工核酸を用いた部位特異的特異的RNA修飾化学修飾反応, 日本ケミカルバイオロジー第8回年会, 2013.06.
145. 谷口 陽祐, 深堀 慶太郎, 古賀 洋平, 佐々木 茂貴, 2-aminoAdapによるDNA中の8-oxodG検出法の開発, 日本ケミカルバイオロジー第8回年会, 2013.06.
146. 尹 貽貞, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, Synthesis and properties of 8-halogenated-7-deazadeoxyguanosine inoligonucleotides, 薬学会第133回年会, 2013.03.
147. 谷口 陽祐, 深堀慶太郎, 佐々木 茂貴, 2-aminoAdapの合成とDNA中の8-oxodG認識能の評価, 薬学会第133回年会, 2013.03.
148. 岡村秀紀, 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, CG塩基対を2ヶ所の水素結合部位で認識可能なイソシチジン誘導体の合成と3本鎖形成能の評価, 薬学会第133回年会, 2013.03.
149. 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 遺伝子発現制御によるがん細胞増殖阻害活性を有する人工核酸搭載アンチジーン核酸の創成, 第28回日本DDS学会学術集会, 2012.07.
150. 谷口 陽祐, 佐々木 茂貴, 遺伝子発現制御によるがん細胞増殖阻害活性を有する人工核酸搭載アンチジーン核酸の創成, 第28回日本DDS学会学術集会, 2012.07.
151. 谷口 陽祐, 古賀洋平, 深堀慶太郎, 佐々木 茂貴, DNA中の8-oxodG認識人工核酸Adap搭載プローブによる蛍光検出法の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第7回年会, 2012.06.
152. 岡村秀紀、谷口陽祐、藤野徳彦、佐々木茂貴, 芳香環とアルキルチミンを1’位に有する人工核酸の合成と3本鎖DNA形成能の評価, 薬学会第132回年会, 2012.03.
153. 深堀慶太郎、谷口陽祐、古賀洋平、佐々木茂貴, 8-オキソグアノシン認識能向上を目指したAdap誘導体の合成, 薬学会第132回年会, 2012.03.
154. 谷口陽祐、古賀洋平、深堀慶太郎、河口亮太、佐々木茂貴, Adap搭載プローブによるDNA中の8-oxodGの蛍光発光検出, 薬学会第132回年会, 2012.03.
155. 古賀洋平、渕靖史、谷口陽祐、佐々木茂貴, 8-OxoG-clampの蛍光特性変化による8-オキソグアノシン認識能の向上を目指した新規誘導体の開発, 薬学会第132回年会, 2012.03.
156. 實崎大地、鬼塚和光、西本篤史、谷口陽祐、佐々木茂貴, 金属カチオンにより活性化される誘起反応性官能基転移反応の開発, 薬学会第132回年会, 2012.03.
157. 谷口陽祐, 診断法を目指した機能性核酸, 若手研究者公開特別シンポジウム ミトコンドリアとDDS2, 2012.01.
158. 岡村秀紀、谷口陽祐、藤野徳彦、佐々木茂貴, 3本鎖DNA形成能をもつ1'-1'-二置換ヌクレオシドの開発, 第28回日本薬学会九州支部大会, 2011.12.
159. Yosuke Taniguchi, Ryota Kawaguchi, Yohei Koga, Shigeki Sasaki, Specific Recognition and Detection of 8-oxodG in DNA by the Non-natural Type Base Pair Formtion using Adenosine-1,3-diazaphenoxazine (Adap), AIMECS 2011, 2011.11.
160. Kazumitsu Onizuka, Takamasa Nishioka, Z. Li, Atsushi Shibata, Natsuki Inaba, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, A Single Nucleotide Modification of RNA and DNA by Functionality Transfer Reaction, AIMECS 2011, 2011.11.
161. Yosuke Taniguchi, Sequence specific recognition and detection of oxidative nucleotide damage by adenosine derivative in DNA, GCOE satellite symposium on nanobioscience, nanobiotechnology and nanomedicine, 2011.11.
162. Yosuke Taniguchi, Ryota Kawaguchi, Yohei Koga, Shigeki Sasaki, Adenosine-1,3-diazaphenoxazine (Adap) for Specific Recognition and Detection of 8-Oxo-2'-deoxyguanosine in DNA, The 38th International Symposium on Nucleic Acid Chemistry, ISNAC 2011, 2011.11.
163. 谷口陽祐、河口亮太、古賀洋平、佐々木茂貴, 酸化損傷塩基の特異的認識を目指したアデノシン誘導体含むオリゴヌクレオチドの合成および機能評価, 第37回反応と合成の進歩シンポジウム, 2011.11.
164. 谷口陽祐、河口亮太、古賀洋平、佐々木茂貴, DNA中の8オキソグアノシン認識および検出可能な人工核酸創製, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011.09.
165. 岡村秀紀、谷口陽祐、藤野徳彦、佐々木茂貴, 3本鎖認識配列の拡張を目指した新規1'-1'二置換ヌクレオシドの開発, 第21回アンチセンスシンポジウム, 2011.09.
166. 谷口陽祐、青木絵里子、和田安正、佐々木茂貴, オルトメチルWNA誘導体のDNA鎖交換促進反応の機構解明研究, 2011.09.
167. 西本篤史、實崎大地、鬼塚和光、谷口陽祐、永次史、佐々木茂貴, RNA中ウラシル選択的な高反応性クロスリンク核酸の開発, 第21回アンチセンスシンポジウム, 2011.09.
168. 谷口陽祐、河口亮太、古賀洋平、佐々木茂貴, DNA中8-oxodGと非天然型塩基対可能な人工核酸の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会, 2011.05.
169. 古賀洋平、渕 靖史、谷口陽祐、佐々木 茂貴, 8-オキソグアノシン蛍光プローブ”8-oxoG-clamp”の蛍光特性変化による認識能向上を目指した新規誘導体の合成, 第21回万有福岡シンポジウム, 2011.05.
170. 三角祥平、高木智子、石橋直人、谷口陽祐、佐々木茂貴, 3本鎖DNA形成を目指した1’,2’ジ置換ヌクレオシドの開発, 日本薬学会第131回年会, 2011.03.
171. 谷口陽祐、河口亮太、佐々木茂貴, DNA中8-oxoguanosineの検出を目指した核酸アナログの創製, 日本薬学会第131回年会, 2011.03.
172. Shigeki Sasaki, Kazumitsu Onizuka and Yosuke Taniguchi, A New Biotechnology for Site-Specific Chemical Modification of RNA, International Conference on Biomaterials Science 2011, 2011.03.
173. Yosuke Taniguchi and Shigeki Sasaki, Development and evaluation of the artificial oligonucleotide for the antigene strategy for the inhibition of the gene expression, International Conference on Biomaterials Science 2011, 2011.03.
174. Yosuke Taniguchi, Tomoko Takaki, Norihiko Fujino, Yasumasa Wada and Shigeki Sasaki, Synthesis of triplex forming oligonucleotide containing W-shaped nucleoside analogs (WNA) for the formation of non-natural type triplex DNA and its application to an antigene strategy, Pacifichem2010, 2010.12.
175. Shigeki Sasaki, Kazumitsu Onizuka, Atsushi Nishimoto, Yosuke Taniguchi, Base and site-specific modification RNA by the functionality-transfer reaction, Pacifichem2010, 2010.12.
176. 河口亮太、谷口陽祐、佐々木茂貴, 新規核酸アナログによるDNA中8-oxoguanosineの検出, 第27回日本薬学会九州支部大会, 2010.12.
177. 鬼塚和光、西本篤史、谷口陽祐、柴田篤志、佐々木茂貴, 官能基転移能を有する人工機能性核酸を用いた部位特異的且つ塩基特異的なRNA 修飾, 第20回アンチセンスシンポジウム, 2010.12.
178. 谷口陽祐、佐々木茂貴, W字型人工核酸搭載アンチジーン核酸の創製と遺伝子発現制御法への展開, 第20回アンチセンスシンポジウム, 2010.12.
179. Kazumitsu Onizuka, Atsushi Nishimoto, Yosuke Taniguchi, Atsushi Shibata, Shigeki Sasaki, Nucleotide- and site-specific RNA modifications by functional group transfer oligonucleotides, The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2010, 2010.11.
180. Shuhei Imoto, Tsuneaki Hori, Chao Xiao Guang, Shinya Hagihara, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Fumi Nagatsugi, Cross-linking Reactions with the 2’OMe Analogue of 2-Amino-6-Vinylpurine and Evaluation of Antisense Effects, The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2010, 2010.11.
181. Akio Kobori, Paige McKibbin, Yosuke Taniguchi, Sheila S. David, Eric T. Kool, Probing the requirements for catalysis in DNA repair enzymes with 4-fluoroindole nucleosides, The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2010, 2010.11.
182. Syohei Misumi, Tomoko Takaki, Yosuke Taniguchi, Naoto Ishibashi and Shigeki Sasaki, Synthesis of 1’,2’-disubstituted nucleoside analogs for the formation of non-natural type triplex DNA, The 37th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry 2010, 2010.11.
183. 鬼塚和光、西本篤史、谷口陽祐、佐々木茂貴, RNAを標的とした官能基転移反応の遷移金属カチオンによる反応加速効果, 第36回反応と合成の進歩シンポジウム, 2010.11.
184. Kazumitsu Onizuka, Yosuke Taniguchi and Sigeki Sasaki, SITE-SELECTIVECHEMICAL MODIFICATION OF RNA BY THE FUNCTIONALITY-TRANSFER REACTION (FTR) USING THE OLIGONUCLEOTIDE PROBE, IRT2010-XIX International Round Table on Nucleosides、 Nucleotides and Nucleic Acids, 2010.08.
185. Yosuke Taniguchi, Norihiro Fujino, Yasumasa Wada, Eriko Aoki and Shigeki Sasaki, DESING AND DEVELOPMENT OF THE TRIPLEX FORMING OLIGONUCLEOTIDE COMTAINING BICYCLIC NUCLEOSIDE ANALOGS FOR THE ANTIGENE STRATEGY, IRT2010-XIX International Round Table on Nucleosides、 Nucleotides and Nucleic Acids,, 2010.08.
186. 鬼塚和光、谷口陽祐、西岡尊真、西本篤史、佐々木茂貴, 官能基転移性ODNプローブによるRNAの部位特異的ラベル化, 第12回日本RNA学会年会, 2010.07.
187. 谷口陽祐、佐々木茂貴, 遺伝子発現制御を目指したW字型人工核酸の展開, 遺伝子・デリバリー10周年記念シンポジウム, 2010.06.
188. 李志春、中川治、古賀洋平、谷口陽祐、佐々木茂貴, 蛍光プローブ”8-oxoG-clamp”の8-オキソグアノシン認識メカニズムの解明および認識能の向上を目指した新規誘導体の合成と評価, 20周年記念万有福岡シンポジウム, 2010.05.
189. 谷口陽祐、新田晃子、佐々木茂貴, 二核銅錯体-DNAプローブによる標的核酸の検出, 日本ケミカルバイオロジー学会第5回年会, 2010.05.
190. 谷口陽祐、新田晃子、佐々木茂貴, 高感度遺伝子検出を目指した銅錯体-DNAプローブの創製, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
191. 西岡尊真、鬼塚和光、谷口陽祐、佐々木茂貴, エチレンリンカーを導入したチオグアノシン誘導体の合成と機能評価, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
192. 高木智子、谷口陽祐、石橋直人、佐々木茂貴, 3本鎖DNA形成を志向した新規二置換ヌクレオシドアナログの開発, 日本薬学会第130年会, 2010.03.
193. 高木智子、谷口陽祐、石橋直人、佐々木茂貴, 3本鎖DNA形成を志向した新規1’,2’-二置換ヌクレオシドアナログの開発, 第26回日本薬学会九州支部大会, 2009.12.
194. 新田晃子、谷口陽祐、佐々木茂貴, 新規二核銅錯体ーDNAコンジュゲートプローブを用いた高感度遺伝子検出法の開発, 第26回日本薬学会九州支部大会, 2009.12.
195. 谷口陽祐、内田裕子、高木智子、 Tamer Nasr、青木絵里子、佐々木茂貴, 非天然型3本鎖DNA形成を可能にするW字型ビシクロ核酸誘導体の合成と機能評価, 第35回反応と合成の進歩シンポジウム, 2009.11.
196. 西岡尊真、鬼塚和光、谷口陽祐、佐々木茂貴, エチルリンカーを導入したチオグアノシン誘導体の合成と機能性核酸への展開, 第35回反応と合成の進歩シンポジウム, 2009.11.
197. 李 志春, TAMER Nasr, 中川 治, 谷口陽祐, 古賀洋平, 河口亮太, 佐々木茂貴, 8-オキソグアノシン特異的応答を示す蛍光プローブの開発、第35回反応と合成の進歩シンポジウム, 第35回反応と合成の進歩シンポジウム, 2009.11.
198. Mohd Shihabuddin Ahmad Noorden, Yosuke Taniguchi, Kazumitsu Onizuka, and Shigeki Sasaki, ANALYSIS OF TRANSLATED PRODUCTS FROM THE CHEMICALLY MODIFIED mRNA, Joint Symposium of 5th Annual Meeting of Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium in Fukuoka, Japan, 2009.11.
199. Yosuke Taniguchi, Yuko Uchida, Tomoko Takaki, Tamer Mohamed Nasr Hefni, Shigeki Sasaki, DESIGN OF NEW NUCLEOSIDE ANALOGS FOR THE FORMATION OF STABLE TRIPLEX DNA AND ITS APPLICATION TO ANTIGENE INHIBITION, Joint Symposium of 5th Annual Meeting of Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium in Fukuoka, Japan, 2009.11.
200. Takamasa Nishioka, Kazumitsu Onizuka, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, APPLICATION OF THE THIONUCLEOSIDE ANALOG FOR BASE- SELECTIVE PHOTO-CROSS LINKING, Joint Symposium of 5th Annual Meeting of Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium in Fukuoka, Japan, 2009.11.
201. Kazumitsu Onizuka, Yosuke Taniguchi, Mohd Shihabuddin Bin Ahmad Noorden, and Shigeki Sasaki, Site-Selective Chemical Modification of mRNA and its Effects on Polymerization and Translation, Joint Symposium of 5th Annual Meeting of Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium in Fukuoka, Japan, 2009.11.
202. Yosuke Taniguchi, Yusuke Kurose, Takamasa Nishioka, Fumi Nagatsugi and Shigeki Sasaki, Evaluation of the antisense effect of PEGylated oligodeoxynucleotides containing intelligent nucleoside analogues, The 6th International symposium on Nucleic Acid Chemistry, 2009.09.
203. Kazumitsu Onizuka, Yosuke Taniguchi, Takamasa Nishioka and Shigeki Sasaki, Site-specific modification of RNA by functionality-transfer ODN probes, The 6th International symposium on Nucleic Acid Chemistry, 2009.09.
204. 鬼塚和光、谷口陽祐、西岡尊真、佐々木茂貴, RNAの部位特異的修飾能をもつ官能基転移性ODNプローブの開発, 第4回ケミカルバイオロジー研究会, 2009.05.
205. 谷口陽祐、黒瀬優輔、永次史、佐々木茂貴, 異なる長さのリンカーを有するクロスリンク核酸の合成とその機能評価, 日本薬学会第129年会, 2009.03.
206. 鬼塚和光、谷口陽祐、西岡尊真、佐々木茂貴, RNAの部位特異的化学修飾を可能にする官能基転移反応, 日本薬学会第129年会, 2009.03.
207. 内田祐子、谷口陽祐、青木絵里子、東郷美枝子、佐々木茂貴, 小さな認識塩基をもつW字型人工核酸の合成と3本鎖形成能の評価, 日本薬学会第129年会, 2009.03.
208. 李志春、Tamer Nasr、中川治、谷口陽祐、小野沙弥香、古賀洋平、佐々木茂貴, 8-OxoG-clampを用いたDNA配列選択的な8-オキソグアニン蛍光検出法の開発, 日本薬学会第129年会, 2009.03.
209. Shigeki Sasaki, Fumi Nagatsugi, Osamu Nakagawa, Yosuke Taniguchi, Molecular design for detection of RNA transcripts, higher order DNA structures and tiny changes of necleobases, BMB2008, 2008.12.
210. 内田祐子、谷口陽祐、青木絵里子、東郷美枝子、佐々木茂貴, 5員環認識塩基をもつWNA誘導体による非天然型3本鎖DNAの形成, 第25回日本薬学会九州支部大会, 2008.12.
211. Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Attempts to the formation of stable unnatural triplex DNA and their application to the inhibition of the gene expression, Kyushu-Busan International Joint Seminar, 2008.11.
212. 谷口陽祐、Mohd ShihabuddinA. N.、佐々木茂貴, 機能性核酸を導入したアンチセンス核酸によるサイズの異なるタンパク質の発現, 第18回アンチセンスシンポジウム, 2008.11.
213. 鬼塚和光、谷口陽祐、佐々木茂貴, 官能基移転性DNAプローブによるRNAの部位特異的修飾, 第18回アンチセンスシンポジウム, 2008.11.
214. 佐々木茂貴、永次史、井本修平、谷口陽祐、鬼塚和光, 遺伝子特異的人工核酸のデリバリーシステムを用いた細胞内反応への展開-化学反応による遺伝子修飾および修復を目指して, 第57回高分子討論会, 2008.09.
215. Kazumitsu Onizuka, Yosuke Taniguchi, Takamasa Nishioka and Shigeki Sasaki, Site-specific modification by functionality-transfer oligonucleotide with the photo-inducible reactivity, Joint Symposium of the 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides, and Nucleic Acids and the 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2008.09.
216. Yusuke Kurose, Yosuke Taniguchi, Fumi Nagatsugi and Shigeki Sasaki, Synthesis of the new nucleoside analogue connecting 2-amino-6-vinylpurine to the 2’-deoxyribose skeleton via the methylene linker, Joint Symposium of the 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides, and Nucleic Acids and the 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2008.09.
217. Yuko Uchida, Yosuke Taniguchi, Eriko Aoki, Mieko Togo and Shigeki Sasaki, Formation of a stable triplex incorporating a CG interrupting site by a new WNA derivative containing 3-aminopyrazole as a nucleobase, Joint Symposium of the 18th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides, and Nucleic Acids and the 35th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2008.09.
218. Kazumitsu Onizuka, Yosuke Taniguchi and Shigeki Sasaki, Design of S-vinylated 6-thioguanosine as a specific modifier of cytidine, XIV Symposium on Chemistry of Nucleic Acid Components, 2008.06.
219. Tamer M. Nasr, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Synthesis and properties of 1’-disubstituted Nucleoside Analogues, The First Egypt-Japan International Symposium on Science and Technology, 2008.06.
220. 谷口陽祐、宇津貴央、幸原晶子、佐々木茂貴, 生体模倣2核銅錯体による化学発光を利用した遺伝子検出プローブの開発, 日本ケミカルバイオロジー研究会第3回年会, 2008.05.
221. 鬼塚和光、谷口陽祐、佐々木茂貴, RNAの部位特異的修飾能をもつ官能基転移核酸の開発, 日本薬学会第128年会, 2008.03.
222. 内田祐子、谷口陽祐、青木絵里子、東郷美枝子、佐々木茂貴, 5員環認識塩基をもつWNA誘導体の3本鎖形成に与える影響, 日本薬学会第128年会, 2008.03.
223. 黒瀬優輔、谷口陽祐、永次史、佐々木茂貴, RNA中のシトシン選択的なクロスリンク分子の開発, 日本薬学会第128年会, 2008.03.
224. 青木絵里子、谷口陽祐、佐々木茂貴, WNA誘導体を含むオリゴヌクレオチドによるストランドインベージョン, 日本薬学会第128年会, 2008.03.
225. 谷口陽祐、宇津貴央、佐々木茂貴, 生体模倣2核銅錯体による信号増幅型化学発光を用いた遺伝子検出法の開発研究, 第4回薬学研究院若手研究者セミナー, 2008.03.
226. 東郷美枝子、谷口陽祐、青木絵里子、内田祐子、佐々木茂貴, 芳香環部位にアミノ基をもつWNAによる3本鎖形成能への影響, 第24回日本薬学会九州支部大会, 2007.12.
227. 鬼塚和光、谷口陽祐、佐々木茂貴, RNAの部位特異的修飾能をもつ機能性核酸の開発, 第17回アンチセンスシンポジウム, 2007.12.
228. 東郷美枝子、谷口陽祐、青木絵里子、内田祐子、佐々木茂貴, 芳香環部位にアミノ基をもつWNAによる3本鎖形成能への効果, 第17回アンチセンスシンポジウム, 2007.12.
229. Yosuke Taniguchi, Eric T. Kool, Syntheses and properties of low-polarity shape mimics of8-oxopurines, The 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2007.11.
230. Eriko Aoki, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Effective strand invasion by ODN incorporating a new bicyclic nucleoside analogue (WNA), The 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2007.11.
231. Kazumitsu Onizuka, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Development of novel thioguanosine analogs with the ability to specifically modify cytidine, The 5th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2007.11.
232. 谷口陽祐, 遺伝子発現制御を目指した機能性核酸の展開, 第1回若手交流合宿セミナー, 2007.11.
233. 石橋直人、青木絵里子、Tamer Nasr、高木智子、谷口陽祐、佐々木茂貴, 2本鎖DNAを標的とするための新規人工ヌクレオシドの合成と機能評価, 第33回反応と合成の進歩シンポジウム, 2007.11.
234. 谷口陽祐、Eric T. Kool, 8位酸化型プリン塩基に構造が類似した核酸誘導体の性質, 第22回生体機能関連化学シンポジウム, 2007.09.
235. 谷口陽祐、青木絵里子、鬼塚和光、黒瀬優輔、佐々木茂貴, 機能性核酸による遺伝子発現の制御, 第3回薬学若手研究者セミナー, 2007.09.
236. 谷口陽祐、佐々木茂貴, 機能性核酸による遺伝子発現の制御, 第3回薬学研究院若手研究者セミナー, 2007.09.
237. 青木絵里子、谷口陽祐、東郷美枝子、佐々木茂貴, 芳香環部位修飾WNA誘導体の3本鎖形成への効果, 第127年会日本薬学会, 2007.03.
238. 青木絵里子、谷口陽祐、東郷美枝子、佐々木茂貴, 人工核酸WNAの芳香環部位の修飾による3本鎖形成への効果, 第23回日本薬学会九州支部大会, 2006.12.
239. E. Aoki, Y. Taniguchi, M. Togo, S. Sasaki, Effect of the modified aromatic ring of WNA on stability of triplex DNA, 第33回核酸化学シンポジウム, 2006.12.
240. Y. Taniguchi, E. Aoki, S. Sasaki, Synthesis and evaluation of triplex forming ability of WNA derivatives with substituted benzene or pyridine unit, 2nd Meeting of the Oligonucleotide Therapeutic Society, 2006.10.
241. 青木絵里子、谷口陽祐、中村綾子、佐々木茂貴, 芳香環を修飾したビシクロ型人工核酸WNAによる3本鎖認識コードの拡張, 第126年会日本薬学会, 2006.03.
242. Y. Taniguchi, A. Nakamura, F. Nagatsugi and S. Sasaki, Expansion of triplex recognition codes by the bicyclic nucleoside analogs (WNA) with a bromo-substituted benzene for the application to the antigene agents, PACIFICHEM, 2005.12.
243. 青木絵里子、谷口陽祐、中村綾子、佐々木茂貴, 置換芳香環をもつ人工塩基WNAによる3本鎖認識コードの拡張, 第15回アンチセンスシンポジウム, 2005.11.
244. Y. Taniguchi, A. Nakamura, E.Aoki, S. Sasaki, Modification of the aromatic ring ot the WNA analogues for expansion of the triplex recognition codes, 4th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, 2005.09.
245. Y. Taniguchi, A. Nakamura, F. Nagatsugi, S. Sasaki, Development of bicyclic nucleoside analogs (WNA) for selective formation of non-natural triplexes and their application as antigene agents, Gordon Conferences, 2005.06.
246. 谷口陽祐、中村綾子、佐々木茂貴, WNAの芳香環部位修飾による非天然型3本鎖形成配列の拡張, 日本薬学会第125会年会, 2005.03.
247. 谷口陽祐、中村綾子、川后祐介、佐々木茂貴, Effects of 5-Substituted Pyrimidine Nucleoside Bases of WNA on Stability of Triplex DNA, 第31回核酸化学シンポジウム, 2004.11.
248. Y. Taniguchi, A. Nakamura, Y. Senko, K. Kodama, F. Nagatsugi, S. Sasaki, Expansion of triplex recognition codes by the use of novel bicyclic nucleoside derivatives(WNA), XVI International Roundtable, 2004.09.
249. 川后祐介、谷口陽祐、中村綾子、児玉恵一、佐々木茂貴, ハロゲン化塩基を有するWNA誘導体の非天然型3本鎖形成への効果, 第124回日本薬学会, 2004.03.
250. 児玉恵一、中村綾子、谷口陽祐、川后祐介、佐々木茂貴, 置換芳香環をもつビシクロ型人工塩基による3本鎖DNA形成, 第124回日本薬学会, 2004.03.
251. 中村綾子,谷口陽祐,川后祐介,児玉恵一,前田 稔,佐々木茂貴, スタッキング相互作用を考慮した新規Bicyclo型人工塩基の設計と3本鎖DNA形成能の評価, 第20回九州支部薬学会, 2003.12.
252. 谷口陽祐, 川后祐介, 兒玉恵一, 中村綾子、佐々木茂貴, 非天然型3本鎖形成を可能にする新規WNA誘導体の合成と機能, 反応と合成の進歩シンポジウム, 2003.10.
253. 佐々木茂貴, 永次史, 谷口陽祐, Monsur Md Ali, 児玉恵一, 川后祐介, 中村綾子, DNA配列の特異的認識および反応性分子の開発-遺伝子の化学的改変に向けた基礎研究, 高分子討論会, 2003.09.
254. 谷口陽祐・高橋亮・兒玉恵一・川后祐介・前田稔・佐々木茂貴, 新規核酸誘導体を含むオリゴヌクレオチド(TFO)による非天然型アンチパラレル3本鎖DNAの形成, 日本化学会第82秋期年会, 2002.09.
255. S. Sasaki, Y. Taniguchi, R. Takahashi, N. Fumi, M. Maeda, Development of the Triple-Helix DNA Forming Molecular and Selective Cross-Linking Reaction, Chemistry,Gordon Research Conferences, 2002.07.
256. Y. Taniguchi, Y. Senko, K. Kodama1 A. Nakamura, S. Sasaki, Design and evaluation of novel nucleoside analogs (WNA) for specific formation of non-naturaltype triplexes containing a TA or CG interrupting site, 第2回核酸化学国際シンポジウム, 2003.09.
257. S. SASAKI, Y. TANIGUCHI, R. TAKAHASHI, Y. SENKO, K. KODAMA, M. MAEDA, Design and Evaluation of the Novel Nucleoside Mimics for the Formation of Stable Triplexes Including a TA or a CG Interrupting Sites, International Congress on Bionano Interface, 2003.05.
258. 谷口陽祐、兒玉恵一、川后祐介、高橋亮、前田稔、佐々木茂貴, 新規WNA誘導体による安定かつ特異的な非天然型3本鎖形成, 日本薬学会第123年会, 2003.03.
259. 川后祐介・谷口陽祐・兒玉恵一・前田稔・佐々木茂貴, Bicyclo型人工塩基(WNA)の塩基構造の3本鎖DNA形成の配列選択性に与える影響, 第19回日本薬学会九州支部大会, 2002.12.
260. 谷口陽祐・高橋亮・兒玉恵一・川后祐介・前田稔・佐々木茂貴, WNA誘導体を組み込んだTFOによるTAインターラプティングサイトを含む非天然型3本鎖の選択的認識, 第29回核酸シンポジウム, 2002.11.
261. 谷口陽祐、佐々木茂貴、永次 史、前田 稔, W-Shape構造の新しい核酸誘導体の合成と非天然型3本鎖形成の評価, がん分子標的治療研究会総会, 2002.06.
262. 山内裕之、高橋亮、谷口陽祐、佐々木茂貴、前田稔, 非天然型3本鎖形成を目指した新規人工塩基WNAの合成とその形成能の評価, 第18回日本薬学会九州支部大会, 2001.12.
263. 佐々木茂貴、山内裕之、高橋亮、谷口陽祐、前田稔, 非天然型3本鎖形成のための新規塩基アナログ, 第28回核酸化学シンポジウム, 2001.11.
264. 山内裕之、谷口陽祐、高橋亮、前田稔、佐々木茂貴, W-Shape 構造の新しい核酸誘導体の合成と非天然型3本鎖形成の評価,, 第19回有機合成化学夏期大学, 2001.07.
265. S. Sasaki, H. Yamauchi, R, Takahashi, Y, Taniguchi. M. Maeda,, New Nucleoside Analogs for Selective Formation of non-Natural type Antiparallel Triplex, 26th International Symposium on Macrocyclic Chemistry, 2001.07.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」