九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
谷口 陽祐(たにぐち ようすけ) データ更新日:2020.06.25

准教授 /  薬学研究院 創薬科学部門 医薬化学


主な研究テーマ
酸化損傷塩基を認識、検出する人工核酸の創成
キーワード:酸化損傷塩基
2010.04.
生体内分子との機能融合を目指した遺伝子標的機能性核酸の開発
キーワード:機能融合 遺伝子発現阻害 修復  
2007.04.
RNA編集機能を有する人工核酸の開発と評価
キーワード:RNA 編集 機能性核酸
2007.04.
研究業績
主要原著論文
1. Taniguchi Y.*, Magata Y., Osuki T., Notomi R., Wang L., Okamiura H. and Sasaki S., Development of novel C-nucleoside analogues for formation of antiparallel-type triplex DNA with DNA that includes TA and dUA base pairs, Org. Biomol. Chem., 18 (15), 2845-2851 (2020) https://doi.org/10.1039/D0OB00420K, 2020.04.
2. Aoki Y.*,Taniguchi Y., Matsumoto M., Matsumoto M., Ohno M., Masumura K., Sasaki S., Tsuzuki T., Yamamoto M.,Nohmi T., Oxidative stress driven mutagenesis in the small intestine of the gpt delta mouse induced by oral administration of potassiumbromate, Mutat Res Gen Tox En, 850-851,503136 (p1-9) (2020), 2020.03.
3. Taniguchi Y.*, Cao X., Sasaki S.*, Synthesis of the deuterated thymidine-d9 and deuterated oligonucleotides, Tetrahedron Letters, DOI:https://doi.org/10.1016/j.tetlet.2019.151037, 60(38) 151037-151039 (2019) , 2019.10.
4. Taniguchi Y.*, Sagara I., Nagata Y., Kikukawa Y., Sasaki S.*, Effect of the 2-substituted adenosine-1,3-diazaphenoxazine 5'-triphosphate derivatives on the single primer extension reaction byDNA polymerase, Chem. Pharm. Bull., DOI:https://doi.org/10.1248/cpb.c19-00453, 67(10), 1123-1130 (2019) , 2019.08.
5. Thavoncharoensub N., Maruyama K., Heh C.H., Leong K.H., Shi H., Shigematsu Y., Sasaki S. and Taniguchi Y.*, Synthesis of γ-N-modified 8-oxo-2'-deoxyguanosine triphosphate and its characterization, Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids, https://doi.org/10.1080/15257770.2019.1586919, 38(8), 578-589 (2019), 2019.04.
6. Taniguchi Y.*, Wang L., Okamura H. and Sasaki S.*, Synthesis of 2'-deoxy-4-aminopyridinylpseudocytidine derivatives for incorporation into triplex forming oligonucleotides, Current Protocoles in Nucleic Acids Chemistry, DOI: https://doi.org/10.1002/cpnc.80, 77(1), e80 (2019), 2019.03.
7. Wang L., Taniguchi Y., Okamura H. and Sasaki S., Modification of the aminopyridine unit of 2'-deoxyaminopyridinyl-pseudocytidine allowing triplex formation at CG interruptions in homopurine sequences, Nucleic Acids Res., https://doi.org/10.1093/nar/gky704, 46(17) 8679-8688, 2018.08.
8. Taniguchi Y., Miyazaki M., Matsueda N., Wang L., Okamura H. and Sasaki S, Stable and Selective Antiparallel Type Triplex DNA Formation by Targeting a GC base pair with the TFO containing One N2-Phenyl-2'-deoxyguanosine, Chem. Pharm. Bull., https://doi.org/10.1248/cpb.c18-00043, 66(6), 624-631, 2018.05.
9. Wang L., Taniguchi Y.*, Okamura H. and Sasaki S.*, Effect of the 3-halosubstitution of the 2'-deoxy aminopyridinyl-pseudocytidine derivatives on the selectivity and stability ofantiparallel triplex DNA with a CG inversion site, Bioorg. Med.Chem., DOI: https://10.1016/j.bmc.2017.05.035 , 25(14), 3853-3860 (2017)
, 2017.06.
10. Taniguchi Y.* , Development of damaged nucleoside mimics for inhibition of their repair enzymes, YAKUGAKU ZASSHI, DOI: http://doi.org/10.1248/yakushi.16-00231-2 , 137(3), 293-300 (2017) , 2017.05.
11. Okamura H, Taniguchi Y, Sasaki S, Aminopyridinyl-pseudodeoxycytidine derivatives selectively stabilize antiparalleltriplex DNA with multiple CG inversion sites, Angew. Chem. Int. Ed., 128(40), 12633-12637, 2016.08.
12. Yin Y, Sasaki S, Taniguchi Y, Effects of 8-halo-7-deaza-2'-deoxyguanosine triphosphate on DNA synthesis by DNApolymerase and cell proliferation, Bioorg. Med. Chem., 24(16), 3856-3861, 2016.08.
13. Koga Y, Taniguchi Y, Kikukawa Y, Sasaki S, Recognition and detection of 8-oxo-rG in RNA using the DNA/OMeRNAchimera probes containing fluorescent adenosine-diazaphenoxazine analogue, Bioorg. Med. Chem., 24(6), 1308-1313, 2016.05.
14. Yin Y, Sasaki S, Taniguchi Y, Inhibitory Effect of 8-Halogenated-7-deaza-2'-deoxyguanosine Triphosphates on Human 8-Oxo-2'-deoxyguanosine Triphosphatase, hMTH1, Actibities, ChemBioChem, doi/10.1002/cbic.201500589, 17(7) 566-569, 2016.05.
15. Taniguchi Y, Tomizaki A, Matsueda N, Okamura H, Sasaki S, Enhancement of TFO Triplex Formation by Conjugation withPyrene via Click Chemistry, 63 (11) 920-926., 2015.06.
16. Yin Y, Sasaki S, Taniguchi Y, Recognition and excision properties of 8-halogenated-deaza-2'-deoxyguanosine as 8-oxo-2'-deoxyguaanosine analogues and FPG and hOGG1 inhibitors, 16(8), 1190-1198 , 2015.05.
17. Taniguchi Y, Kikukawa Y, Shigeki S, Discrimination Between 8-Oxo-2'-Deoxyguanosine and 2'-Deoxyguanosine in DNA by the Single Nucleotide Primer Extension Reaction with Adap Triphosphate, 54(17), 5147-5151., 2015.04.
18. Yin Yizhen, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Synthesis of 8-halogenated-7-deaza-2'-deoxyguanosine as an8-oxo-2'-deoxyguanosine analogue and evaluation of its base pairing properties, 70(11), 2040-2047 (2014), 2014.06.
19. Yosuke Taniguchi, Keitaro Fukabori, Yoshiya Kikukawa, Yohei Koga, Shigeki Sasaki, 2,6-Diaminopurine nucleoside derivative of 9-ethyloxy-2-oxo-1,3-diazaphenoxazine(2-amino-Adap) for recognition of 8-oxo-dG in DNA, 22(5), 1634-1641 (2014), 2014.05.
20. Yosuke Taniguchi, Yohei Koga, Shigeki Sasaki, Synthesis of 8-oxoguanosine phosphoramidite and its incorporation intooligoribonucleotides, UNIT4.58 56:4.58.1-4.58., 2014.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Yosuke Taniguchi and Shigeki Sasaki, Development of Triplex Forming Oligonucleotide Including Artificial Nucleoside Analogues for the Antigene Strategy, Springer, Synthesis of Therapeutic Oligonucleotides p253-270, 2018.12.
2. Shigeki Sasaki, Yosuke Taniguchi, Fumi Nagatsugi, Specific Recognition of Single Nucleotide by Alkylating Oligonucleotides and Sensing of 8-Oxoguanine, Springer, 31, 221-248, 2016.04.
3. 谷口 陽祐,佐々木 茂貴, 3本鎖DNA認識コード拡張のための人工ヌクレオシドの開発, 有機合成化学協会誌, 2004.01.
主要学会発表等
1. 納富 亮大朗、谷口 陽祐、小薄 孝行、佐々木 茂貴, 3本鎖DNA形成領域の拡張を目指した5-メチルCG塩基対を認識可能な人工核酸の開発, 日本薬学会第140回年会, 2020.03.
2. 長田 悠佑、谷口 陽祐、相良 委公子、菊川 誉也、佐々木 茂貴, DNA配列中での8-オキソグアノシン発生位置検出を目指したデアザプリン人工ヌクレオチドの開発と評価, 日本薬学会第140回年会, 2020.03.
特許出願・取得
特許出願件数  7件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本核酸化学会
日本核酸医薬学会
アンチセンス研究会
日本ケミカルバイオロジー学会
有機合成化学協会
日本薬学会
日本化学会
学協会役員等への就任
2017.11~2020.03, 日本核酸化学会, 九州支部代表.
2017.01~2019.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 大学・会計・庶務幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09~2016.09.24, The First A3 Roundtable Meeting on Chemical Probe Research Hub, 座長(Chairmanship).
2016.12~2016.12.24, 第33回日本薬学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2016.03.25~2016.03.28, 日本薬学会第136回年会, 座長(Chairmanship).
2015.03.25~2015.03.28, 日本薬学会第135回年会, 座長(Chairmanship).
2014.03.27~2014.03.30, 日本薬学会第134回年会, 座長(Chairmanship).
2013.12.07~2013.12.08, 第30回日本薬学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2013.03.27~2013.03.30, 日本薬学会第133回年会, 座長(Chairmanship).
2012.12.08~2012.12.09, 第29回日本薬学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2012.03.28~2012.03.31, 日本薬学会第132回年会, 座長(Chairmanship).
2011.12.10~2011.12.11, 第28回 日本薬学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2011.03.28~2011.03.31, 日本薬学会第131回年会, 座長(Chairmanship).
2009.12.13~2009.12.14, 第26回日本薬学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2013.11.05~2013.11.06, 第39回反応と合成の進歩シンポジウム, 運営委員.
2013.06.01~2013.06.01, 第23回万有福岡シンポジウム, チーフ.
2009.11.03~2009.11.06, Joint Symposium of 5th Annual Meeting of Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium, 実行委員.
2007.05.01~2007.05.01, 第17回万有福岡シンポジウム, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Stanford University, UnitedStatesofAmerica, 2006.04~2007.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2019.09~2019.09, 2週間未満, Reading University, UnitedKingdom, .
受賞
日本核酸医薬学会奨励賞, 日本核酸医薬学会, 2017.07.
奨励賞, 公益財団法人福岡県すこやか健康事業団, 2017.01.
奨励賞, 有機合成化学協会九州山口支部, 2016.11.
優秀論文賞, 有機合成化学協会九州山口支部, 2011.05.
薬学系研究奨励, 武田財団, 2010.09.
帝人ファーマ研究企画賞, 有機合成化学協会, 2009.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 代表, 革新的アンチジーン核酸の構築を目指した2本鎖DNAに結合可能な核酸誘導体の創製.
2017年度~2019年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, DNA中の酸化損傷塩基認識可能な人工核酸を基軸とした新規遺伝子検出法の開発.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 人工核酸修飾オリゴヌクレオチドによる3本鎖DNA形成を基盤とした核酸医薬への検討.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 人工ジヌクレオチドユニットによるCpGアイランド結合分子の創製.
2012年度~2015年度, 若手研究(A), 代表, 3本鎖DNA形成可能な人工核酸を基盤とした遺伝子標的アンチジーン核酸医薬創製研究.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, RNA中のピンポイント酸化損傷に基づく疾患の新規診断法、治療法の創製研究.
2008年度~2009年度, 若手研究(B), 代表, 生体内分子機能の融合活用を目指した2本鎖DNA標的人工核酸の開発研究.
2007年度~2007年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, タンパク質との機能融合を目指したゲノム標的機能性人工核酸の開発.
2005年度~2008年度, 基盤研究(A), 分担, 化学反応性ゲノム標的分子の展開とインテリジェント・ナノ医薬としての基礎研究.
2005年度~2006年度, 特別研究員奨励費, 代表, 3本鎖認識コードの拡張を目的とする人工ヌクレオシドの創製.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2020年度~2020年度, 福岡県バイオ製品開発研究事業, 代表, 核酸医薬の薬物臓器動態技術の構築.
2019年度~2021年度, AMED(先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業), 代表, ゲノムを標的とし転写調節可能な新奇人工核酸搭載核酸医薬の開発研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.01~2019.05, 代表, 核酸及び原料(アミダイト)の合成と分析にかかわる技術指導について.
寄附金の受入状況
2014年度, German Chemical Industry Fund, 渡航補助金.
2012年度, 公益財団法人細胞科学研究財団, 国際交流助成.
学内資金・基金等への採択状況
2019年度~2020年度, 公益財団持田記念医学薬学新興財団「2019年度研究助成」, 代表, アンチジーン核酸の創製を目指した遺伝子標的配列の網羅的探索と機能評価.
2019年度~2020年度, 公益財団法人旭硝子財団「2019年度研究助成」, 代表, DNA中の微量な損傷塩基を特異的に増幅し検出を可能にする人工核酸の合成と機能評価.
2017年度~2017年度, 平成29年度 QRプログラム研究(わかばチャレンジ), 代表, 遺伝子損傷を簡便に検出可能な人工核酸誘導体の開発.
2016年度~2016年度, がん研究助成金, 代表, ガン治療を目指した細胞内核酸修復酵素阻害ナノ分子の創成.
2016年度~2017年度, 武田財団 薬学系研究奨励継続, 代表, ピンポイント酸化損傷塩基検出法を基盤とした新規遺伝子標的診断法の開発.
2015年度~2016年度, 上原記念生命科学財団, 代表, 修復酵素阻害剤への展開を目指した核酸誘導体の創製.
2014年度~2015年度, 武田財団 薬学系研究奨励, 代表, ピンポイント酸化損傷塩基検出法を基盤とした新規遺伝子標的診断法の開発.
2011年度~2011年度, 平成23 年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, 酸化損傷塩基8-oxodGと非天然型塩基対形成可能なAdapを用いた損傷塩基部位の増幅と検出による発生位置特定法の確立.
2010年度~2011年度, 武田財団 薬学系研究奨励, 代表, 非天然型3本鎖DNA形成人工核酸を用いた生体分子との機能融合による次世代核酸医薬の開発研究.
2010年度~2011年度, 有機合成化学協会研究助成金, 代表, W字型を有する機能性核酸誘導体の合成と核酸医薬への展開研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」