九州大学 研究者情報
発表一覧
田中 史彦(たなか ふみひこ) データ更新日:2021.12.23

教授 /  農学研究院 環境農学部門 生産環境科学講座


学会発表等
1. 田中史彦, フードチェーンシステムの高度化によるフードロス削減, 岐阜大学グローカル推進機構 グローカル化のためのSDGs勉強会, 2021.10, 近年、スマート農業やスマートフードチェーンなど農業食料工学に関連する事業が全国で展開され、SDGsに基づく持続可能な開発を意識した取組みが盛んに行われています。私たちは九州産農産物の輸出を促進することを目的に、低コストかつフードロス低減のための高鮮度船舶輸送システムの確立に向けた実証研究を行ってきました。市場が拡大し続ける近隣アジア諸国への農産物の輸出は我が国の農業の安定的成長を支える原動力になります。我々が開発した産地広域連携クラウドシステムによって農産物を計画的・定量的・定期的に効率良く集め、多品目を混載可能な多温度帯コンテナで適正な環境で現地に送る。まずはこれらのソフト・ハードの要素技術を紹介するとともに、この輸出実証試験で収集し、蓄積した品質・環境情報を分析・活用して流通の品質向上やフードロスの低減、付加価値の向上による収入アップなどデータ駆動型のグローバルフードバリューチェーン構築の重要性について講演します。我が国の農産物の輸出促進とフードロスの低減の一助となれば幸いです。.
2. 田中史彦, 青果物輸出促進のための物流・情報流システムの構築, 日本食品工学会第22回(2021年度)年次大会 シンポジウムA「食品サプライチェーン効率化・高度化への先端技術の応用」, 2021.09.
3. 吉村明音,田中良奈,田中史彦, バイオスペックル画像解析によるカキの貯蔵性評価法の開発, 2021年度日本冷凍空調学会年次大会, 2021.09.
4. 国田悠希,田中良奈,田中史彦, 数値流体力学的手法による冷凍・冷蔵二温度帯コンテナの改良, 2021年度日本冷凍空調学会年次大会, 2021.09.
5. 豊田光希,田中良奈,田中史彦, 青果物内部の三次元構造を用いたガス移動シミュレーションと有効拡散係数の推算, 農業食料工学会第79回年次大会, 2021.09.
6. 泉田太一,田中良奈,田中史彦, 個体重を考慮したコオロギの乾燥モデルの開発, 農業食料工学会第79回年次大会, 2021.09.
7. 朱兪璟,牟田江梨花,田中良奈,田中史彦, デンプンを骨格とした食品用機能性フィルムの開発, 農業食料工学会第79回年次大会, 2021.09.
8. 古閑亜里沙,田中良奈,田中史彦, ヒノキチオール添加可食コーティングの物理的特性と抗菌性, 農業食料工学会第79回年次大会, 2021.09.
9. Ata Aditya Wardana, Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Combination of chitosan and peppermint essential oil as potential active coating against Penicillium digitatum and Botrytis cinerea, 4th International Conference on Science & Engineering of Material (ICSEM 2021), 2021.07.
10. 田中史彦,田中良奈, 生物由来可食コーティングフィルムの開発と青果物の鮮度保持効果, FOOMA Japan 2021, アカデミックプラザ, 2021.06.
11. Ata Aditya Wardana, Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Inhibition of Botrytis cinerea by alginate/cajuput essential oil and the composite's surface properties as potential antifungal coating, International Conference on Aspects of Materials Science and Engineering (ICAMSE2021), 2021.03.
12. Tran Thi Van, Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Characteristic and antifungal ability against Botrytis cinerea of coatings developed from chitosan base enhanced with tea seed oil/advanced clay, , 1st Japan, Thailand and Indonesia Joint Seminar on Sustainable Agricultural Development Goals (SADGs) - Current Status and Future Development on Sustainable Agriculture and Food Supply System in Asia - organized by KSAMFE and supported by Kyushu U Webi, 2021.03.
13. 田中史彦, 青果物混載輸送を可能とする多温度帯コンテナの開発とその品質保持効果, 九州大学・OPACKジョイントセミナー ~農産物の輸出促進に向けた九州大学の取組~, 2020.12.
14. Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Development of a dual temperature reefer container for exporting fruit and vegetables produced in Kyushu area, International Smart Food Chain Symposium 2020, 2020.11.
15. 古閑亜里沙,田中良奈,田中史彦, 青森ヒバ精油添加ゼラチン-コンニャクグルコマンナンベースコーティングが低温貯蔵下におけるモモ果実の品質に与える影響, 2020年度日本冷凍空調学会年次大会, 2020.09.
16. 朱ユケイ,田中良奈,田中史彦, 白金ナノ粒子によるエチレン分解の可能性, 第74回九州農業食料工学会例会, 2020.09.
17. 岸明良,田中良奈,田中史彦, 原子間力顕微鏡による1-MCP処理貯蔵果実の微細構造観察と特徴解析, 第74回九州農業食料工学会例会, 2020.09.
18. 泉田太一,田中良奈,田中史彦, 昆虫食を目的とするコオロギの乾燥モデルの開発, 第74回九州農業食料工学会例会, 2020.09.
19. 西原知奈津,田中良奈,田中史彦, 冷凍ホウレンソウの最適なブランチング法の検討, 第74回九州農業食料工学会例会, 2020.09.
20. 岡田京子,田中良奈,田中史彦, 米ゲルの温度変化および油脂添加による粘弾性特性の変化, 第74回九州農業食料工学会例会, 2020.09.
21. Mohammad Hamayoon Wardak,Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Developing of edible film and coating for minimally processed potatoes (Solanum tuberosum), ,The 74th Annual Meeting of Kyushu Society of Agricultural Machnery and Food Engineers, Miyazaki Municipal University, 2020.09.
22. Leila Mohammadi, Hamed Hassanzadeh Khankahdani, Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Effect of Aloe vera gel combined with basil (Ocimum bacilicum) essential oil as a natural coating on maintaining postharvest quality peach (Prunus persica L.) during storage, The 6th International Conference on Agricultural and Biological Sciences (ABS 2020), 2020.08.
23. Ata Aditya Wardana, Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Atomic Force Microscopy Characterization and Antifungal Activity of Chitosan Loaded with ZnO Nanoparticle as Potential Edible Coating, 4th International Conference on Material Science and Engineering Technology (ICMSET 2020), 2020.03.
24. 西原知奈津,Seong-heon Kim,田中良奈,田中史彦, 長距離輸送を目的とする青果物の熱・水分移動予測シミュレーション, 第73回農業食料工学会九州支部例会, 2019.11.
25. 古閑亜里沙,Kingwascharapong Passakorn,田中良奈,田中史彦, カエル皮膚由来油脂 (FSO) における抗カビ効果の検証, 第73回農業食料工学会九州支部例会, 2019.11.
26. 沖香菜子,田中良奈,田中史彦, バイオスペックルを用いた青果物の鮮度評価, 第73回農業食料工学会九州支部例会, 2019.11.
27. 岡田京子,田中良奈,田中史彦, レーザースペックルによる米ゲルの粘弾性特性の測定, 第73回農業食料工学会九州支部例会, 2019.11.
28. 福岡圭,泉田太一,田中良奈,田中史彦, 昆虫食を目的としたコオロギの乾燥特性, 2019年 農業食料工学会・農業施設学会・国際農業工学会第6部会 合同国際大会, 2019.09.
29. 古閑亜里沙,Kingwascharapong Passakorn,田中良奈,田中史彦, カエル皮膚由来油脂 (FSO) を用いたコーティング処理による青果物の鮮度保持, 2019年 農業食料工学会・農業施設学会・国際農業工学会第6部会 合同国際大会, 2019.09.
30. Seong-Heon Kim, Chinatsu Nishihara, Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Estimation of moisture loss of cucumber during storage using CFD simulation based on heat and mass transfer model, CIGR VI 2019, 2019.09.
31. Passakorn Kingwascharapong, Supatra Karnjanapratum, Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Screening (in vitro) the inhibition effect of GRAS substances on the postharvest fungal pathogens and its modelling, CIGR VI 2019, 2019.09.
32. 西原知奈津, 金成憲, 田中良奈, 田中史彦, 青果物の貯蔵・流通工程における水分損失予測シミュレーション, 2019年度日本冷凍空調学会年次大会, 2019.09.
33. 沖香菜子,田中良奈, 田中史彦, バイオスペックルを用いた青果物の鮮度評価, 2019年度日本冷凍空調学会年次大会, 2019.09.
34. 田中史彦,田中良奈(協力者:岡田京子,西原知奈津), X線CTマルチスケール解析による青果物諸物性値の非破壊3次元分布計測, FOOMA Japan 2019, アカデミックプラザ, 2019.07.
35. 田中史彦, 農産物輸出拡大に向けた産地広域連携モデルの構築と混載輸送用コンテナの開発, 日本青果物輸出協議会 第3回オールジャパン青果物輸出促進対策事業検討会, 2019.01.
36. 田中史彦, 青果物の輸出促進を目指す高鮮度輸送技術開発の展開, 「知の集積と活用の場」食品加工流通ビジネス研究開発プラットフォーム(FPDB-R&DPF) 平成30年度第2回ワークショップ, 2018.12, 九州大学では青果物の輸出促進を目的に、船舶による青果物の高鮮度輸送技術の開発を進めてきた。本講演では、おもに数値流体力学的手法による輸送前処理としての殺菌や多品目青果物の混載輸送を可能とする高鮮度保持輸送システムの最適化などの事例を取り上げ紹介するとともに、今後の展開について考察する。.
37. 田中史彦,田中良奈, 青果物の混載輸送を可能とする二温度帯コンテナの開発 -数値流体力学(CFD)的手法による空気調和- , 平成30年度農業生産技術管理学会大会, 2018.10.
38. 田中良奈,關屋まどか,田中史彦,藤田明,加藤信治,谷口雅巳, 混載を可能とする二温度帯コンテナの空調設計指針, 2018年度日本冷凍空調学会年次大会, 2018.09.
39. 嶋田義一,下園英俊,有村恭平,西場洋一,田中史彦, サツマイモの減圧フライ特性に関する研究-カットサイズが含水率および品質に及ぼす影響-, 農業環境工学関連5学会2018年合同大会, 2018.09.
40. 福岡圭,豊島健人,田中良奈,田中史彦, バイオスペックルを用いた青果物の鮮度測定に関する研究, 農業環境工学関連5学会2018年合同大会, 2018.09.
41. 森實涼子,山﨑麻帆,田中良奈,田中史彦, 画像解析によるバイオフィルム構造の解析
, 農業環境工学関連5学会2018年合同大会, 2018.09.
42. 中島卓哉,山本沙枝,田中史彦,内野敏剛, 高圧電場による害虫の殺菌, 農業環境工学関連5学会2018年合同大会, 2018.09.
43. 高間翠,内野敏剛,田中史彦, DBDを用いた空中浮遊菌の殺菌, 農業環境工学関連5学会2018年合同大会, 2018.09.
44. 神原洋介,平山彪悟,内野敏剛,田中史彦,高木浩一,高橋克幸,塚﨑守啓, コロナ放電による青果物由来エチレンの分解, 農業環境工学関連5学会2018年合同大会, 2018.09.
45. 田中良奈,關屋まどか,田中史彦, 混載を目的とした二温度帯コンテナの空調設計に関する研究, 農業環境工学関連5学会2018年合同大会, 2018.09.
46. 平山彪悟,神原洋介,内野敏剛,田中史彦,塚﨑守啓,高木浩一,高橋克幸, 誘電体バリア放電による青果物由来エチレン分解効率の検討, 第72回農業食料工学会九州支部例会, 2018.08.
47. 田中史彦,田中良奈(農産食料流通工学研究室), 青果物用二温度帯鮮度保持コンテナの開発とバイオスペックル法による鮮度評価, FOOMA Japan 2018, アカデミックプラザ, 2018.06.
48. Phuong Thi Hang Nguyen, Toshitaka Uchino, Fumihiko Tanaka, Effect of 1-MCP and temperature on the quality of broccoli, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering 2018(ISMAB2018), 2018.05.
49. Teppei Imaizumi, Fumihiko Tanaka, Toshitaka Uchino, Kinetic evaluation of effects of low-temperature blanching on mechanical properties of carrot, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering 2018(ISMAB2018, 2018.05.
50. Fumina Tanaka, Madoka Sekiya, Fumihiko Tanaka, Investigation into the design of the dual temperature reefer container using CFD, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering 2018(ISMAB2018), 2018.05.
51. Poly Karmoker, Wako Obatake, Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Efficacy of 1-MCP on the internal structure of Japanese persimmon, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering 2018(ISMAB2018), 2018.05.
52. 田中史彦, 最適殺菌のための青果物の予測モデルと食品応用の可能性,食品殺菌の効果・性能を徹底検証する~過酢酸製剤,深紫外線LED,アクアガスの効果と最適殺菌の評価手法~, 2017サイエンスフォーラム, 2017.11.
53. 今泉鉄平,田中史彦,内野敏剛, ブランチング時の酵素失活シミュレーション, 農業食料工学会第76回年次大会, 2017.09.
54. 吉田有花,田中史彦,内野敏剛, ズッキーニのマイクロ波ブランチング時における Peroxidase 失活シミュレーション, 農業食料工学会第76回年次大会, 2017.09.
55. 山﨑麻帆,森實涼子,田中史彦,内野敏剛, バイオフィルムの特徴量の抽出による構造評価, 農業食料工学会第76回年次大会, 2017.09.
56. 中島卓哉,木村大,田中史彦,内野敏剛, 貯穀害虫の電場殺虫と形成電場シミュレーション, 農業食料工学会第76回年次大会, 2017.09.
57. 田中史彦, 今村桂太郎, 内野敏剛, 三次元微細構造モデル解析に基づくカキ果実の熱伝導率推算とその内部分布の可視化, 農業食料工学会第76回年次大会, 2017.09.
58. 田中良奈,關屋まどか,田中史彦,内野敏剛, CFDによる船舶輸送用二温度帯コンテナの設計に関する研究, 農業食料工学会第76回年次大会, 2017.09.
59. 飯田有貴,田中史彦,内野敏剛, 数値流体力学解析によるイチゴの電磁波殺菌予測と最適化, 農業食料工学会第76回年次大会, 2017.09.
60. 高間翠,清原正光,内野敏剛,田中史彦, プラズマを用いた空中浮遊菌の殺菌, 2017年度農業施設学会大会, 2017.09.
61. 神原洋介,内野敏剛,田中史彦,高木浩一,高橋克幸,塚﨑守啓, コロナ放電による青果物由来エチレンの分解, 2017年度農業施設学会大会, 2017.09.
62. 大畠和子,カルモカー ポリー,田中史彦,内野敏剛, X線CTによる青果物の内部構造解析, 2017年度農業施設学会大会, 2017.09.
63. 豊島健人,田口隼也,田中史彦,内野敏剛, 青果物の鮮度評価に向けたバイオスペックルの特性に関する研究, 第71回農業食料工学会九州支部例会, 2017.09.
64. 高橋敦子,内野敏剛,田中史彦, 米ゲルの物性および構造の分析, 第71回農業食料工学会九州支部例会, 2017.09.
65. Poly Karmoker,Wako Obatake, Fumina Tanaka, Fumihiko Tanaka, Toshitaka Uchino, Efficacy of 1-MCP on the quality and internal structure of persimmon fruit, 第71回農業食料工学会九州支部例会, 2017.09.
66. 田中史彦, 今村桂太郎, 田中良奈,内野敏剛, X線CTマルチスケール解析による青果物の熱物性マッピング, 2017年度日本冷凍空調学会年次大会, 2017.09.
67. 關屋まどか,田中良奈,田中史彦,内野敏剛, 数値流体力学(CFD)を用いた二温度帯コンテナ設計指針の検討, 2017年度日本冷凍空調学会年次大会, 2017.09.
68. 今泉鉄平,Szymanska-Chargot Monika, Pieczywek M. Piotr, Chylinska Monika,Koziol Arkadiusz, Ganczarenko Diana, 田中史彦, 内野敏剛, Zdunek Artur, 冷凍加工の前処理がニンジンの内在ペクチンに及ぼす影響, 2017年度日本冷凍空調学会年次大会, 2017.09.
69. 今泉鉄平,田中史彦,内野敏剛, ニンジンから抽出したペクチンのナノ構造に及ぼすブランチングの影響, 日本食品科学工学会第64回大会, 2017.08.
70. 田中史彦, 先端技術を利用したフードチェーンシステムの高度化・最適化~農産物の船舶による輸出促進を事例として~, 農業食料工学会80周年記念春季シンポジウム(3部会合同シンポジウム)「明日を切り拓く農業食料工学の最前線」, 2017.03.
71. 今村桂太郎, 田中史彦, 内野 敏剛, 青果物の三次元微細構造解析と熱移動シミュレーション, 第70回農業食料工学会九州支部例会, 2016.09.
72. 山﨑麻帆, 田中史彦, 内野 敏剛, バイオフィルム形成過程における構造的特徴の評価, 第70回農業食料工学会九州支部例会, 2016.09.
73. 關屋まどか, 山内瑞葉, 田中史彦, 内野 敏剛, 電磁波照射が青果物の機能性成分含量および品質に及ぼす影響, 第70回農業食料工学会九州支部例会, 2016.09.
74. Imaizumi, T., Tanaka, F., Sato, Y., Yoshida, Y., Uchino,T., Relationships of texture, porosity, electrical properties and CT value of heated sweet potato, International Conference on Agricultural Engineering, CIGR-AgEng 2016, 2016.06.
75. 吉田有花, 田中史彦, 今泉鉄平, ズッキーニ冷凍加工時におけるマイクロ波ブランチングの適用, 第75回 農業食料工学会年次大会, 2016.05.
76. 豊島健人, 吉田葵, 田中史彦, 内野 敏剛, 空気ファインバブル水を用いたSalmonella entericaに対する殺菌処理方法, 第75回 農業食料工学会年次大会, 2016.05.
77. 高橋敦子, 田中史彦, 内野 敏剛, 米ゲルの乾燥特性の分析および復元性評価, 第75回 農業食料工学会年次大会, 2016.05.
78. 大畠和子, 名城昂平, 田中史彦, 内野 敏剛, X線CTによる青果物の内部構造の可視化, 第75回 農業食料工学会年次大会, 2016.05.
79. 梅野裕太, 田中史彦, 内野 敏剛, CFDによるフジコナカイガラムシ殺虫庫制御の最適化, 第75回 農業食料工学会年次大会, 2016.05.
80. 山内瑞葉, 關屋まどか, 名城昂平, 田中史彦, 内野 敏剛, 電磁波照射が青果物の機能性成分含量および品質に及ぼす影響, 第75回 農業食料工学会年次大会, 2016.05.
81. 高橋敦子, 田中史彦, 内野 敏剛, 低温ブランチング処理したニンジンの物理的,構造的特性の評価, 第75回 農業食料工学会年次大会, 2016.05.
82. Chhe Chinda, Imaizumi, T., Tanaka, F., Toshitaka Uchino, Effects of water blanching on biological and physicochemical properties of sweet potato slice, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering 2016(ISMAB2016), 2016.05.
83. Imaizumi, T., Tanaka, F., Uchino, T., Numerical modeling of peroxidase inactivation of potato tuber, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering 2016(ISMAB2016), 2016.05.
84. Tanaka, F., CFD Applications to Characterize and Design Postharvest Systems , Chungnam National University, 2015.11.
85. 森本愛子, 今村桂太郎, 高木浩一, 田中史彦, 内野 敏剛, 青果物輸送中におけるイオナイザーのエチレン分解効率, 農業環境工学関連5学会2015年合同大会, 2015.09.
86. 今泉鉄平, Chhe Chinda, 佐藤優磨, 田中史彦, 内野 敏剛, 農産物のブランチングにおけるMild Heating処理の適用, 農業環境工学関連5学会2015年合同大会, 2015.09.
87. 山内瑞葉, 名城昂平, 田中史彦, 内野 敏剛, UV-C照射が青果物の総ポリフェノール量および果皮表面の色彩に与える影響, 農業環境工学関連5学会2015年合同大会, 2015.09.
88. 今村桂太郎, 森本愛子, 田中史彦, 内野敏剛, 青果物貯蔵時におけるイオナイザーのエチレン分解効率, 第69回 農業食料工学会九州支部例会, 2015.08.
89. 佐藤優磨, 今泉鉄平, 田中史彦, 内野 敏剛, ブランチング時のMild Heating処理がジャガイモの品質に及ぼす影響, 第69回 農業食料工学会九州支部例会, 2015.08.
90. 吉田葵, 田中那奈, 田中史彦, 内野 敏剛, 空気ファインバブル水による殺菌効果の検討, 第69回 農業食料工学会九州支部例会, 2015.08.
91. 寺野香穂, 飯田有貴, 内野 敏剛, 田中史彦, 高圧電場処理が青果物の品質に与える影響, 第69回 農業食料工学会九州支部例会, 2015.08.
92. 今泉鉄平, 田中史彦, 内野 敏剛, ジャガイモのブランチング時におけるPeroxidase失活シミュレーション, 第69回 農業食料工学会九州支部例会, 2015.08.
93. Chhe Chinda, Imaizumi, T., Tanaka, F., Uchino,T., Relationship between textural integrity and pectin methylesterase activity in sweetpotato slices as affected by preprocessing heat treatment, The 3rd ISHS Southeast Asia Symposium on Quality Management in Postharvest Systems (SEAsia2015), 2015.08.
94. Imaizumi, T., Tanaka, F., Sato, Y., Hamanaka, D., Uchino, T., Changes in electrical properties of potato tuber during thermal processing, 12th International Congress on Engineering and Food (ICEF12), 2015.06.
95. 田中史彦, 飼料用米生産の現状と粉砕高温乾燥による収穫後処理の高効率化, 琉球大学特別講演, 2014.09.
96. 田中史彦, 飼料用米生産の現状と粉砕高温乾燥による収穫後処理の高効率化, 琉球大学特別講演, 2014.09.
97. 今泉鉄平, 内野敏剛, 田中史彦, 濱中大介, 冷凍加工時における前処理が農産物の電気的特性に及ぼす影響, 2014年度日本冷凍空調学会年次大会, 2014.09.
98. 原和伸, 田中史彦, 赤坂泰輝, 内野敏剛, 濱中大介, X線CT画像によるカキ果実の内部構造変化の評価, 第68回農業食料工学会九州支部例会, 2014.09.
99. 森本愛子, 江口広大, 濱中大介, 田中史彦, 内野敏剛, 硬質材料表面に形成するバイオフィルムの硬度と膜厚の関係, 第68回農業食料工学会九州支部例会, 2014.09.
100. 田中良奈, 田仲亜衣, 田中史彦, 濱中大介, 内野敏剛, 粒度分布を考慮した飼料用砕米の乾燥モデルの構築, 第68回農業食料工学会九州支部例会, 2014.09.
101. 吉田葵, 田中那奈, 濱中大介, 田中史彦, 内野敏剛, 種々の条件における微細気泡混合水を用いたバイオフィルム除去効果の検討, 第68回農業食料工学会九州支部例会, 2014.09.
102. 寺野香穂, 梅野裕太, 田中史彦, 内野敏剛, 濱中大介, 青果物混載輸送のためのエチレン除去システムの最適化, 第68回農業食料工学会九州支部例会, 2014.09.
103. 名城昂平, Trivittayasil Vipavee, 田中史彦, 濱中大介, 内野敏剛, 培地上のPenicillium digitatum胞子に対する紫外線照射殺菌モデルの検討, 第68回農業食料工学会九州支部例会, 2014.09.
104. 今泉鉄平, 佐藤優磨, 内野敏剛, 田中史彦, 濱中大介, 熱湯浸漬処理が農産物の物理的特性に及ぼす影響, 第68回農業食料工学会九州支部例会, 2014.09.
105. 法村奈保子, 江嶋亜祐子, 塚﨑守啓, 馬場紀子, 中山孝, 武田在満, 服部良隆, 梅野裕太, 田中史彦, 内野敏剛, 炭酸ガスと低温を組み合わせた効率的フジコナカイガラムシ殺虫技術, 第61回日本食品科学工学会, 2014.08.
106. 長里江子, 田中史彦, 濱中大介, 内野敏剛, 窒素・二酸化炭素を用いた貯穀害虫の殺虫, 2014年度農業施設学会大会, 2014.08.
107. 堀海, 濱中大介, 内野敏剛, 田中史彦, 低温暴露がPseudomonas属バイオフィルムの立体構造へ及ぼす影響, 2014年度農業施設学会大会, 2014.08.
108. Hamanaka, D., Eguchi, K., Morimoto, A., Tanaka, F., Uchino, T., Evaluation of mechanical properties of bacterial biofilm by micro-indentation analysis, 17th World Congress of Food Science and Technology (IUFoST2014), 2014.08.
109. Hamanaka, D., Norimura, N., Baba, N., Tsukazaki, M., Tanaka, F., Uchino, T., Decontamination of fruits surface by combining treatment of infrared radiation heating and ultraviolet irradiation, ASHS annual conference, 2014.07.
110. 疋田慶夫, 明賀美沙, 内野敏剛, 田中史彦, カンキツ果実の組織内ガス拡散抵抗と間隙内呼吸モデル, 日本食品保蔵科学会第63回大会, 2014.06.
111. Hamanaka, D., Nagayama, A., Cho, R., Tanaka, F., Uchino, T., Effects of temperature and relative humidity on the photocatalytic inactivation of mold ascospores, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agriculture and Biosystems Engineering 2014 (ISMAB2014), 2014.05.
112. Chea, S., Uchino, T., Tanaka, F., Hamanaka, D., Determination of major volatile compounds in Cambodian distilled spirit (Sra Sor) by using gas chromatography, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agriculture and Biosystems Engineering 2014 (ISMAB2014), 2014.05.
113. Imaizumi, T., Uchino, T., Tanaka, F., Hamanaka, D., Effect of hot water treatment on water migration and structure in potato tuber, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agriculture and Biosystems Engineering 2014 (ISMAB2014), 2014.05.
114. Umeno, Y., Tanaka, F., Uchino, T., Hamanaka, D., Three dimensional prediction of ethylene concentration inside a container for consolidated transport, International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agriculture and Biosystems Engineering 2014 (ISMAB2014), 2014.05.
115. Perez, J. H., 田中史彦, 内野敏剛, 濱中大介, Numerical simulation of the convective thermal transport in the drying of rice grains, 農業食料工学会第73回年次大会, 2014.05.
116. 入江文子, 濱中大介, 田中史彦, 内野敏剛, 温湿度が青果物の重量損失と平衡相対湿度に及ぼす影響, 農業食料工学会第73回年次大会, 2014.05.
117. 原和伸, 梅野裕太, 田中史彦, 赤坂泰輝, 内野敏剛, 濱中大介, X線CT画像に基づくカキ果実の3次元ガス・熱拡散モデルの構築, 農業食料工学会第73回年次大会, 2014.05.
118. 今泉鉄平, 内野敏剛, 田中史彦, 濱中大介, 熱湯浸漬処理がジャガイモの電気的特性に及ぼす影響, 農業食料工学会第73回年次大会, 2014.05.
119. 名城昂平, トリヴィタヤシル ヴィパヴィ, 濱中大介, 田中史彦, 内野敏剛, CFDを用いたイチゴ表面UV-C照射殺菌の最適化, 農業食料工学会第73回年次大会, 2014.05.
120. 田仲亜衣, 一丸裕介, 内野敏剛, 田中史彦, 濱中大介, 田中良奈, 飼料用米の高温粉砕乾燥―乾燥に及ぼす脂質の影響, 農業食料工学会第73回年次大会, 2014.05.
121. 田中那奈, 吉田葵, 濱中大介, 田中史彦, 内野敏剛, ファインバブル水によるバイオフィルム除去効果の検討, 農業食料工学会第73回年次大会, 2014.05.
122. 梅野裕太, 田中史彦, 濱中大介, 小出章二, 高木浩一, 塚﨑守啓, 高橋克幸, 内野敏剛, 青果物混載輸送のためのエチレン濃度予測モデルの構築, 農業食料工学会第73回年次大会, 2014.05.
123. Nguyen、M. D., Le D. M., Hamanaka, D., Tanaka, F., Uchino, T., Duong, V. H., Influence of some dairy by-products on the adherence of Lactococcus lactis, Internaitonal Workshop on Agricultural Engineering and Post-harvest Technology for Asia Sustainability (AEPAS) 2013, 2013.12.
124. 田中 史彦, 青果物の輸出を促進する高鮮度保持輸送システムの開発, 琉球大学特別講演, 2013.09.
125. 梅野裕太, 原和伸, 田中史彦, 内野敏剛, 濱中 大介, CT画像に基づくカキ果実形状の構築と熱物質移動シミュレーション, 第72回 農業食料工学会年次大会, 2013.09.
126. 今泉鉄平, 田中史彦, 内野敏剛, 濱中 大介, 田川彰男, イモ類の熱湯浸漬による細胞構造変化と温度の関係, 第72回 農業食料工学会年次大会, 2013.09.
127. トリヴィタヤシル ヴィパヴィ, 鶴みさき, 田中史彦, 濱中 大介, 内野敏剛, イチゴのUV殺菌と品質評価, 第72回 農業食料工学会年次大会, 2013.09.
128. 江口広大, 堀海, 森本愛子, 濱中 大介, 金山 素平, 田中史彦, 内野敏剛, インデンテーション法によるバイオフィルムの力学特性評価の可能性, 第72回 農業食料工学会年次大会, 2013.09.
129. 永山彩, 長里江子, 濱中 大介, 田中史彦, 内野敏剛, 低温高湿貯蔵におけるPenicillium属菌の光触媒殺菌, 第72回 農業食料工学会年次大会, 2013.09.
130. ジョナサン ペレス ホンラダ, 田中史彦, 内野敏剛, 濱中 大介, Numerical simulation of heterogeneous moisture diffusion in milled rice using finite element method, 2013.09.
131. 堀海, 江口広大, 濱中 大介, 金山 素平, 田中史彦, 内野敏剛, 成熟したPseudomonas属バイオフィルムにおける力学的特性の測定の可能性, 第67回農業食料工学会九州支部例会, 2013.09.
132. 梅野裕太, 原和伸, 田中史彦, 内野敏剛, 濱中 大介, 青果物混載輸送のためのエチレン除去と濃度予測モデルの開発, 第67回農業食料工学会九州支部例会, 2013.09.
133. 入江文子, ジュン バン ホン, 濱中 大介, 田中史彦, 内野敏剛, 温湿度が青果物の気孔開口面積と重量損失に及ぼす影響, 第67回農業食料工学会九州支部例会, 2013.09.
134. 田仲亜衣, 田中良奈, 内野敏剛, 田中史彦, 濱中 大介, 山下広太郎, 飼料用米の粉砕高温乾燥による乾燥熱効率向上とその品質への影響, 第67回農業食料工学会九州支部例会, 2013.09.
135. 長里江子, 永山彩, 濱中 大介, 田中史彦, 内野敏剛, 温度・湿度の違いが光触媒の殺菌効果に及ぼす影響, 第67回農業食料工学会九州支部例会, 2013.09.
136. 原和伸, 梅野裕太, 田中史彦, 内野敏剛, 濱中 大介, X線CT画像に基づくカキ果実の3次元ガス・熱拡散モデルの構築, 第67回農業食料工学会九州支部例会, 2013.09.
137. ジュン バン ホン, 梅野裕太, 野津菜摘, 濱中 大介, 田中史彦, 内野敏剛, CFD simulation of temperature and relative humidity inside nanomist container, 2013年度農業施設学会大会, 2013.08.
138. 田中 史彦, 農産物の輸出促進に資する高鮮度船舶輸送技術の開発, 公益社団法人 日本冷凍空調学会 西日本地区事業推進委員会 第14回さろんセミナー, 2013.08, 我が国では,2020年までに農林水産物の輸出を1兆円規模まで拡大する目標が掲げられ,高品質な農林水産物の輸出を促進するためのマーケティング戦略や高品質輸送技術の開発が進められている.本セミナーでは,講演者らが農林水産省プロジェクト研究として取り組んでいる船舶による農産物の高鮮度輸送技術の開発について講演する.特に,電磁波殺菌処理による農産物表在菌の制御法やナノミストコンテナによる鮮度保持法などについて紹介する..
139. Perez, J., Tanaka, F., Hamanaka, D., Uchino, T., Finite element analysis and feasibility of simple stochastic modeling in the analysis of fissuring in grains during soaking, International Conference on Biotechnology and Agricultural Engineering (ICBAE) 2013, 2013.08.
140. トリヴィタヤシル ヴィパヴィ, 鶴みさき, 田中史彦, 濱中 大介, 内野敏剛, 紫外線照射によるイチゴの殺菌予測シミュレーション, 日本食品工学会第14回年次大会, 2013.08.
141. Hamanaka, D., Kubo, S., Tanaka, F., Uchino, T., Effect of storage conditions on the photo-reactivation of ultraviolet-irradiated bacteria cells, International Symposium on Quality Management of Fruits and Vegetables for Human Health (FVHH2013), 2013.08.
142. Trivittayasil, V., Tanaka, F., Hamanaka, D., Uchino, T., Investigation of inactivation characteristics of mold conidia by UV-C radiation, International Symposium on Quality Management of Fruits and Vegetables for Human Health (FVHH2013), 2013.08.
143. 田中史彦, 粉砕による飼料用米乾燥効率の向上(話題提供), 農業機械学会シンポジウム 第17回テクノフェスタ, 2012.12.
144. 田中史彦, 水分拡散-応力連成モデルによる水浸裂傷米発生機構の解明, 第25回 飯島記念食品科学振興財団学術講演会, 2012.11.
145. 石田沙弥香,Rezagah, M. E., 濱中大介,田中史彦,内野敏剛,疋田慶夫, 3次元熱物質移動モデルによるナシの酸素および二酸化炭素ガス拡散係数の予測, 農業環境工学関連学会2012年合同大会, 2012.09.
146. 今村光,森松和也,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 水分活性が微生物のバイオフィルム形成に及ぼす影響, 農業環境工学関連学会2012年合同大会, 2012.09.
147. 田中良奈,山下広太郎,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 粉砕による飼料用米乾燥効率の向上, 農業環境工学関連学会2012年合同大会, 2012.09.
148. Perez, J. H., 濱中大介,田中史彦,内野敏剛, Prediction of Incident of Moisture Absorption Induced Cracks in Japonica Rice Grain using Finite Element Analysis, 農業環境工学関連学会2012年合同大会, 2012.09.
149. 法村奈保子,濱中大介,塚崎守啓,馬場紀子,田中史彦,内野敏剛, 赤外線・紫外線の併用によるモモ果実の殺菌効果, 第75回九州農業研究発表会, 2012.09.
150. 梅野裕太,田中史彦,内野敏剛,濱中大介,小出章二,高木浩一,塚崎守啓,山本康平, 青果物の混載を考慮したコンテナ内のエチレン濃度予測, 農業環境工学関連学会2012年合同大会, 2012.09.
151. 森松和也,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, バイオフィルム形成微生物に対する次亜塩素酸ナトリウムの最適処理条件, 農業環境工学関連学会2012年合同大会, 2012.09.
152. Trivittayasil, V., 田中史彦,内野敏剛,濱中大介, DOモデルによるイチゴの紫外線照射分布予測, 農業環境工学関連学会2012年合同大会, 2012.09.
153. 山下広太郎,田中良奈,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, 飼料用米の粉砕乾燥技術, 第66回農業機械学会九州支部例会, 2012.08.
154. 永山彩,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, 低温高湿貯蔵におけるPenicillium属菌の光触媒殺菌法の確立
, 第66回農業機械学会九州支部例会, 2012.08.
155. 江口広大,濱中大介,田中史彦,内野敏剛,森松和也, バイオフィルムを形成したPseudomonas putidaへの洗浄効果, 第66回農業機械学会九州支部例会, 2012.08.
156. 森松和也,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, 次亜塩素酸ナトリウムのバイオフィルム除去効果および菌数の低減効果
, 第66回農業機械学会九州支部例会, 2012.08.
157. Hamanaka, D., Tanaka, F., Uchino, T., Hung, Y.-C., Effect of lo temperature exposure on pathogenic bacteria biofilm formation, The 16th World Congress of Food Science and Technology(IUFoST2012), 2012.08.
158. Morimatsu, K., Uchino, T., Tanaka, F., Hamanaka, D., Effect of temperature on biofilm formation cell of Pseudomonas putida, CIGR 2012, 2012.07, The presence of bacteria that forms biofilm, which is an aggregate of microbial cells embedding within the amorphous extracellular polysaccharide, on the surface of fresh vegetables has recently received attention as a problem to agricultural product quality. Hence, it is necessary to understand microbial mechanism of biofilm formation in order to control the problems caused by biofilm. In this study, the effects of temperature and nutrient concentration on bacterial biofilm formation were investigated using Gompertz functions that described the growth and detachment of biofilm-forming bacteria. The results showed that, under rich nutrient condition, the growth rate of P. putida could be promoted by increasing temperature, while the detachment scale of P. putida induced by biofilm detachment increased with increasing temperature. On the other hand, under poor nutrient conditions, its stress could minimize the effect of temperature on this promotion of biofilm detachment. And, the biofilm detachment rate and the time lag to onset of the biofilm detachment increased with thermal elevation under poor nutrient condition. The kinetics parameters of Gompertz model could be used to characterize the biofilm growth and detachment under different environmental conditions such as nutrition and temperature..
159. Norbu, K., Uchino, T., Tanaka, F., Hamanaka, D. , Efficacy of hot air drying of rough rice against rice weevil and rice quality
, The 6th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering, 2012.06.
160. Rezagah, M. E., Ishida, S., Tanaka, F., Uchino, T., Estimation of gas and thermal diffusivity of Japanese pear by using a 3D heat and mass transfer model
, The 6th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering, 2012.06.
161. Trivittayasil, V., Tanaka, F., Uchino, T., Effects of infrared heating intensity on microbial deactivation on fig surface using CFD simulation, International Conference on Agricultural Engineering 2012, 2012.04.
162. Hamanaka, D., Oyama, N., Genkawa, T., Tanaka, F., Uchino, T., Application of vibrating trough to surface decontamination of grains by infrared heating, International Workshop on Agricultural and Bio-systems Engineering (IWABE) 2011, 2011.12.
163. 田中史彦,渡邊建士,内野敏剛, バイオフィルム形成シミュレーションモデルの構築
, 第70回農業機械学会年次大会, 2011.09.
164. 田中良奈,金城みのり,田中史彦,内野敏剛, 飼料用米乾燥の高効率化, 第70回農業機械学会年次大会, 2011.09.
165. 黒木禅,田中史彦,内野剛敏, CFDを用いた青果物における冷却最適化, 第70回農業機械学会年次大会, 2011.09.
166. 門柳貴士,田中史彦,内野敏剛, 低温高湿貯蔵庫内の光触媒殺菌法, 第70回農業機械学会年次大会, 2011.09.
167. 梅野裕太,田中史彦,内野敏剛,尾辻淳一,設楽英夫, 液状食品の蒸気直接接触加熱殺菌装置における液滴生成過程の解析, 第70回農業機械学会年次大会, 2011.09.
168. Trivittayasil, V., Tanaka, F., Uchino, T. , Modeling of UV dose distribution on fresh fruits for surface decontamination, 第70回農業機械学会年次大会, 2011.09.
169. 森松和也,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, バイオフィルムを形成した微生物への次亜塩素酸ナトリウムの殺菌および洗浄効果
, 第70回農業機械学会年次大会, 2011.09.
170. J. Perez, F. Tanaka, T. Uchino, 3D simulation of moisture absorption and hygroscopic swelling in rice grains under isothermal soaking condition, CIGR 2011, 2011.09.
171. Duong Van Hung, F. Tanaka, T. Uchino, Assessment of postharvest attributes of fig (Ficus carica L.) fruit stored under high humidity environment, CIGR 2011, 2011.09.
172. 石田沙弥香,安永円理子,田中史彦,内野敏剛, 貯蔵環境を考慮したブロッコリーの品質変化予測モデル, 第65回農業機械学会九州支部例会, 2011.08.
173. 森松和也,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, 種々の温度条件における病原微生物のバイオフィルム形成, 第65回農業機械学会九州支部例会, 2011.08.
174. 今村光,渡邊建士,森松和也,田中史彦,内野敏剛, 数理モデル解析によるバイオフィルム形成挙動の把握, 第65回農業機械学会九州支部例会, 2011.08.
175. 久保苑加,田中史彦,内野敏剛, 紫外線殺菌処理後の微生物増殖挙動の把握, 第65回農業機械学会九州支部例会, 2011.08.
176. D. Hamanaka, F. Tanaka, T. Uchino, Y.-C. Hung, Effect of temperature profile and nutrient concentration on Listeria biofilm formation
, IFT 2011, 2011.06.
177. D. Hamanaka, H. Yamada, T. Kadoyanagi, V. Trivittayasil, F. Tanaka, T. Uchino, Spore inactivation by ultraviolet irradiation combining with different pre-heating treatment, 11th ICEF 2011 , 2011.05.
178. Trivittayasil, V., Kadoyanagi, T., Tanaka, F., Hamanaka, D., Uchino, T., Inactivation Modeling of Moulds by IR Heating as a Surface Decontamination Technique, 第69回農業機械学会年次大会, 2010.09.
179. H. V. Duong, F. Tanaka, D. Hamanaka, T. Uchino, Control of Weight Loss of Fresh Produce under High Humidity Storage Environment, 第69回農業機械学会年次大会, 2010.09.
180. 渡邊建士,森松和也,田中史彦,内野敏剛,濱中大介, シミュレーションモデルを用いたバイオフィルム形成メカニズムの検討, 第69回農業機械学会年次大会, 2010.09.
181. 花田祐介,安永円理子,内野敏剛,田中史彦,筑紫二郎, 収穫後の環境要因を考慮したインゲンマメの品質変化予測モデル, 第69回農業機械学会年次大会, 2010.09.
182. 佐藤はるか,内野敏剛,田中史彦,濱中大介,源川拓磨,梅野裕太, 米粒内水分の3次元分布予測, 第69回農業機械学会年次大会, 2010.09.
183. 安永円理子,花田祐介,中野浩平,内野敏剛,田中史彦, 収穫後の環境要因を考慮したブロッコリーの品質変化予測モデル, 第69回農業機械学会年次大会, 2010.09.
184. Hamanaka, D., Yamada, H., Tanaka, F., Uchino, T. , Inactivation of mould spores by infrared radiation heating and ultraviolet irradiaation, The 15th World Congress of Food Science and Technology (IUFoST) 2010, 2010.08, [URL].
185. Hamanaka, D., Onishi, M., Tanaka, F., Uchino, T. , Observation of Structural Characteristics of Bacterial Biofilm of Vegetable Related Pseudomonas Cells by Confocal Laser Scanning Microscopy, IFT Annual Meeting and Food Expo2010, 2010.07.
186. Tanaka, F., Konishi, Y., Kuroki, Y., Hamanaka, D., Uchino, T., The Use of CFD to Improve the Performance of Partially Loaded Cold Store, The 5th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering, 2010.04, [URL].
187. Trivittayasil, V., Tanaka, F., Hamanaka, D., Uchino, T., Prediction Temperature Model of Culture Agar during Infrared Radiation Heating as a Surface Decontamination Treatment with Consideration of Evaporation Effect, The 5th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering, 2010.04.
188. Genkawa, T., Uchino, T., Tanaka, F., Hamanaka, D., Ogawa, Y., Sato, H., Umeno, Y, Mathematical Modeling of Water Diffusion in White Rice with Three-dimensional Rice Geometry Based on Microscopic Images, The 5th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering, 2010.04.
189. Duong, H. V., Nakano, Y., Tanaka, F., Hamanaka, D., Uchino, T., Effect of Particle Size on the Strength of Corrugated Cardboards, The 5th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering, 2010.04, [URL].
190. Morimatsu, K., Hamanaka, D., Tanaka, F., Uchino, T., Effect of Mixed Culture of Two Bacteria on Biofilm Formation under Fluctuating Temperature, The 5th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering, 2010.04.
191. Genkawa, T., Uchino, T., Tanaka, F., Hamanaka, D., Visualization of Moisture Distribution in Rice Grains with Confocal Laser Scanning Microscopy, International Workshop on Agricultural and Bio-systems Engineering, 2009.12.
192. Duong, H. V., Tong, S., Nakano, Y., Uchino, T., Tanaka, F., Hamanaka, D., Comparison of Particle Concentration and Size Distribution by Nanomist and Ultrasonic Humidifiers, International Workshop on Agricultural and Bio-systems Engineering, 2009.12.
193. H. V. Duong, S. Tong, Y. Nakano, T. Uchino, F. Tanaka, D. Hamanaka , Particle size distribution generated by nanomist humidifier, 第64回農業機械学会九州支部例会, 2009.08.
194. 源川拓磨,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, 共焦点レーザー顕微鏡を用いた米粒内部の水分移動の観察法, 第64回農業機械学会九州支部例会, 2009.08.
195. 山名志郎,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, 水分活性および温度を考慮した微生物増殖挙動予測モデルの開発, 第64回農業機械学会九州支部例会, 2009.08.
196. 濱中大介,渡邉建士,田中史彦,内野敏剛, 微生物のバイオフィルム形成能に関与する要因の検討, 第64回農業機械学会九州支部例会, 2009.08.
197. 渡邉建士,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, マルチエージェントシステムによるバイオフィルム形成過程シミュレーションモデル構築の試み, 第64回農業機械学会九州支部例会, 2009.08.
198. Tanaka, F., Chatani, M., Kawashima, H., Uchino, T., Hamanaka, D., Development of Monte Carlo FIR heating model as a useful technique for surface decontamination of fig, IFT Annual Meeting , 2009.06.
199. Hamanaka, D., Morimatsu, K., Tanaka, F., Uchino, T., Adhesion characteristics of pathogenic bacteria under unsteady conditions, IFT Annual Meeting, 2009.06.
200. 小西慶浩,井上亜由美,田中史彦,内野敏剛,濱中大介, CFDを用いた低温輸送時の青果物および冷凍車荷室の温度予測, 日本冷凍空調学会, 2008.11.
201. 田中史彦, 食品の新しい加熱殺菌予測手法, サイエンスフォーラムセミナー -予測微生物学を活用した食品製造・流通過程の最適化-, 2008.10.
202. 古江元気,安永円理子,花田祐介,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 温度,ガス濃度の変動が青果物の呼吸速度および内部成分の変動に及ぼす影響の予測, 日本生物環境工学会, 2008.09.
203. 濱中大介,法村奈保子,馬場紀子,眞野晃造,垣内誠,田中史彦,内野敏剛, 赤外線・紫外線を併用した果実表面殺菌の検討
, 日本防菌防黴学会第35回年次大会, 2008.09.
204. 茶谷基行,川島大典,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, CFDを用いた青果物表在菌の赤外線殺菌予測モデルの構築, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
205. Nguyen, M. D., Hamanaka, D., Tanaka, F., Uchino, T, Surface conditioning by skim milk solutions at different pH values and its effect on bacterial adhere, 農業機械学会九州支部会例会, 2008.08.
206. 源川拓磨,冨澤秀生,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, 炊飯崩壊粒が低水分白米から得られた炊飯米のテクスチャーに及ぼす影響, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
207. 冨澤秀生,源川拓磨,内野敏剛,佐藤はるか,田中史彦,濱中大介, 減圧含浸処理と温水浸漬処理が低水分白米から得られた炊飯米のテクスチャーに及ぼす影響, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
208. 井手雄一郎,源川拓磨,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, フィルム包装による低水分玄米の調質法-調質過程における玄米含水率予測モデルの開発-, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
209. 清家暢隆,山名志郎,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 複数の環境要因を考慮した微生物の増殖挙動予測モデルの開発, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
210. 大西麻未,梅崎裕美,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 培養条件が青果物から分離した微生物の表面付着能に及ぼす影響, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
211. 小西慶浩,田中史彦,内野敏剛,濱中大介, CFDを利用した貯蔵施設内の温度変化解析, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
212. 中野裕介,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, 積算温度を用いたカットキャベツの品質予測モデル, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
213. 山田浩徳,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 赤外線および紫外線が細菌胞子の不活化に及ぼす影響, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
214. 森松和也,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 変動温度条件がキュウリ果実に表在する微生物群のバイオフィルム形成に及ぼす影響, 農業機械学会九州支部例会, 2008.08.
215. D. Hamanaka, A. Niihara, K. Morimatsu, G.G. Atungulu, F. Tanaka, T. Uchino, Effect of fluctuating temperature on adhesion of bacteria related to fresh produce, Asia-Pacific Symposium on Assuring Quality and Safety of Agri-Food (APS2008), 2008.08.
216. G.G. Atungulu, T. Uchino, F. Tanaka, D. Hamanaka, Lipid hydrolysis and genotype analysis of microbial distribution on rice treated with volatiles from fractionated propolis, 101st Annual Meeting of American Society of Agricultural and Biological Engineering (ASABE) 2008, 2008.06.
217. F. Tanaka, T. Uchino, D. Hamanaka, Development of software for sweet potato grading using machine vision, The 4th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering (ISMAB 2008), 2008.05.
218. T. Uchino, D. Itoh, F. Tanaka, D. Hamanaka, Development of prediction model for sugar content of fresh shredded cabbage, The 4th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agricultural and Biosystems Engineering (ISMAB 2008), 2008.05.
219. 源川拓磨,井上麻子,井手雄一郎,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, フィルム包装技術を用いた玄米調質法の開発 −調質中の玄米品質の変化−, 農業機械学会第67回大会, 2008.03.
220. 冨澤秀生,源川拓磨,内野敏剛,田中史彦,濱中大介, 低水分米の食味と減圧含浸による食味改善に関する研究, 農業機械学会第67回年次大会, 2008.03.
221. 梅崎裕美,大西麻未,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 青果物由来微生物の表面付着能に影響を及ぼす要因の検討, 農業機械学会第67回年次大会, 2008.03.
222. 濱中大介,山田浩徳,田中史彦,内野敏剛, 食品・農産物腐敗原因微生物に対する赤外線・紫外線の併用殺菌処理, 農業機械学会第67回年次大会, 2008.03.
223. 田中史彦,内野敏剛,濱中大介, 確率予測モデルによる食品乾燥工程の解析−モンテ・カルロ法による分布予測−, 農業機械学会第67回年次大会, 2008.03.
224. D. Hamanaka, A. Niihara, H. Umezaki, Griffiths G. Atungulu, F. Tanaka, T. Uchino, Effect of culture condition on the adhesion of bacteria isolated from cucmber fruit, 農業施設学会海外セミナー 日台共同セミナー 〜アジア地域への農業技術展開の可能性〜, 2007.12.
225. Griffiths G. Atungulu, F. Tanaka, T. Uchino, D. Hamanaka, Bioactivity of propolis and its derivatives in food preservation, Interntional Workshop on Agricultural and Bio-systems Engineering (IWABE), 2007.12.
226. T. Uchino, F. Tanaka, D. Hamanaka, N. Seike, Mathematical model for microbial growth under a fluctuating temperature, Interntional Workshop on Agricultural and Bio-systems Engineering (IWABE), 2007.12.
227. Nguyen Manh Dat, A. Niihara, D. Hamanaka, F. Tanaka, T. Uchino, Biofilm-forming ability of some dairy related bacteria, Interntional Workshop on Agricultural and Bio-systems Engineering (IWABE), 2007.12.
228. T. Genkawa, H. Tomizawa, T. Uchino, F. Tanaka, D. Hamanaka, Generating mechanism of open crack formation in polished rice with moisture content and reduction of open crack by vacuum infusion, Interntional Workshop on Agricultural and Bio-systems Engineering (IWABE), 2007.12.
229. Tanaka, F., Uchino, T., Hamanaka, D., Atungulu, G.G., Morita, K., Development of stochastic drying model of rough rice, International Seminar on Agricultural Structure & Agricultural Engineering, 2007.12.
230. Tanaka, F., Uchino, T., Hamanaka, D., Atungulu, G.G. , Monte Carlo simulation of pneumatic drying of rice powder, Interntional Workshop on Agricultural and Bio-systems Engineering (IWABE), 2007.12.
231. Hamanaka, D., Niihara, A., Umezaki, H., Atungulu, G.G., Tanaka, F., Uchino, T., Effect of culture condition on the adhesion of bacteria isolated from cucmber fruit, International Seminar on Agricultural Structure & Agricultural Engineering, 2007.12.
232. 古江元気,安永円理子,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 流通環境下におけるシュンギクの呼吸特性および栄養成分含量の変動, 農業機械学会九州支部会例会, 2007.08.
233. 冨澤秀生,源川拓磨,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 低水分白米の水浸裂傷に関する基礎的研究, 農業機械学会九州支部会例会, 2007.08.
234. 茶谷基行,井上亜由美,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, CFDを用いた青果物の熱流体解析, 農業機械学会九州支部会例会, 2007.08.
235. 清家暢隆,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, 変動する温度条件下における微生物の動的挙動予測, 農業機械学会九州支部会例会, 2007.08.
236. 梅崎裕美,新原亜由美,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, キュウリ果実より分離した微生物のバイオフィルムの形成特性, 農業機械学会九州支部会例会, 2007.08.
237. 井手雄一郎,井上麻子,源川拓磨,濱中大介,田中史彦,内野敏剛, フィルム包装による低水分玄米の調湿法, 農業機械学会九州支部会例会, 2007.08.
238. 濱中大介,新原亜由美,梅崎裕美,田中史彦,内野敏剛, 青果物付着微生物のバイオフィルム形成能に及ぼす培養条件の影響, 日本防菌防黴学会第34回年次大会, 2007.08.
239. T. Uchino, D. Hamanaka, W. Han, Y. Fujimoto, T. Genkawa, F. Tanaka, Development of a growth model for Bacillus cereus under various conditions, 13rd world congress of food science & technology, 2006.09.
240. Tanaka, F., Morita,K., Uchino, T., Mathematical Modeling of Pneumatic Drying of Food Particle, IUFoST 13th World Congress of Food Science and Technology, 2006.09.
241. Uchino, T., Hamanaka, D., Genkawa, T., Han, W., Fujimoto, Y., Tanaka, F., Development of a Growth Model for Bacillus cereus under Various Conditions, IUFoST 13th World Congress of Food Science and Technology, 2006.09.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」