Kyushu University Academic Staff Educational and Research Activities Database
List of Reports
Mitsuteru Asai Last modified date:2021.10.21

Associate Professor / Structural and Earthquake Engineering / Faculty of Engineering


Reports
1. REDUCTION TECHNIQE IN SYMMETRY BREAKING BIFURCATION PROBLEMS USING EIGENVECTORS.
2. トラス構造設計における強度の確率評価法.
3. ANALYSIS OF SHARE FRACTURE OF RAINFORCED CONCRETE BEAMS BY LATTICE MODEL.
4. ラチスモデルによる鉄筋コンクリート解析.
5. ラチスモデルによる鉄筋コンクリート構造のイメージベース解析.
6. Development of an image‐based FCM and estimate on its performance..
7. イメージベースFCMの開発とその性能評価.
8. A STUDY ON THE BOUNDARY CONDITION OF MULTI-PHASE MATERIALS FOR A FCM.
9. THE IMAGE-BASED FCM USING A MULTI-COVER SYSTEM.
10. ミクロ構造不安定性を考慮した脆性材料の強度評価法.
11. MULTI-SCALE EVALUATION METHOD FOR STRENGTH OF BRITTLE MATERIALS.
12. 非局所型ボクセル有限要素法の開発とその破壊挙動解析への適用.
13. 非均質脆性材料に対するマルチスケール解析法.
14. Development of multi‐scale discrete deformation analysis based on a nonlinear homogenization theory..
15. 界面要素を用いた有限被覆法とその弾塑性問題への適用.
16. 有限被覆法による不連続面進展解析.
17. 固定メッシュを用いた有限被覆法による大変形解析.
18. Multi‐scale simulation without macro‐scale constitutive models.
19. 有限被覆法による非均質材料の非線形解析.
20. The Ohio State University, Prof. Somnath Ghosh Laboratory.
21. 11th JSCES Conference.
22. 均質化法によるイメージベース圧電解析手法の開発.
23. 圧電材料の高精度・高分解能シミュレータ開発.
24. ボクセル有限要素法による大規模圧電解析用ソルバーの開発.
25. イメージベース圧電解析による多孔質圧電材料の特性評価.
26. イメージベース・マルチスケール圧電解析.
27. Model Order Reduction法による超小型ターボ機械用遠心圧縮機の高速動的解析.
28. MEMSシミュレーションのためのCADセントリックGlobal‐Localモデリング.
29. Study on fast dynamic analysis using mesh superposition method and model order reduction.
30. TEMトモグラフィー技術を用いたナノスケール・イメージベース解析手法の研究.
31. 織布補強ゴムの異方性超弾性体によるモデリング.
32. MODELING OF FIBER REINFORCED RUBBER BY USING AN ANISOTROPIC VISCO-HYPERELASTICITY.
33. Three-dimensional morphology analysis and finite element modeling of nano particle dispersed materials
This paper presents a three-dimensional morphology analysis technique by means of TEM tomography and finite element modeling of nano particle dispersed composite materials. The target material system in this paper is natural rubber reinforced by carbon black (CB) nano-particles. The average diameter of CB ranges from 30 to 122nm. The main feature of this paper is that the interphase named sticky hard layer between CB and free rubber is considered in detail. The Young's modulus was estimated by pulse nuclear magnetic resonance (NMR), and the thickness was obtained by measuring the volume content and moreover considering the agglomeration of CB nano-particles. The Young's modulus of the sticky hard layer was 5 to 30 times larger than that of free rubber. The relative thickness of the sticky hard layer divided by the CB diameter was found to be very influential on the overall properties of the composites, because its percolation forms the load carrying path in the composites as demonstrated by finite element analysis. These results have been supposed to be the major reason to explain the nano-particle size effect on the overall properties, which have never been understood by the classical rule of mixture. © 2008 The Society of Materials Science..
34. RCはりの重錘落下試験のFE解析とその精度評価.
35. 離散型有限要素モデルによる石造アーチ橋の静的・動的強度評価.
36. A constitutive model for fabric reinforced rubber based on an anisotropic visco-hyperelasticity and simple prediction of final state.
37. 石橋の3次元静的・動的挙動解析手法の模型実験による検討.
38. 石橋の3D計測と3次元FEMモデルへの適用.
39. 数値地図による沿岸地域モデリングとSPH粒子法による流体解析.
40. 数値地図による沿岸地域モデリングとSPH粒子法による流体解析.
41. ASR挙動メカニズム解明に向けたメゾレベル・コンクリート非線形解析手法の開発.
42. 陽的SPH法による沿岸域の水害予測シミュレーション.
43. 石アーチの3次元動的解析手法の検討.
44. 流体衝撃力を受ける構造解析に適したSPH‐FEM連成シミュレータの開発.
45. THE FUNDAMENTAL STUDY ON COUPLING SIMULATION BETWEEN CHEMICAL BEHAVIORS AND NONLINEAR MECHANICS IN CONCRETE.
46. 荷重条件の不確かさを考慮した高速動的解析法に関する研究.
47. 自由表面流れ解析における安定化ISPH法の精度検証.
48. 渦粘性を考慮した安定化ISPH法による流体力評価の精度検証.
49. 津波防災に資する数値解析技術の開発に向けた取り組み.
50. 止水板設計に関する産学マッチング―異方性・粘弾性ゴムの材料モデリング―.
51. 地震動の不確かさを考慮した構造振動解析に適したKS‐MOR法.
52. コンクリート材料劣化予測に向けたイオン非定常拡散解析における時間積分法の精度検証.
53. コンクリート材料劣化予測シミュレータ開発に向けた基礎検討.
54. KS‐MOR法による縮約化動的解析における有効自由度数の決定法.
55. Ghost粒子境界を用いたISPH法と大変形FEMによる流体・構造連成解析.
56. 離散型有限要素モデルによる石造アーチ橋の地震時挙動解析.
57. 都市型水害対策用の止水板の構造解析と実験の比較検証.
58. 異なる材質を持つ大規模粒子データの可視化手法について.
59. 津波防災に資する数値解析技術の開発に向けた取り組み.
60. 数値流体シミュレーションによる流体衝撃力評価に関する基礎的研究.
61. 大規模津波遡上解析に向けた高効率な並列化ISPH法の開発.
62. 大規模津波遡上解析に向けたISPH法の高速化と並列化効率の検証.
63. コンクリート材料劣化予測に向けたイオン拡散・反応膨張・亀裂進展の連成解析.
64. コンクリート材料劣化予測に向けたイオン拡散・反応膨張・亀裂進展の連成解析.
65. Krylov部分空間法に基づく高速動的FEMによる免震橋梁の地震時応答解析.
66. 粒子法による津波時の堤防崩壊シミュレーションに向けた基礎検討.
67. 粒子法による橋桁に作用する津波外力評価の精度検証.
68. 粒子法における境界条件処理方法による流体力の相違.
69. 測量情報を基にした地形モデルを用いたISPH法による津波遡上解析.
70. 津波シミュレーションによる大規模粒子データの可視化手法について.
71. 損傷理論を導入した物質拡散と不連続面進展の連成解析による材料劣化のシミュレーション.
72. 想定外な巨大津波被害を事前予測するための試み.
73. ビンガム流体・弾性体の混合モデルを導入したSPH法による洗掘シミュレーション.
74. 離散型FEMの精度検証と石造アーチ橋の強度評価への応用.
75. 粒子法による防波堤の浸透破壊シミュレーションに向けた基礎検討.
76. 粒子法による津波時の橋桁流失被害予測シミュレーションに向けた基礎検討.
77. 粒子法による津波が橋桁に作用する際の流体力評価とその精度検証.
78. 粒子法による津波避難ビルに作用する流体力評価の妥当性検証.
79. 浸透流を考慮したSPH法による流体‐地盤連成解析.
80. 流体・構造物の相互作用シミュレーションによる津波遡上時の災害影響評価.
81. 津波シミュレーションにおける粒子データの可視化手法に関する一検討.
82. 安定化有限要素法を用いた津波遡上の2D‐3Dハイブリッド計算.
83. ゴムマットを有するコンクリートブロック多段積み構造における共振メカニズムの解析的考察.
84. 3次元粒子法による歌津大橋の橋梁流失の再現解析とそのメカニズムの解明.
85. 粒子法シミュレーションによる津波時堤防崩壊メカニズム解明に向けた基礎検討.
86. 粒子法による浮遊物を考慮した津波避難ビルの安全性評価に関する基礎検討.
87. 粒子法による大規模津波遡上解析結果の津波防災・減災に資する可視化手法.
88. 粒子法による三次元津波遡上解析とその利活用法の検討.
89. 粒子法によるマルチスケール津波解析法を用いた橋梁流失シミュレーション.
90. 安定化ISPH法による津波時堤防崩壊メカニズム解明に向けた基礎検討.
91. マルチスケール粒子法による歌津大橋における橋梁流失の再現.
92. 粒子法による漂流物衝突を考慮した津波避難ビルの安全性評価.
93. 粒子法による流体剛体連成解析の精度検証と妥当性確認.
94. 粒子法による流体剛体連成解析法による橋梁流出シミュレーションとV&V.
95. 粒子法による大型浮遊物衝突を考慮した津波避難ビルの安全性評価.
96. 粒子法による大規模津波遡上解析結果の可視化システムの一検討.
97. 損傷理論を導入したボクセル有限要素解析によるアルカリシリカ反応の膨張挙動解析.
98. 安定化ISPH法を用いたケーソン式防波堤の浸透崩壊シミュレーション.
99. 堤防の洗掘崩壊シミュレーションに向けたSPH‐DEMカップリング法による固液混相流解析手法の開発.
100. 地盤洗掘および浸透による堤防の崩壊予測シミュレーションに向けたSPH‐DEMカップリング解析.
101. 仮想造波板境界処理法を用いた2D‐3D連成津波遡上解析.
102. マルチスケール津波遡上解析に向けた仮想造波板.
103. マルチスケール粒子法による構造物に作用する津波力評価.
104. 陽的ISPH法を用いた大規模津波遡上解析.
105. 防波堤の洗掘解析に向けたSPH‐DEM法による流体‐土粒子の混相流解析手法の開発.
106. SPH粒子法コードとADVENTUREによる並列流体構造連成解析システムに関する検討.
107. SPH‐DEM連成解析による水‐土粒子混相流解析手法の開発.
108. 2次元差分法と3次元粒子法による津波遡上解析の比較とその特徴.
109. 2次元差分法と3次元粒子法による津波遡上解析の比較とその特徴~高知県高知市を対象とした数値実験~.
110. 水‐土粒子連成現象が関与する道路陥没現象の解明に向けた3次元SPH‐DEM連成解析.
111. 水‐土混相流が関与する地盤陥没現象の解明に向けたSPH‐DEM連成解析手法の開発.
112. 断層破壊伝搬を考慮した津波遡上解析の必要性.
113. 2016 Kumamoto Earthquake : the first observed earthquake in which M6.5 and a larger earthquakes occurred continuously.
114. 地域性を考慮した津波災害時の避難行動シミュレーション.
115. Development of a SPH-DEM coupled analysis for elucidation of ground collapse phenomenon caused by sewer pipe defect.
116. Performance evaluation and Implementation of subcycle method on SPH-FEM coupled analysis system.
117. Tsunami Run-up Simulation Based on Crustal Deformation Simulation by BEM.
118. ASI‐Gauss法による阿蘇大橋崩落プロセスの検証.
119. 非圧縮性Navier‐Stokes方程式に対する粒子法における安定化項の考察.
120. Water-soil multiphase flow analysis using particle method which introduced liquid bridge force model.
121. Develop an ellipsoidal particle method for efficient high fidelity tsunami inundation simulations and its validation with a simple overflow levees example.
122. A validation for soil scouring simulation based on a SPH-DEM coupling method.
123. Dynamic load balanced expanding slice grid method for the highly parallel particle simulation for large scaled high fidelity tsunami run‐up simulation.