九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
丸田 起大(まるた おきひろ) データ更新日:2021.07.15

教授 /  経済学研究院 産業・企業システム部門 会計システム講座


主な研究テーマ
アメーバ経営
キーワード:管理会計
2007.10.
バランス・スコアカード
キーワード:管理会計
2003.04.
品質コストマネジメント
キーワード:管理会計
2009.07.
内部監査
キーワード:管理会計
2007.10.
研究業績
主要著書
1. アメーバ経営学術研究会, アメーバ経営の進化―理論と実践―, 中央経済社, 153-183, 2017.03.
2. 上總康行, 長坂悦敬, ものづくり企業の管理会計, 中央経済社, 89-1101,123-148, 2016.04.
3. 上總康行, 澤邊紀生, 次世代管理会計の礎石, 中央経済社, 139-159, 2015.03.
4. 西村明, 大下丈平, ベーシック管理会計 新版, 中央経済社, 39-55, 2014.05.
5. 丸田 起大, 全経簿記能力検定試験 上級(工業簿記・原価計算)標準テキスト, 税務経理協会, 2012.08.
6. 上總康行監訳, 戦略的投資決定と管理会計, 2010.09.
7. 西村明・小野博則・大下丈平, ベーシック原価計算, 2010.04.
8. 藤田昌也編著, 会計利潤のトポロジー, 同文舘, 2008.09.
9. 澤邉紀生・堀井悟志監訳, 戦略をコントロールする―管理会計の可能性, 中央経済社, 2008.06.
10. Monden, Y. et al.ed., Value-Based Management of The Rising Sun, World Scientific Publishing, 2006.11.
11. 上總康行・澤邉紀生編著, 次世代管理会計の構想, 中央経済社, 2006.05.
12. 丸田起大著, フィードフォワード・コントロールと管理会計, 同文舘出版, 2005.10.
13. 西村明・大下丈平編著, 管理会計の国際的展開, 九州大学出版会, 2003.10.
14. 大下丈平・丸田起大訳, ブッカン フランス管理会計, 同文舘出版, 2000.09.
15. 西村明・大下丈平監訳, アジア太平洋地域の会計, 九州大学出版会, 1995.08.
主要原著論文
1. @篠田朝也,丸田起大, 製品開発段階における原価目標設定の効果と課題―実験室実験の結果から―, 会計理論学会年報, 34, 72-82, 2020.10.
2. Takehisa Kajiwara, Yuichi Kubota, Okihiro Maruta, Hiroshi Ozawa, Nobumasa Shimizu, Beyond Target Costing: A Field Study at Mazda on Strategic Cost Management for Mass Customization, Discussion Paper, Graduate School of Business Administration, Kobe University, 2020.03.
3. 水野真実、足立俊輔、丸田起大, 患者別収益性評価に対する間接費配賦方法の影響―応能主義配賦の意義―, 会計理論学会年報, 33, 2019.08.
4. 丸田起大、市原勇一、澤邉紀生, 不動産会社のアメーバ経営―サンフロンティア不動産の事例―, メルコ管理会計研究, 10 , Ⅰ, 95-106, 2018.02.
5. 丸田起大, 会計学の可能性―管理会計の批判的研究の立場から―, 会計理論学会年報, 31, 15-22, 2017.09.
6. Suemori,Y., Adachi,S., and Maruta,O, Using the Balanced Scorecard to Improve Management in Healthcare Facilities, Journal of Medical Safety, 2017.10.
7. 篠田朝也, 丸田起大, CSR活動によるマネジメント・コントロール・システムの活性化―富士メガネの事例研究―, 企業会計, 69, 2, 118-125, 2017.02.
8. 丸田起大, 管理会計研究における進化論的アプローチの構想と成果, 會計, 189, 2, 14-24, 2016.02.
9. Suemori,Y., Maruta,O., Setoguchi,H., Adachi,S., Strategic Management with BSC in Operation Room, Journal of Medical Safety(e-version), 1-4, 2015.10.
10. 丸田 起大, 足立俊輔, 我が国における病院BSC実務の多様性と形成要因―ケースレビューにもとづく探索的研究―, 産業経理, 75, 1, 33-42, 2015.07.
11. 丸田 起大, 足立俊輔, 我が国における病院BSC実務の多様性―ケースレビューによる類型化の試み―, 経済学研究(九州大学), 81, 4, 251-270, 2014.12.
12. 丸田 起大, アメーバ経営の導入効果の検証―㈱カズマにおける従業員意識と財務業績の向上―, 経済学研究(九州大学), 81, 1, 1-20, 2014.06.
13. 丸田 起大, アメーバ経営における中国人従業員の採算意識への報酬制度の影響―㈱カズマでの質問票調査から―, 経済学研究(九州大学), 80, 4, 97-107, 2013.12.
14. 丸田 起大, 原価企画の形成初期の実務例―1950~1960年代の自動車・家電・機械産業―, 経済学研究(九州大学), 79, 5/6, 175-202, 2013.03.
15. 末盛泰彦, 足立俊輔, 丸田 起大, 手術室の安全のための戦略的マネジメント, 安全医学, 8, 1, 4-9, 2012.09.
16. 丸田 起大, 我が国における内部監査実務の変遷―『内部監査実施状況調査』結果の分析―, 月刊監査研究, 38, 9, 9-32, 2012.09.
17. 丸田起大, 原価企画の形成と伝播―1950年代を中心に―, 原価計算研究, 35, 1, 2011.03.
18. 藤本康男・丸田起大・篠田朝也, バランス・スコアカードにおける「地域貢献」の視点―北海道・紋別地域における出塚水産㈱の挑戦―, メルコ管理会計研究, 4-Ⅰ, 41-46, 2011.01.
19. 丸田起大, 京セラ・アメーバ経営の責任会計の一考察ー計算構造,社会心理学,文化人類学の視点からー, メルコ管理会計研究, 第3号, 27-37, 2010.03.
20. 丸田起大, トヨタ・パブリカ開発における原価企画, 原価計算研究, 第33巻第1号,pp.28-40, 2009.03.
21. 丸田起大, 管理会計の利益概念に関する一考察―互酬性原則と「貢献」利益, 会計利潤のトポロジー, 169-187頁, 2008.09.
22. MARUTA,Okihiro, Strategic Control and Feedforward Management Accounting, Value-Based Management of The Rising Sun, pp.127-137, 2006.11.
23. 丸田起大, トヨタ・パブリカ開発における原価企画-原価企画の系譜学へ向けて, 経済論叢(京都大学), 第178巻第4号,50-68頁, 2006.10.
24. 丸田起大, 経営戦略とフィードフォワード管理会計, 次世代管理会計の構想, 63-82頁, 2006.05.
25. 丸田起大, フィードフォワード化する管理会計, JICPAジャーナル, 第595号,50-51頁, 2005.02.
26. 丸田起大, 戦略経営と管理会計―フィードフォワード・コントロールの視点から, 管理会計学, 第12号第2号,19-33頁, 2004.11.
27. 丸田起大, フィードフォワード化する管理会計, 会計, 第165巻第3号,109-120頁, 2004.03.
28. 丸田起大, 戦略管理会計のフィードフォワード構造―ダブルループ・フィードバックとフィードフォワード, 経済学研究(北海道大学), 第53巻第3号,403-413頁, 2003.12.
29. 丸田起大, 管理会計のフィードフォワード構造―原価企画と原価改善を中心に, 管理会計の国際的展開, 2003.10.
30. 丸田起大, 管理会計の計算構造に関する一考察, 経済学研究(九州大学), 第69巻第3・4合併号, 2003.03.
31. 丸田起大, 原価企画と原価改善のフィードフォワード構造, 原価計算研究, 第27巻第1号,28-38頁, 2003.03.
32. 丸田起大, 管理会計のフィードフォワード構造, 会計, 第162巻第3号,62-74頁, 2002.09.
33. 丸田起大, 原価改善のフィードフォワード構造, 佐賀大学経済論集, 第34巻第6号,39-58頁, 2002.03.
34. 丸田起大, 原価企画のフィードフォワード構造, 佐賀大学経済論集, 第34巻第5号,21-48頁, 2002.03.
35. 丸田起大, 予算管理のフィードフォワード構造, 佐賀大学経済論集, 第33巻第3・4合併号,39-82頁, 2001.01.
36. 丸田起大, フィードフォワード管理会計の構造と展開, 博士学位論文(九州大学), 2000.03.
37. 丸田起大, フィードフォワード管理会計の発想, 九州経済学会年報, 第37集,72-78頁, 1999.12.
38. 丸田起大, フィードフォワード管理簿記の可能性, 経済論究, 第103号,173-206頁, 1999.03.
39. 丸田起大, フィードフォワード管理会計のフレームワーク, 経済論究, 第102号,159-174頁, 1998.11.
40. 丸田起大, フィードフォワード管理会計の構想, 経済論究, 第101号,143-160頁, 1998.07.
41. 丸田起大, フィードフォワード管理会計としての原価企画―原価企画から何を学ぶか―, 産業経理, 第57巻第4号,91-99頁, 1998.01.
42. 丸田起大, 原価企画とフィードフォワード概念, 修士学位論文(九州大学), 1997.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 丸田起大, 第63回内部監査実施状況調査結果の解説・所見, 日本内部監査協会, 2020.09.
2. 丸田起大, 第62回内部監査実施状況調査結果の解説・所見, 日本内部監査協会, 2019.05.
3. 丸田起大, 書評『事例研究 アメーバ経営と管理会計』, 経営と経済(長崎大学経済学部), 2018.12.
4. 丸田起大, 書評 原価企画とトヨタのエンジニアたち, 企業会計, 2018.05.
5. 丸田起大, 第61回内部監査実施状況調査結果の解説・所見, 日本内部監査協会, 2018.03.
6. 丸田起大, 谷武幸・窪田祐一著『アメーバ経営が組織の結束力を高める』, 企業会計, 2017.11.
7. 丸田 起大, 第60回内部監査実施状況調査結果の解説・所見, 第60回内部監査実施状況調査結果, 2017.03.
8. 丸田 起大, 書評『時間管理会計論』, 企業会計, 2016.02.
9. 丸田 起大, 第59回内部監査実施状況調査結果の解説・所見, 第59回内部監査実施状況調査結果, 2016.01.
10. 丸田 起大, 書評『静脈産業とマテリアルフローコスト会計』, 産業経理, 2015.10.
11. 丸田 起大, 篠田朝也, 管理会計によるフィードフォワード・コントロールの理論研究とアクション研究, 次世代マネジメント・コントロールのためのメゾスコピック・モデルに関するアクション研究, 2015.09.
12. 丸田 起大, 第58回内部監査実施状況調査結果の解説・所見, 第58回内部監査実施状況調査結果, 2015.01.
13. 丸田 起大, 第57回内部監査実施状況調査結果の解説・所見, 月刊監査研究(日本内部監査協会), 2013.12.
14. 丸田 起大, 第56回内部監査実施状況調査結果の解説・所見, 月刊監査研究, 2012.12.
15. 丸田起大, 내부감사실시현황 조사결과 해설・의견 ②(内部監査実施状況調査の解説・所見②), 상장회사감사회회보(韓国上場会社監査協議会会報), 2012.05.
16. 丸田起大, 내부감사실시현황 조사결과 해설 및 의견 ①(内部監査実施状況調査の解説と所見①), 상장회사감사회회보(韓国上場会社監査協議会会報), 2012.04.
17. 丸田起大, 第55回内部監査実施状況調査結果の解説・所見, 月刊監査研究, 2011.12.
18. 마루다 오키히로, 일본 내부감사실시현황 조사결과해설(日本の内部監査実施状況調査結果の解説), 상장회사감사회회보(韓国上場会社監査協議会会報), 2011.01.
19. 丸田起大, 管理会計の批判的研究の動向(2), 企業会計, 2010.12.
20. 丸田起大, 管理会計の批判的研究の動向(1), 企業会計, 2010.11.
21. 丸田起大, 第54回内部監査実施状況調査の解説・所見, 月刊監査研究, 2010.10.
22. 丸田起大, 解説・所見:第53回内部監査実施状況調査結果, 月刊監査研究, 2009.11.
23. 丸田起大, 解説・所見:第52回内部監査実施状況調査結果, 月刊監査研究,2008年10月号,臨時増刊号,日本内部監査協会,pp.6-10, 2008.10.
24. 丸田起大, 書評:Controlling Strategy : Management, Accounting, and Performance Measurement, メルコ管理会計研究, 第1巻, 2008.03.
25. 丸田起大, 解説・所見:2006年『内部監査規程等に関する調査』結果, 月刊監査研究, 9月号,29-36頁, 2006.09.
26. 丸田起大, 書評:『管理会計の基礎―理論と実践―』, 税経セミナー, 10月号,147頁, 2005.10.
27. 丸田起大, 書評:『工業簿記・原価計算演習―理論と計算―』, 税経セミナー, 9月号,53頁, 2005.09.
28. 丸田起大, 書評:『原価計算の基礎―理論と計算―』, 産業経理, 第63巻第2号,74-75頁, 2003.07.
主要学会発表等
1. 丸田起大, 原価企画の進化プロセス―マツダのケース―, 会計理論学会, 2020.10.
2. 黒瀬浩希、丸田起大, CSRマネジメント・コントロール研究の現状と課題―コカ・コーラボトラーズジャパンの事例研究―, 九州経済学会, 2019.12.
3. 篠田朝也、丸田起大, 製品開発段階におけるコスト目標設定の効果と課題―実験室実験の結果から―, 会計理論学会, 2019.12.
4. 丸田起大, アメーバ経営のグローバル展開―㈱カズマの中国子会社の導入事例に学ぶ―, アメーバ経営学術研究会, 2019.10.
5. 丸田起大, 原価企画・再考―マツダのケースをてがかりに―, 日本管理会計学会フォーラム, 2019.07.
6. 丸田起大, 原価企画の進化プロセスの考察―マツダのケース―, 九州経済学会, 2018.12.
7. Okihiro MARUTA, Management Accounting, Risk & Control, and Internal Auditing, Asia-Pacific Management Accounting Conference, 2018.10.
8. 水野真実、足立俊輔、丸田起大, 患者別収益性把握のための間接費配賦方法の検討―活動基準原価計算と限界利益法の意義―, 会計理論学会, 2018.10.
9. 水野真実、足立俊輔、丸田起大, 患者属性と患者別収益・費用の関係性―DPCデータを活用した患者別活動基準原価計算にもとづく考察―, 日本原価計算研究学会全国大会, 2018.09.
10. 丸田起大, 利他的行動を促す管理会計の工夫―サンフロンティア不動産のアメーバ経営の事例―, 日本管理会計学会フォーラム, 2018.07.
11. 丸田起大、篠田朝也, 原価企画の実験研究―パイロットテストの結果と課題―, 日本管理会計学会九州部会, 2018.06.
12. 末盛泰彦、@足立俊輔、丸田起大, 円滑な病院BSC運営のための人的要因に関する考察, 九州経済学会, 2017.12.
13. 丸田 起大, 会計学の可能性―管理会計研究の立場から―, 会計理論学会全国大会, 2016.10.
14. 丸田 起大, 『内部監査実施状況調査』を振り返る, 内部監査推進全国大会, 2016.09.
15. Yasuhiko SUEMORI, Okihiro MARUTA, Shunsuke ADACHI, Using the Balanced Scorecard to improve safety management in healthcare facilities, 5th World Congress of Clinical Safety, 2016.09.
16. 丸田 起大, 管理会計研究における進化論的アプローチの構想と成果, 日本会計研究学会, 2015.09.
17. 長坂悦敬, 丸田 起大, 篠田朝也, 次世代マネジメント・コントロールのためのメゾスコピック・モデルに関するアクション研究―最終報告―, 日本管理会計学会, 2015.08.
18. 長坂悦敬, 丸田 起大, 篠田朝也, 次世代マネジメント・コントロールのためのメゾスコピック・モデルに関するアクション研究, 日本管理会計学会全国大会, 2014.09.
19. 丸田 起大, アメーバ経営の導入効果の検証―㈱カズマにおける従業員意識と財務業績の向上―, 日本会計研究学会九州部会, 2014.07.
20. 丸田 起大, アメーバ経営の導入効果の検証―コミュニケーション活性化を中心に―, 日本管理会計学会九州部会, 2013.07.
21. 丸田 起大, 管理会計はコミュニケーションを活性化できるか?―アメーバ経営の実証事例―, メルコ管理会計セミナー, 2012.11.
22. 丸田 起大, 管理会計研究の方法と実践の課題―アクション・リサーチの可能性―, 会計理論学会全国大会, 2012.10.
23. 丸田 起大, 管理会計の導入効果の事例研究―産学共同研究への期待-, 日本管理会計学会2012年度第2回フォーラム, 2012.07.
24. 丸田 起大, 内部監査実施状況調査にみる内部監査の動向, 日本内部監査協会北海道研究会議, 2012.03.
25. 丸田起大・佐藤浩人・梶原武久, ソフトウェア開発における品質コストマネジメント, 日本管理会計学会全国大会, 2011.09.
26. 末盛泰彦・瀬戸口秀一・坪根瞳・丸田起大・足立俊輔, バランスト・スコアカードの手術室への適用について, 日本予防医学リスクマネージメント学会, 2011.03.
27. 末盛泰彦・坪根 瞳・丸田起大・足立俊輔, 九州医療センター手術室のバランスト・スコアカード, 日本医療バランスト・スコアカード研究学会, 2010.11.
28. 丸田起大, 1950年代における原価企画の形成過程, 日本原価計算研究学会全国大会, 2010.07.
29. 丸田起大, 原価企画の形成と伝播の一考察ー1950年代を中心にー, 日本会計研究学会九州部会, 2010.03.
30. 丸田起大, 原価企画の形成と伝播の一考察―1950年代を中心に―, 日本原価計算研究学会関西部会, 2009.11.
31. 丸田起大, 管理会計技法の進化の一考察ー原価企画の形成と伝播ー, 進化経済学会全国大会, 2009.03.
32. 丸田起大, トヨタ・パブリカ開発における原価企画, 日本原価計算研究学会全国大会自由論題, 2008.09.
33. 丸田起大, トヨタ・パブリカ開発における原価企画, 日本管理会計学会九州部会, 2008.04.
34. 丸田起大, 管理会計における互酬性原則, 日本会計研究学会九州沖縄部会, 2008.03.
35. 丸田起大, 管理会計における互酬性原則の可能性, 日本会計研究学会北海道部会, 2007.06.
36. 丸田起大, フィードフォワード化する管理会計, 日本会計研究学会北海道部会, 2003.11.
37. 丸田起大, 戦略経営と管理会計―フィードフォワード・コントロールの視点から, 日本管理会計学会全国大会統一論題, 2003.09.
38. 丸田起大, 予算管理のフィードフォワード構造, 日本会計研究学会九州沖縄部会, 2002.12.
39. 丸田起大, 東南アジア進出日本企業の管理会計の実態, 日本管理会計学会全国大会テーマセッション, 2002.09.
40. 丸田起大, 原価企画と原価改善のフィードフォワード構造, 日本原価計算研究学会関西部会, 2002.02.
41. 丸田起大, 原価企画のフィードフォワード構造, 日本管理会計学会九州部会, 2001.12.
42. 丸田起大, 管理会計のフィードフォワード構造, 日本会計研究学会全国大会自由論題, 2001.09.
43. 丸田起大, フィードフォワード管理会計の発想, 九州経済学会, 1998.11.
学会活動
所属学会名
九州経済学会
会計理論学会
日本原価計算研究学会
日本管理会計学会
日本会計研究学会
学協会役員等への就任
2017.04~2020.04, 日本管理会計学会, 理事.
2016.10~2019.10, 会計理論学会, 理事.
2011.12~2012.12, 九州経済学会, 理事.
2009.10~2012.09, 日本原価計算研究学会, 幹事.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2016.07~2018.03, メルコ管理会計研究, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2020年度      
2019年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度    
2008年度      
2007年度      
受賞
会計理論学会賞(論文部門), 会計理論学会, 2018.10.
日本原価計算研究学会賞, 日本原価計算研究学会, 2011.09.
会計理論学会賞(奨励賞), 会計理論学会, 2006.10.
日本管理会計学会文献賞, 日本管理会計学会, 2006.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, 原価企画とイノベーションの関係に関する学際的研究.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 管理会計の生成・普及・変容プロセスの進化論的研究.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, 原価企画における原価作りこみエラーの発生メカニズムと解決方法に関する研究.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, グローバル経営下における日本型管理会計のアジア移転による変容の実証研究.
2010年度~2012年度, 若手研究(B), 代表, 我が国企業における原価企画実践の生成過程と伝播過程の実証研究.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, ものづくり企業の生産管理と戦略管理会計との融合に関する理論的・経験的研究.
2007年度~2009年度, 若手研究(B), 代表, 日本企業における管理会計のフィードフォワード化の現状と課題.
2005年度~2007年度, 基盤研究(B), 分担, 次世代管理会計のフレームワーク及びそのグローバル適用の理論的研究.
寄附金の受入状況
2010年度, 会計理論学会, スタディグループ.
2009年度, 日本内部監査協会, 日本内部監査協会 研究助成.
2009年度, メルコ学術振興財団, メルコ学術振興財団 研究助成.
2008年度, メルコ学術振興財団, メルコ学術振興財団 国際(海外)研究交流助成.
2007年度, メルコ学術振興財団, メルコ学術振興財団 研究助成.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」